夏の出会い

「もうすぐ夏だし、新しい出会いがほしい!!」「暑いときだからこそ恋愛したいし、いい出会いどこかにないかな?」

暑くなってくると気分も開放的になるので、恋愛したくなりますよね。とはいえ、どうやって出会いを探せばいいのか迷っている人もいるかと思います。

ここでは、夏ならではの出会いを紹介していきたいと思います。夏は気分が開放的になっているので、出会いのチャンスも増えます。

夏によく開催されているような、野外フェスやアウトドアスポーツに参加してみましょう。スポーツサークルに入ってみるのもいいかと思います。

飲み会やイベント、合コンなどのお酒を飲む場所でも出会いはあります。せっかくの夏をエンジョイするためにも、新しい恋を手に入れましょう!

 

スポンサードリンク

1、夏の出会いアウトドア&祭、フェス系

夏の出会いと言えば、アウトドアスポーツや野外フェスなどがあります。外で活動するときは気分も開放的になりますし、ノリで出会いに発展させることも十分に可能です。

とはいえ、単純に野外フェスやアウトドアスポーツに参加すれば出会いがあるというものではありません。「せっかく参加したのに出会いなんてないじゃん!」とならないように、出会いにつながるような行動力が必要です。

普通に参加していては、ただイベントやスポーツを楽しんで終了してしまいます。出会いを作るためにはそれなりに積極的にアプローチすることと、いくつかのポイントがあります。

まずは野外フェス・ロックフェスなどのイベント系に参加するときに出会いを作る方法です。

野外フェスで出会いを探すとしたら、自分の好きなアーティストと同じステージを観に来ている人に話しかけると会話を広げられる確率が上がります。

まったく知らないアーティストのところへ行っても、会話のネタにできませんし話も盛り上げにくくなります。

お互いに好きな音楽やアーティストの話ができると楽しいものですし、ライブは会場全体が盛り上がるので気分もハイになりやすくなっています。

とはいえ、アーティストや音楽のことについては、ある程度知っているくらいで十分です。

マニアックな話やアーティストのことについて詳しく知っていれば損にはなりませんが、出会いを作るのにそれほど重要なことではありません。

最初に話しかけるきっかえにさえなればいいので、あとは相手や自分のことについて会話を広げていけばいいでしょう。

 

自分が観たいアーティストが出演する場所で、同じアーティストが好きな人を見つけるためにはグッズに注目します。好きなアーティストのグッズ、たとえばタオルやTシャツが一番分かりやすいです。

アーティストのグッズをつけているということは、そのアーティストが好きであることを公言しているようなものですよね。そのとき、最初に話しかけるきっかけはなんでもかまいません。

「こんにちはー!お姉さんたちもこの後の⚪︎⚪︎のライブ観るんですか?」とか、「今日はどこから来たんですか?」という感じで、第一声はなんでもOKです。

各アーティストのライブの間には時間が空いているので、話しかけやすいかと思います。アウトドアスポーツも野外フェスも、その場で会ったらもう一度会うチャンスはありません。

その場限りの出会いになるので、感覚的にはナンパと同じような感じになります。話す内容よりも大切なのは、話しかける最初の勢いとテンションです。

「あの〜、、、」とぼそぼそ声をかけても相手は気づいてくれませんし、「なにこの人、、、?」と怪しまれてしまいます。

第一声はとにかく「こんにちはー!」と少し大きめの声を出します。相手が足を止めて、こちらに耳を傾けてくれたらはじめ一歩は成功です。

次は、少しずつ自己開示をしていきます。自己開示とは、自分がどんな人であるのかを相手に知ってもらうことです。

いくら好きなアーティストが一緒だからといっても、野外フェスで声をかける相手は初対面であることに変わりはありません。

そこで、相手の警戒心を少しでも解くために、自分がどんな人であるのかを自分から相手に教えるようにします。

「フジロックには初めて来たんですけど、すごい楽しいですね!」とか、「岐阜県から来たんですけど、来た甲斐がありました」など、自分がどうゆう人なのかを相手に知ってもらいます。

そして、なぜ声をかけたのかをはっきり伝えることです。

「同じ◯◯ファンでこんな可愛い人がいるの見たら、つい声かけたくなって」という風に、なぜ声をかけたのかをストレートに伝えたほうが相手の警戒心も薄くなります。

その中で好きなアーティストという共通点から、少しずつ会話を広げていけばいいでしょう。と、このように説明するのは簡単ですが、実際に実行するのは結構難しいです。

とにかく声をかけるのにも勇気がいるし、なかなか最初の第一声から話をつなげることができません。これを本気で試そうとするのであれば、最初からうまくいくことを期待しないことです。

何度もチャレンジしながら、少しずつ慣れていきましょう。

 

アウトドアスポーツのジャンルとしては、トレッキングやラフティングなど体験型のものがおすすめです。少人数よりも大勢で一緒に楽しめるものであれば会話するチャンスもあるでしょうし、一緒に楽しむという達成感も共有できます。

もうひとつ、アウトドア以外ではサークルで活動しているスポーツもあるので、そこに参加してみるのもいいでしょう。夏の前にはジムでダイエットしようという男女も多くなるので、出会いのきっかけ作りができるようになります。

どちらの場所にもジャンルの違いがあっても、男女ともに人が集まるからです。ジムやヨガ、ボルダリング、フットサル、ジョギング、トレッキング、テニスなどは女性が多いほうなので出会いのチャンスになります。

こちらのほうは野外フェスなどとは違い一回だけでなく、何度も顔を合わせるので少しずつ仲良くなれます。とはいえ、自分から積極的に話しかけるようにしていかなければなりません。

休憩中を狙って雑談するチャンスをうかがうようにします。会話するきっかけ作りでは、いきなり「今度お茶しない?」なんて声をかけることはありませんよね。

最初はなんてこともないような会話から始まっていきます。「こんばんは〜。最近暑くなってきましたし、汗もかきやすいですよね。」とか、「ここのジムは駅も近いし、便利ですよね。」という感じです。

相手が同意しやすい内容から話しかけるのがいいでしょう。なるべく自然な感じで、「雑談したかったから話しかけた」という体でいきましょう。

もし、相手が迷惑そうに感じているようだったら、素直にあきらめてください。声をかけるのは自分からですが、引くのも自分からいさぎよくが肝心です。

 

2、ビアガーデン・オクトーバーフェストでの出会い

夏になれば「出会いが欲しい!!」という人は増えます。そこで飲み会や合コンなど、お酒を飲む場所での出会いも増えていきます。

と言っても、待っていれば勝手に合コンなどの飲み会が増えるわけではありません。自分から行動しなければ、夏であっても出会いはありません。

自分から積極的に飲み会に参加したり、イベントに参加していくようにします。飲み会に誘われたら参加するのはもちろんのこと、自分で合コンを開催できるようになるといいですね。

他にもビアガーデンやオクトーバーフェストなど、飲み系のイベントかあると開放感から話しかけやすくなります。オクトーバーフェストは本来9月〜10月に開催されるものですが、日本の場合は7月から開催されることもあります。

席が近いグループとであれば、開放的な場所とお酒が入っていることからも声をかけやすくなります。

仕切られている居酒屋とは違い、ビアガーデンやオクトーバーフェストの会場全体が盛り上がっているような、ある種のお祭り感があります。

そのため、知らない人とでも仲良くなって一緒に飲むチャンスもあります。男性・女性だけのグループ同士が一緒になって飲むというパターンがほとんどです。

話しかけるきっかけはなんだって大丈夫ですが、明るくはっきりとした声で話しかけましょう。「ここの地ビール美味いですよね!」とか、「僕は毎年ビアガーデンに来てますけど、やっぱり楽しいですよね!」というベタな感じでもいいです。

ちょっと話すことができれば、あとは雑談にもっていくことができます。当然ながら最初はなかなかうまくいきませんが、それを少しずつ伸ばしたり回数を増やしていくと仲良くなれる確率も上がっていきます。

手軽に合コンや街コンに参加するならセッティンサービスを使ってみるのもおすすめです。他にも出会いの方法が知りたいという方はこちらを参考にしてみてください。

⇨出会いがない社会人男女におすすめの場所と出会う3つの方法

3、スマホのアプリを使った出会いも増える

ここまで紹介してきた夏の出会いの方法は正直に言えば、少しハードルが高いものばかりです。もちろん、これらの方法でも積極的に出会いを探せば、異性と出会うことができます。

実際に飲み系のイベントで出会ったり、アウトドアスポーツで仲良くなって連絡先を聞けたこともあります。しかし、出会いに繋がらないことも多いですし、話すことはできてもすでに相手に恋人がいたらあきらめなければなりません。

それでも何も行動できていないよりかは、はるかに多くの出会いのチャンスに恵まれました。そこで、もうひとつ違ったアプローチで出会いを探す方法があります。

それはスマホのアプリを使って出会いを探す方法です。現在はスマートフォンが普及したので、アプリを使って手軽に出会いを見つけることができるようになりました。

せっかくの夏なのに出会いがない、と悩んでいるなら一度使ってみることをおすすめします。スマホのアプリはネットにさえつながれば、いつでもどこでも出会いを探せるのが大きなメリットです。

他の方法でももちろん出会いを探すことはできますが、時間と労力がそれなりにかかります。それに出会いはあくまできっかけ作りであって、必ず出会いにつながるというわけではありません。

とはいえ、マッチングアプリにもデメリットはあります。マッチングアプリのデメリットは、会ってみるまで相手のことが分かりにくいという点です。

マッチングアプリでは、顔写真とプロフィールが載っています。どちらも自分で載せたり書いたりするので、それらがどこまで本当のことなのかを判断しづらくなります。

相手のことを見極めるためにはマッチングした後のメッセージのやりとりを重ねましょう。メッセージでプロフィールだけでは分からないことを知った上で、あとは会ってみるかどうかを決めればいいかと思います。

時間と労力を比較してみると、アプリで出会うのはかなり手軽な方法だと言えるでしょう。出会いがほしいと悩んでいる男女が登録して使っているので、必然的に出会える確率は高くなります。

特に、平日休みで出会いがなかったり、休みが不定休で出会いのチャンスを作れないという方には便利だと思います。最近登録者数を急激に伸ばしているのが、pairsなどのマッチングアプリケーションです。

名前は知ってるけど、どんなアプリなのかは知らないという方は一度試してみるのもいいでしょう。マッチングアプリで出会いを作るコツは、自分の写真とプロフィールをしっかり作り込むことです。

写真は相手の第一印象を判断するのに、もっとも重要な役割を果たします。とはいっても、別にイケメンや美人である必要はありません。

普通の見た目でも、十分に出会いを作ることができます。写真を載せるときは、なるべく自然な笑顔に見えるようなものを選びましょう。

自撮りでもいいのですが、誰かに撮ってもらったものがあれば一番です。あとは、プロフィールを分かりやすく簡潔にまとめておきます。

仕事は何をしているのか、なぜマッチングアプリを使い始めたのか、好きなことや趣味などを書いておくといいでしょう。こちらに詳しいレビューを載せているので、もしよかったら参考にしてみてください。

⇒国内最大級の恋愛・婚活マッチングアプリ「ペアーズ」

 

まとめ

野外フェスやアウトドアスポーツでは気分が開放的になり、ノリで出会いに発展させることができる

少人数で楽しむものよりも、大勢で一緒に楽しむもののほうが会話のチャンスがある

それ以外にはスポーツサークルに参加してみるのもおすすめ

飲み会やイベント、合コンなどお酒を飲む場所での出会いも増える

夏の出会いとしてはスマホのアプリを使った出会いもおすすめ

いつでもどこでも手軽に出会いを探せるのが大きなメリット

▼まずは無料で使ってみてください▼

本当に出会いがなくて困っているのであれば、マッチングアプリのpairs(ペアーズ)を使ってみてください。

ペアーズを使えば、すぐにでも出会いを探すことができます。

もちろんFacebookの友達にバレてしまう心配は一切ありません。

会員登録は無料なので、どんな人がいるのかを見てみるだけでもいいでしょう。

⬇️⬇️会員登録はこちら⬇️⬇️

Facebookで恋活・婚活【pairs】

せっかく無料で試すことができるので、出会いがないと悩んでいるのに使わないのは損していますよ。


pairs