疲れた

「38歳からでも結婚できる方法はあるの?」

「もうアラフォーだけど、全然結婚できる気がしない…」

最近は男女とも結婚する年齢も高くなってきていますが、まだ結婚できるチャンスはあります。

このページでは、38歳独身女性が結婚する方法について書いてあります。

ユキさん

30代のうちになんとしても結婚したいならこのページは要チェックよ!

ゆーじ

30代後半からの婚活方法か〜

 

現代は男女の出会いの場が少なくなってきている

戦後から女性の社会進出が進み、男女雇用均等法などによって、社会における女性の活躍の場がどんどんと拡大していきました。

一昔前であれば、女性は結婚して子供を産み、家庭を守るのが女の幸せという風潮がありました。

しかし、今ではそんなことに縛られず、自由に自分の生きる道を進み、人生を謳歌している女性がたくさん存在しています。

近年の不景気により、親元から独立して一人暮らしを始める人が少なくなりました。

草食男子や若者の車離れ・繁華街で飲み会などを行わず、宅飲みでお酒を楽しむといったバブル期とは違う、質素な生き方をする若者が増えた背景には、長続きする不景気と給料の低迷があります。

また、スマートフォンやパソコンの爆発的な普及により、インターネットが急速に進みました。

それによりSNSが流行し、インターネット上で楽しむというお金をかけない楽しみ方をする若者も増えてきています。

ただ、SNS上でのつながりは増えていますが、男女が実際に出会う場は少なくなっています。

SNSの普及により、友達同士がくもの巣のように広がり、情報の拡散がスムーズになりました。

とはいっても、仲のいい友達が増えるということはなく、浅く広い交友関係だけが広がっているとも言えるでしょう。

また、草食系男子は告白により友人関係がぎくしゃくするのを防ぐといった気持ちから、付き合いや結婚といった一歩進んだ関係に進もうという気持ちを押しとどめている人もいます。

若い人でもそういった悩みがある中で、38歳前後の独身女性はどんどんとハードルが高くなってきているのが現実です。

付き合っている人はいるけれど、結婚までに至らないという人もおり、それには男性の経済的な心配が背景にあることが多い今の時代です。

また、38歳前後の男女が結婚するにあたり、悩むべきことはたくさんあります。

この年代の親はちょうど60代から70代が多く、親の定年や老後の心配などが現実として現れます。

自分の親と相手の親どちらの面倒を見るか・同居はするのか・老後の面倒など、自分たち以外にも悩むべきところが多いのがこの年代といえます。

独身女性の時の自由なときと違い、結婚はいろいろと悩みがつきまとうのです。

38歳という年代では、結婚して子供をどうするかということも悩みどころでしょう。

女性は加齢とともに卵子も老化が進み、35歳をピークに自然妊娠率が下がるというデータがあります。

38歳では高齢出産になり、妊娠しにくくなるということや、妊娠・分娩・出産による自分の体の心配もあります。

高齢出産のリスクは加齢による子宮口の硬さや、妊娠高血圧症候群になりやすいなど、さまざまなことが考えられます。

また、高齢になって出産し育児をすることも大変な労力です。

若い頃と違い、運動能力の低下や、疲れやすさなども現れ始めます。

小さい子供の元気は底なしで、体力を使います。

結婚を考えている独身女性の38歳くらいの高齢出産にあたる時期の女性は、相手と子供を持つことについて事前に話し合いを行うことが大切と考えます。

お互いが子供のない人生でいいと思っていても、自分や相手の親が子供を作れと口うるさく言ってくることがあり、多大なストレスとなります。

とくに女性側に嫌味のような言葉を言う人も多いので、夫からのケアが重要になります。

38歳まで独身女性として仕事をバリバリとしてきた人は、結婚によって生活のリズムがすっかり変わるということを承知していなければなりません。

独身時代が長いと、自分なりの生活のリズムや決まりごとがあります。

女性も仕事を続ける場合は、家事の分担を決めることも大切です。

また、お互いの趣味や起床時間や睡眠時間などがずれていると、意外と居心地が悪くなったりすれ違いなどの原因になります。

誰かと一緒に生活をするということは、思いのほかストレスになるものです。

38歳まで独身女性として生活していたときには自分のことだけを考えていればよかったものですが、相手がいることで思いやりや気遣いが必要になります。

婚活のときから、相手の親のことや相手の生活習慣や趣味などを考慮しておくことはとても大切です。

独身は自由ですが、自分の老後のことなどを考えると不安になります。

同じ価値観や趣味を持つ人がいれば、積極的に声をかけてみましょう。

ゆーじ

結婚って、いろんなこと考えなきゃいけないからなぁ…

ユキさん

でも、まずは結婚相手との出会いを作ることが重要よ!

 

自分から積極的に行動していくことが大事

30代後半を過ぎた時点でお付き合いしている人がいないケースは増えてきていますが、男性に限っては安定した職業と年収次第で結婚できるケースが多いです。

しかしながら、独身女性の場合は、やはり若い年齢の方が有利なケースが多いことも事実です。

まず、双方共に子供が欲しいと考えたときに、あまりにも年齢を重ねていると子供を育てることが難しいのではないかという考えが生まれてくるからです。

そのため、結婚相談所などでも若い年齢の方の方が人気があるケースが多いです。

38歳の年齢で結婚を考えたとき、まずは自分にアピールできるものがあるかどうかで変わってきます。

しかし、なぜ今まで結婚する機会に恵まれることがなかったかという疑問を相手側が持つことで、相手にその旨を聞かれることもあります。

そのときの受け答え次第で、相手がこのまま交際まで発展していっていいものかどうかを見極める基準にもなるでしょう。

その質問をされたときの受け答えは、しっかりと考えてから挑むことが大切です。

30代後半で婚活活動をしている方々の大半が、就職の際の面接のようだと感じながらお見合いや婚活パーティーに参加される方が多いです。

裏を返せば、相手もそれだけ真剣に結婚相手を探しているということになります。

なかには妥協して選ぶ方もいますが、年齢を重ねていることもあり、失敗だけはしたくないと慎重に相手を選ばなければなりません。

趣味を尊重する方も多く、趣味に没頭していたため、なかなか相手と付き合う余裕と時間を持つことができなかったと答える方もいます。

結婚したから自分が好きなことをあきらめるという方もいますが、基本的にはそれを理解してくれて付き合ってくれる人を探したほうが幸せな結婚につながります。

婚活をする際には、なるべく価値観が似ている・おたがいに共感できるポイントをチェックしてみましょう。

定期的にインターネットで婚活パーティーをセッティングしているサイトをチェックするのもいいと思います。

また、できるだけ多くの方と話しができるようなパーティーだとそれだけ出会いも多いため、積極的に話しかけることが大事です。

結婚しない選択をする人たちが増えているというニュースが、度々放送されていますが、なかにはやっぱりその選択は正しくなかったと後悔する方もいます。

後悔した後に婚活をスタートしても、年齢で相手すら見つけることができないケースも増えています。

そのため、婚活をしようと決心ときには、すぐに自分から動くことが大切です。

相談所の会員になる際には、アドバイザーの方を信頼したと同時にたくさん自分の情報と、出会いの場を広げてもらえるように話してみてください。

仕事をしている女性が多いため、なかなか自分から探すことができない女性もたくさんいますが、そこで第三者の手をかりることも視野に入れて考えなくてはなりません。

これによって、自分が本当に幸せになる結婚相手を探すことができるようになります。

時間は止まってはくれないため、忙しいから後回しにしようと考えてしまうと、後から後悔することになります。

なお、婚活サイト経由で出会いを探すときですが、良いサイトもあれば口コミなどで駄目だったと記載しているサイトもあります。

婚活サイトを選ぶときのポイントは、知名度・会員数・使いやすさなどを考慮しておくといいでしょう。

ただ、婚活サイトでは会う前にメッセージのやりとりを十分にしておくようにしてください。

会うまでのメッセージのやりとりが不十分だと、会ったときにイメージと違ったとがっかりしてしまうことがあるからです。

それは女性に限らず男性も同様です。

幻滅したことで婚活をあきらめないためにも、自分に合っている婚活方法を選ぶことが大切です。

そして、忘れていけないのは、30代後半でも多くの方が結婚することができているという事実です。

それを前向きに捉えて、一度の失敗であきらめたりすることなく、さまざまな場所や人脈を利用して出会いの場を自らみつけることが重要です。

メリットもあり、お付き合いした後はできるだけ早く結婚したいと思う方が多い為、時間を費やすことなく入籍まですませたと答える方が多いです。

そして、子供もすぐに授かったケースも多いため、悪いことばかりではない点も多数あります。

生活資金も蓄えている方も多く、入籍後も金銭面で喧嘩することもないと答える方もたくさんいるので、まずは出会いの場をできるだけ早く見つけましょう。

ではここで、実際に結婚できた方々の婚活体験談を見てみたいと思います。

 

「なりふりかまわず出会いを探して結婚できました」 30代後半 女性 Sさん

「38歳、アラフォー女性である私の婚活体験をお話しします。

実は私、20代の頃にこれから結婚するという同級生に対して「まだ若いのに、一生を共にする相手を決めるなんて早過ぎる」とお説教を垂れていました。

今思えば余計なお世話です。

当の20代で結婚した同級生は既に二児の母親、上の子は高校生、下の子は中学生です。

子供を育て上げ、独立させた後は親である友達はまだ40代の働き盛りです。

体力的にもまだ若い年齢、子供の用事に縛られずに自由を再び手に入れることができるであろう友達が今は羨ましいです。

一方、私は30代半ばになってもまだ独身女性でした。

30代を超えた辺りから、相手の気持ちに振り回される恋愛に向き合うよりも、自分がこれからどのように社会で生きていくかのほうが重要だと感じるようになりました。」

「いつまで働けるのかはわかりませんでしたが、仕事に真剣に取り組むことで自分の人生を自由に生きていられると感じていました。

しかし、その頃になると周りの友達や職場の仲間の中にも結婚する人が増えて御祝儀を出す一方でした。

そして、私の生活にも変化が訪れました。週末に遊んでいた友達が結婚した途端、

「週末は旦那さんとゆっくり過ごしたいから」と言われてしまい、今までと同じような気軽な付き合いはできなくなりました。

仕事の後に一緒に飲みに行っていた職場の仲間も「結婚したばっかりでお小遣いが減らされちゃって」という理由で仕事の後のお付き合いの飲みをやめて、まっすぐ帰宅するようになりました。

遊びにいく友達が減り、それぞれ大切な生活のベースができてしまったのだな、と少し寂しく思うようになりました。

私は仕事に集中する一方、友達がいなくなった寂しさを埋めるように夜は資格のスクールや趣味のおけいこに没頭するようになりました。」

「でもどんなに資格に合格しても仕事にはすぐに反映できず、なんのために勉強したのかと不満を抱えました。

そして将来、孤独な気持ちのまま年老いていくのかと考えたときに、ふと「今からでも遅くないから婚活しよう。

老人になっても一緒に暮らせるパートナーを見つけて楽しく暮らしたい」と思い立ったのです。

ただ、そろそろ38歳になろうとする独身女性を必要とする魅力的な男性はどこにいるのだろうと思案したのも事実です。

30代後半女性の婚活は若い頃のようにはいきませんでした。

20代の時と同じように毎週合コンのお声がかかる年齢ではありません。

「見た目は20代に負けない」と自認している同僚のアラフォー女性がいたのですが、

第三者の視点から見ると、「若さでは誰にも負けない」という彼女の気迫がむしろ貫録となって、「アラフォー」以外の何者にも見えませんでした。」

「自分もそうならぬよう「謙虚さ」や「可愛さ」を意識し、自らの振る舞いを見直そうと思いました。

社内では「彼氏の有無」について触れることは「セクハラ」にあたるということで、そういう話題は一切出ません。

婚活する気がなかった時は、それのほうがラクだと思っていたものですが、婚活に本気になった今、これでは社内で良い人を紹介してもらうのも難しいと気付きました。

そして私は自分から売り込むことに決めました。

「誰か、本気で婚活している男性がいたら紹介してください」と、なりふり構わず同僚や上司や友人に話すことに決めたのです。

自分だけがその気になって待っていても、アクションを起こさないと何も良いお話しはやってきません。

どんなに魅力的なアラフォーでも、それは同じです。そうやって自分を売り出す活動をするうちに、疎遠だった同期と集まる機会も増えました。」

「ある日、大学の同窓会に出席してきたという同期から「まだ独身の同窓生から女性の紹介を頼まれたから今度会ってみない?」と思いがけないお誘いをいただきました。

紹介なんてとても久しぶりだったので緊張しました。

しかし、お互い30代後半の同い年なので当日は大人同士のお食事会といった雰囲気でリラックスして過ごせました。

仲の良い同期が一緒だったことも、いつも通りリラックスできた理由かもしれません。

そのお食事会でサイクリングという共通の趣味を持つ男性だったので、積極的に話をして連絡先を交換してサイクリングの約束をしました。

30代前半の頃に、趣味を広げておいて良かったと思いました。

その男性とはメールで近況を報告し合い、週末にサイクリングに行くようになりました。

趣味が同じということで価値観もそれなりに合うところが多く、1年ほどの交際で結婚することになりました。

相手のご両親ともお会いしましたが、40代目前という年齢のことも「社会人経験があるから、お互い支えあうことができるわね。親としては安心」と言っていただき、とても嬉しかったです。」

 

Sさんのように、20代で結婚するのはまだ早いと考えていて、結婚するチャンスを逃してしまった方もいるかと思います。

30代後半にもなると、とっくに結婚していて、すでに子供もいるという友達も多くなってきます。

そうなるとなかなか気軽には遊びにも出かけてくれなくなります。

次第に孤独感が大きくなってきますし、将来的に老人になったときに、そのままずっと一人になってしまうかもしれません。そうならないためにも婚活を開始します。

しかし、本人は見た目はまだ20代に負けていないと思っていても、はたから見たら痛々しいアラフォーにしか見えません。

婚活で真正面から20代と競っても勝てるものではありません。

なので、Sさんのように、なりふりかまわず結婚願望のある男性との出会いを探す必要があります。

出会いのアンテナを広げていると、思わぬところからチャンスが訪れるものです。

大手企業が運営する婚活サイト「ゼクシィ縁結び」や、マッチングアプリのハッピーメールを使ってみるのもいいでしょう。

これらの婚活サイトやマッチングアプリは、スマホさえあればすぐにでも結婚相手探しができるのがいいところです。

出会いからお付き合い・結婚までスムーズにいくためには価値観や相性の良さも必要になります。

趣味が一緒であれば、会話も盛り上がりやすいです。諦めなければ、結婚のチャンスはきっと訪れます。

女性は完全無料で利用できるマッチングアプリ「ハッピーメール」

結婚情報誌で有名なゼクシィが運営する婚活サイト【ゼクシィ縁結び】

 

ユキさん

30代の女性には30代ならではの魅力があるわ。

ゆーじ

20代の女性と張り合う必要はないってことですね。

「不安を乗り越えて結婚できました」 30代後半 女性 Iさん

「38歳の女性で、およそ1年間婚活をしました。その期間内に、素敵な年上男性と出会い、結婚しました。

現在、妊活をしています。

何でもない毎日が、とても幸せです。

婚活以前の私は、平日は家と会社を往復するだけ、休日は家でのんびり過ごすという生活を送っていました。

しかしある日、出産するための年齢を考えると、そろそろ結婚しないといけないなと気が付きました。

それから私の婚活がスタートしました。

私の婚活は、主に2つあります。

一つは、自分に自信をつけることです。

38歳という年齢から、20歳代とは違った大人の女性の魅力があれば、男性に興味を持ってもらえるのではないかと考えました。

そこで、自分が自信をもって自己紹介できるようなことを身につけようと思いました。

私は、毎朝お弁当をつくって、会社に持っていくことにしました。」

「お弁当作りを通じて、休日も自炊するようになりましたし、平日も余裕のあるときは夕飯をつくるようになりました。

つくった料理は写真に撮り、パソコンに保存していました。

男性と会うのときには、スマートフォンに写真を取り込んで持参して、相手の方にお見せしていました。

男性に、結婚したらこんな料理が食べられるのかなと想像してもらうことで、結婚までスムーズにいったのではないかと思います。

二つ目は、見た目を重視しました。見た目といっても、整形やダイエットなどではなく、服装やメイクなど、自分の顔や体形を活かした見せ方を研究しました。

人は、髪の毛や目、肌の色によって、似合う服の色があるのだそうです。

また、骨格によって、似合う服のデザインも異なるそうです。

そこで、書籍などを参考にしながら、自分に似合う服やメイクの色、デザインをいろいろと試してみました。

また、買い物には友達と一緒に行ったり、店員さんに相談したりして、客観的にみてもらうようにしました。

服装やメイクに自信が持てると、内面まで変化しました。

休日は積極的に外出するようになりましたし、自分の意見をはっきりと言えるようにもなりました。

仕事ばかりの毎日で、自分自身に使う時間が少なかったのですが、手帳でスケジュール管理を徹底して、自分を磨くための時間をなんとか捻出しました。

自分を磨きながらの婚活は、順調にいくときだけではありませんでした。」

「本当に結婚できるのだろうか、自分の相手に対する理想が高すぎるのだろうか、と不安や焦りでいっぱいでした。

特に、婚活パーティーに参加しても、いいなと思う男性に出会えないことが続いた時には、婚活をあきらめようと考えたことが何度もありました。

こんなにがんばっているのに報われない、努力したって無駄なのかもしれないと、不安ばかりが頭の中でグルグルしていました。

周りの友人は婚約、結婚、出産、子育て、職場復帰と、どんどんと先に行ってしまい、私だけ取り残されたような感覚をおぼえました。

会って話しをしても結婚生活や子育ての話ばかりで、とても嫌な気持ちになりました。

婚活中の友人とは、結果が出るまで努力するという点で、話が合うことが多かったような気がしますが、それでも友人と違って、私は結婚すらできていないのかと思うと、落ち込みました。

大好きなはずの友達とも距離をおくようになってしまいました。

しかし、結婚すると決めたからには、最後まであきらめたくはないと思い直し、また婚活を再開させました。

今思い返すと、婚活を一度やめようと思い、ペースをダウンさせたことが良かったのかなと思います。」

「不安や焦りの塊のようなまま男性と話しをしていても、やはり相手の男性にはプレッシャーとして伝わってしまっていたように思います。

それからは、少し余裕をもって取り組むようにしました。

結婚したいと思える男性と出会いたいという気持ちを抑えて、いろいろな男性と話しをしてみたいと思いながら、パーティーなどに参加するようにしました。

すると、話していて楽しい、もっと話しがしたいと思える男性と出会えました。

会話の内容も、結婚を意識させる話題だけではなく、自分が興味をもっていることを話題にしました。

あまり力まずに、大人の余裕をみせると良いと思います。

その後は、友人たちとも楽しく話しができるようになり、ますます幸せを感じるようになりました。」

 

38歳からの婚活は出会いを増やせばいいというものではありません。

出会いを広げるのと同時に、自分磨きも怠らないことです。

男性は料理上手な女性には家庭的なイメージもあるので、料理作りを趣味にするのもいいでしょう。

魅力的な女性に見せるには、家庭的なイメージだけではなく、見た目も重要です。

20代ならではの若さという武器では勝負できませんが、30代には30代の女性の魅力があります。

大人らしいスマートなファッション・メイクなどを研究してみましょう。

服やメイクは自分のテクニックしだいで、自分の魅力を大きく高めることができます。

自分に自信が持てるようになることも大切ではありますが、やはり結婚できるかどうかという不安を消すことは難しいものです。

ただ、その焦りは男性から見るとプレッシャーが重すぎるものです。

自信を持って婚活するのが難しくても、焦らず・力まず婚活をしたほうが結婚できる可能性は高くなります。

 

ユキさん

焦れば焦るほど結婚できない泥沼にはまるわよ。

ゆーじ

不安や悩みをどう乗り越えるかがポイントですね。

▼まずは無料でためしてみてください▼

最近いい出会いがないという方は、ゼクシィ縁結びを使ってみてください。

ゼクシィ縁結びを使えば、すぐにでも結婚相手探しができるようになります。

大手企業のリクルートが運営しているので、安心して利用することができます。

会員登録が無料なので、まずはどんな人がいるのか見てみるだけでもいいでしょう。

「早く結婚したいのに相手が見つからない…」と悩んでいるのに使わないのは損していますよ。

会員登録は3分で完了します。

▼ゼクシィ縁結びを使ってみる▼
ゼクシィ縁結び
ゼクシィ縁結び(登録にはメールアドレスが必要です)