女の子3

「今39歳なんだけど、彼女がほしい…」

「若くて可愛い彼女ってどうやったら作れるの?」

30代後半の男性が、若くて可愛い彼女を連れていたらうらやましいですよね。

このページでは、39歳独身男性の恋愛事情と、若くて可愛い彼女の作り方について書いてあります。

 

39歳独身男性の恋愛・結婚について

女性の場合は35歳までに結婚したいと考えていますが、男性の場合はもうちょっと歳をとってから結婚しても大丈夫だと考えている人が多いです。

おおよそですが、40歳前後では結婚していたいと考えている男性が最も多くなっています。

なので、39歳というと、結婚についてもそろそろ考えるころでもあります。

40代前半の男性の既婚率は、66.4%になります。

このことから、6割以上の男性が40歳になるまでに結婚しているということになります。

39歳という年齢で、結婚していない、ましてや恋人もいないとなると寂しくなってしまいますよね。

若いうちは「このまま独身でもいいや〜」と思っていたのが、いざ40歳を目前にひかえると急に将来について考えてしまうものです。

周りの友達はみんな結婚して、子供もいて、家庭を築いていたりします。

その中でなかなか友達と会う機会もなくなり、孤独になってしまうようです。

また、39歳という年齢のため、自分に自信がなくなってくる頃でもあります。

「このまま一生独り身かもしれない…」という不安も誰にも相談できませんよね。

40歳近くになると、自分でも「もうおじさんだよなぁ…」という気持ちがある人もいるのではないでしょうか。

この歳になって、ようやく「もっと早くから彼女作っとけばよかったのになぁ…」と後悔してしまいます。

しかし、まだあきらめるのは早いと思います。

39歳からでも若くて可愛い彼女を作って恋愛もできるし、結婚できるチャンスは十分あります。

 

若い彼女が作りたいなら、年上好きの女の子をターゲットにする

実は、年上が好きな女性はけっこうたくさんいます。

20代前半の女性が、30代・40代のおじさんと付き合っていることも多いです。

若い女性は、同い年の男性よりも、むしろ年上の男性に憧れをもっていることがあるからです。

たまに親子ほどの歳の差カップルがいるものです。

逆に、男性は若い女性が好きなので、30代以上の女性は婚活でも売れ残って苦戦してしまいます。

つまり、男性は歳をとっても、若い女性と付き合える可能性が大いにあるということです。

10代の頃はイケメンがモテていますが、30代後半くらいからは、それほど顔の良し悪しは関係なくなります。

それよりも、大人の余裕さ・経済力・包容力などのほうが重視されます。

なぜかというと、女性は大人になると子育てがきちんとできる、安定さのある男性を求めるからです。

家庭を築くためには、経済力がある男性と付き合いたいと女性が思うのはそのためです。

一方で、男性は子供を妊娠しやすい若い女性を本能的に求めます。

男女とも、本能的に、相手の若さや経済力で選んでいることがあります。

 

そのため、若い女性からしてみれば、同世代の若い男性は大人の男性としての魅力にやや欠けていると言ってもいいでしょう。

精神的に幼くて尊敬できない、経済力がまだ未熟だったりという理由で、同世代の男性に興味が持てません。

同世代の男性が幼く見えてしまうため、年上の男性にあこがれていきます。

女性は男性と比べても、小さい頃から成熟し、精神年齢も高くなる傾向があります。

そのため、自分が頼れる男性となると、必然的に年上の男性になってきます。

そうなると、30代後半から40代の男性が経済的に精神的にも安定しているため、若い女性に一定の人気があります。

年上の男性が好きな女性は、依存心が強く、甘えてくるタイプが多いです。

多少わがままだったりはしますが、男性に頼りたいと思っており、寂しがり屋な性格です。

そして、女性はたいがい受け身・待ちの姿勢なので、積極的な年上の男性はますます有利になります。

優秀な男には大人しく従ってくれるものです。

 

とはいえ、いくら歳だけとっても、内面が子供のままでは大人としての魅力は出せません。

年下の女の子と出会って、付き合いたい、彼女にしたいのであれば、大人として余裕のある振るまいが必要です。

先ほどもいったように、歳をとってからの男性はイケメンかどうかは重要ではなく、内面や立ち振る舞いのほうが重要です。

若い男性よりも、歳をとった男性のほうが余裕と器の大きさが必要になります。

一緒にいるだけで落ち着くし、思う存分甘えられる立場になります。

頼り甲斐があるように、女性を率先してエスコートできる態度や行動を示すのもいいでしょう。

また、女性が知らないことを教えてくれるように、若い女性が普段入らないような大人の雰囲気のあるお店や場所へ連れて行ってあげるのもいいでしょう。

若い男性ではなかなか行かないようなところへデートに行くことが、若い女性には刺激的なんです。

気が利いた心遣いや、ちょっとした優しさを見せることができれば、ますます高ポイントになります。

 

若い女の子をねらって出会う方法

まずは社会人サークルに参加するという方法があります。

社会人サークルは年齢層が幅広く、若い女性もたくさん参加しています。

例えば、スポーツ系の社会人サークルではフットサルやテニス・ゴルフ・スノーボード・ボルダリング・ランニング・キャンプ・トレッキングなどがあります。

べつにスポーツをしなくても、サッカーや野球などのスポーツ観戦で好きなチーム応援するという社会人サークルもあります。

インドア系の社会人サークルではワイン会や食べ歩き・ダーツ、・ビリヤード、・ボーリング、・料理教室、・飲み会、・ゲームなどがあります。

社会人サークルでは、定期的に活動しているところも多いので、出会いにつながりやすいというメリットがあります。

おもに20代〜30代の社会人男女が集まっているので、その中で若い女性がいるサークルを探してみてください。

 

ボランティア活動してみるという手もあります。

ボランティア活動には、大学生を始めた若い女性が参加しています。

ボランティアにもさまざまな活動内容があり、簡単な清掃活動から介護支援など、その内容も幅広くなっています。

自然な出会いの場になりやすく、実は若い女の子との出会いとしては穴場のスポットです。

ボランティア活動すると、仲間意識が芽生え、仲良くなりやすい環境があります。

ボランティアに参加する年下の女子の特徴としては、社会に貢献したいと言う意欲を持っていてしっかりとしている女性が多いです。

もし女子大生の彼女がほしいのであれば、ぜひボランティア活動での出会いを検討してみてください。

 

年下の女性と出会う方法の1つとして、マッチングアプリや婚活サイトを使うという手もあります。

マッチングアプリを使えば、スマホで効率よく年下の女性を探すことができます。

マッチングアプリの会員検索では年齢を簡単に指定して探すことができるからです。

例えば、年齢に制限をつけて、20代前半だけとか20代後半までの若い女性だけを検索結果に表示させることができます。

他にも住んでいる地域や体型など、細かい条件指定ができるのでとても便利です。

もちろん顔写真も見ることができるので、自分好みの女の子を探してみましょう。

会員検索をうまく利用していけば、タイプの年下女性と出会いやすくなるということです。

年下の若い彼女がほしいのであれば、Facebookを活用したペアーズなどのマッチングアプリがおすすめです。

結婚相手探しがしたいのであれば、婚活サイトのゼクシィ縁結びを使ってみるのもいいでしょう。

最近のマッチングアプリは会員登録が無料になっているので、おためし感覚で利用することができます。

実際に出会うためには、女性会員とメッセージのやりとりをするときに有料会員になる必要はあります。

しかし、有料会員も定額でお手頃の価格になっているので、後から多額の請求が来ると言うような心配はありません。

 

ラインからデートに誘うまでのノウハウ

若い女性と出会うことができたら、次はデートに誘いましょう。

最近は出会いからデートに誘うのには、ラインが必須です。

以前はメールを使ってデートに誘っていましたが、今はラインで連絡をとってデートに誘うのが一般的な方法になっています。

まず、ラインのID交換をするタイミングですが、少し仲良くなった段階で「ライン交換しない?」と提案してみましょう。

「ライン交換してくれるかな…?」ともじもじしているよりも、さっと聞いてしまったほうがスムーズです。

ラインを交換してくれないのであれば、もともとその女の子の恋愛対象にはならない可能性が高いので、つぎの女の子を探したほうがいいでしょう。

つぎに、ラインからデートに誘う方法を紹介します。

ラインはメッセージ内容も重要ではありますが、それと同時に返信するタイミングも大切です。

ラインはメールと違ってチャットのように、メッセージがタイムラインで表示されています。

そして、メールよりもメッセージが短くなりがちです。

そのため、メッセージを送るテンポは、なるべく相手に合わせて返信しましょう。

10分後なら10分後、30分後なら30分後に返すという感じです。

即レスしたり、あるいは返信が遅すぎると既読スルーされてしまう場合があります。

もし既読スルーされたとしても、催促メッセージを追加で送ってはいけません。

ラインのやりとりは無難にこなしておいたほうが、デートにつながりやすいです。

そのため、メッセージを送るタイミングや文章の量を、なるべく相手に合わせておきます。

ラインで送るメッセージの内容は、相手の女の子が興味のあることを中心にしておきましょう。

女の子にとって、どうでもいいようなことを書いても逆効果です。

それよりも、相手が好きなこと(美味しいお店や趣味・今流行っていることなど)でやりとりをしていきます。

相手が何が好きで、どんなことに興味があるのかをどんどん探っていきましょう。

ラインをする段階では「どんなことを話すのか?」よりも、「ラインのやりとりをすること、そのものが目的」でもあるからです。

あくまで、相手のテンションに合わせ文章の量や、返信するタイミングを合わせておいたほうが、デートできる確率は高くなります。

やりとりがある程度続いたら、ここでデートに誘ってみましょう。

ラインのやりとりがある程度できているのであれば、女の子の中ではデートに誘われてもOKかNGなのかはすでに決まっています。

それは会ったときの第一印象だったり、ラインをやりとりしているときの対応の仕方などで決まっていきます。

長くラインをすればデートできるというわけではありません。

女の子にその気があるのにデートに誘うのが遅くなると、せっかくデートに乗り気な女の子の熱が下がってしまう可能性があります。

遅かれ早かれデートができるかどうかの結果が変わらないのであれば、早めにデートに誘ったほうがいいということです。

デートに誘うときは、女の子がオーケーをしやすいように誘いましょう。

ストレートに「今度デートしませんか?」と誘ってもいいのですが、そこにちょっとアレンジを加えます。

映画が好きな女の子だったら「今度〇〇(映画のタイトル)観に行かない?」と誘ったり、イタリアンが好きな女の子には「おいしいイタリアンの見つけたんで、もしよかったら一緒に行きませんか?」と言うふうに誘ってみましょう。

 

デートに出かけるときの服装は清潔感とさわやかさを重視する

デートに誘ってオーケーの返事がもらえたら、いよいよデートの段階です。

まず、デートに出かける前に、自分の服装をチェックしましょう。

39歳独身男性がデートで気をつけなければならないのは、自分のファッションです。

せっかくデートまでこぎつけたのに、私服がダサいとそれだけでNGになってしまいます。

あまりにも腹がダサイ男性は、女の子も一緒にいるのが嫌になってしまいます。

別におしゃれである必要はありませんが、最低限の清潔さと爽やかなファッションを心がけましょう。

女性は男性の清潔感と爽やかさに敏感です。

では、どうすれば清潔感のあるさわやかなファッションにできるのかというと、服を選ぶときのサイズと色がポイントです。

どんな服を選べばいいのかよりも、サイズと色を重視してください。

何万円もする高い服でなくてもいいので、ユニクロやGUでもOKです。

ユニクロやGUで買えば、全身1万円から2万円くらいでデートの服をそろえることができます。

では、肝心の服のサイズですが、自分の体型に合ったジャストサイズを選ぶようにしてください。

自分ではちゃんと合っていると思っていても、実は間違ったサイズを選んでいることがあります。

服を買うときは、サイズを徹底的に選んでください。

よくあるのがオーバーサイズ起きてしまって、だらしなく見えてしまうことです。

楽だからといって大きめの服を選ぶと、見た目がもっさりしてしまいます。

体型にあってない服を着ると、ものすごくだらしなく見えてしまいます。

太っている痩せているは関係なく、自分の体型にぴったりと合っているものを選びましょう。

そのためには、試着を必ずしなければなりません。

試着をせずになんとなくで選ぶ選んでいても、ジャストサイズの服を着ることができません。

自分でわからない場合は同じ服をサイズ別で試着して、店員さんにどちらがの方がきちんと合っているかを聞いてみましょう。

 

つぎに色の選び方です。

服を選ぶときの色は、全身で2色から3色までにおさえるようにします。

3色までにおさえてあると、全体的にまとまった印象にすることができます。

30代後半の男性が使いやすい色は、ネイビー・白・黒・グレイ・カーキです。

赤や黄色など、あまり派手な色を使う必要はありません。

これらの色は落ち着いた色合いなので、39歳の男性でも問題なく着こなすことができます。

春夏であれば、半袖Tシャツ・シャツ・カーディガン・ジャケット・セーターと、ジーンズ・チノパン・スニーカー・皮のサンダルから組み合わせます。

秋冬は、長袖Tシャツ・シャツ・カーディガン・セーター・ジャケットと、ジーンズ・チノパン・ウールパンツ・スニーカー・革靴から選んでみましょう。

サイズと色がきちんとしていれば、どの組み合わせでもそれなりにきちんと見えるようになります。

 

そして、ファッションだけでなく、身だしなみも整えてデートに出かけましょう。

服装が良くても身だしなみができていなければ、台無しになってしまいます。

身だしなみを整えるのは、髪の毛・眉毛・鼻毛・ヒゲ・爪を整えることです。

初デートは第一印象につながるので、清潔感には特に気をつかってください。

ヘアスタイルはショートカットにしておくと、清潔感を出しやすくなります。

眉毛はボサボサしているところだけ整えるだけでOKです。

薬局に売っている眉毛ハサミのセットを使いましょう。

鼻毛は飛び出ていると不潔に見えてしまうので、デートに出かけ出かける前には必ず鏡でチェックしてください。

 

初デートは短めを、2回目以降のデートは王道のデートスポットを選ぶ

いよいよ、デートの仕方について書きます。

最初の初デートは、短めのデートプランが良いでしょう。

初デートだからといって気合を入れすぎると、逆効果になります。

30代後半からの男性との初デートは、女の子にとって様子見のデートになります。

「一応デートするのはOKだけど、実際にこの人とデートするとどうなんだろう?」と言う見定めの意味もあるからです。

付き合うまでに何回かデートすると思いますが、少しずつ女の子の熱を上げていく必要があります。

そのため、最初っからデートを盛り上げる必要はありません。

女性は時間をかけて、少しずつ恋愛に対する気持ちが高まっていく生き物です。

なので、最初のデートは短めにしておいて、2回目3回目のデートを気合気合を入れていきましょう。

初デートでのデートプランは、一緒にランチを食べるくらいの短めのデートでOKです。

短いデートのほうが自分も緊張せずに済むし、相手の女の子もそれほど疲れることがありません。

もちろん短いデートでは、ただボーッとデートしていればいいわけではなく、女の子を優しくエスコートすることが必要です。

「エスコートするって具体的に何をすればいいの?」というと、女性のために自分の優しさ具体的な行動で示してあげることです。

具体的な例をしめすと、

・デートの待ち合わせには男性が早めに着いておく

(あるいは、待ち合わせの場所とだいだいの時間だけを指定して、準備ができたら来てくれればいいことを告げる)

女性はデートへの準備に時間がかかるので、時間をきっちり決めないほうが好印象になる

・駅からそれほど歩かないところをデート場所にする

・歩くときは女性の歩幅に合わせて歩く

・車が通る道では男性が車道側を「さりげなく」歩く

・お店のドアは男性が開けて、女性を中に入れる

・席は壁側を女性に座らせる

・メニューが一つしかない場合は女性に先に決めてもらう

(あるいは、女性側にメニューを向けるか、いっしょに見られるようにする)

・食事のスピードはなるべく女性に合わせるか、ゆっくり食べていいよと言っておく

・初デートの会計は男性がおごる

(食事は男性がおごって、カフェ代は女性に出してもらうのもOK)

付き合う前のデート代はなるべく男性が多めに払うようにしたほうがいい

もし可能であれば、女性がお手洗いにいっているときに支払いを済ませておくとスマート

初デートのランチではそこまでする必要はない

・帰りは駅の改札まで見送ってあげる

女性には、具体的な行動で自分の行為をさりげなくアピールするようにしましょう。

初デートで口説いても寒いだけですし、しつこいのはもっとダメです。

さりげなくエスコートすることができれば、女性もスマートで紳士的な男性だと思ってくれます。

 

デートを無難にこなすことができたら、2回目のデートが勝負になります。

この2回目3回目のデートどうやって楽しませるか、女性をエスコートすることができるかで付き合えるかどうかが決まります。

2回目からのデートでは王道のデートプランか、女性が好きな場所に連れて行ってあげるのがいいでしょう。

王道のデートプランは、映画館や水族館・動物園・カフェ巡り・遊園地・公園を散歩する、などです。

これらのデートスポットは、女性としてのデートスポットとして定番で、誰といっても外さない鉄板の場所です。

これらの王道のデートスポットに行って、後は食事をするのが基本的なデートコースになります。

もし女性が好きなデートスポットを選ぶのであれば、

・アートが好きな女性であれば、美術館

・音楽が好きな女性なら、音楽フェス・好きなアーティストのライブ

・スポーツが好きな女性なら、いっしょにスポーツを楽しむ

・漫画が好きな女性なら、ネットカフェでまったりするのも意外とOKです

といった感じのデートスポットでもOKです。

 

会話は女性が興味のあることを中心にする

若い女の子とのデートで、何を話していいのかわからないと言う人もいますよね。

初デートではどうしても緊張してしまうものです。

デートの目的は女の子と会話をすること、コミニュケーションをすること自体が目的でもあります。

特にほぼ初対面の女性と会話をすることは、だれでも大変なものです。

そして、相手の女の子も一見普通に見えたとしても、内心は緊張していたりします。

会話をするときに1番気になるのは、気まずい沈黙ですよね。

1対1で会話をしていて、気まずい沈黙が流れてしまったことを経験したことがある人もいるかと思います。

では、どうしたら緊張せずに会話ができるのかを教えます。

女の子との会話は、いかに相手に楽に話してもらうかがポイントです。

なるべくリラックスした状態で会話をするためには、まず相手の女の子の緊張を少しずつほぐしてあげることを意識してみましょう。

そのためには、相手の女の子が興味のあること、好きなことについて会話をしていくようにします。

これはラインでも会話でも同じことですね。

会話の場合では、まず自分が話を聞く「聞き役」になることです。

話を聞きながら、相手の女の子に上手に質問をしていくことができれば、たったそれだけで会話の気まずい沈黙を回避することができます。

人は自分に興味を持ってくれる人や、話をちゃんと聞いてくれる人に対して好意的に見るようになります。

女性からうまく話を聞き出すことができれば、後は自分が聞いているだけでデートでの会話を成立させることができます。

 

最初は「今の仕事って結構いそがしいの?」「休みの日はなにしてることが多い?」「ペット飼ったりしてる?」という、単純な質問をしていきます。

そして、単純な質問から、より具体的な会話へと広げていくことを意識してみましょう。

「じゃあ、今の仕事にはそれなりに満足してるんだ?」

「今年一番面白かった漫画ってなんだった?」

「実家では犬飼ってるんだね!いつごろから飼い始めたの?」

連想ゲームのように、女性が話してくれたことをより具体的に、「それって〇〇ってこと?」と詳しく聞き返していくのも良いでしょう。

相手が知っているこ・好きなこと・興味のある内容・誰かに聞いてほしいことであれば、自然としゃべってくれるようになります。

逆に、相手が興味のない話は、なるべくしない方が良いでしょう。

話の話題は自分で考えるのではなく、あくまで相手の中から探していくような感じにすると、スムーズに会話ができるようになります。

▼まずは無料でためしてみてください▼

本当に出会いがなくて困っているのであれば、マッチングアプリのペアーズを使ってみてください。

ペアーズを使えば、すぐにでも恋人探しができます。

※Facebookにはすべて投稿されないようになっています。

会員検索も無料ですので、どんな人がいるのかのぞいてみるだけでもおすすめです。

「最近出会いがない…」と悩んでいるのに使わないのは損していますよ。

会員登録はたったの1分で完了します。

▼ペアーズを使ってみる▼

pairs

▽ゼクシィ縁結びに無料登録してみる▽
ゼクシィ縁結び