結婚するメリットとデメリット

結婚するメリットって何があるの?

逆に結婚するデメリットってどんな感じかな?

男性が結婚する時にはメリットだけではなく、デメリットも発生します。

今回は結婚するメリットとデメリットを書き出してみました。

 

1、男性が結婚するときのデメリット

結婚は何もかもが素晴らしいというものではありません。

時には嫌なこともあるだろうし、何で結婚したんだろう?と思ってしまうときもあります。

結婚を甘く考えていると現実とのギャップに苦しむことになるかもしれません。

では、結婚するときのデメリットを見てみましょう。

 

デメリットその1:交際中とのギャップ

結婚すると交際中の時の女性とのギャップに驚くことがあります。

「交際中のデートではおしとやかで清楚な雰囲気だったのに、いざ結婚してみたら口うるさく小言を言われるようになった、、、」

「おおらかなところが好きだったのに、結婚してみたら家庭内ではだらしないだけだった。。。」

このように交際中の印象と結婚してからの印象の違いがしばしば見られます。

実は結婚してからの生活と交際中との付き合いには明確な違いがあります。

 

それは結婚してからは圧倒的に一緒にいる時間が長くなることです。

一緒にいる時間が長くなれば、段々とその人の素の状態が分かってきます。

もし素の自分を隠していてもいずれボロが出るでしょうし、何より素を隠しながら結婚生活を送っても辛いだけです。

この素の状態を見たとき、交際中とのギャップに驚いてしまうことがあります。

これは交際中と結婚生活とのギャップは素の相手(もしくは素の自分)を隠していたかどうかが問題になります。

交際期間はデート中しか会う機会がありませんよね。

人間は誰しも好きな人に自分の嫌なところは隠したくなるものです。

一時的に取り繕おうと思えばいくらでも取り繕うことはできます。

 

しかし、結婚して家庭や家の中でそれをし続けることはできません。

どうしても素の自分を見せなければなりません。

もしくは、相手の素の状態を見ることになります。

結婚する際には相手の素がどんな感じなのか見極めることが必要なのかもしれません。

女性の素の状態を男性が見抜くのはなかなか難しいかもしれませんが、、、

もしくは、相手の素を良きも悪きも受け入れることです。

どちらにせよ相手の素の状態と交際中とのギャップがある程度は存在することを覚えておきましょう。

 

デメリットその2:一人の時間が少なくなる

結婚すれば一人の時間は圧倒的に少なくなります

まず結婚というイベント自体にも何かと時間がかかったりするものです。

両家の顔合わせや式場選び、挙式の準備(この式場選びと挙式の準備はかなり時間がかかる場合があります。)、新居への引っ越しなどなど。

結婚してからも相手の女性と一緒にいる時間が長くなるので、必然的に自分だけの時間は短くなります。

休みの日であれば一緒に出かけたり、旅行に行くこともあるでしょう。

子供ができれば育児をしなければなりませんし、一緒に遊びに付き合わなければならなくなるかもしれません。

(これらが必ずしもデメリットというわけではなく、楽しくてリフレッシュできるメリットになるかもしれません。ここでは自分一人の時間が短くなるという点においてデメリットになる可能性を指摘しています。)

 

男性は一人だけで過ごす時間を好む傾向があるようです。

一人で趣味を楽しんだり、ゆっくり考え事をしたり、くつろいだりする時間が欲しくなります。

また、家族のために時間を作るため、友達と遊ぶ時間は少なくなるでしょう。

友達と飲みに行ったり、遊んだり気軽にできなくなるかもしれません。

このように家庭に時間を使うことになるので、自分の好きなように時間を使う事ができなくなります。

 

デメリットその3:お金を気ままに使えなくなる

結婚すると自分の収入を気ままに使えなくなります

例えば、大好きな趣味に使っていたお金を家庭を維持するためのお金に回すことになります。

おこづかい制になると趣味に使うお金もその中からやりくりしなければなりません。

外食やレジャーもお金を比較的多く使う事になるので、頻繁には行けなくなるかもしれません。

子供ができれば養育費が必要になってきます。

持ち家が欲しいとなればお金がたくさん必要になります。

その場合、おそらくほとんどの方がローンを組まなければならないでしょう。

 

このようにお金を自分のことだけ気軽に使う事ができなくなります。

それはつまり、結婚するとそれだけ責任が増えると言い換えてもいいかもしれません。

家庭に対する責任が増えるので、大方の場合はお金の使い方が変わるはずです。

自分の好きな事だけでなく、家族のために使うお金が増えるということです。

ただし、必ずしもデメリットばかりというわけではありません。

共働きの場合は家族単位で見れば逆に収入が上がるケースもあります

一人暮らしをしていた男性は結婚すれば家賃が半分でアパートに住めます。

家族のためにお金を使う事がデメリットではなく、むしろ喜びになることも往々にしてあります。

家族が喜んでくれるならそれでいいと感じることができれば、これらの心配はしなくてもいいでしょう。

 

デメリットその4:相手に合わせなければならないことがある

結婚をすると独り身のときのように自由気ままに暮らす事はできません。

結婚するといろいろな付き合いや制限も出てきます。

まず、親戚や家族付き合いが増えます

結婚は自分と結婚相手、当事者2人だけの出来事ではありません

お互いの親戚や家族との繋がりもできます。

その付き合いを面倒くさいと感じることも時にはあるでしょう。

もちろんこれらのことをわずらわしいと思わない方もいます。

むしろ、親戚との交流を楽しむ人もいるはずです。

 

あとは相手の女性に合わせなければならないことが発生します。

それは他の異性と恋愛できなくなることです。

もちろん結婚していない交際期間でも浮気はダメだと言われるでしょう。

しかし、結婚してからの浮気、不倫はより大きな問題になります。

不倫は下手をすれば裁判沙汰になることもよくある話です。

男性はより多くの女性と子孫を反映させたいという本能があります。

しかし、その本能に従ってはいけなくなるのです。

 

また、仕事環境を変えにくくなるでしょう。

もし転職したいと思っても家族のことを考えるとためらってしまうかもしれません。

逆に、家庭ができると転勤する可能性は少なくなります。

これはある意味でメリットかもしれません。

 

このように結婚することによるデメリットはたくさんあります。

しかし、結婚は決して悪いことだけではありません。

もし結婚がデメリットだらけならそもそも結婚する制度は存在していませんよね。

次は結婚することのメリットを見てみましょう。

【本当に出会えるの?】ペアーズで有料会員になるべきか【無料会員との違いは?】

【結婚できない焦り】29歳独身女性の婚活事情

 

2、男性が結婚するときのメリット

「結婚してよかった!!」

「結婚してから幸せな毎日を過ごしてる。」

このように話す男性も少なくありません。

では結婚した方は何に幸せを感じているのでしょうか。

 

メリットその1:好きな女性と一緒にいられる時間が増える

なんと言っても結婚すれば好きな女性と一緒にいられる時間が増えます

仕事が終わって家に帰れば好きな女性が自分の帰りを待っている。

デートの日にしか会えないという日々から毎日一緒に過ごす日々に変わるわけです。

特に遠距離恋愛だったカップルには一緒にいられる幸せを実感することが多いようです。

たまに会うのがいいというのであれば、結婚するメリットは少ないでしょう。

 

一人暮らしだった男性も家に帰ると迎えてくれる女性がいることに安心感や幸せを感じます。

一人暮らしのときは家に帰っても部屋は真っ暗、「ただいま」を言っても「お帰り」を言ってくれる人は誰もいないという生活に寂しさを感じたりします。

しかし、好きな女性と一緒にいられるというメリットは一人の時間が少なくなるというデメリットと表裏一体です。

一緒に過ごす時間が多くなればなるほど、一人の時間は少なくなるのでこれをデメリットに感じる男性もいます。

いつも、どこへ行くのにも一緒がいいという男性はいいのですが、一人の時間も欲しいという場合がありますよね。

その時はうまくバランスが取れるように相手の女性と休みの過ごし方などを相談してみましょう。

 

メリットその2:家族に生き甲斐を感じる

結婚すると家族そのものに生き甲斐を感じる男性も少なくありません。

自分が家族を支えている、または支えられているということにアイデンティティや存在意義を見出すことがあります。

特に子供ができたときにこのことを感じることが多いようです。

子供ができれば自分と相手の女性とで一緒に育てていかなければなりません。

それはある意味自分の使命とも言えます。

自分が頑張らなければ家族を養っていけないという使命です。

 

このことから仕事を頑張れたり、辛いときも一緒に乗り越えていこうという闘志が湧いてきます。

それは一人の時や恋愛ではなかなか感じることができなかったという意見を聞くことがあります。

また、子供の成長自体も楽しいものです。

子供が少しずつ育って、一人で歩けるようになったり、喋れるようになったりする様子を見ているのは特別な感情が湧いてきます。

女性に対する愛情とは別の愛情が自分の中に芽生えます。

このように家庭を作ることそのものに幸せを感じる男性も多いのではないでしょうか。

 

メリットその3:生活費や家事の負担が減る

一人暮らしをしていた男性や相手の女性が働いている場合は生活費や家事の負担が減ることがあります。

結婚相手の女性も働いている共働きであれば生活費は自分の懐から出るお金は実質半分で済みます。

また、家事を分担すれば手間も少なくなります。

女性が専業主婦の場合であれば家事はほとんどまかせてもいいかもしれません。(少しは手伝わなければならないかもしれませんが)

実家暮らしだった場合は逆にデメリットなのかもしれません。

とはいえ、いつまでも実家暮らしができるというわけでもありません。

いつかは自分で自活しなければならなくなるでしょう。

そのときにパートナーがいると家事や生活費の負担が和らぎます。

 

 3、結婚するときのメリット・デメリットのまとめ

このように結婚するメリットとデメリットを比べるといかがでしょうか?

正直に言えば、結婚しても物質的なメリットは少ないかもしれません。

時間やお金を好きに使う事もできないし、恋愛も自由にできなくなります。

しかし、その代わりに得られるものも大きいと僕は思います。

 

それは精神的なメリットです。

メリットという損得勘定ではなく、「幸せ」という心の充実感が得られると言い換えても言ってもいいでしょう。

収入源が増えたり、家賃の負担が減ったり、そんなことは些末なことかもしれません。

家族ができる。

子供が育つ。

それは一生を共にすると誓うからこそ、芽生えるものではないでしょうか。

結婚はよくも悪くも刺激的だと言います。

 

結婚をそもそもメリット・デメリットで判断していいものでしょうか?

そんな疑問も湧いてきます。

たしかに結婚のメリットとデメリットを知っておくことは大切かもしれません。

事前に知っておけば心構えがしっかりすることもありますから。

人生にはたくさんの選択して、行動をしなければならないことがあります。

よかったことや悪かったこともあるでしょう。

それをメリットとデメリットを比べてみて、じゃあ結婚するのやめようか?となるのでしょうか。

結婚するとどのようになるかは実際に経験してみなければ分かりません。

打算で生きていくのもアリですが、実際に経験することが人生には大切なのかもしれませんね。

一生独身男性の特徴と独身のメリット、結婚のメリット

始める前に知っておきたい婚活サイトのメリット・デメリット

【そろそろ本気で婚活したい!】27歳独身女性の結婚への道のり