アラサーの意味とは?アラサーの結婚事情と婚活状況

そもそもアラサーってどんな意味だっけ?

アラサーの婚活状況ってどんな感じなの?

すこし前からアラサーという言葉が使われ始めるようになりました。

今回はアラサーの意味と、アラサーの結婚事情や婚活状況について書いてみたいと思います。

スポンサードリンク

 

1、アラサーの意味とは?

アラサーとは和製英語である「around thirty」(アラウンド・サーティ)の略語です。直訳すると、「30周辺」となります。

つまり、アラサーの意味とは30歳前後の男女を指します。

この「30歳前後の男女」というのが曖昧で、使う人によってアラサーを指す年齢が異なり明確な範囲は決められていません。

27歳以上33歳以下をアラサーと呼んだり、28歳〜32歳までをアラサーと思っている人もいます。厳密に決められているわけではなく、基本的には個人の感じ方でアラサーと呼んでいるようです。

アラサーという言葉が使われ始めたのは2006年頃からです。初めてアラサーという言葉を作ったのは主婦の友出版の女性雑誌「GISELe(ジゼル)」だと言われています。

アラサーを英語で正確に伝えるには「around the age of 30」と表記します。

もともとは女性に対して使われていたのですが、最近は男女関係なくアラサーという言葉が使われます。

アラサーという言葉を産んだ背景にはファッション業界が関係しているようです。

2006年頃から婦人服の新ブランドターゲット層として位置づけられました。当時の30歳前後の女性はルーズソックスやプリクラなどの流行の中心にいたギャル世代が年齢を重ねた人たちです。

ギャル世代が大人になったアラサーの女性には独自の発想で着こなしを考え、消費サイクルが早いことから大手のアパレルメーカーが注目したことが発端とされています。

アラサーをきっかけにして40代前後の男女を指す言葉をアラフォー(around forty)と言います。

ただし、アラサーという言葉を実際に使うときには注意が必要かもしれません。

特に20代後半の女性はアラサーと思われたくないと感じていることがあります。。

アラサーには30代も含まれるため、20代後半の女性がアラサーと言われると「老けて見えるのかな」と感じてしまいます。

話題としてアラサーという用語を使うのは問題ありませんが、本人を目の前にして言うのは失礼になるかもしれません。

アラフォーも同じように37歳〜43歳くらいの男女だと考えたとしても、30代の女性に対して「アラフォーですか?」と聞くのは控えましょう。

 

2、アラサーの結婚事情

さらにアラサーの婚活状況について調べてみました。

2012年のデータによりますと、男性の平均初婚年齢は30.8歳、女性の平均初婚年齢は29.2歳です。

また、どれくらいの割合の男女が結婚していないのでしょうか?

少し古いですが2010年のデータによりますと未婚の割合を年齢別に見ていくと、

30代前半(30~34歳)で男性41.3%、女性37.4%
30代後半(35~39歳)で男性37.0%、女性25.0%
40代前半(40~44歳)で男性22.9%、女性22.4%

になっています。

30代前半では約4割の男女が独身、30代後半でも5人に1人は未婚という状態です。

これらのことから近年は晩婚化が進んでいると言えるでしょう。

50歳になった時点で未婚の男女の割合を生涯未婚率と言います。

この生涯未婚率が現在は高まっている傾向にあります。

2010年での男性の生涯未婚率は20.1%、女性の未婚率は10.6%です。

この記事を書いている2014年から4年前のデータですからさらに割合は高くなっていると予想されます。

国勢調査(総務省統計局)によれば、1980年から2000年までの間で生涯未婚率は5倍以上に広がっています。

特に1990年後半あたりから急上昇しているようです。

また、結婚に対する感覚は男女で違います。

女性が晩婚化するのは仕事をしてキャリアを積むなど、社会進出しているという背景があります。

しかし、女性には出産する年齢を気にしなければならないため、未婚率は男性より低めになっています。

男性が晩婚化するのは生活、特に収入や将来も安定しているか不安になっている社会的な環境が挙げられます。

 

3、アラサーの婚活状況

近年のアラサーの婚活状況も昔とかなり違っています。

以前は結婚相談所やお見合いでの婚活が主流でした。

いわゆる口コミや人脈というアナログな方法で婚活をしていたわけです。

しかし、近年の婚活はインターネットで行うのが当たり前になりました。

婚活パーティーに参加するのも、婚活サイトを利用するのにもインターネットを使わなければなりません。

この流れはスマートフォンの普及によりさらに加速しています

スマホを使うことによっていつでも、どこでも手軽に婚活することができるようになりました。

それは結婚意識の高いアラサーにとって非常に優れた婚活環境があると言い換えることもできます。

婚活パーティーに参加してみるのもいいし、婚活サイトに登録してみるのもいいかと思います。

どんな婚活が自分に合っているのかいろいろ試してみてはいかがでしょうか?

アラサーの女性が婚活をやめた理由と正しい婚活方法

婚活に疲れた…もうやめたいときの対策法

アラサー女性の平均婚活費用:安くする4つのポイント

 

アラサーの意味とは?アラサーの結婚事情と婚活状況のまとめ

アラサーとは「around thirty」(アラウンド・サーティ)の略語で、30歳前後の男女を指す。

基本的には個人の感じ方でアラサーと呼ばれたりする。

アラサーという言葉が使われ始めたのは2006年頃から。

40代前後の男女を指す言葉をアラフォー(around forty)と言います。

アラサーという言葉を実際に使うときには注意が必要で、本人を目の前にして言うと失礼になることもある。

2012年のデータでは男性の平均初婚年齢は30.8歳、女性の平均初婚年齢は29.2歳です。

30代前半では約4割の男女が独身、30代後半でも5人に1人は未婚という状態です。

近年は晩婚化が進んでいる。

2010年での男性の生涯未婚率は20.1%、女性の未婚率は10.6%です。

以前は結婚相談所やお見合いでの婚活が主流だった。

最近の婚活はインターネットを使うのが当たり前になりつつある。

スマートフォンが普及してその流れはさらに顕著になっている。

結婚意識の高いアラサーにとって婚活しやすい環境にある。