女の子3

「30代の男だけど、恥ずかしながら恋愛の仕方がわからない…」

「彼女の作り方を教えてほしい!」

長いこと恋愛をしていない、彼女がいない期間が続くと寂しくなってきますよね。

そんな男性でも、このページを読めば、30代独身男性でも可愛い彼女を作ることができます。

30代独身男性の恋愛を、出会い・ラインの仕方・デートプラン・告白まで詳しく解説してあります。

 

出会いは探すといくらでも見つかる

可愛い女の子と恋愛したいのであれば、まずは出会いがなければ始まりませんよね。

出会いを作ることが、恋愛の第一歩ともいえます。

そして、出会いを作るのが30代からの恋愛において、一番重要なポイントです。

というのも、女の子との出会いさえあれば、あとはデートから付き合うまではなんとかなるからです。

出会いさえたくさんあれば、可愛い彼女を自分が選ぶこともできるし、ラインやデートでの恋愛スキルもきたえることができます。

しかし、世の中の30代独身の男性にとっては、出会いがないことが一番の悩みですよね。

「出会いがあればそんなに苦労しないよ!!」と思われるかもしれません。

しかし、出会いは作ろうと思えば、いくらでも作れます。

出会いの方法にさえこだわらなければ、いつでもすぐに出会いを作ることだって可能です。

出会いは自分が気づいていないだけで、ちょっと工夫すれば簡単に作ることができます。

コツをつかんで出会いに困らなくなると、出会いがないと悩んでいたのがウソのように思うほどです。

それぐらい自分の身近に出会いがあるのに気づいてない人がたくさんいます。

どの出会いでも言えることですが、まずはためしてみることが大切です。

行動することで、本当に出会いが作れるんだという実感が得られるでしょう。

では、30代からでもできる出会いの方法を紹介していきましょう。

 

趣味・好きなことを生かして出会いにつなげる

まずひとつめは、趣味を生かして出会いを作る方法です。

男女ともに楽しめる趣味があれば、いっしょに趣味を楽しみながら出会いにつなげていくことが可能です。

女性が多く、なおかつ男性も楽しめる趣味というと、

ランニング・テニス・フットサル・ボルダリング・山登り・スノーボード・サーフィン・バレー・バトミントン・ダーツ・ビリヤード・カラオケ・ボーリングなどがあります。

アウトドアやスポーツ全般は男女ともに楽しめるものが多いです。

ツイッターやインスタグラムなどを活用して、趣味にかんする情報発信をしていくと、同じ趣味の人がフォローしてくれるようになります。

そこで少しずつコミュニケーションをとっていって、最終的にはオフ会につなげていくという方法です。

この方法は正直言って時間がかかるし、めんどくさいのですぐに出会いにつなげることはできません。

一番手っ取り早いのは、社会人サークルに参加することです。

社会人サークルには20代後半〜30代の男女が大部分であることがほとんどです。

しかも、わざわざ自分でがんばって出会いを探す必要もないし、女の子にしゃべりかける必要もありません。

ちゃんとサークルに参加していれば、自然と仲良くなって恋愛できるというメリットがあります。

最低限のコミュニケーション能力は必要ですが、社会人サークルには彼女を作りやすい環境があります。

もし好きな趣味があって、男女ともに楽しめるものだったら、一度自分が住んでいる地域で活動している社会人サークルがないかどうか調べてみてください。

 

意外な出会いの穴場としてボランティア活動がある

ボランティア活動は、あまり思いつかないかもしれませんが穴場の出会い方法です。

出会い目的ではないからこそ、自然に・無理せず女の子と出会って恋愛できるチャンスがあります。

そして、ボランティアには老若男女・職種を問わず、さまざまな人が参加しています。

ということは、普段では出会うことのできない女性と出会えるチャンスがあるということです。

「ボランティアなんておじさんとかおばさんばっかりじゃないの?」と思われるかもしれません。

しかし、実際にボランティアに参加している人の年齢層は、そのイベントや団体によってまちまちです。

おじいちゃんおばあちゃんばかりのボランティアもありますし、逆に若い男女が多く活動しているボランティアもあります。

出会いが欲しいのであれば、20代〜30代までの若い男女が多いボランティアを調べて参加してみましょう。

最近はボランティア活動をネットやSNSにアップしている活動であれば、どんな感じの活動をしているのか、どれぐらいの年齢の人が活動しているのかが分かりやすくなっています。

社会的な貢献もしながら、彼女を作れるという一石二鳥の方法としてボランティア活動に参加してみるのもいいでしょう。

 

恋愛マッチングアプリを使えば、すぐに出会いが作れる

恋愛マッチングアプリを使って、彼女を作るという方法もあります。

マッチングアプリとは、出会いを探している男女が参加しているコミュニケーションアプリのことです。

マッチングアプリ最大のメリットは、スマホさえあればすぐにでも出会いを作ることができる、という点です。

個人的なおすすめとしては、Facebookを活用したOmiaipairsが一番つかいやすくて、出会いを見つけるのが簡単です。

将来結婚を見すえた出会いがほしいなら、ゼクシィ縁結びなどの婚活サイトを使うのがおすすめです。

結婚情報誌で有名なゼクシィが運営するや、Facebookを活用したなどがいいでしょう。

もちろんマッチングアプリでの活動が、Facebookに反映されることはありません。

なので、友達や同僚にバレることもなく、女の子との出会いが作れるというわけです。

使い方は簡単で、まずはマッチングアプリで無料会員の登録をおこないます。

会員登録をしたら、自分のプロフィールを作成します。

あとは、年齢や住んでいる地域などで条件をかけながら、女性の会員を検索していきます。

写真を載せていることが多いので、相手の女の子の顔を見ながら選ぶことが可能です。

プロフィールを見て気になる女の子が見つかったら、いいね!を送りましょう。

相手の女の子もいいね!を送ってくれるとマッチングが成立します。

そうすると、メッセージのやりとりができるようになります。

しばらくメッセージのやりとりをくり返したら、デートに誘ってみましょう。

 

ラインからデートに誘うまでのノウハウ

出会いがあったら、次はデートに誘う段階に入ります。

最近は出会いからデートに誘うのに、ラインを使うことがほとんどです。

以前はメールを使っていましたが、今はラインが必須といってもいいでしょう。

ちなみに、ラインのIDを交換するタイミングですが、少し仲良くなった段階ならいつでもOKです。

ラインを交換することを、それほど重く考える必要はありません。

スマホを手に持っているときにでも、「そういえば、ライン交換しない?」と言いましょう。

どうしようかなともじもじせずに、さらっと聞けばOKです。

では、ラインでデートに誘うまでの手順・ノウハウを紹介します。

メッセージの内容はもちろんですが、それと同じくらい返信するタイミングが重要です。

ラインはメールと違って、チャットのようにタイムラインでメッセージのやりとりが見えるようになっています。

しかも、メールよりも短いメッセージになることのほうが多いです。

そのため、メッセージのテンポは、なるべく相手に合わせて返信をしたほうが、女性のテンションを下げさせません。

即レス・あるいは返信が遅すぎると、相手は「この人とラインするのめんどくさいなぁ…」と思われてしまいます。

ラインで笑わせる・楽しませるのは難しいので、無難にこなしたほうがデートにつなげやすいです。

メッセージを送るタイミング・文章の量を相手に合わせたほうが、スムーズにやりとりができます。

できれば、メッセージは長いよりも少し短めを意識しておきましょう。

ちょうど会話しているような書き方とテンポになるようにです。

ラインに書くメッセージの内容ですが、相手が興味のあることを中心にしていくことが基本になります。

女の子にとって、どうでもいいようなことを送るのはやめましょう。

相手の子が何が好きで、どんなことに興味あるのかを引き出していくほうがラインが続きやすくなります。

どんなことを話すのかよりも、ラインのやりとりを繰り返すこと自体が目的でもあるからです。

相手にテンションを合わせるように書いていくのがポイントです。

気になる女の子とのラインはついつい浮かれてテンション上がった状態で送ってしまいがちですが、相手は自分のことをまだなんとも思っていないことがほとんどです。

それなのにハイテンションなラインを送ってしまっては「ウザいなぁ…」と思われて終わってしまうでしょう。

もちろんラインの既読スルーにたいして、追加でラインを送ってしまうのもNGです。

そうではなくて、あくまで自分のテンションを抑えつつも、相手の文章の量やスタンプ・返信するタイミングを合わせていったほうがデートできる確率は高いです。

「そろそろ途切れるころかな」というタイミングでは、自分からラインを送らずに終わらせるのもいいでしょう。

そして、肝心のデートに誘うタイミングですが、こちらも早めのほうがいいです。

というのも、ラインをある程度続けることができたら、あとはデートに誘ったときの成功率は、やりとりを長く続けようがそれほど変わりません。

なぜかというと、ラインのやりとりができる時点で、女の子の中ではデートに誘われてもOKかNGかはすでに決まっているからです。

どういうことかというと、ラインをする前の段階で、この人とデートしてもいいかどうかを決めてしまっています。

それは出会ったときの第一印象や、それまでに会話をしたときの雰囲気でありかなしかを決めているということです。

「そんなに早い段階で決めてるの!?」と思われるかもしれませんが、女性の判断は本当に早いです。

「人は相手の印象を出会ってから5秒ほどで決める」という研究結果があります。

そのたった5秒で第一印象は決まり、あとでその印象が変わることはほとんどありません。

なので、第一印象+デートに誘うまでの雰囲気だけで、ありかなしかを決めています。

ということは、ラインでやりとりをしてから早くデートに誘おうが、ゆっくり時間がたってから誘うが成功率は変わりません。

むしろ、デートに誘うのが遅いほうが、決断力がなくて、男らしくないというイメージになってしまうおそれがあります。

遅かれ早かれ結果が変わらない、むしろ遅いほうが成功率が下がるのであれば、早めにデートに誘ったほうがいいということです。

そして、デートに誘うときの言い方は、女性にデートをOKするための言い訳を作ってあげるとスムーズです。

ストレートに「今度いっしょに食事でもしませんか?」でもいいのですが、そこに少しだけアレンジを加えます。

相手の女性がイタリアンが好きだったら、「すごく美味しいイタリアンのお店を見つけたんで、もしよかったらいっしょに行きませんか?」

観たい映画があるという話題があったら、「僕もその映画観たいと思ってました。よかったら今度いっしょに観に行きませんか?」

という具合です。

このように、相手が興味のあることにからませて、デートに誘うのがスムーズな流れになります。

これでダメだったとしたら、第一印象・デートに誘うまでの雰囲気がよくなかった・そもそも恋愛対象外といった理由があります。

デートへの誘い方よりも第一印象を良くする・女性と会ったときの会話を盛り上げる・優しくエスコートするほうが重要です。

 

デートに出かけるときの服装は、清潔感・さわやかさがポイント

デートに誘ってOKの返事がもらえたら、いよいよデートの段階です。

ここで、デートにでかける前に、自分の服装をチェックしてみましょう。

30代独身男性がデートの段階で落とし穴になるのが、自分のファッションです。

せっかくデートができるのに、私服がダサいと致命的と言ってもいいでしょう。

あまりにもファッションがダサい男性には女性も幻滅してしまいます。

スーツ姿だとビシッと決まっているのに、私服となるともっさりしていて気持ちが萎えてしまったという話を聞きます。

オシャレであることにこしたことはありませんが、最低限の清潔感とさわやかさのあるファッションを知っておきましょう。

むしろ、女性とのデート・恋愛ではオシャレであるかどうかよりも、清潔感・さわやかさのほうが重要です。

それぐらい女性は男性の清潔感・さわやかさに敏感です。

ここではどうすれば清潔感・さわやかさを演出できるのかをお教えします。

まず、デートの服装を選ぶときに、重要なのがサイズと色です。

どんな服を選ぶか、どのブランドの服を買えばいいのかよりも、この2つを重視してください。

はっきり言ってしまえば、何万円もするハイブランドの服ではなく、全身ユニクロ・GUでも全然OKです。

ユニクロ・GUでサイズと色が合っていれば、全身で1〜2万円くらいでもデート服が完成します。

では、どうすればいいのかを具体的に書いていきましょう。

まず、服のサイズですが、自分の体型に合ったジャストサイズを着るようにしてください。

自分ではちゃんとジャストサイズを選んでいると思っていても、実は間違ったサイズを選んでいることが意外と多いものです。

これはファッションの超基本であり、サイズは徹底的に選び抜いてください。

よくあるのがオーバーサイズを着て、だらしなく見えてしまっている人です。

ついつい楽そうだから、あるいはこれでいいかと妥協して、自分の体型よりも少し大きめを選んでしまっているパターンが多いです。

これでは体型に合っていない服を着ていることになり、だらしなく見えてしまいます。

そうではなくて、自分の体型にぴったり合っているものを選びましょう。

服のサイズは体型が太っている・やせているは関係ありません。

自分の体に服がちょうど合っていることで、身なりがきちんとしている印象になります。

ジャストサイズの服を選ぶためには、試着をかならずしなければなりません。

試着をせずに、なんとなく自分はMかな、Lかなと選んでいると、ジャストサイズで服を着ることはできません。

「自分が思っていたよりもこの服は大きめだから、ワンサイズ小さいのを選んだほうがよかったかも。」

あるいは、「思っていたよりも小さめだから、ひとつ上のサイズでぴったりだった…」ということがあります。

もし自分で分からない場合は、同じ服をサイズ別で試着しつつ、店員さんにどちらが体型に合っているのかを聞いてみましょう。

ユニクロ・GUなら買わなくてもそれほど気まずくありませんし、遠慮なく試着することができます。

このように、まずはジャストサイズで服を着ることを徹底してください。

 

つぎに、色の選び方です。

服を選ぶときの色使いのポイントですが、全身で2〜3色以内におさめるようにします。

2〜3色以内におさめると、全体にまとまっている印象になり、すっきり見せることができます。

たとえば、

ネイビー・白・黒の3色

黒・カーキの2色

ネイビー・白の2色

グレー・黒・白の3色

このようなパターンに当てはめて、服を選んでみましょう。

デートでの服装にあまり派手な色は必要ありません。

先ほど提案したような、ネイビー・カーキ・グレー・黒・白があれば、十分です。

これらの色は落ち着いた色合いなので、大人っぽいファッションにしやすい色です。

30代でのファッションは、なるべく落ち着いた色を選んだ方が年齢相応に見えます。

これらの色の服で、

春夏ならTシャツ・シャツ・カーディガン・薄手のジャケット・セーター・ジーンズ・チノパンツ・スニーカー・革のサンダルを選びましょう。

秋冬はTシャツ・シャツ・カーディガン・セーター・ジャケット・コート・ジーンズ・チノパンツ・ウールパンツ・革靴を選びます。

ズボンと足下はなるべく濃いめの色のほうがスマートに見えます。

たとえば、ジーンズなら濃いネイビーか黒、スニーカーや革靴は黒色を選んだほうが無難にまとめやすいでしょう。

 

最後に、ファッションだけでなく、身だしなみも整えて、デートに出かけましょう。

いくら服がよくても、身だしなみができていなければ台無しです。

身だしなみとは、髪の毛・眉毛・鼻毛・ヒゲ・爪を整えることです。

髪の毛はデートの約束ができたら美容院でカットしてもらいましょう。

とくに初デートでは第一印象につながるので、とくに見た目には気をつかってください。

美容院でのオーダーの仕方は清潔感のある、爽やかに見える髪型にしてくださいと伝えるのがいいでしょう。

変に凝ったヘアスタイルよりも、万人ウケするショートヘアのほうが女性には好まれます。

あとは、出かける前にスタイリング剤で少し整えるだけでOKです。

眉毛は男性はあまり気を遣わないかもしれませんが、少し整えるだけで凛々しい顔つきにできます。

薬局で売っている男性用の眉毛をととのえるためのセットがあるので、それを購入してよけいな眉毛を短くしておきましょう。

眉毛を細くするとヤンキー眉になるので、あくまでぼさぼさしている部分を短くするだけでOKです。

鼻毛は飛び出ているとまぬけ・不潔な印象になるので、デートに出かける前には必ず鏡でチェックしておいてください。

ヒゲも無精髭は女性ウケしませんので、きっちり剃っておいたほうが清潔感があります。

爪もちゃんと手入れをしておきましょう。

爪が伸びていて、爪の間に汚れがたまっているのは一発でアウトです。

女性は見ていないようで、男性の細かいところまでちゃんと見ています。

とくに手元は目につきやすく、清潔かどうかがすぐに分かってしまいます。

爪が伸びていたら切っておいて、汚れが間にはさまっていないようにチェックしておきましょう。

 

デートは恋愛における勝負どころ

では、かんじんのデートの仕方について書いていきます。

最初の初デートは短めにすることがポイントです。

「初デートだから気合を入れなきゃダメなんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、実は逆効果です。

30代からの初デートは、言いかえると様子見デートでもあります。

「一応デートするのはOKだけど、この人は男としてどうかな?」という見定めの期間でもあります。

付き合うまでに何度かデートをすることになるので、徐々に女性の気持ちを高めていく必要があります。

そのため、最初からデートをMAXに盛り上げる必要がありません。

女性は時間をかけて、少しずつ恋愛にたいする気持ちが高まっていく傾向があります。

なので、最初のデートを短めにして、2回目・3回目のデートで気分を盛り上げていくようにしましょう。

最初のデートプランは2人でいっしょにランチを食べるくらいの短いデートでOKです。

短いデートのほうがお互いに緊張せずにすむし、それほど疲れることもありません。

ただ、その間も優しくエスコートすることは必要です。

「女性をエスコートするってどうすればいいの?」という方もいるでしょうが、コツさえつかめばとても簡単です。

その方法は、女性のために優しさを具体的な行動でしめしてあげることです。

その具体的な行動を書き出してみると、

 

・デートの待ち合わせには男性が早めに着いておく

(あるいは、待ち合わせの場所とだいだいの時間だけを指定して、準備ができたら来てくれればいいことを告げる)

女性はデートへの準備に時間がかかるので、時間をきっちり決めないほうが好印象になる

・駅からそれほど歩かないところをデート場所にする

・歩くときは女性の歩幅に合わせて歩く

・車が通る道では男性が車道側を「さりげなく」歩く

・お店のドアは男性が開けて、女性を中に入れる

・席は壁側を女性に座らせる

・メニューが一つしかない場合は女性に先に決めてもらう

(あるいは、女性側にメニューを向けるか、いっしょに見られるようにする)

・食事のスピードはなるべく女性に合わせるか、ゆっくり食べていいよと言っておく

・初デートの会計は男性がおごる

(食事は男性がおごって、カフェ代は女性に出してもらうのもOK)

付き合う前のデート代はなるべく男性が多めに払うようにしたほうがいい

もし可能であれば、女性がお手洗いにいっているときに支払いを済ませておくとスマート

初デートのランチではそこまでする必要はない

・帰りは駅の改札まで見送ってあげる

 

初デートで、女性をエスコートできる具体的な行為はこんな感じです。

女性には具体的な行動で、自分の好意をさりげなくアピールするようにしましょう。

初デートでいきなり口説いても寒いだけですし、しつこいのは即NGです。

しかし、上に挙げた行為を「さりげなく」行うのであれば、女性もスマートで紳士的な男性だと思ってくれるようになります。

この「さりげなく」というのがポイントです。

これ見よがしにやっても女性はときめきません。

あくまでさりげなく、自然体にエスコートできるようになると、女性もぐっと惹かれるようになります。

 

初デートを無難にこなすことができたら、いよいよ2回目からのデートが勝負です。

この2回目〜3回目のデートをいかに楽しませるか、女性をエスコートできるかどうかで付き合えるかどうかが決まります。

では、どういったデートプランにすればいいのかを紹介していきましょう。

2回目以降でデートでは王道のデートプランか、女性が好きな場所に連れていってあげることです。

王道のデートプランとは、映画館・水族館・動物園・人気カフェ巡り・遊園地・公園散歩などです。

これらのデートスポットは女性とのデートスポットとして定番であり、誰と行っても外さないでしょう。

これらの王道デートスポットに行ってから、あとは夜レストランで食事をするのが定番のデートプランになります。

ただ、こればかりだとあまり変化がなく、以前にも行ったことがあるような単調なデートになりがちではあります。

会話が盛り上がる、話が合って会話が続く女性とであれば、悪いデートにはなりません。

もうちょっと工夫したデートがしたいのであれば、その女性が好きなスポットにいっしょに出かけるのもいいでしょう。

・アートが好きな女性であれば、美術館

・音楽が好きな女性なら、音楽フェス・好きなアーティストのライブ

・スポーツが好きな女性なら、いっしょにスポーツを楽しむ

・漫画が好きな女性なら、ネットカフェでまったりするのも意外とOKです

こういった趣味をいっしょに楽しむデートを2回目以降のデートプランにしてみるのもありです。

ただ、自分もそのデートスポットが楽しめることが前提です。

女性は楽しいかもしれないけど、自分は退屈…では、意味がありません。

かえって「この人つまらなそうにしてるなぁ…」と気まずい雰囲気になってしまう可能性があります。

趣味はそれほど合わないという女性とのデートであれば、やはり定番・王道のデートプランのほうがおすすめです。

 

会話は女性が興味のあることを中心にする

「デートで何を話したらいいのか分からない…」という方もいるかと思います。

初デートではどうしても緊張してしまいますよね。

会話は自分のためにするのではなく、あくまで女性のためにどうやって会話をしていくのかが重要です。

初デートの目的は会話をすること、コミュニケーションをすること自体が目的になります。

とくにほぼ初対面の女性と会話をするのは誰でも大変です。

そして、自分だけでなく、相手の女性も普通にしているように見えても、内心は緊張しているものです。

会話をするときに一番気になるのは、気まずい沈黙ですよね。

1対1で会話をしていて、気まずい沈黙が流れてしまったことを体験したことがある人もいるかと思います。

では、どうしたら少しでも緊張せずに、お互いが心地よく会話することができるのかを教えます。

デートでの会話は、いかに女性に楽に話してもらうかがポイントです。

なるべくリラックスした状態で会話をするためには、まず相手の女性の緊張を少しずつほぐしてあげることが意識してみましょう。

そのためには、なるべく相手の女性のテンションに合わせながら会話をしていくようにします。

どうゆうことかというと、静かに会話をするときは自分も静かにしている、会話が盛り上がってきたときには自分もテンションを上げ気味に話すという感じです。

こうすることで会話にメリハリができるし、女性も会話の雰囲気になじみやすくなるのでリラックスできます。

なるべく女性に進んで会話をしてもらうために、まずは自分が話を聞く側にいることです。

聞き役でいれば、自分はそれほど緊張せずにリラックスしやすくなるというメリットもあります。

とはいえ、ただぼんやり相手の話を聞いていればいいというわけではありません。

聞き役にいるときは、女性が話してくれたことに対して、自分がどのようにリアクションするかが重要です。

 

会話は自分ですべてコントロールできるわけではありませんよね。

だからこそ、女性の話をよく聞いていくことが大切です。

話を聞きながら、相手の女性に上手に質問することができれば、それだけで会話の気まずい沈黙を回避することができます。

それぐらいどのように質問するのかが、会話では重要になります。

質問をするということは、「私はあなたのことをもっと知りたい」、「あなたに興味があります」という意思表示にもなるからです。

デートの会話で相手が自分にたいして興味がなさそうな態度だったら、がっかりしてしまいますよね。

もちろん、女性にたいして失礼な質問をするのはダメですが、自分のことや好きなことについていろいろ質問してくれて不快に感じる人はいません。

人は自分に興味を持ってくれる、話をちゃんと聞いてくれる人にたいして好意的に見るようになります。

女性からうまく話を引き出すことができれば、あとは自分は聞いているだけでデートでの会話を成立させることができます。

最初は間違ってもいいので、いろいろ相手に質問していきましょう。

そこから話を広げたり、少しずつ話の内容をふくらましていくようにします。

連想ゲームのように、女性が話してくれたことをより具体的に「それって◯◯ってことですか?」と詳しく聞き返していくと会話の流れがスムーズです。

たとえば、「好きな映画ってなにかありますか?」「どんな音楽が好きなんですか?」「◯◯さんは出身どこなんですか?」という質問をしていきます。

 

女性が①「最近観た「君の名は」はとっても感動しました。」

②「今は星野源くんの曲をよく聴いたりしてますよ。」

③「出身は岐阜のほうです。」と答えてくれたとしましょう。

そこで自分は①「僕も二回観ちゃいました(笑)すごくいい映画でしたよね。◯◯さんはどこが一番感動しましたか?」

(観てないなら)「そうなんですね!僕はタイミングが合わなくて観に行けなかったんですよ。やっぱりストーリーがすごくいいんですか?」

②「へぇ〜!最近いろんなところでタイアップしてますもんね。源くんのライブには行ったことあるんですか?」

③「出身は岐阜なんですね!岐阜ってたしか温泉がありませんでしたっけ?」

 

このように、質問から会話を続けていくときは、より具体的に話を広げていくことを意識してみましょう。

相手が知っている、あるいは好きなこと・興味のある話題であれば、自然としゃべってくれるようになります。

会話の話題を考えるのではなく、相手の中から探していくような感じです。

そして、相手が話してくれたことのなかに、適度に自分の話もおりまぜていくことができれば、より会話を盛り上げていくことができます。

 

告白のタイミングはデートの3〜5回目がベスト

デートを何度かしたら、いよいよ付き合う前の告白です。

告白のタイミングですが、デート3回目〜5回目までに告白しましょう。

あまり何度もデートを繰り返しても、実は意味がありません。

何度もデートしてくれる=あなたに好意があります、という証明でもあるからです。

それなのに、何度もデートに誘って告白しないのは「どうゆうつもりでデートに誘ってくれるんだろう?」と女性のほうが疑問に思ってしまいます。

告白を後回しにすると、かえって女性の恋愛熱は冷めてしまいます。

その前に堂々と男らしく告白をしましょう。

告白するシチュエーションは、夜景が見えるような、ロマンチックな場所がベストです。

商業ビルの展望台・夜景の見える場所へのドライブ、あるいは、雰囲気のあるバーやラウンジなどでもいいでしょう。

デートの後半に少し静かで、ムードのある場所で告白するのが自然な流れで告白できます。

告白の仕方はストレートに「付き合おう。」、「⚪︎⚪︎さんのことが好きです、付き合ってください!」でOKです。

あるいは、結婚を意識しているのであれば、「結婚を前提に付き合ってください!」と言いましょう。

自分の好意をはっきり相手に伝えることが大切です。

ちなみに、付き合ったあとにエッチをするのか、付き合う前にエッチするのかどうかはどちらでもかまいません。

付き合う前にエッチするのがOKかどうかは、相手の女性によりけりです。

OKの人もいるし、NGの人もいるので、いい雰囲気になったら流れで、あるいはそれとなくうながしてみるのもいいでしょう。

強引に誘わなければ、それが原因で付き合うのがダメになることはありません。

紳士的に対応すれば、付き合う前にエッチするかどうかは、それほど問題ではないということです。

付き合うことに体の相性を重視するのであれば、付き合う前にエッチするのもいいでしょう。

 

30代独身男性の恋愛・彼女を作る方法まとめ

・出会いは作ろうと思えば、いくらでも作ることができる

趣味・好きなことを生かして出会いにつなげる

ランティア活動は出会いの穴場

恋愛マッチングアプリを使えば、すぐにでも出会いが作れる

・ラインはメッセージの内容だけでなく、返信するタイミングが重要

・相手が興味のあることにからませて、デートに誘うとスムーズ

・30代からのデートでは私服がダサいと致命的

・オシャレであるかどうかよりも、清潔感・さわやかさのほうが重要

・初デートはランチを食べるくらいの短めのデートでOK

・2回目以降でデートでは王道のデートプランか、女性が好きな場所に連れていく

・デートでの会話は、いかに女性に楽に話してもらうかがポイント

・上手に質問できれば、会話の気まずい沈黙を回避することができる

・告白のタイミングは、デート3回目〜5回目がベスト

・付き合う前にエッチするかどうかは、それほど問題ではない

▼まずは無料でためしてみてください▼

本当に出会いがなくて困っているのであれば、マッチングアプリのOmiai を使ってみてください。

Omiaiを使えば、すぐにでも恋人探しができます。

※Facebookにはすべて投稿されないようになっています。

会員検索も無料ですので、どんな人がいるのかのぞいてみるだけでもおすすめです。

「最近出会いがない…」と悩んでいるのに使わないのは損していますよ。

会員登録はたったの1分で完了します。

▼Omiaiを使ってみる▼
秘密

 

▽ゼクシィ縁結びの無料登録はこちら▽
ゼクシィ縁結び