婚活サイト自己紹介

「37歳で独身ってヤバいかな…」

「アラフォーで恋愛するにはどうすればいいの?」

このページでは、37歳独身男性の恋愛・結婚事情について書いてあります。

 

出会いを探すのは難しいが、女性からすると魅力的な部分もある

結婚をすることは年齢によって対応が変わりやすく、とくに女性の場合は出産があるので早めにするべきだという意見はあります。

それに対して、男性の場合は自身が子供を産むわけではないため、ある程度の年齢になっても独身のままの人は多いです。

37歳独身男性の場合は、誰かと一緒にいたいという考えはありますが、いい相手がいないという人がよくいます。

この年代の場合結婚への願望はあるのですけど、同時にもう無理だと考えている人も少なくありません。

パートナーを探すときは女性よりも年齢を気にする必要はありませんが、それでも40歳近い年代だと簡単には見つけることができなかったりします。

そういうことがあるのでできれば相手を探してみたいけど、実際には見つからないだろうと考えているのではないでしょうか。

そのため、あまり積極的に恋愛などをしない人が多く、婚活などもこの年齢に近くなるとしないが増えてきてます。

ただ、この年代はある程度安定した収入を得ていることも多いため、実は女性から見ると魅力的な所があるんです。

そのため、女性からするとこの年代の人にアプローチしてもらいたい、という考えを持っている人も意外と多かったりします。

そういう気づかない事実があるので、37歳独身男性でもパートナーは見つけることはでき、工夫をすれば彼女を作ることはじゅうぶん可能です。

この年代の男性は一人で暮らすことに慣れてしまっているため、そういう生活が変わることへの不安を持っていたりもします。

新しい出会いに不安を感じることが多く、変化を起こすくらいならばそのままのほうが良いと考える人もいるのではないでしょうか。

こういう引っ込み思案なところが37歳独身男性にもあったりするので、あまり積極的に出会いを作ろうとしないことも多いです。

以前はある程度の年齢になると、上司のすすめや親族からの意見で、結婚相手を見つけることがよくありました。

しかし、今は世話を焼いてくれるような習慣は少なくなっているため、積極的なアプローチをしないままでは相手が見つからないことが増えています。

この年代の男性は相手を探したいという気持ちがないわけではなく、探したいけど見つからないと悩んでいることもあるでしょう。

恋愛などに対して積極的ではありませんが、結婚願望そのものは持っている人も少なくありません。

37歳独身男性の結婚に対する考えとしてあるのは、どうしても相手を見つけたい人とそうでない人がいます。

どうしても相手を見つけたいという方は積極的に婚活をしますが、そうでない方の場合は見つからなくても良いと考える人が多いです。

誰かと一緒に暮らす生活は楽しいところもありますが、同時に問題が起こりやすい欠点も持っています。

そのようなところがあるので37歳独身男性の場合は、そのどちらかを選ぶかで判断が分かれやすいです。

これがもっと若い年代の場合はパートナーを探すことに積極的になるのですけど、この年代になるとある程度慎重になります。

また、37歳独身男性の考え方は周囲の環境によっても変わりやすく、周りが結婚していないと自分も独身で良いと考えることがあります。

このようなことは男性の多い職場だと起こりやすく、そういう既婚者の少ない所で働いていると独身になりやすいです。

ただ女性に比べて条件がゆるいとはいえ、男性もある以上の年齢になると相手を見つけるのが難しくなります。

この年代で彼女がいない独身男性はもともとあまり興味がないか、彼女はほしいけど出会いがないかの、2つの傾向に分かれやすいです。

37歳独身男性は新しい出会いを作り、相手を探すのが難しいということも自覚しているはずです。

その結果、あきめてしまうか頑張るかは本人の性格によりますけど、周囲の環境によっても判断は変わってきます。

また、他の理由としてあるのは経済的な余裕ができて、パートナーを必要としなくなるということもあります。

この年代の人は安定した収入を得ているため、一人でも十分に生活ができるようになっています。

そのため誰かの支えを必要としませんから、その影響であまり積極的にならない方もいます。

37歳独身男性は結婚に対する願望はあるのですけど、それを無理にしなくてもよいのではと考えている人が多いです。

 

恋愛・結婚がしたいのではあれば早めの行動が肝心

結婚というのは、男女の関係なく強く意識する時期があります。

仕事を覚えるのに夢中な20代の独身男性は、結婚そのものを考えている余裕がありません。

30代前半くらいから、仕事にも余裕が出始めてようやく意識することもあるくらいでしょう。

そして今風に言うとアラフォー世代の37歳あたりが、一番結婚に関する意識が強まります。

これは自分自身だけではなく、周囲の環境や奨励が大きい影響力を及ぼすからです。

つまり、同期で同じ独身男性だった仲間たちが、既婚者になってしまうということもあります。

それまでは独身男性同士で気楽にあった、飲み会なども行われなくなります。

気付けば同じ職場に、独身男性は自分だけといった寂しいことになりかねません。

37歳というのは結婚を意識するには、遅くはありませんが決して早いとは言えない年齢です。

結婚を意識したのなら、なるべく早めに行動していくことが大切です。

決意を固めたら素早く対応することが、結婚への近道になります。

まずはどんな形で、結婚するための活動をすべきかを考えます。

昨今ではお見合いを世話してくれる親戚の存在はなく、その代わりに多くの婚活サービスがあります。

その多くは会社や企業が運営と管理を行っていますが、中には自治体が取り仕切っている場合もあります。

企業が運営している婚活サイトは、月額3000円前後で出会いを作ることができます。

婚活サイトの中で人気が高いのが、スマホで手軽に出会いが作れるマッチングサービスです。

多くの婚活サイトで導入されているこのシステムは、最初から互いの希望が一致しているので結婚まで一気に進むこともあるのです。

たとえば、結婚情報誌で有名なゼクシィが運営するゼクシィ縁結びや、マッチングアプリのハッピーメールなどがおすすめです。

また、晩婚化が進んでいる現代では、自治体による婚活推進の活動も盛んに実施されています。

市や町ぐるみで開催されている街コンなどもあるので、友人と参加するのもよいでしょう。

自治体で取り仕切っている場合の費用は、実費のみというものもありお金をかけたくない独身男性にはおすすめになります。

どちらを選ぶかは自分自身の考え方次第ですが、企業が主体となっている方がサービスが充実していて、バリエーションも多いです。

もうひとつ、婚活で多いのが、婚活パーティーやお見合いパーティーの名称のパーティー形式になります。

婚活パーティー形式は大多数の男女が集められるので、選択の幅は広いのが長所です。

しかし、人見知りが激しかったりすると、集まった初対面の人に臆したまま終了してしまいます。

比較的初対面でも社交性の高い女性に比べると、男性は恥ずかしがる人が多いのです。

こういった場合の対策としては、一人で参加せずに仲の良い友人を誘うと上手くいくでしょう。

もちろん一人で参加しても、それなりに対策すれば大丈夫です。

パーティーに慣れていないからといって、食事と飲み物だけに集中するとせっかくのチャンスを見逃してしまいます。

手持ち無沙汰になってしまったら、グラスを持って会場全体を見回せる位置で待っていましょう。

会場内は広いので、一人でいたとしてもそんなには目立ちません。

そして大多数の人が集まる場所なので、恥ずかしがり屋な女性もいます。

そうした女性は自分で話し出す勇気が持てないので、話しかけてくれるのを待っているのです。

まずは自己紹介から始めて、相手にも名乗ってもらえたら成功といってよいでしょう。

話し始めるきっかけとしてはそんな感じで十分ですし、互いに気が合いそうだったらマッチングを申し込んでください。

婚活パーティーに限らず、最近は電話番号を聞き出すよりも、ライン交換の方が初対面同士の場合はおすすめです。

こういったメールアドレスの交換を申し込む時に、恰好よくやろうと意識しすぎるとスマートではありません。

大人の男性らしく落ち着いてシンプルに、お願いしましょう。

仕事用とは別のプライベート用の、名刺を作ってアピールするのもひとつの手ではあります。

しかし、あまりにも凝った作りの物は、遊び人っぽい印象を与えるのでやめておきましょう。

名前とメールアドレス・ラインIDの書かれたシンプルなタイプが、大人の男性らしく格好よく映ります。

パーティーの次くらいに多いのが、少人数で行われる趣味を活かした集まりです。

これは釣りや料理・映画鑑賞などの趣味を持った人を対象にしています。

同じ趣味を愛好している者同士で集まるので、話題に困ることが少ないのが長所です。

さらに、釣りや料理といった動くことが多い集まりの場合、男女が互いに触れ合うチャンスがおこるでしょう。

自然に触れ合うことで親近感が沸き、恋愛へと発展するケースが多いのです。

 

「恋愛することすら難しいのが今の現状です」30代後半 男性 Oさん

「私は今年で37歳になるのですが、いまだに独身です。

世間では晩婚化が進んでいるとされていますが、私の周りの同年代はほとんど結婚しているので親からはそれなりにプレッシャーをかけられています。

私は結婚願望が全くないというわけではありませんし、現在保育園に通っている甥っ子と遊んでいると楽しいと感じることもあります。」

「しかし、いざ自分が結婚をしようと思うと、面倒だという思いが勝ってしまうんです。

私はこれまでに3人の女性と付き合ったことがあり、その内の一人とは結婚の話が出るところまではいきました。

付き合い始めの頃はいつまでに結婚しようという具体的な話はしませんでしたが、漠然といつかは結婚したいという話はしていました。

そして、そんな状態が2年ぐらい続いた頃に彼女から「そろそろ結婚しないか」と逆プロポーズをされました。

その時は「いい加減覚悟を決めなければいけない」という気持ちと「結婚相手がこの人で本当にいいのか」という気持ちが半々くらいでした。

なぜなら、彼女は結婚願望が出会った頃よりずっと強くなっていて、なかなかプロポーズをしない私に苛立ちを隠さなくなっていたからです。」

「その時はおたがい30歳になっていたので、早く結婚をしたいという彼女の気持ちもわかっていたつもりです。

しかし、早く結婚したいという気持ちが強過ぎるからといってヒステリーを起こされると、これから何十年も一緒に暮らしていくことに不安を感じるようになりました。

また、「私に対してヒステリーを起こすのならまだいいが、いつか子供に対してもヒステリーを起こすようになったらどうしよう」と思うこともありました。

そのため、私は彼女からの逆プロポーズの返事を保留し、もう少し考える時間をくれないかと言いました。

すると、彼女は我慢の限界を超えたのか「もう別れよう」と言ってきました。

彼女にもいいところがたくさんあるということはわかっていたので、別れを切り出されたからといって彼女に対する気持ちが冷めたわけではありません。」

「しかし、「この人とは考え方や価値観が合わないのだから、別れた方がお互いのためになるだろう」と思ったので彼女と別れることにしました。

それからは彼女と連絡を取り合うことはなくなりましたが、共通の友人からの話によると彼女は数年後に別の人と結婚して幸せに暮らしているようです。

私は大学時代からずっと一人暮らしだったので家事全般がそれなりにできますし、料理の腕は一般的な男性よりは高いという自負もあります。

そのため、一人で生活していても特に困ることはないのですが、この先ずっと一人で生活をすることに不安がないわけではありません。」

「今はまだ体に不自由な部分がないので何でも一人でできますが、将来怪我や病気などで体が不自由になったときのことを考えると怖くなることもあります。

しかし、だからといって自分の世話をさせるために結婚をする、というのは相手に対してあまりにも失礼で身勝手なことだという思いもあります。

恋愛感情のある相手と結婚して、その人とお互いに支え合って生きていければ最高なのでしょうが、37歳になった今では恋愛をすること自体がなかなか難しいです。

私は小さな食品会社に勤めているのですが、私の会社にいる独身女性は今年高卒で入った10代の子と50代のバツイチ女性の二人だけなので、どちらも恋愛対象と考えることはできません。

10代の子はなかなか可愛くて愛嬌もあるのですが、彼女から見たら37歳の上司というは完全に恋愛対象外のおじさんでしかありません。

それに、20歳近く年が離れていると、会話が弾むこともほとんどないので親しくなる兆しすらありません。」

「また、50代の女性も決して悪い人ではないのですが、さすがに20歳近く年上で孫もいるような人には恋愛感情がわきません。

普段の生活の中ではなかなか女性と出会う機会がないですし、かといって今さら合コンなどに参加したり、お見合いをしたりしようという気も起きません。

そもそも、結婚の話まで出た彼女と別れてから、恋愛をしようという気持ち自体が希薄になっているような気もします。

「結婚というのは妥協と打算の結果だから、あまり真面目に考えることはない」という友人もいますが、私にはまだそこまで割り切って考えることはできません。

そのため、今は「結婚のことを考えるのはこの人とずっと一緒にいたいと思える女性と出会ってからでもいいか」と思っています。

 

「勇気を出して頑張ったおかげで結婚できました」30代後半 男性 Aさん

「以前からあまり恋愛に対し積極的ではなく、どちらかと言うと自由で気ままに生活することに居心地の良さを感じていました。

しかし、35歳を過ぎた頃から、それまで遊んでいた友人の多くが結婚し家庭を持つようになり、気がつくと自分だけが何も変わらず独身のままでした。

37歳を迎えたときには、結婚している友人とは話が合わず、孤独を感じることもありました。

また、同僚との会話の中でも、37歳の独身男性である自分を強く認識するようになっていきました。」

「このことはある程度予測していたのですが、いざ自分に降りかかって来てみると、どの様に対処したら良いのか戸惑う自分がいたのです。

恋愛の先に結婚があって、順序を踏まないと到達できないことなのだと考えていたので、恋愛経験もろくにありません。

どうしたら結婚までたどり着くことができるのか、自分には本当に結婚することが必要なのかと問いかける毎日でした。

皆が結婚するから自分も結婚したいのか、それともこれからの人生を誰かと一緒に添い遂げたいと思っているのか、真剣に考えました。

そして、今までは自分だけの為に生きてきたけれど、これからは結婚して誰かと一緒に日々の生活を歩んでいくことを選びました。

でも、これは自分に取って簡単な事ではありません。」

「何かを始めなければ何も起こらないので、気心の知れた友人に相談してみることにしました。

でも、いくら気心が知れた友人と言っても、思い切って打ち明けるまでに何日も掛かってしまい、自分でも少し呆れてしまいました。

それでも友人は自分の気持ちを分かってくれ、いろいろとアドバイスをくれたことには感謝しています。

まず、今まで声すら掛からなかった合コンに参加することを勧めてくれました。

もちろん奥手な自分には参加するだけでも勇気がいりましたが、何とか合コンに参加することになり、その当日を迎えました。」

「当日は朝から緊張していましたが、自分を分かってもらう良いチャンスなのだと言い聞かせ、張り切って出かけました。

そこには、同数の男女がいて自分もその中で、良さそうな女性を見つけ、話しかけてみることに成功したんです。

最初の一言が中々出ず、汗が滴り落ちるのを感じましたが、とにかく頑張って話しかけてみました。

女性の方も最初は緊張していたので、最初は話がかみ合わず、少し気まずい雰囲気が流れていました。

それでも、何とか話のリズムをつかむことに成功すると、今度は次から次へと会話が進み、時間の経つのも忘れて二人で話し込んでしまいました。」

「最初からこんなに話が合うと思わなかったので、自分でも驚いてしまいました。

彼女にも聞いてみると彼女もまた、こんなに長く会話の続く相手に出会ったことがなく、大変有意義な時間を過ごすことができたと喜んでくれました。

その後、今後も連絡を取り合うためにラインを交換し、その場を後にしました。

それからは、毎日のように連絡を取り合い、何度も二人だけで会い、いろいろ話しました。

彼女とは少し年齢差がありましたが、自分が37歳であることも忘れ、自分達の将来についても深く話すようになりました。」

「自分たちが思い描いていた人生の扉が同じ方向に開いている気がしたので、思い切って彼女にプロポーズすることにしたんです。

彼女の答えは何となく分かっていたので、少し自信があったから思い切って告白できたと思います。

そうでなかったら、もう少し時間が必要だったかも知れませんが、思い切って言ってみると、答えはイエスでした。

あの時は言葉にできないほど嬉しかったのを覚えています。

あまり恋愛経験のない自分には本当に勇気の必要なことだったので、こんな経験は何度もできないと思ったものです。」

「それからは結婚に向けてしなければならないことが沢山あったので、時間が経つのが本当に速く感じました。

一日の長さがもっとあったら良かったのにと何度も思いました。

その甲斐あって、何とか結婚する事ができ、独身時代には経験することのなかった満足感や喜びを感じながら生活しています。

今になってあの時のことを考えてみると、思い切って行動してみて、本当に良かったと感じています。

勇気が必要だったし、今までの生活とは違ってしまうかも知れないけれど、得た物の方がはるかに多いと思います。」

▼まずは無料でためしてみてください▼

良い出会いがないという方は、ゼクシィ縁結びを使ってみてください。

ゼクシィ縁結びを使えば、すぐにでも結婚相手探しができるようになります。

大手企業のリクルートが運営しているので、安心して利用することができます。

会員登録が無料なので、まずはどんな人がいるのか見てみるだけでもいいでしょう。

「早く結婚したいのに相手が見つからない…」と悩んでいるのに使わないのは損していますよ。

会員登録は3分で完了します。