OL

「25歳までに結婚したいけど、どうすればいいの?」

「早く結婚して子供がほしいんだけど、何をしたらいいの?」

晩婚化していると言われている現代だからこそ、早めに結婚を考えたりもしますよね。

ここでは25歳までに結婚できる方法について書いてあります。

ユキさん

最近は若い子のほうが結婚願望が強かったりするのよね。

ゆーじ

理想の男性と出会えるチャンスもあります!

 

25歳までに結婚するには相手の男性を見極めること

昨今の婚活ブーム、婚活しているのは婚期を逃した30代、40代の方ばかりだと思っていませんか?

もちろん、お見合いや婚活パーティー、結婚相談などは30代以降の登録数が多いです。

ですが、30代以降の女性が多いからこそ、20代前半である若さが際立ちます。

婚活において若さは最大の武器になります。

男性は子孫を残すために本能的に若い女性を望みますので、婚活の立場は断然優位に立つことができるんです。

30歳を過ぎてからの婚活では、相手の理想を高望みしないことが最優先になってきます。

ですが、20代前半なら、まだ数多くの男性から理想に近い男性を選ぶことができます。

また、女性が子供を授かるにはタイムリミットがあります。

30歳を過ぎたあたりから妊娠しにくくなってきます。

妊娠を希望する方は、結婚までに1~2年、妊娠までに1年と考えると25歳までに婚活を始めておいた方が焦らずに余裕を持って生活できます。

まず、婚活を始めるにあたって重要なのは出会いの数を増やすことです。

相手がいなければ話になりません。

友人から紹介してもらったり、お見合い、結婚相談所や婚活サイトなど最近は充実してきているので、積極的に行動しましょう。

男性が結婚を意識するのは30歳を過ぎた頃からの方が多いようです。

同年代の男性とお付き合いをしていると結婚まで道のりが遠いこともありますし、最近では結婚を希望しない男性も増えてきています。

きちんと相手を見極める目を持たなければ無駄な時間を過ごしてしまいます。

チヤホヤされているからと選り好みして、チャンスを逃したなんて話もよく聞かれます。

何人もからアプローチされると「もっとかっこいい人が現れるのではないか」「もっと収入の良い人がいるのではないか」と望んでいるうちに、気になる相手から離れていくことも有り得ます。

あなたが相手に好感を持ったということは、その男性は他の女性からも好感を持たれていることでしょう。

とはいえ、結婚は毎日顔を合わせて生活をしていくことになるので、無理に相手に合わせても苦痛で長続きしません。

自分の中で譲れない点だけ決めておいて、居心地良いと感じる相手を選ぶことが大切です。

ドラマのような恋愛にも憧れますが、あなたにはあなただけの幸せがあるはずです。

20代前半ということで、優位な立場にあるあなたですが、若ければ何でも良いということではありません。

ある程度の容姿であるとか、家庭的な雰囲気、金銭感覚などあまりに男性とかけ離れていると選ばれにくくなります。

まずは、容姿を磨きましょう。

化粧はナチュラルメイクを心がけ、あまり色を多用するメイクは男性ウケがしないのでやめておきます。

ネイルアートもお金がかかる、不衛生というイメージを持たれがちなので爪を磨く、ピンクやベージュなどのマニキュアがおすすめです。

服装はスカートが好感度が高いです。

しかし、露出が高い服や、見てすぐに分かるブランド物などは男性はひいてしまいがちです。

男性は本能的に女性らしい、ユラユラと揺れるものに弱いので、小ぶりの可愛らしいピアスなんかも効果的です。

ボサボサな髪は不潔な印象を与えます。最低でも半年に1回以上は美容院に通うようにしてください。

家庭には安らぎを求めますので、家庭的・生活感がある・金銭感覚が合う女性が好まれます。

女性はお喋りな方が多いので、自分の話ばかりしてしまいがちです。

ですが、婚活の場ではできるだけ男性の話に耳を傾けてください。

それだけで男性は好感をもってくれます。

あとは、常に笑顔で男性に接してみましょう。

笑顔に弱いのは女も男も関係ありませんよね。

目を見てほほ笑むだけで気になる相手にアプローチできます。

できれば、笑顔からのぞく歯は白く綺麗な歯が好ましいので、定期的に歯科医院への通院をおすすめします。

タバコを吸う女性は敬遠されがちなので、できれば禁煙してください。

どうしても無理な方は、特に臭いと歯への着色に人一倍気をつけてください。

婚活の場では第一印象が重要になってきます。

とくに婚活パーティーなどでは、他の男性と接している雰囲気を他の男性から観察されている、なんてことも多々あります。

どの出会いも一期一会と誠実に対応するようにしてください。

あなたが素敵なパートナーに出会い、温かい家庭を築けるように応援しています。

ユキさん

年収とか見た目だけで男性と結婚をすると、痛い目をみるわよ。

ゆーじ

結婚は一生をともに過ごすことになりますからね。

 

「私が25歳までに結婚できたのは職場がよかったからです」 25歳 女性 Fさん

「私が25歳までに結婚できたのは、いろいろな好条件がそろっていからだと思います。

まず一つ目は、私が高卒で就職したことです。

高卒なので入社時はまだ18歳です。

周りはみんな大卒だったので、当然、20歳を超えています。

私だけ子どもっぽく感じていましたが、逆に周りはそんな私を大切にしてくれました。

最初は妹のような感覚で見られていたのだと思います。

そんな私がだんだんと大人になっていく姿を、日々、周りの人たちは見ていることになります。

仕事もだんだんとできるようになってきて、オシャレにも目覚めるようになります。

社会人らしく大人っぽくなってきたことで、男性社員からの見る目が変わってきました。」

「これは私自身も気づいていました。

実際に『大人っぽくなってきたね』とか『キレイになったね』などと声を掛けられるようにもなってきたからです。

こんなふうに男性社員から言われるのも、周りの男性社員が独身で若い人が多かったからなのだと思います。これが二つ目の好条件です。

もし、周りの男性社員が既婚で年配ばかりだったら、当然、結婚相手を職場で見つけることはできなかったと思います。

若い人たちばかりだったからこそ、彼らよりも若い私は注目の的となり、自然と結婚対象になったのだと思うのです。

20歳を過ぎてからは飲み会にも参加できるようになったので、仕事帰りに複数名で飲みに行くことが増えました。

これまでは全く会話をしたことのない別の部署の人とも、交流を深められるようになります。

同じ部署だけの異性では視野が広がりません。

いろいろな人と交流することが大切だと思いました。

それから、仕事関係で知り合う人も増えてきました。」

営業先で出会った独身男性もたくさんいます。

食事に誘われることもありました。

ただし、ホイホイと軽々しく承諾することはありません。

この点は仕事に支障が出てしまうこともあると思ったので、慎重に行動していました。

幸い、上司がしっかりしている人だったので、誘われる度に、どのように対応したらいいのか、相談することが多かったように思います。

複数名で食事をするなど、その辺はうまくやるようにしていました。

こうするうちに、今度は部下を持つようになったのです。

私が25歳までに結婚できた三つ目の理由は、部下を持ったことにあると思います。

これまでは私が一番の下っ端でした。しかし、部下を持つとなると、私にもいろいろな責任が生まれてきます。

このままこの会社に居るのなら、向上心を持って出世も考える時期が来たのかもしれないと思うようになったのです。」

「これが22歳の時でした。

つまり、大卒の部下が入ってきたのです。

大卒となると私と同じ年齢になります。

同じ年齢の部下ができたことで、違和感を覚えました。

何となく同年代に指示を出すことが嫌になってしまったのです。

ここがちょうど人生の分岐点だったように思います。

仕事を取るのか、新しい人生を考えた方がいいのか、悩むようになりました。

ちょうどこのとき、同期の大卒男性と交際を始めたのですが、彼に相談してみたところ、プロポーズをされたのです。

大卒なので同期といっても私より4歳年上となります。

結婚をするにしても適齢期です。

あまり結婚願望はありませんでしたが、いろいろと悩んでいた時でもあり、これがタイミングなのかなと思うようになりました。

退職をして、しばらくゆっくりと自宅で過ごした後、プロポーズをされてから1年経った23歳でその同期と結婚することになったのです。

こうして見てみると、割とスムーズに結婚までのプロセスを描けていると思います。」

「退職もスムーズにいきました。

これまで何のミスをすることもなく、従順に仕事をしていたからだと思います。

割と上司たちにも可愛がられていたので、引き継ぎをしっかり行ったらすぐに辞めることができました。

退職をするにしても、職場の人間関係が友好的ではないと難しいものがあると思います。

こうして、スムーズに若いうちに結婚できたことで、得をしたような気持ちです。

若いので、すぐに子どもができなくてもいいという気楽さがありました。

早く働き出したことで、ある程度の貯金もあります。

少しのんびりと結婚生活を送ることができたように思います。」

 

20代前半だったら、職場恋愛から結婚するチャンスも十分にあります。

飲み会に参加するようになると、職場内での交流も盛んになってきます。

また、この方のように、自分に合ったファッションや自分に合ったメイクができるようになると、自分の魅力も増していきます。

ただ、結婚対象となる男性が職場にいないと出会いも期待できません。

もし結婚したいと考えるのであれば、自分から出会いを積極的に探すか、あるいは職場恋愛ができそうな会社を選ぶのもひとつの手です。

職場の環境が良ければ、スムーズに寿退社することも可能です。

 

ユキさん

早めに結婚したいなら、職場での出会いも重要よ。

ゆーじ

会社に出会いと社内恋愛できる雰囲気があるかどうかですね。

 

「結婚相談所を利用してスピード婚できました」 24歳 女性 Eさん

「20代前半ですと、同級生の友人達はまだ社会人になりたてで、遊んでいる人も多いです。

彼氏がいても、まだ結婚は考えられないという友人がほとんどでしたが、私は結婚願望が人一倍強く、いい人がいれば早く結婚して家庭を持ちたいと考えていました。

目標としては25歳までには結婚したいのですが、今のままでは結婚どころか彼氏すらできないと焦ってきたのです。

私が婚活を始めた時は23歳でしたが、看護師として働いていて夜勤も多く、出会いはほとんどない日々でした。

職場は医師以外は女性でしたし、医師とも仕事以外に接点はありません。

仕事に疲れているのもあり、できれば経済力の高い男性と出会えればいいなと思い、ある結婚相談所を利用してみたのです。

友人からは、婚活サイトもおすすめされたのですが、より確実に出会えそうな相談所の方が信頼できました。」

「結婚相談所は数多くあり、初期費用として10万円以上かかるところもあり、迷いました。

まずは、初期費用があまりかからず、月々の費用も数千円というところが見つかったので、早速無料相談会に行ってみることにしました。

無料相談では、自分より年上の女性担当者が笑顔で迎えてくれました。

アンケートに自分のプロフィールや相手の条件を記入しカウンセリングが始まると、親身に相談に乗っていただけました。

確かに利用しているのは30代から40代の男女が多いそうですが、私のように真剣に結婚をしたい20代前半の独身女性もいるとのことです。

相手に求める条件は、収入の他には何かあまり明確な答えがなかったのですが、今まで付き合った人の傾向や性格を話したところ、

包容力があってどちらかというと話を聞いてくれるタイプの男性と気が合うのではということがわかりました。」

「たしかに、自分の自慢話を延々と話すタイプの男性や、自分の主張を押し通すような性格の男性は苦手です。

お見合いには条件がつきものですが、最後にはやはり中身ですよ、とのアドバイスをいただき、こちらのサービスに納得がいったので、早速契約することになりました。

どこの結婚相談所でも同じだと思いますが、自分の収入証明書と在籍証明を提出したらいよいよ相手を紹介してもらえるフレーズに入ります。

実は、医師や弁護士などの男性が多く在籍している結婚相談所も検討したのですが、女性側は、身元を証明できるものと結婚する意志があれば入れるというものでした。

しかし、費用がものすごく高く、結婚相談所主催のパーティーですら、参加費は1万から5万円もかかるというのです。

その代り男性側は無料やとても安い金額で参加できます。

勤務先の医師は、独身で太っていて全然魅力的ではないのですが、こういったエグゼクティブのお見合いに参加しているようです。」

「そのことを知っていたので、できれば普通の男性に出会いたいと思いました。

実際に4名の方を紹介していただき、いずれも真面目で誠実そうな方でした。

最初にお会いしたのは、行政書士の36歳の方でした。

プロフィール通り優しそうな方です。

見た目も清潔感があって、普通にいたらもてるタイプだと思います。

お見合いは、お互い緊張を感じられるままにスタートしました。

こちらのお話しはよく聞いていただけたのですが、なかなか話が次に続かず、せっかく気に入っていただけたのですが、残念ながら次のデートはないかなという結果になりました。」

「次にお会いしたのが、38歳の医薬品を販売する営業マンでした。

職場でお会いすることも多い職業の方でしたので、話がしやすく、さわやかな印象を受けました。

職業柄医師とは話をするが、看護師との出会いもなく、忙しい日々を過ごしているうちに結婚するタイミングを逃してしまったとのことです。

その後、3回デートをしてすぐお付き合いをすることになりました。

付き合う前提として、お互いに合えば結婚もすぐしたいとのことで、とても嬉しかったのを覚えています。

その後、一緒にいる時間を増やしていきました。

彼はとても誠実でとても優しくしてくれるのもあり、私自身も結婚に対してとても前向きに考えるようになりました。」

「そして、半年後プロポーズされ、結婚に至りました。

今では子供もでき幸せな生活を送っています。

あの時もし行動を起こさなければ彼とも出会えなかったし、今の生活もありません。

私は結婚相談所でこんなに早く結婚できたので、積極的に婚活ツールを利用すれば、いい出会いや結婚できる相手が見つかるはずです。」

 

 

結婚したいけど、社会人になってからなかなか出会いがないという男女はたくさんいます。

とくに、看護師や接客業は平日休み・不定休であることもあり、よけいに出会いがなくなってしまいます。

たしかにネット婚活よりも、結婚相談所のほうが本格的に結婚相手を探せるというメリットはあります。

ただ、婚活費用が高く、30万〜40万ほどかかるのが普通です。

高額な費用がかかるので、入会するところは慎重に決めなければいけません。

まずはいくつかの結婚相談所を見学してから、どの相談所が一番良さそうかを比べてみるのがいいでしょう。

最近は20代後半から本格的に活動している女性も多く、ライバルが多いことも事実です。

そして、結婚で大事なことは、いかに相手の男性と価値観・相性が合うかということです。

たしかに男性の年収や職業ももちろん重要です。

しかし、結婚は一生をともにすることになります。価値観や相性が合わなければ、ずっと一緒にいられません。

そういった面では、的確なアドバイスがもらえる結婚相談所を利用するのはおすすめです。

 

 

ユキさん

費用はかかってもいいから、早く結婚したいなら結婚相談所はおすすめ!

ゆーじ

会員の本気度と、プロの的確なアドバイスは結婚相談所ならではですね。

25歳までに結婚したいなら早めに行動しよう!

最近は晩婚の時代と言われていますが、それでもやっぱり若いきれいなうちに結婚したいというのが正直な気持ちではないでしょうか。

若いうちの方がかわいいウェディングドレスもよりよく似合うでしょうし、子どもを産みたいと考えるとなおさらでしょう。

ドレスに年齢制限はなくても、出産にはあり、年齢が上がるにつれて、リスクも上がってしまうからです。

そして子育てには体力も必要です。子どもにとっても一緒に走り回ってくれるお母さんの方が嬉しいですよね。

かと言って若ければいいと言うわけでもありません。

若くに結婚し、出産をした人ものでは中には、苦労している人も少なからずいるでしょう。

では、結婚適齢期とはどの年齢が当てはまるのでしょうか。

あくまでもこれは一般論なのですが、総合的に考えるとやはり20歳を過ぎてから25歳あたりがベストであると考えられます。

実際に25歳前後になると、急に結婚式の招待状や、年賀状に「結婚しました」の報告が増えてくるものです。

そうなると、自分も早く報告したいし、結婚したいという気持ちが高ぶるものです。

焦りたくない、とは思っていても、仲の良い友人の中で自分だけになってしまうと焦るなという方が無理だと思われます。

そして焦るのは自分だけではなく、親御さんも同じです。

とくに親と言うものは、子どものことを心配するのはもちろんですが、それよりも世間体というものを気にするものです。

25歳くらいになると、どこからともなく聞いていないのに誰々ちゃんが結婚したらしいね、などの話を振ってきたりしまて、正直面倒くさいですよね。

宿題をやろうとしているのに早くやりなさいと言われてやる気がなくなる、それと同じです。

でもかと言って親の気持ちもわからないわけではないし、花嫁姿も孫の顔も、出来るなら早く見せてあげたいと思っているはずです。

でも出会いもないし、とあきらめていませんか。出会いはその辺に落ちてはいません。

結婚も、そのうち出来るよ、なんて軽く考えていませんか。時間は止まって待っていてはくれません。

今決まった相手がいないけれど、25歳までには結婚したいな、と考えるなら、何か少しでも自分から動いてみないと何も始まりません。

25歳までに結婚する方法を探すなら、25歳目前になって焦ってもだめです。

焦って結婚を決めたとしても、後から「思っていたのと違う」と言うことになりがちです。

もちろん中には、運命的な直感を信じて結婚し、幸せな家庭を築いているカップルもいますが、多くはないはずです。

やはり、結婚するまでには相手をよく知りたいものです。

ですから、結婚を25歳までにしたいと思うなら、23歳までには行動を起こしましょう。

結婚相手に出会う理想は色々あると思います。

自然に出会い、自然に意識し始め、自然に付き合うようになり、自然に結婚する。

それが出来ないから皆苦労しているんですよね。

まず何よりも出会いがなければ始まりません。

一番頼りになるのはまず友人です。

友人のためだけに紹介で、というきっかけは、ふたりのなれそめランキングトップ3に入るのではないでしょうか。

しかし、1対1で紹介されてしまうと、色々気を使うことも多いので、複数対複数での紹介が理想的です。

最初はしばらくみんなで遊んだりしていくうちに、互いにいいな、と思えるようになるかもしれないし、その複数相手からさらに、また違う誰かと知り合える可能性があります。

もし、紹介をしてくれそうな人もいない、と言うのであれば、婚活サイトを利用してみるのもいいでしょう。

最近はスマホが普及しているので、家で気軽に結婚相手を探せるようになりました。

たとえば、結婚情報誌で有名なゼクシィが運営する婚活サイト「ゼクシィ縁結び」や、マッチングアプリのハッピーメールを使ってみるのもいいでしょう。

会員検索で男性の年齢や年収・仕事など条件を簡単に指定できます。

また、最初は無料で活動できるのもメリットのひとつです。

最初は緊張するかもしれませんが、普段の生活をしていたら出会うことのないような職業の人と出会えるし、

そういった人たちにとの会話を楽しむうちに、世界が広げていくことも出来るので、これも社会経験だと軽く考えて参加すると、案外楽しめるものです。

なぜなら、これはほんとに自分を含めて周りの友人がくちをそろえて、「焦ってギラギラ必死のうちは、うまくいかない」と言っているからです。

絶対結婚相手を捕まえるんだ、と意気込むより、いい人がいればラッキーかな、くらいの余裕がある方が、男性から見ても、近寄りやすいと言うことなんです。

出会いを求めるときは、気合いを入れすぎない。これが重要ポイントです。

ユキさん

結婚したいなら、なるべく早めに行動するのが良いわよ!

ゆーじ

年齢は待ってくれませんもんね

▼まずは無料でためしてみてください▼

最近いい出会いがないという方は、ゼクシィ縁結びを使ってみてください。

ゼクシィ縁結びを使えば、すぐにでも結婚相手探しができるようになります。

大手企業のリクルートが運営しているので、安心して利用することができます。

会員登録が無料なので、まずはどんな人がいるのか見てみるだけでもいいでしょう。

「早く結婚したいのに相手が見つからない…」と悩んでいるのに使わないのは損していますよ。

会員登録は3分で完了します。

▼ゼクシィ縁結びを使ってみる▼
ゼクシィ縁結び
ゼクシィ縁結び(登録にはメールアドレスが必要です)