32歳にもなると友達も結婚している人が多くなってきて、自分が独身のままだと不安になってきますよね。

恋人も長い間いないとなると、結婚につながる出会いを見つける必要があります。

そこで、婚活サイトを使えば、年齢や職業・年収など、自分が希望する条件の相手を簡単に見つけることができます。

ネット婚活なら、家にいながら自分の好きなときに活動できるというメリットがあります。

ただし、会員数が多く、安心して利用できる大手の婚活サイトを使わなければなりません。

おおよそですが、3ヶ月から半年くらい活動すれば、価値観の合う相手とめぐり会えるようになります。

 

32歳におすすめの婚活サイト・マッチングアプリランキング

第1位「yahoo!パートナー」

運営会社:ヤフー株式会社

会員数:累計490万人(男女比=6:4)

利用料金:会員登録から初回のメッセージ送信まで無料

女性:無料

男性:月額2,686円〜

【yahoo!パートナーの特徴】

yahoo!パートナーは、その名の通りyahoo!が運営している恋愛・婚活マッチングサービスです。

2006年から運営されており、2016年にリニューアルされセキュリティと機能が強化されています。

条件検索だけでなく、共通の趣味があるグループからも相手を探すことができます。

女性は、特別な機能以外はすべて無料で利用できるようになっています。

サービスの良さと料金の安さから、コスパが一番いいマッチングサービスです。

公式サイトyahoo!パートナー

 

第2位「ゼクシィ縁結び」

運営会社:株式会社リクルートマーケティングパートナーズ

会員数:約20万人(男女比=5:5)

利用料金:会員登録から初回のメッセージ送信まで無料

男女共通:月額2,592円〜

【ゼクシィ縁結びの特徴】

結婚情報誌のゼクシィで有名なリクルートグループが運営する婚活サイトです。

18問の価値観診断に答えると自分の価値観タイプがわかり、相性がいい相手を毎日紹介してくれます。

また、ネット婚活初のお見合いコンシェルジュが、デートの日程・場所決めを代行してくれます。

はじめてのデートに最適な場所をコンシェルジュが決めてくれるので、安心して出会いを作れます。

公式サイトゼクシィ縁結び

 

第3位「Omiai」

運営会社: 株式会社ネットマーケティング

会員数:210万人(男女比=5:5)

利用料金:会員登録から初回メッセージの送信までは無料

女性:10~20代は無料、30歳以上は月額2,780円〜

男性:月額2,780円〜

【Omiaiの特徴】

Facebookのアカウントを連動させたマッチングアプリになっています。

Facebookのデータはセキュリティを高めるためであって、Facebookに投稿されたり、友達にバレる心配はありません。

24時間365日の監視体制・サクラゼロ宣言・不審なユーザーの強制退会など、セキュリティにかなり力を入れています。

公式サイトOmiai

 

「思っている以上に活動している人が多かったです」30代前半 Tさん

数年前からすでに婚活が盛んに行われるようになっていましたが、私個人は32歳にして何の危機感も覚えないままに生活をしていました。

女性ならば、すでに焦らなければいけない年齢だと判断することもできますが、幸いにも私は男性なので、むしろこれからの方が脂がのって美味しくなる頃合いだろうと思い込んでいました。

もちろん、多くの男性はそういった時期を迎えていくのでしょうが、それと婚期はまったく別物だということに気づいていませんでした。

アラサー世代に入ったとき、私には恋人がいました。

10代以降、恋人がいない時期はほとんどなく、30歳を迎える段階でのべ半年程度しかフリーの期間はありませんでした。

そのため、「自分はこのまま何となく結婚するのだろう」と思っていたわけですが、30歳を超えたときに経験した失恋以降、1年以上も恋人がいない状態が続いてしまいました。

たかが1年と思うなかれ、私にとってはこれまでの人生で経験したことがない緊急事態であり、その経験によって将来への不安が加速度的に高まる結果になりました。

この時点までは、取り立てて婚活をしようなどと微塵も考えていませんでしたが、このような状態を経験したことによって「婚活をしなければ老後が不安だ」と思うようになりました。

とはいえ、婚活の方法自体が良く分かっていなかったので、まずはネットで婚活とはどのようなことをすれば良いのかを調べることにしました。

すると、「恋人を作るため、または恋人と結婚するために行う活動」といった趣旨のことが分かりました。

また、「恋活」という言葉もあるようで、婚活は結婚を目的とした活動であるのに対し、恋活は恋愛をすることを目的とした活動となります。」

「最終的には結婚を目指したいという気持ちがないわけではありませんでしたが、このような区分を見ると、私が目指すべきは「恋活」だと思いました。

ただ、根本的な部分はあまり変わらないようだったので、あまり気にせずに活動を始めることにしました。

最初のうちは、自分の交友関係から異性に直接、もしくは同性の友人に紹介をお願いすると言った形で行っていました。

これまでにも同じような方法を利用したことがあって、そのときにはすぐ恋人ができた経験があるので、今回も簡単に終わらせられるだろうと思っていました。

しかし、結果的に数か月間を経過しても、恋人ができないままでした。

そこで、もう少し本格的な活動をしなければいけないと思うようになり、婚活サイトや結婚相談所を利用し始めました。

とにかくこの段階では非常に焦っていたので、専門的なサポートを受けることができる環境を手に入れた方が良いと考え、まずは結婚相談所に登録をしました。

入会金などの費用は、けっして無視できるものではありませんでした。

しかし、とにもかくにも出会いのチャンスを増やさなければいけないと思っていたので、結婚相談所に入会して、半強制的に異性と出会えるチャンスを作ろうというのが目的でした。

入会後、数日ほどで最初の紹介を受けることができたのですが、残念ながらその人は人間性の部分で折り合いませんでした。

それ以降は、月に1~3回ほどの紹介を受ける形でしたが、実際に会うことになったのはわずか1名だけでした。

というのも、「ステータス」における条件はクリアできているような人物だったのですが、その他の部分がどうしても折り合いません。

もしくは、折り合いそうになかったので、会わずに終わってしまった紹介がたくさんありました。」

「交際する相手が決まらない限りは成婚料が発生しないものの、毎月の会費は発生します。

月に何万円も払っているわけではないものの、結果が出ないものにお金を払っていることが嫌になったこともありますが、結局は半年ほどでやめてしまいました。

そして、次に取り組んだ方法こそが「婚活サイト(ネット婚活)」です。

婚活の方法といえば、結婚相談所や婚活パーティーが有名ですが、今はネット婚活をする人もかなり多くなってきているようです。

インターネット上には、以前から男女の出会いをサポートするサービスがいくつもありましたが、過去のそれらは積極的に利用することがはばかられてしまうものが大半でした。

いわゆる「出会い系サイト」は、過去にさまざまな問題が発生した経緯があることから、良識ある人ならば必然的に敬遠するサービスと言えたでしょう。

しかし、現在は違っています。

出会い系に端を成しているサービスは多いですが、現在は「会員制」となって月会費を払ってサービスを利用するものなのが主流です。

特に、大手SNSなどが運営する婚活サイトなどもあるため、非常に安心してサービスを利用することができます。

結婚相談所を利用しているときには、自分で何かをするわけでもなく異性を紹介してもらうことができましたが、婚活サイトの場合は自分で活動をしないときっかけを得ることすらできません。

ただ、費用も結婚相談所と比べて格段に安く、さらに多くの人と出会えるチャンスがある分だけ魅力が大きいように感じました。

今はまだ数人の女性と会っている段階ですが、この調子なら自分に合う人が見つかるのではないかなと思います。」

 

婚活サイトは自分で積極的に活動する必要がある

婚活をしている方の中には、「まさか自分が30過ぎまで独身のままだとは思わなかった…」と悩んでいる方がたくさんいます。

いつかは自然に結婚できるだろうと思っていても、なかなかそういった縁もなく、社会人になってからの出会いのなさに困り果ててしまうからです。

30代の独身の方には、男女に限らず1年以上恋人がいないという人が4割以上にもなる、というデータもあります。

それぐらい長い期間恋人ができない、30歳を超えて時間もないとなると、どうにかしなきゃと婚活を始めるようになります。

その中でも現在はスマホが普及しているので、ネット婚活を始める方が多くなってきています。

大手の婚活サイトを使えば、どの地域でも相手探しに困ることはないでしょう。

ただし、婚活サイトは自分から積極的に活動しなければなりません。

男性も女性もプロフィールをしっかり書くことと、顔写真を載せておくことは必須です。

そうしなければなかなかマッチングしませんし、アプローチされることもなくなってしまいます。

なるべく詳しくプロフィールを書いておけば、自分と価値観が合う相性のいい相手ともマッチングしやすくなります。

 

「自分が希望する相手を簡単に探すことができます」30代前半 Iさん

「20代は、恋愛を楽しみつつ仕事に全力投球していたので、結婚を考えることはありませんでした。

自分のキャリアを捨ててまで結婚したいとは思わなかったのです。

しかし、32歳になり会社での地位も安定してきて、経済的にも余裕が出てくると、良い相手を見つけて社会的にも安定した立場を確立したいと考えるようになったんです。

男性が多い職場にいた頃は、恋人に困ることはありませんでした。

しかし、現在勤めている会社は女性が多く、男性との出会いがありません。

そのため、ここ数年は恋人がいない状態でした。

同僚の女性が、婚活サイトを活用していることを知り、私も登録してみることにしました。

インターネットで調べてみると、婚活サイトの数が多いことに驚きました。

セキュリティの面で心配なサイトは削除していき、実績が豊富で評判が良いサイトをいくつかピックアップして絞り込んでいきました。

「最後に残ったサイトは、大手の婚活サイトで、とても有名なサイトです。

プライバシーを守ることができて、安全性が高いというのは基本ですが、サービスが良くてサポートが厚いサイトを選びました。

私が選んだサイトは、希望の条件で相手を探すことができ、良い人がいれば運営からの紹介もあります。

ですから、多くの選択肢の中から相手を選べるようになっています。

男性も女性も、職業や収入などによって条件があるため、自分が希望する相手を簡単に探すことができます。

私は、自分が高収入なので、自立した社会人として並みの収入があれば、相手の経済状況はそれほど気にしませんでした。

それより、趣味や価値観が合うことが大きな条件でした。

実際に会う前に、パソコンやスマートフォンで様々なやり取りが可能で、相手とメッセージをやり取りする中で、価値観などを確認できます。」

私の場合、かなり気合を入れた詳細なプロフィールにしていたので、全国から多くのアプローチがあり驚きました。

魅力的な相手に出会えたのは、婚活サイトを利用し始めて2週間くらいたった頃です。

私は一時期、音楽家を目指していたことがあります。

結局プロにはなりませんでしたが、アメリカの音楽学校に通っていたことがあり、偶然同じ学校に通っていいることが分かりました。」

「彼が通っていたのは、私よりもずっと前でしたが、この話題でかなり親しみを感じるようになりました。

その男性も、プロにはならず、日本に帰国してから外資系の証券会社で働いていました。

収入は私よりも良かったですが、浮き沈みが激しい業界らしく、今良くても数年先はどうなっているかわからないと言っていました。

とても魅力的な人だったので、親しく付き合ってみようかなと思いつつ、もう少し様子を見ることにしました。

また、もう一人気になる人がいたので、メッセージのやり取りをしてみました。

その人は、幼少時よりバイオリンを習っていて、音楽に詳しい人でした。

クラシックだけでなく、ジャズにも造詣が深く、メッセージのやり取りだけでも、人間性の深さがわかるような相手でした。

しかも、医師で顔もかなりイケメンです。

イケメンの医師なら、婚活サイトを利用しなくても、相手なら引く手あまただろうと思って聞いてみたところ、女性は多いものの仕事が激務で、恋人を作って楽しむ環境ではなかったそうです。

甲乙付けがたい男性に立て続けに出会い、私は非常に困ってしまいました。」

医師の男性は、強烈にアプローチしてくる女性が多い中、私はさばさばとしているので気に入ったそうです。

私は、仕事は鬼なのですが、仕事以外だとのんびりしていて、かなり天然です。

そこが気に入られたようです。

医師の彼はかなり強烈なインパクトがあったのですが、最終的には証券会社の男性とお付き合いすることになりました。

まわりの女友達からは、もったいないとブーイングされましたが、インスピレーションに従いました。

何回かデートしてみて、インスピレーションに従って良かったと思っています。

はじめは、婚活サイトって怪しいと思っていたのですが、素晴らしい出会いを提供してくれて、ものすごく感謝しています。

このままいけば、今の彼と結婚することになりそうです。」

 

婚活サイトで初めて会うときは、短めのデートにすること

婚活サイトを選ぶときは、大手が運営していて知名度が高いところを選びましょう。

大手のほうが会員数も多いし、安全性もしっかりしています。

どの婚活サイトでもだいたいの機能は同じですし、会員数が多いほうがより自分が希望する条件の相手を見つけやすくなります。

初めて婚活サイトを利用する方は、「本当に結婚相手が見つかるのかな?」、「怪しい人にひっかかったりしないかな…」と不安になりますよね。

婚活サイトでは、プロフィール情報と写真からしか相手のことが分かりません。

なので、初めて会う前にメッセージのやりとりをしっかりして、相手が真剣に結婚相手を探しているのかどうかを見極める必要があります。

また、初めて会うときは短めのデートのほうがおすすめです。

相手がどんな人なのか分からないし、自分のタイプではなかったらがっかりしてしまいますよね。

なので、初デートは最寄駅近くのお店でランチをするか、カフェでお茶をする程度の短いデートにしておきましょう。

それで相手のことが気になったら、2回目3回目のデートをしていくようにしてください。

 

「つい先日プロポーズをしてもらいました」30代前半 Aさん

「私は地方都市から、大学に入学するために上京して、そのまま就職して今年で10年目になりました。

仕事は看護師をしていますから、職場では30歳を過ぎても独身の女性は多いので、肩身の狭い想いをすることはありません。

しかし、さすがに実家に帰ると、親戚から「結婚はまだ?」「彼氏はいないの?」「お見合い相手を紹介しようか?」などと、矢継ぎ早に質問されてしまうのでうんざりします。

それに、高校時代の友人は8割方結婚していますので、30歳を超えたあたりから、私もそろそろ結婚したいなと思っていました。

ただ、いくら女性の結婚適齢期が高齢になっているとはいえ、32歳の独身女性が合コンというのもどうかなと思います。

看護師という職業柄、職場で出会う男性といえば、既婚の医師か生意気なインターンしかいませんし、そもそも医師は看護師を女性として見てはいません。

となると、このまま出会いを待っていてもいつの間にか40代を迎え、気がつけば独り身のまま余生を過ごしているのではないかとの悪夢がよぎり、うつうつとした日々を過ごしていました。

そのようなとき、私と同い年の看護師から「婚活パーティ」に誘われたのです。

彼女も32歳ですから、私と同じく学生時代の同級生は、ほとんど結婚している身ですから、お互いに気心が通じ合う間柄ですから、思い切って参加することにしました。

私たちが参加したのは「30歳以上限定」と銘打たれた婚活パーティです。

ところが、男性1人当たり5分程度しか話す機会がなく、とても結婚相手を探すような雰囲気ではありませんでしたので、いい人は見つかりませんでした。」

このままでは、本当に結婚できなくなると焦り始め、ネットで結婚相手を見つけた女性の体験談を次々とチェックしているうちに「これだ!」と思えたのが「婚活サイト」でした。

最初は、出会い系サイトとの違いがわからず「騙されたらどうしよう」「結婚目的でない男性がいるのでは」と疑っていました。

しかし、運営会社が有名な会社であったこと、体験談とともに幸せそうな写真が数多く掲載されていたことから「これなら信用できそう」と思えるようになりました。

それに、時間の不規則な看護師にとって、深夜でも好きな時間に婚活できるのも魅力でした。

婚活サイトといっても、実に様々なサービスがあるのですが、私が選んだのは大手企業が運営しているサイトで、私でも名前くらいは知っているところであることが決め手となりました。

会員数はそのサイトも多いのですが、実際やはり、初めてのことなので、どうすれば自分が理想とする男性と出会えるのかわかりませんでした。

会員登録はとても簡単でしたが、本人確認のために免許証や保険証の写真提出があるのには驚きました。

後から、二重登録や不正利用を防ぐための措置だと聞いて納得しましたし、安心できるなと改めて思いました。

さて、実際に入会して数日が過ぎたのですが、あまりにも男性からのアプローチが少ないのにびっくりしました。

私は登録と同時に、たくさんの男性からアプローチがあると思っていたので、拍子抜けしてしまいました。

よくよく考えてみると、男女とも会員数が多いので「待ち」の姿勢では、理想の結婚相手を探すことはできませんし、何より、私のプロフィールに問題があることに気づいたんです。

「婚活サイトに入会したと同時に、自分のプロフィールを作成するのですが、非常にたくさんの項目を記入することになります。

生涯のパートナーを探すのですから、今思えばプロフィールを充実させることは当たり前のことですが、当時は仕事が忙しいこともあり、多少手を抜いてしまっていたのです。

男性側からしてもプロフィールの記載が少ない女性よりも、しっかりと記入している女性のほうが、どのような人なのかイメージできますから、アプローチしやすくなります。

また、積極的に自分でも工夫していかないと、男性から気づいてもらえないこともよくわかりました。

最初から、多少つまづいてしまったのですが、プロフィールを充実させると、いろいろな人からアプローチされるようになり、メールのやり取りを通じて、ある男性と仲良くなれました。

彼は、私よりも3歳年上の35歳で、外資系の会社に勤めるサラリーマンです。

彼から「会おうか」と言われて、2週間くらい返事ができなかったのですが、その間も私を焦らすことなく、気持ちが落ち着くのを待っていてくれたんです。

その彼の優しさに後押しされ、婚活サイトで知り合って1か月目に初デートに至りました。

婚活サイトに入会して知り合った彼とは、初デートから正式にお付き合いをはじめ、3か月が経過しました。

そしてついに先日、プロポーズしていただきました。

婚活を始めて2年、32歳にしてようやく結婚相手が見つかりました。

最初は婚活サイトに対して不安もありましたが、ここに入会している人は一般の方よりも結婚に対して真面目に考えている人ばかりです。

セキュリティもしっかりしていますので、私はこのサービスを利用して本当に良かったと思っています。」

 

活動期間は3ヶ月から半年くらいが目安

30歳を過ぎて独身のままで実家に帰ったりなんかすると、親や親戚から「まだ結婚はしないの?」と直接、あるいは遠回しにでも聞いてきたりするものです。

自分でも早く結婚したいと思っているのに、親から急かされるとよけいにうっとおしく感じてしまいます。

しかし、「このままいくと、もしかしたら本当に一生独身のままかも…」という不安が襲ってきます。

そういった女性にとって、婚活サイトはうってつけの婚活方法です。

というのも、婚活サイトはスマホさえあれば、すぐにでも結婚相手探しができるようになるからです。

婚活パーティーは参加予約をして、当日は綺麗めに見える服とメイクをしなければなりません。

結婚相談所は登録した支店まで毎回通わなくてはなりませんし、入会費も月会費もかなり高額になっています。

婚活サイトなら、Aさんのように夜勤もあるような看護師でも、自分の空いた時間に活動できるというメリットがあります。

ただし、登録さえすれば、何もしなくてもいいというわけではありません。

ちゃんとプロフィールを設定しないと、自分がどんな人なのか相手に伝えることができませんし、よく分からない人とマッチングしたいとは思われません。

真剣に活動すれば、アプローチされる人数も増えていきますし、自分に合った相手が見つかりやすくなります。

活動の目安ではありますが、だいたい3ヶ月から半年くらい利用することで、良い相手にめぐり会えるようになります。

▼まずは無料でためしてみてください▼

本当に出会いがなくて困っているのであれば、マッチングアプリのYahoo!パートナーを使ってみてください。

Yahoo!パートナーを使えば、今すぐにでも恋人探しができます。

まずは無料の会員登録をしてみましょう。

「最近出会いがない…」と悩んでいるのに使わないのは損していますよ。

登録はたったの1分で完了します。