出会いがない社会人

出会いは探そうと思えば、ぼっちでも出会うきっかけを作ることができます。

むしろ、社会人の出会いは自分で探そうとしなければ、素敵な女性と出会えるきっかけを作ることはできません。

行動力さえあれば、いつでもどこでも、出会いを見つけることができます。

ここまで断言できるのは、僕も以前は出会いがないとずっと悩み続けていたうちのひとりだからです。

僕は普段の生活において、まったく出会いがないような環境にいました。

しかし、このままじゃダメだと思い、必死に出会いを探した結果、出会いに困らないようになりました。

出会いを探す方法としては、友達に紹介してもらったり、サークルやジム、習い事をしている人と仲良くなる、お店で店員さんに声をかけるなどの方法があります。

今ではスマートフォンが普及したので、簡単にインターネットを使って出会いを探すこともできます。

 

出会いは自分で探さなければ見つからない

社会人になったら自分で出会いを探しにいかなければなりません。

待っていても素敵な恋人ができるわけでもないし、勝手に出会いが増えていくこともありません。

自分から頑張って出会いを見つけていこうとするからこそ、異性と出会うチャンスは増えていきます。

出会いの数が増えていけば、理想の恋人を見つけることだってできます。

そのためには自分から出会いのきっかけを作り、声をかける必要があります。

「声をかけるのが怖い、、、」「断られたらどうしよう。。。」と悩んでいるだけでは何も始まりません。

以前は、僕も出会いを探さなければと思っていながら、なかなか行動することができないぼっち人間でした。

それでも勇気を出して、自分から声をかけて出会いを探しました。

声をかえて失敗しても、失うものはないもないとある意味開き直っていたのかもしれません。

自分のプライドは傷つくかもしれませんが、そんなプライドは捨ててしまおうと思ってひたすら行動していました。

今思えば、傷つくのが怖いというのは、自分の小さなプライドだったように思います。

小さなプライドさえ捨ててしまえば、あとは声をかけるだけです。

 

あとは、どうやって女の子の気をひくかを、自分のやり方で少しずつマスターしていきました。

そうすれば、自分でもびっくりするほど出会いは増えていきます。

今思うと、必死すぎたかなと思いますが、当時はそれぐらい頑張らないと出会いがないような状態でした。

しかし、今では出会いに困ることもないし、恋人もちゃんといます。

最初の一歩さえ自分で踏み出していけさえすれば、あとはひたすら頑張るだけです。

その一歩が「出会いがない、、、」という悩みから自分を開放してくれます。

少しずつで大丈夫です。

少しずつ出会いを求めて行動していけば、必ず素敵な女性と巡り会えます。

 

僕も出会いがないと悩んでいる社会人のぼっちだった

出会いがないと悩んでいる社会人の方に言っておきたいことがあります。

それは、「出会いがない」というのはいいわけに過ぎないということです。

あなたが心の底から本気で出会いが欲しいと望めば、絶対に出会いを作ることができると断言できます。

なぜそこまで断言できるのかというと、僕自身が社会人になってまったく出会いがないと嘆いていたうちのひとりだからです。

僕が社会人になった職場はみなさんから見てみると、ちょっと特殊な環境だと思われるかもしれません。

それは、僕が今は実家のお店で働いているからです。

実家のお店というのは飲食店で、パートの人以外はすべて家族で営業しています。

その中でも厨房で働いているので、家族以外に特に他の人としゃべる機会はありません。

たまにホールに出ても、相手をするのはおじさんやおばさん、子供連れのお客さんがほとんどです。

僕の日常において異性と出会う機会は全くありませんでした。

週に1回は定休日があるのですが、飲食店の定休日というものはほとんどが平日です。

なので、休みが合わない友達とも遊ぶ機会がなく、毎週の休みは一人でネットカフェに行ったり、カラオケしたりしてました。

今思うと完全にぼっちだったと思います。泣

 

いろんな事情が重なって、今では実家のお店で働いていますが、それまでは大学生をしていました。

普通に友達と遊んだり、サークルに参加したりと大学生活を満喫していました。

学生生活の中では彼女がいたこともありますし、コミュニケーションが苦手だったということはありません。

ちょっとシャイで好きな女の子としゃべるときは緊張することもありましたが、ごくごく普通の大学生でした。

それが実家で働き出したとたんにぼっち状態。

「僕には出会いなんてないんだな、、、もしかしたらこのままずっと独り身なのかもしれない。」

そう思うようになりました。

「、、、それでもやっぱり彼女がほしい!!」

「いつかは結婚もしたい!!」

そんな思いをあきらめることはできませんでした。

それからは、「なにがなんでも出会いを見つける!!」という決意を固めて必死に頑張りました。

とにかく平日でも出会いを見つけるために、考えられるすべての出会いの方法をかたっぱしからチャレンジしてみることにしたんです。

もちろんすべてがそんなに簡単にうまくいくはずがありません。

ときには軽くあしらわれたり、メールが途中で返ってこなくなることもあったりして、へこむこともありました。

それでも頑張って出会いをもとめていくうちに、少しずつ女の子と出会う機会は増えていきました。

それに加えて、デートをすることも多くなっていきました。

実際に自分で試してみた今だから言うことができるんです。

出会いはどんな状況でも探すことができます。

 

スマホのアプリを使って出会いを探す

これまで紹介してきた方法はどれも直接出会いを探す方法でした。

積極的に出会いを探せば、これらの方法でも女性と知り合うことができます。

実際に僕は上に書いてある方法で女性と知り合うことに成功しています。

もちろん、全部が全部うまくいくわけではありません。

連絡先を聞けなかったり、出会いに繋がらないことだってもちろんあります。

それでも何も行動していなかったころよりははるかに出会いのチャンスに恵まれました。

自分で出会いを探せば本当に女性と出会うことができるんだなと実感することができました。

そして、もうひとつ出会う方法があります。

それはスマホのアプリを使って出会いを探す方法です。

今ではインターネットを使って出会いを見つけることが簡単な時代になりました。

というのも、スマートフォンの普及により、今までよりも手軽に、いつでもどこでもアプリでネットに繋がることができるからです。

もし出会いがないことを悩んでいるならスマホのアプリを使わない手はありません。

どうしてこれほどまでにネットの出会いをオススメするのかというと、出会うための手間がかからないからです。

直接出会いを探す方法でももちろん出会うことができますが、そのためにはどの方法でもある程度の労力が必要です。

友達に聞いて回ったり、ジムに通ったり、お店まで出かける必要があります。

出会いが目的ではなくて、普通に買い物したかったり、ジムで運動したいために通っているという場合がほとんどですよね。

出会いはあくまでおまけというか、きっかけ作りができるというレベルであることは否定できません。

しかし、アプリを使えば「恋人が欲しい!」と思っている男女が出会えるチャンスはいくらでもあります。

中でも平日が休みで出会いがなかったり、休みが不定休でなかなか出会いのチャンスがなかったりという人が多いような印象です。

Facebookのアカウントを持っているなら、Omiaiなどのマッチングアプリがおすすめです。

結婚を見据えた出会いがほしいのであれば、婚活サイトのゼクシィ縁結びを使ってみるのもいいでしょう。

Omiaiは累計会員数が200万人を超えていて、都心だけでなく地方でもユーザーがたくさんいます。

Facebookのアプリと言っても友達にバレることはありませんし、アプリ内で本名はイニシャル・ニックネーム表記になっています。

もしアプリを使った出会いを視野に入れていなかった場合は、出会いのひとつとして利用してみるのもおすすめです。

Facebookを活用したマッチングアプリ「omiai」

ゼクシィが運営する婚活サイト【ゼクシィ縁結び】

 

直接出会いの場所を探す方法

友達の紹介

友達の紹介は一番オーソドックスな出会いの方法です。

今も昔も、友達の紹介で出会いを探すことは一般的な方法になっています。

会社でも誰かの紹介で仕事の人脈やオファーを受けることがあったりしますよね。

それと同じように、恋愛でも婚活でも人脈を頼りに出会いを探すことは大切です。

とはいえ、いきなり手当たり次第に「誰か紹介して!」と聞いてまわるのは友達といえど、失礼になるかもしれません。

親しい間柄の友達なら大丈夫かもしれませんが、それほどじゃない交友関係ならまずは普通に連絡をとってからにしましょう。

必死に頼み込むよりも、「最近出会いがないんだよね〜、もし誰かいい人いたら紹介して(笑)」という感じで軽く頼んでおくほうがいいでしょう。

必死すぎると友達に「なんか焦ってガッツいてんな〜。」と思われるのも嫌ですよね。

何人かに聞いておけば、そのうち女の子を紹介してくれたり、合コンを開いてくれるかもしれません。

友達の紹介は相手次第という面もあるので気長に待っているのがいいかと思います。

 

サークルや習い事、ジムで仲良くなる

サークルや習い事、ジムは出会いの場所としてもいいスポットになります。

このような場所やグループにはジャンルの違いはあれど、男女関係なく人が集まっているからです。

特に料理教室、英会話スクール、ヨガ、ジム、スポーツサークルなどは女性の比率も高いので出会うチャンスが多いです。

何度も通っているうちに、自然と顔見知りくらいにはなれますよね。

そこから先はさきほども言ったように、自分から声をかけてきっかけ作りをしていくしかありません。

料理教室はグループで料理することも多いので、雑談しやすいかと思います。

同様に英会話スクールでも英語の練習を兼ねて会話しやすいですし、分からないところを教え合うこともできます。

ヨガやジムでも休憩中などを狙って、雑談をするチャンスをうかがいましょう。

どんな会話でもそうですが、いきなり「今度お茶しない?」なんて声をかけて成功することはありません。

最初はあたりさわりのない会話から始めます。

「こんばんは。最近暖かくなってきたんでジムにも来やすいですよね〜。」とか、

「ここのヨガ教室は駅から近くて便利ですよね。」という感じで相手が同意しやすい内容からしゃべりかけるようにするのがいいでしょう。

なるべく自然に、雑談したかったから話しかけたくらいの内容で会話をしましょう。

ただし、どの場所でも言えることですが、グループの輪は乱さないように注意が必要です。

要するに、常識の範囲内で声をかけるということです。

どの場所でも、参加している女性はあくまで料理がしたかったり、運動するためにその場所に来ています。

相手が迷惑に感じているようなら、あまりしつこくするのはNGです。

声をかけるのは押しも肝心ですが、引きも肝心です。

そのさじ加減が難しいところですが、少しずつ慣れていくしかありません。

 

お店で店員さんに声をかける

やり方次第ではお店の店員さんに声をかけて出会いに発展させることだって可能です。

しゃべるきっかけさえあれば、出会いの場所は本当にいろんなところにあふれています。

雑貨屋や服屋、カフェなどの飲食店、美容院の女性スタッフに声をかけることだってできます。

お店の店員さんであれば、声をかけて少し会話をするくらいなら比較的ハードルは低いです。

先ほども言ったように、話すきっかけはなんでもOKです。

お店や商品のことについて聞いてみたり、あたりさわりない雑談をしましょう。

いきなりデートに誘ったり、ラインやメアドを聞いても成功率は低いので何度か通うようにします。

雑談を繰り返してまずは顔を覚えてもらってからにしましょう。

そのためにはお店に通うペースは短めのほうがいいです。

あまり次の来店までに時間がかかると相手の女性も忘れてしまうからです。

最低でも2回は狙っている女性がいるお店に行かなければなりません。

うまく会話をすることができれば2回目から顔を覚えてもらうことができるでしょう。

顔を覚えてもらいさえすれば、あとは連絡先を紙に書いて渡すだけです。

「もしよかったら、今度お茶しませんか?」と言って、さっと連絡先を書いた紙を渡してしまいましょう。

お店のなかで連絡先を交換するのは難しいので、相手にその気があれば後で連絡してくるようになります。

もし返信がなかったら、その場合は寂しいですが素直にあきらめるしかありません。

あきらめて次の出会いを探しにいきましょう。

 

一歩を踏み出す勇気が出会いを無限に作る

社会人の出会いは自分から探さなければ見つかりません。

少しずつ出会いを求めて行動していけば、必ず素敵な女性に巡り会えるようになります。

僕も以前は出会いが全くないと悩んでいましたが、あきらめずに行動していくうちに出会いを増やすことができました。

直接出会いを探す方法としては友達の紹介、サークルやジムで知り合う、お店の店員さんに声をかける、などがあります。

なかなかそれができないという方でも、今はスマートフォンの普及により、インターネットで出会いを探すこともできます。

▼まずは無料でためしてみてください▼

本当に出会いがなくて困っているのであれば、マッチングアプリの【Omiai】 を使ってみてください。

Omiaiを使えば、すぐにでも恋人探しができます。

※Facebookにはすべて投稿されないようになっています。

会員検索も無料ですので、どんな人がいるのかのぞいてみるだけでもおすすめです。

「最近出会いがない…」と悩んでいるのに使わないのは損していますよ。

会員登録はたったの1分で完了します。

▼Omiaiを使ってみる▼
秘密