泣く

「なかなか結婚できないんだけど、もうどうしていいのか分からない、、、」

こんな悩みを抱えているアラサー女性が最近増えてきています。

学生のときに付き合っていた彼氏とそのままゴールインできるような女性は、正直とてもラッキーだと思います。

「社会人になってから何人かとは付き合っていたことはあるけど、結局結婚するには至らなかった」

「30代にもなると合コンでいい男ゲットって感じでもないし、かと言っていい出会いがあるわけでもない」など、どうしていいのかさっぱり分からないまま気づけばアラサーになってしまった、という現状に愕然としているかもしれません。

男性はある程度歳をとっても結婚できる割合が多いのですが、女性はそうもいきません。

よく言われるのが、35歳を過ぎた独身女性が結婚できる割合はわずか1割以下だそうです。

そこでいざ婚活を始めてみても、なかなかうまくいかず悩んでしまっている女性もたくさんいます。

では、なぜなかなか結婚できないのでしょうか?

このページでは結婚できないアラサー女性の特徴と、その解決法について書いていきたいと思います。

 

特徴1:結婚相手として男性に求める条件が厳しい

結婚できない女性の最大の特徴として、相手の男性に求める条件が厳しすぎるというのがあります。

たとえば、

・長男は絶対無理

・勤め先は大手企業か公務員

・年収は600万以上は欲しい

・身長は170センチ以上・イケメンなら尚良し

・共働きじゃなくて専業主婦希望

などなど、結婚相手として男性を見るときに、ステータスを先に見てしまっている癖があります。

つまり、理想としている男性の条件が高すぎて、現実を直視できていないということです。

結婚は相手のステータスだけで決めるものではありません。

むしろ、相手の条件やステータスだけで決めると、かえって幸せな結婚はできないでしょう。

結婚は一生をともにする伴侶を選ぶことですよね。

もちろん経済力や相手の家族事情などを考えることも大切です。

しかし、それと同じくらいお互いの相性や結婚観・価値観などを見極めることが必要ではないでしょうか。

必ずしも結婚が恋愛感情の先にあるわけではないでしょう。

しかし、その人といると落ち着くとか、一緒にいても気が楽、ずっと一緒に生活していけそう、という相性で結婚相手を決めるという選択肢もあります。

婚活をするにしても、相手のステータスを見ただけで対象外にしてはいませんでしょうか?

もしかしたら、その中に自分と相性ぴったりの素敵な男性がいるかもしれません。

いくら高収入で社会的な地位がある男性でも、結婚したらまったく自分を大切にしてくれないのでは一生を共に過ごす気にはなれなくなってしまいます。

結婚をすれば、いろいろなことで困難や苦しいことがあったりします。

そのときに自分一人ではなく、二人で一緒に乗り越えていけるようなパートナーこそが結婚相手としてふさわしいのではないでしょうか。

 

そこで婚活するにあたって、まず最初にすることは本当に自分がしたい結婚をはっきりとさせることです。

なぜ最初にどんな結婚をしたいのかをはっきりさせなければならないのかというと、婚活自体が目的になってしまうことを防ぐためです。

婚活はあくまで自分が望む結婚をするための手段であって、目的にはなりません。

「そんなの当たり前じゃん」と思われるかもしれませんが、意外と自分でも気づかないうちに「なんで婚活してるんだっけ、、、?」と迷ってしまう時があります。

婚活は頑張った結果に、自分が思う幸せな結婚生活を手に入れるためのものです。

「なんでもいいから結婚したい!!」というふうになってしまうと、いざ結婚できたときに目標達成したことになってしまい一気に気が抜けてしまいます。

これから新しい新婚生活をしていくうえで、モチベーションがなくなってしまいます。

そうなると婚活のときには自分を魅力的に見せるための努力を怠ったり、旦那に尽くす姿勢がなくなり悪い意味で所帯染みてしまうでしょう。

そうなると相手の男性にも「こんな女性だったなんて、、、」とか、「こっちが本性だったんだなぁ、、、」とがっかりされてしまいます。

そうならないように、まずは「どんな結婚生活を送りたいのか?」を本当に自分自身に対して問いかける必要があります。

本当に相手のステータスが大事なのか?

それとも相性や価値観を重視するのか?

あるいは、どんな努力をはらってでも、価値観も合うしステータスも文句ない男性を見つけ出してみせると決断できるのか?

心の底から納得できる答えを見つけてみましょう。

このように、婚活を始める前に、まずは自分自身で結婚について考えてみることが先決です。

・どんな相手となら幸せな結婚生活が送れるのか?

・自分が幸せを感じるのはいつか?

・将来的に子供は欲しいと思っているか?

・専業主婦になりたいのか、それとも仕事もしていきたいのか?

・自分の人生をどう過ごしていきたいか?

などをノートやスマホのメモ機能に書き出してみてください。

価値観は人それぞれなので、他人がこうあるべきという意見は必要ありません。

お金も必要だけど、お金だけでは幸せになれない人もいるでしょう。

他の人と比べてたり競ったりしても意味が無く、幸せをつかむことはできません。

自分自身で、どんな結婚生活を送りたいのかじっくり考えてみてください。

どうして結婚したのか?をはっきりさせたら、次は結婚までの道のりの計画を立ててみましょう。

何歳までの結婚したくて、そのためにはどれぐらいの準備期間や婚活できる時間があるのかを具体的な行動などのスケジュールリングをしていきます。

たとえば、35〜36歳までの子供が欲しいと思ったら、そこから婚活をして結婚・新婚生活までもっていく時間がどれぐらいあるのかを計っていきます。

どうしても叶えたい何かの目標を達成するためには、具体的な行動や活動期限を設定したほうが実現しやすくなります。

 

特徴2:出会いを探そうとしていない

なかなか結婚できないのはなにか原因があるのではなく、単純に出会いがないというパターンも多いです。

そもそも出会いがなければ、結婚相手に巡り会うことなんて不可能ですよね。

出会いがあるからこそ、自分磨きにも力が入るし、自分の婚活・恋愛スキルも磨かれていくものです。

とくに女性は受け身の姿勢になりがちなので、結婚できていないのに出会いを探そうとしない女性は案外たくさんいます。

いくら美人でも、性格が素晴らしい女性でも、肝心の出会いがなければいつまでたっても結婚できません。

「でも、出会いなんてどうやって作ったらいいのか分からない、、、」と悩むこともあるでしょう。

まずはどんな小さなことでもいいので自分から行動してみましょう。

女性に限らず、出会いがないと悩んでいる人の多くは、自分から行動できないで受け身の姿勢のままでいることがほとんどです。

「結婚はしたいけど、なかなかいい出会いがない、、、」と、気づいたら家と会社の往復しかしていないような毎日になってしまいます。

休日も家でゴロゴロしていたり、女子会ばかり開いたりしているような状態です。

「待ってれば、いつか必ず私の王子様が迎えにきてくれるはず」という幻想を抱いています。

あるいは、「どうせ私なんていくら頑張っても結婚できないんだ、、、」と諦めてしまうことも。

このように、考えだけが頭の中でぐるぐる回ってしまい、なにも行動できなくなってしまいます。

最初からダメだと諦めてしまう前に、まずは行動してみてください。

自分ができる範囲内で少しずつ出会いを作る行動をしていけば、いつか自分にふさわしい男性と巡り会えるようになるでしょう。

 

たとえば、カフェや飲食店で店員さんと仲良くなったり、ジム通ってみたり、社会人サークルに参加してみるなどがあります。

「本当にそんなところで出会いがあるの?」というところにこそ、自分で思ってもみないような出会いに巡り会うことができます。

どんな出会いにも共通していることは、待っているだけなら出会いはないけれど、とにかく行動していくことが絶対に必要だということです。

このときに友達と一緒に行動してはいけません。

合コンなど複数で参加しなければならないものは例外ですが、あくまでも一人で出会いを探していきましょう。

一人で行動していたほうが、圧倒的に出会いにつながるチャンスが多いです。

男性が声をかけれるのは女性が一人でいるときのほうが多く、集団でいる女性に男性一人が声をかけることはまずありません。

また、自分自身も友達の視線を気にしてしまい、大胆な行動に出れなくなってしまいます。

これではせっかくのチャンスを棒に振ってしまいます。

このときに独身男性がいそうな場所へ行くことで、さらに出会いのチャンスをアップさせることができます。

・カフェで読書や勉強を一人でしてみる。

・ビジネスセミナーや交流会に参加してみる。

・小さなバーや飲食店の常連になってみる。

・一人で旅行してみる。

・男性が多い社会人サークルやオフ会に参加してみる。

婚活パーティーなども一人で参加したほうがお互いに余計な気を使わなくて済みます。

それに、一人で行動するということは、ライバルがいないというメリットもあります。

出会った時点で1対1なので、その後のデートや交際に発展しやすくなります。

 

出会いのチャンスがある場所に行けるようになったら、積極的に声をかけていきましょう。

出会いがある場所だとしても、ただ単にそこに居るだけでは出会いにつなげることはできません。

とは言っても、ナンパみたいに「一緒に遊びませんか?」とか、「ライン交換してください」などと言う必要はまったくありません。

最初の一言、話すきっかけを自分から作るだけで大丈夫です。

たとえば、バーで「今飲んでるお酒ってなんですか?美味しそうだなと思って」

ビジネス関係では「何かビジネスに役立つおすすめの本ってありませんか?」

社会人サークルでは「もっと上手くなるコツって何かないですか?」

最初の一言を話しかけるのは勇気がいりますし、なかなかできない人がいるかもしれません。

それでも出会いを作りたいのであれば、最初のきっかけ作りを頑張ってみてください。

初めはうまくいかなくてもコツをつかんで上達していけば、どこでも出会いを作ることができるようになるでしょう。

声をかけた男性がいまいちだったとしてもそれはそれで自分の経験値になります。

ちょっといいなと思う男性がいたら、練習だと思って仲良くなる工夫をしてみてください。

それが結婚相手の対象にならなかったとしても、会話や婚活スキルは身についていきます。

もしかしたらその人から別の男性を紹介してもらえることもあり得ます。

最初に声をかけるのは勢いが大切です。

「勇気を出して声をかけたはいいけど、その後どうやって会話すればいいんだろう?」と考えていると、いざというときに実行できなくなってしまいます。

とくに街中で出会う男性とは二度と会わないことがほとんどなので、練習だと思って頑張ってみてください。

あるいは、どうしても声をかけるのが苦手という方は、スマホのマッチングアプリなどを活用してみるのもいいでしょう。

マッチングアプリとは、出会いを探している男女が登録して、好意を相手に示します。

お互いに好意がある場合はマッチングが成立して、メッセージのやりとりができるようになります。

たとえば、Facebookのデータを活用したペアーズやOmiaiなどが使いやすくておすすめです。

「そんなのに登録してる男性にいい男なんていないんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、意外と掘り出しものの男性もいたりします。

たしかにワンチャンス狙いの男性もいたりしますが、そういった男性は露骨で分かりやすいので無視してOKです。

マッチングアプリを使っている男性にも職業柄なかなか出会いがなくて使ってみたという真面目に出会いを探している誠実な男性もいます。

出会いがなくて困っているという方は、ぜひ一度試してみてくださいね。

 

特徴3:自立しすぎている

特に経済的に自立して、収入がしっかりあるバリキャリの女性に当てはまります。

一人でも生きていけそうな安定した職業・年収の高い仕事に就いている。

なおかつ、経済的に自立しているだけでなく、プライベートも充実させていることがあります。

仕事だけでなく、趣味や好きなことを楽しめているために、特別今の生活に不満があるというわけでもないのかもしれません。

たとえば、友達と海外旅行に行ったり、結婚して専業主婦に収まろうという気もありません。

少し男性っぽい考えもあるようです。

結婚をすれば、時間とお金が自分の自由になるわけではありません。

そういった結婚に対するメリットとデメリットを知っているからこそ、なかなか結婚を真剣に考えられなくなります。

自分がお金持ちだったり、収入が十分にあると、結婚相手にはそれ以上の年収・経済力を求めるようになってしまいます。

そうなると、ますます限られた男性しか結婚相手として見れなくなっていきます。

自分のレベルに見合っているであろう男性を自分で選抜しています。

男性のほうでも、「この人には自分は見合わない、、、」とたじろいでしまうかもしれません。

男性は自尊心・プライドの生き物なので、「女性に頼られたい!」、「俺が守ってあげたい!」と考えています。

あまりに自立しすぎていると、「この人は俺がいなくても全然大丈夫なんだろうな」と思われてしまい、男性からアプローチされなくなってしまうかもしれません。

このような場合はあえて自分のハードルを下げてみることも必要です。

あえて隙を作ることで男性のほうからアプローチしやすくします。

しっかりしているのに意外と家庭的なところがあったり、経済力があるのにもかかわらず大衆居酒屋でも満足できるなど、意外性とギャップを演出してみましょう。

 

特徴4:性格が慎重すぎる

容姿も良くて仕事もできるけど、いかんせん性格が慎重なタイプです。

その場の雰囲気に流されることもありませんが、男性が言いよってきてもなかなか心惹かれることがないようです。

自分が好意を持っていても、「もしかしたら嫌われてしまうかも、、、」となかなか積極的になれません。

結婚できない女性にはいまいち踏み切れない・思い切りの良さがありません。

結婚するにはタイミングも重要です。

そのタイミングをうまく計れなくて、婚期を逃してしまっている方もいるのではないでしょうか。

たしかに自分からどんどんアグレッシブに、男性にアプローチなんてできるものではありません。

むしろ、そんな女性は珍しいでしょうし、それを勧めもしません。

かといって、何も行動しない、気になる男性がいてもなんのアプローチをしないのもいけません。

いつか素敵な男性との出会いがあって、幸せな結婚ができると思うのはただの妄想です。

大事なのは「いかに男性からアプローチさせるように誘導するか」です。

「男性に主導権を渡しつつも、実は女性のほうがそうさせている」と言ってもいいでしょう。

そうするのがモテる女性の極意です。

そのためには出会いの作り方から、男性との接し方、デートの仕方まで様々なノウハウがあります。

 

婚活スキルの中でも、コミュニケーション能力はとくに重要です。

コミュニケーション能力を磨いていけば、第一印象でまあまあかなと思われていても、一気に好かれる可能性を秘めています。

これは勝手に身につくものではなく、意識して学んでいく必要があります。

じゃあ、「男性を惹きつける魅力的なコミュニケーション能力を身につけるためにはどうすればいいの?」と思われますよね。

コミュニケーション能力は実際に男性との会話の中で身につけていくのが一番です。

一人で会話の練習をしても意味がありません。

自分がしゃべっているときの表情を鏡の前で確認する程度で十分です。

実際には相手がいて会話はするものだし、相手の目を見ながら笑顔で話せるようになりたいですよね。

そのためには、出会いをたくさん作って、どんどん練習として話していく必要があります。

いきなりド本命の男性をゲットできるほど、コミュニケーション能力は簡単に身につきません。

その場での出会い作りのきっかけから、会話を盛り上げていけるだけの経験値とスキルが必要になってきます。

そのコミュニケーション能力の中でも、とくに重要なポイントが「質問力」です。

会話は話す方が重要だと思われがちですが、質問するほうこそ会話をコントロールして盛り上げることができるんです。

初対面同士でいきなり会話が盛り上がることはありません。

お互いがどんな人なのか探り探りで話していき、徐々に打ち解けていくのが普通です。

そこで、お互いに盛り上がれる共通点や相手が話したい話題を見つけるために、質問力が重要になります。

相手を尋問するようなグイグイいく感じではなくて、無難な質問内容でOKです。

そのときに、自分のことを少し話してから相手に質問してみるといいでしょう。

先に自分のことを話して自己開示したほうが、相手の男性も安心して質問に答えられるようになります。

そのような質問と返事を繰り返していくと、どこかに会話を広げるための話題が見つかります。

相手が食いついてきた話題を掘り下げていくことで、会話を徐々に盛り上げていきましょう。

そのときに相手がイエスかノーで答えられるような質問の仕方だと、返事が一言や二言で終わってしまいます。

そうではなくて、オープンクエスチョンと呼ばれる5W1Hの質問をしていきます。

5W1Hとは、Who:誰が、What何を、When:いつ、Where:どこで、Why:なぜ、How:どのように、という疑問形です。

質問力に優れている人は、このように相手にしゃべってもらいながら、会話の主導権を握っています。

聞き上手とは質問上手と言ってもいいでしょう。

このようにコミュニケーション能力を磨いていけば、ほんの少しの会話するきっかけから一気に仲良くなることも可能になります。

 

特徴5:自分磨きをしていない

出会いを作れるようになったら、結婚相手として選ばれるには自分磨きが必要になります。

男性を惹きつけるには内面だけではなく、ファッションやメイクで自分の魅力をあげなければなりません。

とくに男性は、女性らしい格好や見た目に惹かれます。

第一印象が良ければ、その後のデート展開にもつながっていきます。

メイクの仕方やファッションの着こなしもいきなりノウハウをつかめるわけではありません。

やはり毎日のコツコツとした工夫や努力が結果につながっていきます。

髪の毛やファッションに無頓着なままでは、理想の結婚相手を捕まえることなどとうてい不可能でしょう。

とは言っても、高価なブランド品などは必要ありませんし、メイクやファッションも高いものを揃える必要はありません。

大事なことは、男性が好むメイクとファッションにすることです。

本気で結婚したいのであれば、今からでも出会いを探し、自分磨きをしていきましょう。

悩んでばかりで行動しなければ、いつまでたっても結婚はできません。

男性を惹きつけるための魅力は単純に積極的にアピールすればいいわけではありません。

さりげなく自分をアピールしつつ、男性のほうから行動をさせるようにします。

なんだかややこしいなぁと思われるかもしれませんが、それが一番成功率が高くなります。

たとえば、男性と一緒にいるときのしぐさや話すときの表情・態度・ポーズなどによって女性らしさをアピールします。

男性は女性ならではの物腰の柔らかさや、曲線的なシルエットを魅力的に感じます。

なので、女性が足をクロスしていたり、髪の毛をアップしているうなじやデコルテにセクシーに思うようです。

男性は女性よりも視覚的な魅力に惹かれやすい生き物です。

このように直接的ではなく、間接的に男性にアプローチしていきましょう。

そもそも女性は自分から積極的に男性を口説いたりはしません。

どのようにして男性に誘わせるかがキーポイントです。

「そんなこと言われてもいきなりは無理」と思われるでしょうが、出会いを積極的に増やしていくことで自分磨きをするチャンスが増えていきます。

このようにして、少しずつステップアップしていくことで、最終的には自分にふさわしい結婚相手が見つかるようになります。

また、とくにモテる女性には隙がある人が多いです。

女性の隙とは、だらしないとかいい加減という意味ではありません。

女性の隙は男性に安心感を与え、親しみやすいような雰囲気、話しかけやすい印象のことです。

先ほども言ったように、男性はプライドの生き物であり、自分が傷つくのは嫌なものです。

男性のほうから話しかけたりアプローチしなければなりませんが、自分のプライド・自尊心が傷つくのは嫌なものです。

そこで、男性に「この人にはなんだか話しかけやすいな」とか、「一緒にいると安心するなぁ」という気持ちにさせてくれます。

また、話すときでも男性の自尊心をくすぐるように会話をするのもいいでしょう。

 

婚活において、初対面でいかに有利に展開できるかどうかは見た目にかかっています。

もし自分が理想としている男性と出会ったとして、その人と落としたいのであれば、必ず見た目を綺麗に磨いておかなければなりません。

見た目は自分の魅力を最大限に活かしきるための武器だと言えるでしょう。

そもそも男性は見た目がタイプではない女性に惹かれることはありません。

男性は視覚的に女性は判断する生き物なので、どれだけ内面が素晴らしくても、女性の第一印象で「あり・なし」を判断しています。

これは自分の種を繁栄できるかどうかという本能的なものであり、それは結婚相手として選ぶときも適応されています。

もちろん結婚するのに見た目がすべてではありません。

逆に美人だけど内面がいまいちでいつまでたっても結婚できない女性は結構います。

そして、結婚に関していえば、特別美人じゃなくてもまったく問題ありません。

ようは女性として見た目に気をつけているか、男性に好まれるファッショやメイクにしているかが重要です。

つまり、元の顔自体はそれほど重要ではないということです。

言ってしまえば、ぱっと見の雰囲気だけ美人に見えればOKだということです。

自分自身にある本来の魅力を磨いていけば誰でも男性の心を惹きつけることができるようになるでしょう。

その中で、誰でも雰囲気美人になれる方法があります。

それは「笑顔」です。

男性は美人かどうかを重要視しますが、それよりも女性の表情にとても敏感です。

どんなに美人であっても無表情、あるいは笑顔を見せてくれない女性は、男性にとって耐えがたい存在になってしまいます。

男性はプライドの生き物なので、女性が自分に笑いかけてくれないことに耐えきれなくなってしまいます。

美人じゃなくけど笑顔が愛くるしい女性は、それだけで男性の心をぐっと惹きつけることができます。

「この人は俺と一緒にいると楽しいんだな」と自尊心をくすぐられて満足できるからです。

魅力的な笑顔にするには鏡の前で自分の笑顔をチェックしてみましょう。

口角ははっきり上がっているのが分かるくらいのほうがいいです。

歯茎を見せるほど口を開けて笑うのはあまり品がよくないように見えるので、前歯が見えるくらいのほうがいいでしょう。

口だけ笑っていても目が笑っていないと一気に不自然になります。

目もちゃんと笑っているようにチェックしてみてください。

 

笑顔をマスターしたら、いよいよ見た目にとりかかります。

男性にとって実年齢の若さよりも、見た目が若く見えるほうが重要です。

そのために肌や髪の毛・体型を若々しく見せる必要があります。

そのためにどうすれば良いのか細かい情報はここでは省略します。

美肌のためには日頃の食生活や睡眠・スキンケアが大切ですよね。

髪の毛はシャンプーやヘアケアを重視し、毎月1回は美容院に行きましょう。

体型は痩せすぎず、太りすぎず、適度な体重を保つようにします。

そのためには日々の食事と適度な運動が重要です。

メイクに関してはがっつりメイクよりもナチュラルメイクのほうが男性の好みです。

あくまで自然に見えるようなメイクで、化粧をあまりしていないように見えるのに可愛く見えるようにすることです。

そのためには丁寧かつ自然に見える化粧の仕方が大切です。

ファッションで男ウケがいい典型的な例が、女子アナのファッションです。

つまり、女性らしいアイテムと清楚さを演出する着こなしです。

流行りがどうこうよりも、定番のアイテムで清楚・清潔感が重要です。

女子アナのファッションは女性的なラインと色使いにあります。

ラインはゆったりしたものよりもややぴったりめで曲線的なラインが見えるようにします。

色は黒や派手な原色よりも明るめのパステルカラーや白を多用しましょう。

たとえば、白のワンピース・白シャツ・薄手のブラウスやカーディガン・ややタイトめのスカート・ふんわりしたロングスカート・ニットワンピやセーター・華奢めのパンプスやヒール・細いネックレスや小さめのピアス、などがいいでしょう。

このように男性から好まれる笑顔・メイク・ファッションを身につけば、自分でも驚くくらいに男性からアプローチされるようになります。

まずは自分ができそうなところから少しずつ実行してみてくださいね。

 

▼まずは無料会員をためしてみてください▼

本当に出会いがなくて困っているという方は、婚活サイトのゼクシィ縁結びを使ってみてください。

ゼクシィ縁結びを使えば、すぐにでも素敵な結婚相手探しができるようになります。

ゼクシィといえば結婚情報の大手企業が運営しているので、安心して利用できます。

会員登録も無料ですので、まずはおためしで利用してみるのもおすすめです。

「結婚したいのに相手がいない…」と悩んでいるのに使わないのは損していますよ。

会員登録は3分で完了します。

▼ゼクシィ縁結びを使ってみる▼
ゼクシィ縁結び
ゼクシィ縁結び