%e6%82%a9%e3%82%80%ef%bc%92

「アラフォーの婚活ってどれぐらいから高望みになるの?」

「まだまだ結婚できるチャンスがあるなんて、勘違いなんだろうか…」

30台後半から40代前半の独身でも、結婚できる可能性があるのかどうか知りたいですよね。

このページでは、アラフォー女性の婚活における現実について、体験談も交えながら書いてあります。

 

高望みしすぎると婚活は失敗します

アラフォー独身女性の婚活は、決して簡単なものではありません。

よく、結婚したくなったときがその人の結婚適齢期だと言う人がいますが、それが単純に当てはまるのは男性だけです。

男性とは違い、女性には出産適齢期というものがあります。

健康な赤ちゃんを安全に産むためには、30代までに出産を終わらせておくのが望ましいです。

医学が発達したおかげで、アラフォーになってから出産する人が、昔に比べるとかなり増えました。

しかし、40代に突入すると、少しずつ更年期の症状が現れてくるようになります。

完全に閉経するのは50代以降になってからですが、ホルモンバランスが変化するため、妊娠しにくくなります。

また、うまい具合に妊娠することができたとしても、流産する確率が高くなります。

そもそも、産後の育児に耐えられるだけの体力が残っていないという現実な問題もあります。

そのため、自分の子供を持ちたいと望んでいる男性からは、最初から結婚相手として見てもらえなくなってしまうのが実情です。

アラフォー女性と結婚したいと望む男性が全くいないわけではありませんが、離婚経験者や中高年が大半を占めています。

特に多いのは、1人で子供を育てているシングルファーザーが結婚相手として望むケースです。

1人のままでいるのは寂しいけれど、若い女性と再婚して腹違いの子供ができてしまうと、前婚で生まれた子供がつらい思いをしてしまうのではないかと考える男性が少なくありません。

子供は作らないという、約束した上で結婚するという方法もありますが、まだ子供が産める年齢の女性だと途中で気が変わってしまう可能性が高いです。

また、自分の都合で相手から出産の機会を奪ってしまうことを申し訳なく感じる男性も多いです。

そのため、妊娠の可能性自体が低くなっているアラフォーをターゲットにして婚活を行う男性もいるということです。。

それ以外では、子供を持たない生活を望んでいる男性や、老後生活を共に過ごすパートナーを探している男性もいます。

結婚相談所に登録してみるとわかりますが、40代男性の多くは、20代もしくは30代の相手を求めています。

したがって、アラフォー女性の場合は、自分よりも年上の男性か結婚歴がある男性の中から、結婚相手を選ぶことになるケースが多いです。

年齢が若い頃は、自分を取り巻く状況に多少変化があったとしても、比較的簡単に順応することができるものです。

しかし、年をとるにつれ、そうすることが難しくなってゆきます。

自分だけでなく相手にも同じことが言えるのですが、これまでのライフスタイルを変えることは、とても大きなストレスになります。

改めて言うまでもないことですが、結婚後は自分のペースで好き勝手に生活することができなくなることを知っておかなければなりません。

何かを食べる場合は相手の好みも考慮しなくてはなりませんし、インテリアを選ぶ際にも相手の希望を確認する必要があります。

10代や20代であれば割りと簡単に相手に合わせることができますが、40年近く生きていると自分の好みがガッチリと固まっているのが普通です。

無理に相手に合わせようとしても上手くいきませんので、ものの考え方や価値観が自分に近い男性を選ぶことが大切です。

ちなみに、アラフォー女性が婚活で失敗する最大の原因は、相手の男性に高すぎる条件を求める点にあります。

慌ててカスを掴んだと思われたくないとか、せっかくこの年まで独身できたのだから周りがうらやむようなエリートと結婚したいなどと考える人がとても多いです。

自分の現実を客観的に見ようとはせずに、理想ばかりを追求する人は、婚活を成功させることができません。

ただし、自分のことを必要以上に低く評価する人も、婚活で失敗しています。

婚活で成功できるアラフォー女性には、自分の現実を客観視できるという共通点があります。

見栄やプライドにとらわれず、自分自身の価値を正当に評価することができる人は、無事に結婚相手を見つけることができています。

また、成功組のアラフォー女性には、自分で適当な落としどころを見つけることができるという特徴もあります。

年齢的に不利な立場にあることは事実ですが、どうしても譲れない条件の1つや2つはあるのが当然です。

そのゆずれない条件さえ満たしていれば、他の部分については妥協することができるという合理的な考え方をすることができる人が、婚活の勝者になっています。

 

自分の足りていない部分をしっかりと見極めること

アラフォーにもなると、だんだん周囲の状況が変わって来て、婚活に対しても真剣に考えるようになります。

自分の幸せを決めるのは、自分自身ですが、後で悔いが残らないように結婚への道を一度真剣に探ってみることが必要です。

女性の幸せは結婚だけではありません。

ただ、自分の人生を戦略的にイメージしたときに、パートナーの存在と子供を持つのかどうかということだけは外せない要素なのはたしかです。

また、婚活は貴重な人生経験にもつながります。

結婚という人生の大きい選択のために、おたがいに本音でぶつかっていく数少ない機会でもあります。

婚活は、運命の人などというと大げさですが、将来のパートナーの理想像を具体的に形作っていく作業でもあります。

子供の頃は、誰しも童話に出てくるような白馬に乗った王子様を想像するかもしれません。

でも、成長して自分も変わり、大人になって自分の生き方が少しずつ見えてくると、理想のパートナー像も変わってくるものです。

自分が今働いている職場が気に入っていて一生続けたいと思っているなら、それを叶えてくれる相手でなければ結婚は考えられません。

家庭を第一に考え、家事子育てに専念したいと考えるなら、その生活を支えてくれる仕事第一のお相手を探さなければなりません。

厳しいことを言うようですが、男性にとって自分が女性としてどのくらいの価値があるのか、ということも合わせて知ることができます。

巷では女子力をアップさせるなどという言葉が溢れていますが、ただやみくもに手当たり次第に女子力をつけていたのでは効果が半減します。

自分のパートナー候補に対してふさわしい形での女子力をピンポイントでつけていかなければ、本当に女性としての幸福な人生を切り開く術にはならないからです。

そのためには、お相手にとって自分は見合う相手なのかどうか、足りていない部分があるとすればそれはどういう部分なのか、ということをしっかりと見極めなければなりません。

婚活を始めると、そこには自分の知らなかった世界を目の当たりにします。

男性が、どういう女性を求めているのかということがわかるのですごく勉強になります。

あなた自身が思う自分の長所に加えて、相手が求める部分をもっと強化することができれば、婚活をより有利に進めることができます。

アラフォーであることが婚活おいてハンデになるかと言えば、一概にそうとは言い切れません。

なぜなら、自分の責任で仕事を持ち生計を立て、現実を痛いほど知っている女性への需要は少なからずあるからです。

若い女子は、魅力的な部分も大いにありますが、結婚に対する考えが甘く、現実とはかけ離れた幻想を抱いている場合があります。

実際には、結婚は日々の生活ですから、お互いの生活を維持していく地に足のついた考えが必要です。

社会で働く厳しさを知っている女性は相手を思いやる心を持っていますし、うぬぼれのない素直な女性は相手に対して自分を選んでくれた感謝の気持ちを忘れないはずです。

そういう人間としての懐の深さは、自然と表情や態度に表れてくるものです。

男性が心の底からリラックスできる空気感というものは、作ろうと思っても簡単に作り出せるものではありません。

アラフォーという年齢をネガティブに捉えて、婚活に尻込みしてしまっている人がいるとしたら、それはとてももったいないことです。

平均寿命は男性より女性の方が長いことは有名ですし、成熟した女性の方が知能の高い子供が生まれる確率が高いことも知られています。

きちんとした大人が、考え抜いて結婚に至るということは、簡単に離婚するというような心配もありませんし、比較的安定した結婚生活が送れるとも考えられます。

見方を変えて、ポジティブ要素を考えるとたくさん出てくるというわけです。

ですから、アラフォー女子が婚活する際には、ぜひ自分に自信を持って前向きになって欲しいものです。

やはり、人から学ぶことというのも多いもので、一生懸命男性と会って話す体験を通して何らかの得られるものが必ずあります。

それが小さい気づきでも、たとえ大きな落胆であったとしても、それは必ず将来の自分の役に立つものです。

結婚がゴールではなくても、人生を切り開くために起こした婚活は、幸せな未来につながっています。

 

結婚したいなら見た目だけでなく、内面の魅力も磨くこと

結婚をしたいと意識したときに、相手がいない場合には婚活の必要性が生じます。

アラフォーになって初めて、人生、そして結婚を真剣に考える様になるというケースもあります。

アラフォー女性の婚活は、各人の性質によっても考え方を少し変換する必要性が出てきます。

自身が年齢を気にしない状況の場合、若い頃の自分に思いを重ねている人も見られます。

人は誰でも経験によって学ぶことになりますが、若い頃に異性とも楽しめた状況などの思いにふけってしまうこともあるでしょう。

そこに少しブランクがあると、自身の若い頃の経験だけが現在のアラフォーに持ち越されます。

つまり、現実を見ていないことがあるのです。

周囲が、アラフォー女性を意識し、そこに求める理想なども存在するのです。

社会人としても、ある程度の社会的経験を積み重ね、大人の女性という周囲からの視線があります。

その様な環境や印象の中で、現実を真っすぐに受け止め、婚活を進めていくことが必要でもあります。

もちろん、自分らしさを失う必要はありません。

ただ、年齢を考慮した場合、例として男性からは包容力が求められる可能性なども読み取れます。

偶然の出会いを含む、自由恋愛の中で婚活を進めるのであれば、相手の心理状態を読んで行動することも大切です。

アラフォー女性に対して、大人の女性という周囲からの意識がもたれる場合は多くあります。

元気な性格、多少暗い性格などであっても、経験からくる包容力を示す場面も必要です。

そして、まずは相手の話には聞く態勢を整え、自分の経験からくる対応で相手と接することができます。

社会経験を積んだ大人の婚活には、人としての魅力が異性を引き寄せることになります。

人として魅力がある人には、人が集まる傾向があります。

最初のステップは、人に関心を抱かせる様なアプローチで始まり、取捨選択はその後に行うことで適切な相手に寄り添うことになります。

自分を磨くことは、出会いを多くする可能性を有しています。

アラフォー女性の婚活の方法としては、パーティーに参加する、結婚相談所に登録する、婚活サイトを利用するといった方法があります。

婚活パーティーは、出会いを求めることを目的としています。

結婚が意識されている場合もあります。

希望によって、様々な条件のもとに参加できますので、パーティーの条件がクリアできれば出会いを深める場所になります。

パーティーが開催されるのは、やはり都心部などの人口が多い場所という場合が多くあります。

情報を探って検討してから、都心部のパーティーなどに参加するということもできます。

初めて参加する場合には、躊躇してしまう気持ちが出る人もいます。

でも、実際に参加をして見てみないことには、実情を知り、今後の戦略を立てることにつながりません。

一方の結婚相談所を利用する方法は、複数の相談所が存在していますので、情報を分析して会員登録することで婚活がスタートできます。

会員登録をしている人が最終的に目指すのは、結婚です。

結婚相談所の存在意義としても、会員の人が成婚することを目標に活動することになります。

携わるすべての人が、結婚に向けて動くという場所でもありますので、有効手段の一つとして数えることができます。

結婚相談所の場合には、結婚を望む人の情報が多く存在しており、自身から相手への希望や条件を設定して選別を行うことができます。

ただ、傾向として若い年齢の方が、引き合う相手の候補が多くなる傾向も見られます。

そこで必要になるのが、結婚力を上げるための努力です。

結婚相談所によっては、自身の魅力を最大限に引き出すために、セミナーなどを実施している場合も多くなっています。

自身が身につける服装一つをとっても、個人の顔に映えるパーソナルカラーを勉強できるセミナーなども実施されます。

結婚相談所は、オートマティカルにマッチング作業をしてもらえる場所という受動的な態度で利用するより、自主性をもった利用が効果的です。

自分の魅力を引き出し、自身をブラッシュアップできる様にしていく努力ができる場所として利用すると、利用価値もさらに高まります。

あるいは、婚活サイトを使ってみるのもいいでしょう。

婚活サイトはスマホさえあれば、いつでも結婚相手探しができるようになります。

大手企業のゼクシィが運営する婚活サイト「ゼクシィ縁結び」や、マッチングアプリのハッピーメールを使ってみるのもいいでしょう。

ただし、相手に会う前にきちんとメッセージやラインのやりとりをして、しっかりと相手のことを見極めることが必要です。

 

結婚したいなら子供はあきらめることも必要

アラフォー女性が婚活を始めるにおける実態や現実について説明していくと、1つめの理由として老後のことを考えることが多いです。

若いうちは独身でも良いと思っていても、アラフォーという年代になると自分の老後を考える傾向があります。

今という現実を踏まえつつも、将来のことを考えて自分の夫を婚活で探すということが多いです。

アラフォー女性の婚活の実態や現実として、結婚相談所を利用していろいろとサポートを受けることができます。

実際に結婚相手を探すための施設となっているため、結婚を希望する気持ちがあれば年齢は不問です。

また、アラフォーという年齢や世代になれば、ある程度安定した収入があります。

結婚相談所は入会費や月謝などが発生し、10万円以上支払うケースも多いです。

自分の力ではどうすることもできないため、結婚のプロの力を借りて婚活を行っていきます。

そして、もっと手軽に始めたいという場合において、趣味婚を活用するという方法もあります。

結婚相談所よりも低価格で利用できるほか、自分と共通する趣味の相手を見つけることが可能です。

初対面の人でも趣味が同じであれば、相手との会話も弾みやすいというメリットがあります。

また、場所の提供や機会についても、運営会社がすべて手配してくれることもポイントです。

趣味婚を行うにいたって、イベント参加は基本的に先着順となっていることが多いです。

これが趣味婚を始めるにおける注意点となり、自分が興味あるイベントを見つけたときには早めに行動することが重要です。

一般的にアラフォー世代に需要や人気がある趣味として、料理や旅行などが多いです。

一緒に共同作業できる趣味を見つけることが、効率良く結婚相手を見つけるために秘訣となっています。

なお、趣味のレベルについては不問となっており、プロ級に覚える必要はまったくありません。

あくまでも趣味となっているため、気軽に始めることができるくらいのレベルで大丈夫です。

このようにお金をかけて動く場合には、結婚相談所へ登録して相手を見つけると効率が良くなります。

一方で、あまりお金をかけずに探したい場合には、趣味婚と呼ばれる自分と同じ趣味を持つ異性を見つけるイベントがおすすめです。

アラフォー世代の女性が婚活を行う場合の方法として、結婚相談所や趣味婚などを活用することが多いです。

ですが現実にはただ登録するだけではなく、登録後に色々と注意をしないといけないことがあります。

特に重要なポイントとして、相手にあまり高望みをしないということです。

実際に結婚するに至って、相手の年収や収入を重要視する傾向が強くなっています。

しかしアラフォー世代の女性が婚活を行う場合には、あまりより好みをしてはいけないということです。

若い世代ではないので、相手に求める結婚条件についてある程度妥協も必要です。

同じアラフォー世代の男性についても、低年収であることがコンプレックスになっていることが多いです。

なので、年収500万円以上と高額にするのではなく、安定した収入があると条件を緩める工夫も必要です。

自分が高収入である場合には、結婚相手に求める男性への年収を平均より下げる工夫もポイントです。

このように、収入面である程度妥協することで、自分の理想に近い男性にめぐり合う確率が高くなります。

安定した収入を求めることは重要ですが、相手の雇用形態についても同じように妥協が必要です。

結婚を希望する男性の中には、雇用形態が正社員ではなく契約社員というケースもあります。

非正規雇用であってもある程度の収入がある場合には、雇用形態について妥協する心の広さを持つことも大切です。

そして、アラフォーという年齢であるため、子供を産まないという決断も必要です。

高齢出産となると、女性の体に何らかの悪影響が出てしまうことがあります。

婚約後、必ずしも子供を持つ必要はなく、夫婦仲良く暮らすことも一つの選択肢です。

なので、結婚相手を探す場合において、子供を持たないという選択肢を入れることも重要です。

このようにいろんな形で妥協していくことで、より効率良く婚活できるようになります。

特に男性へ求める収入や年収を妥協することによって、成婚という可能性が大きく上昇します。

ではここで、実際にアラフォーになってから婚活を始めた方々の体験談を見てみましょう。

 

「40代に入ってから将来が不安になったことが本気で婚活を始めたきっかけです」 40代前半 Oさん

アラフォーの女性が婚活するときには、足元をよく見て、現実を認識しながら動く必要があると感じます。

私は、もともと結婚願望が強い方ではなかったのですが、40代に入ってからだの不調が出てきたことで現実を見る様になりました。

30代後半では、友人と海外旅行を楽しむ、結婚の話をすることがあっても、まだ焦りなどは無かった心理状況でした。

正直、ある程度の生活を維持していれば、何とかなるだろうくらいにとらえていました。

結婚ではなく、人生自体が何とかなるだろうと思っていたのです。

しかし、40代に入ってから突然からだに変調をきたし、重症なものではないにしても、アラフォーの現実を感じました。

からだが年老いてくるというのは、本当にある日突然感じるものなんだという実感です。

そこから、現実としての自分以外にも、親の事を考えることもあれば、一人だと人生に不安が大きくなるかもしれないと感じ出しました。」

「ただ、婚活を行うにも、たとえばパーティーなどに一人で参加するのが心許ないと思っていたので、私は婚活に友人を誘いました。

同じ様にアラフォーの女性です。

まずは、アラフォーの婚活パーティーに参加する様になりました。

私は、現在でも働いていますが、仕事をする生活の中で土日を利用してパーティーへの参加を実施しました。

土日に久々にやや心ときめき、そして緊張する様になって、少し気持ちにフレッシュ感が出たのを覚えています。

当初は、結婚を意識するというより、一緒に将来を語れるくらいの相手を探すつもりでした。

まだ婚活パーティーの利用の仕方もよくわかっていなかったので、相手の男性たちもアラフォーというパーティーでした。

男性、女性共に、グイグイ前に出るタイプの人は数名どこのパーティーでも拝見しましたが、いたって全体的に会話は非常に落ち着いた状態でできました。

パーティーに参加した結果は、連絡先を交換して、実際にプライベートで会った人も複数名います。

でも、最終的に結婚には至りませんでした。

会った男性との会話を進める内に、結構おたがいに抱えるものが大きいということに気づいたんです。

「私の場合、親が年齢が高くなってから生んだ子供だったので、親の年齢も高かったのです。

同時に、相手の親の年齢も高いケースもあり、現実を考えると明るい内容ばかりでは無かった背景もありました。

アラフォー女性の婚活として、私はパーティーなどに参加したのですが、現実を実感してからはしばらくパーティーへの参加もしなくなりました。

でも、その後は友人のすすめもあって、結婚相談所に登録をしました。

婚活パーティーに参加する、結婚相談所に登録して気づいたこともあります。

つまり、婚活には、自主性をもって条件設定をすることもできる、しなければいけないということです。

パーティーなどに参加する場合にも、もっとさまざまな内容の催しに参加すれば良かったと思います。

私が参加していたのは、自分のアラフォーを意識し過ぎて、相手もアラフォーなどの場所でした。

たとえば、年上女性とのパーティーなどもあることを後から知って、リサーチが足りなかったと思いました。

一方で、結婚相談所の場合には、個人情報において希望条件を設定できます。」

相手の職業を限定することも可能ですし、相手も私個人に対して条件の設定で選別を行うのでおたがいがイーブンな環境です。

年下の男性が好みという訳ではないですが、自分の年齢を気にして相手も同じ様な年齢の人を選ぶ必要もないのです。

結婚相談所の場合には、結婚に対する意識が高い人が多く会員登録をしていると感じます。

知り合ったときには、相手も結婚を意識しながらお付き合いをすることになります。

私の現在の夫は、結婚相談所で知り合った年下の男性です。

彼の条件は、相手の年齢に大きな縛りがありませんでした。

私は、男性をグイグイ引っ張っていくタイプではありませんが、彼とは会ったときから話にズレを感じませんでした。

実際には、付き合って1年ほどで結婚しましたが、結婚についてはお互いに当初から意識していたと思います。

アラフォーで婚活をしてみて思うこともあります。

日ごろ結婚を余り意識しない人、あるいは若い頃から結婚を余り考えない人は、少し現実を見るクセをつける必要もあると思います。

とにかく、年を重ねるのは速いです。

速度も年々増します。

事情は個人で様々にあると思いますが、結婚を意識する様になったら、有効な方法は取り敢えず早めに使ってみることが得策だと思います。

 

「40間近の私でも結婚できました」30代後半 Uさん

女性は、年齢を重ねると、圧倒的に結婚しにくくなります。

これは、出産年齢があるためで、アラフォーで結婚しても、子宝に恵まれない可能性は非常に高いです。

男性にとって、結婚のメリットは、自分の家庭を築き、子孫を残すことにあります。

少なくとも、そう考える男性は多いのです。

私は、38歳のときに婚活を始めたのですが、驚くほど、男性からの申込件数が少なかったです。

ネット婚活の場合、最初にコンタクトをとる仕組みがあるのですが、男性は、こぞって20代の女性にコンタクトをとっていました。

顔写真を公開している場合、必ずしも綺麗とは言えない20代の女性でも、コンタクトの数は少なくありません。

一方、美人でもアラフォーになると、極端にコンタクトの数は少なくなります。

美人の場合、もっと良い人がいるはずと考えて、自分に連絡をくれた人を断る傾向があります。」

「私もその一人でした。

若いころ、もてはやされていたために、年齢を重ねた今でも、自分には需要があるはずだと誤解し、年収の低い男性をはじいていました。

そんなことをしているうちに、ついに誰からもコンタクトをとってもらえなくなりました。

自分からコンタクトをとらないといけない事態になり、自分から相手にメッセージなどを送りましたが、何人から無視されたか分かりません。

アラフォー女性の婚活は、これが現実なのです。

ネット婚活に限界を感じたので、結婚相談所に行きました。

この年まで独身で働いていたため、お金には余裕があり、一月に一万円以上のお金がかかる結婚相談所にも通うことができました。

結婚相談所の担当者に、自分が理想としている男性の条件を伝えるのですが、ほとんどマッチングする人が見つからなかったときには、驚きました。

相手の男性は、自分自身が40代であったとしても、相手には20代を希望しており、30代後半で良いと言っている男性は、50代など、もっと年配の人に限られてくるんですよ。

しかも、50代の男性は、ほとんどが再婚を希望している方でした。」

「初婚の相手を求めている自分には、再婚の方を紹介されても困る状況でした。

そこで、年収の条件などを緩め、なんとか、紹介してくれる人を見つけました。

何人かの方とお会いしましたが、外見が悪い人が多く、とても結婚を考えられる状況ではありませんでした。

コミュニケーション力に問題があり、何をしゃべっているのかわからない人や、自分の趣味についてずっと語り続ける人など、個性的な人が多かったです。

中には、生理的に受け付けず、相手と話しているうちに気持ちが悪くなってきて、途中退席させていただいたこともあります。

無理して活動を続けることに嫌気がさしてきました。

しかも、結婚相談所の料金は、年齢が上がるにつれて、月謝が高くなるシステムでした。

年齢が上がった女性は、結婚できる確率が減るため、月謝も高くなるということでした。

みじめな気持ちが襲ってきて、かといって、ここであきらめてしまったら、本当に結婚できないし、子どもも持てないと思い、毎日限界の中、活動を継続しました。

「そうしているうちに、偶然、友達の紹介で今の旦那さんと巡り合うことができました。

奇跡のような話です。

その方は、年齢が40代で、絶対に出産してほしいという希望を持っていませんでした。

そのため、40代間近の私のことも受け入れてくれ、お付き合いから一年たたずに結婚することが決まりました。

40代近い女性が婚活をするのは正直大変です。

婚活市場は、若くてきれいな女性に有利にできています。

自然な出会いに固執して、婚活を後回しにしていると、理想の相手を選ぶどころか、誰からも選んでもらえない事態になりかねません。

自分では、まだいけるつもりでも、確実に見た目は衰えてきます。

そんな衰えを感じる前に、自分から婚活をするようにしましょう。

早めに始めれば、いい人に出会える確率はぐっと上がります。

また、アラフォーになってしまった方は、あきらめずに、とにかく出会いの数を増やすよう、がむしゃらにいろいろな婚活をすると良いです。

数は少なくても、子どもを欲しない男性もいますので、そのような場合には、一般的な恋愛をして、素敵な結婚をすることも可能です。」

 

「アラフォー婚活の現実はなかなか厳しいかったです」40代前半 Hさん

「アラフォー女性の婚活は大変です。

まず、なんといっても年齢がネックになることです。

私は結婚相談所で、良い顔をされなかった経験があります。

今でこそ、中高年の婚活サイトが存在しますが、20代、30代以外は問題外という状況でした。

ただ、同じような話は、今でもよく聞きます。

男性が40代でも歓迎されるのに、女性は39歳以下という現実も結構あるのです。

女性だけが年齢ありきで切り捨てられるのには合点がいきません。

年齢が上であることで、魅力が失われるというのもおかしな話です。

しかし、結婚相談所でも、話を聞いてくれる所がでてきました。

主に30代以上に絞ってお見合いを進めている相談所なのですが、会員登録をする前の面接がしっかりしていました。」

「趣味、特技だけでなく、結婚後はどのような家庭を築きたいのか、子供のことはどのように考えているのか等、100近くの項目について聞かれました。

もちろん、相手に対する要望もありました。

相手が再婚という場合でも受け入れられるかという項目もありました。

私は、場合によるとだけ答えました。

離婚したことで人間性を否定するつもりはありませんが、私がこんな答え方をしたのにも理由があったのです。

私の父親が自分勝手であったため、母は離婚に踏み切ったのです。

この記憶が長いこと私の中で尾を引き、離婚する男は問題ありという考えが抜けきれなかったのです。

しかし、この考えは間違いであると、後になって気づくのです。

事実、その結婚相談所では、所謂バツイチの男性が多かったです。

「私の最初の紹介相手もそうでした。

しかし、実際にあってみると、とても紳士的な人でした。

残念ながら、その人とはお付き合いに至りませんでしたが、彼に会えたことは有意義だと感じました。

自分はバツイチであることも隠さず話してくれて、そのことが自分のおごりによるものであることも話してくれました。

彼は、離婚によってさらに成長していることも感じ取れました。

私は、最初の登録内容を訂正し、離婚男性もOKということにしました。

この決断をするかしないかで、出会いの機会も増えると考えたからです。

そして、次なるお見合いにのぞむことになるのです。」

次のお見合いの相手は、私より年下で、38歳ということでした。

とても無理だと思いました。

若々しくスポーツマンタイプで明るく、誰にでも好かれるタイプ、そう私には見えました。

彼はバツイチではありません。

しかし、そんな彼も色々な悩みを抱えていました。

誰かと話がしたい、彼がそう言ったとき、何か手助けをしたくなりました。

仕事のこと、これまで経験した失恋のこと、彼は包み隠さず話してくれました。

もっぱら聞き役にまわっていた私ですが、これといった励ましの言葉もなく、申し訳なく思いました。

しかし、何回目かに会ったとき、話を聞いてくれたことにお礼を言われたのです。

自分が背負っていたものがいっぺんに荷下ろしできた気分と言うのです。

私としては、何も特別なことはした覚えがないのですが、彼にとっては良い気晴らしになったそうです。」

世の中には、聞き役に徹することで上手く行く出会いもあることが分かりました。

そして、正式に交際を始めることになりました。携帯のメールアドレスを交換したのもこの時です。

その後は、週に1回の割で会うことになったのです。

実際に付き合うようになると、彼がとても気さくな性格であることが分かりました。

こんな素敵な男性が相手がいないなんて信じられないとも思いました。

しかし、彼が言うには、他人が考える自分と自分の本当の姿は違うといいます。

彼の強いと思われる所が、実はそうではないと彼は言います。

今までろくろく男性と付き合ったことがない私には想像できませんでした。

しかし、彼の話を聞くのは、何か興味をそそられました。

何の変哲もない話でも面白く感じるのです。

そんな彼の話を聞き続けるうちに、自分も彼を少しづつ好きになっているのが分かりました。

そして、交際から半年後、ついに彼からプロポーズを受けることになったんです。

結婚相談所からは支援もしてもらいました。

しかし、彼との出会いが上手く行ったのは、自分の気持ちが出せる相手だったからと考えています。」

▼まずは無料でためしてみてください▼

最近いい出会いがないという方は、ゼクシィ縁結びを使ってみてください。

ゼクシィ縁結びを使えば、すぐにでも結婚相手探しができるようになります。

大手企業のリクルートが運営しているので、安心して利用することができます。

会員登録が無料なので、まずはどんな人がいるのか見てみるだけでもいいでしょう。

「早く結婚したいのに相手が見つからない…」と悩んでいるのに使わないのは損していますよ。

会員登録は3分で完了します。

▼ゼクシィ縁結びを使ってみる▼
ゼクシィ縁結び
ゼクシィ縁結び(登録にはメールアドレスが必要です)