「このまま一生独身!?」41歳女性の婚活事情「結婚はもう無理なの…?」

年齢別・すぐに結婚できる婚活方法

「40代からでも結婚できるの…?」

「一生独身を覚悟しなきゃいけないのかな、、、」

40歳を過ぎても結婚したいと思っている独身女性が最近増えてきています。

このページでは、41歳独身女性の婚活・結婚事情について、体験談とともに紹介しています。

 

複数の婚活サービスを利用していきましょう

41歳の独身女性が婚活をする方法には、さまざまなものがあります。

具体的な婚活方法としては、婚活サイトやマッチングサイトに登録してみるということです。

ここでポイントになるのが、複数の婚活サービスに登録してみるということです。

さらに、複数のサービスに登録しておくことによって、結婚することができるチャンスはより増えていきます。

また、マッチングサイトなどは年齢などの個人的な情報を掲載することから、相手もさまざまなことを承知の上で結婚相手として認識しています。

最初から知っている上で結婚を意識したお付き合いができるので、結婚までのスピードがはやいです。

それは、こちら側にも言えることなので、相手の年齢や年収なども知った上で婚活することが可能です。

最近では、晩婚化が進んでいることから、厳しいとはいえ41歳でも結婚できる可能性はあります。

婚活市場は、完全に高齢化しています。

そのため男性でも女性でも年齢が高い人の参加が増えているからです。

婚活方法も、マッチングサイトや婚活サイトの登場で、以前よりも格段に利便性が高いものとなっています。

スムーズに、婚活をすることができる仕組みがたくさんあります。

マッチングサイトなどは、システム化されているため入力するだけで最適な相手を見つけてくれます。

こうしたサービスを利用する上で、最大の魅力となっているのはなんといっても相手が結婚に前向きであるということです。

普通に相手を見つけてしまうと、結婚までかなりの時間がかかることもあります。

相手が結婚を考えていないというリスクもあります。

そうした部分を考慮しても、マッチングサイトや婚活サイトを効率的に活用していくことが重要です。

現在では、便利なサービスがたくさんあります。

まずは比較をしてみて最適なやり方を見つける必要性があります。

自分にとって最適なサービスを見つけることによって、婚活の成功確率もかなり高いものにしていくことができます。

たとえば、結婚情報誌で有名なゼクシィが運営するゼクシィ縁結びや、マッチングアプリのハッピーメールなどがおすすめです。

婚活方法をきちんと考慮することによって、目的を達成しやすくなる環境を形成していくことが可能です。

まずは婚活しやすい環境を作っていくということが、重要なポイントになっています。

41歳独身女性で婚活している人も少なくありません。

41歳でも結婚を考えている独身女性がいるのが、現在では婚活市場の現状です。

こうした理由は、晩婚化という部分と社会全体が高齢化しているという部分に起因しています。

また、幸せな結婚がしたいのであれば、どんな相手を希望するのかが大切なポイントです。

しっかりと今の自分に叶う相手を見つけることが、その後の幸せにつながっていくという部分があります。

きちんと考慮して最適な選択をしていく必要性があります。

独身女性はたくさんいるということから、そうした人達を対象にしたサービスというものはかなり充実しています。

婚活市場は、これからも利用者が増えていくとされています。

利用者が増えていくことによって、その分チャンスも広がっていくことからきちんと活用することが大事です。

 

40代からの婚活は自分から積極的にアプローチしていく必要がある

普通に日常生活を送っている中で、結婚適齢期の男女が自然に知り合えるチャンスというのは、あまり多くありません。

というよりも、偶然の出会いを期待する方が無理であるのが実情です。

何かと物騒なことが多い時代ですので、見知らぬ人に声をかけられた場合、まず警戒してしまうのが普通の反応です。

駅でたまに見かける人と運命のように恋に落ちるというのは、テレビドラマの中でしか起こりえない出来事です。

そのため、いわゆる結婚適齢期中に結婚相手を見つけ出すことができない人が増えています。

性別に関係なく大きなターニングポイントになる年齢が、満41歳です。

40歳は30代の延長ですが、41歳は立派な40代です。

保健学的には老年期に分類される年齢ですから、あらゆる面で衰えを実感するようになります。

結婚を望んでいる独身男性にとっては非常に厳しい年齢ですが、女性の方がより切実な厳しさになります。

なぜかというと、子供がほしいと考えている独身男性は30代までの女性を探しているからです。

そのため、41歳からの婚活は必然的に子供がほしいと考えていない、それも年上の50代の独身男性を狙うことになるでしょう。

さらに、自然な出会いで結婚することが困難になっている以上、積極的に婚活を行うことが結婚への第一歩になります。

具体的な婚活方法としては、知人を介してのお見合い、合コン、婚活パーティー、マッチングアプリ、結婚相談所の利用などが考えられます。

どの方法にもメリットとデメリットの両方がありますので、それらを正しく理解した上で、自分が行う婚活方法を決める必要があります。

ちなみに、昔とは違い、今は知人から見合い話を持ち込まれるケースが非常に少なくなっています。

一昔前までは、近所の人や親戚の中に、若い男女のカップリングが趣味のようになっている人が1人や2人はいたものです。

しかし、時代の移り変わりと共に、他人のプライバシーに干渉することを避ける傾向が強くなりました。

また、人間関係の希薄化も進んでいるため、人脈を通じて結婚適齢期の男女の情報を集めることが難しくなってしまいました。

そのため、知人を介したお見合いから結婚に至るケースは激減しています。

若い層を中心に大人気になっている合コンには、余計な費用がかからない、気軽に参加することができるなどのメリットがあります。

もちろん飲食費はかかりますが、入会金などがかかるわけではありません。

ただし、遊び目的の参加者が多いというデメリットがあります。

合コンの場合、結婚相手というよりも恋人が欲しくて参加する人がほとんどです。

もちろん、合コンで知り合った人と恋愛して結婚に至るケースもありますが、他の婚活方法に比べると結果が出るまでに長めの時間がかかることになります。

合コンの次にあげたのは婚活パーティーですが、結婚相談所だけでなくイベント業者や自治体が主催する婚活パーティーも開かれています。

パーティーに参加する際には、必ず参加料を支払わなくてはなりません。

また、人気が高いパーティーの場合は、抽選に当たらないとパーティーに参加することができません。

たくさんの人が参加するため、運営業者から個別のサポートサービスを受けることはできませんが、大勢の異性と直接会ってみることができるというメリットがあります。

近年大人気になっているのは、マッチングアプリを利用した婚活方法です。

サービスの利用料金がかかる場合が多いですが、他の婚活方法に比べるとリーズナブルな価格設定になっています。

数多くの会員情報をスマートフォンで簡単に見ることができるようになっているため、高い人気を集めています。

また、インターネットを利用したサービスであるため、24時間いつでも好きな時に使うことができます。

ただし、アプリごとに登録会員の年齢層が異なっていますので、事前によく調べてからアプリを決めるようにした方がよいです。

たとえば、マッチングアプリのYahoo!パートナーや、結婚情報誌で有名なゼクシィが運営するゼクシィ縁結びなどがおすすめです。

最後にあげるのは、婚活の王道ともいえる、結婚相談所を利用した婚活方法です。

少しでも費用を安く抑えたいと考えている方は、ネット専業の結婚相談所を利用するとよいです。

一方、多少費用がかさんでしまっても、無事に結婚相手が見つかるまでマンツーマンでしっかりとサポートしてほしいと望んでいる方は、実店舗がある結婚相談所を利用するのがベストです。

初心者でも使いやすいマッチングアプリ「Yahoo!パートナー」

ゼクシィが運営する婚活サイト【ゼクシィ縁結び】

 

高ステータスの50代独身男性が狙い目

若さというのは婚活においてなによりも武器になります。

しかし、その若さという武器がない今、どうすればいいのかというと、若さの代わりになるものを手に入れなければなりません。

それは、夫となる男性への居心地の良さを感じさせることです。

この人となら一生をともにしてもいいかなと思ってもらえるような雰囲気作りが必要です。

では、どうすればその心地よさを相手に与えることができるのかというと、一番は男性を立てることです。

男性はひとことで言うならば、「プライドの生き物」です。

自尊心は、男性にとってなによりも大事なものになります。

女性からしてみれば、「なんでそんなもの大事なんだろう?」と思う方もいるかもしれませんが、男性にとって「自分の強さ」というものは今も昔も変わりありません。

一家の大黒柱という言葉が昔にはありましたが、それは自分が家族を養っているだというプライドの表れでもあります。

それと同時に、家族にきちんとご飯を食べさせて養えることは、それだけ自分が強い、生きていく能力が高いことの証明でもありました。

では、そんなプライドを大事にしている男性ですが、どうすれば男性を立てることができるのかというと、一番のチャンスは会話をしているときです。

会話をするときに男性の話をよく聞いて、相手を褒める・さらに話を掘り下げるなど、相手が興味のある内容で話を広げていくことが大切です。

そうすれば、相手の男性は「この人は私の話をよく聞いてくれているなぁ」と思ってもらえるし、自分に興味を持ってもらえていると感じてくれるでしょう。

そして、40代から結婚したいのであれば、その相手もしっかりと選んでいく必要があります。

婚活で狙うべきは、ずばり50代の独身男性です。

50代の独身男性であれば、42歳というあなたの年齢でも若く見てもらえます。

先ほども言ったように、男性は子供がほしい場合、30代までの女性しか相手にしてくれません。

子供がほしくないという例外があれば、40代も視野に入れてくれるでしょうが、そうでなければなるべく若い女性をターゲットに婚活をしています。

なので、50代の独身男性であれば、子供をほしいと思っていることも少ないですし、40代の女性を若いと見てくれます。

「そんな50代の男性とか、、、もうおじさんもいいとこだし、じいさん一歩手前なんじゃないの?」とがっかりする人もいるかもしれません。

しかし、50代の独身男性ならではのメリットもあります。

それは、

・経済的に余裕があって、お金をしっかり持っている

・貯金もしっかりあるため、結婚しても専業主婦でOK

・年上なので甘えさせてくれる

というメリットがあります。

同い年、あるいは年下ではなかなかこうはいきません。

50代というと、かなり高収入な人も多いし、もう少ししたら夫婦でアーリーリタイヤをしていろんなところを旅行しながらのんびり暮らすこともまったくの夢物語ではありません。

こういった経済的な自由を持っていることが、50代の独身男性ならではの魅力とも言えるでしょう。

もちろんメリットだけではなく、デメリットもあります。

・相手の両親が高齢で、介護が必要な場合がある

結婚してすぐ介護が必要、というケースもなきにしもあらずです。

これではせっかく結婚したのに幸せのんびりな生活なんて送れませんよね。

なので、良さそうな人を見つけても、焦らず念入りに相手のことを見極める、調査をすることが必要です。

なかなかお宝な相手は見つかりにくかもしれませんが、ちゃんと探せば好条件の独身男性はいるので、地道に探していきましょう。

また、妊娠・出産はあきらめることも必要です。

子供はほしくないというのであれば、40代からでも結婚できるチャンスが一気にアップします。

逆に、少数ではありますが、子供は望んでいないけど、結婚はしたいという独身男性もいるからです。

基本的には独身男性は結婚するのであれば年下の女性が好きな好きなものですが、なかには同い年でもOK・年上のほうが好きという男性もいます。

実際に私の友達は一回りも年上の女性(男が30代で、女が40代)と結婚しました。

その夫婦は結婚しても子供をのぞんでいないし、悠々自適に毎日を幸せに過ごしているらしいです。

40代で結婚できるとはいっても、それほどのんびりしている暇はありません。

いくら50代の独身男性が結婚したいとは思っていても、相手の女性の年齢をまったく気にしないわけではないからです。

そして、ギリギリ結婚してもいいと思える女性の年齢は、45歳までです。

42歳というと、あと3年しか残されていません。もたもたしているとあっという間に45歳を過ぎて、50歳になってしまいます。

本気で結婚したいのであれば、すぐにでも行動しなければなりません。

自分ができることからでかまいませんので、まずは自分がためしていけそうなものから順番に婚活をスタートさせていきましょう。

ではここで、実際に40代から婚活をして結婚できた方々の体験談を見てみましょう。

 

「結婚相談所で1ヶ月以内に結婚が決まりました」40代前半 Eさん

「私は41歳の独身OLです。

41歳で独身と聞くと勝手にバツイチだと誤解されてしまうことが多いですが、過去に結婚した経験は1度もありません。

仕事に燃えるバリキャリだと誤解されることもありますが、余人を持って代えがたいような難しい仕事をしているわけでもありません。

それなのになぜ今まで独身のままでいたのかというと、単に婚活をサボっていただけのことです。

具体的な根拠があるわけではなかったのに、普通に暮らしていればいつか必ず生涯のパートナーに巡り会えるはずだと夢想していました。

しかし、今になって考えてみると、結婚相手になりそうな男性が1人もいない職場で働いていたくせに、よくそんなに余裕のあることを考えることができたものだと、我ながらあきれています。

昨年の暮れに41歳のバースデーをたった1人きりで迎えたときに、このままだと一生結婚することができないと切実に実感しました。

昔であればマル高と言われた年齢にすでに達しているわけですが、医学が進歩したおかげで40代になってから出産する女性が増えているという話を聞いたことがあります。

せっかく女性としてこの世に生を受けたのですから、私にも自分の子供を産みたいという夢があります。

そこで、遅ればせながら真剣に婚活を行ってみることにしました。

最初に利用してみたのは、無料で恋人探しをすることができるマッチングアプリです。

男性会員は有料ですが、女性会員は無料だったので、気軽に登録することができました。」

「簡単に言うと、希望条件を指定して男性会員の情報を絞り込み、WEBを介して相手にアプローチする仕組みになっているアプリでした。

入会後2~3ヶ月でカップルになれたという口コミがたくさんあったので、これは期待してもよいのではないかと考えました。

しかし、利用開始後すぐに、現実の壁にぶち当たってしまいました。

いくらこちらからアプローチしても、相手からオーケーの返事が返ってくることは1回もありませんでした。

そもそも、登録会員数自体はとても多いものの、私の結婚相手にふさわしい年代の男性会員は少ししかいませんでした。

このアプリを利用し続けてもマッチングに成功する可能性はとても低いと感じたので、割りと早い段階でマッチングアプリの利用をやめました。

その次に私が行なったのは、結婚相談所への入会です。

年明け早々に結婚相談所に出向き、入会手続きをとりました。

こちらはさすがに無料というわけにはいかず、入会金と年会費を最初に支払いました。

結婚相談所の費用相場は知りませんが、まずまず妥当な金額だと思いました。」

「余談ですが、私が入会した結婚相談所の料金は、男性会員よりも女性会員の方が高くなっていました。

一般的には逆パターンになっている結婚相談所の方が多いですが、私が入会した結婚相談所は男性会員の職業が限定されていたため、入会を希望する女性がたくさんいました。

多少料金を高くしても入会希望者が途切れる心配がないため、女性会員の方が入会金も年会費も高くなっていました。

私も、医師や弁護士、国家公務員などの職業に就いている男性と結婚できれば言うことなしだと思ったので、迷わず入会手続きをとりました。

近年では、WEBを利用した結婚相手の検索サービスや、婚活パーティーに力を注ぐ結婚相談所が多くなっています。

しかし、私が入会した結婚相談所は、昔ながらの手法で相手探しをしてくれる所でした。

専任スタッフがマンツーマンで結婚相手探しを手伝ってくれる仕組みになっていたため、私の場合は入会後わずか3週間で理想の男性に巡り会うことができました。」

「その男性とのお見合いは、市内にあるシティホテルのラウンジで行なわれました。

途中までは結婚相談所のスタッフが同席してくれていたので、会話が途切れて気まずい思いをすることはありませんでした。

そのときのお見合い相手は医師でしたが、偉ぶったところが全然なくて、とても性格が良さそうな人でした。

ぜひ交際してみたいと思ったので、帰宅後すぐに結婚相談所に電話をかけて、自分の気持ちを伝えました。

ちょうど私からの電話が入る直前にお見合い相手の男性からもオーケーの連絡が入っていたらしく、その場でマッチング成立ということになりました。

その後、2人だけのデートを2回行い、3回目のデートの時に正式にプロポーズされました。

私も彼と結婚したいと強く思うようになっていたため、一も二もなくオーケーしました。

今年の秋に結婚式を挙げる予定で、現在その準備を進めている最中です。

とてもスンナリと結婚相手を見つけることができたので、こんなことなら最初から結婚相談所を利用しておけばよかったと少し後悔しています。」

 

「子供がほしいとは思いませんが、結婚はしたいです」40代前半 Yさん

「批判を覚悟で言わせていただくと、私は一生子供を産みたくないと考えています。

別に独身主義というわけではありませんから、41歳になる現在まで、お付き合いした男性は複数存在しています。

しかし、付き合いが深まって結婚話が2人の会話にのぼるようになると、お互いの考え方が合わずに別れてしまうことの繰り返しでした。

原因はやはり私にあると思っています。

子供が大好きだという男性ではなくても、いざ結婚ということになると、自分の子供が欲しいと考えるのはごく自然なことです。

体の機能に問題があって子供を作ることができないというのならいざ知らず、そういった問題がまったくないのに子供を作らないというのは傲慢すぎると、面と向かって非難されたこともあります。

しかし、他の女性はどうか知りませんが、私は子供を産み育てている自分の姿をイメージすることができません。

正直言って、子供全般に苦手意識を持っているので、友達の子供を見ても可愛いと思ったことは1度もありません。

「自分の子供は別だよ」と言う人もいますが、それを確かめるためにわざわざ自分で子供を産んでみる気にはなれません。」

「多分、私は母性本能が欠如しているのでしょうが、そういった理由があるため、1度も結婚しないまま、気がついた時には41歳になっていました。

とはいえ、先程も言ったように、私は独身主義者ではありません。

わがままかもしれませんが、愛する男性と結婚したいという気持ちは持っています。

できることなら、更年期になる前に結婚相手を見つけたいと思っていたので、今年に入ってから婚活をスタートしました。

このくらいの年齢になってしまえば、子供を持ちたいと考える男性も少なくなっているのではないかと思いました。

男性は女性と違っていくつになっても生殖能力があると言われていますが、子供がまだ学校に通っているうちに定年を迎えるようなことはしたくないと考えるのが普通です。

なので、今であれば子供を持ちたくない、という私の考え方に理解を示してくれる男性を見つけることができるのではないかと考えました。

具体的には、結婚相談所に入会するという婚活方法を選んだわけですが、私の選択は間違っていなかったと満足しています。

私が入会した結婚相談所は、さまざまな種類の婚活パーティーをひんぱんに開催しています。」

「面白いなと思ったのは、男性参加者が自衛隊員に限定されたパーティーがあったことです。

結婚相談所のスタッフの話では、地震や台風による被害が発生した場所で救護活動を行う自衛隊員の姿を見て、自衛隊員に憧れる女性が急増しているのだそうです。

そのため、自衛隊員限定の婚活パーティーは、毎回大人気になっていると言っていました。

ただし、法律が改正されて自衛隊が戦地に赴く可能性が高くなったため、今後もこの人気が続くかどうかは微妙だとも言っていました。

話が脇道にそれてしまいましたが、DINKS(共働きで子供を意識的に作らない、持たない夫婦のこと)希望者限定の婚活パーティーがあったので、私はそれに参加してみました。

参加者の年齢を40歳以上に限定したパーティーに参加してみたこともありますが、そちらはバツイチや子持ちの出席者が多かったため、私が求めているものとはちょっと違うと思いました。

今私がお付き合いしているのは、DINKS希望者限定の婚活パーティーで知り合った1歳年下の男性です。

彼が子供を持ちたくないと考える理由は私と少し違ってますが、その理由については理解することができました。

また、家族のあり方に関する考え方やライフスタイルなど、子供以外の部分でも私と共通する点が多かったので、この男性となら上手くやっていけるのではないかと考えました。

幸いなことに、向こうも私に良い印象を持ってくれたらしく、パーティーの最後に行われたマッチングタイムでカップルになることができました。

2人きりで会ったのはまだ2回だけですが、彼も私も恋人ではなく結婚相手を見つけるために結婚相談所に入会したわけですから、あと1~2回のうちに結論を出そうと思っています。

私自身は、彼の容姿や立ち居振る舞いをとても好ましく感じていますので、このまま結婚できればいいなと考えています。

ちなみに、彼と結婚することが正式に決まった暁には、成婚料を支払って結婚相談所を退会する決まりになっています。」

 

「40代からの婚活は大変でしたが、頑張って本当によかったです」40代前半 Iさん

「40代の女性が婚活を始めるのは、想像以上に大変です。

これまでの価値観を180度転換させる必要も出てきます。

20代の女性が努力するのとは訳が違います。

私の場合は41歳に入ってから、真剣に結婚を考えるようになったのです。

それまでは、ずっと独身でも仕方がないと考えていました。

しかし、身の回りのことを考えると、やはり1人だけの暮らしは無理があると思えてきたのです。

私が若い頃、結婚に執着がなかったのは、仕事や私生活が充実していたからだと言えます。

そこそこ健康にも恵まれ、何不自由なくやってきました。

しかしながら、誰でも年は取ります。」

「30代後半に入ると、会社の健康診断で何かと引っかかるようになりました。

健康には気を付けていたつもりですが、やはり、不規則な生活や外食中心の毎日が、確実に私を蝕んでいたようです。

何とかしなくては、自分でももがくのですが、結局は気が滅入る日々が続きました。

結婚という二文字が私の中で動き出したのは、当にそのようなときです。

会社の業績も今までとは違い、収入も減りました。

30代の終わりには、今までの自分が壊れていくような想いに悩まされました。

そして、40歳の誕生日、久しぶり親しい友人同士で飲んでいると、友人のA子が婚活の話を切り出しました。

彼女も独身ですが、40を過ぎてから結婚を意識するようになったとのことです。

他の友人たちも、婚活とまでは行かなくとも、結婚を意識しているようでした。」

「結婚適齢期に遅いも早いもないよと、A子は屈託なく言います。

そして、誰かのために生きてみたいとも言っていました。

そんなA子の言動に触発された私は、結婚相談所のサイトを調べるようになりました。

結婚相談所会員登録は、20代、30代中心という所がほとんどでした。

一部では40代の男性も受け入れていましたが、女性は問題外であったようです。

しかし、調べていくうちに、熟年世代専門の結婚相談所が見つかりました。

対象年齢は50代以上でしたが、件の結婚相談所では、40代から受け入れていました。

その結婚相談所の会員登録をしたのは、私が41歳になる二日前でした。

そして、41歳を迎えた私は、本格的な婚活を始めることになります。

私が会員登録した結婚相談所は、会員数も多く、出会いの場が多いと定評があります。

そして、それだけでなく、カウンセリングもしっかり行ってくれるという評判でした。」

「ただ、やっぱり不安はありました。

自分のプロフィールを見て気に入ってくれる人がいるのか、もし出会えても何を話したら良いかなど、疑問や不安は尽きません。

しかし、相談所のアットホームな雰囲気に、次第に私の心もなじんできました。

先ずは肩ひじを張らないで、リラックスして行きましょうと言われたときは、何だかほっとしました。

そして、数週間経った時、3歳年上のサラリーマンの男性を紹介されました。

最初は、相談所のサロンで会うことになります。

希望すればカウンセラー同伴ということもできますが、二人だけで会う約束をしました。

これまでずっと独身を通してきたという彼は、年齢よりも若く見えました。

下手すると私の方が老けて見えるのではないかと心配になりました。

しかし、話をするとユーモアのある人で、5分に1回は笑っていました。」

「男性とこんな親しく話したのは何十年でしょうか。

最初の出会いは、ただただ楽しく流れていきました。

そして、彼とはお付き合いを始めることになりました。

彼と付き合ううちに、結構アウトドア派だということも分かりました。

山歩きが好きということも分かり、私と趣味が合うことも偶然でした。

会社が休みの時は、二人でハイキングにも出かけました。

お付き合いをしていることで、彼との時間が楽しくて仕方がないという気持ちになり、できれば彼と結婚したいという気持が高まりました。

しかし、肝心の彼の方はどうなのか、それが心配でした。

そんな私の心配は、彼からのプロポーズで打ち消されました。

何と、お付き合いを始めた時点から、彼は結婚への生活設計を考えていてくれたのです。

私が結婚後も仕事を無理なく続けていけるよう、住居や自分の勤務先の変更まで視野に入れていました。

ここまで考えていてくれたのかと、胸が熱くなる思いでした。

近々、周囲の人には慶びの報告をするつもりです。」

 

「絶対に結婚するという意思があれば結婚できます」40代前半 Kさん

「今まで、お付き合いした男性はそれなりにいました。

でも、肝心の30代は結婚を考えることなく、仕事を優先した結果、別れることになり、ずるずると独身を貫いてしまいました。

気付けば、周りは既婚者ばかりで、合コンのセッティングをしてくれる友人もいなくなり、自分でセッティングするにしても、若い人ばかりで私だけ浮いてしまいます。

このままでは、もう結婚できなくなると、危機感を覚えました。

30代の頃は、結婚できなくても構わないと考えていました。

しかし、いざ仕事ばかりの10年を過ごしてみると、なかなか思うような人生ではない気がしました。

子どももいませんし、自分に残されたものが、あまりにちっぽけに感じたのです。

自然な出会いにこだわって、行動せずにいたら、今のまま何も変わらない、そう強く思えたことが、その後の婚活におけるモチベーションにつながりました。

その気持ちが弱い人は、婚活を始めなかったり、始めてもすぐに挫折してやめてしまったりしていました。」

「スタート地点での気持ちの大きさが、婚活を成功させるうえでとても大切です。

40代女性であったとしても、結婚したいと強く思う気持ちがあるのであれば、必ず結婚できます。

人は、無数に存在するのですから、出会いを増やす努力さえすれば、どこかで自分にあった人とお巡り合えるのです。

具体的に、私は手当たり次第に婚活を始めました。

最初に行ってみたのが、立食型の婚活パーティーです。

年収制限があるもので、それなりに経済力のある男性が集まるものでした。

年齢も、30代から40代前半までの女性が入場を許されたもので、大人の雰囲気がありました。

周りの男性も、大人がほとんどだったので、特に浮くことはありませんでした。

立食形式を選んだのは、自然な出会いに近いと考えたからです。

一対一で、男性がくるくると回ってくる形式は、どうも不自然で参加する気になれませんでした。」

「私が参加した立食型のパーティーは、大人の社交場の雰囲気で、人脈作りにもつながる雰囲気がありました。

名刺交換をした方も何人かいます。

雰囲気自体が自然だったので話も弾み、そこで連絡先を交換した方と、後日お会いすることになりました。

そんな風に、順調に婚活を進めていったのですが、何人かとお茶や食事をご一緒させていただいても、なかなか結婚につながる交際に発展しませんでした。

そこで、パーティーだけでなく、40代女性も歓迎している結婚相談所に入会することにしました。

こちらも、相手の希望を伝えることができ、一定の年収の方に絞って、お会いすることができます。

私は、自分がそれなりに稼いでいたこともあり、年収の高い人を中心に会うことにしました。

結婚相談所では、毎月3名の男性のプロフィールが送られてきます。

もちろん、自分が設定した条件に合致した人だけです。

その中で、お写真などを拝見し、双方が会ってみたいと思った場合に、初めてのデートが実現します。」

「私も、何人かとお会いすることになりました。

その中で、子どもがほしいわけではなく、一緒に楽しく暮らせる相手を求めていると言ってくれた人がおり、私が42歳であることも問題ないと受け入れてくれた方がいました。

その方とお付き合いが始まり、結婚することになりました。

結婚相談所を利用すると、結婚が決まったときに、成婚料を支払わなければならないところが多いです。

しかし、私たちのところは成婚料もかからなかったので、気持ちよく二人で退会することができました。

両親も私の結婚についてあきらめかけていたので、とても喜んでくれて、婚活をがんばったかいがあったと思います。

出会いを増やすために、積極的に動くことがなにより大切でした。

婚活中は相手から否定されたり、邪険に扱われたりすることも当然あります。

しかし、そこであきらめることなく、続けることが大切でした。

自分を認めてくれる人は、一人いれば十分なのですから、年齢を理由に断ってくる人とは縁がなかったと割り切れば良いのです。

一人に対して強く恋愛感情を抱くと、ダメになった時にショックが大きいので、ほどほどの好感を抱きながら、ゆっくりと活動を進めていくことが大切です。」

▼まずは無料でためしてみてください▼

本当に出会いがなくて困っているのであれば、マッチングアプリのYahoo!パートナーを使ってみてください。

Yahoo!パートナーを使えば、今すぐにでも恋人探しができます。

まずは無料の会員登録をしてみましょう。

「最近出会いがない…」と悩んでいるのに使わないのは損していますよ。

登録はたったの1分で完了します。