「今年で26歳になるけど、もうそろそろ結婚相手を決めたいなぁ…」

「結婚できるか不安で焦る、、、」

20代も後半になると結婚を考えだしますよね。

このページでは、彼氏がいない26歳独身女性が結婚できる方法について書いてあります。

 

今なら理想の男性を選んで結婚することができる

昨今は、晩婚化がどんどん進んでおり、40代での初婚も珍しくありません。

しかし、女性には母になるというもう一つの夢がある方が多いでしょう。

確かに今では、医療技術も発展しており、頑張れば、60代でも妊娠できるようです。

ですが、子育ては大変体力を使います。

子供を持つのは、早すぎるのもどうかと思いますが、若いに越したことはありません。

今でも、少なくとも30代前半には出産したいと考えている人が多いのではないでしょうか。

また、地方ではまだまだ20代で結婚する人が多く居ます。

人と自分は違うと解っていても、どうしても、どんどん家庭を持っていく友人を見て、焦りを感じるものです。

その、境目となるのはだいたい25歳を過ぎたあたりから。

成人して、独身を楽しんだ後、25歳くらいには大人として少しずつ落ち着いてきます。

結婚を意識しだすのは、更に、近い友人がその辺りで結婚した時ではないでしょうか。

この時に、結婚への意欲が一気に湧く人と、まだまったく興味がない人は両極端です。

特に、仕事がどんどん楽しくなるのもこれぐらいの年頃です。

地元同士は、割と話が早いです。

親同士も知っているので、そこからのプレッシャーもあります。

共通の友人が多く、周りの結婚もお互いの耳に入るから意識しやすいのです。

婚期を逃したけど、久しぶりに同窓会で会った友人と、とんとん拍子で結婚まで運んだなんてことも、時々聞く話です。

逆に、長年付き合っていた人は、タイミングが掴めず、その後に1年交際した人と結婚したなんて友人は周りに何人かいます。

つまり、最初から結婚を意識している出会いを作ることが大切です。

どちらにせよ、男性側に結婚欲がある方が、話は進みます。

かといって、初めからそういったことを確認してお付き合いするのは簡単なことではありません。

婚活パーティやお見合いなど、あらかじめお互い了承した場であれば、気は楽になるでしょう。

今や町全体で合コンを行う大規模なパーティまであるので、まずは入りやすいものから参加してみてはいかかでしょうか。

現在のお見合いは、形式ばったもの以外でも行われています。

お互いに結婚したい気持ちはあるけれど、恋愛もしたい人が多いからです。

親や仲人がいれば、どんどん断りにくくなりますよね。

信頼できる人から紹介されて、ちょっとお洒落して、2人で外食をするところから始めます。

お互いの共通の友人が、仲人になって会わせてくれると一番理想的です。

また聞きの紹介では、「話と違った」なんてことになりかねません。

それから、本気で婚活を望んでいるのであれば、先に紹介した街コンなどは、実はあまりおすすめしません。

今や「婚活」がブームになっている傾向にあり、軽い気持ちで参加する方も多いからです。

あくまで、そういった免疫のない人に、体験の場としてお勧めします。

彼氏がいなくても、26歳ごろから婚活を始めれば、まだまだ選び放題だと思います。

その為、どういった人が理想か明確にしておくといいでしょう。

それは、シンプルで明快な方がいいです。

例えば「お酒を飲むのが好きで、アウトドア遊びが好き、または興味のある人」などです。

やはり、趣味が共通していると、会話も弾みデートにも繋がりやすいからです。

この時に、決して職業から外見まで考え出さないことです。外見の趣味嗜好は様々です。

理想をシンプルに周りに伝えることで、周りもイメージしやすく、共通の趣味を持った人が周りに集ってくるというシチュエーションができます。

フィーリングは大事ですから、自分で出会いの可能性を狭めないことです。

実際、新婚時期が終わると、多かれ少なかれ不満は出てくるものです。

大恋愛の末に結婚しても、失敗に終わることだってあるのです。

多くを相手に求めすぎず、婚活というスタイルで結婚相手を探すことは、実はもっと幸せになれる可能性があるのです。

 

自分に合った婚活方法を選ぼう

昔、女性のことを「クリスマスケーキ」と表現していたことをご存じでしょうか。

クリスマスケーキは12月25日を過ぎるとクリスマスケーキとしての価値を一気に失い、

「売れ残り」とされてしまうことから、彼氏もいない26歳を過ぎた独身女性のことを揶揄したものです。

現在でこそ女性の積極的な社会進出に伴い晩婚化が加速し、

26歳で未婚というのはそれほど珍しくもなく、むしろ26歳で既婚の女性に対してはまだ若いという印象を持つ方も少なくありません。

それでは、今、リアルな26歳独身女性たちの結婚願望や、考え方はどのようなものなのでしょうか。

晩婚化が進み、もはや26歳で独身であることは当たり前にとらえられるようになっているのは先述のとおりです。

それでは、晩婚化の風潮のなかで、彼女たち自身も「26歳はまだ若い」とか、

「もっと社会で活躍してキャリアアップしたいから、後回しでいい」という考えを持っているのでしょうか。答えはNOです。

もちろん、キャリアアップを真剣に考える中で、結婚を急がない、或いは先延ばしにしたいと考える女性がいることは確かです。

しかし、「本当は早くしたいが相手がいない」「お金がなくてふみきれない」「相手はいるがプロポーズをしてくれない」など、さまざまな理由で「本当は心底結婚したいができない」女性はたくさんいます

それを物語るのが「婚テロ」と呼ばれる現象です。「婚テロ」という言葉をご存知でしょうか。

最近いわゆる「適齢期」である女性の中で広まりつつある言葉です。

婚テロの言葉の意味は、「結婚した女性がSNSにおいてその事実を示すすべての行為」を指しています。

「結婚しました」という報告はもちろん、プロフィール画像をウェディングドレス姿にすること、

また人によっては二人分の食事の写真を投稿するだけでもこの婚テロにあたるというのです。

中には立て続けにこの「婚テロ被害」に遭い、あまりの嫌悪感からSNSを退会してしまう人までいるといいます。

自分の状況を他者と共有するツールであるSNSで、結婚という人生の一大イベントを他者と共有するというのは、極めて自然なことです。

しかし、デリケートになっている独身女性にとってはそれすらも「テロ」と受け取られ、嫌悪感すら抱いてしまうことがあるのです。

このようなワードが広まっていることで、現在の独身女性(彼氏なし)のリアルな願望は十分におわかり頂けるのではないでしょうか。

いわゆる「適齢期」とされる26歳以降の独身女性。

この年代では、その言葉通り、結婚する女性が増え始め、多くの人が30歳までには「結婚ラッシュ」と呼ばれる現象を経験します。

そのような状況の中で、「自分は大丈夫だろうか」

「相手すらいない自分はもしかして一生独身なのでは」と、必要以上に焦ってしまうのが乙女心というもの。

ましてや、男性は自身の年齢が高くても若い女性を好む傾向があることから、この年代の女性の葛藤はつきません。

「遅すぎたということのないように、今から婚活をスタートさせよう」というのが、

どの程度実行に移すかどうかというのはさておき、リアルな26歳独身女性の心情です。

それでは実際、この「適齢期」とされる女性はどのような場で、どのように婚活を進めているのでしょうか。

「自然な出会い」というのはもはや奇跡に近いものであることを、この年代の多くの女性が悟っています。

婚活の意思を固めた女性は積極的に出会いの場を探し、参加することで自らチャンスを作っているのです。

今回は中でも主流と考えられる3つの方法をご紹介します。

一つ目は、婚活パーティーです。いろいろな参加条件があったりして、手軽に出会いの機会を作ることができます。

中には年収600万以上とか、男性は医者限定というパーティーもあるので相手をしぼることができます。

一度にたくさんの男性と知り合えるのはいいのですが、ライバル女性との取り合いになるので自分でグイグイいける、見た目に自信のある女性に向いています。

二つ目は、婚活サイトです。スマホがあれば、いつでも気軽に結婚相手探しができます。

年収や職業・趣味・結婚観などで会員検索をして、気になる人がいたらメッセージのやりとりをします。

ただし、実際に会ってみるまでは相手がどんな人なのか分かりにくいのが難点です。

最初はカフェなどで軽く会話をするだけにしてみて、気に入ったら2回目・3回目のデートをしていけばいいかと思います。

たとえば、結婚情報誌で有名なゼクシィが運営するゼクシィ縁結びや、マッチングアプリのYahoo!パートナーなどがおすすめです。

三つ目は、結婚相談所です。プロのアドバイザーが婚活をサポートしてくれます。

どんな男性と結婚したいのか、どのような家庭を築きたいのか、カウンセリングを受けながら、それに見合う結婚相手を探してくれます。

また、お見合いのセッティングだけでなく、その後のお付き合いでの悩みなども相談に乗ってくれます。

至れり尽くせりのサポートがある反面、婚活費用が高額になるのがネックです。

最低でも30万円〜40万円ほどはかかると見ていいでしょう。

26歳を過ぎた「適齢期」とされる多くの独身女性にとって、結婚はもはや最大の目標です。

実現に向け、日々思い悩み、積極的に出会いの場を求めて動いているのです。

ゼクシィが運営する婚活サイト【ゼクシィ縁結び】

女性は無料で使えるマッチングアプリ「Yahoo!パートナー」

 

幸せな結婚がしたいなら出会いを増やそう

学生時代を卒業して数年、仕事もプライベートもだんだん先が見えてくるのが26歳頃です。

周りでもそろそろ結婚を考えている友達や、実際に挙式に参列する機会も増えてくる独身女性もいらっしゃるでしょう。

女子会のたびに、長く付き合っているカップルの話や年上の彼からプロポーズされたなどという話を聞くと焦ってしまいますよね。

20代前半までは、恋愛していること自体に目的があり、あまり先のことまで考えなくてもよかったかもしれません。

でも、26歳を過ぎると、家族のこと、子供を産むタイムリミットなど色々心配なことが出てきます。

そろそろ、結婚が恋愛上に存在するお付き合いを始める時でもあるのです。

男性は30歳を過ぎても仕事中心でただ恋愛を楽しむだけで、何も考えていない人もいます。

いざお付き合いをしても決断をしてくれない、同棲生活をしたもののそのままずるずるとただ一緒にいるだけ、という話はよくあることです。

彼氏もいない20代後半独身女性には、そんな無駄な時間はもったいないので、しっかりと将来を考えてくれている人とお付き合いをしなければなりません。

では、どうしたらそんな人に出会えるのでしょう。

まずは出会いの機会を増やすことが重要です。

家と会社の往復だけではどんなに素敵な人に会うことも難しいでしょう。

友人主催の合コンでは、出会っても次につながらないことや1回、2回のデートで終わってしまうことも確かに多いです。

合コンでは相手の本気度がわからないうえ、いきなり結婚を考えていることを伝えると男性陣には重すぎます。

では、しっかりと将来を考えてくれる男性陣はどこにいるのかですが、真剣なお見合いパーティーや結婚相談所です。

お見合いパーティーは、カジュアルな出会いを求めている男性も多いので当たりはずれがありますが、

男性女性ともに参加料金をきちんと支払わなければならないパーティーや、身分証明と会社の在籍証明を求められるものはある程度の信頼性があります。

参加者は結婚を前提に考えてくれているので、真剣なお付き合いが始められますし、独身女性が相手に求める条件、

例えば年収や職業もある程度区切られているのでターゲットを決めやすいのは確かです。

次に婚活サイトですが、やはりネットで婚活をすることに不安を抱いている方も多いのではないでしょうか。

たしかに会ったこともない人とメッセージのやりとりから始めるのは心配ですよね。

しかし、婚活サイトを利用するためには、本人確認のために身分証を運営会社に提出する必要があります。

大手の婚活サイトは個人情報管理や安全への配慮が徹底されているので、真剣な交際を始める前に相手のこともよく理解できて安心です。

20代の女性であれば、すぐにあなたの希望する条件にあった男性とお見合いすることができるでしょう。

この2つの婚活は実際に自分から動かないと何も始まりません。

また、自分が婚活をしていることを隠すのではなく、周りに知らせるのも一つの手です。

出会いはどこにあるかわかりませんから、友人が婚活中のことも思い出してくれていい人を紹介してくれるかもしれません。

今や婚活にマイナスのイメージはなく、パートナーがいなくても明るく前向きな女性というイメージです。

必死になって隠れて婚活している方が、焦りから思うように結果がでないこともあります。

人に婚活の事を話すどころか、どうしても婚活という行動が苦手で合コンもお見合いパーティーも相談所も、参加がおっくうになってしまうという独身女性もいます。

何を話したらいいかもわからず、たとえ参加しても何も成果が得られず終わってしまうということもあるでしょう。

最近では、自治体主催の合コンや料理や趣味をテーマにした合コンが様々な場所で開催されています。

自治体主催のチラシを見ると、参加条件として真剣な出会いを求める男女と記載されていることもあり、同じ地域に住む誠実な男性に出会えるチャンスがあります。

また、料理や趣味をテーマにした合コンでは、話すのが苦手でも好きな活動を通してであれば会話も広がりやすいです。

目的がわからない合コンよりは確実に真剣なお付き合いから結婚へつなげられるでしょう。

そろそろ恋のターニングポイントの26歳を過ぎたら、ご自分でできる範囲内で婚活をはじめられてはいかがでしょうか。

どんな素敵な出会いも、まずは、行動あるのみです。

頑張って勇気を出した行動にはきっとよい出会いや結婚が待っています。

 

「結婚相談所では悩みや不安も相談できます」 26歳 看護師 Aさん

「26歳という年齢の私にとって、30歳までには結婚したいという気持ちが強くありました。

実は正直なところ、彼氏ができたことは一度もなく、男性との接し方についてはほとんど経験がありませんでした。

周囲の友達が次々と結婚して幸せになっていくのを見て、私自身も結婚に対する思いが募っていました。

世間では「婚活」というワードがよく聞かれるようになり、私も活動を始めた方がいいと以前より思っていましたが、何をしたらよいのか見当もつきませんでした。

そんな悶々とした日々が過ぎて行く中で、とある「結婚相談所」のホームページを偶然見つけました。

このようなタイプのホームページはたくさんあるだろうと思い、当初はそれほど気にとめてはいなかったのですが、

説明のところをよく読むと「一度試してみる価値があるかもしれない」と感じる部分がありました。

その理由は、無料で婚活コーディネーターに相談できることと、無料相談の場に自分の親や友人を連れて行ってもよい、というユニークなシステムがあったからです。」

「そこで「モノは試し」との思いを胸に、すでに結婚している女性の友人とともに、その結婚相談所の無料相談の場に向かいました。

その結婚相談所は、有名な大手企業が運営するサービスだったので不審に思うことはありませんでしたが、

結婚相談所を初めて利用する私にとってはかなり緊張しました。

オフィスに到着すると、落ち着いた雰囲気の個室スペースに案内されました。

オープンなスペースではなく、個室での話し合いができることでプライバシーが保たれるという安心感がありました。

私の担当になった婚活コーディネーターさんは、物腰の柔らかい人の話しをよく聞いてくれそうな方でした。

最初の打ち合わせということもあり、その結婚相談所の成婚までのプロセスや料金体系、他の利用者さんの動向などを丁寧に紹介していただきました。」

「大手企業が運営しているサービスであるので、充実したサービスと、透明性の高い料金体系がとても気に入りました。

登録している男性も非常に数が多く、私にふさわしい男性が見つかるような気がしました。

時折、私の友人が既婚者ならではの質問をコーディネーターにしているのを見て、非常に参考になりました。

知人を連れて行ったことが正解だったようです。

二回目の無料相談では、私の結婚に対するイメージや、婚活において自分が不安に感じていること、など多岐にわたる話し合いをしました。

この時も前回と同じ友人を連れて行きました。

婚活コーディネーターの方がとても親切な方だったので、自分の悩みを正直に打ち明けることが抵抗なくできました。

友人を連れて行ったこともリラックスできる要因だったと思います。」

「後で振り返ってみると、自分の悩みや欠点を素直に打ち明けて相談できたことが、とてもよかったと思います。

婚活コーディネーターの立場になって考えると、本当の自分を隠して自分の良い部分だけを見せようとする利用者に、本当に良い提案ができるとは限りません。

素直に自分の長所や短所を話してくれる利用者の方が、良い提案や魅力的な男性を紹介しやすいのです。

20~30分ほど話し合ったところで、次に具体的に男性のデータを拝見する段階に移りました。

私たちの話し合いをもとに、コーディネーターがデータベースで検索し、候補となる男性を何人か選んでくれました。

その男性一人一人の顔写真と、プロフィールを見ながら、私との相性がどのような形でよいのか、おたがいの価値観がどの部分で一致しているのか、などのより具体的な話が進行しました。

この段階になってようやく「自分は今、婚活をしているんだな」と実感しました。」

「それまでは、結婚相談所の説明を受け、自分の話しをしているだけでしたが、いよいよ本格的な話が始まっていることが分かりました。

男性との経験が少ない私にとって、どなたが自分にふさわしいのかその場では判断できかねたので、いったん自分と友人でじっくりと話し合って、後日改めて相談したい、リクエストしました。

コーディネーターは快く承諾してくれました。

自分の性格を客観的に見てくれるコーディネーターとその友人の話をもとに、最終的に候補となる男性を決めました。

その後の初デートや会話の進め方などもコーディネーターのアドバイスが非常に役立ちました。

今ではその方と、結婚式場を決める話し合いを進めている段階です。」

 

「私は婚活サイトで夫と出会いました」 28歳会社員Uさん

「私は3人兄妹の末っ子として育ったこともあり、小さい頃から早く結婚して、たくさん子供が欲しいと思っていました。

今後の出産のことを考えると、20代のうちに絶対に一人目を産みたいと思っていたので、26歳になったのを機に、思い切って婚活を始めることにしたのです。

私が婚活に利用したのは、大手の婚活サイトです。

婚活サイトでは、男性会員を検索して、気になった人とメッセージを交換したり、交流を深めることが可能でした。

それも、闇雲にアタックするのではなく、

自分の希望する条件にマッチした男性を検索することができるので、はじめから理想に近いタイプの方と知り合うことができて効率的でした。

婚活パーティーや街コンにも並行して参加していましたが、初対面の方と話すのが苦手な私にとっては、

相手の内面から知ることができる婚活サイトはとても使いやすかったです。」

「登録料や月額の会費は掛かりましたが、その分、結婚に対して真剣な登録者が多いように感じました。

結果的に、私は入会から3ヶ月で現在の夫と知り合うことができました。

実際に現在の夫と会う前には、お互いがサイト上で会うことについて承諾しなければならない仕組みだったので、安心して臨めました。

それまでのやり取りも基本的には全てサイト上のやり取りにやるので、万が一、会ってみて合わない相手だと感じた場合にも、

自分から連絡先を明かさなければそれ以上、接触できないよう、配慮されています。

実は、私も夫以外に3人の男性とお会いしたのですが、夫以外の方々はあまり話が合わず、その後のやり取りをお断りしています。

サイトにはブロック機能も付いているので、逆恨みやストーカーなどの心配もありませんでした。

その後は、何度かデートを重ねるうちに夫の方から告白され、更に半年後にめでたく結婚することができました。」

「出会ったきっかけがサイトだったので、親や友人たちに紹介する際に、少し後ろめたい気持ちがあったのも事実です。

でも、親はあくまでも出会いのきっかけが婚活だったというだけで、最近では何も珍しいのとではないと肯定的に受け止めてもらえました。

確かに、実際にお付き合いを始めてからは普通の恋愛結婚の人たちと何ら変わらず、

結婚式でも堂々と婚活で知り合ったことを話しましたが、みんなとても祝福してくれました。

出産を考えると女性にとっての時間は有限です。

少しでも結婚に憧れている独身の女性の方は、思い切って婚活してみるのが良いと思います。」

 

「焦らずに婚活したのがよかったんだと思います」 29歳 派遣社員 Fさん

「30代で独身の女性も珍しくない世の中になりました。

しかも「結婚したいのにできない」ではなく、「あえて結婚しない」と言う人も増えています。

あえて結婚しない30代の女性は、心の焦りもなく婚活に興味もないのですが、逆に結婚したい人はどうしても焦りや不安が表に現れてしまうものです。

私はゆくゆくは結婚できたらいいなと言う考えで、特に婚活で結婚相手を見つけようとは思っていなかったのですが、

彼氏もいない時期だったので、友達の付き添いと言う形で一緒に婚活パーティーに参加するようになりました。

そのパーティーは20代と30代がメインでしたが、30代の女性は明らかに目の色が違うと感じました。

当時私と友人は25歳と26歳で、まだ結婚を焦る年齢ではありません。

もっと若い20代前半の女性もいたと思います。」

「男女何人かで歓談する時間もあったのですが、30代の女性は話の節々に自分のアピールを入れてきます。

私がそう感じただけかもしれませんが、これでは男性陣も構えてしまうなと思いました。

逆に若い女性は、まだまだ本気で結婚相手を探そうと言う感じではなく、話の内容も学生気分が抜けていない感じです。

婚活ですから、男性も結婚相手を探しに来ています。

参加する前は、女性は若ければそれだけで人気があると思っていましたが、そうではありません。

若いだけだと、何もできないと思われて、結婚相手の対象からは外されてしまうようです。

30代を過ぎると、あまりにも獲物を狙うハイエナ感が強すぎて、避けられてしまいます。」

「そうすると、焦らずに婚活に参加している25歳、26歳あたりの女性が男性にとってもちょうどいい結婚相手になります。

社会人経験も数年あるので、仕事の話も理解してあげられるし、今すぐ結婚を迫られる年齢でもありません。

友達の付き添いとは言え、私も良い人がいればもちろんおつき合いする気持ちはありました。

何度も言いますが、結婚に焦っているわけではないので、こちらも本当に気に入る人と出会えるまでじっくり時間をかけることができます。

これが功を奏したのか分かりませんが、25歳で婚活パーティー初参加の私は、26歳の時に出会った人と2年間おつき合いして29歳で結婚しました。

友人は27歳で出会った人と1年半おつき合いして、28歳で結婚しました。

自分が結婚に執着しない年齢で、また相手に結婚への執着心を感じさせない年齢で婚活を始めたのが良かったのかなと思います。」

▼まずは無料でためしてみてください▼

最近いい出会いがないという方は、ゼクシィ縁結びを使ってみてください。

ゼクシィ縁結びを使えば、すぐにでも結婚相手探しができるようになります。

大手企業のリクルートが運営しているので、安心して利用することができます。

会員登録が無料なので、まずはどんな人がいるのか見てみるだけでもいいでしょう。

「早く結婚したいのに相手が見つからない…」と悩んでいるのに使わないのは損していますよ。

会員登録は3分で完了します。