遠距離恋愛のコツ

遠距離恋愛は普通の恋愛よりもハードルが高めになります。

最初は大丈夫だと思っていても、寂しかったり不安になったり様々な困難がつきものです。

「遠距離恋愛になって本当にうまくいくのかな、、、」

「なかなか会えないし寂しい、、、」

そんな遠距離恋愛を応援するためにこの記事を書きました。

今回は遠距離恋愛で長く付き合うためのコツについてです。

スポンサードリンク

 

1、遠距離恋愛でも長く続くかは本人たち次第

遠距離恋愛のほうが普通の恋愛より難しいということが誰もがご存知だと思います。

そして、その難しさは2人の物理的な距離が遠いことによることも。

距離だけが遠距離恋愛ならではの問題なんですが、離れていることによってハードルがかなり上がります。

すぐに会えないとか、離れていて不安になるとか、その内容は様々です。

とはいえ、その壁を越えられるかどうかは本人達の頑張り次第で乗り越えられるでしょう。

 

例え近くにいても別れるカップルは別れるし、遠距離恋愛でも愛を育み結婚するカップルもいます。

近くにいたとしても仕事が忙しかったり休みが不定休だったりすれば、なかなか会う時間が取れません。

近くにいるからこそ、油断して相手のことをないがしろにしてしまうこともあります。

仕事で疲れているのに、会いたいと言われても断ってしまったり。

だんだんと新鮮さがなくなり、惰性で付き合っているというカップルもしばしば見られます。

 

遠距離恋愛のほうが会う時間を積極的に作ったり、デートを楽しもうとする心構えになりやすいと言えるでしょう。

つまり、遠距離恋愛はいい意味で緊張感がある付き合いができます。

距離的には離れていても、しっかり相手と向き合っていけるかどうかが大事なんですよね。

何事もとらえようだと思います。

 

2、遠距離恋愛を長く続けるためのコツ

遠距離恋愛は本人たちの頑張り次第、以上!

で終わってしまっては僕も頑張って書いてる意味がありません。

遠距離恋愛ならではの問題、「距離」を克服することが長く付き合うためのコツと言ってもいいでしょう。

そのための解決策を提案します。

 

1:マメに連絡をとる

遠距離恋愛はマメに連絡をとる必要があります。

二人の距離を少しでも縮めるには相手を想っている、その気持ちを伝えることです。

幸い現代ではメールも簡単に送れるし、スマホのアプリで楽にやりとりができます。

でも、自分が面倒だと思わない範囲でマメに連絡をとっていくようにしてください。

連絡を苦痛に感じるようになってしまうと一気に冷めてしまうからです。

特に男性は日頃のコミュニケーションをないがしろにしがちです。

めんどくさがり屋な男性にとってマメに連絡をするのは苦手なことかもしれません。

それでも面倒だからといって、イベントを大切にしない、

自分の気持ちを相手に伝えない、

相手への気遣いや配慮ができない

のでは遠距離恋愛でなくても恋愛自体続きませんよね。

相手への思いやりが大切です。

 

会えないときはスカイプ

電話もラインもいいですが、やはり顔が見えた方が楽しいし、お互いの表情も分かります。

お互いの表情が見えるというのはことのほか大きいものです。

相手が笑ったり、驚いたり、喜んだりする顔を見ると自分も嬉しくなったりしますよね。

ですので、できれば遠距離恋愛をする人達はお互いにパソコンを持っているといいでしょう。

画面がでかくて家で操作しやすいというメリットはいいですよ。

パソコンでスカイプを起動して、会話しながら、ご飯を食べたり、お酒を飲んだりしながらまったりしていると楽しいです。

今なら3、4万円でそれなりのパソコンが買えるので検討してみてくださいね。

 

たまには手紙を出してみる

会えないときもいかに楽しく過ごすかが遠距離恋愛のコツです。

そのためにはいろんな手段を用いてコミュニケーションをとる必要があります。

その中でも手紙をもらうとサプライズ感もあって喜ばれます。

レトロで手間がかかるからこそ、相手に気持ちも伝わる方法です。

 

ラインなどのコミュニケーションアプリは考えて使おう

ラインはスタンプも楽しいですし、楽にメッセージのやりとりができるのでなにかと重宝しますよね。

しかし、便利である一方で短い文章しか送れないというデメリットもあります。

既読してるのに返事が来ないと心配になったり、ときにうまく伝わらなくてイライラしてしまうことがあるかもしれません。

従来のEメールのほうが手紙に近い感じでやりとりができると思います。

もしラインでのコミュニケーションがうまくいかないときはメールに変えてみるなど工夫してみましょう。

気になる好きな人とのメールやラインの頻度と内容の書き方

好きな女性からラインやメールの返事が返ってこない不安への対処法

 

2:会う頻度

遠距離恋愛をする上で大事なことは会う頻度ですよね。

なかなか会えないからこそ、どれくらいの頻度で会うのかを真剣に考えたほうがいいでしょう。

会えないからこそ、会ったときの楽しみが増すものです。

反対に、会えない期間が長すぎると、逆に気持ちが冷めてしまいます。

遠距離恋愛では月に1回のペースで会うようにするのがいいでしょう。

お互いの生活やお金の負担などを総合的に考えると月1ペースが最も妥当なところです。

月に一度であれば、毎月少しずつ貯めたお金で会うこともできます。

頻繁に会うことにはなりませんが、毎月の楽しみとして仕事もプライベートにもメリハリが出るでしょう。

後はお互いに相談して、2ヶ月に1回にしたり、月に2回にしたり増減させるのがいいかと思います。

これらはあくまでも参考ですので、お互いの状況を一番に考えながら決めるようにしましょう。

 

3:会うためにお金がかかるので、交代で通うようにする

お金がかかる移動は交互にすることです。

遠距離恋愛は距離が一番のネックですよね。

この距離という壁が生み出す問題として「お金がかかる」が挙げられます。

遠距離恋愛は会いに行くだけでもお金がかかるからです。

近くにいれば電車や車ですぐに会いに行けるのに、遠距離恋愛ではそう気軽に会う事ができません。

電車ならまだしも、新幹線、中には飛行機を使わないと会いに行けないというケースもありますよね。

そうなるとそう簡単には会えないでしょう。

 

距離や使う交通手段によって異なりますが、だいたい往復運賃で1万円以上かかることもざらです。

場合によっては交通費だけでなく、宿泊費がかさんだりもします。

「恋愛は障害があるほど燃える」なんていったりしますが、お金がかかることは現実問題として非常にシビアです。

会うときは互いの中間地点かどちらかの住んでいる場所に交代で通うようにしましょう。

どちらかがいつも一方的に相手の住んでいる場所へ行くだけでも相当な負担になってしまいます。

そういったところから不満がたまらないためにもできるだけ移動は公平にしておきましょう。

 

「そんなこと言ったってこっちには遊ぶところなんて何もないんだから。」と思うかもしれません。

それでも相手にとっては恋人の住んでる街を見たいかもしれませんし、繁華街まで自分も出向くという方法もあります。

他にも旅行気分を兼ねて、全然違う場所、たとえば観光地で待ち合わせをするのも趣があっていいでしょう。

移動がどちらかに偏らないように、もしくは相手の負担にならないように2人でよく話し合うことが大切です。

付き合う前のデート場所選び:好きな人や気になる女性とのおすすめデートスポット

初デートの会話でネタや話題に困ったときの対処法

 

4:イベントは盛大に盛り上げる

恋愛におけるイベントと言えば、クリスマスやお互いの誕生日、付き合った日、バレンタインデーやホワイトデー、大晦日や元旦などがあります。

お互いが好きなアーティストのライブに一緒に行くのもおすすめです。

このように1年を通じてイベントになりそうな日には極力会うようにしましょう。

遠距離恋愛であればなおさらイベントは大事にしたほうがいいです。

なぜかというと、イベントがあれば会うきっかけを作ることができます。

遠く離れているからこそ、会うための口実が大切になります。

お互いが遠くにいると会うためにも時間をしっかり確保することが必要ですよね。

思いついたときや気軽に会ったりできないので、お互いが時間を作って会わなければなりません。

そのモチベーション維持のためにもイベントを大切にしていきましょう。

「来月はクリスマスに会えるから今月の仕事は頑張ろう!!」

「久しぶりに会えるし、来月は◯◯の誕生日だから喜んでくれるようにデートプランをしっかり計画しておこっと!」

このように数少ないデートでも輪をかけて気合いを入れることができます。

また、イベントは非日常性を演出する効果もあります。

特別な日があるというのはモチベーションのアップに効果的です。

このようなイベントをしっかり大切にすることで相手との愛を深めていくことができます。

 

5:会っているときに愚痴を言わない

遠距離恋愛は不安や不満がたまりやすいものです。

ささいな喧嘩が原因で別れてしまうこともあります。

このような場合、ついかっとなって言い過ぎてしまうことってありますよね。

寂しいことを口にするのはいいのですが、不満や愚痴を言い過ぎないように注意しましょう。

会っている時間にけんかしないのは遠距離恋愛では鉄則です。

会う時間が短いのに嫌な思いをしてしまうのはもったいないです。

それに喧嘩したまま離れてしまうとのちのち尾をひいてしまいます。

会っている時間は思いっきり楽しむことをモットーにしましょう。

ただただ2人の時間を楽しむ事に集中することです。

遠距離恋愛でうまくやっていけるだろうか?

会っているときはそんなこと考えないようにします。

これからどうするのかよりも今、目の前にあなたを好きな恋人がいてくれることを楽しもう。

それがきっといい未来に続いているはずです。

 

6:サプライズプチプレゼントをする

サプライズプレゼントは遠距離でなくても嬉しいものです。

まして会えない恋人から「なんでもないときに贈られるプレゼント」は喜びが倍増しますよね。

この「なんでもないとき」というのがポイントです。

クリスマスや誕生日にプレゼントをもらうのはごく普通のことですよね。

これはある意味相手に期待している状態とも言えます。

でもなんの記念日でもない日にプレゼントをもらったらどうでしょう?

期待していないのに予想外に嬉しいことがあると嬉しさが跳ね上がります。

プレゼントには期待と実際の喜びを公式にすることができます。

①誕生日やクリスマスのプレゼント:(もらったプレゼント)−(相手の期待度)+αサプライズ=実際の喜び

②なんでもない日のプチプレゼント:(もらったプチプレゼント)−(相手の期待度はゼロ)+αサプライズ=実際の喜び

このようになんでもない日のサプライズプチプレゼントが喜んでもらうことが分かります。

②は相手の期待がゼロなので、プチプレゼントでも十分喜んでもらうことができます。

あまり高価なものだと相手も戸惑ってしまうので、3000円〜5000円前後が妥当なところでしょう。

プレゼントを送る際に手紙も一言添えておくとなお効果的だと思います。

 

7:寂しさを紛らわせる趣味を持つ

自分なりに寂しさを紛らわす方法を持っているといいでしょう。

会えない寂しさはなかなか埋められないのが遠距離恋愛というものです。

メールや電話だけではなかなか寂しさを紛らわせることができませんよね。

これは多くの遠距離恋愛カップルの悩みなのではないでしょうか。

そんな寂しさを紛らわせるためにおすすめなのが趣味を持つことです。

趣味で自分自身の生活を充実させることが結果的に遠距離恋愛の寂しさを少なくすることにつながります。

趣味にもいろいろありますが、スポーツすることが特に効果的です。

身体を動かして、汗を流すことで精神的にリフレッシュできます。

適度な運動は気分を前向きにさせ、物事をポジティブにとらえる効果も証明されています。

さらに運動不足な現代人には健康にもいいので一石二鳥ですね。

また、自分だけで行うスポーツだけでなく、サークルなどに参加すれば友達もできます。

ただし、そのサークルで異性と仲良くなった挙句に浮気…なんて厳禁ですよ。

 

3、寂しさからの浮気にご用心!

遠距離恋愛では寂しい気持ちになることが多いです。

最初はなんとかなると思っていても、少しずつ寂しさを募らせてしまいます。

その寂しさをどう解消するかが遠距離恋愛で長く付き合うためのコツになります。

遠距離恋愛で別れてしまう最大の原因は気持ちが冷めることと寂しさゆえの浮気です。

 

遠距離恋愛にはどうしても辛いことが多くなってしまうのかもしれません。

会いたい時に会えないもどかしさや本当にこの先うまくやっていけるのかという不安があったりします。

今はインターネットやスマホの普及によって、連絡する方法はいくらでもあります。

しかし、実際に会うことによる触れあいは今も昔も変わりません。

そのためなかなか会えない不安と寂しさから疑心暗鬼になりやすいんです。

相手を信じる気持ちが揺らいでしまいます。

また、これを自分のせいだと追い込んで自己嫌悪になってしまうこともあります。

 

遠距離恋愛における浮気の原因の多くは恋人に会えないことによる寂しさです。

その寂しさに負けて近くの異性に心を許してしまうというパターンが多く見られます。

しかも相手は遠くにいるんだからバレにくい。

「バレないかな。」というドキドキ感も相まってつい深くハマってしまうという人もいます。

とは言っても、遠距離恋愛に寂しさはつきものです。

いかに遠距離恋愛でもお互いが寂しくないようにするのが長く続くためのコツと言えるでしょう。

 

浮気を防ぐためには定期的なコミュニケーションを!

そうならないためにも定期的なコミュニケーションと定期的なデートは必須です。

これを怠ると相手は浮気に走ります。

ただし、束縛だけは絶対にしないようにしましょう。

「どこで何をしてるの?

ちゃんと報告して!!!」

という関係に信頼は生まれません。

相手を信じるということは相手に自分の思う通りの行動を期待することとは違います。

 

言ってしまえば、見返りを求めない心境とも言えます。

これ、言うのは簡単ですが、実行するのはすごーーく難しいですよ。

なんだかんだ言って相手に「期待」してしまうものですから。

とはいえ、束縛しない範囲で連絡はこまめにしましょう。

毎日1通はメールする。(ただし、相手の返信を催促しない)

1ヶ月に1回は会おうとする。などですね。

 

マンネリを防ぐ

マンネリとはワンパターンになることです。

会う回数が少ないからこそ、1回のデートの密度を高くする必要があります。

毎回同じデートじゃ恋の熱も冷めてしまいますよね。

まだデートで行ったことのない場所に出かけてみたり。

たまにはちょっと豪華なお店で食事したり。

1年に1、2回は2人で旅行したりするなどデートに飽きないような工夫をしていきましょう。

また、会えないときメールやラインの送り方にメリハリをつける。

たまには電話したり、スカイプでテレビ電話をすることもマンネリ化を防ぐ効果があります。

寂しいときの対処法

 

4、遠距離恋愛は1年以内がカギ

遠距離恋愛では学生の場合と社会人の場合では事情が異なります。

例えば、学生であれば、先輩と後輩、大学生と浪人生、新社会人と大学生という組み合わせがあります。

もちろんが学生同士、社会人同士というパターンも多いです。

学生では、先輩が地方の大学に進学するというパターンや大学に進学するのと浪人するというパターンがあります。

新社会人になったときは地元就職でない限りは遠距離になることも多いようです。

これらのパターンを見てみると、遠距離恋愛は付き合って1年が勝負だということが分かると思います。

学生でも先輩後輩なら1年後に自分も進学することになります(学年が1年差の場合ではありますが)。

大学生と浪人生でも1年後には浪人生も進学します。

社会人と大学生の場合も内定が決まって就職するのは1年後です。

1年付き合っていれば、相手との将来性も見えてきます。

進学か就職して近くになるのか、もしかしたら結婚することも視野に入ってくるでしょう。

反対に相手との将来が見えない場合は別れる可能性も出てきます。

その分かれ目が大体1年以内だということです。

最初は気持ちも高ぶっていて、

恋愛に距離は関係ない!!

いつまでも好きでいられる!!!

と思いがちですが、月日の流れは驚くほど変化します。

1年間の寂しさや会えないもどかしさをどうやって乗り切るか、その後の将来性をどうやって見出すかが長続きするかどうかのコツと言えるでしょう。

付き合っている彼氏と1年以内に結婚する方法

1年以内に結婚したい!理想の相手と結婚する3つの方法

 

遠距離恋愛で長く付き合うためのコツまとめ

普通の恋愛よりも難しいのが遠距離恋愛です。

しかし、その難しさがときに互いの絆を深め、ドラマチックな恋愛になることも確かです。

たとえ離ればなれであっても心は繋がっている。

月並みな表現ですが、まさにその通りにです。

距離の問題を乗り越えて無事に愛を育めるように陰ながら応援させていただきます。