婚活比較1

「婚活サイトって、どれを選んだらいいのかな?」、「婚活サイトっていっぱいあるけど、どう違うの?」

婚活サイトを使ってみたいんだけど、どれを使ったらいいのか分からなくて悩んでいませんか?

僕は初めて婚活サイトを使おうとしたときに、正直どれを選んだらいいのか分からなくて困ったことがありました。社会人になって「そろそろ結婚したいなぁ」という歳になると、出会いが少なくなって肝心の結婚相手がなかなか見つかりませんよね。

「合コンや婚活パーティーには疲れてしまった」、「そもそも出会いなんてどこにもないんだけど」という悩みも聞いたりします。僕も「早く結婚したい!」と思ったときに、どうやって結婚相手を見つけたらいいのか途方に暮れました。

そんなとき、いつでもどこでも相手探しをスタートできるのが婚活サイトです。スマホさえあれば、すぐにでも婚活を始めることができます。料金もリーズナブルで、結婚相談所のように何十万円もかかることはありません。

しかし、いざ婚活サイトを選ぼうとなると、どれを選んだらいいのか、どんな違いがあるのかよく分からないという人も多いのではないでしょうか?

ここでは婚活サイトを選ぶときのポイントを、データや特徴を比較しながらおすすめの婚活サイト4社を紹介していきたいと思います。

ぜひ自分に合った婚活サイトを見つけて、理想の結婚相手を探してみてください。

 

1、婚活サイト比較のポイントは会員数・料金・安全性

婚活サイトで、ちゃんと出会いがあるのってどれなんだろう?」と悩みますよね。

ぱっと見ただけでは、どれがいいのかよく分からないと思います。せっかく婚活サイトを使うなら、ちゃんと結婚相手が見つかるところを使いたいですよね。

結婚相手が見つかる優良な婚活サイトには、いくつかのポイントがあります。今から説明する基準を満たしている婚活サイトであれば、きっと素敵な出会いが見つかるでしょう。

 

会員数・知名度で選ぶ

プリント

基本的に婚活サイトを利用している会員数が多ければ多いほど、知名度が高ければ高いほど、いい出会いが見つかります。というのも会員数や婚活サイトの知名度があれば、それだけ自分と価値観の合う結婚相手が見つかりやすくなるからです。

結婚相手を探すときに、「どうしてもこれだけはゆずれない!!」という条件があったりしますよね。

例えば、「私は安定志向だから公務員の男性と出会いたい」、「自分の仕事が平日休みだから、同じように平日休みの仕事に就いている人いないかな」、「年収とかも気にはなるけど、やっぱり価値観が合う人がいいな」など、自分にとって大事にしている結婚観や価値観があるかと思います。

そういった価値観を共有できる相手を見つけるためには、なるべく多くの会員の中から見つけたほうが有利になります。

10人の中から相性のいい人を見つけるよりも、10000人の中から選んだほうが、よりぴったりと相性の合う人が見つかるはずです。また、会員が多いほど都市だけでなく、地方でも結婚相手を見つけやすくなります。

たとえば、高知県の人が会員数の少ない婚活サイトに登録したとしましょう。

いざ同じ県内で結婚相手を探そうとしたとき、検索結果に3人しかいなかったらどうでしょうか?

もうその中から選ぶとか、そうゆう問題じゃありませんよね。せっかく婚活サイトに登録しても、活動している会員数が少ないとなかなかいい出会いがありません。

それよりもたくさんの会員がいて、積極的に利用している人が多い婚活サイトのほうが、より理想の結婚相手に巡り会えるでしょう。

 

利用料金は月額3000〜4000円が一般的

婚活4

婚活サイトを使うときに、気になるのが利用料金ですよね。婚活サイトを使う前に、必ずいくらかかるのかはチェックしておきたいところです。

では、一体いくらかかるのかというと、月額で一定料金のところがほとんどです。僕がおすすめしている婚活サイト3社も、月額の料金制度になっています。

1ヶ月に支払う料金が決まっているので、あとから請求が来ることは一切ありません。また、婚活サイトは結婚相談所のように入会金や成婚料はかからないのも、手軽に始めやすい理由になっていると思います。

おおよそ月額3000円〜4000円が、一般的な婚活サイトの相場になっています。

さらに、後ほど記述しますが男性は有料だけど、女性は無料で利用できるという婚活サイトも中にはあります。これは女性を無料で利用できるように優遇しておいて、男性の有料会員をたくさん集めるという経営方針のようです。

男性からしたら、タダで婚活できるなんてうらやましい限りですよね。男性も有料だけどちゃんと出会いが見つかるなら、お互いにとってメリットがあるかと思います。

 

安全対策をしっかり行っている婚活サイトを選ぶこと

婚活6

婚活サイトを選ぶときに、安全に対する取り組みをきちんと行っているところを選ぶことが必須条件です。インターネットを使って婚活をするとなると、最初は誰もが不安ですよね。

僕も初めて婚活サイトを使うときは、「本当に安全なんだろうか?」「出会いがちゃんと見つかるのかな?」と、半信半疑で使っていました。安心して結婚相手を探すためにも、安全対策をしっかり行っている婚活サイトを利用しましょう。

まず、本人確認が必要な婚活サイトを選ぶことです。本人確認は婚活サイトで活動するときに、免許証やパスポートなどの写真をスマホで撮って、運営会社に送信する必要があります。

そうすることで、なりすましや悪質なユーザーを防いで、健全な出会いを提供しているわけです。もちろんその渡した個人情報をしっかり保護していなければなりません。

運営方針にプライバシーポリシー(個人情報保護方針)を明記している婚活サイトを選びましょう。プライバシーポリシーには、個人情報の取り扱いや安全管理について書いてあります。

「個人情報を第三者に漏らしたりしません」とか、「安全管理についてどうしているか」などの記載をはっきりと明記していることが望ましいです。違反・悪質ユーザーを見つけた場合は、運営に通報できる機能もあったほうがいいですね。

また、自社でサイト内パトロールをしている婚活サイトであれば、より安心して活動できるようになります。悪質なユーザーが不適切な内容のプロフィールを書いたり、ストーカーまがいの行為をしていないか24時間体制で厳しくチェックしてくれます。

 

2、婚活サイトの基本データを一覧表で比較

婚活2

婚活サイト名 会員数 利用料金 各婚活サイトの特徴
ゼクシィ縁結び 2015年運営開始のため未集計 月額3980円

・会員登録無料

・大手結婚情報誌のゼクシィが運営

・業界初のデート調整代行サービスあり

Pairs(ペアーズ) 累計300万人 月額2980円(男性のみ)

・会員登録無料

・Facebookのデータを活用

・女性は無料で利用可能

ブライダルネット 活動中の会員17万人 月額3000円 ・婚活アドバイザーのサポートあり

・運営会社IBJは東証一部上場企業

これから紹介する婚活サイト3社の基本的なデータはこのようになっています。

ペアーズは累計会員数のデータを公表しています。一概に会員数で比べることはできませんが、ペアーズが日本では一番多くの会員を獲得しています。

ブライダルネットは活動中の会員数で公表しています。こちらは累計会員数ではないのですが、活動中の会員数が17万人はかなり多い部類でしょう。

一方、ゼクシィ縁結びは2015年4月にリリースされたばかりなので、会員数がどれくらいいるのかまだ分かりません。

料金を比較してみると、ペアーズが月額2980円と一番安く、ブライダルネットも月額3000円とほとんど変わりません。ゼクシィ縁結びは月額3980円と、やや高めの料金設定になっています。

では、ここからそれぞれの婚活サイトの特徴を順番に説明していきたいと思います。

 

ランキング第1位【ゼクシィ縁結び】

ゼクシィ縁結び

ゼクシィ縁結びの基本データ

会員数・男女比:2015年運営開始のため未集計

料金:会員登録無料

有料会員:月額3980円

ゼクシィ縁結びの特徴

ゼクシィ②機能

おすすめの婚活サイトその①「ゼクシィ縁結び」は、2015年4月に開始された新しい婚活サイトです。

結婚情報誌で有名なゼクシィが運営しているため、名前を聞くだけでどこが運営しているのかすぐに分かるくらい知名度が高いです。

大手企業が運営している婚活サイトなので、「今まで婚活サイトを使ったことがない」という方でも安心して利用することができます。

また、気になった人とマッチングするまでは無料で利用することができるので、まずは気軽に試すことができます。

ゼクシィ④相手紹介

ゼクシィ縁結びははじめての婚活サイトを使うという人でも、自分と相性のいい結婚相手を簡単に探せるようになっています。

最初に18問の価値観診断を受けると、自分の価値観タイプや相性が分かるようになっています。結婚情報誌のゼクシィに集められたデータから、幸せな結婚生活を送っているカップルの特徴を分析しています。

これらの結果に基づいて、ゼクシィ縁結びでは会員の中から毎日4人、1ヶ月に120人の相手紹介をしてくれます。もちろん他の婚活サイトにあるような、条件検索機能もあります。

価値観タイプで探したり、職業や年収など自分が気になる条件で相手探しができます。

ゼクシィ6デート

ゼクシィ縁結びでは初めて会う人とでも、安心してデートできるためのサービスがあります。

婚活サイトにおいては、業界初のお見合いコンシェルジュがいることです。

お見合いコンシェルジュに頼めば、初デートの日程と場所の調整を代行してくれます。「会う前に連絡先を教えるのはちょっと、、、」という方でも、安心して会うことができます。

コンシェルジュにはスマホの番号を教えますが、相手に自分の番号を伝える必要はありません。当日の待ち合わせ場所もコンシェルジュが候補を決めてくれます。

ゼクシィ8安全

ゼクシィ8−2安全

ゼクシィ縁結びではより安心して結婚相手を探せるように、安全に対する取り組みも徹底しています。

利用規約に違反している会員がいないか、サイト内を24時間365日体制でパトロールしています。もし悪質な会員を発見した場合は警告が届き、強制的に退会させられます。

また、自分がそういった会員を見つけた場合は、運営に通報できる機能もあります。

メッセージのやりとりをする前に、運転免許証やパスポートなどをスマホで撮って本人確認する必要があります。これらの個人情報を保護するため、ブライダルネットと同様にプライバシーマークを取得しています。

また、ゼクシィ縁結びでの活動は匿名なので、本名や連絡先が表示されることはありません。

ゼクシィ縁結びの使い方

ゼクシィ縁結び1

まずは無料の会員登録をしたら、18問の価値観診断をします。これは3分で完了するので難しく考える必要はありません。

自分の価値観タイプが分かったら、自己紹介文を書いて、写真を載せます。プロフィールを見てくれた人に、自分がどんな人なのか分かるように詳しく書きましょう。

あとは自分が望む結婚相手の条件で探したり、価値観マッチングから相手を探していきます。ゼクシィ縁結びは自分の価値観タイプに合わせて、毎日4人の異性を紹介してくれます。

その中で気になった相手がいたら、「いいね!」を送りましょう。もちろん自分に対して「いいね!」が送られてくることもあります。

相手からも「いいね!」が返ってきたら、マッチング成立です。このあたりはペアーズと同じシステム形式ですね。

ゼクシィ縁結び2

ここからメッセージのやりとりをするには、有料会員への登録が必要になります。

メッセージのやりとりをして、「会ってみてもいいかな」と思ったら「お見合い」を申し込みましょう。

相手からも「お見合い」が返ってきたら、マッチング成立です。

「お見合い」が成立したら、お見合いコンシェルジュがデート日時や場所のセッティングを代行してくれます。

ゼクシィ縁結びのデメリット

・地方はまだ会員数が少ない

ゼクシィ縁結びは2015年にリリースされたばかりなので、まだ会員数が少ないです。都市部では出会いがありますが、地方では会員数がやや少なめです。

会員登録が無料なので、まずは自分の住んでいる地域でどれぐらいの人が活動しているのかを見てみるといいでしょう。

 

こんな人におすすめ

OL

・大手の婚活サイトを使ってみたい

・とにかく安全性を重視したい

有名なゼクシィが運営している婚活サイトなので、「大手企業の婚活サイトを使いたい」という方におすすめです。知名度は他の婚活サイトに比べても、圧倒的に高いです。

また、「初めて会う人と連絡先を交換するのは抵抗がある、、、」という方も、デートの日時・場所の調整を代行してくれるサービスがあるので、安心して会うことができます。

▼ゼクシィ縁結びを利用してみる▼
ゼクシィ縁結びゼクシィ縁結び

 

ランキング第2位【ブライダルネット】

ブライダルネット

ブライダルネットの基本データ

会員数:活動中の会員数17万人

カップル成立数:毎月15000人

利用者の年齢層:20代後半から30代

料金:月額3000円

男女比率 男性:女性=8:9

平均年齢 男性:30代前半 女性:20代後半

 

ブライダルネットの特徴

おすすめの婚活サイトその②「ブライダルネット」は、2000年に日本で初めて婚活サイトを立ち上げ、15年の運営実績があります。

また、運営会社であるIBJは婚活における実績を伸ばし、東京証券取引所市場第一部に上場している企業です。

一般的な知名度はそれほどありませんが、婚活業界ではかなりの大手企業といえるでしょう。

ブライダルネットの特徴は、趣味や価値観の共感でつながるソーシャル婚活メディアとしてマッチングできるサービスがあることです。

ソーシャル婚活とは、ツイッターやFacebookのようなSNSの機能を使って、好きなことや価値観が同じ人と出会えるシステムです。

「ここスキ!」というマッピング機能を使って、自分がよく行くお気に入りのカフェだったり、映画が好きならよく行く映画館を登録しておくことができます。これによって、好きなお店やお気に入りの場所が同じ人を見つけやすくなります。

「みんなの日記」ではプロフィールだけでは分からない、趣味や好きなことでつながりを作れる機能です。たとえば、スノーボードをしたという日記を投稿すると、それに対して見てくれた人が「いいね!」やコメントをつけてくれます。

あるいは、自分が興味のある話題に関する日記を書いた人に「いいね!」をしたり、コメントができるようになっています。

つまり、他の婚活サイトにもよくある条件検索機能だけでなく、自分と同じ趣味や好きなこと・価値観の人と出会えるようになっています。共通の話題を見つけやすいので会話に困ることもなく、マッチング率も高くなっています。

また、ブライダルネットには婚シェルと呼ばれる専門の婚活アドバイザーがいます。

コンシェル

ブライダルネット専門のサービスコンシェルジュは、入会に関する疑問・使い方・マッチングのコツまで丁寧にサポートしてくれるスタッフです。

最初にファーストカウンセリングといういくつかの質問に回答すると、婚シェルが自分のために紹介コメントを作ってくれます。

たとえば、こんな紹介コメントです。

精悍で男らしい風貌と、誠実で思いやりの深いお人柄のバランスがとれた方です。お仕事がとてもお忙しい時でも、平日と土 日、仕事とプライベートなど、オンとオフの切り替えをとても大切にされています。 結婚後も記念日を大切にし、いつまでも良いパートナーであり、女性の気持ちを尊重でき、恋人同士のような夫婦になれたら、と考えるステキな男性です。

 

色白で可愛らしく、守ってあげたくなる印象ですが、明るく行動的な一面もお持ちで、そのギャップが魅力的な女性です。
会社の方に誘われて行ったハイキングがとても楽しく、自然の素晴らしさを感じ、山登りへの興味も持ち始めたそうです。お互いの趣味を共有しながら、一緒に過ごす時間を大事にしてくださる男性とのステキな出会いを希望されています。

他にも「自分のプロフィールってどうやって書いたらいいの?」、「マッチングするためのコツって何かある?」、「メッセージのやりとりはどうしたらいい?」など、ブライダルネットにおける婚活の疑問にアドバイスしてもらうこともできます。

婚活サイトは基本的に自分で活動していかなければなりませんが、いざとなったらいつでも婚シェルに相談できるのは嬉しいサービスだと思います。

 

ブライダルネット安全

ブライダルネットで連絡先を交換できるのは、本人証明を提出した人だけです。本人証明のためには免許証やパスポート・保険証などをスマホで撮って、ブライダルネットに送信する必要があります。

連絡先を交換できる人は100%本人証明された方なので、安心して結婚相手を探すことができます。また、ブライダルネットは個人情報保護のためにプライバシーマークを取得しています。

(プライバシーマークとは、個人情報保護の体制を整備している事業者を認定する制度です。)

さらに、ブライダルネットの運営会社である株式会社IBJは経済産業大臣から「認定個人情報保護団体」として認定されています。徹底的な安全対策と情報管理をしているため、より安全な出会いの環境を提供できているようです。

実際にブライダルネットで活動する際にも、特定の会員からの閲覧を拒否できる設定や、不適切な内容の投稿・悪質な会員を通報できる機能もあります。

また、年収や体型など自分があまり知られたくないプライベートな情報の公開範囲を限定できる、プロフィール公開設定もできるようになっています。

 

ブライダルネットの使い方

流れ①

まずはブライダルネットに会員登録します。

会員登録したら、まずは自分のプロフィールを書きます。職業や住んでいる地域などの基本的な情報・趣味や結婚観を記入していきます。

連絡先を交換できるのは本人証明した人のみです。免許証や保険証など、本人確認できるものを写真で送信しておきます。

次に、相手探しをします。ブライダルネットは趣味や価値観が合う結婚相手が見つかるように、共通点から相手探しができます。

マッピング機能や日記で好きなことや趣味が同じなど、自然な流れで相手を見つけることができます。

 

流れ2

気になる相手が見つかったら、「あいさつ」を送りましょう。

「あいさつ」はブライダルネットにおける最初のアプローチです。いきなりメッセージを送信するよりも、気軽にアプローチすることができます。

相手からも「あいさつ」が返ってくるとマッチング成立です。

「あいさつ」が成立すると、「ちょい話そう」という7日間のメッセージ交換ができるようになります。7日間のメッセージ交換で、お互いのことを知っていきましょう。

もちろんメールアドレスなどの個人情報を相手に伝えることなくメッセージのやりとりができます。

 

流れ3

7日間の「ちょい話そう」が終わると、「もっと話したい」という機能が使えるようになります。

「もっと話したい」が成立すると、名前や連絡先が交換できるようになります。

その後はメールやラインでやりとりを続けて、実際に会ってみましょう。

 

ブライダルネットのデメリット

・地方での婚活はやや少なめ

・無料会員登録がない

ブライダルネットは会員エリアも公表しています。

関東が60%、東海12%、近畿22%になっています。他の地域は一桁なので、地方ではあまり出会いがないかもしれません。

また、ブライダルネットに無料会員登録はありません。いきなり料金が発生するので、参加するためのハードルが高くなっています。

 

こんな人におすすめ

OL

・本気で婚活したい人

・婚活におけるアドバイスもほしい

先ほど書いたように、ブライダルネットは男女ともに有料会員での登録しかできません。

逆にいえば、男女とも本気で婚活したいと思っている人ばかりが利用しているとも言えます。

その証拠にブライダルネットは東証一部上場企業で、運営歴が15年あります。

これはそれだけの実績が社会的にも認められている証拠です。

また、婚活サイトには珍しく、婚シェルという婚活アドバイザーがいます。

婚活サイトは基本的に一人で活動することになるんですが、そのときに疑問や不安があったりしますよね。

そんなときに婚活アドバイザーに相談できるのは頼もしいサービスだと思います。

▼ブライダルネットを使ってみる▼

ブライダルネット

ランキング第3位【Pairs(ペアーズ)】

ペアーズ

ペアーズの基本データ

会員数:累計300万人

マッチング数:累計1500万組

料金:会員登録無料

男性の有料会員:月額2980円

女性は無料会員のまま利用可能

男女比率 男:女=4.5:5.5

会員の平均年齢 男:31歳、女:28歳

Pairs(ペアーズ)の特徴

おすすめの婚活サイト③Pairs(ペアーズ)は、Facebookのデータを活用した今までにない婚活マッチングアプリです。

利用ユーザーの年齢平均は男性が31歳、女性は28歳です。20代後半〜30代の社会人男女には、まさにうってつけの婚活アプリといえるでしょう。

2012年にサービスを開始して以降、急速に会員数を伸ばし、2016年現在では累計会員数300万人を突破しています。

なぜここまで急激にユーザーを伸ばしているのかというと、その理由はFacebookのデータを活用して安全に出会いを探せるからだと思います。これによってなりすましや悪質なユーザーを排除し、より健全な出会いを提供することに成功しています。

婚活7

Facebookのデータを活用していると聞くと、「婚活してることが友達にバレたりしないかな、、、」と心配になりますよね。

ペアーズではそういった心配や不安について、十分に配慮されているので安心して使うことができます。

まず、ペアーズを使っていることが、Facebook上に投稿されることは一切ありません。ペアーズを使っていることが、知らないうちに友達にバレてしまうという心配をしなくても大丈夫です。

さらに、ペアーズ内では本名ではなく、イニシャル表記で活動することになっています。ペアーズの中で活動するときは、すべてイニシャル表記になっているので、実名が表示されることはありません。

もうひとつ、もしFacebookの友達がペアーズを利用していても、検索結果には一切表示されないようになっています。ペアーズはFacebookでつながっている友達は検索しても出てこないので、安心して活動することができます。

婚活8

これに加えて、安全に対する取り組みも万全です。メッセージのやりとりをする前に、必ず本人確認が必要になります。

免許証や保険証などの公的証明書をスマホで撮って送信するか、男性はクレジットカード決済時に年齢確認が完了します。

また、不適切な内容がプロフィールやメッセージに書かれていないか、ペアーズ側が24時間365日体制で監視しています。

ペアーズの使い方

pairsの出会いの流れ

①ペアーズのアプリをダウンロードする

まずはFacebookアプリかiPhoneアプリ、Androidアプリのいずれかをダウンロードします。

会員登録は男女とも無料になっています。

②気になる人が見つかったら「いいね!」を送る

次に、会員検索機能やコミュニティを使って、相性が良さそうな相手を見つけましょう。

会員検索は住んでいる地域や年齢・職業・休日など、いろんな条件で探すことができます。

コミュニティは趣味や価値観で相手探しができる機能です。ペアーズでは現在約2万ものコミュニティがあるので、より幅広いニーズに対応しています。

例えば、「イタリア料理が好き」・「海外旅行によく行く」・「無駄使いはしない」・「子供好き」など、自分の趣味・好きなもの・価値観をわかりやすく表示するために利用されています。

プロフィールを見ていって、気になる人がいたら「いいね!」を送りましょう。もちろんこのときの「いいね!」はFacebookと無関係なので、友達にバレることはありません。

③相手からも「いいね!」がきたらマッチング成立

気になった相手に「いいね!」を送ったら、相手からも「いいね!」が返ってくるのを待ちます。相手からも「いいね!」が返ってきたら、マッチング成立です。

もちろん誰かから自分に対して「いいね!」を送られることもあります。そのときには相手のプロフィールを見ながら、「いいね!」を返すかどうか判断しましょう。

④メッセージのやりとりを開始する

マッチングが成立したら、メッセージのやりとりができるようになります。このときに本人確認が必要になります。

男性の場合は1通目のメッセージ送信まで無料会員のまま利用することができます。このままメッセージのやりとりを続けるには有料会員に変更しましょう。

女性は無料会員のままメッセージのやりとりもできるようになっています。

メッセージのやりとりを何度かして、お互いのことを知っていきましょう。

このときにお互いのFacebookのアカウントを交換するかどうかを決めることもできます。もしくは、ラインを交換してそちらでやりとりしてもOKです。

しばらくメッセージのやりとりを続けて、「この人と会ってみたいな」と思ったら実際にデートをしてみましょう。

ペアーズのデメリット

・Facebookのアカウントがないと登録できない

ペアーズはFacebookのアカウントがないと登録できないようになっています。

また、なりすましや別アカウントを作って利用できないように10人以上友達がいることが必要です。

その点「Facebookの友達が全然いない」・「そもそもFacebookのアカウント自体ないんだけど」という方は、残念ながら他の婚活サイトを使うようにしましょう。

 

ペアーズの口コミ・評判

口コミ

*Googleplayより抜粋

☆☆☆☆ 2015年12月17日

金額はやや高いけど、今の所何も問題なく安心。会員も多いし、健気に続ければ良い関係作れそうな感じ。

☆☆☆☆☆ 2014年8月6日

いいかも! 繋がりやすいと思う!あとは、自分次第だね!

☆☆☆ 2015年12月21日

この手のアプリにしてはメンテナンスが少し多いかな、と感じます。

 

こんな人におすすめ

初心者マーク

・婚活サイト初心者でも使いやすい

・まずは無料で婚活してみたいという女性の方

ペアーズは婚活初心者でも使いやすいサイト設計になっています。もともとスマホのアプリを開発する会社なので、使い心地やサイトデザインには細かい配慮がなされています。

また、女性は無料で利用できるので、「婚活サイトってどんな感じなのか試してみたい」という方にもおすすめです。もし出会いがなくてもお金がかからないので、気軽に試せるのではないでしょうか。

男性も会員登録は無料、月額2980円で有料会員になれます。なので、他の婚活サイトと比べても、良心的な料金設定になっていると思います。

▼ペアーズの無料会員に登録してみる▼

pairs

婚活サイトは自分の目的に合ったものを選ぼう

20代後半女性婚活

以上、2016年おすすめの婚活サイトを紹介しました。

今回紹介しているものは、どれも使いやすく安心して婚活できるものを選んでいます。

主な比較のポイントは会員数と利用料金、そしてそれぞれの婚活サイトの特徴を書き出してあります。

その中で自分にはどの婚活サイトを選べばいいのか、その参考にこの記事が役に立てれば幸いです。

貴方に素敵な結婚相手が見つかるように願っています。

今回紹介した婚活サイト3社の公式HPはこちら

・大手企業の婚活サイトを使いたい人向け

ランキング第1位【ゼクシィ縁結び

・機能性を重視したい方におすすめ

ランキング第2位【ブライダルネット

・婚活初心者でも手軽に始めやすい

ランキング第3位【pairs(ペアーズ)