結婚式

「婚活が全然うまくいかないんだけど、どうしたらいいの?」

「婚活してたけど、結婚できなくてもう疲れた…」

早く結婚したいのに、なかなかうまくいかないとうんざりしてしまいますよね。

しかし、そんな方でもこのページに書かれていることを参考にすれば、きっと理想の結婚相手を見つけることができるようになります。

このページでは、婚活がうまくいかない男女に向けた、結婚するためのアドバイスが細かく書かれています。

 

まずは自分の婚活がうまくいかない原因・理由を知ること

婚活がうなくいかないと、だんだんと焦ってきてしまいますよね。

それがいらだちになってきたり、不安やストレスを感じてしまう人も少なくありません。

あげくの果てには、婚活疲れから体調を崩してしまうことだってあります。

婚活に必死になりすぎると、逆に余裕がなくなって失敗続きになってしまいます。

まさに婚活における、負のスパイラルと言ってもいいでしょう。

矛盾しているように思われるかもしれませんが、婚活では「絶対に理想の相手と結婚してやる!!」と思うと結婚できません。

逆に、「婚活を通じて、どうすれば結婚できるのか、自分を魅力的に見せることができるのか頑張ってみたい」という姿勢でいると、理想の相手と結婚できるようになります。

結婚にたいして条件ばかりを気にしすぎると、「どうせ私のことが好きなんじゃなくて、条件がいいから結婚したいんでしょ?」と見透かされてしまいます。

結婚は夫婦として共同生活を営むことであり、一生をともにすることを誓い合うことでもあります。

男性も女性も、現代では共働きをしつつも、家事・育児を分担して、協力しながら結婚生活を続けていくことが多くなってきています。

婚活でも相手を思いやる心配りが必要です。

相手の話も聞かずに、自分のことばかりアピールしても、なにも効果はありません。

では、どうすれば結婚できるのかを見ていきましょう。

 

自分が本当に望んでいる条件だけを知って、高望みし過ぎないようにする

男性も女性も昔はモテていたとか、勘違いしている人に多いのが高望みしすぎというパターンです。

ちゃんと現実と自分をしっかりと見つめましょう。

昔はモテていたという記憶があったとしても、今は今です。

自意識過剰な態度でいると、相手もどんどん引いていってしまいます。

婚活において、上から目線はまったく必要ありません。

上から目線でいることに、メリットなんてひとつもありません。

婚活がうまくいかない人の中には、プライドが高い人がいます。

「私ってけっこう若く見られるし、若いときもモテてたからすぐ結婚相手なんて見つかるわよ。」

「私は高学歴だし、大企業につとめてるんだから、若くて美人な女性と結婚できるはず。」

いくらスペックがよくても、高飛車な態度をとられたら、相手は幻滅してしまいます。

実際に、プライドが高くて、高望みをしている人ほど、婚活がうまくいかずに結婚できていません。

 

「どうせ婚活するなら、最低でも年収600万以上の男性と結婚したい!」

「この歳まで独身だったんだから、若くて可愛い女の子と結婚したいなぁ。」

自分の条件をがんとしてゆずらない人がいます。

結婚相手にもとめる条件は人それぞれですが、あまり高望みしすぎるといつまでたっても結婚できません。

条件を厳しくすればするほど、それに見合う人と出会う確率も低くなるということです。

出会う確率も低いのに、好条件の相手にはライバルも集中します。

そうすると、どうでしょう?

ライバルと激しい競争をしなければならなくなります。

もちろん自分が十分それに見合うスペックを持っているなら勝算はあるでしょう。

しかし、高望みする人にかぎって、自分のスペックが望む条件に見合っていないことが多いです。

婚活をがんばっているのに、なかなか自分の条件に見合う人と出会えない…

そんな場合は高望みしている可能性大です。

ハードルが高すぎて、みずから出会いのチャンスを捨ててしまっています。

もちろん幸せな結婚をするためには、ゆずれない条件もあるはずです。

その条件を欲張りすぎると、せっかくうまくいく婚活も失敗続きになってしまいます。

本当に自分が望んでいることは何なのかを見つめ直してみることで、思ってもみなかったような素敵な出会いに気づけるようになります。

「私は高望みなんてしてないんだけどな…」

「普通の人と結婚したいのに、なかなかうまくいかない。。。」と思う人もいるかもしれません。

そういった方でも、自分が本当に結婚に望んでいることを知ることは、新たな価値観に気づくことでもあります。

今までの思い込みを無くすことができれば、本当に自分が大切にしている価値観が分かり、より幸せな結婚に近づくことができます。

 

そのためには、自分の生活スタイルに本当に必要なものは何なのかを、自分自身で考えてみることです。

それが経済力・安定性・価値観・趣味・外見・性格など、人によって答えは違うでしょう。

ただ、その必要としているものが相手にとっても同じように必要であることが望ましいですよね。

「せっかく婚活で出会ったんだから、少しでも楽しくいよう」という姿勢でいたほうが、結局は自分が望んだ人をゲットできるチャンスがめぐってきます。

あからさまに人によって態度を変えるような気持ちでいると、その性根が透けて見透かされてしまうことだってあるからです。

自分の条件から少しでもずれていたら即アウト!では、自分からチャンスを捨てていることだってあります。

婚活では相手の欠点ばかり、あら探しばかりていると、どんどん性格が悪くなっていってしまいます。

逆に、相手のいいところを見つけようと、積極的にコミュニケーションしていくほうが、自分の魅力を磨いていくことにもつながります。

 

自分磨きをして、相手のほうからアプローチさせる

婚活をしていて、いいなと思った人とはなかなかマッチングしないこともありますよね。

自分が気になった人とマッチングできない、断られ続けてしまうと、だんだんと自信がなくなってしまいます。

そうすると、「どうせ自分なんて一生結婚できないんだ…」とか、

「フラレてばっかりだし、もう婚活やめちゃおうかな…」と消極的になってしまうかもしれません。

たしかにそんなときは気が滅入って、婚活をがんばれなくなってしまいますよね。

そういった場合には、無理に婚活をがんばる必要はないと私は思います。

そうゆうときこそ、一度婚活から離れてみて、自分磨きをしてみるのもいいでしょう。

自分が綺麗になる、楽しめることを見つける、どんなことでもいいでしょう。

自分のテンションが上がることを楽しんでみてください。

そうすると、気持ちがすっきりして、婚活をリセットできるようになります。

一度気持ちをリセットしてしまえば、「次はちょっと違う出会いでも探してみようかな」と切り替えることができます。

・積極的に行動できる

・笑顔がステキで、表情が明るい

・考え方がやわらかく、相手の意見も尊重できる

・会話を楽しむことができる

・自分磨きをおこたっていない

 

婚活では男性・女性にかぎらず、包容力があったほうがモテます。

というのも、男性も女性も結婚にたいして、やすらぎを求めていることが多いからです。

たとえば、相手の話をしっかり聞いて、楽しく話をさせてあげる。

デートの途中でちょっとした気遣いができる。

こういったちょっとした、ささいなことが包容力につながります。

相手を気遣って、優しくできる人こそが、「この人と結婚できたらいいな」と思ってもらえるようになります。

婚活をしている人の年齢はさまざまですが、いい歳になっても親に相談しないと自分のことが決められないという人もいます。

とくに一人暮らしをしないで、ずっと実家暮らしをしている人に多く見られます。

いくら社会的・経済的に自立しているからといっても、精神的に自立していない人は結婚できません。

いつまでも親に頼っていたり、温室育ちのままではこれから結婚生活を円満にしていくことはむずかしいでしょう。

 

自分に合った婚活方法で結婚相手を探すことが大事

婚活とはいえ、楽しみながら活動できるものを選びましょう。

つらいばかりの婚活では、どんどん気が滅入ってしまうし、表情まで暗くなってしまいます。

人は自分が楽しいことをしているときが、もっとも魅力的にうつるようになっています。

自分が積極的に行動できることを見つけて、そこに全力をそそぎこむんです。

そのための婚活が、人によってさまざまです。

婚活パーティーが楽しい人もいれば、婚活サイトを楽しみながら利用できる人もいます。

結婚相談所が一番たのしく活動できる人もいることでしょう。

もしかしたら、友達の紹介・社会人サークル・趣味を生かした男女の出会いを楽しめる人だっています。

「もうこんな婚活なんてうんざり…」と思いながら続けるよりも、「とりあえず楽しく続けていけそうだな♪」と思えるものを探してみることです。

そうすれば、ポジティブに婚活できるようになり、結果として自分も魅力的に見えるようになっていきます。

婚活で失敗したことがあったとしても、すっぱり気持ちを切り替えて、別の方法にチャレンジしてみましょう。

婚活は1回ダメだったとしても、何度もチャレンジできます。

失敗したことから何か得るものがあれば、また次に生かすことだって可能です。

 

まだためしたことのない婚活方法があれば、今まで出会うことができなかったタイプの人出会えるチャンスは十分にあります。

どんな婚活方法にも言えることではありますが、婚活をしている限り、結婚願望のある相手と出会えるというメリットがあります。

たとえば、普通の出会い方では、必ずしも相手が結婚願望があるわけではありません。

結婚は自分がしたいと思っていても、相手も同じように結婚したいと思っていないとできませんよね。

しかし、婚活をしているということは、少なくとも相手に結婚する意思があることが保証されています。

なので、婚活をうまく利用することができれば、比較的早く結婚できるということです。

ただし、自分に合っている婚活をすることが必要です。

自分の性格に合っていない婚活をしていても疲れるし、しんどいだけです。

自分の性格に合っている婚活をすれば、それほど苦労せずに、しかも自分の理想に近い結婚相手を見つけやすくなります。

婚活には大きく分けて、婚活パーティー・婚活サイト・結婚相談所の3種類の方法があります。

では、どういった婚活をすればいいのか、それぞれの特徴を見ていきましょう。

 

婚活パーティーは見た目に自信がある人におすすめ

婚活パーティーとは、結婚したい男女が集まって開かれるパーティーのことです。

気軽に参加できるイベント形式のものや、落ち着いた雰囲気の個室でのパーティーなどがあります。

合コンなどのワイワイした雰囲気が好きなのであれば、イベント系の婚活パーティーを探してみてください。

もっとしっかりした静かな雰囲気で出会いたいのであれば、個室での婚活パーティーがおすすめです。

最初は婚活パーティーの雰囲気を知るためにも、カジュアルなもののほうが参加しやすいと思います。

婚活パーティーには、それぞれのコンセプトや参加条件などが決まっていることが多いです。

たとえば、20代限定・30代限定・年収や職業(年収600万以上・医師、公務員限定など)に指定があるものなどがあります。

なので、自分が結婚したいと思う条件に当てはまるパーティーに参加すれば、効率よく目当ての人を見つけることができます。

逆に、参加する婚活パーティー選びを間違ってしまうと、びっくりするぐらい成果がえられず、みじめな思いをしてしまうこともあります。

「年上の女性ばっかりじゃん…」とか、「年収はよくてもおじさんだらけ、、、」

「想像以上に堅苦しい雰囲気で、まったくしゃべれなかった。」ということもあります。

このように、最初から婚活パーティーで嫌な思いをしないためにも、どんなパーティーに参加するのかが重要です。

自分に合っていない婚活パーティーに参加しても、まったく出会いがないし、疲れるだけの無駄な時間を過ごしてしまいます。

話が合わなかったり、目当ての人がいないパーティーに参加しても、がっかりしてしまいます。

参加条件や参加者の平均年齢をチェックしてみたり、過去に参加したことのある人たちの感想を見てみることができればぜひチェックしてみてください。

婚活パーティーで出会うためには、自分の見た目に自信があることと、積極的に話すことができる会話スキルが大切です。

婚活パーティーは良くも悪くも第一印象での勝負なります。

というのも、参加人数がそれなりに多くなるでの、1人1人と話している時間が少ないんです。

ということは、自己紹介をして、少し雑談をするだけの第一印象で相手を判断しなければなりません。

逆に、婚活パーティーでは、自分のことも第一印象でしか判断されないということにもなります。

あるいは、フリートークのときに自分から積極的に話しかけることができる会話スキルも必要です。

これらのことをふまえると、見た目に自信がない・会話スキルが高くない、という人に婚活パーティーはおすすめできません。

「私は異性と話すのが苦手だから、コミュニケーションスキルを磨きたい!」という目的で参加してみるのもいいでしょう。

「婚活パーティーには参加しているけど、なかなかうまくいかない」と感じている人は、別の方法を試してみましょう。

婚活パーティーでうまくいかなかったとしても、落ち込む必要はまったくありません。

他の方法で結婚相手が見つかればいいので、気持ちを切り替えて行動していきましょう。

 

婚活サイトはコツコツ結婚相手を見つけていきたい人におすすめ

婚活サイトは利用している会員とメッセージのやりとりをして、気になったら会ってみるという婚活方法です。

婚活サイトはスマホさえあれば、いつでも気軽に婚活をはじめることができます。

婚活サイトは会員検索で、年齢や年収などの条件に見合う人を簡単に探し出すことができます。

自分でコツコツ結婚相手を見つけていきたいという人にはおすすめです。

会員登録をしたら、まずは自分の写真とプロフィールを載せておきます。

なるべく詳しくプロフィールを書いておいたほうが、よりマッチング率を高めることができます。

もちろん、プライバシーにかかわる本名や電話番号などをプロフィールに載せることはできません。

趣味や好きなこと・結婚観について書いておくと、相性のいい相手が見つかりやすくなります。

次に、自分が住んでいる地域や年齢・年収・職業などで会員を検索してみましょう。

たとえば、30歳くらいで、年収400~500万くらいと指定すると、それに見合う会員が一覧で表示されるようになっています。

その中に気になる人が見つかったら、アプローチをしていきます。

逆に、異性の会員から自分にたいしてアプローチされることもあります。

「この人ちょっと気になるかも」という人が見つかって、おたがいに好意が合えばマッチング成立です。

マッチングが成立すると、メッセージのやりとりができるようになります。

プロフィールに書かれていないことや趣味・好きなことについてメッセージを送ってみましょう。

メッセージのやりとりを通じて、おたがいのことを知っていくことができます。

相手と会ってみてもいいかなと思ったら、実際に会ってみましょう。

最初のデートは様子見として、カフェやレストランでの短いデートがおすすめです。

そこから気が合えば、次の2回目3回目のデートへとつなげていくことができます。

「でも、婚活サイトって本当に結婚相手が見つかるの?」

「どの婚活サイトを選べばいいのかいまいち分からない…」という方もいますよね。

しかし、ゼクシィ縁結びを使えば、今すぐにでも結婚相手を見つけることだってできるんです。

私に運命の出会いを作ってくれたゼクシィ縁結びには、4つの特徴があります。

  • 結婚情報誌のゼクシィで有名な大手企業リクルートが運営
  • 登録無料・成婚料も0円
  • 婚活サイト初のお見合いコンシェルジュが初デートをサポートしてくれる
  • 相性がいい、価値観の合う人が見つけやすい

さらに、ゼクシィ縁結びは大手企業のリクルートが運営しているので、セキュリティとデータ管理がしっかりしています。

最初は「婚活サイトなんて、良い出会いがあるわけないじゃん」と私も思っていました。

ところが、ためしにゼクシィ縁結びを使ってみたら、素敵な相手と出会えたことに自分でもびっくりしています。

実際、なかなかいい出会いなんてないと悩んでいたのに、たった2ヶ月で結婚相手との出会いがありました。

今は子供もできて、あわただしくも家族3人で毎日幸せに暮らしています。

あのときゼクシィ縁結びを使うことができて、本当に良かったです。

まずは無料で会員登録をしてみて、どんな人がいるのかためしてみてください。

きっとあなたにも素敵な結婚相手が見つかると思います。

ゼクシィが運営している婚活サイト「ゼクシィ縁結び」

 

結婚相談所はプロのアドバイスが受けられる

結婚相談所に入会するという婚活方法です。

結婚相談所に登録すると、担当の婚活アドバイザーがついてくれます。

プロの婚活アドバイザーが相手探しから、成婚するまでをトータルでサポートをしてくれるということです。

希望の条件に見合う会員を探して紹介してくれたり、お見合いでの服装や会話へのアドバイス、お付き合いからプロポーズまでのサポートをトータルでお手伝いしてくれます。

たとえば、お見合いでどんな格好をしていけばいいのか、会話はどうやってしていけばいいのか、

お付き合いで気をつけることや、プロポーズはどんなシチュエーションですべきかなど、

成婚までの細かなところまでアドバイスをもらえるのが最大のメリットです。

婚活を一人でしていてもうまくいかない、

婚活のプロに手伝ってほしい、という方におすすめです。

ただし、結婚相談所は登録している会員の年齢層がやや高めになっています。

男女とも30代後半〜40代が会員の中心になっています。

なぜ結婚相談所に登録する会員の年齢層が高いのかというと、結婚相談所に登録するには高額なお金がかかるからです。

結婚相談所によって差はありますが、だいたい30万〜40万円ほどかかるのが一般的です。

プロのアドバイザーがサポートしてくれるので、どこもこれぐらいの費用がかかってしまうというわけです。

20代や30代の人はまだ結婚相談所を利用しなくても、十分結婚できるチャンスがあります。

もし結婚相談所に登録してみたいという方は、まず資料請求をして、いろんな結婚相談所を比較することをおすすめします。

 

デートスキル・コミュニケーション能力を磨くと結婚できる

なんだかんだ言っても、婚活でもコミュニケーション能力は必須です。

会話が楽しいというだけで、その人が魅力的に見えることも十分あります。

男性の場合は、女性にうまく話をさせることができるといいでしょう。

女性の場合は、男性の話を笑顔で聞いてくれると、男性は嬉しいものです。

男性も女性も話をちゃんと聞いてくれる人は好印象になります。

逆に、反応が薄い・リアクション、表情にとぼしい人だと、「もしかして、つまらないと思われてるかも…」となってしまいます。

感情を表に出しにくい人もいるかもしれませんが、婚活に限らず、明るい表情・笑顔でいたほうがなにかと得をします。

 

「デートで会ったときに何を話したらいいのかわからない…」という方もいますよね。

会話は相手が興味のあることを中心に話していくといいでしょう。

婚活で出会って、初めてのデートでは緊張してしまうものです。

会話は自分のためにするのではなくて、相手のために会話をしていくことを意識してみましょう。

とくに初めてのデートでは、会話をすることそのもの、コミュニケーション自体が目的になります。

ほとんど初対面の相手と会話を続けていくのは誰でも大変です。

そして、自分だけでなく、相手の方も一見すると平静に見えても、内心は緊張していたりします。

初対面の人と会話をするときに一番気になるのが、気まずい沈黙ですよね。

婚活で出会った人と話していて、気まずい沈黙が流れてしまって焦ったという体験をしたことがある方もいるかと思います。

「じゃあ、どうしたら緊張せずに会話をすることができるの?」ということですよね。

それは、いかに相手に楽に話してもらうことを意識することです。

気まずい思いをすることなく会話をするには、まず相手の緊張を少しずつほぐしてあげるようにしましょう。

なるべく相手の人には進んで話をしてもらうために、まずは自分が聞き役でいるようにしましょう。

もちろん、ただぼんやり相手の話を聞いていればいいというものではありません。

相手の方に「ちゃんと話を聞いてくれてるなぁ」と思ってもらうためには、上手に質問をしたり、リアクションをとる必要があります。

会話は自分ですべてをコントロールできるわけではありません。

なので、相手の話をよく聞いて、自分がどのように反応するのかが大切です。

話を聞いて、上手に質問をしていくことができれば、それだけで会話が続かなくて気まずい沈黙が流れることを防ぐことができます。

それぐらい会話における質問は重要だということです。

では、実際どのように会話をしていけばいいのか例をあげてみましょう。

 

たとえば、

 

①「お仕事はどんなことされてるんですか?」

②「休日は何をして過ごすことが多いですか?」

③「好きな音楽とかアーティストってなんですか?」

 

という質問をしたとします。

 

相手が①「空調メーカーの営業をしています。」

②「休日は釣りをしたり、漫画読んだりして過ごしてますよ。」

③「BUMPとか洋楽がけっこう好きですね。」

 

と答えてくれたとしましょう。

そこで、

 

①「空調機器も営業で入れたりするんですね!じゃあ、このあたりの会社でもいろんなところまわったりしてるんですか?」

②「釣りってのんびりできそうでいいですね!海まで行って釣りするんですか?」

②`「私も漫画好きですよ。最近は3月のライオンにハマってます。⚪︎⚪︎さんは最近読んでよかった漫画はなんでしたか?」

③「BUMPいいですよね!洋楽は普段あんまり聴かないんですけど、洋楽のロックとかを聴くんですか?」

 

といった具合です。

ちょうど連想ゲームのように、相手が話してくれたことにたいして、「それって⚪︎⚪︎ってことですか?」と聞き返していくのもいいでしょう。

質問からどんどん会話を続けていくためには、より具体的に話を広げていくことを意識してみてください。

相手の方が知っていること・好きなこと・興味のある話題であれば、自然と話を続けてくれるようになります。

会話の話題は自分で考えるのではなく、相手の話の中から探していくような感じです。

話してくれた会話の合間に、自分の話も適度にしゃべっていくことができるようになれば、もっと会話を盛り上げていくことも可能です。

質問をするということは「私はあなたに興味があります」

「あなたのことをもっと知りたい」という意思表示でもあります。

デートをしたのに、相手がまったく自分の話に興味がなさそうだったら、幻滅してしまいますよね。

逆に、自分が興味のあること・好きなことにたいしていろいろ聞いてくれる人にたいして不快に感じる人はいないでしょう。

人は自分に興味を示してくれる・話をきちんと聞いてくれる人にたいして、好意的にみるようになります。

相手から上手に話を引き出していくことができれば、あとはその話を聞いているだけでもデートの会話が成り立ちます。

最初はうまく質問できないこともあるかもしてませんが、少しずつためしてみてください。

質問することに慣れていくと、話を広げたり、スムーズに会話を続けることができるようになります。