ガッツポーズ

「もう33歳なんだけど、彼氏なしでも婚活して結婚相手見つかるかな?」

33歳というと結婚適齢期ギリギリですが、まだ間に合います。

シビアな婚活状況にはなると思いますが、積極的に行動していけば、きっと素敵な男性と出会うことができるでしょう。

ユキさん

結婚したい独身女性はこのページを要チェックよ!

ゆーじ

33歳からの婚活事情か〜

 

33歳独身女性が抱える不安と婚活の実態

最近では、結婚願望を持つ独身男性が少なくなっていることが問題視されています。

結婚することで自分の時間が少なくなることや、収入を自分のためだけに使えなくなってしまうことに対して不満を感じる男性が増えてきているためです。

その一方で、結婚にあこがれを持つ人や、今現在婚活をしている男性がいることも事実です。

とくに、33歳に足を踏み入れた独身女性のなかには、焦りと不安を感じている人も少なくありませんよね。

友達や親戚のなかでも30歳を前に結婚していく人が多く、歳を重ねるごとに結婚相手にめぐり会えるだろうかという焦りの気持ちが芽生えます。

「30歳までに結婚して子どもを産むなどのイメージがあったのに、気がつけばその年齢を過ぎている…」と悩んではいませんでしょうか?

30代で、とくに結婚に対して不安を抱き始めるのが 33歳頃です。

結婚の先に出産も考えている人であれば、高齢出産のリスクも考えてしまいます。

一般的に高齢出産は、35歳を過ぎての出産のことをいいます。

そもそも年齢を重ねると、男女ともに精子や卵子の状態が若い頃よりも受精しにくくなってしまいます。

40代の男女では、不妊の確率が60%を超えるというデータもあります。

高齢出産のリスクを考え、35歳前に妊娠するためには、33歳前後にパートナーに出会っていなければなりません。

単に結婚したいというだけでなく、将来のライフプランを考えたときに、33歳という年齢は女性にとってターニングポイントとも言えるでしょう。

最近では働く女性も増え、仕事で活躍する人も多くみられます。

男女ともに30代となれば、職場で責任のあるポジションを任されているケースもあります。

その場合、結婚や出産に対して、理解のある職場であるかどうかも、30代独身女性にとっては大切なことですよね。

それまで積み上げてきた立場や、仕事を続けながら人生のパートナーを見つけるためには、さまざまな努力が必要となります。

33歳独身女性で結婚相手を探している人のなかには、婚活サイトや結婚相談所を活用している人が多くみられます。

10~20代の若いうちは、結婚願望よりも彼氏を作ることを目標としていた人がほとんどなのではないでしょうか。

そのころの結婚へのイメージは、出会いから交際期間をへて結婚というスタイルを思い描いているものです。

しかし、歳を重ねるごとに「のんびり恋愛してる時間なんてない、、、早く結婚したい!」という気持ちになってきます。

これは、結婚や出産に対する焦りの気持ちが強くなってくるからです。

交際することで相手との相性が分かり、結婚することもあれば、残念ながら上手くいかないケースもあります。

早い段階で人生のパートナーにふさわしいかどうかを判断できれば、またあらためて婚活をすることができます。

効率的に婚活をするためには、結婚相談所や婚活パーティー・婚活サイトを活用するという方法があります。

結婚相談所は全国にたくさんあるため、登録しておくとパートナー探しをスムーズに進めることができます。

独身男性と独身女性だけが登録することができるため、相手が既婚者かどうかの確認をする手間も省くことができます。

他の出会い方では、相手に結婚願望があるかも分からないし、良さそうな男性と出会ってもすでに結婚していたら意味がありませんよね。

また、登録している年収や結婚条件を参考に、ふさわしい相手を紹介してもらえるため、聞きづらい年収についてなどの情報を事前に把握することができます。

結婚相談所への登録者のうち、男性よりも女性のほうが若干割合が高いという統計があります。

競争率が高い婚活のなかで、理想の結婚相手を見つけるためには、自分の長所や得意なことを伸ばす努力が必要です。

料理・容姿・仕事など、これだけは負けないという部分が婚活の場では魅力となります。

口先だけのアピールは、男性にも見抜かれてしまうため注意が必要です。

20代に比べれば、30代は若さで負けてしまいます。

外見だけでなく内面も恥ずかしくない人間でいることが、婚活には欠かせません。

では、ここで実際に婚活に取り組んでいる女性へのインタビューを見てみましょう。

 

「33歳独身女性の婚活事情はシビア」 30代前半 女性 Eさん

名称未設定-4

運命の赤い糸なんて言うけど、33歳の私の毎日は仕事と家の往復ばかりで、赤い糸を見つけることすらできない生活を送っていました。

実際、私が在住する市町村の総人口に比べ、25歳から49歳の男女比をリサーチした結果、

未婚率が男女あわせて約21%だったのに対して今は約30%を超え、右肩上がりに増えていることも明確になっています。

世代的に見ても、25歳から35歳の独身女性は非常に多く、結婚適齢期と呼ばれている女性が結婚できない確率はグングンと上がってきています。」

「33歳の結婚適齢期で、独身をつらぬきとおしたい訳ではないのに結婚できないのは、理由も明確になっています。

何よりも恋愛よりも仕事や趣味を優先しやすいのも、30代前半の女性たちに言える内容だと感じています。

仕事では経験が増えてくることから、仕事量も仕事の質も高く設定されるようになり、ハードワークなスケジュールをつねにこなしている毎日です。

将来の不安もあるので、仕事だけは妥協できないのも独身女性が抱える問題点だと思っています。

また、仕事でバリバリ働いていると、休日はインドア派として引きこもりがちになったり、ストレスを発散させるために、趣味に没頭することで休日が過ぎてしまいます。」

そんな毎日の中に、男性との接点はほとんど無い状況です。

職場の男性は年齢的に上司や先輩となる中年の男性ばかりで、20代や30代は別の部署に多く、

趣味を楽しむ時も女性ばかりが楽しめるような美容に特化した趣味ばかりなので男性との距離は遠いものになっています。

1日の大半を過ごす職場に出会いのチャンスが無く、つねに感じるのはモテ期が訪れればいいけれど現実はシビアなものです。

友人もいるけれど、気がゆるせる親友は結婚していてママ友との交遊や子育てなどで忙しく、なかなか男性を紹介してもらえる機会は少ないのが実情です。」

20代の頃だったらサークルやコンパなどで出会いのチャンスをいくらでも作れるのに、33歳の年齢になると年下からはオバちゃん扱いされるようになりました。

アラサーの言葉が脳裏に浮かび、積極的になれないのも問題点です。

30代前半で言えるのは待ってても出会いは来ないことで、独身女性の婚活は早い年齢からスタートするべきです。

待っていてもそうそう訪れないもので、一歩踏み出す手段として33歳の私が選んだ活動は、街コンやネット社会の進歩でインドア派の私の味方になるSNSによる新しいつながりでした。

「最近では色んなタイプの婚活イベントが開かれていて、女性では20代から30代が最も多く、男性は30代から40代が多いと感じています。

未婚率から見て、男性の方は40歳くらいにならないと結婚願望が湧いてこないのかもしれないです。

婚活イベントの席では、同年齢の男女比率は私がリサーチしたところでは約3割の男性が5歳程度は上になるケースがありました。」

適齢期だからこそ、いい人に出会いたいという願望が強いけれど、イベントによっては同世代だけで集まりたい・職種別のパーティーを開催して欲しいなど、ニーズもさまざまなように感じました。

街コンは、お一人様事情を踏まえて結婚に繋がる支援に取り組んでいるイベントで、これまでに参加した内容にはボウリングやバスツアーなどの楽しめる内容で、男性との距離を縮める内容でした。

参加費がリーズナブルであると、結婚よりも友達作りを目的としているように感じ取れました。

一次会からスタートする飲み会も、二次会・三次会は自分で積極的に参加できるシステムでしたが、

飲み食べ放題の魅力に惹かれてしまい、やっぱり飲み仲間の意識が強く出てしまい、婚活は失敗続きです。」

「結婚相談所や昔ながらの介添え人の方から紹介してもらう出会い方ですが、会員になる費用も負担になります。

また、全国区ではない相談所だと会員数自体が少なく、待ちぼうけとなりやすいのも注意したい内容です。

今も婚活中でお一人様でいろんなお店をめぐったり、男性が趣味として楽しむ事柄を自分も習得してみようと考え行動派になっています。

出会いは自分から歩みよることで作ることができるけれど、同じように大切にしたいのは自分磨きです。

性格や見た目も意識して、男性に好かれるように自分を磨くこともしっかり行いながら、本気で結婚願望があるならば、

時間を割いてでも積極的に行動に移るべきで、今まさに行動に移っています。

 

運命の赤い糸は自分で引き寄せる

はっきり言いますが、運命の赤い糸は存在します。

実際に私が結婚した相手との出会いは、運命の赤い糸だったと確信しています。

私たちは婚活サイトで出会って結婚したのですが、2人とも同じタイミングで利用していなければ出会っていなかったからです。

ここで言いたいことは婚活サイトを使えということではありません。

重要なのは「結婚するためには、自分から積極的に行動しなければならない」ということです。

家と会社の往復ばかりしていたら、運命の赤い糸も見つかりません。

どんなことでもいいので、まずは自分ができることから行動していきましょう。

厳しいようですが、仕事や趣味を優先しているようでは、なかなか結婚相手は見つかりません。

たしかに現代は女性の社会進出が増えてきているため、求められる仕事の量も質も上がってきています。

ハードなスケジュールの仕事をこなしながら婚活するのは、かなり大変だと思います。

休日も婚活をしなければならないとなると、よけいにしんどくなってしまいまそうです。

なかなかいい出会いがないと悩んでいる方にこそ、マッチングアプリのハッピーメールや、結婚情報誌で有名なゼクシィが運営するゼクシィ縁結びなどの婚活サイトをおすすめします。

婚活サイトはスマホさえあれば、家にいながら結婚相手探しができるからです。

婚活パーティーのように休日にばっちりメイクとファッションをしなくてもいいし、結婚相談所のように高額な費用もかかりません。

まさに働く女性にうってつけなのが、婚活サイトだと言えるでしょう。

33歳にもなると会社での出会いはほぼ期待できません。

同期はほとんど結婚していたり、上司はもっと年上の40代・50代であることが多いようです。

そもそも同じ職場に30代までいて、いまさら社内恋愛もありませんよね。

他には、趣味での出会いを期待したいところです。

女性ばかりが集まるような趣味ではなく、男女ともに楽しめるようなものに取り組んでみるのがおすすめです。

たとえば、山登りやジョギング・ボルダリング・フットサル・テニスなどのスポーツ系がいいでしょう。

インドアならダーツやビリヤードなどで交遊を広げていくという方法もあります。

男性を紹介してもらう機会が少ないのであれば、なおさら自分から積極的に出会いを作っていく必要があります。

33歳というと、20代からはおばちゃん扱いされてしまうこともあるでしょう。

しかし、周りの目を気にしすぎて行動できなくなってしまうのでは、よけいに結婚までの道のりが遠くなってしまいます。

そうなりたくないのであれば、今すぐ行動するべきです。

最近の傾向としては、結婚したい男性と結婚したくない男性と二極化しているような気がします。

結婚したい男性は20代からすでに結婚を意識した活動をしています。

一方、結婚したくない男性は独身生活を楽しみたいということでしょう。

とはいえ、仕事も順調にいき、経済的にも余裕が出始める30代前半から結婚を意識した出会いを求める男性もたくさんいます。

この仕事もプライベートも充実させたい、30代の独身男性を狙って出会いを探していくといいでしょう。

街コンははっきり言って、婚活には向きません。

結婚を意識して出会いを求めているわけではありませんし、真剣に出会いを求めている割合が少なすぎます。

街コンに参加するくらいなら、婚活パーティーのほうがまだ希望があります。

結婚相談所は、会費が一番のネックになりやすいですね。

どんな結婚相談所でも入会金と月会費・成婚料で30万〜40万はかかるのが普通です。

また、会員はその結婚相談所に登録している男性のみなので、それほどたくさんの男性から選べるわけではありません。

もし自分の気に入る男性がいなかったら、結婚相談所に支払ったお金をまるまる損してしまいます。

ここまで婚活の方法を紹介してきましたが、本気で結婚したいのであれば、どんな出会いの方法でもまずはためしてみることが大切です。

一人でいろんなところに出かけるのもいいですし、男性との出会いがありそうな趣味を始めてみるのも立派な婚活方法です。

出会いを積極的に作っていき、男性から魅力的に見えるように自分磨きをしていきましょう。

 

「33歳独身女、ただ今婚活中」30代前半 女性 Oさん

どうする

「結婚したいけど、まだ結婚できない33歳独身女です。

30歳を超えた位から、親や親戚から『そろそろどうなの?』というプレッシャーが始まります。

親戚の結婚式に行こうものなら、集中砲火です。

『良い人がいないのなら紹介しようか?』とか、はたまた『男に興味ないのか?』という方も出る始末です。

『誰々の娘さんは、早くに結婚してえらいねー』とか、『孫の顔を早く両親にや祖父母に見せてあげない?』と言われることもしばしば。

この為、最近では結婚式や3回忌等の催事に行くのがだんだんおっくうになってきます。

これは何も私だけでなく、多くの30代の独身女性が感じるプレッシャーです。

このようなプレッシャーは、近頃はご近所のおせっかいなおばさま方からも始まっています。

頼んでもいないのにお見合い写真をもってきたり、全然知らないおばさんの息子を紹介したりと、なんだかなーという日々です。」

私だって、結婚したくないわけじゃないんです。

今までにお付き合いした男性もいるのですが、ただ単に結婚まで至らなかっただけなのにと日々思っています。

世の中、結婚しない女性に対してまだ少し偏見というか、変な目で見ることは残っていると思います。

結婚しないことは悪いこと、結婚して子供のを生むのが当たり前という風潮です。

これは、ある意味正しいことなのかもしれません。

私自身、独身で一人暮らしをしているのですが、夜寝ている時に、ふと不安に思う事があります。

このままずっと一人きりだとどんなに寂しいだろうか、病気の時どんなに心細いだろうかと考えてしまいます。

また、友達の子供や家族と会う時は、楽しそうだなーやうらやましいと感じている自分がいるのも事実です。」

「そのため、早く結婚して子供を産んでと、親や親戚が言うのも最近は、正論だなとうなずけるようになってきました。

また、子供のためにも若いうちに出産した方が良いということも分かっているつもりです。

高齢で出産すればするほど、健常な子供を産める確率が減るからです。

そのため、今年になって本気で結婚しようと婚活を始めました。

婚活といっても何をしたら良いかと悩んでいた所、同じ独身女友達から婚活パーティに誘われ行くようになりました。

「婚活パーティは、女性の料金が安く設定されていて、パーティーも医者限定や公務員限定・年収限定といったパーティーを選ぶ事ができ、女性にとって入りやすいようになっています。

申し込みも友達と一緒に申し込んでいるんので、安心していけます。

会場も駅前の綺麗なホテルなどが使われていました。

少しの参加費を払うだけで、おいしい食事を食べることができるだけでなく、楽しいビンゴゲーム等ができます。

そして、男性との出会いが豊富です。」

「ただ、どんな男性でも良いかというとそうではないので、なかなかお付き合いまでいくことができていません。

ルックスはいいけど話が面白く無かったり性格が横柄だったり、やたらフレンドリーすぎて信用性に欠けたりとさまざまな男性がいました。

どの男性も素敵な方と思われますが、やはりパーティの数時間ですべてを判断してお付き合いというのは難しいのかなと思い、婚活サイトも使ってみることにしました。

「婚活サイトでは自分の趣味や好みなどを検索条件に指定し、パソコン上でマッチングを行い、相性が合いそうな男性を見つけることができるシステムです。

希望男性も年収や年齢等制限をかけることができるので、無駄な出会いがありません。

婚活サイトを通して、何度かお会いすることもありました。

会うときは意外と会話も弾み、それなりに楽しい時間を過ごすことができました。

初対面同士でも比較的簡単に打ち解けることができますが、そこからお付き合いまで発展することは今の所ないです。

自分が良くても相手あってのこと、自分のことが気にいられなければしょうがないことです。

そんなこんなで婚活をしながら、良き奥さんになると感じてもらえるように、料理の勉強や裁縫の勉強中です。

こういった勉強が役に立って結婚に結びつく日を信じてがんばるだけです。」

 

33歳からの婚活はとにかく時間がない

30歳を超えると、親や親戚から結婚しろプレッシャーがすごいですよね。

直接言ってくることもありますが、遠回しな表現でネチネチ責めてくるのもしつこくてうんざりしてしまいます。

最近は少なくなってきましたが、近所のおせっかいなおばさんが縁談を持ってくることもあるようですね。

お見合い写真を持ってきたり、誰かの息子を紹介しようかなどと勝手に世話を焼いてくるものです。

そういったお世話をありがたいと思う方もいるでしょうが、自分で結婚相手を選んで決めたいという方には邪魔でしかないと思います。

Oさんも結婚願望はあるようです。

しかし、お付き合いはしていたけれど、ただ単に結婚までいかなかったという認識は少々甘い考えだと思います。

もちろん結婚したいという気がそれほどないのならいいのですが、結婚して子供が欲しいというのであれば、20代後半から真剣に結婚相手探しを考えるべきだったと思います。

あえて結婚しない、別に子供もほしくないという女性がいても、何もおかしいことはありません。

独身のままで人生を謳歌している男女はたくさんいます。

しかし、将来的に結婚・出産を考えることがあるのであれば、今すぐにでも婚活を始めるべきだと思います。

子供が欲しいのであれば、35歳までには出産したいところです。

日本産科婦人科学会では、35歳以上の出産を高齢出産と定めています。

35歳を過ぎての出産は母子ともにリスクが高まるからです。

33歳で独身・彼氏なしということは、かなり時間がないと言ってもいいでしょう。

婚活パーティーは女性の料金も安く、参加条件が様々にあります。

医者・公務員・年収での限定もあるのですが、年齢での限定ももちろんあります。

正直に言えば、33歳で婚活パーティーに参加するのはかなり厳しいと思います。

というのも、婚活パーティーには20代の若くて可愛い女性が有利になるからです。

婚活パーティーは数時間で相手を決めなければなりません。

なので、会話の内容うんぬんよりも、見た目・第一印象が重要になります。

そのため、プロフィールで分かりやすい年齢と、見た目の可愛さ・綺麗さが重視されます。

男性側も年収や、見た目のかっこよさなどのステータスだけで判断されることがほとんどです。

そのため、内面が分かりにくく、意外と結婚相手候補は見つかりにくいのが婚活パーティーの現状です。

婚活サイトは年齢や年収・職業を指定して男性を探せるので、効率がいい方法だと思います。

趣味や好きなこともプロフィールに書いているので、価値観が合う人を探しやすいでしょう。

ただし、あくまでプロフィールや顔写真などは自己申告なので、実際に会ってから誠実な人かどうかをよく見極める必要があります。

ユキさん

焦らず、自分ができることからはじめることが大切よ!

ゆーじ

婚活もひとつひとつが大事ってことですね

 

結婚したい気持ちをあきらめないことが大切

頑張る

33歳という年齢になると、自分の将来に対しての不安も大きくなってしまいますよね。

仕事はこのままでいいんだろうかとか、将来のために何をしたらいいのか、その中でも結婚することに対してはとくに悩んでしまいます。

現在33歳ということは、あと2年もすれば30代後半に近付き、子供を産めるリミットについても考え始める頃です。

結婚も男性であれば、20代から40代くらいまでは猶予があると言われますが、女性の場合は20代から遅くても30代半ばまでと言われています。

婚活をあっせんしたり、出会いの場を提供する婚活サービスは数多くありますが、年齢制限が設けられているなど条件付きのところもあります。

そのため、誰でも利用できて、必ず良さそうな男性を紹介してもらえるわけではありません。

自分が理想とする年収や職業・性格の相性が合い、同じようような価値観を持つ相手を探すのは、簡単なことではないことをみなさんも十分知っていると思います。

紹介を受けて食事やデートを重ねても、交際に発展しなかったり、お付き合いすることになっても長続きしないケースもあります。

そういったことが重なると、自信がなくなってしまったり、婚活へのモチベーションが低下することもあるでしょう。

婚活を始める人は、早くて20代半ばくらいからという女性もいるので、33歳になる頃には結婚することをあきらめてしまう人もいるかもしれません。

しかし、まだあきらめてしまうのは早すぎると私は思います。

最近では、さまざまな婚活サービスがあるので、自分に合った方法を選ぶことが大切です。

婚活サイトは、自分の好きな時間に結婚相手を探すことができるというメリットがあります。

たとえば、仕事の休憩時間や休みの日を使って、気になった男性とメッセージのやりとりをして、休日に会ってみるということもできます。

ただし、直接顔を合わせているわけではないので相手のことが分かりにくく、実際に会ってみるまではどんな人なのか判断しにくい面もあります。

33歳くらいの独身女性は、さまざまな不安から疲れもたまり、自分を見失いがちです。

そこで、33歳になる独身女性で結婚への願望がある場合は、結婚相談所や婚活サイトの利用だけでなく、他にも出会いの場を広げていくことで結婚への焦りをふせぐことができます。

結婚をするために必要なことは、経済力や仕事の内容・学歴や家柄だけでなく、一生をともにできるかどうかの相性や価値観も大切です。

将来を同じように見すえることができるということは、性格や価値観が似ていると言うことです。

安定した職業についていても、病気や事故などである日突然予期せず働けなくなったり、収入が減る可能性は誰にでもあるでしょう。

そんなときでも、相性・価値観が合っていれば、二人で困難を乗り越えていくことができます。

性格が合う人を探すには、出会いの場をどんどん広げていくことが大切です。

結婚相談所や婚活サイトだけでなく、趣味での集まりや社会人サークルなど、さまざまな場所で出会いを求めていくようにしてみてください。

価値観が同じか・相性が合いそうかという点に注意しながら、出会いを求め続けていくことが、結婚への最短の近道になると言えるでしょう。

出会いは行動せずには手に入れられないため、出会いの可能性があればどんな場面でも参加して行くことをおすすめします。

タイミングさえ合えば、誰でも何歳になっても結婚することができます。

出会いを求めることをあきらめなければ、理想の相手とめぐり会えるということです。

そのためには、いつでもチャンスをものにできるための自分磨きと、そのチャンスを狙うための最低限の生活力を身につけていくことも大切です。

33歳という年齢は、結婚適齢期も終盤に差しかかる頃ですが、積極的に出会いを探し仕事のスキルを磨いたり資格を取得するなど、

自分ができることをしっかりこなしていくことで、次第に自信がつき心にも余裕が生まれるようになります。

あきらめなければ結婚はできると考えながら、前向きに毎日を過ごしてみてください。

出会いは自分が思っている以上に身近なところにもあるもので、結婚できないと思っていた人があっという間に結婚までこぎつけた、という例も少なくありません。

自分の魅力を大事にしながら、まずは自分ができることから始めてみてください。

きっと自分では思ってもみないような出会いのチャンスに恵まれることでしょう。

▼まずは無料でためしてみてください▼

良い出会いがないという方は、ゼクシィ縁結びを使ってみてください。

ゼクシィ縁結びを使えば、すぐにでも結婚相手探しができるようになります。

大手企業のリクルートが運営しているので、安心して利用することができます。

会員登録が無料なので、まずはどんな人がいるのか見てみるだけでもいいでしょう。

「早く結婚したいのに相手が見つからない…」と悩んでいるのに使わないのは損していますよ。

会員登録は3分で完了します。