悩み2

「もうすぐ30歳になるけど、彼氏も長いこといないや、、、」

30歳が目前になる29歳は結婚に対して焦りがちですよね。

しかし、落ち着いて出会いを探せば、必ず素敵な結婚相手が見つかります。

このページでは29歳独身女性が結婚できる方法について書いてあります。

 

結婚に焦りを感じがちなのが29歳の独身女性です

30代突入を目前にひかえた29歳は、とくに結婚を希望する女性にとっては特別な年齢となります。

周囲が次々とゴールインしていく中で、取り残されていくような心細さを感じるのがこの時期です。

現在では、適齢期になっても、まわりがお見合いをすすめてくることは非常に少ないと言えます。

自由恋愛が一般的になっている近頃は、身近なところに年頃の男女がいても、あえて干渉せずそっとしておかれることのほうが多いです。

そのため、積極的に婚活しない限りは、ずっと独身の状態が続くことになります。

将来の妊娠や出産を望む場合、女性にとって1日も早く家庭を持ちたいと感じるのが29歳の時期です。

30代も後半を過ぎると、だんだんと妊娠率は低下していきますので、かなり焦りが生じてきます。

友人や知人に子供が生まれたりすると、さらにプレッシャーがかかることが多いです。

このような時期の女性は、男性にとってはやや厄介な存在となります。

男性側も29歳女性の精神的な焦りはうすうす感じていますので、付き合っている女性が29歳の場合、無意識のうちに結婚を急かされているような気分に陥ります。

焦りすぎた女性が結婚をほのめかしたりすると、ふんぎりがつかない男性の場合、別れるという決断をされることもあるのが問題です。

このように、焦りすぎによる失敗を避けるためには、相談所などの婚活サービスを利用して婚活を進めてみるのが良い方法と言えます。

今では、良い婚活方法が数多く登場しています。

カジュアルな雰囲気で男性と出会える機会もあり、恋愛にこだわる方にもおすすめです。

お見合い形式の場合は、専門のサポート役が付くため、付き合いを進めていく上でも安心が得られます。

今の相談所では、一度に何人かの男性を紹介してもらうことができます。

ですので、一人の相手に捕らわれずに婚活ができるのが魅力です。

とかく焦りがちな29歳女性にとって、選択肢が多いという事実は不安を減らしてくれます。

この年齢では、男性との出会いの場がないことや年齢的に結婚相手の対象になりにくいこと、適齢期の男性から敬遠されることなどが、大きな不安材料になります。

容姿の衰えへの不安や将来の経済的な見通しなども、29歳女性を悩ませる大きな問題となり得ます。

29歳の時期にはかなり焦りがありますよね。

学生時代の友人やボーイフレンドも、皆ほとんどが結婚しており、自分にもふさわしい相手が現れるのかが非常に不安です。

この時期には、友人のすすめでお見合いパーティーや街コンにも参加してみたり、年齢的なこともあり何となく疎外感があったりもするでしょう。

男性からも結婚を焦っているように見えるのか、軽いメールを送っても何となく深刻に捉えられてしまうことが多いのかもしれません。

こういった方は初対面の相手に対しては良い印象を与えようと頑張ってしまう傾向があります。

ですので、受けごたえなどもできるだけ愛想よく、テンションを上げていくことも多いのではないでしょうか。

こういった態度に、ややとまどいを隠せない男性が多かったりします。

そのようなわけで、パーティや街コンなどのスタイルでは、ことごとく撃沈を繰り返してしまうこともしばしばあったりします。

この時期には男性に対する理想も高くなりがちです。

外見的な要素はもちろん、性格や職業などもある程度限定している方は多いと思います。

そうなると、理想がかなりしぼられていることが、一つの障害になりかねません。

相手と向き合うことを恐れる余り、八方美人という態度が表れてしまうというわけです。

知らず知らずのうちに自分を縛っていたことが、結婚が出来ない一つの原因です

女性の場合、いくつになっても焦りすぎるのはマイナスにしかなりません。

不本意な相手と結婚するよりも、ある程度精神的なゆとりをもって婚活を進めていくのが良い方法となります。

 

素直な気持ちをもつと、相手とうまくいきます

29歳という年齢は、結婚を意識する年齢でもあります。

20歳代最後の1年であり、翌年には30歳代に突入するという現実に、焦りを感じる女性も多くいます。

28歳までを思い返すと、勉強に仕事・遊びにと毎日を忙しく過ごし、それなりに充実感も得られる日々を思い出される人も多いと思います。

ところが、29歳になったとたん、現在の不安ばかりを見つめている自分に気がつきます。

来年は30歳。そのことを意識すると、将来に対して大きな不安を抱くようになります。

果たして結婚できるのだろうか、子どもは産めるのだろうか、考えるほど不安は大きくなります。

そのようなときには、まず行動することをおすすめします。

婚活の第一歩は相手探しです。

相手がいない状態では、結婚できません。

まずは異性と出会えるような場所に出かける必要があります。

パソコンや携帯電話が普及した現在は、結婚相手との出会いのきっかけはたくさんあります。

たとえば、久しく会っていなかった友人にパソコンや携帯電話などで連絡を取り、いわゆる合コンを企画します。

異性と話すときは緊張してしまう人でも、旧友の前では普段通りの自分でいられます。

結婚に焦っている自分ではなく、普段通りの自分を相手に伝えることが婚活では大切なんです。

偽りのない自分をさらけ出せる環境をつくり、素直な気持ちをもって相手と接すると、相手も心を開いてくれやすくなります。

また、合コン開始時間の少し前に女性だけで集まり、おしゃべりする時間を設けると、合コンがスムーズにいきます。

異性と会う前に会話をすることで、緊張をほぐすことができます。

そして、人と会話をすると、顔の筋肉も動くため、柔らかな表情をつくることができます。

自然な笑顔は、男性にとって何よりも魅力的なものです。

異性と会話をするときには欠かせません。

合コンのウォーミングアップのつもりで、楽しい会話をして、準備をしておくことが大切です。

合コンの他にも、お見合いパーティ―や結婚相談所、結婚情報サービスなどでも、相手を探すことができます。

お見合いパーティーは、本当にたくさんの種類があります。

医師限定や年収がいくら以上といった、参加できる資格が必要なパーティーなどもあります。

種類が多いだけに、主催者があいまいなものや、あやしげな業者のものもあるため、参加を申し込む前に、これまでの実績などをよく調べて選ぶようにしましょう。

パソコン上で相性のよさそうな人を探すこともできます。

ネットで登録をすると、会員の細かい情報を閲覧することができます。

また、相手に対する条件設定などもできるため、効率よく相手を探すことができます。

登録会社によって会員数は異なりますが、1回のお見合いパーティーで出会える人数よりもはるかに多くの人が登録しています。

そのため、気になる相手が見つかる可能性が高くなります。

そして、初めはネット上でやりとりをするため、気兼ねなく紹介を受けることもできます。

自ら紹介所に足を運んで、相手の理想像を語って、といった必要もありません。

さらに、希望すれば、婚活のアドバイスも受けられるため安心できます。

朝早くから夜遅くまで仕事で時間がない人や、早く相手と会って話しをしたいと考える人などには最適です。

気になる相手と実際に会うときに大切なことは、やはり素直な気持ちで接することです。

焦りを感じている29歳ですといった雰囲気を前面に出すよりも、自分を知ってもらいたいと思う気持ちを相手に伝えたほうが、次の段階へと進展しやすくなります。

気持ちばかりが焦ってしまい、相手のペースを無視するような態度は避けるようにします。

大事なことは、相手にこの先も一緒にいたいと思ってもらえるようにすることです。

結婚することが目的ではなく、結婚生活を送ることが目的です。

結婚したいがために、目的を見失わないように気を付けます。

結婚するためには、同居を意識した行動を心がけるようにします。

結婚のことをストレートに伝えると焦っていることがまるわかりになってしまうので、一緒に暮らしていることをイメージしてもらえるようにするのがポイントです。

たとえば会話をしているときに、どんな部屋に住みたいと思っているかや、好きなインテリアのイメージはどんなものかなど、暮らしに関することを話題にすると、お互いに意識するようになります。

この人と一緒に暮らすことになるのかなと、頭の片隅に置くようになると、素直な気持ちを相手に伝え合うことは、この先一緒になってからも大切なことです。

では、ここで29歳のとき、実際に婚活をされた方々の体験談を見てみましょう。

 

「バリバリ仕事をしている女性が29歳までに結婚する方法」 30代前半 女性 Nさん

%e3%82%ab%e3%83%83%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%ab%ef%bc%93

「現代は男女平等とは言いつつも、結婚をした後には女性に多くの負担がかかるような生活形態になっています。

バリバリ正社員で働く女性にとっては、恋愛してそのまま結婚したいのはもちろんだけれど、その後が怖くて恋愛自体に対してアレルギーを持っている方も少なくないように感じています。

実際、私も私の同世代の友人たちもそうでした。

でも、それでは逃げているだけで何も解決しないと思い、婚活に乗り出すことにしたんです。

まだ起こってもいないことを想像して腰が引けてしまうのは、私たちを含むアラサー女性の悪いクセだと思いました。」

「まずは、最も発展しやすい社内恋愛に目をつけました。

ちょうど良い年齢で、彼女も奥さんもいない男性と仲良くなるチャンスを伺うのです。

同じ会社ということで年収も評判も性格も何となく分かっていますので、安心感があるというのが最大のメリットでした。

すぐに彼氏ができまして、半年ほどのお付き合いをしました。

しかし、彼は結婚をしたら家庭に入って欲しいと思っているタイプで、しかも、親の介護は必須だという面倒な条件を言葉のはしばしに乗せていたので、 最悪の事態におちいる前に別れることにしました。

29歳という年齢を考慮に入れて結婚を考えてくれていた人だったのですが、

これからの長い人生のことを考えると、男性優位的な頭の男性と結婚すると苦労することが目に見えていましたので、止めることにしました。」

「その時点では、友人たち全員が未婚だったのですが、そこから1年以内に一気に結婚ラッシュが始まりました。

子どもを産むということを考えると、少しでも早い方が良いという焦りが出てきたのだと思います。

自分自身の身体も心配ですし、これからの人生設計を考えると、細かいことを考えてモタモタしているよりも早く誰かと結婚してしまった方が安全ですしね。

それと私たちアラサーの親は、結婚して子どもを産むことこそ女性の幸せと思っている世代ですので、親からの圧力がすごかったということを後で聞かされました。

考え方は十人十色だと思うのですが、まだまだそれを許さない世の中だということが大人になって分かりました。

学生時代の自由で男女平等な雰囲気は、現実世界では通用しないんですよね。

「そこで手法を変えて、パーティーや仲介事業者などを使った婚活を展開することにしました。

相手の年齢や年収、そして趣味や将来の展望などが渡されてから会うことになりますので、とても安心だと思いました。

まずは軽めの婚活パーティーに顔を出したのですが、とても良い感触をつかむことができました。

結婚を意識したパーティーですので、面倒な腹の探り合いなどをする必要もなく、臆面なく将来の展望について語り合うことができるので、ストレスがなくて良かったです。

しかも、多くの人と話すことが可能ですので、気になった人とは片っ端から話しをしてみることにしたんです。

これが最終的に功を奏したと思います。

性格にもよると思うのですが、せっかくパーティーに出席しているのですから、積極的になった方が得ですね。」

「私の場合は、趣味や将来についての考え方が合致した人がいましたので、早速次の週にデートをする約束をしました。

デートというのは、相手の性格などを見極めることができるので、たくさんした方が良いということが分かりました。

私がチェックしたのは、スマートなお会計が出来るかどうか、オシャレをし過ぎて いないかどうか、

会話が弾むかどうか、食事の仕方が生理的に受け付けられるかどうか…などです。

結婚ということを視野に入れていますので、少しでも嫌だと思ったことは初期段階で排除しようと思ったのです。

年齢的に失敗はできませんので、念には念を入れた方が良いですものね。

結果としては全てクリアしてくれました。」

「また、私も彼の趣味に合致したようで、本格的に結婚を考えたお付き合いをして欲しいと言われました。

もちろん、結婚後もきちんとフルタイムで仕事をして良いということですし、家事にも積極的だということが分かりました。

それから話がトントン拍子に進み、結納を済ませました。

そして神社で結婚式を挙げました。

親戚だけの小さな結婚式が良いというのもお互いの希望だったので、そのような些細なところも合うところが好きですね。

30歳前にギリギリで滑り込むことができました。

 

結婚は自分と相手の価値観・相性が重要

たしかにNさんのおっしゃる通り、まだまだ日本は本当の意味での男女平等には遠いと私も思います。

それは個人個人の考え方の違いにもありますが、社会全体の認識や制度も十分とは言えません。

結婚するだけならともかく、将来的に出産と子育てを考えている女性にとって、現代の労働環境は万全とは言えないでしょう。

しかし、それらに不満ばかり募らせていても仕方がありませんし、結婚してからは夫婦二人三脚で頑張っていけるようなパートナーを探すのが当面の課題ですよね。

Nさんのように、まずは社内や取引先で目星そうな男性がいないかをチェックしてみるのもいいでしょう。

自分が気づいていないだけで、良物件な独身男性が見つかるかもしれません。

最初から「そんなんいるわけないじゃん!」と考えるよりも、つねに出会いのアンテナを広げているほうが思わぬチャンスをゲットできるようになります。

Nさんは会社内で彼氏ができたそうです。

しかし、その男性が結婚したら女性には家庭に入ってほしいタイプで、親の介護をしてほしいことを匂わせてきたようです。

それを良しとするかどうかは人それぞれだと思いますが、Nさんは我慢がならなかったようで別れることにしたそうです。

このように結婚を視野に入れて付き合っている場合は、相手の男性と価値観が合うかどうかを早めに見極めておいたほうがいいでしょう。

自分とまったく価値観の違う男性と結婚すると、いくら年収や職業などの条件がよかろうが、結婚後に苦労して幸せになれないパターンが多いからです。

29歳というと、結婚ラッシュが始まる年齢ですよね。

子供がほしいとなると、30代前半には出産したいという気持ちも強まってくるからでしょう。

Nさんように婚活サービスを活用するのはいい考えだと思います。

相手の職業や年収なども分かりやすいですし、なにより結婚願望のある男性と出会えるというメリットがあります。

他の出会いではせっかくいい男性を見つけても、すでに既婚者だったり、結婚する気がないということもあります。

Nさんのように婚活パーティーに参加してみるのもいいでしょう。

婚活パーティーは一度に大勢の男性と話せるというメリットがあります。

ただし、ライバルの女性もその場にたくさんいるので、人気のある男性は争奪戦になることが多いです。

Nさんのように自分でガンガンいける人であれば、婚活パーティーに参加してみましょう。

あるいは、婚活サイトを使えば、スマホさえあればすぐにでも婚活をスタートさせることができます。

ペアーズ・ユーブライド・ブライダルネットなど、婚活サイトはいろいろあるけど、どこも「この人素敵だな♪」と思える男性がいまいち少ないという実感がありました。

私が一番おすすめするのは、ゼクシィ縁結びです。

ゼクシィ縁結びには見た目もまあまあ・年収は400~600万前後・大人の余裕がある男性が見つかるでしょう。

ゼクシィ縁結びはその名の通り、結婚情報誌で有名なゼクシィがプロデュースしている業界大手の婚活サイトです。

しかも、会員登録は無料なので、まずはおためしで利用することができちゃいます。

価値観や相性が合いそうだなと思ったら、積極的にデートを重ねていきましょう。

デートを何回かしていけば、その人と自分が合いそうかどうか分かってきますし、結婚を前提にお付き合いするのであれば、お互いに結婚観をいろいろ話し合う必要があります。

Nさんの場合はデートでのお会計・ファッション・会話・食事の仕方などをチェックしていたようです。

このあたりは普通のデートでチェックするところと変わりませんね。

Nさんはやや上から目線ですが、念を入れてチェックするのもいいでしょう。

ただ、あまり厳しい目で見すぎると自分でハードルを上げすぎて、なかなか結婚相手が見つからないという事態にハマってしまいかねません。

どのあたりを基準にするかは適度なバランスが必要なところです。

現代ではNさんが出会った男性のように、共働きOKで家事・育児に積極的な男性と結婚したいという女性が増えてきています。

こういったトータルで価値観の合う男性と出会うためには、いろんな出会いのアンテナを広げておいて、

いかに相性が良さそうな男性を探し出すのが、幸せな結婚をするためのポイントになるでしょう。

 

「29歳婚活する女性は自分磨きでワンランクアップ」 30代前半 女性 Sさん

Print

「29歳の私は全くのフリーでした。

22歳で大学を卒業し、会社に就職、大学時代から付き合っていた彼と25歳で別れました。

その時の気分はバツイチになったようっだったことを覚えています。

私はそのショックからなかなか立ち直れず、かれこれフリーの状態も4年目を迎えていました。

新しい恋を始めようにも、別れた彼がトラウマとなり、新しい出会いを妨げました。

長年付き合った人と別れるということは、私自身初めだったので、こんなにずっと一緒にいた人でも別れが来るんだな、とぼんやり思ったのを覚えています。

25歳の、当時結婚適齢期と言われていた私には、とてもショックな出来事だったのです。」

加えてその頃、大学時代の友人の結婚ラッシュが始まり、結婚式に出席するたびになんとも言えない、居こごちの悪さを感じていました。

さらに、よくありがちな両親からの、そろそろ結婚しなさい圧力も負担になっていったのでした。

私は自信をなくし、この先恋などできるのか、私を大切に思ってくれる人が現れるのだろうか、などと考えていたことを覚えています。

しかしながら、ある日私の思考は180度変わります。

当時、仲良くして頂いていた50代の女性にこう言われたのでした。

『でも、あなたの結婚相手はすでにこの世のどこかにいるんだものね。』私はその言葉を聞いてハッとしました。

いつも漠然と不安に思っていました。

将来私を大切にしてくれる旦那様はいるのだろうかと。

今、私が不安に思っている間にも、私の将来の旦那様は、この世のどこかで息をし、ご飯を食べ、眠っている、その事実に気がついたのです。

私は目が覚めたような気分でした。

探そう、いつか出会う私の旦那様を、いつまでもメソメソしていないで歩き出そうと思ったのでした。」

「そう決めると、これまで悩んでいた時間が惜しく感じ、引きずっていた昔の恋も思い出になるような気がしました。

こういう時に女性の方がさっぱりしている、というのを何度も聞いたことがありましたが、まさか自分もそうであるとは思いませんでした。

自分の考え方一つで、毎日が明るいものになり、日々の生活が楽しくなっていきました。

もしかすると、その日から私の婚活が始まったのかもしれません。」

「前向きに変身した私は、いつか結婚した時のために、独り身の今の時間も満喫することに決めました。

会社を退職し、ずっとやってみたかったデザインの専門学校に入学、学生となりました。

一度社会に出ている私は、ゆっくり勉強することのありがたみが分かりましたので、とても真面目に授業を受けました。

私生活ではエステに通い、腕、足などの脱毛もしました。

とにかくお金も時間も自分のために自由に使うことができたので、毎日を楽しく過ごすことができました。

休日には美術館や個展などを見て回り、デザインの勉強もしていました。」

「その後デザイン関係の仕事に就いた私は、そこで現在の旦那様と出会います。

私が先輩、主人が後輩という形でしたが、一生懸命に仕事をする私を好きになってくれました。

今考えてみても、その頃の私はキラキラしていたと思います。

毎日好きな仕事をして、自分のためにお洒落をし、友達とも楽しく過ごしていました。

彼の目を気にして服や化粧を考えるのではなく、自分は自分らしくいられるのが一番気持ちいいのだと分かった頃でした。

その後、一年の交際を経て、私達は結婚しました

あの時、50代の友人が教えてくれた、この世のどこかにいる結婚相手と出会ったのです。」

「今、私は子宝にも恵まれ、めまぐるしい毎日を送っています。

もし25歳の時に彼と分かれていなければ、今の幸せはありません。

そう思えば、つらい恋の思い出でしたが、元彼にも感謝しなければと思います。

29歳の婚活は、もちろん結婚するためでもありますが、自分自身のためでもあると思います。

毎日が明るく、楽しく過ごすことができれば、自身も輝き、幸せを呼び込むのではないでしょうか。

また、今29歳の私に会う事ができるなら、独身の時間も大切にするように言ってあげたいです。

お嫁に行く前の生活、一人暮らしでなければ、毎日お母さんが作ってくれる料理をありがたくいただくこと、

大切に育ててくれた両親に、普段から感謝の気持ちを伝えるようにアドバイスしてあげたいです。」

 

自分次第で運命を引き寄せることができる

社会人になって、大学時代から付き合っていた彼氏と別れてしまうのはショックが大きいですよね。

付き合いが長くなると、もう将来的に結婚するものだという気持ちになってくるものです。

20代後半からそこで別れてしまうのはなかなか立ち直れるものではありません。

その後に心機一転して恋愛しようにも、そろそろ結婚したいという気持ちもあるでしょうし、

失敗はできないということから、Sさんのように新しい出会いに臆病になってしまうことも考えられます。

29歳というのは友人や同僚の結婚ラッシュ時期でもあります。

結婚式に出席してお祝いする気持ちもあるけれど、それと同時に焦る気持ちもありますよね。

また、親からの無言の圧力というのも感じたりします。

そうなると、自分は果たして結婚して幸せになれるのか、このままずっと独り身なんじゃないだろうかという不安がつのってしまいます。

しかし、Sさんはここで親しい女性にアドバイスをされます。

このアドバイスは待っているだけでは運命の相手とめぐり合うことはできない、自分から探しに行く必要があるということだと私は思います。

暗い気持ちで毎日を過ごしているよりも、将来の夫を探すためには、自分から積極的に行動する必要があります。

過去の恋愛をいつまでも引きずってしまうのは、もったいないと思います。

もちろん忘れられない思い出もあるでしょうし、そんな簡単に割り切れるものでもないでしょう。

しかし、過去は過去のものとして、新たな出会いを手に入れ、幸せな結婚をつかむための一歩を踏み出すべきです。

物事は自分のとらえ方次第です。

そうすることでSさんの毎日をポジティブに過ごすことができるでしょう。

会社を退職してデザインの勉強まで初めてしまうSさんの行動力の高さには驚きますが、自分磨きをがっつり行うことは婚活にとても効果があると思います。

出会いはもちろん大事ですが、それに加えて自分に自信を持つこと、自分自身を好きになることも大切です。

自分に自信を持つことによって、積極的に男性にアプローチができるようになるし、「誰にも選ばれない…」という不安から解放されます。

むしろ、自分が男性を選り好みできるという気持ちにさえなることができます。

そのためには自分が輝いて見えるような髪型・ファッション・メイクを勉強してみましょう。

加えて、Sさんのように自分の好きなことを追求してみるのも内面磨きに効果的だと思います。

Sさんはデザイン関係の仕事に再就職して、今の旦那さんと出会ったそうです。

自分が好きなことをしていると、自然と楽しく過ごせるようになりますし、その姿に惹かれる男性も現れるでしょう。

「そんな簡単にうまくいくわけないじゃん!」と思っている方も、まずは自分ができることから始めてみてはいかがでしょうか。

自分磨きをしてみるのもいいし、新たな出会いを探してみたり、自分が好きなことを始めてみるのもいいかと思います。

そうするうちに、少しずつ自分の魅力が増していき、素敵な男性に出会えるチャンスが増えていくことでしょう。

▼まずは無料でためしてみてください▼

最近いい出会いがないという方は、ゼクシィ縁結びを使ってみてください。

ゼクシィ縁結びを使えば、すぐにでも結婚相手探しができるようになります。

大手企業のリクルートが運営しているので、安心して利用することができます。

会員登録が無料なので、まずはどんな人がいるのか見てみるだけでもいいでしょう。

「早く結婚したいのに相手が見つからない…」と悩んでいるのに使わないのは損していますよ。

会員登録は3分で完了します。

▼ゼクシィ縁結びの会員登録はこちら▼
ゼクシィ縁結び
ゼクシィ縁結び(登録にはメールアドレスが必要です)

 

 

 

 

 

 

 

「30歳までに結婚したい!」あなたが今すぐやるべき2つの婚活法【体験談あり】

【女性の結婚適齢期って何歳?】自分の思い通りに婚活するコツ

30歳独身女性の結婚できるかという不安・焦りを解決する7つの方法

【早く結婚したい!】焦り始めた30歳独身女性のための婚活方法

31歳独身女性の結婚・婚活事情【実録インタビューあり】

32歳独身女性の婚活事情【結婚できなくて焦り始める年齢】