婚活疲れた

「結婚はしたいんだけど、相手がいないんだよね、、、」

「でも、職場とかまわりには、全然出会いになりそうな相手がいない!」

このように結婚願望があるのですが、肝心の出会いがないと悩んでいる女性は最近とても多くなってきています。

このまま一人だったらと思うと、不安になってしまいますよね。

このページでは、そんな結婚に関する悩みをどうやって解決すればいいのかが分かるようになります。

ユキさん

結婚したいならこの記事をチェックよ!

ゆーじ

結婚につながる出会いか〜

1、結婚したいなら、まずは自分から積極的に行動すること

結婚したいけど相手がいないと悩んでしまうのは、そもそも出会いがないからです。

学生のときは学校の友達やバイト・サークルなどで自然に出会いがありました。

しかし、社会人になると自分から積極的に行動しないと、気づいたら家と会社を往復するだけの毎日になってしまいます。

社会人の出会いといえば、合コンや街コンなどがあったりしますが、合コン・街コンでは男性メンバーに「そろそろ結婚したいなぁ」と思って参加してきている人がいなければ意味がありません。

せっかく参加しても収穫がないとうんざりしてしまいますし、意外と合コンはまわりに気をつかってしまって成功率も高くありません。

しかし、結婚につながるような出会いさえあれば、いろんな男性の中から自分の結婚観・相性が合う人を選んでアプローチできるようになります。

社会人になってからだと、学生のときにようにただ待っていれば出会いが勝手におとずれるというものではありません。

そのことを分かっていないと、知らない間にアラサー、あわてた頃にはアラフォーになってしまい一生独身コース、という結末が待っています。

そして、そのまま相手がなかなか見つからないと、しだいに結婚に焦ってしまいますよね。

「まわり友達や同期は結婚して家庭をつくっているのに、自分には相手もいない、、、」と悩んでしまいます。

社会人になってからこれといった出会いがなく、結婚に焦れば焦るほど、うまくいかなくなります。

結婚に焦っているアラサー女性は、男性から見れば「売れ残り・いき遅れ女」でしかありません。

なぜそう見えるのかというと、単純に年齢がアラサーだからというわけではなく、結婚したい必死さが表に出てしまっているからです。

焦っているオーラを隠しきれないと、「俺のことが好きだから結婚したいのかも!」とは思ってくれず、

「条件(年収とか勤務先)がいいから」あるいは、「ただ単に結婚したいだけで、しょうがなく俺を選んだんだろ?」と疑われてしまいます。

そんな女性と結婚したいと思う男性もいないので、独身のまま一生を過ごしてしまう可能性だってあるんです。

自分では意識していなくても、結婚に焦っているオーラはなかなか隠せるものではありません。

そうなると、せっかく「この人いいな」と思った男性と出会ったとしても、「な〜んか焦ってる感あるんだけど…」と嫌がられてしまいます。

逆に、「焦らなくても、そのうちいい出会いがあるでしょ♪」とのんきに考えていると、あっという間に年をとってしまいます。

そうではなくて、「私はいくらでも出会いを作ることができるし、理想の男性と結婚できるくらい頑張ってやる!」という自信があれば、

自分の魅力をあますことなく、男性にアピールすることができます。

大人の余裕がある女性は男性からみても魅力的ですし、男性のほうからアプローチされるようになることでしょう。

そうなるために、まずは自分からせっきょくてきに行動することです。

結婚はしたいけど、相手はいないという状況を脱出しつつも、自分が結婚したくて焦っているオーラをなくすには、出会いをたくさん作るのが一番です。

先ほどもいいましたが、出会いがたくさんあれば、自分が好みの男性をえらべるようになりますし、

結婚相手の選択肢が増えるため、焦っているオーラも消すことができます。

出会いというと女性は受け身になってしまいがちですが、今の時代それでは結婚できません。

自分から積極的に行動してこそ、結婚への道を歩き始めることになります。

たとえば、休みは家でごろごろしていたり、友達と遊んでばっかりしていませんか?

たしかにそうゆう日も必要ですし、大切な時間だと思います。

私も家でごろごろするのは大好きです。

でも、出会いは家にいてもおとずれないし、勝手に出会いがあるわけでもありません。

自分で積極的に出会いを見つける必要があります。

「実は、、、それは分かってるんだけど、どうやって出会いを作ればいいのか分からない。。。」

「合コンとかには参加する気になれないし、どこで結婚相手を見つければいいの?」という意見も多くあります。

実際、結婚したいけどできていない方の理由に「出会いがない」、「出会いの作り方が分からない」というものが多く見られました。

実は、あなたが気づいていないだけで、結婚につながる出会いはたくさんあります。

ここに書いてある方法をまずは自分がためせそうなものから始めていけば、自分でもびっくりするくらい簡単に出会いを作ることができます。

では、結婚したい女性はどうやって出会いをつくればいいのか見てみましょう。

 

2、結婚相手をみつける出会いの方法は探せばいくらでもある

とくに条件が厳しかったりあまりにも高望みをしなければ、結婚につながる出会いは簡単に見つかります。

たまに結婚できない女性の中に、やたらと高収入・イケメンの男性ばかりを狙っている人がいます。

そんなことをしても、イケメン・高収入のハイスペックな男性はなかなかいませんし、すでに結婚していたり、競争率も高くかなりハードルがきびしくなってしまいます。

一方、普通の収入・普通の男性を望むのであれば、結婚できる確率は一気に高くなります。

ただし、さきほども書いたように、自分で行動することが最低条件です。

自分から行動しなければ、出会いは見つかりません。

少しずつでもいいから、結婚につながる出会いを見つけていきましょう。

焦らずに出会いを作っていけば、素敵な男性に会えるようになります。

では、具体的な出会いの作り方について見ていきましょう。

 

友達の紹介は出会いの定番

なんだかんだ言って、友達の紹介は今でも出会いの定番ともいえる方法になっています。

まだ友達に紹介をたのんでいないという人は、ぜひ一度ためしてみてください。

結婚特集などでも、夫との出会いのきっかけに「友達の紹介」という答えがたびたび返ってきます。

友達の紹介ということもあるので、相手がどんな人なのかを聞きやすいし、スマホで写真もかんたんに見せてもらうことができます。

最初は友達といっしょに会ってもらえば、1対1で会話に困ることもないでしょうし、出会いのなかでは比較的なかよくなるスピードも速かったりします。

とはいっても、何も言わずに待ってるだけで男性を紹介してくれる友達はまずいません。

友達に紹介してもらうのにも、自分で友達に聞いて回る、さりげなく会話のなかで頼んでみるくらいの努力は必要です。

ただし、それほど仲良くもない友達に男性を紹介してもらうのも気がひけますよね。

自分から頼むのもはずかしいという気持ちもあるでしょうし、男性を紹介してもらうなら、親しい友達に頼んでみることにしましょう。

あまり必死になって頼むよりも、「最近いい出会いがなくてさ〜、もし誰かいたら紹介して♪」くらいのかるい感じで言っておきましょう。

必死すぎると、かえって紹介しづらくなってしまいます。

何人かに聞いておけば、そのうち男友達を紹介してくれるチャンスが来ます。

ただし、ここでひとつだけ注意があります。

友達に男性を紹介してもらえたら、できるだけ誠実に対応するのが大人のマナーです。

友達から紹介してもらった場合でも、相手の男性がいまいちなときだってあります。

いざ会ってみて、「ちょっと違うかも、、、」と思っても、いきなり音信不通にはしないことです。

常識のある人であれば完全に無視することはないでしょうが、その男性にも紹介した友達にも失礼になってしまいます。

もしもタイプじゃなかった場合は、申し訳ないのですが、少しずつ連絡を断ってフェードアウトしていくような感じにしておきましょう。

 

サークルや習い事・スポーツジムでも通い続けると出会いがある

意外なことに思われるかもしれませんが、社会人サークルや習いごと・スポーツジムなどのフィットネスクラブでも出会いが見つかったりします。

このような場所にはジャンルが違っていても、男女関係なく人が集まってくるからです。

たとえば、フットサル・ランニング・ボルダリングサークル、ジムやヨガ、英会話スクール、料理教室などが挙げられます。

何度か通っているうちに、顔見知りになる男性が何人かでてきます。

メリットとしては、自分で出会いを開拓できるという点です。

なんども通っていれば仲良くなるチャンスもありますし、自然に仲良くなっていくことができます。

自分が好きなことであれば、おたがいの趣味が一緒になるという利点もあるでしょう。

ただし、この出会い方のデメリットは相手に彼女がいたり、すでに結婚している可能性もあります。

結婚相手との出会いのきっかけとしては、決して効率がいいとは言えません。

あと、会話のきっかけは、自分から話しかける必要があります。

会話の内容はなんでもかまいません。

雑談できそうなら雑談でもいいですし、英会話やスポーツでなにか分からないことがあったら質問してみるという感じです。

「そんなの恥ずかしいし、なかなかできないよ。」と思われるかもしれません。

でも、出会いを作るにはきっかけが必要ですし、誰でも最初は勇気が出ません。

最初はちょっとしたことで話しかけてもかまいません。

「こんばんは。ここのジムって安くて駅から近いし使いやすいですよね。」

「初めてボルダリングのサークルに参加するんですけど、楽しいですね!」

こんな感じで相手の男性が同意しやすいような話しかけ方にするといいかと思います。

ちょっと雑談したかったから話しかけたようにするといいでしょう。

最初は緊張するかもしれませんが、少しずつ慣れていくしかありません。

 

婚活で理想の結婚相手を見つける

なんだかんだいっても、結婚したければ婚活をするのが一番です。

他の出会い方では目当ての男性と出会っても、すでに彼女がいたり、まだ結婚したいと思っていない可能性があります。

婚活なら相手の男性は結婚願望が高いので、付き合ってから結婚までの期間も短くなります。

「でも、婚活って何をすればいいの?」という方もいますよね。

婚活は大きく分けると3つの方法があります。

婚活パーティー・婚活サイト・結婚相談所の3種類です。

これらの中から自分に合った婚活方法を見つけて、ためしていきましょう。

 

①婚活パーティーは一度にたくさんの出会いが作れる

まずは、婚活パーティーです。

婚活パーティーはその名の通り、結婚したい男女が出会いを求めるパーティー形式の婚活です。

一般的には最初に自己紹介カードや名札を記入して、会場に入ります。

会場では最初に自己紹介を兼ねて、1対1で話す時間があります。

人数にもよりますが、だいたい1人3分〜5分ほど話して、次の男性と会話します。

この1対1のトークが終わると、次はフリートークになります。

フリートークでは印象の良かった人と話をしていきます。

ただし、フリートークは1対1で話すのではなく、ライバルも目当ての男性のところにいることも多いです。

最後に一番気になった人の名前を書いて、スタッフが集計します。

見事マッチングすれば、連絡先を交換できるというのがおおよその方式です。

婚活パーティーのメリットとしては、一度に多くの男性と出会えることです。

また、パーティーの中には年収や職業などで参加条件を指定していることもあります。

自分が望んでいる結婚相手の条件を効率よく探せるという魅力があります。

反対に、デメリットとしては、ライバルが一緒に参加しているという点です。

とくに条件のいい目当ての男性とフリータイムで1対1で話せるチャンスはほとんどありません。

ライバルも同じ男性を狙っていることも多く、積極的にアプローチできる女性が有利になります。

また、ゆっくり話す時間が意外と少ないため、ほとんど第一印象が勝負の世界になります。

そうなると、若くて可愛い女性に男性の人気が集中してしまうことも多いです。

 

②婚活サイトは手軽に結婚相手探しができる

つぎに、婚活サイトを使って出会いを作るという方法です。

婚活サイトを使うメリットは、いつでもどこでも出会いを作れる点です。

スマホが使える場所であれば、すぐに婚活を始めることができます。

お昼の休憩時間でも、家でのんびりしながらでも婚活できる手軽さがあります。

また、婚活の費用も安いほうだと思います。

結婚相談所では20〜30万前後かかるのが普通ですが、大手の婚活サイトなら月額3000円ほどで利用できます。

中には男性は有料で、女性会員は無料で使える、という女性に有利な婚活アプリもあります。

婚活サイトは、結婚情報誌で有名なゼクシィが運営するゼクシィ縁結びや、マッチングアプリのハッピーメールがおすすめです。

婚活サイトのデメリットとしては、実際に会うまではどんな男性なのか分かりにくいことが挙げられます。

婚活サイトでは自分のプロフィール情報を書いたり、写真を載せるのですが、その情報が本当に合っているのかどうかまで判断するのは難しいです。

書いてある情報はその人が自分で書いているからです。

どうしても見栄を張ったりして、自分のことを大きく表現してしまいがちです。

女性でも奇跡の1枚を載せていたりすることがあります。

実際に会ってみるまではどんな男性か分かりませんが、それでもプロフィールをよく見て判断するようにしましょう。

連絡先を交換しても、ラインで慎重にやりとりを繰り返してから会ってみることをおすすめします。

女性は無料で利用できるマッチングアプリ「ハッピーメール」

結婚情報誌で有名なゼクシィが運営する婚活サイト【ゼクシィ縁結び】

 

③結婚相談所はプロのサポートが受けられる

3つの結婚相談所は、プロの婚活アドバイザーがお見合いをセッティングしてくれる婚活方法です。

入会すると自分がどんな結婚をしたいのか、結婚相手に望むことなどをカウンセリングしてくれます。

カウンセリングの結果から、自分に合う男性をピックアップして、お見合いをセッティングしてくれます。

最初はカフェやホテルのラウンジで会話をすることが多いです。

お互いが相手のことを気に入れば、2回・3回と会ってみて、結婚を前提にお付き合いするかどうかを決めていきます。

結婚相談所ではお見合いのときの服装や会話など、細かなところまで親身になってアドバイスしてくれます。

お付き合いをしてからも結婚への不安や悩みに対してもカウンセリングをしてくれるので安心感があります。

ただし、結婚相談所は婚活費用が高くなるというデメリットがあります。

入会金の他に、月会費が必要になり、おおよそ1年間活動したとしても30万〜40万円ほどかかります。

お金はかかってもいいから、とにかく早く結婚したいという方は一度、結婚相談所に相談してみるといいでしょう。

▼まずは無料でためしてみてください▼

最近いい出会いがないという方は、ゼクシィ縁結びを使ってみてください。

ゼクシィ縁結びを使えば、すぐにでも結婚相手探しができるようになります。

大手企業のリクルートが運営しているので、安心して利用することができます。

会員登録が無料なので、まずはどんな人がいるのか見てみるだけでもいいでしょう。

「早く結婚したいのに相手が見つからない…」と悩んでいるのに使わないのは損していますよ。

会員登録は3分で完了します。

▼ゼクシィ縁結びを使ってみる▼
ゼクシィ縁結び
ゼクシィ縁結び(登録にはメールアドレスが必要です)