OL

「今年で27歳になるけど、そろそろ結婚したいなぁ」

20代後半になってくると、結婚したい気持ちが強まってきますよね。

このページでは、彼氏がいない27歳独身女性が結婚するための方法が書いてあります。

 

30歳までに子供がほしいならギリギリの年齢

27歳の独身女性(彼氏なし)、自分では意識していなくても、周りから結婚について言われる機会が増えてきたという方も多くいるのではないでしょうか。

独身女性の中には、焦り屋不安を感じている方もいますが、そうした背景には周りから言われるケースが多いのです。

職場では上司や同僚から、いい相手はいないのか心配され、後輩が先に寿退社していくと誰だって焦りを感じてしまうものです。

職場よりも厄介なのが、親戚の集まりです。

実家で母親から言われるだけでも煙たいのに、親戚の集まりでは祖母や叔母など、何人もの方に結婚しないのか聞かれます。

何か言われるのが嫌で、親戚の集まりを避けたとしても、電話やメールで様子をうかがってくる親戚がいることもあります。

もちろん、彼氏がいないのか聞いてくる親戚も、決して嫌がらせでそのような行動を起こしているわけではありません。

心配して行動してくれているとわかっていても、何度も同じことを繰り返し聞かれると、聞かれる方にとっては迷惑な行為です。

また、同窓会に行って焦りを感じるケースも多くみられます。

同じ年齢の友達が、子供を産み幸せな家庭を築いている、自分と同じ学校に通っていたはずなのに、自分とは何が違っていたのか不安に思う方もいるでしょう。

ですが、これらの焦りや不安を感じているのは、あなた1人というわけではありません。

彼氏がいない多くの27歳独身女性の方々が、同じような不安や焦りと戦っています。

特に女性の場合、結婚だけではなく、子供のことを考えてしまうので、男性よりも焦りや不安を感じやすいものです。

子供を産むならできるだけ早いうちに産みたい、30代になる前の20代のうちに産みたいと考える方も多くいます。

20代のうちに産みたいと考えた場合、27歳はギリギリの年齢になります。

27歳で出会って、結婚までに1年かかるとします。

28歳で籍を入れてから、子供ができたとしたら、子供を産むのは30代手前の29歳です。

最近はできちゃった婚やスピード婚の方もいるため、交際から結婚までの期間や、子供ができるまでの期間に個人差もあります。

しかし、交際・結婚・出産までに1年ずつかかるとしたら、20代で産みたいと考える方にとって、27歳は最後のチャンスとなるのです。

少しでも焦りや不安を感じているのであれば、何も行動しないよりは、婚活してチャンスを探していく姿勢も大切です。

偶然街中で運命の相手と巡りあうということは、まずありません。

そのため、自分の手で運命の相手を探していきましょう。

実際に婚活を行う時、ポイントとなるのがどのような方法で出会いを求めるかということです。

以前であれば、親戚の紹介などのお見合いが出会いの中心でしたが、今はさまざまな形で出会いを求めることが可能です。

例えば新たな出会いの場として注目されているのが、お見合いパーティーです。

お見合いパーティーでは十人前後の男女が集まりますが、その特徴は結婚願望のある方々が集まっている点です。

合コンでも同じように十人前後の男女が集まりますが、合コンは友達感覚で付き合える相手を探している方や、

ただ楽しみたいだけの方が多いので、積極的に出会いを探しているとは限りません。

一方でお見合いパーティーの場合、お互いが結婚に関して前向きなため、お互いのことを真剣に理解し合おうとする姿勢がみられます。

またお見合いパーティーでは、参加者の条件を絞ることで、考え方や趣味の合う方と出会える可能性が高くなります。

例えば婚活をしているけれども、しっかりと恋愛をしてから結婚したいと考えている方もいます。

そのような方は、真剣交際希望者が集まるお見合いパーティーに参加するのも1つの手です。

さらにアニメやマンガが好きな方限定のお見合いパーティーもあります。

同じような趣味を持つ方が集まるため、趣味の世界で語り合えるパートナーが見つかる可能性も上がります。

一口にお見合いパーティーといっても、主催している会社はいくつも存在しています。

そのため参加するだけではなく、どこの会社が主催しているお見合いパーティーに参加するかも1つのカギです。

参加費だけで考えていくのではなく、サポート体制やカップル成立率にも注目しましょう。

結婚に対する焦りがあったとしても、参加するお見合いパーティー選びなど、慎重に進めることも忘れてはいけません。

ゆーじ

将来的に子供がほしい女性は自分の年齢が気になっちゃいますよね。

ユキさん

そうゆう点では男は余裕があっていいわよねぇ…

 

婚活という言葉を変えて、余裕を持ってパートナーを探そう

婚活という文字が当たり前になってきた昨今ですが、実際私達が普段生活してきて、どれくらいの人が意識をして婚活をしているのでしょう。

晩婚化している今、20代前半ではまだまだ結婚はしたくない、恋愛よりも仕事をバリバリとこなしたいという気持ちでいたかもしれません。

大学卒業をして就職し、難しい仕事を少しずつこなせるようになってきて、やり甲斐や楽しさを感じるのが丁度25歳頃かもしれません。

それが短大であった場合でも、やはり25歳頃というのは仕事と遊びのメリハリが上手く機能し、両立出来ている年頃だと言えるでしょう。

ただ、27歳を過ぎた頃ならどうでしょうか。次第に友人知人の式が増え、出席する回数が20代前半よりも格段に多くなります。

早く結婚した同級生の中には、既に子供を2人や3人産んでいる子もいるかもしれません。

そうした中で、ふと気付いた時に恋人の存在が急激に欲しくなるのです。

旦那様を見つけて安定した家庭を築き、可愛い子供を産んで幸せに暮らしたいと思い、そして婚活の道をスタートさせるのです。

私達がぼんやりと婚活という文字を思い浮かべた時、それはどんなイメージでしょうか。

先程言ったように、周りの環境の変化からの焦りや必死な雰囲気が無意識に浮かんでしまってはいないでしょうか。

婚活をスタートさせた時、それは必ず飢えた状態からのスタートなのです。

心を満たしたいという欲求から生み出された行動というのは、少しわがままになったり、自分を見失いがちです。

焦りとは正しくそうで、自分自身をコントロールすべき時に焦ると、実力の数パーセントを損してしまったり、思わぬ事に出くわしてしまうものです。

この婚活という言葉に捉われすぎて必死になっていると、どうしても周りからは一歩距離を置いて見られたり、要らぬ想像をされてしまったりする可能性があります。

人生もそうですが、余裕を持って行動すれば、それは自分を輝せる事に繋がるのです。

心の余裕があれば、男性から見ても魅力的に見えて、人生を楽しんでいる女性ほど、美しく見えるようになります。

同じ事が、独身女性の婚活にも言えるのではないでしょうか。

切羽詰まってギリギリで行動し、慌てている人には、余程慌てる理由があるのではと勘ぐられてしまうかもしれません。

では実際にその「心の余裕」をどうやってうみだすのか、それが大切です。

いくら余裕、余裕と言葉で言っていても、それが行動に伴っていなければ意味がありません。

先程も書きましたが、婚活とは飢えた状態からのスタートです。

そうした中での余裕はなかなか難しい物ではあります。

ですので、一気にゆったりと構えるのでは無く、少しずつゆとりを持てるようにしましょう。

例えば結婚という言葉から一旦はなれてみるのもいいでしょう。

婚活しているのに結婚というワードを消すとはどういう事だと思われるかもしれませんが、

結婚の漠然なイメージとして、結婚式や華やかなドレス、素敵な旦那様との煌びやかな生活が思い浮かぶかもしれません。

しかし、それを一度頭から消去してしまい、結婚への焦りを少しずつ消していくんです。

そのためにまずは趣味や好きなこと・価値観を共有できるパートナー探しをしようと思ってみるようにします。

華やかで煌びやかなイメージではなく、一緒に寄り添えるような雰囲気になれる男性との出会いを見つけることです。実際に結婚とはそういうものだったりします。

「結婚相手を見つけなきゃ!!」と意気込んでしまうと、力が入りすぎてつい高望みをしてしまいがちです。

そこで、自分のパートナーを見つける、自分と波長の合う話していて楽しい、正にそんな男性を見つけようという意識に変えてみましょう。

そうすれば、何も婚活だけに限った話ではなくなり、余裕が持てるようになります。

それこそ趣味や飲みのパートナー、スポーツやライブに行くパートナーなど、出会える場所も大きく広がるはずです。

そして、「結婚しなければ!!」という焦りも変わっていくでしょう。

綺麗にならなければ、痩せなければ、結婚しなければという意識ではなく、いかに自分と相性がいい男性と出会えるかなと考えてみるんです。

自分とピッタリと合うパートナーを探しに行ってみましょう。

しなければならないという焦りから発せられた言葉は、自分を縛り付けて制限をかけてしまう事があります。

パートナーは自分のしたい事の先にいる筈だからと楽な気持ちで、心に余裕を持って楽しく色々な事にチャレンジしていきましょう。

ではここで、彼氏がいなくても27歳から婚活を始めて結婚できた方々の体験談を見てみましょう。

 

「先の事を考えて今の時期を逃してはいけないと感じました」 27歳 介護士 Iさん

「仕事と趣味に没頭し、気がついたら27歳で彼氏もいないような状態になっていました。

周りの女性の友達は早い人だと20代前半で結婚する人が多く、結婚式にも呼ばれる度に参加していました。

参加した日は結婚って良いなと思うのですが、どこかでこんなに早くに結婚を決めて自分の人生はもう楽しめないんだなという考えもちらつき、

私はまだ結婚しなくてもいいという気持ちになっていました。」

「仕事では失敗をしないように動く事で、周りの信頼を得る事を大事にしていました。

信頼を得る事で何かあっても安心して任せる事ができると上司からも言われる事が多く、それが活力になっていました。

そして仕事を一生懸命こなす事には意味があり、趣味の時間を大事にしたいと思っていたからです。

趣味は小説を書く事が一つです。そして、イベントにも参加する事です。

アニメ全般が好きなのは小さい時から変わらない趣味です。

その為に仕事をしながら、趣味の時間を大事にしていました。

週末も友達はデートで忙しくしている最中、次のイベントに向けて小説を書く事が楽しくて仕方ない日々が続いていました。」

「しかし、27歳になりこれが生涯続いていいのか不安になってきたのです。

20代前半で結婚している人のなかには、既に子供が数名いる人もいて、どんどん自分と違う人生を歩んでいるのを目の当たりにした時に、

あんなに楽しく趣味に没頭していたはずなのに後悔する日も増えてきました。

何よりも一番焦った事は、イベントで知り合いなった人たちも結婚していく事です。

どこかで私と同じ環境で生きていると思っていたので、まさかお付き合いしている人がいたという事に信じられない気持ちでいました。

特に仲良くしている人とは、趣味嗜好もあっているので毎日のように連絡を取り合っていたのですが、

話の内容も決まっていたので、私生活についてはほとんど互いにわからないまま過ごしていました。

同じく27歳なので、他の人よりも親しみを感じている人でした。」

「その女性からお付き合いしている人と結婚する事になったから、次のイベントは欠席するという事を伝えられたときに、私も本格的に婚活をしなければいけないと焦るようになりました。

しかし、周りを見渡してみても既に結婚している男性ばかりであるため、出会いがみつかりません。

全く出会いが見つからない事に焦り、婚活サイトなどを検索して自分に合った人と出会える可能性があるかを調べる事にしました。

体験談なども記載している婚活サイトでしたので、自分の年齢で結婚できた人の体験談などをよみ、婚活をサポートしてくれるところを利用する決心がつきました。」

「実際に登録するために調べたのですが、互いに結婚したいと思う人同士が知り合う事になるため、

お付き合いしてから結婚までの期間は比較的短い方がたくさんいるということが分かりました。

一番気になっていた部分の一つが趣味です。

私は欲張りな性格でもあるため、結婚しても趣味を大事にしていきたいため、それを理解してくれる人でなければ上手くいく事はないと思っていた事もあり、それを前もって伝えておきました。

上手くいくのか不安でしたが、同じくアニメが好きでイベントなどにも参加している方と知り合う事ができました。

観ているアニメは共通しているアニメもあれば、異なるアニメもあったのですが、結婚に関しての意見もあっていたので、お互いにお付き合いする事を決めました。」

「どちらかといえば、妥協して付き合ったかと思われがちですが、お付き合いしてからどんどん彼の良さを実感する事ができ、気がつけばプロポーズされていました。

婚活サイトを利用する事で、自分の理想の相手を見つける事ができて良かったです。

利用しなければ、お付き合いどころか知り合いにすらなれなかったと思うと、思い切って利用して良かったと思いました。

もともと結婚に関しても結婚後の理想の生活スタイルなどもお互いに話していたので、結婚してからも上手くいっている事も嬉しいです。

好きなだけではなく、前もって理論的に様々な事を話し、納得したうえで、お付き合いもしていたので、後悔する事もありません。

様々な人に聞かれますが、互いに好きな事を応援し、サポートしている関係を保つ事ができています。

友達のような感覚で共に暮らしていけるのも、自分の理想の結婚スタイルでしたので、今が幸せです。」

 

まずは自分ができそうな婚活をためしていくのが大事

20代では結婚したいと思う反面、まだ自分が好きなことをして遊んでいたいと思う年齢ではあります。

そのため、「まだ結婚しなくてもいいかな」という気持ちが出てきて、本気で結婚相手を探そうという気にはまだなりません。

Iさんのように仕事や趣味に夢中になっている方もいることでしょう。

平日は仕事を一生懸命こなしながら、休日になると趣味や好きなことにハマっていると、なかなか出会いを探す機会がありません。

それでも周りはどんどん結婚していくし、子供までいたりします。

そうなると一人趣味に没頭している自分がなんだか寂しく思えたりもするでしょう。

また、趣味友達も結婚していくとなると、よけいにその気持ちは強まっていくようになります。

Iさんもそんな状況に焦りを感じ始め、婚活をすることに決めます。

しかし、いざ結婚相手を探そうにもどうやって出会いを作ったらいいのか分からないという方も多いのではないでしょうか。

そこでIさんは婚活サイトを利用することに決めます。

婚活サイトのメリットはスマホさえあれば、いつでも結婚相手を探すことができる点です。

現代はスマホが普及しているので、これほど便利な婚活方法はないと思います。

また、通常の出会いでは相手の男性に結婚願望が必ずしもあるわけではありません。

せっかくいい男性に出会うことができても、「まだ結婚は考えてないなぁ〜」となったら意味がありませんよね。

その反面、婚活をすれば本気で結婚したいと考えている男性に出会うことができます。

そのため、結婚を前提にしたお付き合いができますし、結婚までの準備期間も短くなります。

また、会員検索では年齢や年収・職業だけでなく、趣味や好きなことが合う男性を探すことができます。

たとえば、マッチングアプリのハッピーメールや、結婚情報誌で有名なゼクシィが運営するゼクシィ縁結びなどの婚活サイトがおすすめです。

Iさんは自分の趣味であるアニメ好きに理解のある男性を探していたようなので、その点もちょうどよかったのでしょう。

Iさんは婚活サイトを利用しなければ今の夫と出会うことができていなかったと言います。

やはり婚活サイトに限らず、まずは自分ができそうな婚活方法をためしてみることが大切です。

女性は完全無料で利用できるマッチングアプリ「ハッピーメール」

ゼクシィが運営する婚活サイト【ゼクシィ縁結び】

 

ユキさん

自分に合った婚活方法を選ぶことが大切よ!

ゆーじ

それぞれにメリット・デメリットがあります。

 

「私は婚活パーティーで結婚前提の出会いがありました」 27歳 会社員 Eさん

「25歳を過ぎた頃から周りの友達が次々と結婚し始めて、焦りを感じているアラサー女性は少なくはないはずです。

何を隠そう、私も彼氏さえいないアラサー女性の1人でした。

特に焦りを感じたのは27歳のときに参加した高校の同窓会でした。

高校時代にまったく恋愛に興味が無かったあの子や、バリバリのキャリアウーマンとなったあの子も…みんな既婚者となっていたのです。

中には子どもが2人以上いるという子も居ました。」

「そこで焦りを感じたのは私だけではなく、親友のA子も同じだったようで、同窓会の後日に2人で会い、「婚活パーティー」への参加を申し込みました。

そのとき私達が申し込んだパーティーは業界では割と有名な会社が主催するアラサー世代を対象としたもので、

参加費は男性側が5,000円、女性側が1,000円でしたので、何故かちょっとお得な気分になりました。

また、これといった会員登録は不要で、参加の申し込みだけすれば後は当日を待つのみという気軽さも私達がその会社を選んだ理由の1つでした。

そして「婚活パーティー」当日を迎えました。

ちなみに持ち物は免許証(身分証明書)と筆記用具のみです。午後からの開催だったので、先にA子とランチを済ませてから会場に向かいました。

「どんな雰囲気なんだろう」「どんな男性がいるんだろう」そんな会話をしながら、ドキドキ、ソワソワしていたのを覚えています。

そして、地図を頼りに会場に到着しました。

そこは割と何処にでもある雑居ビルで、会場自体は会社の会議室のような簡素なものでした。

私達は受付で免許証を見せた後、そこで渡されたプロフィール用紙に必要事項を記入していきます。」

「そうこうしているうちにパーティーがスタートしました。

1人あたり3分程度の簡単な顔合わせ的な自己紹介タイムから始まります。

女性の席は固定されており、男性側が3分経つと移動していくというスタイルです。

参加人数は男性:女性が15:15でしたので、正直始めてお会いする方と3分だけお話しても、最後は誰が誰だか分からなくなる可能性があるので、

あらかじめ渡されている男性側のプロフィール用紙にそれぞれの印象をメモしておきました。

「メガネ」とか「筋肉」とかその人の印象を的確に短い言葉で書いておきました。」

「 自己紹介タイムが終了すると、「印象カード」というものを提出します。

私は読書という共通の趣味を持つ公務員の方と、ファッションセンスがいいなと思った営業職の方に〇をして提出しました。

その後、しばらくすると私に〇をしてくれた男性のデータが渡され、公務員の方は私に〇を付けてくれていました。

そして、フリータイムへと突入します。

比較的人見知りな私とは違い割と誰とでも気軽に話せる友人はいつの間にやらスーツ姿の真面目そうな紳士と会話を楽しんでいました。

「さて、どうしたものか」と考えていると件の公務員の方が私に話しかけてくれました。

このとき、飲み物は出ますがノンアルコールです。

私は緊張のせいかやたらとウーロン茶ばかり飲んでいた記憶があります。」

「フリータイム終了後、今後のお付き合いをしていきたいと思う男性の番号を第三希望まで書いていきます。

但し、必ずしも3人の番号を書く必要はなく、何なら未記入で提出しても問題無いものでしたので、私は先程の公務員の方の番号のみを書いて提出しました。

そこから数分後、参加者それぞれに封筒が渡され、カップルが成立していればそこにお相手の番号が記されています。

結論から言いますと、私は公務員の方と見事にカップル成立しました。

A子の方もカップル成立したようで、共に喜びを分かち合いつつ、パーティー後はそれぞれのお相手とお茶をすることになったため、

A子とはここで別れ、私は公務員の方と喫茶店に入り、少しお話をした後、連絡先を交換しあい解散しました。」

今現在、このお見合いパーティーから半年経ちましたが、公務員の方とは結婚を前提としたお付き合いが続いています。

たった1度の参加でまさかこのような運命的な出会いがあるとは思っていなかったので、私自身いまだに驚いていますが、

彼とはまるで昔からの知り合いであるかのように話が合うので、この出会いに感謝しています。

ちなみにA子はこの婚活パーティーで知り合った方とは残念ながら進展しませんでしたが、

何回か同様のパーティーに参加するうちに、結婚を前提にお付き合いできる男性に巡り会えたそうです。

おたがいにこれから幸せな結婚をしようと話しています。」

 

婚活パーティーは良くも悪くも第一印象が勝負どころ

女性は25歳を過ぎたあたりから一気に結婚していきますよね。

久しぶりにあった高校の友達などもいつの間にかみんな結婚していたり、場合によっては子供までいるということも珍しくありません。

そんな中で自分がまだ独身で彼氏もいないとなると、「早く結婚しなくちゃ!!」と焦ってしまいますよね。

Eさんもそんな状況に焦りを感じたようで、後日に友達と婚活パーティーに参加してみたようです。

アラサーと言っても、20代後半という年齢ではまだまだ婚活パーティーでも十分に勝ち目があります。

20代の女性は同年代の男性だけでなく、少し年上の30代の男性からも人気があります。

そのため、婚活パーティーでは20代の女性の参加費が安く設定されていることも多いです。

Eさんの参加した婚活パーティーのように、1000円で参加できるパーティーもあり、それほど婚活費用がかかることもありません。

ただし、婚活パーティーのデメリットとしては、可愛い・美人な女性が非常に有利になるところにあります。

婚活パーティーでは自己紹介として一人3分ほどの自己紹介を男性が移動しながら行っていき、あとはフリータイムとなることがほとんどです。

そのため、たった3分間でしか相手のことが分からないので、ほとんど第一印象だけの勝負になってしまいます。

そうなると可愛いとか美人な目立つ女性に男性の人気が集中してしまうというわけです。

もちろんフリータイムの時間に挽回すればいいのですが、そのためには積極的に目当ての男性にアプローチしなければなりません。

自分だけが狙っていればいいのですが、他のライバル女性も同時に狙っていたら、水面下での取り合い勝負になります。

これらのことを踏まえると、婚活パーティーでは可愛い・美人な女性に有利な婚活方法と言えるでしょう。

反対に、容姿に自信がない・自分から積極的にアプローチできない・人見知りしてしまうような女性には婚活パーティーは向いていません。

Eさんも人見知りな性格のようですが、気になっていた公務員の男性のほうから話しかけてくれたようですね。

このように、お互いに好印象で惹かれている場合はうまくいくことが多いです。

自分から話しかけなくても、相手の男性から寄ってきてくれますし、お互い相手に興味があるので、フリータイムでも会話が弾みやすくなります。

Eさんは見事、気になっていた公務員の男性とカップル成立になったようです。

カップリングが成立するとお互いの連絡先が交換できるようになります。

その後は時間があればカフェで少し話をしてもいいですし、後日デートの約束をしておくのもいいでしょう。

Eさんはこの初めての婚活パーティーへの参加で結婚を前提にしたお付き合いができるようになっています。

先ほど婚活パーティーのデメリットを紹介しましたが、運命的な出会いがどこにあるかは分からないものです。

自分には合っていないと思っていたり、予想していなかったところに結婚相手との出会いがあったりします。

何も行動しないでただ毎日を過ごすよりも、まずは自分ができることを少しずつためしてみることが大切です。

そうやってコツコツと婚活をしていれば、きっと運命の結婚相手に出会えるようになります。

ユキさん

婚活パーティーは良くも悪くも第一印象勝負よ!

ゆーじ

意外と話す時間ないですもんね。

 

▼まずは無料でためしてみてください▼

最近いい出会いがないという方は、ゼクシィ縁結びを使ってみてください。

ゼクシィ縁結びを使えば、すぐにでも結婚相手探しができるようになります。

大手企業のリクルートが運営しているので、安心して利用することができます。

会員登録が無料なので、まずはどんな人がいるのか見てみるだけでもいいでしょう。

「早く結婚したいのに相手が見つからない…」と悩んでいるのに使わないのは損していますよ。

会員登録は3分で完了します。

▼ゼクシィ縁結びを使ってみる▼
ゼクシィ縁結び
ゼクシィ縁結び

 

 

 

 

 

 

 

 

31歳独身女性の結婚・婚活事情【実録インタビューあり】

【女性の結婚適齢期って何歳?】自分の思い通りに婚活するコツ

【早く結婚したい!】焦り始めた30歳独身女性のための婚活方法

30歳独身女性の結婚できるかという不安・焦りを解決する7つの方法

「30歳までに結婚したい!」あなたが今すぐやるべき2つの婚活法【体験談あり】

【早く結婚したくて焦る】28歳独身女性の婚活事情

【結婚できない焦り】29歳独身女性の婚活事情