30代男性服装

30代男性は「そろそろいい歳だし、結婚したいなぁ」と思い、婚活を始めていく時期だと思います。

仕事でも十分なキャリアを積み、収入が安定してきている30代こそ、結婚したいと思っている女性に人気があります。

婚活市場的にも30代の男性はまさに売れ筋というときこそ、デートをする段階で失敗したくはありませんよね。

年収や社会的な地位があれば婚活では有利になることは確かですが、デートのときに女性にがっかりされるとせっかくのチャンスをふいにしてしまいます。

そこで今回は、服装・身だしなみを整えることが女性に好印象を与えるためにとても重要だということをお伝えします。

 

1、初デートでは第一印象が大切

20代後半男性婚活

狙っている女性との初デートは気合が入りますよね。

「初デートを成功させて、この人を俺のものにしたい!!」と思っているのならなおさらです。

しかし、30代男性と初デートをするとき、女性はあなたの身だしなみをしっかりチェックしています。

さすがに30代にもなって身だしなみがしっかりしていない、服装がダサいとなると「いい人なんだけど、ちょっとダサいし私としては『なし』かなぁ、、、、」と、相手の気持ちも冷めてしまいます。

実は、人間は初めて会う人に対して、「最初の3〜5秒間で第一印象の評価を決めている」というデータがあります。

そして、その最初の印象は時間がたったあとでも、簡単には変わりません。

最初に「なんだか暗そうな人だなぁ」と思われると、その「暗そう」という印象を変えにくくなります。

逆に、「この人爽やかで素敵かも」という印象を相手の女性に与えることができれば、そのあとのデートでも好印象になりやすいということです。

最初の3〜5秒間というと、待ち合わせの場所で相手がこちらを見つけて、軽くあいさつをするかどうかくらいの時間ですよね。

この間に伝えることができる情報は顔・表情・服装・声の調子くらいでしょうか。

つまり、「見た目」と「表情と声の雰囲気」があなたの第一印象を大きく左右しています。

男性も女性を見た目で判断しますし、可愛い・綺麗な女性のほうがいいに決まっていますよね。

恋愛においては男性ほどではないにせよ、女性も男性の見た目、特に「服装」と「清潔感」を重要視しています。

そして、自分の顔や声を簡単に変えることはできませんが、髪型と服装だけはすぐにでも変えることができます。

髪型は美容師さんの腕によりますが、ファッションは自分のセンスと手持ちの服をどうやって組み合わせるかが重要です。

「出たよ『センスによる』っていうワード、、、どうせセンスのいいイケメンがモテるんだろ」と思うかもしれません。

しかし、僕は「センス」という言葉で簡単に片付けたくはありませんし、ちょっとずつ試行錯誤をしていけばカッコいいファッションは誰でもできると思っています。

少なくとも「自分に似合っている服装・ファッション」は、いくつかのポイントを押さえるだけで身につけることができます。

 

2、服装よりも前に清潔感が必須条件

髭

30代男性がデートに着ていく服装を考えるよりも、まず初めに重要視しなければならないのが「清潔感」です。

いくらイケメンであっても年収が高いエリートでも、「不潔」・「汚い」・「だらしない」のでは女性にモテることは絶対にありません。

ファッションを考える前に、まずは「清潔感」に気をつけてみてください。

「別に俺汚くしてないし、普通にケアしてるよ」と思っている方でも、意外と自分の細かいところには気づかないものです。

では、具体的にどのあたりの清潔感をチェックすればいいのでしょうか。

まずは「毛」です。

「毛」と一言でいっても、いろいろありますよね。

髪の毛・眉毛・鼻毛・ヒゲ・胸毛・手と腕の毛・すね毛、などです。

これらの毛の処理をきちんと手入れしなければなりません。

特に髪の毛は手入れをきちんとしているかどうかは、すぐ女性に分かってしまいます。

髪型は好みがあるでしょうが、ショートのほうがさっぱりとして清潔感を出しやすいです。

デートの数日前に美容院でカットしてもらい、当日はワックスかスタイリングスプレーやジェルで整えると清潔感に加えてオシャレな髪型にできます。

ちなみに、ハゲているとモテないというイメージがありますが、それは間違いです。

ハゲているかどうかは女性にモテる、モテないに世の男性が思っているよりも関係ありません。

ハゲているかどうかではなく、「ハゲでも自分に自信があるかどうか」、「自分がハゲていることにコンプレックスがあって消極的になっていないかどうか」のほうが関係します。

もうひとつ気をつけたいのが「鼻毛」です。

鼻毛以外のヒゲや手の毛は自分で触ったり、見ればすぐに分かります。

すね毛や胸毛は服で隠れるので、初デートではそれほど気にしなくてもいいでしょう。

しかし、鼻毛だけは自分で気づかないまま、デートに出かけてしまう可能性があります。

デートに出かける前にちゃんと鼻の穴を鏡でチェックしておかないと、いざ女性と会った時にチョロっと出てしまいます。

これでは初対面の第一印象としては「うわ、この人鼻毛がチョロチョロ出てるし。。。」となるでしょう。

相手の女性はあなたの鼻毛が出ている事が気になってしまい、デートに集中できなくなってしまいます。

ちゃんと出かける前には鼻毛のチェックをするくせをつけておくと、いざというときに鼻毛がはみ出す事はないでしょう。

あとは口臭と爪の汚れに気をつけたいところです。

口臭は自分で気づかないものなので、非常にやっかいです。

「はじめまして」のあいさつのとき、あるいはデートがいい感じに盛り上がっているのにふと口臭がぷ〜んと臭ってきたらそれだけで即アウトです。

それぐらい口臭は自分で気づきにくいのに、デートを台無しにしてしまう危険な落とし穴と言えるでしょう。

口臭を防ぐには毎日の歯磨きを徹底することと、リステリンなどのマウスウォッシュを出かける前に使うことです。

これだけでも人に害を与えるほどの口臭になることはないでしょう。

もっと徹底したい方は肉を控えめにして野菜や穀類を中心にした食事にすると、さらに口臭がなくなります。

爪もデートの前には整えておきましょう。

第一印象としては見えない部分かもしれません。

しかし、カフェで話しているときや、食事しているときなどは意外と手元を見られています。

とくに爪の間に黒い汚れが詰まっているような手はいただけません。

女性は爪にかなり気を遣って整えていますが、男性は自分の手をあまり気にしません。

ツルツルに磨き上げる必要はありませんが爪をきちんと切って、爪の間の汚れは掃除しておきましょう。

これらのお手入れをしておけば、相手の女性に清潔な印象を与えることができます。

最初はいろいろと面倒くさいと思うかもしれませんが、慣れれば自然に身だしなみチェックができるようになります。

 

3、デートのときの服装選び

婚活パーティー服装2

服のサイズの選び方

男性の服選びはサイズがとても重要です。

服を買うときは自分の体型にきちんとあった、ジャストサイズを選ぶようにしてください。

ちょっと太っているからといって、少し小さめのサイズを選んだりするとピチピチになってみっともないです。

逆に太っているからといって、自分の体型よりもさらに大きいサイズを選ぶとだらしなく見えてしまいます。

太っていても自分の体型にきちんと合ったサイズを着ることで「きちんとしている感じ」、「清潔感」を出すことができます。

どんな場合でも、自分の体型に合っていない服を着てしまうと女性受けはしません。

お店で服を買うときは、必ず試着をして自分の体型に合っているかどうかを確認してください。

店員さんにサイズが合っているかどうかを客観的に見てもらうとより確実です。

時間があるのであれば、同じ服でもサイズ違いを試着してみてください。

自分が思っているサイズよりも、他のサイズのほうがしっくりくるという時がたまにあるからです。

同じ服でサイズ違いを着るのは面倒に思われるかもしれませんが、サイズの違いで見た目にどう影響するのか実感できるでしょう。

あるいはネットの通販で買うときは、書いてあるサイズの表記をちゃんと確認しておきます。

できれば、自分が今持っている服のサイズを測って、買おうとしている服と比較しながら決めると失敗が少なくなります。

 

服の色の選び方

男性のファッションは色を使いすぎないようにすると、垢抜けて見えるようになります。

基本的には、全身で3色以内にしておくとまとまった感じになります。

上下で2色に分けたり、インナー(シャツやTシャツ)・アウター(ジャケット・ブルゾン)・ズボンで3色という組み合わせにしておきます。

靴下や小物類を合わせても4色までにしておいてください。

あまりたくさんの色を使いすぎると、ごちゃごちゃしてしまいます。

特に赤とか黄色などの原色で明るい色は、デートのときに着ていかないほうが無難です。

男性の服装は少し地味目な色が基本です。

男性の服装の色の基本は紺色(ネイビー)・白・黒・灰色・ベージュ・カーキ色(オリーブグリーン)あたりの色合いです。

これらの色を組み合わせて着ると、落ち着いた大人っぽい印象を出しやすいでしょう。

もし赤や黄色などの派手な色を使いたいときは見える面積を少なくして、差し色として使うといいかと思います。

ただし、全身を1色にするのはコーディネイトが難しくなってしまうので、2〜3色くらいでまとめておきます。

たとえば、全身が黒色だと暗すぎる印象になります。

 

メンズ服の種類と合わせ方

男性の服装では着る服の種類がいくつか限られています。

上に羽織るものは春・秋であればジャケットとブルゾン、冬はコートになります。

夏はシャツを羽織るくらいでしょう。

ちょっと肌寒いなと思ったらTシャツやシャツに、カーディガンやセーター・パーカーを着ます。

中に着るものは長袖・半袖のシャツ・Tシャツに限られます。

ポロシャツは以外とサイズ感やデザインが難しく、おじさんっぽくなりやすいのであまりおすすめはしません。

ズボンはジーンズか綿パン・チノパン・ウールパンツなど素材が違うだけです。

半ズボンはデートに向かないので、必ず長ズボンにしておきましょう。

デート用のメンズファッションはこれらの限られたアイテムを組み合わせることが基本になります。

いずれもデザインはシンプルなものを選ぶと合わせやすく、全身をすっきりとまとめやすくなります。

 

おすすめのコーディネイト

婚活パーティー服装1

まず、オススメのコーディネイトに関してですが、オシャレに自信が無い場合は定番である「シャツ+ジャケット+チノパン」という組み合わせにしてみましょう。

この服装であると清潔感や知的さが出るので、女性からは人気のファッションです。

女性には人気がありながら、どんな男性にも似合いやすい無難なのに鉄板のコーディネイトです。

夏場であるとこれは少し暑いので、チノパンであっても上半身のファッションを涼しげにして「半袖Tシャツの上にシャツを羽織る」というのも良いでしょう。

これに関してはシャツの色が白や淡い水色であると爽やかさがでてとても良いです。

また、ある程度身体を鍛えている男性であれば「ジーンズ+Tシャツ」というシンプルなファッションでも、男らしさをアピールできるのでオススメです。

もちろん先ほども書いたように、サイズはどれもジャストサイズを選びます。

どうしても迷ってしまうのであれば、平日や短いデートならスーツが一つの逃げ道になります。

世の女性の多くは「仕事着」を着ている男性に好印象を持つため、仕事着の代表格であるスーツは無難にデートでも着ていける簡単な方法です。

ただし、明らかに仕事がないであろう日にスーツは変なので、スーツスタイルに近いような先ほどのジャケットスタイル(ジャケット・シャツ・チノパンかウールパンツ)の組み合わせの方が賢明です。

どんなファッションにするときも、女性とのデートでは身だしなみを整えておくことが大切です。

その上で清潔感があってすっきり見えるシャツとパンツを基準として考えていけば、第一印象で極端なマイナス印象を与える心配はないでしょう。

 

30代メンズファッションでおすすめの通販サイト

スプートニクス

スプートニクス

スプートニクスは落ち着きのあるシンプルな大人のスタイルをイメージしたメンズファッション通販サイトになっています。

20代後半から30代の男性におすすめのコーディネイトがされています。

シンプルなデザインが多いので着回しも効き、誰にでも似合う服がそろっています。

価格はTシャツなら3000円から用意されており価格も安いので、気軽に利用しやすいでしょう。

▼スプートニクス公式サイトはこちら▼

スプートニクス

 

4、やってはいけないファッション

逆にデートの際にやってはいけない服装に関してはどのようなものがあるのでしょうか。

まずは子どもっぽい服装です。

たとえば、アニメとかキャラクターもののプリントTシャツをデートに着ていくことです。

ユニクロのUTで有名なブランドとのコラボTシャツだったとしても、子供っぽい服装になってしまいます。

このようなファッションをしていると「その歳でお母さんが選んでいるのかな?」と思われてしまうこともあり、歳相応のファッションを心がけましょう。

次にオススメしないのが、スポーツをするデート以外でのジャージです。

30代にもなってジャージや10代のようなラフすぎる格好では、女性に良い印象を持ってもらうことは難しくなります。

スポーツをするデートでもなるべく普段の装いをして、スポーツをする際に着替えることをおすすめします。

 

オシャレだと思っていても、女性からするとあまりよく思われないものもあります。

男性がオシャレだと思っていても女性からするとあまり良く思われないファッションの例として、「ポロシャツの襟立て・先の尖った革靴・シルバーアクセサリーの重ねづけ・素足に見えるソックス・過度の柄物シャツ」などが挙げられます。

うまく取り入れるとオシャレに見えることもありますが、初デートでの服装を選ぶときはシンプルですっきり見えるようなものにするのが基本です。

デザインが複雑だったり、重ね着をしすぎるとコーディネイトが難しくなります。

アクセサリーをつけるのであれば、1つか多くても2つまでにしておきます。

男性がアクセサリーをたくさんつけると野暮ったくなりやすいからです。

あまりこだわらないのであれば、何もつけないか腕時計だけにしておきましょう。

逆にラフになりすぎるようなサンダル・クロックスなどもNGです。

できれば夏でも軽めのスニーカーのほうがいいでしょう。

秋冬だったら少しカジュアルな革靴を履いていきます。

女性も初デートではオシャレに気を遣って気合を入れて来てくれているのですから、その気持ちに最低限応えることも大切です。

このように理想のファッションと嫌われるファッションをしっかり把握しておけば、服装選びで失敗することはなくなるでしょう。