20代後半女性婚活

「彼氏はできるのに、なかなか結婚できない…」

「若いころモテてたのに今では全然もてない、、、結婚できる女性の特徴ってなんなの?」

そんなことになっている女性はいませんか?

このページでは、男性がおもわず「結婚したい!」と思う女性の特徴について書いてあります。

 

なぜ彼氏はできるのに結婚できない、モテるのになかなか結婚できないかというと、男性が結婚したいと思う女性の特徴をつかんでいないからです。

男性が「彼女にしたいなぁ」と思う女性と、「結婚したい!」と思う女性は別だからです。

「えっ、そんなことあるの!?」と思われるかもしれませんが、実際に多くの男性が彼女にしたいと思う女性と、結婚したいと思う女性は別だと答えるでしょう。

では、実際にどこがどう違うのかを順番に説明していきます。

 

特徴1:若い女性のほうが結婚には有利になる

はっきり言ってしまうと、男性が結婚したいと思う女性は、年齢が若いほうが有利です。

逆に、見た目年齢は結婚にあまり重要視されません。

「年上で美人」とか、「年齢よりも若くて可愛いく見える」といった特徴は、ちょっとした火遊びみたいに遊ぶのはいいかもしれませんが、結婚を考えるときの魅力にはなりません。

なぜかというと、男性も女性と同じように、結婚したあとに子供がほしいと考えているからです。

多くの男性は結婚して家庭を築き、そして子供がほしいと思っています。

ベタなところですが、子供好きということもポイントです。

結婚後は子供がほしいと考えている男性は、妻にも子供好きであってほしいものです。

子供を作らないのであれば、結婚をする意味もそれほど重要ではないと考える男性もいるほどです。

女性が結婚を真剣に考えるときに、男性の年収や職業・安定性などを重視するように、男性も女性の年齢を重要視します。

はっきりいってしまうと、同年代の男性にとって、女性の結婚できる年齢の上限は33〜34歳がギリギリのラインです。

というのも、33歳までに結婚して34歳に妊娠、35歳までには出産してほしいという男性の希望があります。

なので、20代後半が結婚できる年齢のピークになり、30歳を過ぎると婚活市場ではなかなか厳しい苦戦することになってしまうんです。

もちろん苦戦するというだけで、絶対に結婚できないというわけではありません。

実年齢をまったく気にしない男性もいますし、年上が好きな男性もいます。

ただ、平均的に考えていくと、30代半ばが結婚できる確率をそれなりに保てるラインになる、ということです。

とはいえ、見た目に全く気を使わないのもどうかと思います。

いくら結婚するのに実年齢のほうが重要だといっても、若ければ誰でも結婚できるわけではありませんよね。

年齢は同じだったとしても、見た目が美人だったり可愛くみえるほうが結婚できる可能性は高くなります。

無理に若づくりをする必要ありませんが、年相応のファッションやメイクを勉強したり、スキンケアやダイエットなどをがんばって、自分磨きをしておくのがいいでしょう。

また、年齢を若くするということはできませんので、結婚したいと思われる他の特徴を伸ばすことによって、十分結婚できるようになります。

 

特徴2:家事、料理が一通りできる

付き合うだけの女性と結婚する女性が違うのは、家庭をきちんと守れるかどうかということが最大のポイントです。

デートするだけの彼女なら家事とかできなくてもいいけれど、結婚したらやっぱり家事がきちんとできる女性を選びたくなるものです。

「デートしてるときに、そんな家庭的かどうかなんて分からないじゃん?」と思われるかもしれませんが、これが意外とわかってしまうものです。

何気ない会話の内容や、ちょっとした出来事でも、相手の女性が家庭的かどうかを想像してしまうからです。

なので、がさつな女性、たとえばカバンの中がぐちゃぐちゃだったりすると、「自分の部屋とかも汚そうだなぁ…」と幻滅されてしまいます。

現在は共働きの夫婦も多く、家事・育児も分担をするのが普通だったりします。

しかし、男性としては、やっぱり料理や洗濯・掃除がきちんとできる女性は魅力的です。

家がすっきりと片付けられていて、掃除が行き届いているキレイな家、料理が美味しいなど、こういった家事が得意な女性とは結婚生活がイメージしやすくなるからです。

いつも高価な料理を作るというわけではなく、普段食べる料理が美味しいというのは幸せにもつながります。

そういった家事がきちんとできる妻は、夫も自慢したくなります。

家事育児ができるようになるには、やはり日頃の習慣が大切です。

一人暮らしをしている人はいやでも家事・洗濯・料理をしなければなりませんが、実家にいるとそういうわけにもいきませんよね。

実家暮らしの方はなかなか難しいかもしれませんが、日頃親がやってくれることを手伝ってみることから始めてみましょう。

たまに料理をしてみたり、週末は掃除や洗濯をちょっと頑張ってみるというふうに、少しずつ習慣化していくと家事や料理が身についていきます。

 

特徴3:おたがいの価値観が一緒、相手を尊重できる

結婚するときには価値観が一緒、似ているかどうかも重要です。

結婚すれば、一生を共にすることになります。

一生を共にしていくには、価値観が似ているほうがよけいな言い争いをせずに済むことが往々にしてあります。

まったく正反対の価値観の人が結婚することもありますが、それはお互いに尊重しあう・認め合う関係性があってこそです。

自分が楽しいと思っていることを、はたから嫌な目で見られたら、それはたまったものではありませんよね。

そういった意味では、本音をきちんと言ってくれる女性というのもポイントになるでしょう。

いつも我慢していたり自分の本音を言わないと、相手の男性も「俺の妻は本当に自分に心開いてくれるのかな…」と不安になってしまいます。

もちろん本音を言うにしても、程度はあるでしょうが、わがままとは別の問題で本音で語ってくれるということも結婚には必要でしょう。

本音で語ってくれることによって、お互いの距離を縮め、歩み寄ることができるというものです。

お互いの違う価値観をなかなか一緒にすることはできません。

つきあっている段階で価値観が全く違うということがわかったら、相手の意見を尊重する練習をつけてみましょう。

自分の意見と相手の意見が違うことはどうしようもないので、相手のことを認める・尊重しあうことが大切です。

あるいは、まだ恋人がいない人は、価値観が一緒の人を探してみるのもいいでしょう。

好きなことや結婚観が一緒の人であれば、結婚するまでの期間も短くなります。

もし価値観が一緒の人との出会いがないのであれば、Facebookを活用したpairs婚活サイトのゼクシィ縁結びなどで婚活をしてみるのもオススメです。

 

特徴4:家族とうまくやっていけることができる協調性、思いやりがある

「結婚したいと思っていた女性はいたけど、その女性は我が強くて、わがままな女性でした。」

「いざ結婚の話が進んでいくと、結婚するにあたっていろいろなことに対して無理な要求を言うようになりました。」

非常にめんどくさいとは思われるかもしれませんが、結婚では夫の親や親戚とうまくやっていかなければなりません。

結婚するのに対して、男性は安らぎや癒しを求めるようになります。

恋愛ではドキドキしたいと思いますが、家庭ではやっぱり落ち着いた安らぎが必要です。

毎日家にいても、四六時中どきどきしていたら正直疲れてしまいますよね。

それよりも疲れを癒してくれる女性のほうが結婚したいと思ってもらえるでしょう。

仕事で疲れた状態で帰ってきた場所が、癒してくれるような家庭を望んでいます。

その安らぎが満たされないような女性には結婚を考えることができません。

ようするに、家庭的な女性が結婚できるというわけです。

結婚は当事者2人だけでするものではなく、親や親戚などまわりとの関係性も大切です。

わがままを言ってくる女性を好きな男性もいますが、結婚となると話は別だということになります。

結婚してからもわがままを言われたら、夫はたまったものではありません。

夫としては、おしとやかで夫のことを癒してくれる妻が一番です。

いつまでもかまってちゃんでは結婚できません。

遊びとしてはそれでいいのですが、結婚して家庭を築くのは安定・癒し・安らぎのある女性です。

協調性を持って、男性の意見も尊重できるようにするためには、相手がどんなふうに考えているのか、どんなことをしてほしいのかを想像してみるのがいいでしょう。

自分のことばかりでなく、相手のことを考えることで、はじめて思いやり・協調性というものが発達していきます。

たとえば、誰かとケンカしてしまったときに、自分の意見が絶対に正しいと思うのではなく、

「相手のそういう意見も一理あるかも?」というふうに、相手の立場にたって考えてみる練習をしてみましょう。

 

特徴5:無駄使いをせず、家族のためにお金をやりくりしてくれる

男性と同じように、結婚できる人は経済的に安定感のある女性です。

付き合うだけなら、お金を使って遊びまわるのも良いかと思います。

しかし、家庭をともにするとなると、自分だけでなく結婚相手のお金にたいする意識も重要になります。

自分のお金でいろいろなものを買ったり遊んだりするだけなら良いのですが、それが家庭の経済状態も圧迫してくるとなると、しんどくなってしまいます。

結婚は一生を共にすることなので、金遣いの荒い女性は敬遠されてしまいます。

ブランド物のカバンや、流行ばかりを追いかけた服装を買い替えたり、友達とおいしいものを食べに行ったりとか海外旅行などの派手な遊びが好きな女性は結婚相手としてみなされません。

愛しているからといって、いくらでもお金を使っていいというわけではありません。

現実的に家庭事情も考えてやりくりをしていかなければなりませんし、そういったものを考えるのは女性の役目になることが多いです。

自分のためにばかりお金を使うような女性と、結婚したいと思う男性なんていません。

家庭のため、子供のためにお金をどうやりくりすればいいのかを、考えてくれるような女性が好まれます。

「お金使いが荒いかもしれない…」という自覚のあるひとは、いちど節約を頑張ってみるのもいいかと思います。

自分の収入と支出をちゃんと把握できるように、家計簿をつけてみるのもいいでしょう。

節約をするときのポイントは、最初にまず決まった金額を貯金してしまい、後の残ったお金で1ヶ月の生活費を考えてみることです。

どこに自分の無駄遣いがあって、何にお金を使いすぎているのかを知ることができれば、お金の管理をしっかりできるようになります。

 

男性がおもわず「結婚したい!」と思う女性の特徴まとめ

・彼女にしたいと思う女性と、結婚したいと思う女性は別もの

・女性は歳をとればとるほど、結婚するのがむずかしくなる

家事、料理が一通りできること

おたがいの価値観が一緒、相手を尊重することができる

家族がうまくやっていけるように協調性、思いやりがある

無駄使いをせず、家族のためにお金をやりくりしてくれる

▼まずは無料でためしてみてください▼

いい出会いがなくて困っている方は、婚活サイトのゼクシィ縁結びを使ってみてください。

ゼクシィ縁結びを使えば、すぐにでも結婚相手探しができるようになります。

大手企業のリクルートが運営しているので、安心・安全への取り組みは徹底しています。

会員登録も無料ですので、まずはおためしで利用してみるのがおすすめです。

「早く結婚したいのに相手が見つからない…」と悩んでいるのに使わないのは損していますよ。

会員登録は3分で完了します。

▼ゼクシィ縁結びを使ってみる▼
ゼクシィ縁結び
ゼクシィ縁結び