女の子3

「実は彼女いない歴=年齢なんだけど、どうすれば彼女って作れるの?」

今まで一度も彼女ができたことがない人にとって、どうすれば彼女ができるのかわかりませんよね。

しかし、コツさえつかめば、初めての彼女を作ることはそれほど難しいことではありません。

まずは自分ができることから取り組んでいけば、きっと素敵な彼女ができるでしょう。

このページではそのための方法を体験談をまじえて紹介していきます。

 

彼女いない歴=年齢の人が彼女を作る方法

彼女いない歴=年齢の人は、彼女を作ることを諦めてしまうことがあります。

し かし、まだまだ諦めてはいけません。と言うのも、人生この先、何が起きるか分からないからです。

これまで全くモテなかったという人でも、タイミングが合えば、すぐに彼女ができることもあります

まず、なぜ自身に彼女が居ないのか、客観的に考えてみることが大切です。

容姿は関係ありません。容姿が悪くてもモテる人はいます

だからといって、性格が良くてもモテるというわけではありません。良すぎて友達以上にはなれないということもあるからです。

そこで、まずはたくさんの女性と交流を深めてみることをお勧めします。

職種も年齢も住んでいるところも全く違う人と、話をしてみるのです。

そうすると、世の中にはいろいろな人が居ることが分かります。

容姿を重視する人も居れば、性格を重視する人も居るはずです。

女性と話ができるくらいなら、これまで彼女いない歴=年齢だったわけはないと思われがちです。

ところが、話のできない人だけではなく、できる人でも、彼女ができないことがあります。

例えば、今一歩、踏み入れることができない人です。

奥手で踏み込んだ話ができない人は、友人関係で終わってしまいます

せっかく異性と話ができるようになったのなら、少し踏み込んでみることも大事です。

これまで大勢の友人と行動をしていた場合、二人きりで遊びに行くなど、デートに誘ってみることをおすすめします。

いきなり遊びに行くには勇気が居るのなら、食事に誘ってみるのもいいかもしれません。

食事も高級ディナーではなく、最初は気軽に相手の食べたいものを優先します。

学生ならファストフード店でも構いませ ん。

だんだん会話が弾むようになり、自然と一緒に居られるようになれば、いつの間にか彼氏と彼女の間柄に進展することも考えられます。

自然ななりゆきに任せたい人には、この方法がお勧めです。

そこまで踏み込めないという人は、SNSから始めてみるのもいいかもしれません。

面と向かって話ができない人におすすめの方法です。

LINEの交換をしたり、その他のSNSを教え合ったりすることで、少しずつ仲を深めていけるようになります。

実際に、最近はSNSを通しての交流がはやっています。

彼女を作る方法は、それほど難しいものではありません。

友人にも協力してもらえば、合コンや飲み会のセッティングをしてもらえます。

とにかく、いろいろな人と交流を図ることが大切です。

家に引きこもってばかりでは、女性どころか同性の友人もできないからです。

最近はSNSの他にも異性と交流できる場があります。

それは、マッチングアプリです。

ただし、悪質なものもあるので、この点は注意が必要です。信頼できて評判のいいアプリを活用します。

この手のことには抵抗があるという人には、友人を介した付き合いがお勧めです。

周囲の身近な人たちに彼女が欲しいということを話しておきます。

そうすれば、面倒見のいい人がどんどん紹介してくれるはずです。

もちろん、人任せにしておくだけではなく、自分磨きも必要となってきます。

外見から変えてみたり、内面も磨くようにします。

ネガティブ思考の人は受け入れられにくいため、少しずつ明るく前向きに考える努力をすることも大切です。

外見に自信のない人は、美容院へ行ってイメチェンしてみるのもいいでしょう。

自身に合ったヘアスタイルを美容師が提案してくれます。

ヘアスタイルを変えるだけでも、見た目の印象は随分と変わるものです。

もちろん、服装も大切です。オシャレな友人が居れば、積極的に協力してもらうようにします。

おまかせで全身コーディネートを頼んでみるのです。

いつもとは違った服装をすると、心も軽やかになることがあります。

また、着慣れないものでも、不思議なもので何度も着ているうちにしっくりなじんできます。

こんなふうにして、見た目や内面を磨き、自身でも良い方向に変われるように努力をすることをお勧めします。

努力している人は異性の目からも輝いて見えるものです。

また、外見からでも興味を持たれるようになれば、必然的に異性と話ができるようになります。

声を掛けてもらえるようになれば、奥手な人でも話のきっかけをつかむことができるというわけです。

そのために、できるだけ外へ出るようにすることも大切です。

では、ここで彼女いない歴=年齢だった男性が初めて彼女を作ったときの体験談を見てみましょう。

 

「彼女いない歴=年齢でも諦めずに動けば彼女ができる」 27歳 会社員 Sさん

カップル1

「男兄弟の中で育った僕は、気が付けば女性とコミュニケーションをとる方法を知らないまま成人になりました。

家に帰れば母親がいましたが、僕の中で母親とクラスメイトの女子達は全く異なる存在であり、どのような話題を振れば良いのか分からなかったのです。

彼女いない歴=年齢でも、内心マンガに出るような彼女がほしい、モテている友達のように恋人と青春を過ごしたいと言う願望は持っていました。」

「それでも自らアプローチできないまま気がつけば社会人になり、周りにいるのは既婚の女性ばかりと言う現状ができ上がりました。

そもそも僕の会社は女性社員が少なく、異性の友達がいるわけではない人間にとって「彼女いない歴=年齢」を乗り越えるには困難すぎる状況が生まれていたのです。

しかし三人兄弟の次男である僕にとって、同じ彼女いない歴=年齢だった兄に彼女ができたことは衝撃でした。

兄の交際を切っ掛けに、僕もやっと自分の青春を取り戻すために動こうと決心したのです。

これまで彼女ができたことのない自分にとって合コンと言う出会いの場は恐怖以外の何ものでもありませんでした。

そもそも、そう言う場所にはコミュニケーショ ン能力の高い同性が集まるイメージがありましたので、

大勢の女性の中で自分だけが浮いてしまうビジョンが浮かんで踏み込めなかったのです。

そこで僕は自分にフィットする方法を使って、彼女いない歴=年齢を乗り越えようと考えました。

僕の友達はオンラインゲームを愛好している人が多く、ゲームをきっかけに結婚した友達も存在しています。

オンラインゲームであれば異性と顔を突き合わせずにコミュニケーションできるため緊張せずに済むと考えました。」

「友達からおすすめのオンラインゲームを聞いて実際にプレイしてみると、こうしたコミュニケーションはとくべつ話題を探さずにすむ点が魅力的だと気づきました。

女性の趣味や嗜好を探らなくても、ゲーム内の話題で盛り上がれるのです。

しかし、オンラインゲームの一番の問題はオフ会を開く難しさです。

女性と知り合うのは簡単ですが、急にオフ会を開こうと提案しても断られてしまうのが当然であり、

こうした方法で彼女いない歴=年齢を超えるためには長時間ゲームに没入する必要があると考えました。」

「オンラインゲームを一年くらいやって何度かオフ会を開催しましたが、ゲーム友達となるような女性はできても交際に繋がることはありませんでした

オフ会をすれば初めの内はゲームの話題で盛り上がるのですが、そのうち流れは合コンと大差ない方向へ進みます。

そうすれば自然とコミュニケーション能力の高い男性に女性達は流れて行くのです。

しかし恋愛を前提にしない異性との付き合いは、これまで彼女ができた経験のない僕のコミュニケーション能力を磨いてくれる経験になりました。

正直、それまでの僕は女性を前にしたら緊張してどもることも多かったのですが、

同じようにゲームやオタク趣味で盛り上がれる人と出会ったお陰で、女性と会話する糸口が掴めるようになったのです。」

「そのお陰か何度か友達とエントリーした街コンで、初めて出会った女性とアドレスを交換することもできました。

しかし、そうした形で出会った女性とは交際するまでは関係が発展しなかったのです。

彼女いない歴=年齢を変えようと思い立ってから数年経ってもまだ彼女ができない僕を、両親や兄弟は心配していました。

自分自身なぜ女性と出会っても交際にまで発展しないのか、大きな悩みとなっていた時期です。」

「ある晩兄とビールを片手に話し込んでいると、兄から「彼女ができない理由はお前自身にある」と指摘され、ふと気づかされたことがあります。

兄いわく、僕には彼女ができるチャンスは何度かあったのに、自分自身の望みが高すぎるため自ら女性に壁を作っていたと言うのです。

よくよく考えれば何度か女性の方からアプローチしてもらったのに、無意識的にそうした女性を自分の中で「友達」に仕分けて距離を置いていることがありました。

兄の言う通り僕は女性に対する望みが高く、相手と自分の釣り合いと言うものを考えていなかったのです。

どうしても芸能人レベルの顔や体型の女性を求め、現実の女性に現実的ではないファンタジーを押し付けているところもありました。

兄の指摘から自分の気持ちを入れ替え、いつも自分のそばにいてくれる女友達を改めて女性として意識するようになりました。

そのお陰で僕は彼女いない歴=年齢を乗り越え、大切な彼女ができたのです。」

 

女性との会話は練習で少しずつ慣れていこう

よくあるのが女性とどうやってコミュニケーションをとったらいいのか分からないという悩みです。

男とは普通に会話できるのに、女性となるとまったくしゃべれなくなる、あるいは何を話したらいいのか分からないということです。

たしかに女性と話す機会が極端に少ない環境で過ごすと、どうやって接していいのかわからなくなってしまうことがあります。

そうゆう場合はちょっとずつ女性との会話に慣れていくしかありません。

会話は何度も話す練習をして慣れることが大切です。

会話ではマニュアル通りにしゃべるわけにもいかないし、それで女性との会話が楽しくなるものでもありません。

気になる女性だけでなく、とにかく練習と思って、女性としゃべる訓練が必要になります。

社会人になっても彼女ができたことがないままだとかなり状況は厳しくなってしまいますよね。

学生のときならまだしも、社会人になると自分で出会いを作り出さなければならないからです。

待っていてもどこかから女性が現れるものではありません。

そして、女性としゃべり慣れていない男性にとって合コンは恐怖以外のなにものでもないでしょう。

そこでSさんは自分に合った出会いの方法を探し始めます。

それで思いついたのがオンラインゲームです。

実はゲームをきっかけに出会った、あるいは結婚したという男女は意外と多いです。

ゲームであれば顔を向かい合わす必要もありませんし、チームを組めば何度も特定の女性とコミュニケーションをとるチャンスができます。

そうして徐々に仲良くなって連絡先を交換して、実際に会ってみるということがあります。

とはいえ、Sさんはオンラインゲームで彼女ができるというわけではなく、友だちとしてつながることになっています。

しかし、何の成果もないというわけではなかったようです。

オンラインゲームで知り合った女性と話すことで、コミュニケーション能力が磨かれるようになりました。

こうやって少しずつ女性との会話に慣れていくことで、次第に楽しく会話できるようになるでしょう。

しかし、Sさんはここから簡単に彼女ができたというわけではありません。

彼女いない歴=年齢を脱出しようと思い立ってから数年たっても、彼女はできないままでした。

そのとき、Sさんの兄がアドバイスをしてくれました。それは望みが高すぎるというものです。

たしかに彼女がいない年齢が長くなればなるほど、女性に対して彼女にする条件が高くなりがちです。

言ってみれば、女性に対する妄想が膨らみすぎて高望みをしているような状態です。

これでは彼女がほしいと言ってもできるものではありません。

高望みするのは悪いことではありませんが、度が過ぎると無いものねだりをしているのと同じだからです。

どうせ彼女にするなら可愛くてスタイルのいい女性がいいなぁと妄想がどんどん膨らんでいきます。

Sさんは兄のアドバイスで高望みしすぎている自分に気づき、女友達を改めて女性として意識するようになります。

その結果、大切な彼女として無事に彼女いない歴=年齢を乗り越えたようです。

 

「彼女いない歴=年齢だった僕が彼女を作った方法」 公務員 30歳 Uさん

OL

「幼少期の頃から人より内気だった僕は、気が付けば社会人になっても彼女いない歴=年齢と言われる男の一人になっていました。

女性に興味がないわけではなかったし人並みに恋愛もしていたのですが、自分が告白する前に好きな人が親友の恋人になったりと恵まれない人生を送っていました。

しかし二十代になってから周りの人達が結婚ラッシュを向かえ、彼女いない歴=年齢の自分にとって焦りが隠せなくなりました。

特に誰かに愛されたいと言う気持ちは年を重ねるほどに強くなり、そのためにも彼女を作る方法を雑誌やインターネットで学んで努力を始めなければと思ったのです。

まず大前提として自分の職場には出会いらしい出会いがありません。

そんな状態で内気な僕が彼女を作るには、女性のいる場所に自ら乗り出す必要があったのです。

出会いを増やす、と言うのは彼女を作る方法の中でも最も代表的なものです。」

「まず僕が興味を持ったのは合コンでした。友達の誘いにのってそれまで足を運んだことのなかった合コンに参加するようにしたのです。

合コンに参加し始めて最初に気づいたのが、合コンは彼女を作る方法の中でもハードルが高いものだなと言うことです。

そもそも合コンは何もない状態で異性と出会い、会話を弾ませなければアドレスを手に入れられません。

女性とコミュニケーションをとることが難しい僕のような人間にとって、合コンの参加は向いていないと感じました。

次に参加を考えたいのがお料理合コンのような特定の行為を伴う合コンです。

こう言った合コンなら自ら会話の糸口を探さなくても女性とコミュニケーションをとることができますから、自分にとって向いていると思いました。

現に何度か参加したお料理合コンは全部良い雰囲気ができあがり、そこそこ女性との会話を楽しめたと思います。

女性が料理をしている姿を見ることでその人の実務能力や配慮もチェックできましたから、自分自身が女性を「選ぶ」余裕も持てたと思います。

けれどお料理合コンで知り合った複数の異性は付き合うまで関係が発展せず、そのまま自然消滅してしまいました。

彼女達にとって僕は良い友達くらいのレベルだったのだと思います。

この頃から僕は、彼女いない歴=年齢を乗り越えるには自分に何かが足りないのではないかと考えるようになりました。

「幼少期から僕の外見は人にいじられることもなく「ごく普通」と言った感じでしたが、

大人になるにつれて決してモテるタイプではないことが良く分かりました。

彼女を作る方法について記した雑誌などでは外見を磨く努力が欠かせないと常に書かれています。

そこで僕は、異性から魅力的だと思ってもらえる男になるためにまず自分を変えようと決意したのです。

それまでヘアカットは近所の安い床屋で済ませていたのですが、おしゃれな友達からおすすめのヘアーサロンを聞いてそこに予約を入れました。

また外見も自分のファッションセンスにこだわらず、大きくイメージチェンジをはかりました。

自分の意見に固執せずにモテている同性の友達から助言をもらって、女性に最も受けの良い服装をするようにしたのです。」

「その頃から特段イベントに参加しなくても、女性が僕を見る目が変わったような実感がありました。

友達経由で「アドレスを教えてほしい」と言ってくれる女性も現れたのです。

残念ながら彼女とはデートする前に話が流れてしまいましたが、僕はがぜん自分に自信を持つようになりました。

そこで僕自身も誰でも良いから彼女を作ると言う目標ではなく、自分にあった女性を探すと言う考えにシフトするようになりました。

まず気軽に異性と意見を交換できるインターネットのコミュニティに参加して、友達感覚の異性を作ったのです。

そこであれば男友達と一緒にいる普段の自分として女性と意見交換を楽しむことができますし、同じアニメや漫画が好きな異性と知り合うことができます。

異性との関わりが薄いとどうしても女性一人一人の個性を薄くとらえがちですが、コミュニティに参加して改めて女性にも多様な人達がいるんだなと考えさせられました。

それまでの僕は多くの男性が知っている、こんな当然の大前提さえ気づいていなかったのです。

だからこそ、女性と会話を弾ませられなかったのかもしれません。

この後、無事コミュニティのオフ会で知り合った女性と交際を開始しました。

「彼女いない歴=年齢」を乗り越えるためには自ら動いて異性をキャッチすることも大切ですが、

異性から関心を持たれるように自分を変えることも大切なのだと思います。」

 

あきらめずに自分を変えてみる

彼女いない歴=年齢になってしまう男性は気付いたらそうなっていたというパターンが多いです。

一度も彼女ができたことがない男性の特徴として、内気で積極的に女性にアプローチできないということが挙げられます。

とは言っても、さすがに20代になって彼女がいないままだと焦り始めますよね。

好きな人を愛したいし、自分も愛されたいという思いはあるはずです。

最近はネットが発達したので、彼女を作る方法や出会いについても簡単に情報を手にいれることができます。

しかし、しょせん情報は情報に過ぎません。そのノウハウを自分で実践して、行動してこそ始めて意味があるものになります。

しかし、奥手である男性は自分から進んで行動することができません。

私もそのうちの一人でした。

いざ行動しようと思っても、「嫌がられたらどうしよう、、、」とか、「きっとキモいとか思われる。。。」と自分で思い込んでしまったりしてしまいます。

ようするに女性に対してビビってしまうんですね。

その自分が傷つくのが怖い気持ちをどうやって克服すればいいのかが課題になります。

そのためには自分ができる小さなことから始めてみることです。

最初から彼女を作るということを目標にすると、ハードルがでかすぎて行動する前にあきらめてしまいます。

そうではなくて、目標をできるだけ小さく、たくさん用意するようにします。

まずはファッションを変えてみるとか、美容院で髪の毛をカットしてもらう、女友だちがいれば、会話・コミュニケーション能力を鍛えるとかでもなんでもOKです。

とにかく自分ができそうだなと思うことから少しずつ始めてみましょう

その中でも一番効果的なのが出会いを作ることです。

出会いを制するものは恋愛を制します。

それほど恋愛において、出会いはものすごく重要になるからです。

なぜ出会いが最重要なのかというと、出会いがたくさんあればあるほど、理想の彼女に出会う確率も高くなるし、

自分のファッション・コミュニケーション能力・デートスキルなどを学ぶことができるからです。

出会いがあれば、たとえその女性とは失敗しても、次につながる経験値が得られます

しかし、行動できない、出会いがなければその経験を得ることはできません。

「でも、出会いなんてどこにもないんだけど、、、」という方もいますよね。

私も最初のころは出会いがまったくなくて途方に暮れていました。

しかし、あるとき、出会いは自分で探せばどこにでもあるということに気づいたんです。

ちょっとしたきっかけさえあれば、自分次第で出会いにつなげることができます。

美容院・飲食店・服屋で女性の店員さんと仲良くなる、友だちに紹介してもらう、社会人サークルに参加してみる、ジムで女性に話しかけてみる。

極端に言えば、最近はスマホが普及したので、pairsOmiai などのマッチングアプリを活用するだけでも出会いを作ることができます。

最初は「そんなもん無理ゲーに決まってんじゃん」と思うでしょう。

そう、最初はこれらの方法もハードルが高すぎると思うはずです。

しかし、自分でためしてみることができるものから少しずつチャレンジしてみると、

いつのまにか「本当に出会いはどこにでもあるんだなぁ」と実感することができます。

これは傷つくのが怖いという気持ちを乗り越えた人だけが得ることができます。

Uさんも自分ができることから始めています。

この方の場合、まずは合コンに参加するという方法を選んだようです。

しかし、合コンは自分にとってハードルが高いということを悟ったようです。

たしかに合コンは何も共通点がない状態から探りを入れて、少しずつ仲良くなっていかなければなりません。

そのためのコミュニケーション能力もいるし、同時にライバルである男性陣と協力して楽しい雰囲気を演出しなければなりません。

合コンは手軽な出会いである反面、彼女を作るのにはハードルが高いでしょう。

これも自分が行動したからこそ、得られる経験値です。

次にUさんがためしてみたのは料理合コンです。

料理合コンは普通の合コンと違い、料理を作るという目標があります。

この共通の目標があるため、会話を広げやすいというメリットがあります。

料理をしている女性を見定めるという余裕が出てきたのは、すごい進歩だと思います。

恋愛では余裕があるほど、相手にうまくアプローチできますし、逆に余裕がないと相手がどうしてほしいのかまったくわからず、自分勝手な行動をしてしまいます。

しかし、このときのUさんはまだ彼女ができず、友だち止まりだったようです。

ここからさらに自分に何が足りないのかを追求する姿勢は素晴らしいと思います。

ここからUさんは自分磨きに力を入れることになります。

自分がモテるタイプではないと自覚しながらも、じゃあどうすればいいのかをあきらめずに考えた結果ですね。

なかなか自分から進んで自分を変えようとはできないものです。

しかし、Uさんは髪の毛を切るときは安い床屋からヘアーサロンに変え、ファッションも友達の意見を取り入れて、イメチェンをすることになります。

自分磨きをコツコツ頑張ると、少しずつ女性が自分を見る目が変わってくるのに気づいてきます。

そうなると自分からアプローチするだけでなく、女性のほうからもアプローチが来るようになります。

「どうせイケメンに限るんだろ」ということはありません。

顔はイケメンじゃなくても髪型と服装で爽やかイケメンっぽさは演出できるからです。

実際にUさんは自分のことをごく普通と言っていますし、私自身も普通の顔立ちです。

なんなら私はニキビがあるのでコンプレックスもありましたが、今はまったく劣等感もなく、自分に自信があります。

この自信を持つということがとても大切です。

自信があれば、自分から女性に対して積極的にアプローチできるし、「もしダメだったとしても次にいけばいいや」という余裕が出てきます。

そして、自信を持つためには行動して、経験値を積まなければなりません。

最終的に、Uさんは誰でもいいから彼女を作ることから、自分に合った女性を探すことを目標にしました。

そして、ネットのコミュニティに参加して、そこで彼女ができるようになりました。

Uさんは積極的に出会いを作り、そして自分磨きを頑張った末に、彼女いない歴=年齢から脱出できたということですね。

 

「彼女いない歴=年齢の僕が問題を克服して彼女を作りました」 22歳 プログラマー Aさん

カップル1

「高校生の頃から周りの友達が普通に彼女を作り、デートしている姿を羨ましいと思いながら見つめていました。

僕は女性と会話ができないわけではないのですが、いわゆる「友達タイプ」と言う奴で彼女ができた経験がありませんでした。

高校生の頃はお小遣いも限られていましたから合コンなどに足を運ぶことはできませんでしたが、

大学生になってから「彼女いない歴=年齢」を脱却するために様々な場所に足を運ぶようになりました

一番初めに彼女を作るために試したのが合コンです。

友達に誘われたり自分が幹事になったりして足を運んだ合コンはかなりの数になりました。

雰囲気の良いお店を調べてセッティングする作業は面白く、彼女を作る方法の中でも自分向きだなと感じていました。

しかし合コンでは良い雰囲気になる女性とは出会えても、彼女を作ることはできませんでした。

僕は人が大勢いる場所では皆を盛り上げるために積極的に立ち回れるのですが、女性と一対一になった場合は極度に緊張する癖があります。

「しかし僕の「気立ての良さ」みたいなものに惹かれた女性からすれば、緊張して合コンのときとまったく違う僕と付き合うのは苦痛だったのだと思います。

交際を前提にアドレスを交換したはずが、「友達」になり、自然に疎遠になってしまうことが何回かありました。

その頃一対一になっても寛いでいられる女性と出会うために、きちんと自分が相性の良い女性を選ぶ必要があると考えました。

それまでは彼女ができるならほとんど誰でも良いと考えていたのですが、やはり内面のあう人でなければ関係が続かないと思ったのです。

次に社会人のフットサルスクールに足を運びました。

フットサルスクールでは女性と一緒にフットサルをする中で関係を深められると思ったからです。

僕は正直あまり上手くありませんでしたが、スポーツをするリフレッシュできる時間として楽しいものであり充実した時を過ごせました。

そこでは交際一歩手前まで行った女性と出会ったのですが、彼女にかなりの数の元彼がいることが分かって関係が破綻しました。

どうしても彼女いない歴=年齢の自分にとって、経験の多い女性を受け入れられない気持ちがあったのです。」

「彼女いない歴=年齢を克服するために様々な方法で異性と出会いの場を増やす内に、自分の中に根深い女性に対する不信感があることに気づきました。

僕には彼女ができたことがありませんが、それは高校生の頃から友達の人間関係を見ている内に築かれたのです。

彼女ができてもどうせ浮気されてしまうと言う不安、女性に近づいても幻滅されてしまうと言う恐怖、

自分の中で様々な経験が軽いトラウマとなって蓄積していたようなのです。

そのせいでいくら出会いの場を増やしても深く接近できる女性は限定的で、関係が交際まで発展しません。

兄弟に話すとカウンセリングを受けてみたら良いというアドバイスをもらいましたが、僕としてはそこまでの問題ではないと言う思いもありました。

そもそも僕は周りの友達と違って彼女ができた経験が無いことがコンプレックスであり、そのために彼女を作ろうと努力していました。

特定の女性に激しく恋愛感情を抱いたことはなく、とにかく彼女がほしかったのです。」

「どうやって女性と正常な人間関係を築けば良いのか分からず悩んでいた時期、インターネットで似たような相談を見つけました。

恋人に裏切られて男性不信になった女性の相談です。

彼女の質問に対して見知らぬ人達は励ましの言葉を書いていましたが、根本的に異性を信じられないと言う苦しみは僕が一番理解できると思いました。

それからインターネットで女性が男性に抱えている悩みを色々読み、女性の抱える心理を学ぶようになりました。

異性に対する嫌われたくないと言う不安は、自分だけでなく多くの女性が抱えているものだと知って心が救われたのを覚えています。

こうした心の問題を解決する中、友達の紹介で一人の女性と知り合いました。

彼女は自分と似たような気持ちを抱えている子で、異性に対して長くコンプレックスを抱いてきた子でした。

初めて会った時から意気投合した僕達は、何度かデートを重ねて恋人同士になれたのです。

彼女を作ると言うのは一つのステップを上がっていく作業であり、ただ単純に出会いを増やすだけでは異性と交際には発展しないのだと今になって思います。」

 

女性に対する不信感を克服する

たまに友達としてはいいけど、彼氏としてはなしという男性がいます。

こういった男性は1対1で女性にアプローチするのが苦手ということが多いです。

Aさんも同じように、合コンでは皆を盛り上げることができても、気になった女性と1対1でデートするとうまくいかないようです。

女性と1対1でのデートで緊張してしまうのは仕方ない面はありますが、やはり女性としては男性には堂々とエスコートしてほしいものです。

というのも、女性は男性に頼りたいと思っています。

そこで緊張してしまうと、がっかりしてしまうことになるでしょう。

そこでAさんは彼女が作れるのなら誰でもいいという考えから、内面が合う人を探してみることにしたようです。

次にフットサルのスクールに通ってみたそうですが、そこで一人の女性と知り合います。

しかし、この女性とは付き合うには至らなかったようですね。

というのも、自分が彼女いない歴=年齢なのに、相手の女性は恋愛経験がかなり豊富だったからという理由からです。

過去のことは過去だし、どうでもいいとは思います。

しかし、Aさんの気持ちは分かります。

男として女性経験がまったくないのに、相手の女性は男性経験が豊富というのは気後れしてしまいますよね。

とくにはじめて付き合う彼女がビッチというのは受け入れがたい、嫌な気持ちになるかもしれません。

彼女いない歴=年齢の方の中には彼女はほしいけど、女性に対して不信感があるという男性もいるのではないでしょうか。

その中には「浮気されたらどうしよう」とか、「キモいと思われたら嫌だな」という思いがあるんだと思います。

こういった女性に対するトラウマ・不信感を直すためには、少しずつ女性とのコミュニケーションに慣れていくのがいいでしょう。

あるいは、自分と相性がぴったり合う、共感し合える女性と出会うことで克服できるようになります。

Aさんはインターネットの相談サイトや掲示板などで女性の心理を学んでいったようです。

そして、彼氏ができない女性が抱える悩みも自分と一緒だと気づきます。

このように、女性を知ろうとすることで少しずつ歩み寄れるようになります。

初めから傷つくのが怖いからと言って、女性を知ることを拒絶していては始まりません。

その中でAさんは自分と価値観の合う女性と知り合う、彼女ができるようになりました。

▼まずは無料でためしてみてください▼

本当に出会いがなくて困っているのであれば、マッチングアプリのOmiai を使ってみてください。

Omiaiを使えば、すぐにでも恋人探しができます。

※Facebookにはすべて投稿されないようになっています。

会員検索も無料ですので、どんな人がいるのかのぞいてみるだけでもおすすめです。

「最近出会いがない…」と悩んでいるのに使わないのは損していますよ。

会員登録はたったの1分で完了します。

▼Omiaiを使ってみる▼
友達に知られす=恋活(ゆいちゃん)