疲れた

「なかなか結婚できないんだけど、なにか理由があるんだろうか…」

「すぐに結婚できる人ってどんな特徴があるの?」

婚活をしているけれど、なかなか成果が出ず、悩んでいる人はいませんか?

このページでは、結婚できない独身女性の特徴・共通点と、すぐに結婚できる人との違い・理由について書いてあります。

20代のうちにトントン拍子に結婚してしまう女性もいれば、30代になってもなかなか結婚できず焦っている独身女性もいます。

最近は20代〜30代までの独身の社会人女性で、恋人がいる割合は40パーセントほどになっています。

中には仕事が忙しくてなかなか彼氏を作る暇がなかったり、出会いがなくて悩んでいる人もいます。

その結果、「このままじゃ一生独身かも…」と不安になっている女性が増えてきているということです。

男性は女性よりも、結婚するまでに年齢的な余裕があります。

しかし、結婚して子供がほしいと考えている独身女性は、できるだけ30歳までに(遅くても30代の前半までに)は結婚して子供生んでおきたいと思っているものです。

そこで、いざ結婚相手を見つけるために婚活をするのですが、なかなかうまくいかず、しまいにはどんどん自信がなくなってしまいます。

なかなか相手に選ばれることもなく、婚活疲れ・婚活鬱になってしまう女性もいるほどです。

30代はまだいいほうで、40代や50代になっても独り身のままとなると、「このまま一生独身で、孤独に生きるのは寂しい…」と本格的に悩んでしまいます。

もし今から本気で結婚したいと思うのであれば、なぜ結婚できないのかを分析して、結婚できる女性との違いや特徴を知ることから始めてみましょう。

なぜ結婚できないのかという原因を追求しなければ、結婚できない泥沼からは一生抜け出せません。

まずは結婚できない女性の特徴・共通点や原因を知って、自分の悪いところや欠点を改善する手がかりをつかんでください。

 

結婚できない特徴①:男性に求める理想が高すぎる

10代や20代の若いときにモテていた女性が、必ずしもすぐに結婚できるとは限りません。

恋愛経験が豊富な分だけいろいろな男性を知っているので、かえって結婚相手を決める決断ができなくなってしまうからです。

むしろ、恋愛経験の少ない女性のほうが早く結婚できたりします。

恋愛経験が少なければ、結婚相手を選ぶときに過去の彼氏と比べることもなく、結婚するときの決断力があるからです。

恋愛ではそれほど縛りも少なく、自由に楽しむことができますよね。

いざ結婚するとなると責任ができたり、我慢しなければならないこともあるでしょう。

お金を自由に使うこともできないし、毎日の家事や料理も大変です。

モテる人は若いうちにたくさん遊んでおきたいと考えていることが多いようです。

しかし、ピークはすぎて30代になると、若いときと同じようにモテることはなくなります。

若いときにモテていた記憶があるので、結婚したいと考えたときに、「私ならもっといい男と結婚できるはず!!」と思い込んでしまいます。

そうなると、高望みばかりしてしまい、なかなか結婚相手を決めることができません。

男性も10代や20代の若い頃は、カワイイとか美人な女性を彼女にしたいという思いもありますが、結婚相手としては家庭的だったり自分と相性がいい女性を選びたがります。

高望みをした結果、なかなか結婚に踏み切れなかったり、「私は男性に尽くされて当たり前」だという高飛車な女性になってしまいます。

過去にいくらモテていたとしても、30代からの婚活はなかなか厳しいという現実を受け入れられません。

「私にふさわしい男がいるはず!」と条件のいい男性ばかり選り好みしていると、一生独身になってしまう可能性があります。

なかなか結婚できないという悩みがあるのであれば、妥協をすることも必要です。

もちろん、まったく結婚相手として見られないような男性を選ぶ必要ありませんが、絶対にゆずれない条件だけを決めて、他のところでは妥協することも大切です。

女性は男性からアプローチされる側の立場であることも確かです。

婚活においても、男性から女性にアプローチされることがほとんどです。

それなのに、「あんまりいい男性いない…」などと選り好んでいるような状態になってしまいます。

これは自分の結婚相手に求める条件が高く、妥協できない女性の特徴でもあります。

自分のことを棚に上げてしまい、条件ばかりの良い男性を求めてしまいます。

たとえば、イケメン・長男は嫌だとか、高学歴で大手企業に勤めている・お金持ちなど、人それぞれの好みがあるでしょうが、総合的に条件の良い男性ばかりを希望してしまいます。

しかし、条件ばかりで男性を選んでいては結婚できません。

そういった、いい条件の独身男性は他の女性も狙っていて、競争率がとても高くなっています。

婚活で苦戦している場合は、希望の条件に絶対ゆずれないものだけを見つけ、他は少しずつ妥協していくことが必要です。

とくに、女性が求めている「結婚相手には、普通の年収くらいあればいいかな〜」というものはかなり高収入である場合があります。

年収400万以上の20代男性で31%、30代の男性だと61.1%になっています。

30代でようやく年収400万以上は6割を超えますが、これは既婚者も含んでいるので、独身に限るとその割合は少なくなるでしょう。

しかも、都心では相対的に年収が高くなっていますが、若い男性の年収は平均ほど高くありません。

地方では都会よりも年収が低くなっています。

こういった条件の良い男性と結婚できるのは、かなり確率が低く、またそういった良物件の男性は学生時代の時からすでに他の女性が目をつけています。

どうしても理想の男性と結婚したいのであれば、かなり厳しい婚活になるの覚悟して活動しなければなりません。

あるいは、男性ばかりの職場で出会いがないだけの、穴場な男性を探していくのもいいでしょう。

こういった独身男性は、ただ出会いがないだけで性格に難があるわけでもなく、年収も好条件である場合があります。

また、将来的に子供がほしいと考えているような男性からは、子供が苦手そうな女性と結婚したいと思いません。

独身男性が本気で結婚を考え出すのは、そろそろ家庭を持ちたい・家族がほしい・子供ほしいと考えていることが多いです。

それにも関わらず、家庭的ではなくあまり子供好きに見えないような女性と、将来家族になるイメージは湧いてきません。

 

結婚できない特徴②:過去にモテていて勘違いしている

若いときにモテていた女性に多いのですが、結婚適齢期になってもなかなか結婚できない人は、自分がまだモテると勘違いしているケースがあります。

若い頃にモテすぎると、早く結婚できると思いきや、意外にも行き遅れてしまう人が多かったりします。

というのも、自分がモテるということを自覚しているので、もっといい条件の男性と結婚できるはずだと思い上がってしまうことが原因です。

結婚と恋愛とは似ているところもありますが、まったく一緒ということはありません。

結婚するとなると、一生共にするので男性も女性も慎重になりますし、いろいろな責任や制約もあったりします。

お金を勝手につかうこともできないだろうし、将来子供がほしいというのであれば育児も大変です。

だからこそ、モテる女性は若いうちにもっと遊んでいたいというふうに考えて、いろんな男性と付き合っていたりするものです。

しかし、若いうちにモテていても、30歳を過ぎてくれば状況が変わってきます。

以前と同じように男性から声をかけられることもなくなってくるし、出会いも年々少なくなっていきます。

それにもかかわらず、自分はまだモテるはずだと勘違いをしているため、いつまでも若いころの自分と比べて焦りだけが出てきます。

自分がまだモテると勘違いしたままの状態ではいつまでたっても結婚できません。

というのも、いざ男性とデートしていても、自分がモテていたときの態度や振る舞いをそのまま引きずってしまうからです。

デートしてもおごってもらって当たり前だとか、プレゼントも高価なものをもらって当たり前・イケメンでお金持ちの男性が自分にふさわしいはずだと選り好みしてしまいます。

男性も恋愛をするのであれば、派手でわがままな女性が好き人もいますが、結婚するとなると話は別です。

遊びにちょうどいい女性ではなく、家庭をしっかり守ってくれるような堅実な女性と結婚したいと思うようになります。

もし自分が過去にもモテていて、今現在なかなかうまく結婚できないと悩んでいるのであれば、謙虚になる必要があります。

結婚相手としての条件を下げたり、自分が相手の男性に何をしてあげられるのかを考えてみることも必要です。

同じように、お金がかかりそうな女性は、結婚相手の対象にはみなされません。

「この人と結婚して財布を握られてしまえば、自分のお金を勝手に使われるだけだろなぁ…」というのが目に見えてしまいます。

婚活でも美人はモテますが、お金がかかるような自分の手にあまるコスパの悪い美人は遠慮したいものです。

 

結婚できない特徴③:ネガティブで自信がまったくない

ネガティブ思考でまったく自信がないと、男性からは好かれません。

ネガティブ思考の女性とデートをしていても楽しめないどころか、話しているだけで疲れてしまいます。

会話は恋愛においても、婚活においても重要なポイントです。

冷たい印象を持たれたり、無表情のような女性は男性から不機嫌そうに思われてしまいます。

そうなると「自分といても楽しくないのかな…」と思われ、せっかくチャンスがあってもアプローチされなくなります。

それだけでも結婚のチャンスを逃してしまうのに、人の悪口を平気で言ったり、不満や愚痴ばかりを言うような人とずっと一緒にいたいとは誰も思いませんよね。

何でもかんでもポジティブ思考で、楽天的な考えをすればいいというものではありませんが、少なくとも相手に居心地よくいてもらうためにはネガティブなことを口に出したりするのはやめましょう。

心の中で思っていても、それを口に出さずただ思っているだけにとどめておけば大丈夫です。

無理矢理ポジティブに考えるのではなく、自分のネガティブなところを押さえ込んで、相手を楽しませるるためにはどうすればいいのかをちょっとずつ考えていくようにするのがコツです。

大人しいということ自体は特別デメリットにはなりませんが、ネガティブで自虐的な考え方の独身女性は男性にも嫌がられます。

それに、自分自身でダメだと思い込むと自信がなくなってしまい、なかなか積極的に行動できなくなります。

結婚したいのであれば、ある程度の前向きな考え方と、コミュニケーション能力を磨かなければなりません。

そういった意味では、控えめな性格で人と話すのが苦手な女性は、結婚できないということもあります。

あまり騒がしすぎてうるさいのもダメですが、それなりに積極的に男性と会話ができる人のほうが人気があります。

あとは、無愛想で笑顔が少ない女性は、冷たい印象持たれてしまいます。

自分ではそうではなくても、男性からは不機嫌で怖そうに見えてしまいます。

ひがみ根性だったり不満や愚痴ばかり言っているような女性は、そういった雰囲気が男性にも伝わってしまうものです。

やはり笑顔でポジティブな考え方の人のほうが結婚できます。

 

結婚できない特徴④:隙がない、バリキャリで自分一人で生きていけるくらい能力が高い

プライドの高いキャリアウーマンは、男性からすると結婚対象にはなりにくいものです。

仕事ができる・給料が高いという事ことは、自分が意図しないとしても男性のプライドを傷つけてしまいます。

男性はプライドの生き物なので、自分より稼いでいる女性に対しては精神的に立場が苦しくなってしまうからです。

また、完璧すぎる女性ほど男性は守ってあげたいと思う必要もなく、結婚して養ってあげたいと思ったりしません。

男性に上手に頼られる甘えることができる女性は、男性からも「守ってあげたい!」という思いに駆られアプローチされます。

若い頃は遊びや仕事を優先してしまい、30代になってからなかなか結婚相手が見つけられず苦戦してしまうこともあります。

また、高収入のバリキャリ独身女性が、自分のレベルに釣り合っている男性と結婚したいと思っていると、なかなか相手が見つからず苦戦してしまいます。

昔は男性が稼いで、女性が家庭のことをして夫婦で役割を分担することが普通でした。

しかし、現在は経済的に自立して、1人で自活できる女性が増えてきています。

仕事が他の人よりもできたり、特殊な技能持っていれば、給料も平均年収以上もらっている独身女性もたくさんいます。

そして、30代や40代の独身女性は、それほどハデに遊ぶこともなく、貯金がある程度たまっていたりするので、生きていくのにはそれほど困らなかったりもします。

経済的に苦しいわけでなければ、結婚相手として男性を選ぶときも自分と同じか、それ以上の能力がある男性を求めてしまいがちです。

女性は尊敬できたり、頼れるような男性と結婚したいという願望があります。

自分の能力が高いと、相手の男性にもそれ以上のステータスを求めるようになります。

芸能人やモデル女優が結婚するときに、同じように社会的に成功している社長や、大企業の高いポジションに付いている人と結婚するのは、それと同じ理由です。

一般的に、我が強い・ワガママだということは、相手にゆずれない性分です。

結婚は一生を共にすることなので、おたがいがゆずり合うことも大切です。

頑固だったり、自己主張が強すぎたり、がさつなだけでサバサバしている女性は、なかなか結婚できません。

気が強い女性は、現実的には男性にウケがよくないものです。

結婚できるのは男性の意見を受け止めてくれる、柔軟に対応して歩みよってくれる女性が結婚できます。

女性としての隙がなさすぎると、男性はなかなかアプローチしてくれません。

恋愛においては「男性はアプローチする側」で、「女性はアプローチされる側」という役割があります。

そのため恋愛でも婚活でも、必然的に自分がアプローチしやすい女性を選ぶ傾向があります。

というのも、男性も自分から勇気を出してアプローチしたのにフラれてしまうのは、自分のプライドが傷つくのを恐れているからです。

男性は一言でいうとプライドの生き物であり、自分の自尊心を大切にしています。

自分からアプローチしたのに断られてしまうのは、自分で自分のプライドを傷つけるようなものです。

そのため、自分のプライドが傷つかないように、アプローチしたら成功するであろう女性を好きになったりします。

あるいは、告白しても成功すると確信が持てるまで告白しません。

こういった男性の特徴を知っておくだけで、かなり婚活を有利にしていくことができます。

では具体的にどうすればいいのかというと、男性からアプローチされやすいように女性としての隙を作ればいいんです。

なにも尻の軽い女になったり、誰にでもホイホイついていくような安っぽい女になればいいというわけではありません。

女性としての隙を作るというのは、言いかえれば男性に安心感を与える・親しみやすい・優しい雰囲気を作ることです。

自己主張が強いようなキツい女性は、ごく一部の男性にしか受けません。

一緒にいるとよく笑ってくれたり、話しかけたりしやすいような女性は、自然と男性からアプローチされるようになります。

極端に言えば、女性からは嫌われるようなブリッコしたような女性は、男性にある種の安心感を与えるとも言えるんです。

あの甘ったるい感じが、男性からしてみれば自分を否定されることはない、プライドを傷つけられることはないという安心感につながっています。

もちろんあからさますぎて腹黒さが男性から見破られてしまっては意味がありませんが、ぶりっ子もモテる要素の1つにはなるということです。

また、経済的に自立しすぎていると、男性からは自分は必要のない存在なんだと思われアプローチされなくなります。

これは先ほども言ったように、女性としての隙がないということと言い換えることができます。

社会的には男女平等と言いながらも、結局は女性としてどこかに隙のあるほうが結婚できるということになります。

はっきり言って矛盾しているように思われますが、収入・職業・経済的に恵まれているバリキャリの人は結婚したいのであれば、自分のステータスは男性に隠しておいたほうが得ということですね。

逆に、相手の男性に依存してくるような女性とは、はっきり言って結婚できません。

依存されるということは、結婚してもいっしょに家庭を支えてくれるどころか、自分が相手の面倒まで見てなければいけないという負担ばかりが心配されてしまうからです。

最近では、男性だけの収入では家庭を養っていくのも不安があるのは事実です。

そのため、専業主婦になるのも難しいので、「共働きをする、その代わりに家事・育児も夫婦で協力してやっていく」というスタイルが常識になりつつあります。

男性女性に関わらず、相手に依存するのではなく協力できるタイプの人のほうが今の時代は結婚できるということですね。

 

結婚できない特徴⑤:受け身すぎて行動できていない

恋愛・婚活において、女性は受け身であることがほとんどですが、まったく自分から行動できないというのではいけません。

自分からなにもアクションを起こさないのに、勝手に運命の王子様が現れることなんてないからです。

お姫様願望があってもいいのは、正直言って学生までです。

20代、まして30代のアラサーにもなったら、現実をしっかり見て結婚相手探しをしていく必要があります。

そのためには、まず出会いを探さなければなりません。

結婚できないと悩んでいる女性のほとんどは、いい出会いがないということが問題です。

毎日会社と家ばかりを往復していては、あっという間に歳をとってしまいます。

どんな出会いの場所でもいいので、まずは独身男性と出会える場所を探してみましょう。

たとえば、友達の紹介・合コン・婚活パーティー・婚活サイト・趣味の集まり・社会人サークル・スポーツジムなどがあります。

いきなり初対面で話すの難しいかもしれませんが、コツコツと出会いを探していけば何かのきっかけから仲良くなれる男性が現れたいします。

最近は婚活サービスも充実してきているので、自分に合っていそうなもの選んで参加してみましょう。

自分から積極的にナンパのように男性に声をかけていく必要はありません。

女性の積極性とは、あからさまにアプローチするのではなく、自分のことをさりげなくアピールするのが正解です。

たとえば、話しかけられますように女性らしい柔らかな雰囲気を演出するのもその1つの手です。

しぐさや態度で女性らしさを見せ、男性が話しかけやすい・アプローチしやすいような雰囲気づくりをしていきましょう。

とくに男性は、女性の見た目によって判断しやすいものなので、髪型やメイクファッションを男性ウケするものに変えるだけでもモテるようになったりします。

もちろん自分から積極的に話しかけに行ける人はそれをしてもいいでしょう。

男性に対して壁がある人は、まず男友達から作るというような気構えで、ハードルを低く設定してみることもおすすめです。

 

結婚したいなら、まずは出会いを作ること

結婚にかぎらず、恋愛において女性は男性から誘われるものであり、基本的には受け身のポジションでいるものです。

だからといって、まったく何も行動しないで、ただ待っているというのでは出会いもないし結婚もできません。

ある日突然ステキな男性がやってきて、とくにたいした魅力もない自分にプロポーズをしてくれる、なんてことはありません。

白馬の王子様が突然やって来るのは、せいぜいおとぎ話の中だけです。

その夢を見ていていいのは、せいぜい学生の時まででしょう。

社会人になって、20代後半・30代になったら、現実的に結婚相手を探す方法を真剣に考えなければなりません。

そのためには、まず出会いをを作ることが大切です。

結婚できない女性の特徴は、出会いがない環境にいながら、その状況を変えようとしないことが原因です。

毎日家と会社の往復ばかりで、休日は女友達とばかり遊んでいたり、家でゴロゴロしたりしていると一生独身のまま過ごすことになります。

まずは、どこでもいいので独身の男性と出会えそうな場所に行ってみましょう。

極端に言えば、相席屋・居酒屋などでも独身男性との出会いはあります。

趣味や好きなことを生かして、社会人サークルやオフ会などに参加してみるのもいいでしょう。

あるいは、現代ではスマホを使って結婚相手を探すこともできます。

近年スマホが普及したおかげか、ネット婚活をする人が年々増加しています。

結婚相手を探す方法として一般的になりつつあるということです。

他にもベタなところで言えば、合コンや街コン・婚活パーティーなので人脈を広げてみるのもいいでしょう。

出会いの確率そのものを増やしていけば、どこかで自分と相性の良い男性と出会えるようになります。

どこか出会いがありそうな場所にいけば、可能性はまったくのゼロではありません。

なんの行動もしなければ結婚できる可能性はゼロですが、出会いを作ろうと行動すれば、それだけ結婚への道を確実に進んでいることになります。

「でも、今までたくさん婚活してきたけど、全然いい人にめぐり会えなかった…」

「本当に結婚相手が見つかる婚活方法って何かないかな?」と悩んでいる方もいますよね。

しかし、ゼクシィ縁結びを使えば、今すぐにでも結婚相手を見つけることだってできるんです。

私もなかなかいい出会いなんてないと悩んでいたのに、たった2ヶ月で結婚相手との出会いがありました。

そんな運命の出会いを作ってくれたゼクシィ縁結びには、4つの特徴があります。

  • 結婚情報誌のゼクシィで有名な大手企業リクルートが運営
  • 登録無料・成婚料も0円
  • 婚活サイト初のお見合いコンシェルジュが初デートをサポートしてくれる
  • 相性がいい、価値観の合う人が見つけやすい

さらに、ゼクシィ縁結びは大手企業のリクルートが運営しているので、セキュリティとデータ管理がしっかりしています。

最初は「婚活サイトなんて、良い出会いがあるわけないじゃん」と私も思っていました。

ところが、ためしにゼクシィ縁結びを使ってみたら、素敵な相手と出会えたことに自分でもびっくりしています。

今は子供もできて、あわただしくも家族3人で毎日幸せに暮らしています。

あのときゼクシィ縁結びを使うことができて、本当に良かったです。

まずは無料で会員登録をしてみて、どんな人がいるのかためしてみてください。

きっとあなたにも素敵な結婚相手が見つかると思います。

ゼクシィが運営している婚活サイト「ゼクシィ縁結び」

 

見た目磨きは女子アナを参考にする

また、男性の恋愛感情を刺激するために、見た目も磨いておくといいでしょう。

必死に若づくりをする必要はありませんが、男性に好まれるファッション・メイク・髪型を意識してみましょう。

その中でも、婚活ファッションで一番参考になるのが女子アナです。

女子アナのファッションやメイク・髪型は、すべて男性が好みなものになっています。

ファッションは、パステルカラーを中心とした優しい色で、ブラウスやワンピース・スカートなど女性らしいアイテムでコーディネイトしてみましょう。

メイクもナチュラルメイクが一番好まれます。

髪型も女性らしい、ちょっとふわふわしたようなセミロングくらいがちょうどいいですね。

もちろん人それぞれ似合う・似合わないがあるので、女子アナの格好を参考にしながら、うまく自分に取り入れてみてください。

 

男性からアプローチされるにはスキを作って、会話で褒める

女性としては、自分からアプローチするのはなかなか難しいですよね。

なので、男性のほうからアプローチさせることが必要です。

モテる女性ほど、男性のほうからアプローチさせることが上手です。

では、どうすれば男性からアプローチされるのかというと、スキのある女性になることです。

ほんとにスキを作るというわけではなく、男性が「もしかして自分でもアプローチしていいんじゃないか?」という雰囲気を作るということです。

具体的にいうと、親しみやすさや、「自分にだけ本音を晒してくれているかもしれない」という安心感を作ることです。

自己主張が強く、わがままな女性は男性のほうが敬遠してしまいます。

その一方で、自然体で親しみやすく男性からも人気があります。

男性は少し弱さのあるような女性が好きなものです。

これは、男性が「自分が守ってあげなきゃ!」という気持ちを刺激されるからです。

男性は自分の強さを証明するためにも、守ってあげられる女性を求めます。

なので、何もかも完璧な女性は自分が守る必要がない、ということでアプローチできません。

何もかも完璧である必要ありませんし、自分の弱さをあえてさらけ出したり、自分から積極的に男性に話しかけていくような親しみやすさがあるといいでしょう。

 

女性が男性のように、積極的にアプローチしていけばいいというものではありません。

あんまり肉食女子のように、ガンガンせまってこられると、正直いって男性も引いてしまいます。

そうではなくて、女性のアプローチ方法としてはさりげなく自分の存在をアピールして、男性のほうからアプローチさせるような思わせぶりな態度が必要です。

少し回りくどいと思うかもしれませんが、そのほうが結果的には狙った男性の心をつかむことができるでしょう。

では、どうすれば狙った男性のハートをつかめるのかというと、男性の自尊心をくすぐってあげることです。

男性は一言でいうと、「プライドの生き物」であり、自分の自尊心をくすぐってくれる女性に弱いものです。

自分のことを認めてくれる、自分のことをすごいと思ってくれる女性のことを好きになってしまいます。

そのために一番手っ取り早く効果的のある方法が、相手の話をよく聞いて褒めることです。

男性のプライド・自尊心をくすぐるには、男性のことを褒めてあげる、すごいと思ってあげることが大切です。

男性の本能としては、オスとしての強さを女性に示すことこそが、自分の強さを証明することになります。

狙った男性の自尊心をくすぐってあげることで、「この人は自分のことを好いてくれてるかも」と思ってもらうことができます。

そのためには、狙っている男性との会話の中で、よく話を聞いて男性が興味のあること・好きなことをどんどん引き出していきましょう。

それが趣味のことでもいいですし、仕事のことでも何でもかまいません。

とにかく男性が好きなこと・興味のある内容・がんばっていることに対して、ポジティブなリアクションをしてあげることが大切です。

ただし、単純に「すごーい!」とか、わざとらしく褒めても逆効果になってしまいます。

あくまで自然にほめて、相手を持ち上げることが重要です。

そのためにはある程度練習が必要になります。

会話の中で自然に男性を褒める練習をしていけば、いざ自分の理想の男性と出会ったときに、狙って男性のハートをつかむことができます。

そのために練習を積んで、会話スキルを磨いておきましょう。

相手が何が好きで、どんなことに対して興味があるのか、それを引き出していける会話術が必要です。

ちょうど連想ゲームのように、相手が興味のあること・好きなことを推測しながら、より具体的に会話の内容を広げていけるような話し方を意識してみてください。

最初「難しいかも」と思うこともありますが、慣れていくとスムーズに相手の興味のある話を引き出して、ほめていくことができるようになるでしょう。

そのためには、まず出会いが必要です。

出会いを作っていけば、自然と男性と会話できるチャンスも広がり、会話スキルを磨く練習にもなります。

出会いが増えることは、結婚相手探しと自分磨きが同時にできる、一石二鳥の方法です。