%e7%84%a6%e3%82%8b

「気づいたらもう32歳になっちゃった…!早く結婚したいよぅ。。。」

「彼氏なしだけど、婚活でもしようかな…」

周りもほとんどが結婚していたりして、自分だけが結婚していないと焦ってしまいますよね。

ここでは32歳独身女性の婚活について、どうすれば結婚できるのかについて体験談を交えながら紹介していきます。

 

独身女性が結婚を考えたとき、どこで相手を探せばいいか

何歳までに結婚するかを、独身女性なら一度は考えたことがあるのではないでしょうか。

結婚しないとい う選択をした人も、そこに至るまでの色々な考えがあったはずです。

若いうちは結婚しないつもりだった、あるいはまだまだ結婚なんてと考えていたけれど、 32歳くらいで結婚を改めて強く意識し始めたという女性も多いでしょう。

まだまだキレイで体力もあるけれど、若い女性には敵わないと実感することも増えてきますし、あと10年もすると中年の域に入って来るのだという現実がはっきりと見えてきます。

将来へのおぼろげな不安も出て来るでしょう。

それは金銭面という意味もありますが、歳を取っても一人きりかという寂しさも無視でき ないものです。

結婚したからといって、必ずしも金銭面での不安が解消するといった世の中ではないことは、誰もが分かっている事でしょう。

しかし、一緒に生きていく人がいるという心強さは無視できないものです。

一人ではないという安心感。これを超えるものはそうありません。

また、出産をという場合、32歳で婚活を始めるというのはかなりギリギリの線だと考えることもできます。

結婚即妊娠出産というならそれほど慌てることもないのでしょうが、現実はそう上手くいくものではありません。

仕事のスケジュールとの兼ね合い、金銭面の準備などを考えると、やはり多少の年齢的な余裕は欲しいものです。

また婚活がどのくらいの期間になるかも分かりません。

となると、32歳で婚活を始めるのは、じっくりと相手を選べる余裕があるわけではありません。

婚活を始めてすぐに相手が見つかるのは少数派のケースでしょう。

本当にこの人でいいのかと考える時期も必要です。性格や価値観が合わないと、頑張った婚活が無駄になりかねません。

結婚するなら幸せに、当然の願いです。

そのためには、安易な決断をせず、本当にこの人との結婚で幸せになれるのか、

そして相手も自分と結婚することでより良い人生となるのかをよく見極める必要があります。

むしろ、ある程度の社会人経験を積んだ30代の方が、そういった判断はできるのだと考えることもできるのです。

結婚する相手を見つけるのは、どんな方法にしても、まずは会って実際に話をしないことには何も始まりません。

婚活サイトや相談所を利用するにしても、友人の紹介にしても、実際に結婚する者同 士がお互いのことを良く知るところから全てが始まります。

婚活サイトあるいは相談所を利用する場合ですが、様々なものがあり、サービスも多種多様です。

自分に合っているところを利用することが大事です。

そうでないと、せっかく登録しても会いたいと思えるような相手を見つけられないままになってしまいます。

たくさん見つかる男性のプロフィールを目にした時点で、この人のことをもっと知りたいと思えるような人が見つけにくいようなところで、

自分のプロフィールをどんなに充実させても、本当に婚活しているといえるでしょうか。

自分が結婚したいと思う相手を想像してみてください。

その人は、いくつもある婚活サイトや相談所の中から、一体どんなサービスを選んで登録するでしょうか。

自分が一生を共に過ごす人が、自分に合わない婚活サービスを利用しているとは考えにくいものです。

その人の価値観が関わって来るからです。

もしかしたら、結婚相手を見つけるにはたくさんのサービスに登録するべきだという考えの男性もいるかもしれません。

一方、自分なりの価値観で厳選したサービスにだけ登録している男性もいるでしょう。

たまたま見つかったサービスに登録しているだけという男性もきっといます。

自分の結婚相手はどういう行動をする人か、想像してみてください。

友人の紹介、あるいは友人の友人として出会うといった方法の場合、最初に必要なのはコミュニケーションと言えます。

婚活サイトや相談所の場合は、先にお互いのある程度詳細なデータが頭に入っているものですが、

まず出会ってから全てが始まる場合は、それとは逆になります。

第一印象も重要になります。

何気ない振る舞いが相手の心を惹き付けることも多いでしょう。

しかし、一番大事なのは、知り合いを紹介してあげたいと思ってもらえるような女性であることを心がけておくことです。

このポイントを押さえることで、紹介してもらえるあるいは友人の友人といった、男性との出会いが自然と増えていく可能性は高くなります。

 

よりよい結婚には自分の心をコントロールすることも大切

20代の頃は、仕事にも恋愛にも夢を持ち頑張ってきた女性たちも、ふと30代になると、「このままでいいのかな」と将来のことが不安になってきます。

結婚を考えようにも相手がいない、長く付き合っている彼は結婚する気があるか分からない、いけないとはわかっていても不倫の関係を断ち切れない。

恋愛から結婚に向かう道には、いろいろな障害があります。

結婚することをあきらめてしまう人もいるかもしれませんが、今の世の中、30代前半は女性がもっともキラキラと輝いている時代です。

自分に磨きの一つとして、自分の心をコントロールすることを身につけて、そのキラキラをもっと輝かせてみませんか。

その先に素敵な結婚が待ち受けているかもしれませんよ。

 

1.独りよがりや自己中は絶対にダメ

普段から人付き合いが少なく、決まった人との関わりしかない女性は、知らず知らずのうちに、独りよがりや自己中心的な考え方になってしまうことがあります。

狭い人間関係の中で、うまく自分を表現できないことは大変なストレスになり、「分かってもらいたい」「なんで分かってくれないの」という思いが強くなってしまいます。

家族や付き合いの長い友達であれば、こうした傾向も寛容に受け止めてくれますが、

結婚するとなると、相手とその家族、地域の人などとの新たな人間関係を築いていかなければなりません。

こうした関係の中では「自分を分かってもらうこと」が上手くいかないこともあります。

自分を押し殺す必要はありませんが、結婚に向けて、いろいろな考え方や価値観を持った人と良い人間関係を築いていくためには、

独身のころから人をえり好みせず、あえて苦手な人とも接するようにし、人間関係上のストレスに強い自分を作っておきましょう。

こうした心構えは、人に穏やかで落ち着いた印象を与え、男性にも「一緒にいて安心できる人」として好感をもたれやすくなります。

一方、独りよがりや自己中のままでいると、子供っぽい印象を与え、結婚向きの女性ではないと思われてしまうかもしれません。

 

2.やきもちや嫉妬を上手にコントロールすること

合コンや街コンで知り合ったばかりの男性や、長く付き合ってはいるけれど、

なかなか結婚に踏み切ってくれない彼に対して「本当につきあっているのは自分だけなの」という疑いを持ってしまうことがあります。

電話やラインの返信が遅かったり、一緒にいるときにもやたらとスマホをチェックしたりするその態度に、ますます不安が募ります。

メールを盗み見たり、何かを聞き出そうカマをかけたりしてしまうと、男性は非常に気分を害してしまいます。

やきもちや嫉妬にかられた女性がしがちな「問い詰め」も、いい結果を生むことはありません。

もしほかの女性の影を感じ、行動に気になることがある場合は、構えずサラッと聞くほうが良いでしょう。

しかし、これは一度だけです。

後はその問いに対する男性の答えをしっかりと信じることです。

男性は結婚を目の前にすると、それまでの自由を失ってしまうさみしさを感じています

結婚する前に、独身のうちにできることを謳歌したいと考えているのかもしれませんし、もしかするとその一つが浮気なのかもしれません。

しかし、彼と一緒にいて楽しい思いをし、自分自身に対する愛情も感じるのならば、信じるほかありません。

人は疑いの心を持ってしまうと、何から何まで疑わしく思え、純粋に楽しさや愛情を感じることができなくなります。

男性が「今はまだ決心はしていないけど、ゆくゆくはこの女性と結婚しよう」と思っているところに疑いばかりかけられてしまえば、そこから先に進むことを躊躇してしまうでしょう。

やきもちや嫉妬をコントロールし、相手を信じる気持ちを上手に作りましょう。

し相手を疑ってしまいそうになったら、むしろ会うことを控え、自分自身の時間を充実させることです。

映画を観たり本を読んだり、ヨガやジョギングで汗を流すのもよいでしょう。

彼に縛られた心をほかのことに向けることで、次に会うときには、心の底から楽しく愛情を感じる関係が築けるはずです。

ではここで、実際に結婚できた方々の体験談を見てみましょう。

 

「32歳からの独身女性の婚活についての事情です」 30代前半 女性 Yさん

「32歳にもなると焦りが出てきます。周りや同級生達は既に結婚し子供もできています。

自分だけ取り残されているのではと不安感が頭の中を駆け巡ります。

自分だって早く結婚して幸せな家庭を築きたいのです。

素敵な旦那様に愛されて、安心したいのです。

誰よりも心の中で願っています。

でも、素敵な彼がいないので仕方がないというのが本音です。

婚活パーティー等のイベントも気にはなりますが、なんだかピンとこない気がします。

自分の中の自分がこういうのではない、と言っている気がします。

婚活パーティーを否定している訳ではなく、勿論そこでめでたくゴールインされる方もいらっしゃると思います。

ただ、30歳を過ぎて恋人がいないと婚活パーティーに行かなければいけないのかと思うのです。」

「職場などでも未婚である事が会話になった時にはドキリとします。

自分より若い子が結婚していて小学生の子供がいたりするので、もうなんという言葉を誰に投げかけたら良いのか分かりません。

独身女性である事を堂々と言えない恥ずかしさもあります。

何も悪くはないのです。

周りの目を気にしている弱い自分がいるだけなのです。

堂々としている女性もいますが全く傷ついていない訳ではないのです。

本当は色々な人に言えない経験をして仕事でも恋愛でも思うようにいかなくて、辛い涙をこれでもかという位流して傷ついた部分はぼろぼろなんです。

人生に疲れがみえてきます。

テレビやニュース、新聞が婚活に触れ、様々な情報に惑わされています。

気分が乗らないのに婚活イベントに参加しても、信号にたくさん引っかかったりレジで小銭をばらまいたり携帯をどこかに置き忘れたりするものです。

来るんじゃなかったと気分も下がり気味です。」

さらに親や身近な人からの早く結婚しなさい、という聞きたくないワードナンバーワンが飛び込んでくるのです。

なんだかうんざりします。

ため息の連続です。

分かってるよと叫びたいくらいです。

お手上げ状態だからどうしたら良いのか解らない、ほっておいてというのが現状なのです。

こんな気持ちを結婚している友達に相談したいと思えないのは、沢山傷つき疲れて心が少し歪んでしまったからではと思うのです。

必死に生きてきたのです。」

人には絶対言わないけれど、自分にも運命の素敵な王子様がいるのだと心の奥底で信じています。

周りには言いませんが、理解してくれる人には聞いてもらいたいと思うのです。

自分と波長の合った、同じ価値観の、いるだけで心地よいと思える人のことです。

そのような人はもしかしたら数少ない気がします。

でもこれまでに、仕事やプライベートを通していらっしゃいました。

会えるだけで嬉しいとかとても細かな所まで気が合うと思える人なのです。

理解してもらえないと寂しいと感じてしまいます。

自分の結婚する相手は理解してくれる人だろうかと想像したりもします。

こんな心配やもやもやを抱えて忙しい日々を送り、充実はしているけれど年をとる早さにはどうする事もできなくてさらに不安になるのです。」

「でも諦めは無く、心のどこかで信じている部分だけを思って料理を頑張ったりいつもより丁寧にお掃除をしてみたりします。

趣味を楽しんだり、勉強したい事も幾つかあります。

たまにはご褒美に美味しいスイーツを作ってあげたりします。

無理な婚活をしなくても自分が今一番したい事をさせてあげたいと思うのです。

そのほうが気持ちも苦しくなく、生き生きしていると思います。

とても大切な時間を自分の大切な物、事に使ってあげたいです。」

「そんな中で自然と運命の人と出会えると思います。

心から結婚したいと願っているのなら、向こうから迎えに来てくれるものなのです。

そんなわずかな希望と光を胸に秘めて、毎日の色々な出来事から身を守りながら生きているのです。

疲れた傷を癒してくれる、傍にいて守ってくれる素晴らしい家庭を築ける素敵な旦那様を望んでいるのです。幸せはすぐそこだと信じているのです。」

 

待っていれば運命の王子様が現れるというのは嘘

32歳というと、友達の中にもすでに結婚をして、さらには子供までいるという年齢ですよね。

周りみんなが結婚してしまうと一人取り残されたような気分になるものです。

それなのに、Yさんは婚活をしないとはどうゆうことでしょうか?

たしかに32歳で婚活パーティーに参加するのは不利です。

パーティーには若くてオシャレで可愛い女性がたくさんいます。

その中に混じって自分が狙ったイケメン・高収入の男性を勝ち取ろうというのはなかなかに無理があるのも事実です。

しかし、別に婚活方法は婚活パーティーだけじゃありません。

婚活サイトだってあるし、結婚相談所という方法もあります。それ以外にも出会いにつながる行動はいくらでもあります。

30歳を過ぎているからこそ、積極的に婚活しなければ、永久に結婚できないでしょう。

たしかに自分より若い子がすでに結婚していたり、独身が自分しかいないような状況になると気が滅入ってしまうのもうなずける話ではあります。

行動してもうまくいかない、思うように出会いがないという状況が続くと弱気になってしまいます。

その状況下でさらに頑張れと言われても無理があるのかもしれません。

もし婚活をして「これ以上はもう無理、、、」と思ったのであれば、無理に婚活をする必要はありません。

疲れ切った心で婚活してもうまくいきませんし、さらに傷ついて立ち直れなくなってしまうこともあるでしょう。

だったら、一度婚活をすっぱり忘れて、独り身であることを満喫するのもおすすめです。

趣味にハマるのもいいし、一人旅行だってやってみると面白いものです。

そうやって気分転換をして心身ともにリフレッシュしてから、もう一度結婚してみたいかどうかを考えればいいでしょう。

それで、結婚したいと思えるようになったら、また婚活をしてみればいいと私は思います。

親や周りにどうこう言われるのは仕方ありません。

やっぱり親としては娘のことがいつまでも心配なものです。

その親の結婚しなさいという無言のプレッシャーは軽く受け流しておきましょう。

真正面から受け止めると、よけいに深刻に考え込んでしまい、精神衛生上よくありません。

ただし、Yさんのように運命の王子様がどこかにいて、いつか迎えに来てくれると信じているのは完全に勘違いです。

はっきりと言っておきますが、待っているだけでは運命の王子様は現れません。

それは夢のまた夢のまた夢くらいの出来事でしょう。そんな都合のいい話は少女マンガの中だけです。

現実として運命の王子様と出会いたいのであれば、自分から探しにいかなければなりません。

自分で頑張って、どんな人と結婚するのが幸せなのか、どうすればその人に会えるのか、自分の手と足で探す必要があります。

自分でなんの努力もせずに(本人としては努力しているつもりであっても)待っていれば運命の王子様と出会えるなんてことはないでしょう。

待っていて得るものは歳だけです。

気づいたときには手遅れになってしまいます。

32歳ならまだ間に合います。

出かけるときにちょっとオシャレに気合を入れてみたり、ファッションやメイクの勉強をしたり自分磨きをするのも立派な行動です。

どこかに出会いがないか探してみたり、自分に合いそうな婚活方法をためしてみるのもいいでしょう。

とにかく自分ができることから少しずつ始めればいいんです。

そうすれば、最初はなかなかうまくいかなくれも、しだいに出会いのチャンスが増えていき、最後には理想の王子様と出会うことができます。

これが本当の運命というものです。

Yさんはそのことに気づき、自分がしたいこと、やりたいことにチャレンジしています。

向こうから迎えにきてくれたり、自然に出会えるかどうかはわかりませんが、それがYさんなりに導き出した答えであれば、十分です。

まずは自分ができることから少しずつ行動してみてください。

「でも、婚活をするって何から始めたらいいのか全然分からない…」

「本当に今からでも結婚できるチャンスはあるの?」と不安になる方もいますよね。

しかし、ゼクシィ縁結びを使えば、今すぐにでも結婚相手を見つけることだってできるんです。

実際、私もなかなかいい出会いがないと悩んでいたのに、たった2ヶ月で結婚相手との出会いがありました。

そんな運命の出会いを作ってくれたゼクシィ縁結びには、4つの特徴があります。

  • 結婚情報誌のゼクシィで有名な大手企業リクルートが運営
  • 登録無料・成婚料も0円
  • 婚活サイト初のお見合いコンシェルジュが初デートをサポートしてくれる
  • 相性がいい、価値観の合う人が見つけやすい

さらに、ゼクシィ縁結びは大手企業のリクルートが運営しているので、セキュリティとデータ管理がしっかりしています。

最初は「婚活サイトなんて、良い出会いがあるわけないじゃん」と私も思っていました。

ところが、ためしにゼクシィ縁結びを使ってみたところ、素敵な人と出会えたことに自分でもびっくりしています。

今は子供もできて、あわただしくも家族3人で毎日幸せに暮らしています。

あのときゼクシィ縁結びを使うことができて、本当に良かったです。

まずは無料で会員登録をしてみて、どんな人がいるのかためしてみてください。

きっとあなたにも素敵な結婚相手が見つかると思います。

「早く結婚したいのに相手が見つからない…」と悩んでいるのに使わないのは損していますよ。

ゼクシィが運営している婚活サイト「ゼクシィ縁結び」

 

 

「32歳独身女性、私の婚活成功体験を語ります」 30代前半 女性 Oさん

「女性の社会進出が広がり、晩婚化が進む昨今ではありますが、30代を過ぎた独身女性は多かれ少なかれ結婚というものに対する焦りを感じているのではないでしょうか。

昔であれば近所の世話好きな方がお見合いの場をセッティングして下さるなど、

こちらからは何もしなくても結婚のチャンスが舞い込むこともありましたが、最近ではそういった機会にもなかなか恵まれません。
私自身も32歳を迎えた頃、流石に結婚というものに焦りを感じ始めました。

かつての同級生たちは皆結婚していきますし、会社では私より若い子も結婚していきます。

こうした周りの人々の幸せオーラが眩しく、そして羨ましいと感じて、触発されたこともあり、思い切って婚活を始めてみることにしました。

尚、このときは最後に付き合っていた恋人と別れて3年目で、結婚出来そうなお相手はいませんでしたので、

まず“出会う”必要があると判断し、合コン好きの会社の後輩女性に頼み機会を設けてもらうことになりました。」

結果的に言えばこれは大失敗でした。

私が出会いの場として合コンを選んだのは先述した彼氏との出会いが合コンだったので、

それなりの自信はあったのですが、月日が経つというのは残酷ですね。

考えてみれば私は件の元彼と出会って以降合コンという場所と遠ざかっていたので、実に5年ぶりの参加だったわけです。

その期間に私は27歳から32歳になったので、20代から30代になったということであり、これは合コンにおいては大きな意味を持つのだと今更ながらに理解しました。

まず、5:5の合コンで私以外の女性は皆20代後半だったので、私の存在はとても浮いていました。

男性には30代後半の方もいらっしゃいましたが、皆さん20代にばかり話しかけていたので、私はどなたともコレといった会話をすることもなく、解散しました。

即ち、結婚どころか出会いすらも無かったということです。」

「そこで私はある程度お相手の年齢と職業などを指定して選べる婚活サイトに登録しました。

最初は登録するのに不安がありましたが、私が利用した婚活サイトでは登録時に身分証明書の確認をするので、

いわゆる出会い系サイトとは異なり、お相手の素性は明らかであるという魅力がありました。

此処では実際に3名の方とお会いし、お1人の方とは何回かデートを重ねるような間柄となりました。

しかし、その方は30代後半の会社員だったのですが、職業柄転勤が多いそうで、

私は諸事情により地元から遠くに行くことは不可能だったので、残念ながら上手くいきませんでした。」

「その後、もう結婚は諦めかけていた頃、友人に頼まれて一緒に参加した婚活パーティーで運命の人と出会いました。

そのパーティーは「年収700万円以上+30代以上の男性」が男性側の参加条件となっており(女性側の条件は特に無し)正直なところ、あまり期待はしていませんでした。

パーティーの会場は婚活サイト運営会社が所有するテナントだったのですが、

北欧を意識した感じのスペースでまるでオシャレなカフェのようでリラックス出来る環境でした。

そこには椅子と机がコの字型に並んでおり、机を挟んで男性と女性が向き合うような形でお話をしていきます。

お相手お一人につき5分程お話をし、男性側が移動していくスタイルです。

全ての男性とお話をして思ったのは「皆さんいい人そうなのに何故今まで結婚出来ないorしなかったんだろう」ということです。

もちろん中には5分間ほぼ沈黙することもあったのですが、8割以上の方はとても紳士的でした。」

「そして、私はその中でも同じ漫画が好きだと言う方に心惹かれたので、イメージカードというものにその方のお名前を書いて提出しました。

するとその方も私の名前を書いてくれたそうで、見事両思いになりました。

そこからフリートークに入り、この方とお話をしました。

かなりコアな漫画の話で大盛り上がりし、最後は見事にカップル成立致しました。

この男性は当時37歳の医療関係のお仕事をされている方で、何度かデートをし、出会って半年後には結婚に至りました。

今はとても幸せな新婚生活を満喫しております。」

 

あきらめずに婚活していれば、理想の結婚相手に巡り会える

32歳というと、自分よりも若い後輩がどんどん結婚していき、よけいに焦ってくる年齢です。

昔は近所で独身の男女を紹介してくれたり、世話好きなおばちゃんが仲人をしてくれることもあったようです。

しかし、現代では誰かが結婚の世話を焼いてくれることはまずありません。

身分や家柄なども関係なく自由に恋愛できるようにはなりましたが、その反面で自分で結婚相手を見つけなければならないということです。

学生のときや職場で出会いがあればラッキーで、そのチャンスを逃してしまった場合は婚活をする必要があります。

合コンだと結婚相手と出会える可能性は低いと思います。

合コンでは必ずしも相手の男性に結婚願望があるわけではありません。

条件のいい男性と出会ったとしても、相手が結婚を考えていない場合は意味がありませんよね。

万一付き合ったとしても、相手が結婚したいと思うのを待っていたら30代後半、へたをすれば40歳を過ぎてしまいます。

さらには20代の女性と一緒に参加すれば、ライバルが有利になるのは当然です。

5:5の合コンだとあからさまに可愛いくて若い女の子を狙いにいきます。

Oさんは次なる婚活方法として婚活サイトをためしてみることにしています。

健全なる婚活サイトでは悪質な出会い系サイトとは違い、身分証の提出や本人確認があるので、安心して結婚相手を探すことができます。

Oさんはここで3人の男性と実際に会って、そのうちの1人とは何回かデートをするようになったそうです。

ただ、この男性が職業上転勤が多く、Oさんは地元から離れられない事情はあったようなので、うまくいかなかったみたいですね。

このように相手との相性や状況によって縁がないこともありますが、結婚相手を探す方法としては十分に効果があるかと思います。

Oさんは結婚をあきらめかけていたときに、婚活パーティーで運命の出会いがあったようですね。婚活パーティーには参加条件をもうけているものもあります。

その中で年収や年齢に制限があるものも少なくありません。

そのかわり、男性の参加費用が高かったり、女性の参加費用が高かったりする場合があります。

年収700万円以上+30代以上が男性の条件で、女性に条件なしだとすると、参加費用は男女同じくらいになるかと思います。

Oさんは同じマンガが好きという男性に心惹かれ、相手の男性もOさんのことが気になったようです。

こういった趣味・価値観が同じという共通点があると、お互いに好意を持ちやすくなります。

共通点があれば、そこから話題を広げやすいし、会話を盛りあげることもできます。

基本的に婚活パーティーは合コンと同じように、若くて可愛い女性が有利になるのですが、Oさんは同じマンガが好きという共通点で惹かれ合うことができました。

どこに運命の出会いがあるかは分からないので、あきらめずに自分ができそうな出会いを作っていくことが大事だといういい好例だと思います。