花嫁2

「収入も安定してるし、公務員と結婚したい!!」

最近は結婚したい職業として公務員の人気が上がってきています。

では、どうすれば公務員と出会って結婚できるのでしょうか?

このページでは公務員と出会うコツを体験談を交えて紹介しています。

 

1、身近で簡単に実践できる公務員と出会う方法

公務員と言いますと、どうしても「堅実」というイメージが強いために、何かと人気のある職種のひとつです。

それは単に自分がその職につくという事だけではなく、結婚相手としても人気が高くなっています

では、実際に結婚相手として公務員と出会いたいのであれば、どのようにすればそのチャンスを作れるのでしょうか。

そこでよく言われている事のひとつに、「役所に用事がある時に、そこに行って知り合う」というものがありますが、現実的には厳しいものがありますよね。

確かに公務員と知り合うためには、その職場を訪ねるのが手っ取り早いとは言えますし、知り合う機会としましては効果はあるかもしれません。

とはいえ、当然に向こうは公務中ですし、プライベートで会っているのとは話が違います

そのような状況で個人的に親しくなるというのは、かなり無理があるとも言えるでしょう。

相手は忙しい状況ですし、こちらも用件が済んでしまえば、それ以上そこにいる事はできません。

場合によっては公務妨害にもなりかねませんし、様々な面で問題となってしまう可能性も大きいのです。

つまりそのような一般的に考えられるようなやり方では、ここで目的としている「公務員と出会う方法」というものには、向いていません。

では交際や結婚を前提とした出会いを実現させるためには、どのようにすればいいのでしょうか。

まず一番確実と言えるものに、「婚活」があります。

それも一般的な「婚活サービス」で、公務員相手を希望するというやり方もありますが、それよりももっとお手軽な方法があります。

それは、よく地方公共団体等が主催している、「公的機関による婚活サービス」を利用するのです。

それは一般的な婚活サービスと、内容そのものこそは同じですが、利用者の層を見てみますと、公務員の割合が多いのです。

それはもちろん、自分の仕事と関わりの深い地方公共団体ですから、利用者としましてもそちら側の層が多いのは当然です。

そして人数が多いということは、それだけ婚姻成立の確率も高いわけですから、そういう意味で一般の婚活サービスよりも成功率が高いと言えるのです。

また国や地方公共団体が主催しているというだけで、安心して利用できるという印象も人気を呼んでいるようです。

こうした試みは、「少子高齢化」対策の一環として行われているようですが、実際にそれだけの効果をあげているようです。

それは公的機関の主催という事で、「利用料金も安い」という面もあげられています。

確かにこうしたサービスの利用は何かと費用もかかるものですが、公的機関主催ですから法外に高いという事もありませんし、そういう面でも利用はしやすいのです。

低賃金で公務員と出会う確率が高いとなれば、やはり人気が出るのは当然で、こうした試みは各自治体で効果が見られているようです。

一般の婚活サービスで相手の希望職種に「公務員」と書くよりも、こうした最初から「確率的に公務員が多く集まって来るサービス」を利用した方が、何かにつけて有利なのです。

しかしこうした部分は、意外と見落とされているのが現状です。

ですから今から真剣に公務員との出会いというものを考えている人でしたら、こうしたサービスを利用すると、確率的にも経済的にも有利と言えるでしょう。

こうした国や地方公共団体の取り組みというものは、この「少子高齢化」問題が大きく改善されるまでは実施されるでしょうから、これからこうした出会いを求める人はこれを利用すべきです。

これ以外に公務員と出会う方法としましては、「実際に公務員と普通に親しくなって、その公務員の知り合いと出会う機会に、積極的に参加する」というアグレッシブな方法もあります。

しかしこうしたものは、ある程度は出会いというものに、積極的に動ける人向けの方法です。

どちらかと言えば奥手という人には、やはり前にあげたような公的な出会いサービスを利用するやり方がオススメと言えます。

では、ここで実際に公務員の男性と結婚した方の体験談を見てみましょう。

 

2、「公務員の夫と出会ったきっかけは、異業種交流会の参加です」 接客業 28歳 Oさん

OL

「公務員は安定していると言われているので、結婚相手として人気があります。

かくいう私も安定を求めているので、公務員が結婚相手ならいいなと思っていました。

そんな私が公務員と出会ったきっかけは、異業種交流会です。

たまたま友人に誘われて参加しました。

そこに高学歴の公務員がいたのです。

有名私立大学を卒業して公務員になったという人でした。

やはり公務員のような安定した職業を選ぶのは、有名私立大学を出るような人に多いのかもしれないと感じました。

その人の同僚もみんな有名私立大学を卒業したエリートでした。」

「私は異業種交流会で出会えましたが、こんなふうに公務員と出会いたい人は、もっといい方法があると思います。

それは、有名私立大学に行くことです。

社会人になってからでも大学に進学することはできます。

将来、公務員になりそうな学生を早い段階でゲットできるかもしれません。

もしくは、有名私立大学を卒業した人ばかりと知り合えるような合コンをセッティングしてみるのもいいと思います。

そうすれば、その中に公務員という人が居るかもしれません。確率的には高いと思います。

実は、私が異業種交流会で出会った彼にお願いをして、私の友人のために合コンをセッティングしてもらったことがあるのです。

もちろん、私の友人も公務員を結婚相手に希望していました。

そこで、彼の大学時代の友人たちを呼んでもらったというわけです。」

「こんなふうにして、公務員の知り合いが居そうな人と仲良くなることをおすすめします。

周囲に、そんな話があれば、すぐにでもその人と友達になってみるといいかもしれません。

他には、市役所など、公務員の勤め先を適度に利用してみるのもおすすめです。

当然、そこには公務員ばかりが居ます。何かの拍子で知り合いになれることもあるかもしれません。

出会いの場を見つけたいのなら、積極的に、希望する場へ足を運んでみることが一番だと思います。

友人や知人に公務員が居ない人こそ、市役所はおすすめです。

書類の申請だけではなく、何らかの市民相談などがあれば、この機会に活用してみるといいかもしれません。

市役所では、いろいろな相談コーナーを設けていることがあります。良いきっかけになるはずです。」

「それから、私の友人に面白い体験をした人がいます。

大学を出て社会人になってから一人暮らしを始めた女性です。

この女性は引越しをしたので、区役所を訪れました。

もちろん、転居届などの様々な申請が必要だったからです。

引越しをしない限り、なかなか区役所に行く機会はありません。

友人は緊張していたそうです。

それに、どの窓口で申請するのか、やり方もよく分からなかったと言っていました。

そんな時に、丁寧に対応をしてくれた窓口の人がとてもカッコ良かったそうです。

一目惚れをしてしまったと友人は言っていました。これが、彼女の公務員と出会ったきっかけです。」

「まるでドラマや映画 のような出会い方でしたが、とてもステキな出会いだったと思います。

窓口でいろいろと対応してくれた区役所の男性と、その時は特に何もなく対応してもらっただけだったそうです。

ところが、偶然、街中で再会したと言っていました。

相手も友人のことを覚えていて、引越し後の生活などを聞かれたそうです。

そこから会話が弾み、プライベートで会うようになりました。

元々、その友人は公務員と結婚をしたいとは言っていなかった人です。

何がきっかけになるか分からないものだと思いました。

それに、趣味なども通じ合っているらしく、交際期間が半年も経たないうちに、あっという間に結婚しました。

きっかけというのは、どこに転がっているのか分からないものです。」

「現実的には、このような再会は難しいと思います。

それでも、世の中にはたくさんの公務員が居るので、周りを良く探してみることをお勧めします。

公務員の先輩や親戚などが居る場合には、誰か紹介してもらうというのもいいかもしれません。

その方が手っ取り早いからです。

もしくは、自身も公務員になってしまうという方法も挙げられます。

それなら、職場結婚がしやすくなるからです。

双方が公務員なら安定した暮らしが送れること間違いないと思います。

公務員と言ってもいろいろな職種があるので、チャレンジしてみるのは大切です。」

 

出会いは予想しないところからやってくる

公務員と結婚したいと言ってもピンからキリまでありますよね。

その中でも一番狙っているのがエリート公務員だと思います。

エリート公務員を狙って結婚したいのであれば、Oさんの提案は正解だと思います。

将来有望な男性に早めに狙いをつけておくということですね。

学生のうちから付き合っておけば、社会人になってからも逃がさずにそのまま結婚できる可能性もあるからです。

しかし、これは大学生であることが前提なので、社会人になってから使える方法ではありませんね。

そこで、社会人になってからエリート公務員をゲットするためには、合コンや異業種交流会に参加するという手があります。

どちらの方法も人脈がキーポイントになります。

独身エリート公務員と出会いたければ、なんとかしてエリートとの人脈を築いていく必要があります。

人脈を少しずつ広げていって、徐々にエリートに近そうな人と交流を深めていくことです。

これを繰り返していけば、わらしべ長者のようにエリート公務員に近づいていくことができるでしょう。

あとは、とにかく公務員の人がいそうな場所に行ってみることも重要だと思います。

出会いは自分が予想していないようなところから出てくるものです。

市役所の相談コーナーなどがあれば、長時間会話もできるので一度立ち寄ってみるのもいいかもしれませんね。

Oさんの友人には実際に市役所に勤めている男性と出会い、結婚した方がいるようですね。

一度市役所で会話をして顔だけでも覚えてもらってから、偶然街中で再開するとごく自然に会話して仲良くなれるチャンスがあるようです。

プライベートでつきまとうのはもはやストーカーになってしまいますが、このように何かのきっかけで出会いにつながるということは十分考えられます。

とはいえ、このように偶然公務員と出会うのはかなり難しいのが実際のところです。

「もっと確実に公務員との出会いにつながる方法はないの?」ということですが、もっと現実的な方法があります。

それはFacebookを活用したpairsや、結婚情報誌で有名なゼクシィ縁結びなどの婚活サイトを使う方法です。

婚活サイトは、結婚につながる会いを探している男女のためのサービスです。

使い方は簡単で、気になった男性がいたら、メッセージのやりとりを申請します。

相手とメッセージのやりとりを繰り返して、「この人とは会ってみてもいいかな」と思ったら実際に会うことができます。

マッチングアプリには会員検索機能があり、相手の条件を指定して検索することが可能です。

なので、職業を公務員に指定すれば、公務員の男性だけと出会うことができるでしょう。

「公務員と結婚したい!!」と思うのであれば、まずは自分ができそうな出会いのチャンスをコツコツと作っていきましょう。

 

3、地方公務員と出会ったきっかけをふりかえる サービス業 31歳 Hさん

消防士①

「私が今までに出会った男性の中で、公務員と出会ったことがあります。

そのきっかけは、社会に出てから、友人の一人が消防士になりました。

消防士は、一般色職地方公務員です。公務員の職場の方と飲み会で会うことがありました。

それが出会いのきっかけです。

サービス業の私と同じように年中無休の中で、シフト制の勤務であることで盛り上がりました。

翌月の休みの希望を職場に提出をしないと、土曜日や日曜日の休みを取ることができません。

なので、どうしても、学生時代の仲間とは休みが合わないこともあります。

事前に休みを合わないと旅行にも行けないということもあります。

そういったシフト制である仕事でありがちな話をみんなで話をしました。

「そして、友達と予定を合わせないと遊べないということもありますが、いい点もあることも話をしました。

それは、お盆やお正月などにおいても休みをずらして休暇をとることができます。

遊びに行くときや旅行の予約をする時には、トップシーズンではなく、シーズンオフに休みを取ることができます。

そうすると、旅行代金も安くできますし空いているので、のんびりできるのがメリットということも話をしました。

みんなが働いている時には、自分はのんびりできるので、優越感に浸ることができます。

そういった特典もあるので、普段は大変だけど、メリットもあるよねと、共感していました。

飲み会の際には、みんなで話をしましたが、紹介をしてくれた消防士の方と連絡先の交換をしました

今度、ゆっくりと話をしようということでその日は帰りました。」

「しかし、彼は、勤務で夜勤もあるので、私よりも不規則な勤務ですので、会う時間が難しいことが始めはありました。

私の勤務が終わった後に会ったり、私が休みの時に昼間に会ったりと、工夫をしながら二人で会っていました。

数時間など限られた時間で食事だけということもあり、翌月の休みの希望では、ある程度の休みの希望を合わせるようにしました。

少しずつ彼と距離を縮めていきました。

そして、休みの日を合わせることで映画に行ったり美味しいレストランに行ったりしました。

そして、3年後ぐらいになり、彼と結婚の話をするようになりました。

「彼は公務員で安定をした職業でしたので、結婚をする相手としてはいいです。

しかし、 仕事柄夜勤などもあり、家にいないこともあります。

また火事や災害などがあったときは、真っ先に出向く必要もあります。

場合によっては、死と隣合わせなこ ともあります。そういう点で今後不安であることも彼に伝えました。

彼は、大丈夫と言います。その理由は日ごろからそのために鍛えているし、訓練をしているからと言います。

そして、お互いの映画鑑賞の趣味が合い、気が合うことが大事ですので、この人ならうまく結婚生活を送ることができると思いました。

いろいろと考えて、結婚をする約束をして、お互いの両親に紹介をしました。

お互いの両親も快く迎えてくれました。結婚後もやっていけるという確信が持てました。

「そして、結婚式の日取りや結婚式場の会場決めなど、お互いの仕事に差し支えがない時期を選びました。

そして、私は結婚後もできるだけ働いていこうと思っています。

しかし難しいのが、妊娠をしたときです。

妊娠をしながらですと、サービス業ですので、立ち仕事もありま すので、妊娠をしたら、仕事をどうするか二人で考えようということになりました。

そして、仕事に支障がない程度の、結婚式の招待客を選びました。」

「ど うしてもお互いの職場には、勤務をしている方もいるので、全員は呼ぶことができません。

なので、仕事場の上司と、一部の仲のいいメンバーだけ招待をしました。

彼の上司の方と私の上司に、披露宴でスピーチをしてもらうようにお願いをしました。

どちらの上司も快諾をしてくれました。

そして、結婚式の前日から一 週間ほど有給などを使って休みを取り、結婚式の準備からハネムーンをしました。

そして、飲み会で知り合った私たちですが、今では、子供が男の子と女の子に恵まれてました。

今でも仲良く幸せに暮らしています。

飲み会がきっかけで知り合った二人ですが、あの時出会えて本当によかったです。」

 

消防士などの公務員は出会うのが難しい

Hさんの出会いのきっかけは合コンだったようですね。

公務員もそれほど出会いがあるわけでもありませんから、合コンを積極的に行っていくと出会うチャンスがあるかと思います。

とくに警察官や消防士などは年中無休状態ですから、なおさら出会いは少ないでしょう。

ただ、こういったシフト制の公務員の方とはデートをするチャンスもなかなか作れないかもしれません。

それは結婚してからも同じで、土日休みで固定ではないので家では一緒にいられますが、遊びに行く機会は少な くなってしまいます。

平日に休みがあるとHさんの言うように、休みをずらして遊んだりもできます。

平日・シーズンオフだと旅行も安いし、どこも空いているのでゆっくり遊ぶことができます。

ただ、消防士や警察官は職業柄危険もあります。

結婚してからも旦那の仕事の危険が心配という意見も多いです。そのあたりのこと をふまえておくといいでしょう。

また、これは公務員の男性との結婚に限ったことではないのですが、結婚してからは今後の生活をどうしていくのかをよく話し合うことが大事ですね。

 

4、高い確率で公務員と出会う方法についてまとめてみました

OL

まず、もっとも公務員と出会う可能性が高い方法としては、公務員が働いている職場で公務員と一緒になって働ける環境を手に入れることです。

つまり、例えば、学校・市役所・消防署・病院などの職場で、パート・アルバイト・臨時職員などとして就労することです。

すでに企業などで働いている人にとっては難しいかもしれませんが、無職の人・家事手伝いの人・フリーターの人、

転職を考えている人は、この方法を検討してみることが最も公務員と出会う近道かもしれません。

公務員と一緒の職場で働くということは、単に公務員と出会えるというだけにとどまらず、

嫌でもお互いの存在を認識し合えますし相手の性格や仕事ぶり、周囲からの評判などの情報も多く入手することができます。

したがって、合コンなどで知り合った場合にありがちな、付き合い始めた後や結婚をしてしまった後に、

自分が思っていた人とは違っていた、というように無駄な時間を使う可能性を低くすることができます。

もちろん、気に入った相手がいれば職場仲間などを介して飲み会や食事会などを開いてもらい、

距離を縮めることも容易ですし、仕事を介して相手に自分の良いところを積極的にアピールすることもできます。

公務員と一緒になって働く環境を手に入れるチャンスは意外と多くあります。

たとえば、教員免許を持っている人は、学校の臨時職員を目指してみるのがよいでしょう。

また、特に資格を持っていない人でも、各地の市役所などのホームページで臨時職員の採用募集が掲示されていますので、その募集に応募することで採用されるチャンスは多々あります。

アルバイトやパートなどは、比較的、専門的な知識がなくても働くことができる内容であることが多いですので、

資格などを持っていない人でも、採用されるチャンスは十分にあります。

もちろん、比較的簡単に取得できる簿記の資格なども取っておけば、経理などの事務職として採用される可能性を高めることができますし、自己啓発としても今後の生活に役に立っていくと思います。

さらに、親族や知り合いが何かしらのコネクションを持っている人は、そのコネを利用することで、より採用の可能性を高めることができます。

次に挙げられる公務員と出会う方法としては、結婚相談所、婚活サイトなどを積極的に利用する方法です。

これらを利用するメリットとしてはとにかく効率良く、たくさんの独身の公務員と出会うことができるという点に尽きると思います。

先に説明した公務員と一緒に働く環境を手に入れる方法は、出会う相手になる公務員のことをよく知ることができるというメリットがあります。

一方で、その環境に気に入った相手がいなければ、その時点で出会うことができる確率が一気に低下してしまうという恐れもあります。

しかし、結婚相談所や婚活サイトには、不特定多数の独身の公務員が登録されていますので、数え切れないほどの選択肢が用意されていると言ってもよいと思います。

また、公務員の中でも出会いが少ない人は多くいますので、そのような人たちが結婚相談所に多く登録されていることが期待されます。

一昔前であれば、婚活サイトなどの信用性について疑いを持つ人も多かったかもしれませんが、

インターネットが著しく普及した今では、これらのコンテンツを積極的に利用する人も多くなってきています。

多くの公務員と効率良く出会いたいという人は、これらのコンテンツを積極的に利用するのが最もよいと思います。

次に挙げられる方法としては、お見合いパーティーや合コンに参加する方法です。

特に、最近のお見合いパーティーは、参加者の職業を地方公務員・国家公務員、といったように限定しているものもたくさん存在します。

女性側の費用は低く抑えられているものが多いですので、この方法も、効率良く多くの独身の公務員と出会えることができる方法の1つです。

ただし、こういったパーティーは、必ずしも結婚などに高い意識を持った男性が来ているとは限りません。

相手がどの程度、真剣にパートナーを探しているのかという点については、しっかりと見定めなければ、貴重な時間を無駄に使ってしまうという恐れもあります。

▼まずは無料でためしてみてください▼

本当に出会いがなくて困っているという方は、婚活サイトのゼクシィ縁結びを使ってみてください。

ゼクシィ縁結びを使えば、すぐにでも素敵な結婚相手探しができるようになります。

ゼクシィといえば結婚情報の大手企業が運営しているので、安心して利用できます。

会員登録も無料ですので、まずはおためしで利用してみるのもおすすめです。

「結婚したいのに相手がいない…」と悩んでいるのに使わないのは損していますよ。

会員登録は3分で完了します。

▼ゼクシィ縁結びを使ってみる▼
ゼクシィ縁結び
ゼクシィ縁結び