周りの友達が結婚し始めると、自分の年齢的にも結婚したいと焦ってしまいますよね。

30歳という節目からも、早く結婚しなきゃという気持ちばかりが空回りしてしまいまがちです。

ここに書いてある7つの方法をためしていけば、30歳の独身女性が抱える結婚できるかどうかという不安な気持ち・焦りを解消することができます。

焦る気持ちがあるのは仕方のないことですが、それだけでは結婚できません。

結婚できるかどうか不安な女性は、とにかく行動することが大切です。

行動することで自分がどんな結婚相手を望んでいるのか具体的に見えてくるし、初めて男性との出会いを増やすことができるでしょう。

まずは、自分ができることをしていくことと、独身男性と会話のきっかけ作りから始めてみることをおすすめしています。

困った女性2

もう30歳になっちゃったけど、私って結婚できるのかな。。

困った女性1

なかなかいい出会いもないし、正直結婚できるのかできないのか毎日不安、、、

ユキさん

今からでも幸せな結婚はぜったいにできるわ

ゆーじ

そのための秘訣をお教えします

 

待っているだけでは理想の男性と出会うことはできません

「もしかしたら、私って一生結婚できないかも、、、」と不安に思っている女性は、世の中にたくさんいます。

30歳にもなると周りの友達も次々に結婚していって、正直焦りますよね。

彼氏もしばらくの間できていないし、社会人になるとそうそう出会いがあるわけでもありません。

親の目も痛いし、休日に家でごろごろしていると「このままじゃヤバい、、、」と思いつつも、どうすればいいのか分からない。

そんな不安だけがどんどん大きくなってしまいます。

ガールズちゃんねるという女性の悩みを相談できる2chのような掲示板にも、数多くの書き込みがなされています。

将来結婚できるか不安な人

匿名 2014/10/30(木) 14:59:07

周りに結婚してる・彼氏がいる友達が多い中、

私は彼氏もおらず、このまま結婚できないんじゃないかなーとよく思います。

結婚が全てじゃないですが、やっぱり結婚して両親に孫の顔を見せて、安心してもらいたいです。

趣味で気を紛らわしたりもしますが、

一人で何もすることがない時は、色々考えてしまって、不安に押し潰されそうになります。

同じように、将来結婚できるか不安な方いらっしゃいますか?

匿名 2014/10/30(木) 15:01:12

はい!私です

大学卒業して、数年働いたら結婚するものだと思ってました

もう30過ぎました、未だ予定なし

匿名 2014/10/30(木) 15:01:38

不安だったけど

そんなレベル通り過ぎて一生独身でいいやと思ってたら

友達の紹介から結婚できました

人生わからないから平気平気

匿名 2014/10/30(木) 15:04:03

彼氏もいないし、これと言って遊ぶ友達もいないし、没頭する趣味も無ければアクティブでもないし、

ひたすら貯金しまくって親と家を買おうか検討したりペットを飼いたいなーとか思ったり。

でも家買ってペット飼ってる独身女って…と思ってしまう。

匿名 2014/10/30(木) 15:04:18

私もそうでした。

だけど、相手を選ばなければ結婚はできます。

妥協してまで結婚したくないなら、しない。

妥協してでも結婚がしたいなら、する。

大好きな人と恋愛して結婚するのが理想ですが、現実には、そうじゃなくても結婚している人は、たくさんいます。

匿名 2014/10/30(木) 15:05:15

私は完全に出来ないと思う

自虐でも何でもなく、性格がどうかしてるし

一緒に居るだけで相手が疲れてしまうくらいの変人

ほぼ人格障害ですね。間違いありません

匿名 2014/10/30(木) 15:06:17

でも、何にもしないと時間ばかり過ぎちゃいますよ。

結婚したいという強い意思のある知り合いは、紹介や出会いのある場で積極的に婚活してました。

結果、婚活で結ばれたり、恋愛だったりしますが、絶対結婚したい人とただ彼氏のほしい人との結婚率や結婚までのスピードはやはり違います。

奥手な私はサイトなどにはなかなか登録出来ずに行き遅れ中です。

匿名 2014/10/30(木) 15:20:47

はい( ´ ▽ ` )ノ

私もです(´・ω・`)

31歳で独身彼氏なし…

11月に友人がまた1人結婚します…

母1人子1人だから母を早く安心させたいし孫も抱っこさせたいけど

自分が結婚・出産するって言うビジョンが
わかない…(T ^ T)

なのに自分が一生働いてるビジョンだけはしっかり想像出来る…

匿名 2014/10/30(木) 15:30:57

私もです。

もうすぐ31歳になるのですが30過ぎて5年以内に結婚できる人の割合ってすごく少ないんですよね?

まさに今、孤独死対策を考えているところでした。誰に鍵を預けるとか心配ですよね。

元気なうちからきちんと対策練っておかないと、いざ死んだ時ではいろんな人に迷惑かけちゃいますもんね。

匿名 2014/10/30(木) 15:39:02

はいはい、私です。

29になりましたが、彼氏いません。お見合いも玉砕しました。

1人で生きていけるだけの財力もない。(介護職)

このまま実家に住みながら年老いて行くのかな…。

匿名 2014/10/30(木) 15:54:38

結婚ねー。

女って、色々めんどくさいね。

35歳で独身。

老後に不安がなければ、結婚なんて必要ないのにね。

女が1人で生きて行くためには、経済力がどうしても足りないよね。

どうしよっかな。

って、なるようにしかならないんだけれども。

やはりというか、みなさん悩んでいる内容は同じようです。

「結婚できるかできないか悩んでいるんだけど、実際にどうすればいいのか分からない」という意見が多かったです。

たしかにこの歳にもなると合コンなどの出会いの数も減っていきますし、ふと気づいたら家と会社の往復しかしていないという状況になってしまします。

しかし、厳しいようですが、行動しなければ現状は何も変わりません。

「待っていれば、いつか素敵な男性と偶然の出会いがあって、、、」ということにはならないことは、薄々気づいているのではないでしょうか?

では、実際にどうすればいいのかを詳しく解説していきますので、結婚できるかできないかという不安・焦りを解消するためのヒントになれば幸いです。

困った女性2

でもどうすればいいのか分からない…

ユキさん

出会いがぜんぜんないと不安になるわよね

ゆーじ

社会人になると出会いのきっかけって難しいものです

 

まずは自分ができることから始めてみよう

結婚できるかどうか不安な女性は、自分ができることから少しずつ行動していくことが大切です。

結婚という目標に向かって、少しずつできることをしていけば、徐々に成果が出てきます。

いきなり理想の結婚相手を見つけるのは無理だとしても、出会いを作っていけばそれだけ条件に合う男性を見つけやすくなるし、

自分がどんな人と結婚したいのかより具体的なイメージが湧きてきます。

また、婚活スキルも磨かれていき、自分を魅力的に見せるためのファッションやメイクの方法も分かっていくでしょう。

デートではどうすれば自分が狙っている男性の気を惹くことができるのか、会話やしぐさなどを学ぶことができます。

結婚したいのに何もしていない、結婚するためにはどうしていいのか分からない、という人にかぎって不安になるものです。

今は彼氏がいない、もしくは彼氏がいない期間が長い女性は、自分が結婚できるというイメージがなかなか湧きません。

ばくぜんとした不安・焦りがあるのは、どうすればいいのか分からないからです。

「そんなこと言ったって、どうすればいいのか分からないから悩んでるのに、、、」と思われるかもしれません。

そうゆうときはなんでもいいので、自分ができることから始めてみることです。

男性が好きそうで、自分に似合うファッションを研究してみたり、youtubeや百貨店でメイクの仕方を学んでみるのもいいでしょう。

出会いがなければ、とりあえず婚活アプリをダウンロードしてみるのもいいかと思います。

悩んでいては、なにも解決しません。

誰かが助けてくれたり、とつぜん素敵な男性が現れることはありません。

結婚できないかもという不安を解決するためには、自分ができることを少しずつ行動していくしかないからです。

男性との出会いを探したり、自分磨きをするのもいいでしょう。

どんなことでもいいので、ちょっとずつ行動していく必要があります。

「でも行動するのって、なんだか勇気がいるし怖い、、、」という気持ちになるかもしれません。

うまくいかなくて焦ったり、傷つくのが怖いという感情は誰しもが持っているものです。

たしかに、自分から進んで行動するのには勇気がいりますよね。

それにもし行動して失敗したときは、傷つくことがあるかもしれません。

私も社会人になってからまったく出会いがなくて、悩んでいたときはなかなか行動できていませんでした。

どうすればいいのか分からなかったというのもありますが、きっと自分のプライドが邪魔していたり、傷つくのが怖かったんだと思います。

それでも恋人がほしかったし、結婚したいという思いもあったので、自分なりに頑張っていきました。

そうするうちに少しずつ出会いも増えていくのを体験し、自分で行動していかなければならないことに気づきました。

それからは少しずつではありますが、出会いを探したり自分磨きをしたりすることができました。

とくに女性は男性に比べると、結婚適齢期の期間が短いので焦ってしまいがちになると思います。

結婚したら将来子供が欲しいと考えているなら、なおさら時間がありません。

というのも、女性には出産するための年齢も考えなければならないからです。

今30歳で子供が欲しいのであれば、なんとか30代半ばまでには結婚したいと考えているのではないでしょうか。

ですので、結婚に向けた行動は早ければ早いほどいいということになります。

自分の年齢がもう30歳を過ぎたからといってあきらめずに行動していけば、結婚できるチャンスは絶対に見つかります。

逆に、行動していかなければいつまでたっても結婚できません。

自分ができることをコツコツ積み重ねることによってのみ、結婚への不安を解消することができます。

自分の将来への明るいイメージが湧かない、もしくはこのまま一生独身なんじゃないかというマイナスのイメージによって不安・焦りは大きくなります。

「私はこのままいい男性に巡り会えずに一生独り身なんだ、、、」とか、

「もういい歳だし、結婚したいって言ってくれる男性なんていないよね。」というマイナスのイメージを「自分自身で」勝手に決めつけしまいがちです。

このような不安は、なにも行動していないときに湧きやすくなります。

できることがあるのに、何もできていないからこそ、想像だけで勝手なイメージを膨らませているだけです。

この不安を消すためには行動するしかありません。

少しずつ行動することで自分に足らないものが分かり、どうしていくべきなのかが見えてくるでしょう。

では、具体的にどうすればいいのかを詳しくみていきましょう。

疑問女1

行動するって言っても一体どうすればいいの?

ユキさん

自分ができそうなことから少しずつでいいのよ

ゆーじ

今は婚活の手段も増えました

 

結婚するためには出会いを増やすがもっとも重要

なにはともあれ、理想の結婚するためには、男性との出会いの数を増やすことが大切です。

当たり前ですが、結婚するには相手が必要ですし、そのための出会いがなければ始まりません。

男性との出会いは、すべての恋愛と結婚の基礎になっています。

出会いがあるからこそ、自分と価値観の合う・相性のいい男性を見つけやすくなるし、ファッションやメイク・会話スキルなど自分の婚活力も磨かれていきます。

「それは分かってるんだけど、どうやって出会いを見つければいいのか分からない。。。」このように肝心の出会いがない、と嘆いている女性はとても多いのが現状です。

独身のままなんじゃないかという不安や悩みでも、「そもそも出会いがない」というのが第一位の理由に挙がります。

合コンばかりしていても結婚につながる出会いにはならないし、休日も友達と遊んでばかりじゃ出会いにはつながりません。

しかし、出会いは自分が作ろうと思えば、いくらでも出会いを増やすことができる、と私は確信しています。

逆に、ただ待っているだけで素敵な男性が現れると思っていたら、それはただの妄想です。

「実は素敵な出会いがいつかあるかもって待ってた、、、」という方は、今からその思い込みを捨ててみてください。

今から書いていく方法を実践していけば、理想の男性との出会いがきっと見つかります。

 

結婚に繋がる出会いを探すコツ

出会いを作るコツは、男性と会話するチャンスがある場所へ行くことです。

どんな出会いのきっかけも話をすることから始まります。

会話をすることで相手の考え方や価値観・立ち振る舞いが分かってきます。

結婚相手の候補になり得る男性と話をしていけば、自分が結婚相手として男性を見るときに、本当はどんな人がタイプなのかもはっきりしてきます。

「ステータスの高い男性と結婚したいけど、上から目線の人が多いからなしだな」とか、

「よく話を聞いてくれて、気がきく人とだったら家庭も円満に過ごせそう」ということが分かってきます。

男性と話すのが苦手だという方も、まずは会話に慣れなければなりません。

出会いがないと悩んでいる女性は、男性と話すきっかけを作る練習から始める必要があるでしょう。

「男性と会話できる場所って言ったって、どこにあるの?」と思われるでしょうが、よくよく探して行動していけば会話のきっかけを作れる場所はたくさんあります。

そのための場所作りとして、あなたに趣味があるなら社会人のサークルがおすすめです。

スポーツが得意であればテニスやフットサル、ボルダリングなどがいいでしょう。

最近は一緒にランニングを楽しむというサークルもあります。

いずれにせよ、男女共に楽しめるジャンルを選んでください。

ビーズアートとか着付けなどでは、女性ばかりですので出会いに発展しません。

今は男性も女性もフィットネスに感心がある方が多いので、ジムに通ってみるのもひとつの手です。

ジムの中でもヨガやダンスといったレッスン形式のメニューがあるといいですね。

美容院で髪を切ってもらうときも女性の美容師ではなく、男性の美容師にカットしてもらうというちょっとしたことでも会話の練習になります。

会話が苦手な女性は、とにかく男性との会話に慣れる練習が必要です。

なんだか難しそうだし、恥ずかしいと思われるでしょうが、何気ない会話が出会いのきっかけになります。

そんなにがっつく必要はありませんし、ちょっと聞きたいことについて話しかけたり雑談する程度で大丈夫です。

少しずつ話す機会が多くなれば、仲良くなるチャンスも増えていきます。

「婚活しているけど、なかなかいい出会いがない…」、「結婚願望のある素敵な男性と出会いたい!」という女性は、婚活サイトやマッチングアプリを使ってみるのもいいでしょう。

婚活サイトとは、結婚につながる出会いを提供してくれるサービスです。

婚活サイトには「結婚したい!」という独身男性が出会いを探して登録しています。

普段の出会いでは、必ずしも結婚したい男性と出会えるわけではありませんよね。

相手が結婚に興味なかったり彼女がいる、もしくはすでに結婚している男性と出会っても意味がありません。

それに対して婚活サイトは、結婚したいと強く願っている男女が参加しています。

「婚活サイトってなんだか怖い、、、本当に安全なの?」と思われる方も安心してください。

今ある大手の婚活サイトは上場していたり、プライバシー保護について徹底しています。

結婚相談所という方法もありますがかなり費用が高く、最低でも30万円くらいはかかります。

その分、相手が見つかるまでしっかりサポートしてくれるというメリットはあります。

婚活サイトは自分で活動しなければなりませんが、費用は月額3000円ほどとかなり安く婚活できます。

婚活パーティーは見た目やステータス重視で選ぶことが多くなるので、あまりおすすめはしていません。

どうしてもイケメンや年収が高い男性と結婚したい!という女性は、婚活パーティーへの参加を視野に入れてもいいでしょう。

いずれにせよ出会いの数を多くすれば、結婚前提で付き合える確率も上がります。

ベタに友達から男性を紹介してもらうのもいいと思います。

「なかなか出会いがなくて困ってるんだけど、誰かいい人いないかな?」と聞いておくと、意外なところから出会いがあるかもしれません。

結婚できるかできないか不安だと悩む前に、まずは行動して出会いを探しましょう。

そのためには、考えられるあらゆる手段を使っていかなければなりません。

考えられる出会いをとことん実行していくことで、きっと素敵な男性を見つけることができるでしょう。

「婚活パーティーとかに参加してるけど、全然いい出会いがない!!」、「自分から積極的に出会いも探してるのに、まったくうまくいかない、、、」という方もいるかもしれません。

そんなときはいったん婚活をやめて、休んでみることをおすすめします。

婚活を頑張りすぎると、ついつい力が入って焦りがちです。

男性は結婚に焦っている女性に魅力を感じません。

というのも、「焦っている女性は自分のことを見てくれているんじゃなくて、とりあえず結婚したいんだろうな」と思われてしまうからです。

あるいは、「俺と結婚したいのはどうせステータス目当てなのかも」と勘ぐられてしまいます。

焦れば焦るほど、婚活がうまくいかなくて不安になり、ますます焦ってしまう、、、という負のスパイラルに陥ってしまいます。

そうなる前に、いったん婚活から離れてみて、自分を見つめ直してみるのがいいでしょう。

自分が本当に望んでいる結婚はどんな感じなのか?

あるいは、条件のいい結婚相手に自分が釣り合うためには何が必要なのかを考え直してみるといいでしょう。

一見すると遠回りのようにも思えますが、やみくもに婚活しているよりも、自分が望んだ結婚ができます。

「でも、婚活ってなにをすればいいのか分からない…」

そんな方には、ゼクシィ縁結びをおすすめしています。

ゼクシィ縁結びを使えば、今すぐにでも結婚相手を見つけることだってできるんです。

実際、私もなかなかいい出会いなんてないと悩んでいたのに、たった2ヶ月で結婚相手との出会いがありました。

そんな運命の出会いを作ってくれたゼクシィ縁結びには、4つの特徴があります。

  • 結婚情報誌のゼクシィで有名な大手企業リクルートが運営
  • 登録無料・成婚料も0円
  • 婚活サイト初のお見合いコンシェルジュが初デートをサポートしてくれる
  • 相性がいい、価値観の合う人が見つけやすい

さらに、ゼクシィ縁結びは大手企業のリクルートが運営しているので、セキュリティとデータ管理がしっかりしています。

最初は「婚活サイトなんて、良い出会いがあるわけないじゃん」と私も思っていました。

ところが、ためしにゼクシィ縁結びを使ってみたら、素敵な相手と出会えたことに自分でもびっくりしています。

今は子供もできて、あわただしくも家族3人で毎日幸せに暮らしています。

あのときゼクシィ縁結びを使うことができて、本当に良かったです。

まずは無料で会員登録をしてみて、どんな人がいるのかためしてみてください。

きっとあなたにも素敵な結婚相手が見つかると思います。

ゼクシィが運営している婚活サイト「ゼクシィ縁結び」

 

疑問の女性2

どの婚活がいいんだろう?

ユキさん

それぞれにメリットとデメリットがあるわ

ゆーじ

自分に合っているものを選ぶのがポイントです

 

本当に幸せにしてくれる男性はどんな人なのかを考えてみること

なんだかんだ言って、なかなか結婚できないと悩んでいる女性の中には、よくよく話を聞いてみると相手の男性に求める条件が高かったりします。

「最低でも年収は600万以上はないと嫌だな」、「安定志向の公務員と結婚したい」、「相手の親と同居はしたくないけど、結婚したら新築に住みたい」といった具合です。

このように結婚できない悩みを調べてみると、かなりハードルの高い条件で婚活している女性が意外に多いような印象を受けました。

それも30歳以上で、年齢が高ければ高いほどその傾向が強いです。

要するに、せっかくこの歳で結婚するんだから、一発逆転を狙いたいということなのかもしれません。

しかし、婚活市場で見れば、それは想像以上に困難であることが分かります。

というのも、ハイスペックな男性はそれほどたくさんいるわけではなく、希少価値が高い存在です。

出会いを探してもそれほどたくさんいるというわけでもないし、狙って出会うのは結構ハードルが高いです。

そもそもの数が少ないのに、婚活市場では女性からかなり人気が高いため、競争が激しくなります。

また、そういった将来有望株の男性は学生のころからすでに目をつけられているので、すでに彼女がいたり、結婚していることも珍しくありません。

女性も分かっているので、そういった男性を簡単に離したりはしません。

そんな状況にもかかわらず、理想ばかりを追いかけている女性もいます。

それは結婚できない女性の年齢が高ければ高いほど、そういった傾向があるようです。

それではなかなか結婚できません。たしかに結婚は一生の伴侶を決める重要な選択になります。

しかし、現実を顧みずに、理想だけではうまくいくものではありません。

あれもこれもと欲張ると結局何も得ることができなくなるのと同じように、結婚も自分が譲れない条件を決めておいて、あとは状況に合わせて柔軟に対応していきましょう。

疑問女1

結局は理想より現実ってことなの?

ユキさん

本当に幸せにしてくれる人はどんな人なのかを見極めることが大切ってことよ

ゆーじ

運命の出会いはきっとあると思います

 

本当の自分の魅力を引き出すためのコツ

30歳から結婚するための方法として、ひとつは自分磨きがあります。

ようは自分の魅力を高めて、男性からのアプローチを増やすという方法です。

ただし、30歳からは30代らしい自分磨きをする必要があります。

そのために若作りは必要ありません。

正直に言うと、それをすればするほど痛々しくなるからです。

若々しいことと若作りは別物です。

ここらへんの区別やニュアンスは難しいのですが、若々しい女性には年相応の魅力と活力があります。

反対に、若作りには違和感しかありません。

20代のファッションやメイクをして、30歳の自分を受け入れていないことが分かってしまうんです。

若々しい女性は30歳の自分を受け入れつつも、どうやって自分の魅力を引き出すかを実行しています。

しかし、男女ともに言えることですが、自分の魅力に気づいていない人が多すぎるんです。

街中でもしばしば地味なファッションやメイクをしている30代の女性を見かけます。

私はこういった婚活サイトを運営しているので、正直「もったいないなぁ、もっと似合う服とかメイクがあるのに、、、」という目で見てしまうんです。

その人たちが結婚しているかどうかまでは分かりませんが、もっと自分の魅力を引き出す工夫ができると思います。

ただその方法がよく分からないということなのかもしれません

メイクの方法でも、今ではわりと簡単に学ぶことができます。

メイク本もたくさん出ていますし、百貨店では実際にメイクを試してくれるところもありますよね。

最近はYouTubeでメイク術をアップしている人も多いので、無料のメイク教室を開いているようなものです。

それらを参考にすれば、きっと自分に似合うメイクが見つかると思います。

ファッションについては、ちょっと難しい面があります。

男性のファッションはアイテム数が限られているので、ある程度法則化がすることが簡単です。

たとえば、色目を3色以内に抑えるとか、袖・足首・襟元はシャープにする、カジュアルよりもドレス寄りにするなどです。

これが女性のファッションとなると、それほど簡単にはいきません。

アイテム数が男性よりもかなり多いし、トレンドも男性より流れが速く、簡単にこうすればいいという助言ができないのが本音です。

ただ、男性よりも女性誌は豊富にあるし、今はユニクロやH&Mなど安くて品質のいい服もたくさんあります。

それらはシンプルなものが多く、落ち着いた女性のファッションにするために十分活かすことができます。

ファストファッションを活用しながら上手に流行を取り入れながら、自分に似合う服を探していくのがいいでしょう。

もうひとつ、内面の自分磨きも大切です。

いくら外見が良くても、内面的にいまいちであれば結婚相手としては見てもらえないでしょう。

こちらも見た目やステータスがあっても、性格の悪い男性とは結婚したくないですよね。

では、どうすれば内面磨きなんてことができるのかというと、感謝する・誠実である・人に優しいなどがあります。

どれもありきたりなことで地味だと思われるかもしれませんが、こうゆうちょっとしたことの積み重ねが内面を磨くことにつながっています。

人としての機微があればあるほど、女性としての魅力も増していきます。

疑問の女性2

自分の魅力ってなんだろう?

ユキさん

今よりももっともっと魅力を引き出すことはできるわ

ゆーじ

見た目も内面もコツコツ磨いていくことが大切です

 

理想の男性があなたを好きになってくれるためのポイント

先ほどの自分磨きの他に、もうひとつ結婚するために必要なことがあります。

それは恋愛スキルを身につけることです。

自分磨きと同様、もしかしたらそれ以上に結婚できるかどうかに関わってくる要素になるかもしれません。

なぜそれぐらい重要であると考えているかというと、今の時代の結婚は恋愛感情の延長線上にあることが多いからです。

恋愛の延長もありますが、婚活も基本的には恋愛感情が必ずからみます。

たしかに結婚となると、恋愛にはない要素もたくさんあります。

年収・ステータス・結婚観・家族構成などがそれらにあたりますよね。

しかし、それらを踏まえてもなお、結婚しようと決めるときに恋愛感情もまったく抜きにはできません。

むしろ人間は理屈よりも感情でものごとの判断を行っていることのほうが多いくらいです。

完全なるお見合いや許嫁でなければ、結婚前提のお付き合いから始まります。

そのときに恋愛感情・相手を好きだという気持ちにならなければお互いに結婚しようとなりません。

いくらこちらが結婚したいと思っていても、相手の男性も結婚したいと思わなければいけないということです。

言い換えると、相手の男性に自分のことを好きにさせる、思わせる必要があります。

そのときに必要になるのが恋愛スキルです。

恋愛スキルがあれば、男性のハートをわしづかみにして落とすことができます。

男性を落とせるスキルは、そのまま自信につながります。

結果として、自分が優位に立てるようになるので、不安も解消されるということです。

では、具体的な恋愛スキルについてですが、ポイントは「男性の自尊心をくすぐる」ことです。

男性はプライドの生き物と言われています。

男性の自尊心・プライドを高めてあげることで、その人の意識をこちらに向けることができます。

よくか弱い女やダメな女が好きという男性がいますよね。

それはそういった女性を助けたり、必要とされることで自分のプライドを満たしているからなんです。

意図的に弱い女・ダメな女を演出することができれば、男性はあなたのことをほっておけなくなるでしょう。

ただし、30歳をすぎるとぶりっ子は使えません。

ぶりっ子は若い女性がやると効果的になるんですが、30歳の女性がやると痛くなってしまいます。

そうではなくて、男性をほめて持ち上げたり、なにかあったときに頼りにするという方法を使いましょう。

ほめたり頼りにすることで、男性にとって「この人には自分がいなきゃダメなんだな」と思わせることができます。

笑顔女1

恋愛スキルってこうゆうことなんだ

ユキさん

幸せな結婚がしたいならぜひ習得してほしいわ

ゆーじ

好きな人に好きになってもらえると嬉しいですよね

 

焦らなければ運命の出会いのチャンスは訪れる

もうひとつは開き直るという方法です。

「結婚しなくてもいいや〜」と開き直ることができれば、結婚できるかできないのかと悩むこともありません。

「それはそうだろうけど、そんな簡単に開き直れるもんかな?」と疑問に思いますよね。

たしかに簡単に結婚しなくてもいいと開き直ることはできません。

しかし、不可能ではないでしょう。では、開き直るにはどうすればいいのか?

それは、自分の価値観を変えることです。

自分の中で結婚できないとダメという想いがあるから、不安になって焦ってしまうんですよね。

結婚しなくてもいいと開き直れば、そんな不安はなくなります。

結婚できなくてもいいとは、ちょっと違います。

結婚しないことを前向きに捉えることです。

仕事をバリバリこなすもよし、趣味を極めるもよし、のらりくらり生きるのも幸せのひとつだと思います。

また、不思議に思うかもしれませんが開き直っているといい出会いに恵まれたりします。

結婚しなくてもいいとあきらめたときに、良縁が自分に舞い込んできたという体験談をしばしば耳にするからです。

それはちょうど肩の力を抜いて、自分の人生を楽しんでしまおうと思えることがきっかけになっています。

自分の人生を思いっきり楽しんでしまうと思い込むと、いろんなことに挑戦したり、アクティブに活動していくようになります。

その中で自分の魅力が最大限に発揮されたり、人脈が広がっていき意図せずに男性との出会いが多くなるということです。

これは開き直っているとある種の抜け感が出て、リラックスした状態で過ごせるからでしょう。

趣味にハマっているとそこで出会いがあったり、友達付き合いが増えてそこから男性と接する機会が増えることもあるようです。

必死さがなくなるから、男性としても気楽にお付き合いしてみたいとアプローチしてくる人もいるでしょう。

結果としてそれがうまくいって結婚するという女性もいます。

人生はなにが起こるか分からないことの典型例かもしれません。

「そんな簡単に結婚をあきらめることなんてできないよ!」という意見ももっともだと思います。

しかし、結婚は義務でもなんでもありません。

結婚しなければ幸せになれないなんてことも絶対にありません。

現に独り身で自由を謳歌している女性もたくさんいます。

そういった価値観にシフトできれば、結婚できない不安からも解放されるでしょう。

どちらが幸せかは自分次第ということです。

ではここで、実際に結婚できた方々の体験談を見てみましょう。

困った女性2

焦っちゃダメってわかってはいるんだけどね

ユキさん

いろんなことに目を向けると余裕が出てくるわよ

ゆーじ

焦ってもいいことありませんからね

 

「思い切って参加した婚活パーティーで素敵な出会いがありました」30代前半 女性 Sさん

「毎日仕事と家の往復で、なかなか結婚したいと思えるような人に出会うことができず、だんだんと焦りを感じ始めていました。

同年代の男性の多くはすでに結婚していて、これから相手を探そうという人がいません。

友人の紹介という手も若い頃は残されていましたが、30歳を過ぎたころからそれも減ってしまいました。

このままでは結婚できるか不安だったので、周囲の人頼みにせずに自分から動くことにしました。

とは言っても、婚活などしたことがないので、何から始めたら良いのか分かりません。

迷っていたところ、学生時代の同級生から声をかけてもらって、趣味のサークルに参加することが決まりました。

その女性とは以前から趣味で意気投合していて、結婚相手を探すのも趣味が共通していると上手くいきそうだと感じていましたので、サークルに誘ってもらえてとてもうれしく思っていました。

サークル自体はとても楽しくて、最初からみんなと打ち解けて楽しく過ごすことができました。

独身の男性ばかりだったので、その中から付き合ってみたいと思えるような男性を見つけられれば良かったのですが、現実はなかなか厳しくて友達感覚の人しか出会うことができませんでした。

「途中で私の後に新たに参加し始めた男性が少し気になったのですが、その男性は別の女性と早々にカップルになってしまいました。

その女性はまだ20代半ばだったので、私は年齢的にももうあとはないと焦りを感じ始めました。

趣味の延長などと悠長なことを言っていたら、きっと一生結婚相手に巡り合うことはないと感じて、婚活パーティーに思い切って参加することに決めました。

婚活パーティーの中でも形式ばったものではなく、大勢でわいわいと話すタイプです。

こういったパーティーは初めての参加でしたので、最初は自分から話しかけることができず、ついつい壁の前に立ち尽くしてしまう時間が増えてしまいました。

後半になると、みんながどのように異性に話しかけているのかを知ることができましたので、自分から何人かの方に話しかけることができました。

その中の一人に私と同年代の男性がいて、最初からあまり構えることなく自然な感じで話をすることができていました。

こういう人となら付き合っても楽で楽しそうだと感じていたところ、相手も同じように思っていてくれたようで、お互いの連絡先を交換することができました。

そこから半年ほど交際が続いていますが、最近ではおたがいの親への挨拶の話も出ています。

 

「結婚してくれない彼と別れて正解でした」30代前半 女性 Fさん

「私の日常といえば、毎朝決まった時間に起き、仕事に行って夜遅くに帰り、ご飯を食べて寝るという単調なものでした。

仕事に対してやりがいを感じていましたし、約5年間交際して将来結婚を考えている彼氏もいたので『プロポーズされるまでの我慢だ』と自分に言い聞かせていました。

しかし、待てど暮らせど彼は結婚の話をしてくれず、私のまわりではどんどん友人が結婚・出産をしていきました。

まるで私1人取り残されたかのような感覚に気持ち悪さを感じたほどです。

「そろそろ結婚とかどうなの?」と親からそれとなく聞かれても、苦笑いで返答する日々になりました。

彼のことは大好きでしたし、彼のご家族も良くしてくれて何の不満もなかったのですが、その分結婚できるか不安だけが募っていきました。」

「そして、なかなか将来を考えてくれない彼に対して愛想を尽かした私は、5年間という交際期間にピリオドをうつことにしました。

一人身になると、一気に不安が襲ってきました。

結婚どころか、また誰かを愛することができるのだろうか、ゼロからのスタートでいつ結婚できるのだろうか、そんな心配ばかりが私を襲いました。

しかし、不安がっていても何も始まりません。

私はネットで見つけた婚活パーティーに参加してみることにしました。

参加したパーティーは20対20くらいの、大規模すぎず小規模すぎずのものでした。

友達を誘っての参加をしている女性が多かったので、1人で参加した私はとても居心地が悪かったです。

それでも「男性と出会うことに気負いすぎてはいけない」と自分に言い聞かせ、まるで友達作りに来ているかのような感じで振る舞うと、たくさんの女性と仲良くなることができました。

そんな様子を見た男性たちは、楽しそうな雰囲気が気になって声をかけてくれました。」

「婚活パーティーというよりは、社会人の飲み会サークルのような状態になっていて、楽しい一時を過ごすことができました。

何人かと連絡先を交換し、その中の1人が私をデートに誘ってくれました。

気恥ずかしさはあったものの、まるで少女のようなドキドキ感に包まれたことを今でもよく覚えています。

その男性とは何度か食事に行き、映画やショッピングを楽しむなどして交流を深めていき、いつの間にか恋人同士になり、そして交際1年で結婚することになりました。

こんなにトントン拍子で物事が進むことに、私は驚きを隠せませんでした。

前の彼氏と5年間も何をやっていたのだろうと不思議に思うくらいでした。

彼氏と別れたこと、婚活パーティーに行ったこと、将来を怖がらずに行動して本当によかったと思いました。

 

「私は婚活サイトのおかげで結婚できました」30代後半 女性 Nさん

「顔立ちや性格が可愛い姉と子供時代から比較されてきた私は、成人するころにはすっかり自信がなくなっていました。

男の人の前に出ると緊張してしまうので、お付き合いなどもほとんどしたことがありません。

男性が怖いわけではないのですが、見た目のついての自信のなさから萎縮してしまうのです。

周囲の友達は女性ばかりで、不安は感じていても不自由はなかったので、積極的に改善もしませんでした。

そんな私が婚活しようと決めたのは、密かに気になっていた男性が別の女性と結婚してしまったからです。

彼もまた女性が苦手とのことで、付き合っている彼女はいなかったようですが、婚活で相手を決めてすぐに結婚してしまったのです。」

「自分と似たようなところがあると思っていた彼の結婚は衝撃で、私は結婚できるか不安になりました。

しかし、不安にばかり思っていても始まりません。

失恋後の自棄のような気持ちもあって、勢いでいくつかの婚活サイトに登録してみました。

最初に登録したサイトは使いやすかったのですが、あまり会員が活発に活動しておらず、出会いがないまま終わりました。

次のサイトは若い女性を求める男性が多く、年齢的に私はあまり相手にされないようでした。

こちらとしても、とにかく若さばかりを求められるのはうんざりしますし、そういった価値観においても自分と合う人と結婚したかったので、このサイトでの活動はあまりしなくなりました。」

こうやっていくつか登録して行くなかで、やっとしっくりくるサイトを見つけたときには嬉しかったです。

腰を据えて活動することを決めたときには、私の中にあった結婚への戸惑いのようなものはすでに消えていました。

何度か男性と会ううちに、自分でコンプレックスに思っていたよりも相手側は容姿のことを気にしないし、口に出しもしません。

それにおたがいに相手を探すという前提があるので、変な気遣いをせずに済むところも私に向いていたようです。

そうした中で出会った男性は、どこかのんびりとした雰囲気のある人でした。

やはり女性が苦手で、お付き合いなどが少ないまま人生を過ごしてしまったというタイプで、私たちは3回目のデートをした後に、付き合うことを決めました。

入籍を決めたのは、その半年後です。

彼は私の顔だちは可愛いと言ってくれます。

私も彼のことは素敵だと思いますし、優しいところも大好きです。

あれほど結婚について不安に思っていたのに、今では不安もすっかりなくなり、将来について彼と話し合うことに喜びを感じています。」

 

「まさか幼馴染と結婚することになるとは思いませんでした」30代前半 女性 Mさん

「調理師免許を持つ私は、料理には自信があります。

お店で出すというよりは、家庭で毎日美味しい料理を作ることに憧れを抱いていた私は、いつか素敵な人と結婚をし、子どもを産み、料理上手なお母さんになるというのが夢でした。

しかし、現実はそう甘いものではありませんでした。

結婚式場のパティシエとして調理補助をしながらも、ケーキ作りに勤しむ毎日を送っていた私ですが、そんな多忙さからプライベートが疎かになってしまい、数年交際した彼とは別れてしまいました。

失恋の寂しさ、悲しさというのは仕事が打ち消してくれました。

今まで以上に仕事に没頭することができてよかったのですが、この先結婚できるか不安を抱くような生活に変わりました。」

「仕事にやりがいを感じていたので、婚活をしてまで無理に結婚を急ぐ必要もないのかもしれません。

しかし、まわりの友達がどんどん結婚していってるのを目の当たりにしてしまうと、自然と不安と焦りを感じるようになってしまったのです。

母からも「女性は若い内に子どもを産んだ方がいい」と言われ、余計に焦りを感じました。

かといって、好きな人がいたわけでもない私はまず誰かと出会い、恋愛をするということから始めなければなりません。

そう考えると非常に面倒で、このまま仕事人間になってしまってもいいのではないかと思うようにすらなっていきました。

ところで、私には小学校からの付き合いである幼馴染の男の子がいます。

私より身長が低く、童顔な彼は何歳になっても大人びた変化がなく、いつまでも友達あるいは弟のような存在でした。」

そんな彼がある日、「実はずっと前から好きだった」と告白をしてきてくれたことがありました。

もちろん私の答えはNOでした。

友達としては好きだけど、友達以上に見られなかったというのが理由です。

好きでいてくれたことに嬉しかったのは本当ですが、友達以外の関係である私たちがどうしても想像できなかったのです。

しかし、月日が流れていくにつれて、私は徐々に彼を友達ではなく1人の男として見るようになっていきました。

何かきっかけがあったわけではありません。

ただ寂しかったからという理由でもありません。

結婚というものを考えたときに「好きという気持ちだけでは成り立たない」ということに気付いたからです。

一緒にいて安心することができる、ずっと隣にいたい、共に歩んでいける、そういった関係を築いていくことができる人と結婚しなければ、結婚生活もうまくいかないのではと思うようになったのです。

そうして私は、1つの答えに辿りつきました。

それは幼馴染の彼と共に歩んでいくということです。

次は私の方から告白をし、交際1年も経たないうちに結婚することになりました。