結婚できない体験談

「40歳から結婚できる確率って数%しかないの!?」

この現実を目の前にして、絶望してしまうアラフォーも少なくありません。

しかし、それでも結婚することにあきらめたくはありませんよね。

たったわずかでも結婚できる可能性があるのであれば、そこにすべてを賭ける決意も必要です。

では、どうすれば40歳から婚活をして、結婚できるのかをお教えします。

このページを見れば、どうすれば40歳からでも結婚できるのかが分かるようになるでしょう。

 

生涯未婚率14%…40歳で結婚したい女性の苦悩と厳しい現実

生涯未婚率とは、50歳の時点で一度も結婚したことがない人の割合です。

2017年、現在の女性の生涯未婚率は14.06%と、過去最高を更新し続けています。

このままでは、もっと一生独身の人が増えることが簡単に予想されます。

なんとしても50歳、できれば45歳までには結婚しておきたいと思う人もたくさんいるのではないでしょうか。

まずは、40歳を過ぎても独身未婚のままの女性たちの悩みを見てみましょう。

40歳過ぎて独身未婚の女性 いますか?

私は43歳。独身。東京在住です。
これといって特殊な事情があったわけではないのですが、いつの間にか独身のまま40代を迎えて3年目です。

・・・まさか40過ぎまで自分が独身とは思わなかったです。
いろいろ思うところはあります。
でも、これからのことはなるようにしかならないと考えています。

私のように
「一度も結婚しないまま、子供なし。40歳を過ぎたかた」どのくらいいるのかしらと思ってトピを立てました。
年齢と、今の率直な気持ちをそえていただいても結構です。

40歳以上であれば50代でも60代以上のかたのレスも歓迎です。

ここにいますよーというかた、レスをどうぞ。

ねこ座
2012年10月5日 19:22

はい、44歳です。

最後のお見合い(?)は33歳だっけかな?

ひっそり生きています。

YOU
2012年10月5日 19:24

私は9月に41歳になりました。

独身・未婚です!
しかも、36歳で6年付き合った彼氏に振られ
もーお先真っ暗って感じで落ち込みました。

これからだって、誰かと出合って結婚できる自信も保証も
ありません。

でも、それは感じ方ひとつではないでしょうか。
世の中は結婚してる方が人生勝ち組の風潮がありますが
結婚したらしたでみんな不平不満を言う。

って偉そうに言うても、やっぱ時にはぬくもりが
欲しいときもありますよねぇ。

むぎ
2012年10月5日 19:32

41歳、千葉在住です。

30代、仕事に生活に追われていたらいつの間にやら・・・という感じです。
結婚は20代にしておいたほうがいいですね。
出会いもタイミングもその頃なら沢山ありました。
ただ、私達の年代はその頃、仕事か家庭かの選択を迫られたので逃したというのはあります。

働いてもいいけど家事はしてね、という男が大半ではなかったですか?
男子の必修に家庭科が無い時代でしたから・・・


2012年10月5日 20:28

私は50代半ばです。
私の時代は30歳を過ぎた女性の結婚は相当難しかったので、30歳を幾つか過ぎた頃には、もう一生独身なんだと覚悟しました。
今の時代は、アラフォーで婚活されている方も多くて、しみじみ時代は変わったなあと思います。

落ち込むなあ
2012年10月5日 20:35

来月45歳になります。昔、もう17年くらい前に別れた彼がこの夏に結婚したと知って(彼とすごく結婚したかったわけではないのですが、お互いずっと独身だったので、もしかしたら、いつか拾ってくれるかもしれないと淡い期待をしていました。)かなり落ち込みましたね。

おまけに1年無職。先のこと考えると憂鬱ですね。容貌も何も衰えるばかり。先日、ついに頭髪が薄くなったことに気づき、もうげんなりです。

まあ、マイペースで生きていこうと思ってはいますが、、、

このように、40歳を過ぎても独身のままで、将来の不安に悩んでいる女性はたくさんいます。

友達や同僚がつぎつぎと結婚していく中で、自分1人だけが独身のままだと、どんどん不安になっていきますよね。

20代の後半ならまだしも、30代に突入するとその焦りが加速していきます。

そして、30半ばを過ぎ40歳が見えてきたころには、「本当に私も結婚できるんだろうか…」と不安になってきます。

それでもどうしていいか分からないまま、やみくもに婚活をしても結婚はできません。

気づけばいつのまにか40歳になっていた、という人も多いのではないでしょうか。

つまり、自分の意思ではなく、ずるずると40歳になってしまった・こんなはずじゃなかったと悩んでいる方がほとんどです。

40歳で独身のままだと、将来のことも不安になってきます。

すでに結婚した人たちは新築で家を立てたり、もう子供も大きくなったりして、幸せな家庭を築いているように見えます。

その一方で、自分はひとり暮らし、あるいはずっと実家で暮らしているような状態です。

自分が40歳にもなると、両親はもう定年を迎えていたり、場合によっては自分の親の面倒も見なければならないかも…と将来を考えてしまうこともあるでしょう。

それでだけでなく、「自分の老後はどうなるんだろう、一生孤独のまま寂しく過ごすことになるのかな…」と精一杯になっているかもしれません。

最近のニュースでも取り上げられるように、老後に必要なお金は数千万とも言われています。

公共団地や一人暮らしのアパートで、孤独死をしている人たちが増えていることも不安を駆り立てる要因になっています。

自分だけはそうなりたくないと思っていたとしても、一体どうすればいいのかとわからないまま時間だけが過ぎていくような状態です。

そんな状況をどうすればいいのか、そのためには正しい婚活方法をしなければなりません。

正直に言えば、40歳からの婚活はかなり厳しいものがあることも確かです。

婚活市場では圧倒的に20代の女性が人気であり、30代の女性でさえも苦戦します。

「私は美人だってよく言われるし、まだまだ若い子には負けないわ!」と思っている人がいるとしたら、それは勘違いです。

美人だとしても、結婚することに関しては、どうしても年齢が関係してきます。

若いだけの平凡な女性に外見的に負けないとしても、結婚は見た目だけで決めるものではないことを十分知っているはずです。

しかし、だからといって絶対に結婚できない・不可能ということはありません。

きちんとした手順を踏まえて、正しい婚活すれば、きっと納得のいく結婚ができるでしょう。

 

40歳からの婚活は、どんな結婚を望んでいるのかをしっかり考えておくことが重要

女性にとって、婚活は男性よりも労力がともなうとされています。

とくに40歳を過ぎると、そのハードルもぐんと高くなります。

正直にいうと、婚活のゴールである結婚は、20代・30代で到達したいところです。

しかし、中にはいろいろな事情があって、結婚できずに40歳を迎えてしまったという女性も多くいます。

独身女性がなかなか結婚に踏み切れない理由の一つとして、家庭の事情が大きく関係しています。

家族の介護や下の兄弟の世話などで、伴侶を得るチャンスがない人も多いのです。

婚期を逃す要因として、出会いがなかったということもありますし、結婚する気でいた彼氏と別れてしまったということもあるでしょう。

そのような女性が婚活を始めることができるようになっても、すでに30代後半や40代に入っていることもめずらしくありません。

中には相手を探すことをあきらめてしまう人もいたりします。

しかし、そのような理由で伴侶探しをあきらめることはもったいないことです。

結婚できない女性がいるということは、その人数と同じくらい男性にもパートナーがいないことを意味しています。

結婚は、男と女がいて初めて成立するものなのです。

多くの女性が結婚から遠ざかることで、男性も結婚のチャンスを得られなくなるのです。

世間一般の婚期が遅れたことで結婚をあきらめるのではなく、別のやり方で結婚のチャンスをつかむことも大切です。

しかし、そうは言っても、年を取れば出会いの機会は減るばかりです。

婚活パーティーなども、女性の年齢を35歳までと限定している所が多く、40歳を過ぎた女性は除外されることも多いのです。

一方で、熟年者に限定した婚活サービスも立ち上げられていますが、そういったものを利用する気にはなかなかなりませんよね。

その人の適齢期は、パートーナーを得たいと思った時がその時となります。

決して、早い遅いの問題ではありません。

婚活をしたいという40代の人は、男女共に増加しています。

婚活を目指す人のためのバックアップがさらに求められています。

そのような声を受けて、さまざまな婚活サービスが増えてきています。

しかし、40歳というのは、男女ともに仕事が多忙をきわめる時期でもあります。

社会的な責任も重くなり、時間的な制約も大きくなります。

若い世代のように下っ端の存在に甘えることはできず、熟年世代のように引退時期の気楽さもありません。

そのような人たちがマッチングをしてお付き合いを始めても、長く続かない場合も結構あります。

そこで、40歳から婚活するポイントとして、事前にどういいった結婚を望んでいるのかをしっかりと考えておくことが大切です。

個人の趣味や休日の過ごし方、パートナーに望むことなどを、他の年代以上に綿密に調査を行ってから、パートナー紹介に入るといいます。

そんなきめ細かなバックアップを行ったところ、40代のマッチングに成功する事例が多くなってきたという報告が増えています。

どのような家庭を築きたいかをしっかり考えているカップルの方が、婚後の生活も上手くいくことが分かってきました。

そして、結婚に対してしっかりと自分の考えを持った40代同士の結婚の方が、他の年代に比べて離婚が少ないことも、その後の調査で分かりました。

このことは、家庭を築くことは年代に関係なく、その真摯な姿勢で乗り切ることができるということです。

件の相談所においても、40代以外の年齢層にも、きめ細かいカウンセリングを始めているといいます。

ただ、カウンセリング以外にも、当事者の人生経験自体が、家庭生活を豊かにしているとの見方もあります。

結婚することをあきらめてしまわずに、ひとつひとつの出会いをきちんと大切にしていく人こそが結婚できます。

現在の世の中では、いつまでに結婚しなければならないという縛りはありません。

パートナーを得たいと思った時が、その人にとって適齢期なのです。

男女ともに、年齢だけで婚活をあきらめるのは、もはや一昔前の常識となりつつあると言ってもいいでしょう。

今現在迷っている人も一歩踏み出すチャンスです。

 

結婚相手の条件にこだわりすぎないこと

本当に結婚したいのであれば、理想だけを追い求めててはいけません。

理想の結婚を思い描くことを悪いとはいいませんが、40歳の今から結婚をしたいのであれば、現実を直視する必要があります。

この現実を直視できないがために、いつまでも結婚できず、一生独身でいなければならない人をたくさん知っています。

てっとり早く言ってしまうと、結婚相手の条件に妥協するということです。

年齢が上がれば上がるほど、自分のわがままを通すことができず、妥協する条件が増えていきます。

まず相手の男性の年齢ですが、40後半・50歳以上も視野に入れることです。

独身男性の40歳以上と、独身女性の40歳以上ではまったく条件が違います。

男性の40歳では30代の女性、男性の条件がかなり良ければ20代の女性と結婚することも可能です。

たまに見るのが40歳を超えた芸能人男性が、20代の若くて綺麗な女性と結婚しているというニュースです。

年齢が40歳でも、男性の場合は自分の職業・年収・ステータス、それに加えてイケメンであれば20代の女性と結婚できます。

逆に、40歳の女性の場合は、いくら年収が良くても美人であっても、20代の若い男性と結婚するのはかなり難しいです。

それぐらい女性の年齢というものは、結婚相手として選ばれるかどうかに大きく左右してきます。

というのも、男性が結婚したいと考えている場合は、家庭がほしい・子供がほしいということが大きく影響しているからです。

子供ほしいと考えている男性は、できれば20代・ギリギリで35歳前後の女性と結婚したいと思っていることがほとんどです。

出産適齢期のことも女性ほどではありませんが、男性もなんとなく理解しています。

そのため、40歳を超えた女性は、最初から結婚相手としてみなされないことがあるということです。

これが厳しい現実なんです。

もし今から結婚したいのであれば、子供はあきらめることも考えなければなりません。

年上女性が好きな年下の男性もいるにはいますが、それは20代の若い男性が30代の女性と付き合う場合です。

30代ならうまくいけば20代の若い男性と結婚できますが、40歳ではなかなか難しいものがあります。

とは言え、なにもよれよれのおじさんを相手にすることはありません。

そんな自分が好きになれそうもない、くたびれたおじさんと結婚しても幸せな結婚生活が送れるとは思いませんよね。

40代後半・50歳を超えているとはいっても、バイタリティのあふれるステキな男性はたくさんいます。

この活発なアラフォー・アラフィフ男性を狙うことが、結婚への大きなキーポイントになるでしょう。

自分より若い男性・同年代の男性と結婚したい場合は、子供が欲しいと思っていない男性を狙うのもいいでしょう。

最初から子供を欲しいと思っていなければ、結婚するのに相手の女性の年齢を気にすることはありません。

相手が年齢を気にしないのであれば、後は自分の魅力しだいで狙った男性のハートを惹きつけることが可能です。

実際、私の友達でも一回り以上年上の女性と結婚した人がいます。

その友達は子供がほしいと思っておらず、ただ相手の女性のことが好きで、ずっと一緒にいたいと思う気持ちから結婚しています。

もちろん今でも幸せな結婚生活をして、ラブラブでいるようです。

このように、結婚したいからといって、どうでもいい人を選んではいけません。

焦って結婚しても、絶対にいいことはないと断言できます。

早く結婚したいからといって焦って相手を選ぶよりも、自分がどんな毎日を過ごして、どんな人と結婚生活をともにするのか考えながら婚活をしていきましょう。

 

普通の男性像を見直してみる

よく結婚相手に「普通の男性」を求めている女性がたくさんいます。

しかし、そもそもその「普通の男性」は普通じゃなくて、競争率が高い貴重な存在なんです。

結婚したい独身女性が求める普通の男性は、身長170cm以上・普通体型・顔は良くも悪くもないくらい・年収400万以上のサラリーマンといったところでしょうか。

これだけでも女性が思っている以上に少ない存在なんです。

これに加えて、ちょっとイケメンとか、年収500万以上・両親と同居しないなどの条件をつけ始めるとさらにレアな存在になっていきます。

それに加えて、「普通の男性」を求める女性は多いので、必然的に競争率が高くなっていきます。

婚活市場に出回る前に、学生のときから目をつけられていて結婚していく男性も多いので、どんどんチャンスは少なくなっていくというわけです。

このように、「普通の男性」を求めるよりも、価値観・相性で相手を選ぶことも考えてみてください。

もちろん年収やステータスも結婚には重要です。

しかし、それだけを追い求めると幸せな結婚はできないと断言できます。

 

思い込みを捨てて、いろんな婚活にチャレンジしてみよう

結婚は30代までが勝負といい、40代になると手遅れになってしまうという考えがあります。

しかし、40代でも十分結婚することは可能です。

結婚することは可能といっても、40歳で独身という状況にあるということも事実です。

40代の独身女性が独り身から脱出する方法を1つずつ説明していきます。

まずは、ネット上に存在する婚活サイトを利用することです。

婚活サイトは、スマホさえあれば、気軽に結婚相手を探すことができます。

たとえば、年収は600万以上、年齢は40歳前半までといった感じです。

婚活サイトのマッチングは、自分に合った男性を自分で見つけなれけばなりませんが、婚活初心者でも利用しやすいでしょう。

たとえば、大手企業のリクルートが運営するゼクシィ縁結びや、マッチングアプリのハッピーメールなどがおすすめです。

マッチングサービスの利用で、結婚への第1歩を踏み出したことになります。

第1歩を踏み出したからと言って油断は禁物です。

結婚できる権利を得たに過ぎません。

次に大事なのが、条件にとらわれないことです。

無理な条件にとらわれるかとらわれないかによって、結婚できるかできないかが決まります。

40代独身女性は仕事一筋の人生を送ってきたのです。

そのため安定した地位に就いているので、給料をたくさんもらっています。

豊かな生活を過ごしているので、より豊かな生活を求めがちです。

なので、紹介された男性にも、仕事の地位や経済力などを求めてしまうのです。

安定した地位を獲得していて経済力が豊かでも、性格が悪いと意味がありません。

逆に、あまり経済力がなくても、性格や相性がよければ、幸せな結婚は十分にできます。

最初から経済力などを求めてしまうと、結婚への道のりが遠ざかってしまいます。

婚活サイトで数人ほど紹介されても、実際に会って付き合うことになるかどうか保証はありません。

あらかじめ、同時並行でさまざまな婚活をすることを想定した上で、人脈を広げてみるのもいいでしょう。

人脈を広げることで、出会いの数が増えます。

学生時代の生徒が集結する同窓会やクラス会は、1種の出会いの場になっているので参加してみるのも1つの手です。

若かりし頃は未熟で人生経験もあまり知ることができなかったのに対し、40代になると色々な人生経験をしているのです。

たがいに色々な人生を経験しながら立派な大人になっているので、意気投合して青春時代に味わうことのなかった良い関係を結ぶことができるかもしれません。

こういった「そんなとこに出会いがあるわけないでしょ」というところにこそ、出会いのきっかけはあるものです。

ようするに、自分から勝手な思い込みをせずに、出会いのアンテナを広げておくことが大切です。

もし興味があるのであれば、一度は結婚相談所に相談してみるのもいいかと思います。

婚活相談所に登録すると、プロのコーディネーターが良い相手を見つけてくれるのです。

良い相手が見つかると、お見合いができるようになります。

良い相手が見つかるのは間違いないのですが、お見合いは形式ばっていて堅苦しく気軽に話をして楽しむことができないという欠点もあります。

先に述べた欠点が気にならないなら問題ありません。

若い人たちだけで楽しむだけでなく、幅広い年齢層に支持されている婚活に参加すれば、共通の結婚観を持った年下や年上の男性に出会えるチャンスが張り巡らされているのです。

なので、もう年だからというような考えは捨ててしまい自分ができそうな婚活に参加してみることも大事です。

Facebookなどのソーシャルネットワークを利用すると、幼馴染や気心の知れた友達とつながることが可能です。

もしかしたら運命の糸で結ばれている、まだ見ぬ白馬の王子様に出会えるかもしれません。

40代に突入したからと言ってあきらめる必要はないです。

婚活サイトや婚活相談所への登録、同窓会やクラス会に婚活パーティーなど利用すればするほど参加すればするほどに出会いの数が無限に広がります。

女性は完全無料で利用できるマッチングアプリ「ハッピーメール」

ゼクシィが運営する婚活サイト【ゼクシィ縁結び】

 

いかに価値観の合う男性と出会えるかが重要

実際にどうすれば結婚できるのかというと、条件ではなく価値観を合わせることが重要です。

条件で結婚相手を選べば選ぶほど、婚活はうまくいかなくなります。

というのも、自分が条件で相手を選んでいるということは、男性も条件で女性を選んでいることなるからです。

条件だけで男性が結婚相手として女性を選ぶとしたら、若くて可愛い女の子と結婚したいということです。

そうなると、はっきり言って勝ち目をありません。

若さや可愛さなどの分かりやすい見た目だけの条件で勝負をするよりも、いかに価値観が合って相性が良い男性を見つけることができるかが幸せな結婚につながります。

若くて可愛い女性はたくさんいますが、価値観が合う・相性がいい相手は、それほどたくさんいるわけではないからです。

相性というのはその人同士の相性であって、他に代わりの人がいるというわけではありませんよね。

結婚は一生をともにすることです。

そのためには、年齢や可愛さなどで勝負せず、どうすれば価値観が合う人を見つけれるのかを考えることです。

年齢や可愛さは歳をとればなくなってしまいますが、価値観が合うこと・相性がいい人はいつまでたっても相手のことを素敵だと思えるものです。

これは理想論や建前では言っているのではありません。

条件で妥協をして幸せな結婚はできても、価値観や相性の違う男性と一生をともに過ごせるとは私は思いません。

自分が本当に良いと思える結婚相手を選べば、きっと幸せな結婚ができるでしょう。

そのためには、結婚につながる出会いを作ることも大切です。

何の行動もせずに、ただ待っているだけで結婚相手が現れるわけではありませんよね。

自分で結婚するのにふさわしい相手を積極的に探しにいかなければ、いつまでたっても結婚できません。

幸いにも、現代にはさまざまな婚活サービスがあります。

婚活サイトや婚活パーティー・結婚相談所など、相手探しができる方法はたくさんあります。

他にも、ジムに通ってみたり、社会人サークル・資格の習い事・ボランティア活動など、意外なところで出会いを見つけることもあります。

もちろんすべてをやれというわけではありません。

自分に合っていそうな婚活方法を、できる範囲でコツコツとためしていきましょう。

 

40歳から自分磨きをする方法

40歳からでも自分磨きは必要です。

結婚したいのであれば、気になる男性を引きつけるだけの魅力が必要になります。

とはいっても、ただ単に若作りをすればいいというわけではありません。

必死に若作りをしようとすると、かえって痛々しいおばさんになってしまいます。

では、どうすればいいのかというと、年齢相応の大人の魅力を磨くということです。

若作りというのは結局、年齢のごまかしであって、本当に若い女性に勝てるわけではありません。

それよりも、年齢に合った大人ならではの女性の魅力というものを磨いたほうが、結果的には女性としての魅力が増してきます。

そのためには、外見と内面の両方を磨く努力をしていきましょう。

外見においては、自分の年齢に合ったファッション・スキンケア・メイクの仕方にあります。

ファッションは年齢に合った、あまり可愛過ぎないベーシックなもののほうが似合います。

婚活では、女子アナのようなファッションが男性に人気がありますが、若い女子アナではなくアラサー世代の女子アナを参考にしてみてください。

ワンピースやスカート・ブラウスなどでも、可愛いらしいものよりややシンプルで落ち着いたアイテムのほうがしっくりくるかと思います。

メイクも同じように、最先端の流行メイクを追っかけるよりも、基本的なメイク方法をしっかり身につけたほうが、全体のバランスを整えることができます。

アラフォーからのメイクは濃くなりがちですが、男性はすっぴんのように見えるナチュラルなメイクを好みます。

あくまで「すっぴんのように見えるメイク」なので、メイクをしないというわけではありません。

自然体に見えるメイクは、やはり基礎がしっかりしていることのほうが大切です。

スキンケアにおいては、おばさん化しないように過度のシミやシワに気をつけるような基本的なものでOKです。

それに加えて、栄養バランスを整える・睡眠をしっかり取る・ストレスを溜め過ぎないなどの、健康的な生活を目指しましょう。

もちろん外見だけでなく、内面の自分磨きも必要です。

大人の余裕があるような立ち振る舞い・相手の男性を立てる気立ての良さ・自分の人生をしっかり楽しんでいるようなポジティブな姿勢が、大人の女性ならではの魅力に見えます。

参考にするのは難しいかもしれませんが、高級クラブのママは綺麗なだけでなく、どうすれば顧客の男性に気持ちよく過ごしてもらえるかを知っています。

可愛いいだけの女性ならキャバクラで十分ですが、高級クラブではキャバクラでは味わえないような受け答え・もてなしをしてくれるため、ステータスの高い男性が通ってくれます。

このように、外見と内面磨きのために簡単・楽な方法はありません。

毎日を充実させ、自分を磨くための地味な努力こそが結果を出すようになります。

ではここで、実際に婚活をしていた方々の体験談を見てみましょう。

 

「アラフォーの婚活は厳しいですが、結婚できないわけではありませんでした」 40代前半 女性 Fさん

「私は今現在42歳の女性です。

3年前に今の旦那さんと結婚することができました。

今は幸せな結婚生活を謳歌しております。

20代のころは結婚への意識のかけらもなく、彼氏も作らずに趣味のスポーツ観戦に没頭してました。

30代になった頃、若干結婚を意識し始めました。

33歳の時に合コンで知り合った5歳年下の彼氏と付き合い始めて、そのままこの彼氏と結婚するんだろうなと漠然と考えてました。

しかし、その彼とも彼の浮気が原因で別れてしまいました。

別れた時点では37歳になっていて、このままでは独身のまま生涯を終えてしまうという危機感から、すごく焦った覚えがあります。

「37歳から婚活を再スタートさせました。

友達にお願いをして結構な数の合コンを開いてもらいました。

私は容姿に自信がありました。

肌にも気を使ってたので、実年齢よりいつも5歳から10歳ほど若く見られました。

(もちろん相手側のお世辞も入ってますが)一般職ではありますが、大企業にも勤めていて貯金も1000万円ほどありました。

そのため、すぐに相手は見つかるだろうと高をくくっていました。

合コンでの人気も高く、合コンで連絡先を交換した何人かの男性とデートをしました。

しかし、彼らと話を進めていると皆、結婚は意識していませんでした。

ほとんどの相手が40歳近くのアラフォー世代でしたが、私と一夜限りの関係を持ちたい方が多かったのでがっかりです。

もしくは、気軽にいつでも会える友達のような関係を求めていました。」

結婚願望のある男性も合コン相手の中に半分くらいはいましたが、私は彼らにアタックしてもやんわりとお断りされました。

そういった結婚願望のある男性にどういった女性と結婚したいか聞いてみると「年下(30代)の女性と結婚したい」と皆、口をそろえて言ってました。

ある時にはなぜ断ったのか凄く問い詰めた結果、こんなことも言われました。

「確かにあなたは顔もいいですし、性格も優しくて気配りもできます。

でも、子供を産むことを考えると、どうしても30歳くらいの子と結婚したいんです。」

「これを言われた時にはショックでした。

見た目は化粧などでいくらでもごまかすことはできますが、実年齢はどうしてもごまかすことはできません。

私はもう結婚できないのかと思い、凄くショックを受けました。

その後、ショックを受けつつも現実は受け止めなければならないと思い、改めて高齢出産のリスクを書物やインターネットで調べました。」

確かに私のような40歳に近いアラフォー世代は、出産のリスクが高いというのはまぎれもない事実です。

そのため、同年代の男性で子供が欲しい人はアラフォー女子は敬遠しがちになります。

私は子供が好きでしたし、子供が欲しいとも考えておりました。

ですが、何かを得るためには何かを捨てないといけないと思い、泣く泣く子供が欲しいという考えはやめることにしました。

また、合コン意外にも婚活サイトを使うことも始めました。

出会いの機会を増やせればいいかなと思い、気軽に始めてみました。

こんな感じで何気なく使い始めた婚活サイトですが、メリットが多かったです。」

「まず「婚活サイト」という名がついているだけあって、利用している男性は皆結婚願望がある人ばかりということです。

婚活サイトの中には、一夜限りの関係を目的にした人や友達を作りに来た人もいるかもしれませんが、私が実際に出会った方にそのような目的の方はいませんでした。

二つ目に自己紹介欄に「子供が欲しいか、必要ないか」を記載する欄があることです。

私は早速「子供は必要ない」と記載している男性を探しました。

それで分かったことは、今のご時世、必ずしも子供が欲しいと思っている男性ばかりではないということです。

こうして探した男性とメッセージのやりとりをして、食事に行く機会をセッティングして実際に何人かの男性と会いました。」

「実際にお会いした方のほとんどは年齢が30代後半から40代前半でしたが、一度だけ24歳の男性ともお会いしました。

会う前は若い子に会えると気分も高揚してましたが、実際に会うと年齢のギャップから来る意識差にショックを受けました。

私が結婚したのは、このサイトを使って出会った当時37歳だった男性です。

当時私は39歳でした。

性格や価値観が一致したのが決め手でした。

なかなかアラフォーでの婚活は厳しい現実が待ち受けていますが、結婚できないわけではありません。

何かを妥協すれば結婚できますし、幸せな家庭を築くこともできます。」

 

子供がほしいというわけではなければ、40歳からでも結婚できるチャンスは十分にある

Fさんのように、20代前半の頃はまだ結婚ということを意識したりはしない方も多いでしょう。

20代後半になって、ようやく結婚を意識し始めるの方がほとんどだと思います。

なかなか結婚できずに、30代になってしまったという女性が増えてきています。

ただ、その時に焦って婚活をしてもなかなかうまくいかない人が多いようです。

また、Fさんのようにそれまで付き合っていた彼氏と別れてしまって、そこから途方に暮れてしまうということもあるようです。

結局、Fさんは37歳のときから婚活を本格的にスタートさせることになりました。

しかし、アラフォーであるFさんがいくら容姿に自信があったり、経済的に豊かであったとしても、すぐに結婚できるというわけではありません。

なぜかというと、女性の婚活では若さこそが重要視されるようにになるからです。

それほどまでに若さが重視されるのかというと、結婚してから将来的に子供が欲しいと言う願望が男性にもあるからです。

子供が欲しいと考えている男性は、少なくとも30代前半までの女性と結婚したいと考えています。

アラフォーの独身女性が婚活をしても、子供が欲しいと考えている男性には見放されてしまいます。

そのため、見た目がいくら若かったとしても、年齢がわかったとたんに結婚対象外になってしまうんです。

本当ならば、結婚して子供がほしいと考えているのであれば、20代の時から本格的に婚活をし、少なくとも30代前半には結婚をしてなければなりません。

とはいっても、今さらその話を蒸し返しても意味がありませんよね。

結局Fさんは子供を出産する、という考えはあきらめることになりました。

そうだとしても、婚活においても出会いの方法になりふりをかまっている暇はありません。

そこでFさんは婚活サイトを使うことにしてみたようです。

最終的に、この婚活サイトが今の旦那さんと出会いのきっかけになりました。

婚活サイトのメリットは、結婚願望のある男性とたくさん出会えることです。

中にはエッチ目的の人もいたりするかもしれませんが、それはどの婚活でも同じことです。

また、そういった男性は考えが浅はかなので、自分でよく見極めれば判断がつきます。

ちょっとでも怪しいと思ったら、それ以上近寄らないようにしてしまいましょう。

アラフォーの女性が結婚したいと考えているのであれば、必ずしも子供が欲しいわけではないことを明言しておく必要があります。

そうすれば、結婚願望はあっても子供欲しいと考えていない独身男性との出会いがきっと見つかるでしょう。

婚活サイトを使っている男性は、20代後半から30代の男性が1番多いです。

若い男性も確かに利用したりはしていますが、アラフォーの女性とはなかなか意識の差があって難しいと思います。

子供が欲しいというわけではなければ、生活や価値観が一緒の男女性を求めている男性も多いです。

そして、Fさんは婚活サイトを使って37歳の男性と出会うことができました。

 

「上司に誘われた婚活パーティーで結婚できました」 40代前半 女性 Aさん

「40歳は人生の後半に差しかかる年です。

そろそろ結婚したいと思い、婚活活動にはげんだのですが、失敗の連続でした。

婚活パーティーに参加していたのは、20代や30代の男女ばかりだったんです。

婚活パーティーに参加している40歳は、ただ1人だけで浮いた存在になっています。

周囲は仲良く会話をしてマッチングに成功しているのに、自分だけが取り残されているような感じがしてなりません。」

「しょせん、40歳女性が婚活活動に参加するのは場違いだったのでしょうか。

そんな気がして仕方がない状況におちいってしまいました。

落胆が隠せないほどショックです。

勤め先でも結婚している人は多く、居場所なんてどこにもありませんでした。

結婚願望が強かったので、ある日接待した人がカッコ良かったので恋に落ちてしまったのです。

相手の方も気がある事がわかっていたので交際することになりました。

交際が始まりデートの回数も順調に増えていったので、ますます好意を抱かれているように感じられ非常にうれしく思っていました。

これは結婚のチャンスだと感じたので思い切って「同じ人生を歩んでください」と話を持ちかけたんです。」

「すると、思いがけもしない言葉が返ってきました。

「お前とは結婚することが出来ない」という言葉を浴びされました。

さらに、「俺にはもう彼女がいるからあきらめてくれ」と言われたんです。

それを聞いた途端に「今までの出来事は一体何だったの???」と思い、全てが走馬灯のように感じ悲しくなってきました。

地獄のどん底に突き落とされたとは、まさにこのことですね。

ひどい目に遭ったので精神が普通ではいられなかった時でしたが、なんとかいつも通り勤務先に足を運ぶと仕事終わりに上司に呼ばれました。」

「何事かと思いながら上司のデスクに向かいました。

すると、上司から「今度40歳を中心とした婚活パーティーを開く予定だから、良かったら君も来ないか?」と言われました。

私の上司とはかなり仲がよかったのですが、何でも独身脱出の手伝いがしたいというはからいだったのです。

願ってもないチャンスが到来しました。

その時の心境は、待てば海路の日和ありでした。

すぐにOKの返事をしたのです。

当日、約束の時刻になると、おめかしをして婚活パーティーが開かれる場所にいそいそ行きました。

何だか晴れやかな気分になっていたので、いつもより足取りが軽かったです。

「婚活パーティーの会場に到着すると、40歳前半から後半の男性がたくさん参加していたのです。

好みの相手には気持ちがブレることなく、真っ向勝負がしたかったのです。

まずは会場を1周して好みの相手を探しました。

会場を1周すると全体をとらえることができます。

すると、その中に1人だけ好みの男性を見つけることができたんです。

でも過去のことがあるので、再度裏切られたらどうしようと思うと、足がすくんで動くことができませんでした。」

なかなか動くことが出来なかったので、無駄な時間を過ごす羽目になってしまうのかなと考え込んでいると、なんとその男性のほうから一緒に飲まないかと誘ってくれたのです。

飲み物を一緒に飲みながら、たがいの理解を深めるために趣味などの話をしました。

趣味などの話をしているうちに、会話が弾み盛り上がることができました。

時間を忘れるくらい盛り上がってしまい、あっという間に婚活パーティーは終了したのです。

「終了間際に、たがいに連絡先を交換できました。

会話が弾み盛り上がることができたのは、今思うとアルコールのおかげかもしれませんが、結果オーライです。

帰宅すると早速、連絡のやりとりをしたのです。

連絡のやりとりを続けて3日が経つころに、電話がかかってきてデートの申し込みをされました。

デート当日になると、一緒にご飯を食べてから遊園地に遊びに行きました。

1回のデートで互いにもっともっと理解を深めたいと思うようになったので、毎日デートするようになったのです。」

デートをする回数を重ねたある日、ついに告白されました。

うれしかったです。

告白を受け入れ一緒に式場を見に行きました。

そして、全ての準備が整ってから結婚することになったのです。

新婚旅行を経て共同生活が始まりました。

新婚生活から喧嘩することもなく、ラブラブな時間を過ごしてきました。

今でもラブラブな生活を続けています。

やっと独身生活から抜け出せたのです。

勤め先の上司の一言でラブラブな生活を送り続けている事ができているので、感謝の気持ちでいっぱいです。

面と向かってありがとうを伝えたいです。」

 

あきらめなければ、思いもよらないところから結婚につながる出会いはある

個人的には、婚活パーティーに40歳のアラフォーが参加するのは無謀だと思っています。

婚活パーティーは、若い人の方が有利な婚活方法です。

というのも、婚活パーティーでは1対1で話す時間があまりありません。

ということは、見た目や第一印象で勝負が決まってしまいます。

アラフォーが婚活で結婚したいのであれば、おすすめの方法は婚活サイトか結婚相談所です。

これらの婚活方法であれば、他の人とその場で比べられることがありません。

特に、結婚相談所であればプロの婚活アドバイザーが、自分にあったその男性を紹介してくれるようになります。

Aさんは仕事先で接待した人と付き合うことになったようです。

しかし、その人は遊び目的で英さんと付き合っていたと言うことでした。

こんなことになると凄くショックですよね。

そんな絶望の最中にいるAさんでしたが、ある日上司から婚活パーティーを開くと言う話を聞きます。

普通はこんな話を上司からされたらセクハラ・パワハラ問題にもなりかねませんが、Aさんは上司の方ととても仲がよかったようですね。

また、あまりおすすめではない婚活パーティーでも、年齢を制限したものであれば結婚できるチャンスはあるかと思います。

そこでAさんは好みの男性を見つけることができました。

あきらめずに婚活をしていれば、自分が思いがけないところから出会いのチャンスがあるものです。

その人と出会ってから付き合うまで、一気に行くことができたようです。

そして、とんとん拍子に結婚することができたのです。

出会いはどこにあるかわからないという良い例だとおもいます。

 

【40歳独身女性の婚活事情】アラフォーが結婚できる確率のまとめ

アラフォーの婚活は厳しいが、結婚できないわけではない

・見た目はごまかすことはできても、実年齢をごまかすことはできない

子供がほしいというわけではなければ、40歳からでも結婚できるチャンスは十分にある

・出会いの方法を選んでいる場合ではない

40歳からの婚活は、どんな結婚を望んでいるのかをしっかり考えておくことが重要

思い込みを捨てて、自分ができる婚活にチャレンジすること

・幅広い年齢層に支持されている婚活に参加すれば、共通の結婚観を持った男性に出会えるチャンスがある

▼まずは無料でためしてみてください▼

いい出会いがなくて困っている方は、婚活サイトのゼクシィ縁結びを使ってみてください。

ゼクシィ縁結びを使えば、すぐにでも結婚相手探しができるようになります。

大手企業のリクルートが運営しているので、安心・安全への取り組みは徹底しています。

会員登録も無料ですので、まずはおためしで利用してみるのがおすすめです。

「早く結婚したいのに相手が見つからない…」と悩んでいるのに使わないのは損していますよ。

会員登録は3分で完了します。

▼ゼクシィ縁結びを使ってみる▼
ゼクシィ縁結び