喜ぶ女性

「今年で31歳になったけど、まだ結婚できてない、、、」

「彼氏もいないし、婚活でも始めようかな…」

30歳を超えると早く結婚したいと焦ってきますよね。

それでもまだ間に合います。

今すぐ行動していけば、きっと素敵な結婚ができるでしょう。

このページでは31歳独身女性が結婚できる方法について書いてあります。

 

31歳の独身女性にとって、今から結婚できるかが大きな問題になる

女性にとって、幸せと感じられることは何でしょうか。

人それぞれ価値観はもちろん異なります。

生まれ育った環境も違えば、通った学校も異なります。

また、現在仕事をしているという人も多いはずです。

仕事をしていて、その仕事にとてもやりがいを感じていて上司から評価される、ということも大変うれしく幸せを感じられる瞬間でしょう。

男性が働く、というだけでなく、今や性別に関係なく社会に貢献しているのですから、

仕事でのやりがいを感じてそこに幸せを見いだすということは悪いことではありませんし、ある意味当然の事でもあります。

人によって幸せの形はさまざまです。

仕事をして、しっかりとお金を稼いでそのお金で自分にご褒美としてエステに通って自分磨きをするということも大変な幸せでしょう。

ショッピングを楽しんで、自分に似合った洋服を身にまとってファッションを楽しむことも幸せを感じられる瞬間です。

自分の大好きなタレントさんのテレビ番組を観たりして、自宅でくつろぐ瞬間も大変幸せを感じられる瞬間と言えるでしょう。

自分の大好きなアーティストの音楽を聴くということも、とてもリラックスできますよね。

好きな歌をカラオケに行って、歌うというのもストレス発散になるうえ、友人たちと楽しいひと時を過ごすことができるのも嬉しいことだと思います。

このように、さまざまな幸せを感じられる瞬間というものがあります。

それはもちろん人それぞれです。

しかし、街を歩いていて仲良さそうにしているカップルや、楽しそうにしている家族連れなどを見ると、

「…うらやましいなぁ」という気持ちを持つ人もいるのではないでしょうか?

人間は恋をします。これは遺伝子に組み込まれているものであり、子孫を残すために人を好きになるといわれています。

女性にとっても、男性と恋をして楽しいひと時を過ごし、そしていずれは結婚するというのが幸せと感じる人は多いでしょう。

近年は女性の社会進出もあり、晩婚化が進んでいます。

よって、結婚をする年齢は年々上昇しているんです。

これはれっきとした事実なのですが、だからといって例えば「31歳を過ぎても恋人もいない…」という状況であると、どこか不安に感じてしまうものです。

31歳ともなると20代のころとは違って、親から「結婚はしないのか?」ということを聞かれることもあります。

自分は気にしないようにしていても、親から言われるとやはり「自分はいつまでも独身でいてはいけないのかな…」と思ってしまうこともあるでしょう。

また、31歳を超えると、周りの友人たちがどんどんと結婚をしていく事も多いものです。

周りが結婚をしていくと、自分が独身であると何か取り残されて居る様な気持ちになってしまうこともありますよね。

周りがこうだから自分もこうしなければならない、という事はありません。

しかし、実際に周りの友人たちが結婚をして、旦那さんと仲良くして子供を産み育てていると、何か家庭を持つということへのあこがれも出てくるものです。

「隣の芝生は青く見える」というわけではありませんが、自分にないものを人はどうしても欲しがったり、うらやましく思ったりするものです。

また、女性の場合は男性を違って、結婚に関しては違った意味合いもあります。

それは子供が欲しい場合、男性は出産をしませんが、女性は出産を経験します。

当然、年齢が上がっていくと、出産に関しても不安は増していきます。

ですから、男性より結婚する年齢に関してはとても気にする物なのです。

また、男性は年を重ねてもそれなりに仕事で出世していき、金銭的には余裕が出てきます。

ある程度収入が高くなっていくと、結婚相談所などを利用するときなどには有利になることもあります。

しかし、女性の場合は収入が高いという要素は、あまり異性を引き付ける要素にはならないことも多くあります。

寧ろ、若さや外見的な要素が重視されることも多いのです。

そのため、年齢が上がって来ると、女性独自の悩みが出てくるものです。

 

結婚したいのであれば、今すぐ行動しよう!

結婚式

30歳に差し掛かった独身女性は、まだ若いと安心していた20代に比べて焦りが生まれます。

同時に31歳を迎えると、30代をどのようにして過ごすのかを考えます。

独身貴族で良いと考える女性であれば、今の仕事をより頑張ろうとするでしょう。

しかし、結婚できるか不安な女性はそうではありません。

女性は35才から先は高齢出産と言われ、子供が欲しい女性はあと数年しかないと気づきます。

20代の頃は年下扱いしてくれた年上男性も、自分より若い女性と次々に結婚していきます。

女性として自信がなくなってくる時期でしょう。

仕事が好きなので子供は望まないが、結婚はしたい。

そういった女性もいるかもしれません。

しかし、今の職場がキャリアプランを望めなかったり、事務やお茶汲みから役職がつかない環境の女性もいます。

そんな時に支えてくれる男性がいるだけでも、将来への価値観を見直すきっかけになるかもしれません。

仕事は生きるためにやっているだけだけど、友人と遊んでいるので十分楽しいと考える方もいます。

では、周りに未婚の友人は何人いるでしょうか?

30代に入ると、結婚している友人の方が多くなってきます。

それぞれ家庭を持ち、今までのような交友関係はなくなることでしょう。

恋愛は出会いから始まります。結婚はしたいけど、職場やプライベートで出会いが無い方もいます。

周りが既婚者ばかりになる30代にさしかかると、ただ待っているだけではきっかけなんてありません。

出会いがある時には、出産の適齢期は過ぎているかもしれません。

まずは、自信がなくても行動することが大切なのです。

おそらく、30代を境に合コンをする機会も減るでしょう。

理由は色々なことが挙げられます。

誘われることがあっても、自分より若い人ばかりで気が引ける。

既婚者ばかりなので話が回ってくることがない。

幹事をしようにも誘う相手がいないなど様々です。

30代からの婚活はそういった付き合いだけでは、実際に恋愛にまで発展することは少ないのが実態なのです。

30代の婚活こそ、自分の力だけではきっかけは作れません。

最近では、異業種交流会や街コンなど、異性と出会うイベントがたくさんあります。

中には1人で参加できるものもあるので、周りが既婚者で誘えなくても平気です。

婚活といっても誰でも良いわけではないはずです。

そういった場合は、30代限定や職業を限定したイベントもあります。

まずは調べて、自分に合ったものを選ぶことが大切です。

とはいえ、初対面の異性とどう話していいか分からない人もいます。

しかし、婚活イベントは同じように事情があって、自分から参加している人ばかりです。

中には、あまりガツガツしていないイベントもあるので、まずは異性との接点を探すつもりで行動してみましょう。

また、今は婚活サイトも30代からの婚活で人気です。

婚活サイトと聞くと、インターネットを使って婚活することに抵抗がある方もいるかもしれません。

しかし、最近では多くの婚活サイトが登場しているので、それぞれ婚活サイトの質を高めようと努力しています。

もし会員の中で気にいればつながりを持てばいいし、そうでない場合は会わなくてもいいのです。

そして、街コンや婚活パーティーなどとは違い、大勢で会う必要がなく、自分のペースで活動することができます。

あまり恋愛の経験が無い中での婚活にはとくにおすすめです。

仕事の休みに交遊も減ってくる30代であれば、もし良い感じに進めば恋も出来て、人脈も増えると思っていれば楽な気持で活動できるでしょう。

活動しないことで結婚が離れていくだけであれば、行動しておいて損はありません。

実際に婚活を始めたら、相手に対して理想を持つことは大事です。

しかし、30代を過ぎて視野が狭いのは、婚活でもマイナスな要素となります。

いくら年上が好きだとしても、せっかく相性が良いのにそれだけで判断は良くありません。

年下だとしても視野を広げて、本当に良い男性を探すべきです。

20代の頃の恋愛よりも広く落ち着いた心で活動してください。

 

「私はこうして結婚相手を見つけました」31歳独身 派遣社員 Hさん

どうする

仕事に邁進している女性であれば、31歳になっても結婚していないことはザラです。

自分自身もキャリアアップに励む毎日を過ごしていたら、気づけば周りの女性が皆結婚している状況に立たされていました。

私は将来的に子供を育てたいと考えていますので、いつまでも独身でいたいとは思いません。

しかし一般的に婚活は若い方が実りますから、31歳からどのような方法で婚活すれば良いのか悩んでしまいました。

「婚活方法の中でもメジャーなのが合コンですが、合コンを行う際はメンバーを集める必要があります。

周りの友達が皆結婚している以上、自分一人で数多くの独身男性を集めるのは難しい問題でした。

そこで31歳女性として業者を使った婚活方法をとろうと考えたのですが、友達に勧められたのが結婚相談所への登録です。

31歳で婚活を始めるに当たって、気になるのは男性の経済力です。

特に結婚して子供を育てていきたい以上、こうした現実的な問題はないがしろにできません。

紹介型の結婚相談所に登録すれば、自分が理想とする経歴の異性と出会える点が魅力的なのです。」

「何より自分の結婚相手としてどのような異性があうのか分かりませんでしたが、

結婚相談所であればスタッフがそうした相談に乗ってくれるため助かりました。

スタッフとの話によって自分が結婚に対して抱いている理想と、妥協しなければならない現実を上手くすり合わせてもらえたように思います。

しかし、登録した結婚相談所で独身男性と知り合ったのですが、自分が理想とする人と出会う前に利用を辞めてしまいました。

結婚相談所はできるだけ登録者数が多い業者に登録した方が、効率的に理想とする異性と知り合えるそうですが、

当時の自分はそう言った知識を持ち合わせていなかったために、あまり多くの異性と出会えなかったのです。

また、独身女性であれば経済力はありますが、結婚相談所にかかる年間費用などは高価であり負担が大きかったのです。

そこで新しい結婚相談所に登録はせず、別の婚活方法を探すことにしました。」

「結婚相談所を辞めた後に選択した婚活方法は、婚活パーティーへの出席でした。

こうしたパーティーであればカジュアルな雰囲気が整っていますので、結婚相談所を利用するよりも気軽な気持ちで参加できます。

ドレスコードのあるものであれば、異性と出会う上で気持ちも作り上げられますので、会話も弾むと考えました。

そこで何度かパーティーに出席して同じ独身男性と出会えたのですが、恋愛相手にはなっても結婚にステップアップすることはできずにお別れしました。」

婚活方法に悩んでいた中で、最終的にたどり着いたのが友達の紹介です。

友達から独身男性を紹介してもらえば、相手の経歴やスペックだけでなく性格を知ることができるため魅力的です。

また何よりも男性と出会う前に自分自身の情報を伝えてもらうことも可能なのです。

私はアニメや漫画などを愛好しており、結婚相手にはそうした趣味に対する理解を求めていました。

友達の紹介であれば、自分のそうした趣味を事前に男性に伝えた上で会えるため、相手にとっても魅力的だと考えたのです。」

「また出会う前に互いの嗜好を知っておけたため、男性と食事をした際は話題に困ることがありませんでした。

何より共通の知り合いがいますから、その人の話で盛り上がることもできたのです。

こうした形で31歳独身女性として結婚相手を探す上で、勉強になることもありました。

31歳となればとにかく恋愛よりも結婚を主眼に考えがちですが、男性の中にはそうした姿勢を負担に思う人達も多かったのです。

こうした男性は将来的に結婚したいけれど、第一のステップとして恋愛できる女性を望んでいます。

女性が結婚に対して焦りを示すほど、互いの距離は遠のいてしまうのです。

31歳の独身女性が本当に結婚を望むなら、男性の恋愛感情を上昇させる努力が欠かせないと思いました。

そのためには自分磨きが欠かせませんし、結婚に対して貪欲ではない姿勢を示すことも大切なのです。

友達から数人の男性を紹介してもらった結果、結婚を前提にして交際できる人と出会えました。」

 

自分に合った婚活方法を選ぶことがカギ

先ほどのMさんのケースもそうですが、最近は仕事を頑張る女性が増えてきているようですね。

女性の社会進出によって仕事を一生懸命頑張る女性が増えるのはいいことですが、

その反面で婚期を逃してしまったという女性も多くいることは事実です。

将来子供が欲しいと考えて、30歳を過ぎてから婚活をする女性が多くなっています。

しかし、先ほども書いたように、婚活では若い女性が人気になるという問題があります。

婚活で合コンがメジャーな方法なのかは正直疑問ですが、出会いのひとつとしては十分にありでしょう。

自分に人脈があれば、合コンをフル活用すればいいかと思います。

もしそういった人脈がない場合は、婚活パーティーを利用してもいいです。

ただ、婚活パーティーでは若い女性に人気が集中してしまいます。

Mさんの体験談のように、20代が婚活パーティーに参加すると、見た目も若々しくておしゃれな女性が大勢参加するからです。

そうなると30代の女性が真っ向勝負するには厳しく、婚活パーティーではなかなか目当ての男性をゲットできません。

一方で、結婚相談所はスタッフが、婚活を全面的にバックアップしてくれるというメリットがあります。

婚活を一人でしているとなかなかうまくいかないときに悩んでしまいがちです。

そんなときに的確なアドバイスがもらえたら、婚活を頑張ってみようという気になるものです。

ただし、結婚相談所は高額な費用がかかります。

入会金だけでなく、月会費・成婚料など、多くのお金がかかります。

おおよそですが、どこの結婚相談所でも最低30万円〜40万円はかかるとみておいたほうがいいでしょう。

また、紹介してもらえる男性は結婚相談所のメンバー内なので、それほど豊富な男性がいるとは限りません。

結婚相談所を利用するのであれば、よく調べてから登録するかどうか決めることをおすすめします。

 

もうひとつは、婚活サイトを利用する方法です。

婚活サイトとは、自分のプロフィールを入力して、あとは希望する条件に見合う男性とマッチングします。

結婚情報の大手企業ゼクシィが運営しているゼクシィ縁結びや、マッチングアプリのハッピーメールなどがおすすめです。

マッチングが成立すると、メッセージのやりとりができるようになるので、まずはお互いのことを知っていきましょう。

「この人となら一度会ってみてもいいかな」と思ったら、初デートをします。

婚活サイトはスマホさえあれば、いつでも気軽に婚活できるのがメリットです。

意外と身近なところでも結婚相手が見つかる出会いはあるものです。

友達の紹介もそのいい例でしょう。

友達の紹介であれば、相手のことがある程度わかります。

ステータスだけでなく、人柄も知ることができるのは大きなメリットですね。

また、自分がどうゆう人なのかも友達に伝えてもらえるので、お互いに会う前のギャップを減らすことができるでしょう。

最初に会うためには共通の話題があるのは非常にいいことだと思います。

共通の話題があれば、会話を盛り上げることもしやすいからです。

31歳とはいえ、結婚を焦りすぎてはいけません。

結婚を焦るあまり、男性にがっついてしまいがちになります。

あまり女性からグイグイアプローチされると、男性も引いてしまいます。

一見すると遠回りに見えるようですが、結婚したいのであれば、出会ってからも相手の恋愛感情を盛り上げる工夫が必要です

そのためには自分磨きを忘れない、結婚に対して焦りすぎない姿勢でのぞみましょう。

 

「おひとりさまへの恐怖」30代前半 女性 Mさん

悩み2

「今の時代、珍しいことではないかもしれません。

仕事に熱中し、そこそここなすことができるようになってきたと思ったらこの歳になっていました。

同級生の友達も結婚している人、していない人と大体半分ずつです。

仕事も楽しいし、一人暮らしにも大分慣れました。

また稼いだお金は友達との旅行や化粧品・洋服に使っています。

不自由なく生活していて結婚願望はありましたが、「いつかは」という感じで現実味を帯びてはいませんでした。

「しかし最近、未婚で一緒に楽しく過ごしていた友達が婚活を始めたのです。

彼女はテレビで卵子の老化や高齢出産のリスクを目の当たりにしたらしく、早く結婚して出産をしなければという思いにいたったようなのです。

彼女に誘われて、一緒に婚活パーティーへ参加することになりました。

とは言ってもまだ31歳。

婚活パーティーに来るような焦り気味(今思うと失礼です)の女性たちよりは若い方だろう、と思っていました。

しかしいざ参加してみると、もう婚活をするのかと思うほど若くてかわいい20代の女性がたくさんいました。

彼女たちは綺麗にメイクし、可愛らしいワンピースやスカートを着用していました。

その点、私は気軽な気持ちで参加してしまったのでメイクも服もいつも通り。

当然、素敵な男性たちは若くてかわいい20代女性を狙い、私たちはカップル成立に至ることはありませんでした。

「今まで結婚を希望する場合、高い料金を支払って結婚相談所へ登録することが主でした。

しかし、昨今は婚活という言葉があふれ、パーティーやアプリなど産業的に発展しています。

そのため、若い女性たちも気軽に婚活を始められるのではないでしょうか。

また若い女性たちにパーティーへの参加理由を伺うと「すぐに結婚したいわけではない。

でも、お付き合いは結婚を前提とした相手としたい。」と話していました。

結婚に焦っているというわけではなく、結婚願望のない相手と付き合って時間を無駄にしたくないようです。

このような理由で若い女性が婚活の場にいるので、私たち30代は早くも不利な状況になってしまいました。

婚活を始めて、結婚について初めてしっかりと考え始めました。

お金や保険、老後のことなど現実的なことです。

現在私は正社員で働いていますが、お給料はさほど高くはありません。

一人で生活するには足りていますが、十分な貯金ができるかと言われればそうではありません。

もしもこのまま結婚せず、一人で生きていくとなると老後は一体どうすればいいのでしょう?

おそらく高齢者施設に入ることになります。」

「介護が必要になったり、病気で入院したりするかもしれません。

豊かな老後を過ごすには3000万円から4000万円ほどの貯金が必要だと言われています。

とても大きな額です。

その時のお金のことを考えると、今から倹約してお金を貯めていかなければと考えます。

それ以上に、高齢になったり体が不自由になったりした時の孤独が不安です。

高齢者の孤独死、という言葉をよく聞くようになりましたよね。

今は両親も元気で、友達もいて仕事仲間もいます。

しかし両親が亡くなり友達も高齢になり、定年退職してしまったら、無限の孤独の始まりです。

毎日話す人はおらず、体も若い時のようにはいかないので家でテレビを見て、適当な食事をする日々が目に浮かびゾッとします。

そのために配偶者を持ち、子どもを授かりたいと切実に思うようになりました。」

「また、子どもを考えた時にも不安が生まれました。

現在31歳で子どもを産むには問題のない年齢です。

しかしこれから結婚相手を探し、準備をして結婚し、それから子作り。

それを考えると出産するのは一体何歳の時なのだろうと心配になってしまいます。

今は医療が進んでいますので、40代でも妊娠出産をしている方はたくさんいらっしゃいます。

たまにテレビで特集している不妊治療の様子を見て、妊娠出産もしばらくは余裕でできると考えていました。

しかし調べてみると、どんなに医療な進化していても卵子の老化は止められないそうです。

私も女性に生まれたからには妊娠出産を経験してみたいです。

そのためにはやはりのんびりしていないで、いっこくも早く婚活を進めていくべきです。

 

「まだ31歳」ではなく、「もう31歳」という意識が必要

Mさんのような女性が最近は増えてきているようです。

仕事に夢中になるあまり、プライベートをそっちのけで仕事に打ち込んだり、ライフプランを先のほうまで考えなかったというケースです。

以前よりも31歳で独身という女性も増えているので、結婚している・していないの割合は50%くらいになっています。

独り身なので、お金には不自由せず、一人暮らしで自由気ままにしています。

まるで男性のような考え方だと思います。

結婚に関しても、20代の頃は「いつかできればいいでしょ」くらいに考えているようです。

もしくは、早めから結婚を意識して出会いを探している20代の女性とに二極化しています。

しかし、31歳にもなると、急に焦り始めるようになります。

31歳というと、卵子の老化・高齢出産のリスクが出始めます。

そうなると、「早く結婚して子供を産まなきゃ!!」という思いになります。

それは「自分の子孫を残さねば!!」という生物としての本能から来るものです。

そのピークが30歳過ぎにやってくるというわけです。

Mさんは友人に誘われて婚活パーティーに参加したようですね。

しかし、「まだ31歳。」というコメントからも、自分の現在の状況が分かっていないように思います。

結婚したいのであれば、「まだ31歳。」ではなく、「もう31歳。」という認識でいるべきです。

とくに、婚活パーティーでは20代の若い女性に人気が集中します。

彼女らは自分たちの若さが婚活で武器になることを十分に知っています。

さらに、メイクや服装も流行に敏感かつ、最先端のメイク・ファッションを身につけています。

そこになんの準備もない31歳の女性が、婚活パーティーで戦おうということ自体が無謀です。

そして、結果は予想通り惨敗ということになります。

最近では結婚相談所だけでなく、婚活パーティーや婚活サイトなど、幅広い方法で婚活ができるようになってきました。

そのため、自分に合った方法を選ばなければ、結婚相手を見つけるという成果は得られません。

婚活という言葉が広く知られていくとともに、20代の若い女性も積極的に婚活を始めるようになりました。

その結果、31歳の女性にとっては、強力なライバルが出現したとも言えるでしょう。

20代の彼女らには、まだ時間がたっぷりあるため、結婚までそれほど焦っていません。

そのため、じっくり結婚相手を選ぶことができます。

さらに、その余裕のある振る舞いが男性には魅力的に感じられます。

余裕のない切羽詰まった感じで迫られても、男性としても必死すぎて引いてしまいます。

あなたも別に好きでもない男性から必死に迫られても嫌なだけではないでしょうか?

結婚したいと言っても、誰でもいいというわけではないはずです。

それと同じように、31歳の女性は自分に残された時間が少ないことからも、必死になりすぎてしまうため、よけいに20代の若い女性に勝てるはずはありません。

いざ結婚のことを考え始めると、相手探しも重要ですが、お金のことも心配になりますよね。

一人で生活するには今の収入でも暮らしていけますが、将来的にはどうなるか分からないという不安があります。

ただ、結婚するときの費用に関しては、現在はそれほどかかりません。

ゼクシィなどの結婚情報誌では結納・挙式・新婚旅行・新生活費用など、すべての費用を合わせると300万〜400万円ほどかかると言われています。

しかし、最近ではかなりリーズナブルに結婚ができるようになっています。

私も結婚をしましたが、実際にかかった費用はすべて合わせても、160万ほどだったと思います。

挙式は地元の大きな神社で神前式をして、二次会は別の会場で行っています。

結納はお互いで話し合って、行いませんでした。

最近は結納をしない家柄・カップルも多くなっています。

新婚旅行は沖縄本島と離島巡りをしました。

新居は新築のアパートを借りて、家電・家具は一式揃えています。

これらをすべて合わせても160万円です。

これはかかった費用ですので、ここからいただいたご祝儀でまかなっています。

実際に私たちが支払った金額は2人で合わせても70万円ほどになりました。

自分で持ち出した金額は35万円ということになります。

つつましやかな挙式・新婚旅行をするならそれほど高額な費用はかかりません。

もちろん結婚式は人生に1度きりなので、費用をケチるのはよくありません。

しかし、普通の結婚式をするのであれば、それほど費用をかけなくても大丈夫です。

ご祝儀でまかなえば、自分たちで出すお金はそれほどかかりません。

一方で、このまま独身で生きていくには老後のことも不安になってくるでしょう。

老後が不安で結婚したいという女性も多いです。

世間では老後にそれなりに余裕のある暮らしをしようと思ったら、3000万〜4000万円ほど必要だと言われています。

そのためのお金を今から貯金したり、節約しようというわけです。

しかし、個人的には老後をそんなにお金を心配する必要があるのか疑問です。

たしかに老後に孤独になることを思うと不安ですよね。

両親も亡くなって、友達もいなくなった先にあるのは孤独死という結末です。

ここで問題になるのはお金よりも孤独だと思います。

いくらお金があっても、孤独だと人間は耐えきれません。

それほど人間は一人では強くないからです。

それよりも、お金がたくさんあるわけじゃないけど、夫婦と子供が仲良く過ごせる老後のほうが幸せだと思うのは私だけじゃないはずです。

たしかに貧乏なのも嫌ですが、それよりも孤独はもっと嫌です。

そうならないために結婚をして、子供がほしいという気持ちは分かります。

31歳という年齢であれば、子供を産むことを考えると、すぐに婚活を始めなければいけません。

男性も女性も、生殖機能は30代から一気に低下していきます。

これは医療が進歩したとしても変わりはありません。

高齢出産が可能になったとしても、出産に伴う危険は高いままです。

31歳から結婚を考えるのであれば、出会いを見つけるのに1年、付き合う期間が半年〜1年、

結婚して出産までが半年から1年と考えると、33〜34歳のうちには結婚しておきたいところです。

これを短いと思うか、長いと思うのかは人それぞれですが、長い猶予期間はないと考えていたほうがいいでしょう。

▼まずは無料でためしてみてください▼

最近いい出会いがないという方は、ゼクシィ縁結びを使ってみてください。

ゼクシィ縁結びを使えば、すぐにでも結婚相手探しができるようになります。

大手企業のリクルートが運営しているので、安心して利用することができます。

会員登録が無料なので、まずはどんな人がいるのか見てみるだけでもいいでしょう。

「早く結婚したいのに相手が見つからない…」と悩んでいるのに使わないのは損していますよ。

会員登録は3分で完了します。

▼ゼクシィ縁結びを使ってみる▼
ゼクシィ縁結び
ゼクシィ縁結び

 

 

 

 

 

 

 

 

【女性の結婚適齢期って何歳?】自分の思い通りに婚活するコツ

32歳独身女性の婚活事情【結婚できなくて焦り始める年齢】

【まだ間に合います】33歳独身女性の結婚・婚活事情

【今から婚活すべき?】34歳独身女性の結婚への焦り

【35歳までに結婚したい!】今すぐできる婚活方法とは?【体験談あり】