彼氏欲しい2

「彼氏が欲しいのになかなかできない、、、」

「今すぐ彼氏を作りたいけど出会いがない…」と悩んでいる方はいませんか?

彼氏がなかなかできないのは、単純に出会いの数が足りていないからです。

ただ待っていても出会いがあるはずもなく、積極的に出会いを求めてこそ、彼氏を作ることができます。

あなたが気づいていないだけで、実はちょっと探せば出会いを作る場所はたくさんあります。

ベタな方法として、友達に紹介してもらったり、意外と習い事や社会人サークルに参加してみると出会いがあったりします。

また、現在はスマートフォンが普及しているので、アプリを使って気軽に出会いを探すこともできます。

特に平日休みや不定休で出会いがない、と困っている女性にはおすすめの方法です。

ユキさん

彼氏がほしい女性は必見よ!

ゆーじ

社会人ってなかなか出会いがないですもんね。

1、なかなか彼氏ができないのは、単純に出会いがないから

彼氏がほしいのになかなかできないのは、単純に出会いが少ないからです。

彼氏ができない理由を考えるときに「恋愛に積極的になれない」とか「男性と1対1で話すのが恥ずかしい」、「自分の外見に自信がない」など、いろいろな原因を考えたりしますよね。

しかし、彼氏ができない一番の原因は、圧倒的に出会いの数が足りていないからです。

彼氏がいつもいて途切れない女性、フリーになってもすぐに彼氏ができてモテる女性は、とにかく出会いがたくさんあって、知り合いの男性が多いという特徴があります。

そうゆう女性は出会いの作り方を知っている、あるいはイケメンな男性との出会いがすでにあるから彼氏探しに困らなかったりします。

モテる女性の共通点として、自分で積極的に出会いを作り、多くの友達や男性と交流するようにしています。

別に「誰にでも良い顔をするような、八方美人になればいい」と言っているわけではありません。

せっかく彼氏を作るなら、誠実に付き合ってくれる爽やかなイケメンがいいですよね。

逆に、彼氏がほしいのになかなかできないという女性は、出会いの作り方を知らない、会社と家を往復するだけの生活を送っていたり、

休日も出かけずに家でごろごろしていることが多い、同じ友達とばかり遊んでいたりするのではないでしょうか?

「なかなか良い出会いがない…」となげいている女性にかぎって、自分から積極的に出会いを探そうとしません。

「いやいや、そんなこと言われても、どうやって出会いを探せばいいのか分からないから困ってるんだって!」、

「私は仕事柄、不定休だから出会いを作るのなんて無理だよ。。。」と思う方もいるでしょう。

しかし、自分の環境や状況を理由に最初からあきらめていたら、いつまでたっても彼氏を作ることはできません。

「気づいたら会社と家の往復しかしてない、、、」という状況を変えないかぎり、出会いが勝手にむこうのほうからやって来るということはありません。

厳しいことを言うようですが、「待っていればいつかきっと素敵な彼氏ができるはず!!」と考えているとしたら、それはただの妄想に過ぎません。

そうやって待っているだけの女性に彼氏ができないのは、「ただ出会いがないから…」という理由だけではないはずです。

自分から積極的に出会いを作らなければ、彼氏はいつまでたってもできないという事実に早く気づいてください。

自分から進んで出会いを求めてこそ、はじめて自分が理想とする爽やかイケメンな彼氏ができるようになります。

行動をすると言っても肉食女子のように、いきなりガンガンアプローチする必要なんてありません。

まずは自分ができそうなことから始めていけば大丈夫です。

たとえば、ダイエットも兼ねてジムに行ってみたり、趣味をかねて社会人サークルに参加してみるのもいいでしょう。

今はスマートフォンもあるし、自分で好きなように出会いを見つけることができる時代になりました。

かくゆう私自身も仕事が飲食店で働いているため、スマホを使って出会いを見つけました。

最初は本当に出会いがあるのか半信半疑だったんですが、恋愛マッチングアプリや婚活サイトを使ってみると、

私と同じように平日休みや、仕事の関係上出会いがないと言っている男性や女性がたくさん出会いを探していたんです。

そこで、気になった何人かとメッセージのやりとりをしたり、実際に会ったりして、出会いがないと困っていた私でも恋人ができました。

私がただ出会いを待っているだけでなにもしなかったら、今でも一人で悩んでいたことでしょう。

最初からあきらめてしまう前に、まずは行動してみましょう。

自分から積極的に出会いを求めていくことで、彼氏候補になるステキな男性と出会えるようになります。

出会いの数を増やしていけば、自分好みの爽やかでかっこいい男性と出会う確率も上がります。

出会いの数がたくさんあれば、自分の恋愛経験値も上がり、恋愛テクニックを磨いていくこともできます。

「出会いをたくさん作る→恋愛テクニックが身につく→かっこいい男性に出会う確率も上がる→理想の彼氏ができる」といういい流れが生まれます。

もちろん、今まで出会いがなかった女性が、いきなり積極的になって男性にアプローチしていくなんてことは難しいでしょう。

私もそんな簡単に変わることなんてできませんでした。

人は急に変わることはできませんし、無理をすればどこかであきらめてしまうこともあるでしょう。

なので、まずは自分ができる範囲で頑張ってみてください。

自分のできることからでかまわないので、行動範囲を少しずつ広げていくことが大切です。

家で悩んでいても出会いはありません。

コツコツと頑張っていけば、きっと素敵な出会いが見つかります。

 

2、外で出会いを作る方法

友達に紹介してもらう

友達に男性を紹介してもらうというのは、昔からある出会いの方法です。

女性雑誌などにあるような、恋愛特集の「今の彼氏とどこで出会ったの?」というアンケートでも上位にランクインしています。

友達に紹介してもらうのは、なんといっても共通の友人がいるという安心感がありますよね。

友達からどんな性格なのかとか、スマホで簡単に写真を見せてもらってから紹介してもらうことができます。

「でも、友達に男性を紹介してもらうなんてどうすればいいの?」と思われるかもしれませんが、さりげなく聞いておくことがポイントです。

普通に友達と話しているときに「最近いい出会いなくてさ〜。」という感じで話し始めて、「もし誰かいい人いたら紹介してよ。」くらいの軽い感じで頼んでおくのがいいでしょう。

あまりに必死に頼み過ぎると「なんか◯◯がやたら彼氏探しに必死なんだけどw」と思われてしまいます。

また、男性を紹介してもらうなら、親しい友達に頼んでみましょう。

たまにしか会わないような友達にいきなり、「誰か紹介して?」と頼んでも戸惑ってしまいます。

一人の友達に聞くだけでなく、できれば何人かの友達に聞いておくと紹介してもらえる確立がアップします。

しばらくたってから、「ちょっと前に話したけど、いい人いた〜?」と聞いてみると、

「そういえば、私の友達にまあまあな男友達がいるんだけど、今フリーみたいだから紹介してみるね。」という流れになったりします。

そこでいよいよ友達に男性を紹介してもらえたら、なるべく誠実な対応を心がけてください。

会って「う〜ん、あんまりタイプじゃないなぁ、、、」と思っても、いきなり音信不通になるのは失礼ですよね。

紹介した友達も不快な気分になってしまうでしょう。

もし紹介された男性と会ってタイプじゃなかった場合は、やんわりフェードアウトしていくような気配りが必要です。

友達の紹介で出会いを探すときは人間関係が近いだけ、周りにも配慮しましょう。

紹介してもらう以上は友達にも気を使わないといけないのがちょっと面倒なところではあります。

男性を紹介してもらえそうな友達がいない、友達に気を使うのがめんどくさいと思う人は他の出会いの方法をためしてみましょう。

 

職場で出会いを探す

社会人の出会いのきっかけとして、職場恋愛も多いです。

結婚相手と出会った場所として、社内の先輩や後輩、同期との出会いが挙げられます。

社内恋愛があるのは1日一緒に過ごす時間や、話すきっかけが多いという理由があります。

毎日会うチャンスがあるし、打ち上げなど飲み会の席でお酒を飲みながら話すチャンスも生まれるからです。

仕事を手伝ってもらったり、分からないことを教えてもらったりしたことをきっかけにして仲良くなることもあります。

自分が気づいていないだけで、意外と近くに頼りになる男性がいたりするものです。

ただし、社内恋愛があるかどうかは職場の環境に左右されてしまいます。

職場に恋愛対象になる男性がいなければまったく期待できないので、自分が努力して出会いを作るのにも限界があるというデメリットもあります。

また、もし出会いがあって社内恋愛をする場合、社内の人間関係が悪くならないように注意しなければなりません。

職場はあくまで仕事をする場所であるという前提があります。

人間関係がギクシャクしてしまうほど露骨にアプローチできませんし、あまりがっついては相手の男性にも嫌がられてしまいます。

職場の女性から嫉妬を受けたり、嫌がらせされるということに発展しかねません。

基本的に社内恋愛になったら隠し通すことになるでしょう。

このように狭い人間関係での恋愛は難しい一面もあります。

自然な流れで恋愛に発展することはありますが、社内恋愛は面倒ごとが多くて自分で出会いを作るには向いていません。

 

習い事や趣味で出会う

習い事や趣味をしながら出会いを探すこともできます。

現在はいろんなジャンルの趣味における集まりがあったり、習い事に参加している社会人も多くいます。

例えば、習い事でいうと英会話スクールやビジネススクール・ヨガ・スポーツジムなどのフィットネスに参加してみましょう。

こういったところでは向上心の高いエリート男性や、自己管理がきちんとできているイケメンとの出会いのチャンスがあります。

習い事をしながら出会いを探すコツは、男性女性関係なく人気があるジャンルを選ぶことです。

着物の着付けや生け花など女性が多いような場所では、男性との出会いが少ないので期待できません。

最近では、料理教室やヨガなどは男性の参加率も増えつつあります。

ポイントとしては、毎週きちんと通うことと、あいさつを自分からすることです。

たまにしか参加しないのでは顔見知りになることはできませんし、会話をするにしてもまずはあいさつから始めれば、初対面でもあいさつを返してくれるものです。

何度も通っているうちに会話するチャンスがあったり、分からないところを教えてもらうなど、会話のきっかけを作ることができます。

こういったコツコツと地道に行動できる人に向いていますし、思わぬ出会いのチャンスにも恵まれます。

あるいは、社会人サークルに参加するのもおすすめです。

自分の趣味を楽しみながら通い続けることができるので、好きなことをしながら出会いのチャンスを作れるというメリットがあります。

スポーツやアウトドア、インドアなどジャンルに限らず、男女が気軽に参加できるものがいいでしょう。

テニスやフットサル、ゴルフ、食べ歩き、ジョギング、トレッキング、スノーボードなどが男女問わず人気が高いジャンルです。

サークルなので必然的に会話できるようになりますし、趣味が合う男性となら会話の話題に困らないというメリットもあります。

最近はSNSなどで参加メンバーを募集しているサークルも多いので、一度検索してみると意外とたくさんの社会人サークルが見つかったりします。

自分の趣味を楽しみつつ、出会いのチャンスがあればアプローチしていきましょう。

 

3、スマホを使って出会いを作る

スマートフォンを使って出会いを探すという方法もおすすめです。

スマホやタブレットが広まったので、いつでもどこでもインターネットを使えるようになりました。

そのため、最近はアプリを使って、安心して出会いがつくれる環境が整っています。

「アプリを使って出会いを探すなんてなんだか危なそう、、、」と思われるかもしれません。

たしかに少し前までは、悪質な出会い系サイトがあったというのも事実です。

ですが、それらの悪質な出会い系サイトは法律の規制が強化され、今ではすべて排除されています。

また、ネットが普及したのでそのサイトの評判や口コミを見れば、どんなサイトなのかもすぐに分かってしまいます。

「ちょっと怪しいかも、、、」と思ったら、そのアプリは使わないというのが鉄則です。

しかし、ちゃんと真面目に運営されているアプリを使えば、簡単に出会いを作ることができます。

「平日休みや不定休で出会いがない、、、」と悩んでいる女性でも、スマホさえあればすぐにでも出会いを作れるのは大きなメリットです。

恋愛マッチングアプリには「出会いがほしい!」、「恋人が欲しい!」という目的がはっきりしている男女が集まっているからです。

もしくは、合コンなど大勢で出会うのが苦手な女性にも使いやすいかと思います。

現在では多くのアプリがあるのですが、OmiaiようなFacebookを利用したマッチングアプリがおすすめです。

Omiaiは累計会員数が190万人を超えているので、今もっとも出会えるアプリと言えるでしょう。

これらのマッチングアプリは、Facebookのアカウントがあれば利用することができます。

Facebookを利用すると言っても、アプリを使っているときはイニシャル表記・ニックネームで実名は分からないようになっています。

これらのアプリを使っていることがFacebookのタイムラインに投稿されることはありませんし、利用していることが友達にバレることもありません。

そのあたりのプライバシー保護は、徹底されているので大丈夫です。

まずは無料で登録してみて、どんな感じなのかをためしてみるのもいいでしょう。

Facebookを活用した恋活マッチングアプリ【Omiai】

 

あるいは、結婚につながるような真剣な出会いがほしいなら、婚活サイトのゼクシィ縁結びを利用してみるのもいいでしょう。

ゼクシィ縁結びは、あの結婚情報誌で有名なゼクシィがプロデュースしています。

このゼクシィ縁結び最大の特徴は、婚活サイト業界初のデート調整機能があることです。

自分の連絡先を知らせなくても、お見合いコンシェルジュがデートの日時場所を代行調整してくれます。

こちらも無料会員登録できます。

ゼクシィから生まれた婚活サイト【ゼクシィ縁結び】

 

4、男性の気を引く恋愛スキルを磨く

「出会いを作る方法はわかったけど、そっからどうすればいいの?」、「気になる人はいるんだけど、どうすれば彼氏になってくれるのか分からない、、、」

せっかくいい出会いがあっても、その男性が自分のことを好きになってくれなければなりませんよね。

まずは出会いを作ることが一番大切ですが、それからどうやって付き合うまで持っていくのかも大切です。

ずばり、彼氏がほしいなら恋愛スキルを手にいれることです。

恋愛スキルとは、気になった男性の気を引くための技術のことです。

これがあるかないかで、狙った男性を彼氏にできるかどうかがまったく違います。

恋愛スキルは単純に可愛いとか、性格がいいとかそういったことではありません。

その方法とは、「どんな男性に対しても、自分ができる限りの興味をもって接すること」です。

気になる男性に対して興味を持つことはできるのですが、これを他の男性に対しても興味を示して接するようにします。

こうしないとなかなか恋愛スキルは身につきません。

普段から意識をしていないと、いざいい男性との出会いがあっても、そのときとっさに相手の気を引くスキルを使うことはでないでしょう。

意中の男性を狙うには、日頃からの相手の気を引くコツをつかんでおくことが大切になります。

では、具体的にどうやって男性の気を引くのかというと、重要なポイントが3つあります。

 

そのファーストステップが①「とにかく質問する」です。

基本的に男性は、女性が自分に対して興味を持ってくれることが嬉しいものです。

女性から自分のことについて聞かれたら、多くの男性は好意的に答えてくれます。

質問することによって、こちらも相手のことを知っていくことができますよね。

まずはあたりさわりのない雑談にからめて、相手の男性を知っていくための質問です。

「実家ってどのへんですか?」、「兄弟っていますか?」、「家族とは仲いいですか?」などです。

さらには「好きなことって何かありますか?」、「趣味・休日ってなにしてますか?」

「大切にしているものってなにかありますか?」、などの好きなこと、趣味や習慣、価値観など。

他にも、最近興味のあること・話題・もの・こと。楽しいこと、嬉しかったことや嫌だったこと、嫌いなもの。

このように、その人の価値観や性格についての質問も、話の中に織り交ぜていきましょう。

たとえば、「好きな食べ物は何ですか?」、「出身はどこですか?」、

「仕事は好きですか?」、「スポーツって何かしてますか?」「好きな音楽・ジャンルはありますか?」「学生のとき部活やサークルは何してましたか?」など。

そこから話が弾めば、もっとプライベートな質問をしてもOKです。

「将来の夢ってありますか?」、「一人で過ごすことって好きですか?」、

「今一番欲しいものって何かありますか?」、「人生で一番⚪︎⚪︎(楽しい・嬉しい・悲しい・怒ったなど)ことは何ですか?」など。

 

次に、質問をしながら②「相手のことをよく観察していきます」。

それらの質問に、どうやって答えるのかをよく観察してみましょう。

答える内容はもちろんのこと、話し方や表情など、一人一人すべての男性が違っているはずです。

話を聞きつつも、相手の男性の習性や癖を読み取っていきましょう。

一緒にご飯を食べているなら、食事のペースはどれぐらいがいいのか。

会計は男性が全部おごりたいというタイプか、それとも女性から割り勘を提案してくれるほうが好感に思うか。

接するときは最初からフレンドリーにするか、それともちょっとずつ距離を縮めたほうが良さそうか、

話をよく聞いてくれるほうが好きか、それとも話をしてくれるタイプの女性が好きそうか。

質問をしながら、相手のことをよく見ておきましょう。

その中で相手の男性がリラックスできる雰囲気を探っていきます。

ここらへんまで来ると「なんだか面倒くさいなぁ」と思うかもしれません。

しかし、こういった手間をかけることで、自分が好きな人を彼氏にできるとしたらどうでしょうか?

「どんな手を使っても彼氏にしたい人がいる!」という場合は、非常に効果的だと思います。

なるべく最初は自分からアプローチせずに、相手の反応をよく見るようにします。

相手がこちらにどうやって反応するのかを観察しながら、行動や考え方をリサーチしていきます。

質問をするにしても、なかなか正直に答えが返ってくるとは限りません。

素直な反応をしてくれて、感情や考え方がよく分かるような相手であればいいのですが、あんまり何を考えてるのか分からないような男性もいますよね。

出会って間もない場合はなおさら分からないかと思います。

 

そういった場合に備えて、相手の返答には③同調しておくことが大切です。

とりあえず、相手の答えや反応には同調しておきましょう。

極端にいえば、同調することによって相手の男性はあなたに対して心を開いてくれるようになります。

同調といっても、単純に相手に合わせるということではなく、相手を否定しないことがポイントです。

会話をしているとどうしても自分とは真逆の意見、絶対に受け入れられないことを言ってくることもありますよね。

「いつか会社辞めて、独立したいんだよね〜」とか、「俺は他のやつとは絶対に違うんだって」みたいな感じで

そんなときに「ふ〜ん」とイマイチな反応したり、「いやいや、無理でしょw」と否定するのはいただけません。

反対に、思ってもいないのに「そうですよね!」と褒めることも難しいですよね。

そんな場合は相手のことを変に否定せずに、笑顔で「そうなんですか〜」と同調しておきます。

賛成するわけでも否定するわけでもなく、単に調子を合わせておくだけでいいんです。

なんだか難しいように思われるかもしれませんが、慣れれば同調しながら質問を返すことができるようになります。

「そうなんですね〜、もし独立するなら何したいんですか?」、「へぇ〜、じゃあ⚪︎⚪︎さんが一番得意なことってなんですか?」といった具体で、

賛成も否定もしないまま、相手に質問を返すようにします。

そのときに嫌々聞いている風ではなくて、あくまで笑顔をキープしておきましょう。

質問をすることで、相手の男性には「自分に興味を持ってくれてるな」ということを示すことができます。

恋愛スキルという観点から見ると、自分の意見を言うよりも、相手の意見や価値観に調子を合わせておくほうが効果があります。

露骨に「すごいですね!」とか、「そうですよね!!」とリアクションを取るよりも、ちょっと控えめみ「そうなんですね〜」としておきましょう。

 

この3つのポイントに共通していることは「この人、俺に気があるかも」と思わせることです。

そもそも他人に好意をもらって嫌な人はあまりいません。男性であらば、女性からの好意はなおさらです。

まずは相手の男性に質問して「俺の話に興味があるんだな」と思わせて、どんな人なのか観察していきます。

会話にはひたすら同調しておくことで「この子、俺のこと好意的に受け止めてくれてるなぁ」と思わせ、

最終的に相手の男性にも「もしかしたら、俺もこの子のこと好きかもしれない」と思ってくれるようになるという算段です。

あからさまな好意よりも、控えめな好意のほうが思わせぶり、ねらっている男性が勝手に「好きなんじゃないか」と想像させることができます。

人は何よりも自分の想像というものが効果を発揮します。

それが思い込みでもなんでも、相手に好意を持ってもらうためのスキルとしては十分でしょう。

あとは、笑顔でいること、自分から喋り過ぎない、自慢はしない、小さなことでもお礼をきちんと言う、などもちょっとした好ポイントです。

なんだか男に媚びているように感じるかもしれませんが、逆に「自分が男性からこのようにされたら嬉しい」という視点で考えてみることが大切です。

恋愛対象じゃない男性にもこのように接するのは大変かもしれません。

しかし、どんなタイプの男性もこのように接することで、恋愛スキルは身につきます。

一見すると違うタイプに見える男性でも、案外同じようなことを考えていたり、男性の習性・嗜好・傾向が見えてくると思います。

ではここで、出会いがなかった女性がどうやって彼氏を作ったのか、3人の女性の体験談を見ていきましょう。

 

「たくさん出歩くことで出会いを作ることができました」 30代前半 女性 Iさん

「理想が高いわけではないのに、彼氏がなかなかできない時期があり、何時もと違う事をしてみようと思いました。

音楽が好きで洋楽を特に聞く事が多かったので、知り合いに頼んでクラブに連れていってもらいました。

前から興味はあったのですが、自分が行ってもその場に馴染む事ができない場所だと思っていました。

行ってみたら、やはり、未知の世界だなと思いました。

しかし、もともと洋楽が好きな事もあり、少し時間が経過した頃にはその場を楽しむ事ができました。

その時は誰かと仲良くなれたり、電話番号を交換したわけではないですが、一番の収穫はクラブが好きになった事でした。」

「それからは、週末になるとクラブに行く事が楽しみになりました。

自分のファッションの幅も広がり、平日も仕事が終わった後は音楽を聞いたり、洋服をみたり充実した日々を送る事ができるようになりました。

おそらく、自分で好きな事を見つける事が自分磨きにも繋がったのですが、アメリカ人の人とクラブで意気投合し、連絡先を交換する事ができました。

それからは、ご飯を食べに行くようになり、三回目のデートでお付き合いをする事になりました。

仕事の関係で英語も簡単な日常会話なら話せる程度でしたので、お付き合いも大変ではなかったです。

週末はクラブに行くのが楽しみでしたが、彼とお付き合いをするようになってからは週末は一カ月に一回、二人でクラブに行く事が多くなりました。」

「クラブで踊ったり、お酒を飲んでいる女の子は可愛い子が多い印象でしたので、

どうして私と付き合いたいと思ったのか不思議だったので、彼に聞いてみたのですが、楽しんでいる様子が傍から見て可愛かったとの事でした。

自分の好きな事に目を向けると、それが良い方向に向かうのだという事を改めて知る事ができました。

素敵な彼氏と付き合う事ができるようになったのは、私の中で彼氏を作る方法を変えてみた事です。

今までは好きでもない事も無理をして取り繕っていたりもしたのですが、それをやめた事が彼氏ができた大きなきっかけになったと思います。」

「彼ができた事で、毎日の生活がより楽しくなってきた事もあり、仕事先でも声をかけられる事が多くなりました。

その都度、お断りはしているのですが、幸せな生活を送る事ができるのは彼のおかげでもあると思います。

音楽の趣味もあうので、音楽関係の映画を一緒にみたりしながら過ごすのが楽しいです。

付き合って三年目になりますが、共通の趣味がある事でお互いに一緒に過ごす事が楽しくて仕方ありません。」

 

「恋に奥手な私でも勇気を出して一歩踏み出し彼氏ができました」 20代後半 女性 Aさん

「私は、20代半ばになっても彼氏がいたことがありませんでした。

それが少しコンプレックスにもなっていたけど、人と話すことも苦手だから男友達もいないし女友達も本当に少人数しかいません。

学生時代も男性アイドルにはまり、同じ男性アイドルが好きな女の子たちとそのアイドルの話ばかりしてました。

そんな私が男の人と出会う場なんてほとんどなく、唯一毎日顔を合わせる職場の男性もおじさんばかりでこの年齢まで彼氏がいない日々でした。

職場も人数が少なくて、おじさんとおばさんしかいないから話もあまりせず仕事もつらくて新卒で入った会社を1年でやめてしまいました。

その後入った会社は女性がとても多くて圧倒されてしまいました。」

「しかし、同年代の女性もたくさんいて休憩時間は恋愛の話で盛り上がっていました。

私は男性とお付き合いしたこともないし、自分にも話を振られるのが嫌でした。

しかしやはり質問をいろいろされ今は彼氏はいないとしか答えられませんでした。

だんだんと職場にも慣れ、社員のみんなとも打ち解けてきたころに合コンに誘われるようになりました。

私はお酒も強くないし、話すのだって苦手だし、男性とはどう接していいかもわからないので本当は断りたかったのですがなんとなく断りにくくて行くことになりました。」

「人生で初めて行ったその合コンは、男性も女性もみんなおしゃれで私は完全に場違いでした。

でも男性はみんな私にも優しくしてくれてちょっといいかも、と思う人なんかもいました。

しかし、職場の先輩のその男性を気に入り、男性も職場の先輩を気に入り二人は二人きりで会うようになりました。

会社でその話を聞いてるうちになんだかくやしい気持ちになってきたのです。

でも先輩はとてもおしゃれできれいで私なんか勝てなくて当たり前です。」

「でも、このことがきっかけでおしゃれにも興味が出てきたのです。

今までスカートなんて履いたことなかったのですがスカートにも挑戦してみたいと思いました。

そうして洋服もかわいい洋服を買って、化粧も勉強しておしゃれを楽しむようになりました。

その後も何度か職場の先輩に合コンに誘ってもらって行ってるうちに、男性と話すことにもだいぶ慣れていきました。

ある日、なんと合コンで知り合った男性から二人きりでご飯に行きたいという連絡がきたのです。

そしてその人と二人きりで何度か会ううちにいい人だなと思い始めました。」

「何回か遊んで、その男性からお付き合いを申し込まれたのです。その人が私の初めての彼氏です。

初めは、合コンで知り合う人と付き合うなんてありえないと思っていたのですが、

合コンは一種の出会いであって、そこに来る人の中には自分に合う人もいるのだと気づけました。

自分には無理、自分にはそんな場所は向いてない、とついついいろんなことから逃げてしまう私ですが、

勇気をもって踏み込んでみると意外とそこにいい出会いがあったりもするものなんだと気付けた出来事です。」

 

「自分磨きを頑張った結果、出会いが増えました」 20代前半 女性 Uさん

「恋愛ドラマや周りのカップルを見て、自分にも素敵な彼氏が欲しいと思われる方は多いと思います。

でも、恋愛は自分1人ではなく相手がいることなのでなかなか簡単にはいかないことが現実です。

かくいう私も20歳を過ぎても、恋愛をしたことがなかったのです。男友達や気になる人ができても、それ以上になることはありませんでした。

それが、コンプレックスとなり、さらに恋愛に臆病になるという悪循環でした。

彼氏を作る方法が分からなかったのです。何事にも共通していることですが、待っているだけでは始まりません。

とりあえず、自分から動いてみましょう。まず私が行動したのは、出会いの場に行くということです。

当たり前ですが、出会いが無ければ恋愛はできません。」

「悲しいことに、大人になればなる程恋愛対象となる出会いは少なくなってきます。

合コンにも参加しましたし、友達からも積極的に紹介してもらったりしました。

彼氏にならなくても異性に慣れる、という点では行って無駄ではなかったと思います。

あと、外見を整えました。今でも外見にコンプレックスはたくさんあり、美人になったというわけではありません。

私は太っていたので、ダイエットをしただけで合コンでの扱いがコロっと変わったで驚いたのを覚えています。」

「服装や髪形、メイクなど自分が嫌なものにすることはありませんが、シンプルで清潔感のある服装が好まれると思います。

色も黒やグレーなど暗い色よりも、白やピンクといった明るめの色がお勧めです。

あとは、笑顔で相手の目を見て話すことを意識しました。

あからさまなボディータッチは恥ずかしいですが、笑顔と目を見るだけなら慣れると自然と行えるようになります。

少しでも男性に1人の女性として扱ってもらえるようになると自信がついてきます。

試行錯誤してきて、今思えるのは焦って無理して自分を殺してまでは彼氏を作ることはないということです。

1人1人との出会いを誠実に大切にすることで、必ず自分に合う彼氏とは出会えます。

無理して合わせても長続きしなかったりして限られた時間を無駄にするだけです。」

「自分に合う1人を見極めるためには、まずは自分自身を知ることが大事です。

芯をしっかり持つことで趣味ができ視野が広がり、自然と出会いが増えるというに繋がります。

行動を起こせば必ず結果がついてきます。彼氏ができずに悩んでいる方、ぜひ顔を上げて外に飛び出してみてください。

皆さまが素敵な恋愛ができますように。」

ユキさん

出会いって意外なところにあるものよ。

ゆーじ

恋愛も縁が大事ってつくづく感じます。

▼まずは無料でためしてみてください▼

本当に出会いがなくて困っているのであれば、マッチングアプリのOmiai を使ってみてください。

Omiaiを使えば、すぐにでも恋人探しができます。

※Facebookにはすべて投稿されないようになっています。

会員検索も無料ですので、どんな人がいるのかのぞいてみるだけでもおすすめです。

「最近出会いがない…」と悩んでいるのに使わないのは損していますよ。

会員登録はたったの1分で完了します。

▼Omiaiを使ってみる▼
秘密