花嫁1

「34歳でまだ独身・彼氏なしってことは一生このままかも、、、」

「結婚できなくて焦るんだけど、どうすればいいのか分からない…」

独身のまま気づいたら34歳を迎えてしまうと呆然としてしまうかもしれません。

しかし、これからのことを真剣に見つめなおせば、結婚することも十分に可能です。

ここでは34歳独身女性の婚活事情と結婚について、体験談を交えながら紹介していきます。

ユキさん

婚活を始めてからあっとう間に結婚できる人もいるわ。

ゆーじ

どうやって活動するかが重要ですね!

 

34歳は結婚と同時に自分自身の人生を考える時期

OL

34歳ともなると、まわりの友人達がどんどんと結婚してしまい、子どもが1人、2人い る状況になってしまい、独身女性のときのような付き合いができなくなる時期になります。

また、以前は両親からも結婚を心配して見合い話なども持ちかけられていたものの、それも気を遣われているのか、話題にすら上がらなくなるという状況に陥ります。

そうなると、それまではなんとかなるかとのんびり構えていたものの、

急に将来のことや自分自身の老後のことなどが不安になっていくというのが、ちょうどアラフォーに突入する直前の34歳という年齢の独身女性の心理状態です。

34歳となると医学的にも妊娠しにくくなるラインに差しかかるため、子どもを将来持ちたいと願う独身女性が焦る時期になります。

生殖能力の低下は年齢が上がるに従って進んでいくのと、妊娠できたとしても出産においてもリスクが高まります。

新生児の障がい発生率の高さも懸念されています。

子どもを育てる上でも体力的に不安になります。

このように、34歳で結婚できたとしても、その後の妊娠・出産・育児に対する不安を抱えることは尽きません。

34歳ともなると20代の人たちより社会を知り、経験を踏んでいることが多いのですが、それにより結婚未知の領域に対して敬遠してしまう用心深さを生んでしまいます。

まわりの友人たちからその後のネガティブな情報ばかりを聞かされ、希望や憧れも消え去ります。

それでも結婚をしたほうが良いのか1人で生きていくべきか、答えのない問題に悩んだりもします。

結婚はするべきだ、いやしないほうがよいというさまざまな情報に振り回され、落ち込む人が多いのが現状です。

自分自身が打ち込んでいた仕事に対する情熱が、影を落とし出すのもこの時期です。

体力が落ち始めますし、若い新入社員が会社の中でチヤホヤされはじめ、

自分はお局といわれる立場に追いやられ、煙たがられているような雰囲気を周りから感じるようになります。

結婚という節目によって自分自身の立ち位置をどうにかして変えたい、一新したいという気持ちにさせられます。

変わりつつある自分の立場や老いてゆく体などに気づいたとき、結婚という人生のイベントを考えなおすきっかけになるのです。

34歳の独身女性の婚活 は20代の頃とは違い、より現実的です。

配偶者には安定と安心感を求めます。

また、収入面においては、自分自身の積み上げてきたキャリアがあるため、相手には沢山を望みませんが、出産後のサポートができるかを重要視します。

配偶者の年収の額よりも、堅実かどうかを知るために貯蓄があるかどうかの方が重要なポイントになります。

また、自分自身として健康面を良好にしておくことがアピールになります。

婦人科系の検診や治療を行い不妊チェックを行うことが重要です。

速やかに子どもを授かることを目標とした努力は、この年齢での婚活では必要です。

34歳だからもう遅いとあきらめている人がいますが、決してあきらめてはいけません。

34歳という年齢は、女性として様々な経験を経ているために若い時と違って男性たちには安心感を与え、家庭に安定をもたらします。

現実的にプランをたてる能力に富み、落ち着いた生活を作り上げることができるため、魅力的だという男性が多くいます。

現実を見すえた考えを持っている男性との縁があれば、幸せな家庭を築くことができます。

夢や憧ればかりを追って非現実的な結婚をしてしまいがちな10代20代の時期よりも、ずっと穏やかな人生を送ることのできるチャンスが待っているのです。

34歳の婚活はやみくもではなく、自分自身の健康にも心がけながら、焦らずじっくりを心がけることが良い方法です。

今までの経験を踏まえていけば、出会った異性が誠実かそうでないかわかりますし、わかるようにしておかなければなりません。

真摯に向き合い、じっくりと話せる相手かどうかを見極めていきましょう。

婚活をしばらくやってみると、自分が向き不向きかも見えてきます。

向かないという人もいます。

それは重要な気付きであり、自分の気持ちを大切に尊重することも自分自身の幸せのためには大切です。

人がどう言おうが、自分の人生なんです。

自分を大切にする人が、幸せになれる人です。

 

34歳独身女性が結婚を焦る理由は出産年齢に関係している

今の時代の34歳独身女性は、まだまだ若いほうだと言われています。

見た目の印象はもちろんのこと、内面も輝いている人が多いのは仕事をしている人がほとんどだからです。

年齢的にも仕事が軌道に乗ってくるところなので、この年代の女性には仕事を生きがいにしている人も少なくありません。

ところが、中には結婚を焦っている人もいます。その理由は至って単純です。

周囲の同年代が次々と結婚をしたり、人によっては出産をしたりといったことも増えてくるからです。

一昔前までは、この年代というと、すでに何子も出産をしていたものです。

また、社会的にも35歳からが高齢出産とされています。

つまり、あと1年で高齢出産になってしまうわけです。

すぐに妊娠をしても、出産をする頃には35歳になっているかもしれません。

このような理由から、焦りを感じてしまうのは当然のことと言えます。

仕事が順当でとくに結婚願望がないという人はまったく気にしていません。

ところが、仕事もしつつ結婚もしたいと考えている人や、まして出産もあきらめたくないという人などは、焦りを感じ始めた方がいいのかもしれません。

後者の場合、すぐにでも婚活を始めることをおすすめします。

そもそも、お付き合いをしている人が居るのなら問題ありません。

後は、どのようにして結婚のタイミングを図るかというところです。

出産年齢が気になるのなら、思い切って彼氏に相談してみることをおすすめします。

当然、女性のみならず、男性に子どもを持つための年齢制限はあるものだからです。

若ければ若いうちに子どもを持った方がリスクも少ないと言われています。

結婚するかどうかはさておき、お付き合いをしている相手もいないという人は、まず、お相手探しからでも始めておくと安心です。

トントン拍子に行けば、スピード婚も夢ではないからです。

そのためにも、婚活サイトを利用するなど、利用できるものはどんどん利用していきましょう。

最近は婚活サイトを筆頭に、 婚活を推進する様々なイベントが各地で設けられるようになってきています。

場合によっては自治体が率先してイベントを主催していることもあるので、いろいろと情報を収集してみるといいかもしれません。

参加できるものは積極的に参加していきます。

34歳の独身女性にも、結婚願望のある人とない人がいます。

ある人はあきらめることなく、積極的に行動に移すことが大切です。

動かなくてもいつか白馬の王子様が現れるということは、滅多にありません。

というのも、最近は男性の方が積極性のない人が増えてきていると言われているからです。

草食系男子という言葉が生まれたように、一生独身でいいと思ってい る男性も少なくありません。

また、成人式を対象に成人した男性にアンケートを取ると、これまで異性と交際をしたことがないと回答する人の数が、年々増えてきています。

このような理由から、今の時代は女性から動かないと結婚相手を見つけることはできなくなってきています。

どうしても結婚をしたいという人や、早く子どもを産みたいという人は、婚活を始めるべきです。

周囲の身近な人たちに婚活をしていることを知られたくないという人もいます。

この場合には、婚活サイトを使うと効率的です。

これらの婚活サイトやマッチングアプリは、スマホさえあればすぐにでも結婚相手探しができるのがいいところです。

ただし、悪質的なサイトもあるので、しっかりと確認してからの登録してください。

登録は本名でも、会員とのやりとりはハンドルネームで行えるサイトもあ ります。

また、メールのやりとりも自身のメールアドレスではなく、そのサイト内だけで使えるメールアドレスでチャットができるといったものもあります。

このようにして、無理のない範囲で活動していくことがポイントです。

メールのやりとりをする時間がなかったり、面倒に感じたりする人は、とりあえず婚活イベントにだけは参加するというのもいいかもしれません。

例えば、お見合いパーティーを定期的に開催している婚活サイトもあります。これなら、都合が合えば参加できるので、効率的です。

気に入った相手とラインなどを交換し、そこから交際を始められます。

一気に急展開となることもよくあるので、手っ取り早く交際を始めたいという人におすすめです。

「でも、どの婚活サイトで始めるのが一番いいんだろう…」

「婚活初心者にもおすすめなところって、何かないかな?」と悩んでいる人もいることでしょう。

そんな方には、ゼクシィ縁結びをおすすめしています。

ゼクシィ縁結びを使えば、今すぐにでも結婚相手を見つけることだってできるんです。

実際、私もなかなかいい出会いなんてないと悩んでいたのに、たった2ヶ月で結婚相手との出会いがありました。

そんな運命の出会いを作ってくれたゼクシィ縁結びには、4つの特徴があります。

  • 結婚情報誌のゼクシィで有名な大手企業リクルートが運営
  • 登録無料・成婚料も0円
  • 婚活サイト初のお見合いコンシェルジュが初デートをサポートしてくれる
  • 相性がいい、価値観の合う人が見つけやすい

さらに、ゼクシィ縁結びは大手企業のリクルートが運営しているので、セキュリティとデータ管理がしっかりしています。

最初は「婚活サイトなんて、良い出会いがあるわけないじゃん」と私も思っていました。

ところが、ためしにゼクシィ縁結びを使ってみたら、素敵な相手と出会えたことに自分でもびっくりしています。

今は子供もできて、あわただしくも家族3人で毎日幸せに暮らしています。

あのときゼクシィ縁結びを使うことができて、本当に良かったです。

まずは無料で会員登録をしてみて、どんな人がいるのかためしてみてください。

きっとあなたにも素敵な結婚相手が見つかると思います。

ゼクシィが運営している婚活サイト「ゼクシィ縁結び」

 

「独身女性の婚活に対する焦りは34歳がピークに…」 34歳 会社員 Kさん

Print

「30歳、周囲の友だちは結婚どころか子どもも産み、集まって話す話題といえば子どもか保険の話、

うるおいが足りないと言いながらも、確実に自分より充実しているであろう毎日を耳にして鬱々とする、そんな日々でした。

自分はなんと遠くまで来てしまったのだろうとつい遠くを見つめ、もうちょっと頑張ろうかな、そんな風に自分を鼓舞して数年が経ちました。

そして三十代前半はまだ余裕のあった心も、歳を重ねるごとにギシギシときしみ、

四捨五入一歩手前の34歳目前ともなると窒息寸前、焦りはピークに、自然と友達と会う回数も減ってしまいました。」

「婚活は早いんじゃないか、まだ自然な出会いを期待できるんじゃないか、そう思いたい自分がいます。

その一方で、もう形なんて気にしないでなりふり構わず出会っていかないと、

結婚なんていつまでも叶わぬ夢で終わってしまうと、現実的な白旗を振っている脳内の自分とのせめぎ合いが続きます。

そして34歳、後者の自分が 勝利をおさめました。

34歳の重圧は、地味ながらもハードな重石となっていたのです。

あの時結婚していれば、、、あの時子どもを産んでいたら、、、そうなっていたであろう未来を体現している夫婦や親子を目の当たりにします。

そのたびに、自分は今まで何をしていたんだろうと凹み、ついには自己内省まで。

34歳恐るべし、です。

そうしてやっと踏み出した新たな一歩が婚活でした。」

「しかし、現実はここでも厳しかったです。

三十代なんて女の盛りじゃないか、独身女性なら引く手数多でもてるだろう、婚活すれば相手なんてすぐだ、と言われました。

でも言われるだけで、男性と親しくなって会話やデートを重ねた先に、必ず結婚が見えてくるのかというのはまた別の問題でした。

親しくなって付き合ったとして、それが三十を過ぎた”女”の価値を認めてくれる人であっても、イコール”結婚相手”と即座に考えてくれるわけではありません。

つまりそこには、私の人間としての魅力の問題があったのです。

独身女性には独身女性たる理由、つまり私が今まで結婚できなかった理由がぬりかべよろしく立ちふさがっていました。

これには大きく反省しました。」

「そして私は傷つきながらも学びました。

今回の婚活は見事な失敗に終わりましたが、学んだものは大きく、後に生かせる経験になったと、思っています。

そして、その先に小さな幸せがくっついていれば少しは報われるかな、と懲りない私は思っているのです。

そもそも、結婚はみんなしなければいけないのでしょうか?

仕事や趣味が生きがいになってはいけないんでしょうか?

それを楽しいと思えるのなら、誰にも迷惑をかけていないのなら、一生独身を貫いてもいいのではないでしょうか?

そう強く思い始めたのが34歳という年齢だった気がします。

独身女性というキーワードに過敏になったり、婚活をすることに強い抵抗を覚えたり、 そこに参加していない自分を守るように否定を楯にする34歳。

冷静になって考えれば、過剰に意識しているからこその反動であることはわかりきっています が、

当時の私はただ、反発だけを強めてそういった場から距離をとってさえいました。

「人と出会わず、付き合いも控え、ひとりに籠る。

今となっては、なぜそんなことをしていたのか理解に苦しむような行動ですが、ただただ怖かったのだろうと今では反省しています。

ただ、元々他人が苦手で、友人もそれほど多くない、そんななかで伴侶を見つけ、

添い遂げる約束をするというのは私にとってはなかなかのハードルでした。

まして、それはその場限りの口約束ではなく、書類を交わし公的に認められる関係であり、一生ものの結束とも言えるでしょう。

そこまで重く受け取らなくても、、、とフォローしてくれる人もいましたが、私にとって結婚とは、夫婦関係とは、そういうものであるべきだという思いは強いです。

それを守れないのならば結婚もすべきではない、という貞操観念は絶対的な信念ともいえるものだったのです。

今でもそれが全くないわけではありません。」

「ただ、34歳という年齢を前に揺らいでいるのも事実です。

好きな人と結婚する人生、子どものいる人生、孫を親に見せることや、家族で旅行をすること、そういったあり得るかもしれない未来を考えるときに自分の心がどう動くのか。

それを想像した時に、冒頭の答えは呆気なく出ました。

「結婚の義務はない。

仕事や趣味が生きがいでもいい。

でも、私はそれ以上に楽しいことを結婚の先に夢見ている」。

34歳という年齢は、いろいろな問題が頭をかすめます。

何よりも子ども、そのあとの子育てに使う体力、気力、そして一生続く伴侶との関係。

不安要素は挙げればキリがありません。

それでも私は、その先に夢を見てしまうのです。」

 

後悔するくらいなら思いっきり行動してみる

30歳も過ぎてくると、友達も結婚して、さらには出産もしてお子さんがいる人も多くなってきますよね。

そうなると、友達同士での話題も子供・家庭・旦那の話が中心になってくるかと思います。

そんな中で一人独身のままだと話についていけない、取り残されたような気分になってしまうものです。

そして、30代前半を過ぎて、30代半ばになるといよいよ焦ってしまい、家庭のある友達とも疎遠になってしまうのはさみしいですよね。

正直に言ってしまうと、34歳でまだ自然な出会いを期待しているようでしたら、失礼ですがかなり鈍感だと思います。

はっきり言って、出会いのきっかけなんて、なりふりかまわず見つけるようにすべきです。

出会いのきっかけなんてなんでもOKです。

きっかけはしょせんきっかけにすぎず、大事なのはいかに自分と相性の合う相手を見つけることができるかどうかが重要です。

私が結婚相手と出会ったきっかけは婚活サイトですが、結婚観や相性はばっちりです。

もしあなたがKさんのように悩んでいるとしたら、今すぐにでも婚活をスタートさせましょう。

それでもまだ十分間に合います。

とはいえ、簡単に言葉にするほど現実は甘くもなく、厳しいものがあります。

34歳にもなると女としての魅力をばっちり磨いておかないと、なかなか結婚できるものではありません。

若いときは女の若さで勝負できますが、30代半ばの女性では若さで勝負はできません。

代わりに、女性としての完成された美しさや人間としての深み・魅力が必要になります。

それがなければ結婚への道は遠いものになってしまうでしょう。

ただ、Kさんの言うとおり、結婚だけが人生のすべてではありません。

仕事や趣味を生きがいにして、独身貴族を謳歌するのもいいでしょう。

ようするに、自分が幸せに感じるかどうかが重要です。

世間体ばかりを気にして、独身女性ということに敏感になる必要もありません。

婚活がつらいのなら、やめたってかまわないとさえ思います。

しかし、それで一人孤独に生きていこうとするのはいかがなものでしょうか。

先のことをあれこれと考えて不安を抱えているよりも、「今からでも結婚してみたい!!」と思うのであれば、あきらめずに結婚相手を探してみるのがいいと思います。

絶対に結婚できるという保証はありませんが、それでも行動してみる価値は十分にあります。

一度きりの人生ですので、自分が後悔しないように全力で過ごしてみることをおすすめします。

 

「34歳の独身女性が結婚をつかんだはじめの1歩」 34歳 ネイリスト Iさん

花嫁2

「20代の頃の私は“結婚”というものに対して、ほとんど全くといっていいほど興味がありませんでした。

なぜなら、高校時代から10年以上交際していた彼氏がおり、何となくこのままこの人と一生一緒に過ごすのだろうと、何の根拠もないままに信じて疑っていなかったのです。

しかし、私が29歳となったある日「他に好きな人が出来たので別れてほしい」と彼氏に言われ、13年近くに及んだ関係はあっけなく終わってしまいました。

その当初は激しく落ち込み、かろうじて仕事はこなしていたものの、他は全く手につかず、夜は家で1人泣きながらビールを飲む毎日が続きました。」

「そんな私を救い出してくれたのは、同じ職場で働く同期のユキ(仮名/29歳)です。

彼女は会社内でも有名な“婚活マニア”で、私も度々お見合いパーティー やら婚活パーティーへのお誘いを受けていました。

しかし、上述したように彼氏がいた頃の私は結婚に対して関心が無かったので、お断りしていました。

そんな彼女に彼氏との破局を報告すると「じゃあ次の婚活パーティー、一緒に行こうよ」と目を輝かせながら誘われました。

そのときは、正直そんな気にはなれなかったのですが、お断りする理由もなくなってしまいました。

また、参加費も500円程で特に会員登録などの必要が無い、気軽に参加出来そうなパーティーだったので、気晴らしも兼ねて参加してみることにしました。」

「当日は午後1時からパーティーが始まるとのことでしたので、その前にユキと待ち合わせし、ランチを食べながら婚活パーティーでの注意点などを聞きました。

まずこのパーティーの男性参加者は全員が30代で大卒、年収700万円以上の方のみが集まるということ。

次に今回は男女比が15:15のパーティーであり一気に15人の顔を覚えることは出来ないので、

最初の自己紹介タイムのときに相手の容姿や気になるポイントをメモしておくこと。

さらに、男性はどうしても若い女性に走るが、あきらめずに攻めることなどを伝授されました。

私は筆記用具を忘れてきてしまったので、ユキはそれを予想していたかのごとく3色ボールペンを貸してくれました。」

「ちなみに、ユキはかつてこうしたパーティーで知り合った男性と2度程結婚を前提としたお付き合いに至ったそうです。

しかし、義両親となる方の介護の問題や 仕事に関する考えの違いから、結婚まではいたらなかったそうです。

ユキの案内するままに到着した会場は、何処にでもあるような10階建て程度のオフィスビルでした。

“パーティー”という響きから、何となくホテルの宴会場のような場所をイメージしていた私は少しガッカリしてしまいました。

ユキいわく「婚活パーティー は“パーティー”と名が付いてはいるが、ようは“出会いの場”でしかないので、会場そのものにこだわる必要は無い」とのことで納得しました。

「実際の会場も少しオシャレな会議室のような場所に、男女が向き合って座る椅子とテーブルが用意されているだけの簡素なものでした。

そして、私達は受付でプロフィール用紙と番号札を受け取り、記入後に提出した後15分程でパーティーがスタートしました。

まずは1人につき3分の自己紹介タイム、そこでの印象カードの受け取り(自己紹介タイムで私に好印象を抱いてくれた男性の番号を知ることが出来ます)、

5分のフリータイム×2セット、カップル発表という次第に進みます。

しかし、私はなかなか上手く男性との会話ができず、フリータイムでは完全に浮いていたと思います。

ユキに助けを求めようとしたものの、彼女は気に入った男性に猛アタックしており私のことどころではなく、そのまま終了となりました。

当たり前ですが、私は誰ともカップル成立しませんでした。

ちなみに余談ですが、ユキは見事カップル成立し、この1年後にそのお相手と結婚しました。」

残念ながら、私にとって最初の婚活パーティーは失敗に終わりましたが、これがキッカケとなり、私は自分磨きに精を出すのと同時にあらゆる婚活パーティーに参加しました。

やはり若い女性に走る男性を見て焦りを感じたのだと思います。

ギリギリ20代の今結婚しないと永遠に独身かも…なんて考えたりもしました。

しかし、時間は残酷であっという間に私は30歳になりました。

しかし、それでもジムに通ったりエステサロンに行ったり、料理教室にも参加し、年齢 の高さをカバーする努力を重ねました。

その結果、昨年34歳の春に、その数ヶ月前の婚活パーティーで知り合った商社に勤める40歳の男性と 結婚することができました。

今はとても幸せな毎日を過ごしています。

独身女性の皆様、年齢で結婚をあきらめないで下さい。

年齢をおぎなう努力をすれば、必ず結果は出ます。

もちろん今20代の方は現状に甘えず、年齢を武器に出来るうちに婚活することを強くおすすめ致します。」

 

婚活パーティーは戦場!戦略と慣れが攻略のコツ

13年間付き合っていた彼氏に突然フラれてしまうのが相当にキツいですね。

というか、13年も付き合ったら、Iさんのように「もう結婚するだろうな」って思いますよね。

それがいきなり別れてしまったのでは、簡単には立ち直れないでしょう。

Iさんのように、長年付き合っている彼氏がいるのであれば、タイミングを見計らって結婚話を持ちかける必要があります。

そうでなければ、男はなんとなく「このままでいいや〜」となってしまいがちだし、Iさんのパターンのように冷めてしまい、浮気される可能性も出てくるからです。

そうなる前に結婚を迫ったほうが安泰できるでしょう。

とはいえ、別れてしまったのなら仕方ありません。

そこから婚活をして結婚相手を探すべきでしょう。

Iさんは友人の誘いで婚活パーティーに参加してみたようですね。

婚活パーティーはいろんな条件で参加者を募集していますし、参加費用も安いものから高いものまでいろいろあります。

気軽に参加してみるのもありだと思います。

Iさんの友人は婚活パーティーに慣れているようで、婚活パーティーにおけるポイントを伝授してくれたそうです。

婚活パーティーに初めて参加したときは、Iさんのようにあまり上手くいかないことがほとんどです。

というのも、婚活パーティーにはライバルがその場にいるので、まさに戦場と化しています。

良さそうな男性がいれば、内心は女同士取り合い合戦になります。

男は男で、若くて可愛い女性がいれば、そこに一点集中してしまうからです。

その中をかき分けて、自分が目当ての男性を勝ち取るには相当の戦略と慣れが必要になってきます。

婚活パーティーは若くて綺麗な女性が有利になる婚活方法なので、個人的には30代の女性にはあまりおすすめしていません。

しかし、Iさんのように自分磨きを頑張れる人は、婚活パーティーに参加してみてもいいでしょう。

そのほうがモチベーションの維持にもなるというのなら、それもありだと思います。

Iさんのおっしゃる通り、年齢で結婚をあきらめるのはもったいないです。

年齢をカバーできるように自分磨きを頑張り、婚活を続けていけば素敵な結婚相手に巡り会えるはずです。