OL

「社会人になってからなかなか出会いがない…」

学生のときと違って、社会人からの出会いは自分で探さなければなりません。

ここでは出会いがない社会人男女がどうやって出会いを作ったのか、その体験談をまとめてあります。

 

合コンやバーベキューは出会いの王道です 28歳 会社員 Iさん

学生時代のように毎日がサークルのコンパや、バイトで明け暮れた日々は終わり、大学や専門学校を卒業してしまうと、なかなか異性と出会う機会を得るのが難しくなるというのが、先人たちから続く世の常です。

気がつけば、学生時代から付き合っている友人カップルはそのまま結婚し、なかなか紹介して欲しいとは言いづらい雰囲気になります。

会社の同僚たちも、飲み会には行きますが、異性の社員は参加しなかったりでやはり出会いとは無縁です。かといって街中でナンパや逆ナンパはちょっと違いますよね。

やはりここは王道として、異性との飲み会を増やすこと、友だちを増やすことに注力すべきです。異性の友だちは、またその友だちをつれてきますから、大事にすべきです。私の経験談ですが、私は行きつけの飲み屋やバーをいっぱい作りました。

飲み屋やバーのマスターは世話焼きの人が多いので、自分がパートナーがいないと嘆いておけば、けっこうな確率で異性を紹介してくれました。たとえば、別の席で呑んでる2人組に声をかけて相席にしてくれたりもしました。

それなら、ちまたにあふれる相席居酒屋より男性側としては、お金もかかりませんし、女性側もマスターの知り合いという身元もはっきりするので、相席居酒屋に比べれば安心して知り合いになれますよね。

また、その異性が特に気に入らなくても、興味がなくても、常連なら、またいつか顔を合わせる機会も多いですし、また次回は別の異性と飲みにくるかもしれませんので、そこでの出会いはやはり大事にすべきです。

しかも、そこで盛り上がって、合コンやバーベキューを開く機会を作れれば、より異性と出会うチャンスが広がります。合コンやバーベキューは異性にアピールするチャンスが多いのでかなりオススメです。

特にバーベキューは、友だちが友だちを呼んでくる可能性が高く、合コンを開催する時のように男女の人数を無理に合わせなくても開催できることと、席が決まってないので、フリーに動いてツーショットになりやすいという利点があります。

それなら、他の友人に気を使わずにフリーで話しかけたり、話しかけられたり出来るのでかなりオススメです。なので、男女問わず、自分でも幹事を率先してやることと、自分が幹事をやらなくても誘われたら、率先して参加するのが正攻法です。

幹事をすると、異性から頼りになると思われやすいので、男女問わず好印象を持たれます。特に男性は、火をおこしたり、肉を切ったり、また焼いたりすることで、男らしさをアピールできます。

もちろん女性も、料理を率先してやることで家庭的な雰囲気をアピールすることができます。その場で料理をしなくても、自分の家でちょっとしたつまみやおにぎりを作って持ってくるのも、男女問わず好印象を持たれます。

また、バトミントンやフリスビーなどの小道具を持ってくることで、異性とツーショットになりやすいというメリットもあります。

バトミントンしようよ、フリスビーしようよと誘い出せば、2人きりの時間が作れますし、2人で遊びに興じることで距離も縮まり、相手にドンドン興味も湧いてきます。

男性はうまくエスコートして女性を楽しませること、女性はうまくエスコートされてあげて、かわいさをアピールすることが大事です。次に、合コンにつながっても、行動パターンは一緒です。

男性は、女性をうまくエスコートしてリードし、空いてるグラスを見つけたら、すぐにドリンクのお代わりを聞き、たのんであげて、気が利く男らしさをアピールしたり、女性の話にもうまくのって聞き上手をアピールすることが大事です。

女性も、男性の空いてるグラスを見つけたら、ドリンクのお代わりを聞くのが鉄則ですし、男性がドリンクをこぼしたりしたら、すぐにおしぼりで拭いてあげるなどすると家庭的な優しさアピールになります。

あと、やはり男女ともに、大皿の料理を取り分けると好印象です。最初に自分の小皿にだけ盛り付けて、周りから、自分の小皿にだけ取り分けるのかよっという感じを見せておいて、隣の異性に、はいって感じでそれを渡すとギャップがうまれ、効果的です。

受け取った隣の異性は、何だ、自分のじゃなくて私の、俺のを取り分けてくれてたのかという、驚きのギャップがうまれるのです。男女ともに異性はギャップに弱いので効果的な方法です。

社会人になってから出会いがないと嘆いている男女が多いとは思いますが、私が書いた方法をまずためしてみて、行動してみてください。まず行動しないと異性は向こうからはあらわれません。

 

飲み会や合コンは出会いの正攻法とも言える方法です。やはり社会人からの出会いは少しお酒があるほうがコミュニケーションも進みます。

また、合コンなどで知り合った人たちとバーベキューをしたり、スノボに行ったりすると少しずつ仲良くなっていくことができます。そういった集まりから恋人ができるきっかけにもなるでしょう。

ただ、これらの方法は積極的にアプローチできる人に向いているとも言えます。人見知りをしやすい方は別の出会いの方法を探しましょう。

 

出会いの場所を普段の行動の「外」に求めた後輩の話 25歳 会社員 Uさん

会社の後輩の男の話です。それほど業務が大変なわけではなく、残業などもほぼゼロだった当時私がいた会社。

ただ職場内の女性は全員既婚者で職場での出会いは期待できず、アフターファイブにはいくらでも自由な時間があるにも関わらず、実家通いの彼は家が遠かったため往復するだけで精一杯。

出会いがないんですよねー、と普段からこぼしていて、もうちょっと家に近いところに転職するって手立てもあるぞと言ったら、職場の環境がいいので離れたくないという、喜んでいいのかどうなのかという話で。

よくよく聞いてみると、自宅から職場の最寄り駅まで最速で2時間30分。

朝はほぼ始発で出てきて、職場の近くで朝食を食べてから出社(なので結構早くから机についている)、夜は帰宅がだいたい21時。身の回りのことを済ませたらもう寝る時間・・・、というのが普段の暮らしだそうで。

ああ、なんだか時間的な余裕を感じることがないのかな、これ以上日常の暮らしに新しいこと(彼女との時間とか出会いのための手段とか)を組み込むには、時間の余裕はともかく、本人の気持ちの余裕が無いのかな、といった感じでした。

そんな、彼にとっては職場と家の往復だけで出会いがない典型的な社会人といった毎日の中、会社が入っているビルが竣工何周年かで、そこそこ大きなパーティーが開かれることになったのです。

同じビルの中には女性向けフリーペーパーの編集部やクッキングスタジオの事務局などもあり、比較的女性の比率は高め。

彼は、もしかしたら同じオフィスビルの中で出会いがあれば色々と変わるかも、と、かなり期待して、当日は結構頑張ったおしゃれをして、出会いがない社会人という現状を打破すべく参加したのでありました。

結果、女性との出会いは、一応、あるにはありました。ですがカレカノの関係になれた人は、残念ながらおらず、連絡先を知っている女友達が数人できた、という状況だったようです。

ただ、この出会いから、どうやら彼は「女性と知り合うことはそれほど難しいことではないのでは」という考えが芽生えたようでした。

また、何人か連絡先を交換した女性たちとの、アフターファイブの普通の飲み会や、女性向けフリーペーパーの編集部では一般の男性の意見としての話を求められたり、クッキングスタジオでは独身男性向けのがっつりメシのアイデアを求められたりと、彼自身の世界がだんだん広がっていったのです。

そうやって、女性と普通に接する機会が増えていくと、自然と新しい人脈も増えていきます。残業がほとんどないというのが幸いしてか、定時の18時になると色々と新しいところに出向いている彼の姿がありました。

たしかにそれで帰宅が1時間遅れたとしても自宅につくのは22時。残業をがっつりしている人たちの帰宅時間と大差ありません。

彼は自分の時間がほとんどない、だからこれ以上のことがあっても対応できないから出会いを作りたくても作れない、と思い込んでいたようで、とても生き生きとした表情に(もともとそんなに悲壮感はなかったのですが)なっていきました。

そんな中、クッキングスタジオのスタッフたちとの割と定期的な食事会の席で、スタッフの友人というある女性と知り合います。お互いに何か惹かれるものがあったようで、連絡先を交換して以来二人だけで頻繁に会うようになっていきました。

彼女の部屋は彼の家とは電車で反対の方向、時間的に毎日会うには少々厳しい状況ではあったようです。しかし彼は思い切って、実家を出て会社の近くに部屋を借りるという行動に出ました。

これで、通勤時間は20分になり、自分のための時間、というか彼女との時間を捻出するのも全く難しいことではなくなりました。

残念ながらその彼女とはいろいろとあって別れてしまったのですが、しかし1年ほど前まで彼が自分で思っていた出会いがない社会人という状況は、自分自身の行動で変えることができたのです。

そういった意味で彼はいまでもこの彼女のことは、人生を変えてくれた人、と思っているようです。

彼はいまでも、新しい出会いがどこかにないかと、女友達との集まりに行ったり、趣味の幅を広げたら新しい出会いがあるかもとボルダリングに通うようになったり、いきいきと毎日を過ごしています。

学生の頃とは違って社会人になると出会いがないんですよねー、とこぼしていたのはもう別人の誰かが言っていたのではないかと言うぐらいの変わりようです。

しかしその変わるきっかけは、パーティーという場所でとにかく女友達を作り、引っ越しをするという少々荒療治で時間を作った、という、自分から現状を打破しようという行動にあったのではないかなと思います。

さいわいな事に、出会いはそれなりにあるようです。まだ彼なりのベターハーフには出会っていないようですが、この調子だったらそれほど遠くない未来に吉報が聞けそうです。

 

自分では出会うための時間がないと思っていることがありますが、工夫をすればいくらでも出会いを見つけることができます。

ようするに、悩む前にまずは行動していくことが大切です。極端にいえばスマホさえあれば、Facebookを活用したOmiaipairsなどのマッチングアプリを使っていつでも気軽に出会いを探すことができます。

出会いがないと思い込んでしまうよりも、まずは自分ができることから行動してみましょう。

 

出会いがない社会人男女におすすめの場所と出会う4つの方法

 

積極的に集まりに参加することで夫と出会いました 23歳 商社勤務 Sさん

私は社会人になってから夫と知り合い、結婚することができました。比較的友人の中では結婚が早い方で、どうやって出会ったのか、どうやって結婚までいたったのか聞かれることもしばしばです。

実際、私の周りで早く結婚した友人は、大半が学生時代から付き合っていた彼氏と結婚するというパターンか、できちゃった結婚というパターンがほとんどでした。

社会人になると出会いがないというのは本当なのです。正確にいうと、出会いはあるので出会いがないというのは嘘なんですが、結婚につながる出会いが少ないというのが正確なところです。

そんな中、私がどのようにして結婚にいたる出会いをみつけたのかを紹介します。

私は大学時代に生涯の伴侶となるような彼氏を見つけられませんでした。でも、結婚は早くしたかったので就職が決まってからも少し焦っていました。

子供が授かりにくい体であるというのも自覚していたので、子供を早く授かるためにも結婚は早くしたかったのです。子供を授かるためには若さは非常に重要です。

結婚するのに必要なのは、たくさんの人と出会うことだと考えました。そのため、飲み会や友達の紹介など、知人が集まる場には積極的に参加しました。

私の性格上、全く知らない人の中にいくのは少し勇気が必要だったので、知人を介したつながりの中にいくことが多かったです。会社の飲み会や、同期の飲み会もほとんど参加してました。

単純に私がお酒好きということもありますが、この行動によって誘えばきてくれる子という印象がつき、誘いやすくなったのだと思います。

また、お酒が好きで食べるのも好きな私は、結婚する相手も似たようなタイプだといいなと思っていました。そのような適性を見るためにも飲み会はいい場といえました。

会社の中でも、同期の中でもちょっといいなと思う人はいて、少しずつ仲良くなることはできていましたが、やはり同じ会社内ということで進展させにくくなかなか交際にいたる人は出会えませんでした。

そのため、友人が開いてくれる大学時代や高校時代の飲み会にもなるべく参加し、会社以外でもつながりを作るようにしていました。また、SNSも活用して、今の状況を発信してもいました。

転機が訪れたのは、こうした飲み会への参加がきっかけでした。ある日、職場の先輩から合コンに誘われたのです。メンバーが一人足りないから、急だけど今日の夜参加できないかと言われたのです。

予定は空いていたのでOKしました。その日は4対4の合コンでした。先輩からの紹介だったので、相手はみな年上ばかりでしたが、みな飲むのが好きなようで楽しく飲めました。

中でも、唯一のビール好き同士という共通点がある今の夫と意気投合し、合コンの最中はずっと瓶ビールをつぎあっていました。そして、偶然ですが夫の職場は私の実家近くだったため、会いに行くにも都合のよい状況でした。

ひとまず全員とメールアドレスを交換したところ、帰り道に数人から「お疲れ様でした」というメールがきました。その中に夫のメールもありました。

メール文面が気さくで、少し方言があるのが好感をもてると思ったことを覚えています。そのメールの中に、ビール好きということで、ビール専門の飲み屋にいかないかというお誘いがありました。

もちろん一も二もなく行くと答え、次のデートが決まりました。

その後は、二人で飲みに行ったり、そのときの合コンのメンバーで飲みに行ったり、私の友達も加えて飲みに行ったりと様々な形で飲みに行ったり遊んだりしました。

なかなか交際に進展せず、どう思っているのかやきもきしましたが、この時間で相手の様子や結婚への意欲などを知ることができたのでよかったのかなと思います。

交際に進展したのは、夫の友人と3人でバーベキューをしたときでした。それまではコンサバ系の服だったのが、バーベキューということでカジュアルな服を着ていったのが決め手だったようです。

カジュアルでボーイッシュ好きなことを知らず、いわゆる男受けする服を着ていたのがイマイチ夫の好みに合わなかったみたいでした。ボーイッシュな服装でぐっと印象がよくなり、夫から交際の申し出があり交際に至りました。

その後、夫と何度か旅行にいき、旅行先でストレスなく過ごせたのもポイントとなり、一年半後にプロポーズされ結婚できました。

かなり進展が早かったのは、お互いに相性のよさを感じたためだと思います。出会いをつくるには積極的に集まりに参加するのが大事と感じました。

 

社会人になってしばらくすると「そろそろ結婚したいなぁ…」という方も増えてきます。そのためには出会いを増やす必要があるのですが、こういった飲み会には積極的に参加していくのもいいでしょう。

1回では出会いに繋がらなかったとして、いろいろ参加しているうちに気の合う異性が見つかったりするものです。あるいは、本格的に婚活をスタートするのもいいかと思います。

最近ではゼクシィ縁結びなどの大手企業の婚活サイトもあります。結婚情報誌で有名なゼクシィが運営しているので、初めて婚活する人でも安心して利用できます。

 

異性との出会いの場は、自分の周りに沢山転がっています 31歳 工場勤務 Aさん

日本人は義務教育を受けなければなりません。それは誰でも同じで、男も女も関係ありません。なので、中学校までは家族以外の異性と接する機会は沢山あります。

ところが、高校になると男女が別々という学校も存在している為、その様な高校へ進学した場合、異性と接する機会が少なくなってしまいます。

事実、私の友達は男子校へ進学した為に、高校三年間で女性と接する機会が殆どなくなってしまっていました。彼は高校を卒業後に工業系の会社に就職しました。

その職場で働いているのは殆どが男性ということもあり、異性との出会いがない状態でした。彼は30代後半になって独身のままです。

彼が女性と接することの出来る機会を設けようと、私の女友達を紹介したりしましたが、彼はそれらの女性と殆ど話すことが出来ませんでした。彼は異性とどのようにコミュニケーションを取ってよいのかが分からなくなってしまっていたのです。

このように長年異性と接触していないと、コミュニケーションが上手く取れず、それにより場の雰囲気が悪くなってしまう場合があります。その経験が更に異性と接触することを怖くしてしまうのです。

私は学生時代は共学の学校に通っていたため、異性と接する機会はそれなりにありました。しかし、人とのコミュニケーションが苦手だった為、異性と話すのは得意ではありませんでした。

20代になり社会人となってお酒を覚えると、男女共に交友関係が広がるようなりました。その頃の主な出会いはいわゆる「コンパ」です。私の友達には異性との交友関係が広い人がおり、彼の紹介で女性を紹介してもらいました。

コンパの場で女性が登場すると最初は緊張してしまうのですが、お酒の力を借りることにより、気軽に話が出来るようになりました。何度もコンパを経験するうちに、女性とのコミュニケーションで緊張しなくなりました。

やがてコンパで知り合った女性とお付き合いするようになりました。私の周りの友達も多くはコンパで知り合った異性と付き合う様になっていました。このように社会人が異性と出会う手っ取り早い方法は、コンパです。

コンパのポイントとしては、友達を通して沢山の異性と出会うことが出来るという点です。なのでいつの間にか交友関係も広がるのです。私はコンパがきっかけで付き合った女性とお付き合いするようになりました。

20代半ばという年齢になると、ぼんやりと結婚したいと感じるようになりました。しかし結婚まで至らずにその女性と別れることになりました。20代半ばから後半になると、周りの友達も落ち着きはじめ結婚する人も出てきました。

今まで私を頻繁にコンパに誘ってくれていた友人も、コンパを開かなくなってしまいました。コンパという場を失ってしまった私は、女性との出会いがなくなってしまいました。

「このままでは結婚も出来ないのではないか」という焦りを感じた私は、女性と出会える機会を探しました。そこで思いついたのが、料理教室という場でした。料理教室はなら自然と女性と出会うことが出来ると思ったのです。

料理教室は主に女性が通うものですが、男性の参加が許可されている所を探しました。そしてそこへ通うことを決めました。そこでは思った通り女性との出会いが沢山ありました。

話しが合い仲良くなった人もいたのですが、お付き合いするまでには至りませんでした。その他に思いついた方法としては結婚紹介所への登録でした。

紹介所なら結婚を意識した人が集まるところなので、効率的に出会いがあると思ったのです。そして気になった結婚紹介所を見つけると早速登録を行いました。登録後、そこから沢山の女性の紹介がありました。

正直、こんなに沢山の紹介があるとは思っていませんでした。やはり世の中には私と同じように、社会人になって出会いがないという人が沢山いたのです。そこで知り合った女性とやがてお付き合いするようになりました。

残念ながらその女性とも結婚には至りませんでしたが、その頃の私は女性とのコミュニケーションに対する苦手意識がなくなっていました。そこからは積極的に女性との出会いを求め、そのような場を探しました。

そこで見つけたのが、街のダンスクラブです。そこでは主に社交ダンスを習うことが出来、問い合わせてみたところ、独身女性の参加も多いとのことでした。

早速そこへ登録し通いだした私は、ある女性と知り合うことが出来ました。やがてその女性とお付き合いすることになり、結婚をすることになりました。このようにして、異性との出会いの場は自分の周りにも沢山転がっていることを知りました。

 

女性との接点がなくなると、いざ出会いを作ろうと思ったときにうまく会話できなくなってしまいます。それを克服するには、出会いをたくさん作って女性との会話に少しずつ慣れていかなければなりません。

最初は失敗することもあるでしょうが、徐々にうまく会話をするためのコツがわかってきます。最近では合コンだけでなく、料理教室やスポーツジム・社会人サークルなどでも出会いを作れるチャンスがあります。

 

出会いがない社会人男女におすすめの場所と出会う4つの方法

 

▼まずは無料でためしてみてください▼

本当に出会いがなくて困っているのであれば、マッチングアプリの【Omiai】 を使ってみてください。

Omiaiを使えば、すぐにでも恋人探しができます。

※Facebookにはすべて投稿されないようになっています。

会員検索も無料ですので、どんな人がいるのかのぞいてみるだけでもおすすめです。

「最近出会いがない…」と悩んでいるのに使わないのは損していますよ。

会員登録はたったの1分で完了します。

▼Omiaiを使ってみる▼
友達に知られす=恋活(ゆいちゃん)