ブライダルネットバナー429

2016年現在、20万人が活動している婚活サイト「ブライダルネット」。

その中でも毎月15000名のカップル成立数があり、数ある婚活サイトの中でも高い実績を誇っています。

「でも、本当に結婚相手が見つかるの?」、「どうやったらいい人と出会えるの?」という疑問もありますよね。

このページでは、理想の結婚につながる出会いを見つけるためのポイントを、会員登録からプロフィール作成・活動の方法まで詳しく掲載していきます。

 

1、プロフィール作成のコツ

ブライダルネットで活動するため、絶対に必要なのがプロフィール作成です。

プロフィールはブライダルネット内で「自分がどうゆう人なのか?」、「どんな結婚を望んでいるのか?」を相手に知ってもらうためのものです。

どんな人なのかいまいちよく分からない相手と結婚したいなんて思いませんよね。

より相性のいい人と出会うためには、自分のプロフィールをしっかり書いておきましょう。

僕は男性なので男性のプロフィールを紹介していきますが、女性のためのアドバイスも掲載していきたいと思います。

 

プロフィール11

まずは自分の基本的な情報である、職業・年収・身長・体重・婚姻歴・自己PRから入力していきます。

これらのステータスで身長・体重・年収は公開・非公開を選択することができます。

ここで嘘を書いても、後でトラブルになってしまう可能性があるので正直に書いておきましょう。

あとは自己PR欄を記入します。

自己PRではなぜブライダルネットを使っているのか?

好きなことや休日の過ごし方・婚活への意欲などを書いておくといいでしょう。

自己PRを書くコツは長すぎず、短すぎずです。

長いと読む気が失せるし、短いと相手に伝わりません。

ほどよく書いておくのが無難です。

・自己PR記入例

 

普段の生活でなかなか出会いが無いため婚活をはじめました。

釣りと読書が好きで、休みの日はのんびり日帰りで行ける場所に行ったりしています。
あと、食べるのも好きなので、美味しいお店を探すのも楽しいです。

お互いになんでも話せるような、気の置けない関係を築けたらとおもいます。

よろしくお願いします。

 

 

プロフィール1

次に、出身地・続柄・血液型・星座・最終学歴・出身校・喫煙・お酒・お酒の好き度・体型を記入していきます。

ひとことアピールでこんなデートがしたいという希望を書く欄があります。

デートも自己PRと同じように、無難なデートスポットを書いておきましょう。

マニアックなデートプランを書いておくのも一部の人にはアリですが、結婚相手を選ぶならそれほど重要視する項目ではないかと思います。

・こんなデートがしたい!記入例

 

・旅行が好きなので、付き合ったら一緒にいろんなところへのんびり出かけたいですね。

・テーマパークが好きなので、ディズニーやUSJに行ったりしたいです。

 

プロフィール3

趣味についてはスポーツ・音楽・映画/DVD・アート/芸術・料理/グルメ・読書の好きなジャンルを選択方式で選んでいきます。

ここで意外と見られているのが、お気に入りワードの欄です。

お気に入りワードでは、そのジャンルで特に好きなものを自由記述で書くことができます。

例えば、好きなスポーツ選手・好きなアーディスト・俳優・映画タイトルなど自分が気に入っているものを書いていくことができます。

ここをきちんと書いておくと、メッセージのやりとりをするときに話題作りに役立ちます。

あるいは、プロフィールを見てくれた人の共感を生みやすくなります。

僕の場合は学生のときテニスをしていたので、テニス選手の名前であるフェデラーや錦織選手を書いたり、好きなバンドにBUMP、食べ物に寿司などを書いておいたりしています。

このように、自分の独自性を出せるところは積極的に埋めていきましょう。

 

プロフィール2

仕事については忙しさや休日・勤務先・勤務地・仕事の内容について記入できます。

勤務地については公開・非公開が選択できます。

仕事の忙しさは星3〜4にしておけばいいでしょう。

あまり忙しい、もしくは暇アピールをしても意味がありません。

それよりも仕事内容記入欄で真面目に仕事に取り組んでいることを書いておいたほうがいいでしょう。

仕事内容の記入例

・名古屋でウェブ広告の仕事をしています。忙しいときもありますが、やりがいがあって充実していると思います。

価値観については、性格やチャームポイント・ギャンブル・車・ペット・家事の得意度・子供好き度・甘えん坊度を記入できます。

性格とチャームポイントは、それぞれ自分がアピールできるところを記入しておきましょう。

ギャンブルはやらないに越したことはありません。

もしやるにしても、たまにやる程度にとどめておきましょう。

家事の得意度や子供好き度は、結婚してからの家事と育児に積極的かどうかを表すことにもなります。

最近は男性も家事や育児に積極的なほうが好かれるので、あまり星が低いと敬遠されます。

男性も女性も、育児や家事に積極的なほうが婚活には有利になるでしょう。

甘えん坊度は男性の場合はそれほど高くないほうがいいかと思います。

基本的に女性は男性にリードしてもらいたいので、甘えん坊はアピールポイントになりません。

女性の場合は逆に甘えん坊でもアピールポイントになります。

男性は女性から頼られると自尊心を満たすことができるからです。

このように婚活とは言っても、恋愛要素も必要になってくるので活動しながら徐々に恋愛スキルを身につけていきましょう。

 

プロフィール4

結婚観については、親族構成・同居中の家族・結婚観・理想の結婚・相手の希望年齢・希望地域・相手の家族との同居・自分の家族との同居・相手への希望を書くことができます。

これらはすべて正直に書いておいたほうがいいでしょう。

相手への希望はあまりたくさん書くと欲張りに見えてしまうので、さらっと書いておくのがポイントです。

・相手への希望記入例

お互いの価値観を尊重できるような優しい女性がタイプです。

 

【ブライダルネットのその他の記事】

ブライダルネットのあいさつ機能とちょい話そうに進展させる方法

ブライダルネットの利用料金は月額3000円から婚活できる!

ブライダルネットで写真掲載するべきかどうかについて

 

2、ブライダルネットでの出会いの方法

婚活サイトにおける出会いの基本:プロフィール検索

プロフィール検索

婚活サイトで相手探しをするときに、最もオーソドックな方法が会員検索機能です。

これはブライダルネットでも同じことです。

書いてあるすべてのプロフィール情報で細かく検索できます。

年齢や住まいなどの基本項目から、写真の有無・最終学歴・職業・年収・外見・ライフスタイル・結婚についてなどを細かく設定できます。

ただし、あまり細かく条件をつけすぎると、検索結果にヒットする会員がほとんどいなくなってしまうので、ほどほどで探すほうがいいでしょう。

その中から気になった人のプロフィールをゆっくり見てアプローチいていくのが王道です。

 

地図から出会いを探す:みんなのマップ

スクリーンショット 2016-05-09 20.09.15

みんなのマップでは今いる場所や、よく行く場所にチェックインすることができます。

好きな場所が一緒だったり、行動範囲が同じお相手を見つけることができます。

使ってみた感想としては、意外とみんな利用していないので、むしろ出会えるチャンスがあると思います。

積極的にスポットにチェックインしてコメントを書いている人は、出会いを探す意欲が高い人です。

自分が出会いたい地域上にアイコンが出るようになっているので、気になる人がいたらコメントをしておきましょう。

チェックインにコメントをした場合、いいね!を返してくれるとメッセージ交換ができるようになります。

プロフィール検索よりもライバルが少ないので、マッチング率が高くなります。

自分も好きな場所があったらチェックインをしておくとアピール力が高くなります。

 

日記にいいね!やコメントをする:みんなの日記

日記

みんなの日記では、興味・関心のあることがらなどを通して「人柄」を知ることができ、日記にいいねを伝えることで自然なアピールが可能です。

様々なカテゴリーに分けて投稿することができます。

プロフィールだけでは書ききれないことを書いておくことができます。

ただ、この日記機能が出会いにつながるのかは正直疑問に感じました。

それは地域別の検索機能がないからです。

せっかく日記を書いても、自分の近くの人に読んでもらうための検索がありません。

なので、興味を持ってもらったとしても、遠くの人だったら出会いにつながりにくくなってしまいます。

それなら、みんなのマップや会員検索で、近くの人を探したほうが出会いにつながるかと思います。

 

婚シェルに紹介してもらう:お相手紹介

コンシェル紹介 相手紹介 コンシェル1

ブライダルネットでは、自分の希望に合わせて相手を紹介してくれるサービスがあります。

相手紹介をしてもらうためには、10個の簡単な質問に答えるファーストカウンセリングをする必要があります。

ファーストカウンセリングの内容と自分のプロフィールから、婚シェルが自分の紹介文を作成してくれます。

あとは会員検索やみんなの日記・みんなのマップを使って、気になる人が見つかったら紹介を希望するボタンを押します。

そうすると、婚シェルが紹介コメントを添えて、気になる相手に自分のことを紹介してくれます。

紹介を受けるとお互いにお知らせが届くので、メッセージ交換や連絡先交換に進みやすくなります。

 

婚活スキルを磨ける:恋愛婚活LABO

恋愛婚活らぼ

恋愛婚活LABOではいろいろな恋愛や婚活にまつわる情報を提供してくれます。

例えば、自分磨きの方法や恋愛に関するノウハウ・婚活パーティー開催の情報が掲載されています。

直接的にはブライダルネットでの活動に関係はないのですが、ためになる話やイベント情報が書かれているのでたまにチェックしてみるといいでしょう。

ブライダルネットで写真掲載するべきかどうかについて

ブライダルネットの退会方法:退会できないとお悩みの方へ

 

3、ブライダルネットへの登録方法

基本情報

まずは登録フォームからブライダルネットに登録します。

名前・生年月日・住んでいる都道府県・携帯番号・メールアドレス・性別・会費コースを入力します。

メールアドレスはGmailでも、キャリアアドレスでもOKです。

会費には年会費(1年間分30000円)と月会費(月額3000円)があります。

まずは試してみるという意味合いからも、月会費を選択しておきましょう。

2016年12月追記:無料会員ができるようになりました

ブライダルネットの利用料金に変更がありました。

なんとブライダルネットへの会員登録は無料

さらにブライダルネット内でのメッセージのやりとりも無料でできるようになりました。

ラインのIDやメールアドレスを交換するためには有料会員になる必要がありますが、それまではブライダルネット内であれば、タダでメッセージのやりとりができます。

しかも料金はすえおきの月額3,000円のままです。

他の婚活サイトよりも無料で活動できる範囲が広がり、しかも料金はそのままの価格になっています。

ブライダルネットへの登録もより簡単になりました。

Facebookのアカウントがある人は、そのまま登録できます。

Facebookのアカウントがない方も、メールアドレスから会員登録ができます。

どちらも無料会員から始めることができるので、気軽にスタートできるようになっています。

カード情報

ちなみに、ブライダルネットの支払い方法はクレジット決済のみです。

なので、カード番号や名義・有効期限を入力していきます。

 

プロフィール

次に、簡単なプロフィールを入力していきます。

ニックネームだけは登録後に変更はできないので、変なものをつけないようにしましょう。

簡単に呼びやすいものがいいかと思います。

あとは入力内容を確認して仮登録は完了です。

そうすると仮パスワードを発行するためのメールが送られてきます。

メール11

プラチナメンバー

メールに書かれているURLをクリックすると仮パスワードが発行されます。

仮パスワードが発行された時点でアカウントの作成が完了します。

 

めーる12

登録したメールアドレスと仮パスワードで、ブライダルネットにログインできるようになります。

ログイン

ブライダルネットの体験談と実際に使ってみた感想

ブライダルネットの利用料金は月額3000円から婚活できる!

 

ブライダルネットで出会いを作る方法のまとめ

ブライダルネットは国内でも最大級の婚活サイトのため、サービスが充実していると思います。

丁寧にプロフィールを作成して、コツコツと活動していけば必ずいい出会いが見つかるはずです。

好きなことや興味のあることで相手を探すことができるため、より自分と価値観の合う人を見つけることができるでしょう。

入会金も不要なので、手軽に始めることができるのも良い点だと思います。

▼ブライダルネットへの無料登録はこちら▼

ブライダルネットのちょい話そうからもっと話したいを成立させる方法

ブライダルネットのあいさつ機能とちょい話そうに進展させる方法

ブライダルネットの良い口コミと悪い評判を徹底的にまとめてみた結果