「婚活サイトで始めて会うときってどれぐらいメールしてから会うの?」

「メッセージを始めてから会うまでの期間はどれぐらいなんだろう…」

初めて婚活サイトを利用するときに、初デートはいつにしたらいいのか迷ってしまいますよね。

このページでは、ネット婚活で初めて相手と会うまでの期間とベストなタイミングについて詳しく解説しています。

 

メールを始めて1週間〜3週間後には初デートをしよう

婚活サイトは、プロフィールをサイトの運営者に登録し、決められた金額を毎月支払うことで、サービスを利用できるようになる仕組みです。

プロフィールなどの個人情報は、運営者がしっかり管理するので、プライバシーの侵害が起こる心配はほとんどありません。

結婚相談所の場合は、毎月の利用料金が1万円以上になることが多いですが、婚活サイトの場合は3,000円~4,000円くらいでリーズナブルに利用できます。

男性だけが支払う仕組みのところもありますし、女性も同額支払う仕組みのところもあります。

男女ともに利用料がかかるほうが、真剣に婚活に取り組む登録者が多いといえます。

プロフィールを登録する際、証明書を添付することが求められます。

身分証明として、車の運転免許や保険証の提出が求められることが多いです。

さらに、それに加えて収入証明や学歴証明を、任意に提出することもできます。

こうして提出された情報をもとに、異性を探し、相手にアプローチしていくことになります。

女性は、男性のプロフィールをみたとき、証明書がついていると安心感を高めます。

そのため、証明書のある男性の方が、より早く女性に直接会える可能性が高いでしょう。

なるべく、プロフィールを充実させることが重要です。

会員になると、異性のプロフィールを自由に見ることができるようになります。

そうなったら、自分から気になる相手に声をかけてみましょう。

サイト上の仕組みを使って、相手にメッセージを送ります。

相手も自分に好意を持ってくれたら、返信が来ます。

最初は、サイト上でのメッセージのやりとりをすることになります。

メッセージをやりとりする期間ですが、だいたい1週間くらいしたらデートに誘うかどうかを決めます。

その間に、その人と連絡先を交換するかどうかを決めます。

個人的な連絡先を交換したら、そちらを使って、自由に連絡し合うことになります。

サイト上で一週間程度メッセージのやり取りをして、メールやラインでさらに一週間くらいやり取りをすれば、相手のことも分かってくるので、直接会う約束を取り付けましょう。

メッセージを交換してから、あまりにやり取りが長引くと、間延びしてしまいます。

会う気がないのではないかと、相手に不安を与える可能性もあります。

会うタイミングは、人によってそれぞれですが、それでも1週間メールをして、その1週間〜3週間後にはデートをするのが平均的です。

つまり、マッチングしてから1ヶ月以内には会っているのが普通ということですね。

慎重な性格の人は、ネットで出会った人と、直接会うことにためらいを覚えることも少なくありません。

そうは言っても、直接会ってみないと、関係は深まりません。

そこで、相手が慎重な性格の場合には、なるべく多くの情報をやり取りの中で示し、きちんと証拠もつけることが大切になります。

勤務先や自分の友人など、示せるところはきちんと示していきましょう。

フェイスブックを見せるのも効果的です。

相手に信用してもらえば、早く会うことができます。

一方、連絡先を交換した以上、なるべく早く会いたいと考える人もいます。

直接会ってみなければ、結婚したい相手かどうかは分からないからです。

そうした人が相手の場合には、間延びを避けなければなりません。

連絡先を交換した段階で、いずれ会いたいですね、というメッセージを送ってみましょう。

相手の出方を見て、誘うタイミングを探るのが良いです。

もちろん、女性から誘うこともできます。

お互いに、会ってみたいと感じたときに、さらっと誘うことが大切です。

インターネットを使った出会いといっても、身分証明のある状態でやり取りがスタートしているので、一般的な出会い系とは違います。

大人が行っているものでもあるので、警戒心はほどほどに会ってみることが大切です。

会う場合には、初対面ということを考慮し、昼間に会うようにしましょう。

お茶を一時間くらいすれば十分です。

気が合う相手なら、次のデートに誘えばよいですし、ダメだと判断すれば、そこでお断りしましょう。

婚活は、お互いに貴重な時間を使って行うものなので、ずるずると連絡を取り合うのは好ましくないでしょう。

うまくいかない相手に時間をかけるのはやめ、次の相手を探しに行くことが大切です。

運命の人に出会うまで、この流れを繰り返します。

多くの人が、半年程度で運命の人に出会っています。

うまくいかないときはへこみがちですが、しっかり繰り返しましょう。

 

初デートはお茶かランチの短いデートがおすすめ

ネット婚活は結婚相談所に比べ、割安に婚活できるので、どんな人でも気軽に始めることができます。

また、ネット婚活では写真を公開している人が多く、写真を見てからメッセージを送る相手を選べるので便利です。

結婚相談所に比べ、身分証明が甘いところはマイナス点ですが、大手企業が運営しているところであれば、運転免許証や健康保険証などの写しを提出させられるため、身分証明がなされています。

収入証明などは、自分の意志で出したいと思う人だけが出す仕組みになっています。

相手の身元が分からない中でネット婚活をするのですから、そうした証明書類の提出があるかどうか、きちんと確認しましょう。

特に男性は、なるべくすべての書類を出した方が良いです。

相手に安心感を与えられますし、何より女性からの反応が良くなります。

そうした情報を登録した後、ついに婚活サイトを利用して、具体的な婚活が始まります。

プロフィールを見ることができるようになるので、まずは会員のプロフィールを見てみましょう。

都心部であれば登録者数が多いので、かなりの人数のプロフィールを見ることができます。

気に入った外見や内容の人に、自分からいいね!を送ることができます。

男性からアプローチすることが多いですが、女性から先にアプローチすることも少なくありません。

どちらから声をかけても問題ないので、とにかく積極的に声をかけてみましょう。

そして、その人と大体1週間、婚活サイト上でやり取りするのが一般的です。

サイトによって仕組みが違いますが、1週間と期限が決まっていて、その中で相手と連絡先を交換するか決めなければいけないところもあります。

そのため、どのサイトを使っても1週間くらいで、連絡先を交換するか決めるようにしましょう。

あまりに長引くとお互いに困るので、決断することが大切です。

連絡先を交換した後は、個人的なメールやラインで連絡を取り合うことになります。

今まで婚活サイト上でやり取りしていた人も、そこから離れて、普通の知り合いと同じになります。

婚活していると実感するのは、サイトで連絡し合う最初だけです。

連絡先を交換した後は、普通の知り合いと同様、メールやラインで連絡を取り合いましょう。

その際、最初のうちは、一日一回は少なくともやり取りすることをおすすめします。

あまりに間があくと、相手との距離も縮まりませんし、相手も同時並行で何人かとやり取りしている可能性があり、あっという間に忘れられてしまいます。

毎日やり取りする中で、相手の人柄や趣味などを理解し、おたがいの距離を少しずつ縮めていきます。

警戒心の強い人の場合、メールをしだして1週間くらい、直接会うのをためらう人もいます。

すでに、サイトの方で1週間くらいやり取りした後なので、さっそく会いたいと考える人もいます。

このあたりの判断は、人によって差が出ます。

早く会いたい人が、なかなか会う話にならないとしびれを切らしてしまいますし、慎重な人が合うことを急かされると怖がってしまいます。

相手の気持ちを確認しながら、できれば男性から誘うのが良いです。

男性にリードしてほしい女性は少なくないので、その方がスムーズに話しがまとまりやすいです。

連絡先交換をしてから会うまでの期間は、平均すると1週間程度といえます。

サイトと合わせて2週間くらい、メッセージのやり取りをしていれば、だんだんとおたがいのことが分かるので、安心して誘ってみましょう。

相手の出方を見て、その次の手を考えれば良いのです。

初めて会うときは、昼間の時間帯を選びましょう。

なるべく1時間から2時間くらいですむランチかお茶にしましょう。

ランチやお茶であれば、女性も警戒心を抱きにくいですし、直接会ったときにフィーリングが合わなくても、1時間から2時間なら我慢ができます。

初日からデートコースをしっかり考えていると、話が合わなかったときに悲惨ですし、相手も長くデートしたいと考えているとは限らないので、時間を区切ったほうが安心です。

初回のデートでなんとなく、相手とのフィーリングが分かります。

それで良ければ、次のデートに誘い、繰り返し会うことで親密になっていくようになります。

ではここで、実際に婚活サイトを利用してみた方々の体験談を見てみましょう。

 

「私は婚活サイトを使って本当によかったと思います」 20代後半 女性 Mさん

「私は今27歳です。

女性が27にもなれば結婚を少々焦り気味になりますが、私の場合、30歳になってからでも大丈夫と高をくくっていました。

友人たちは次々に結婚し、中には子供が二人もいる友人もたくさんいます。

このまま今の生活を送っても、30になっても同じことをやっているのではないか、と少し気持ちに焦りが出てきました。

今の生活、環境を変えるしかないと考え、本気で今年から婚活を始めたいと思いました。

友人や同僚がまったく知らないところで婚活を開始するために、ネットの婚活サイトを利用することにしました。

なぜなら、合コンやお見合いでは自分で納得できないからです。

結婚は、出会いがなければ成り立ちません。

出会いを求めて1から自分で結婚相手を探したい、そう強く思ったからです。

婚活サイトは、ネットでお相手を見つけることができます。

会員になることで、男性のプロフィールなどを見ることができます。

最初は正直とまどいを感じました。」

ネットでお相手を見つけるのって大丈夫なの、そんな気持ちが多少ありました。

しかし、実際婚活サイトの中身を知ると、真面目に婚活している人の集まりでした。

それぞれのプロフィールは、出身地から卒業した学校名、経歴など記されてあります。

また、自己紹介なども記されており、アピール文などを見ると私と同じく、結婚を前提に真面目な婚活を進めたいということが書かれています。

男性は女性と同じく、年齢層の幅広い方が登録されています。

年齢は20代前半から50代の方が登録されており、登録数の多さに驚きました。

皆こんなに本気で婚活をしているんだ、と確認することができました。

数あるプロフィールの中から、自分に合いそうな人を探します。

写真付きなので自分の好みの人は、あらかじめチェックしておきます。

婚活サイトは気軽にできる婚活方法です。

分からないことなどは、すぐに運営会社にメールできるので安心できます。

また、メールでもきちんと対応される点は、初心者の私には大変助かるものでした。

特に、最初は戸惑いと焦りばかりが先走ってしまい、途中どうしてよいのか迷うことも多々あります。」

私は、複数の人をピックアップして、最初はメールで自己紹介から始まりました。

その際どのようなメールを送れば良いのかなどを尋ねたこともあります。

運営スタッフの方は、自分の今の気持ちをそのまま伝えること。

そしてあまり自分を良く見せようとしないこと。

素直な気持ちを伝えればそれでいいのでは。と言われ気持ちが落ち着きました。

あまり気負いせずに、ありのままをメールで伝えればよいのだ、そう思うとスラスラと文字を打つことができました。

婚活サイトでの初めてのメールでした。

1から自分で相手を見つけると思っていましたが、婚活サイトがいろいろお膳立てしてくれているので、後は自分に合う人を見つけるだけです。

実際に使ってみて、婚活サイトはほとんどの方が真面目に結婚を考えていると感じました。

結婚を前提に交際したい人がほとんどなので、考えていることは皆同じだと思いました。」

「最初のメールをお目当ての方に送り、それから2時間半後に、メールの返信が届きました。

その2時間半が待ち遠しくて、まだか、まだかと待ち続けていました。

相手は、30歳の会社員です。

背が高くスポーツマンで、浅黒い肌が男らしいと感じました。

また、誠実そうな性格だと直感的に思いました。

相手からのメールでは、自己紹介と趣味などが書かれており、犬との2ショット写真も送ってくれました。

最初は苦笑いをしましたが、やはり真面目な方なんだということを確信しました。

文面を見るとすぐに分かりました。

私は、複数の方とのメールを並行しながら行っていましたが、やはり、最初の人に決めることにしました。

直感的にこの人だと決めた人が、自分の本命の人だと思います。

メールで何度もお互いのことを話していく内に、会いたいという気持ちがつのり始めました。

そして2週間後、初めておたがいが直接会うことになり、期待で胸が一杯になりました。

おかげで今、結婚へ向けて真剣交際をスタートさせることができました。」

 

「婚活サイトで出会った人と結婚しました」 30代後半 男性 Fさん

子供の頃、自分が将来結婚相手探しで苦労するハメになるとは夢にも思っていませんでした。

失礼を承知で言わせてもらいますが、およそ美男美女とはかけ離れたご面相の人が自分の周囲で結婚していましたから、大人になれば誰でも当たり前に結婚できるのだと思い込んでいたのです。

しかし、自分が実際に大人になってみて、そんなに簡単な問題ではないということを痛感することになりました。

大学時代に恋人がいましたが、社会に出てからは時間の都合をつけることが難しくなり、自然消滅に近い形で別れてしまいました。

その頃は仕事を覚えることに必死でしたから、失恋の痛手もさほど感じませんでした。

むしろ、余計なことで消耗する必要がなくなったと思い、ホッとしたくらいです。

当時はまだ20代前半でしたので、そのうち次の恋に巡り会えるだろうと軽く考えていました。

しかし、1日の大半を会社で過ごす私に、次の恋の機会はなかなか巡ってきませんでした。

会社には、恋愛対象になりそうな年齢の人がほとんどいません。

いいなと思う人がいたこともありましたが、別れることになった場合のことを考えると、積極的にアプローチしてみる気にはなれませんでした。

「そんな調子で日々を送っているうちに、私は35歳になっていました。

このまま何もしないでいると一生結婚できなくなってしまうと危機感を覚え、婚活を始めることにしました。

婚活するといっても、35歳にもなると合コンのお誘いがほとんどかからなくなります。

かといって、わざわざ婚活パーティーに出るのは気が引けてしまいます。

趣味や仕事を通じて自然に誰かと親しくなるのが理想ですが、それが叶わなかったからこそずっと独り身できたわけです。

具体的に何をするのが一番効果的なのか、かなり真剣に悩みましたが、とりあえず婚活サイトを利用してみることにしました。

同じ職場に2人ほど婚活サイトを利用している人がいるのを知っていましたので、あまり抵抗を感じずに登録することができました。

ただし、その2人が婚活サイトで結婚相手を見つけることができたという話は聞いていませんでしたから、正直言ってほとんど期待していませんでした。

しかし、結果的にその婚活サイトに登録したおかげで結婚することができたわけですから、あのとき登録して本当によかったと思っています。

「私が登録した婚活サイトは、パソコンとスマホの両方に対応していました。

でも、私はスマホだけを利用しました。

なぜかというと、パソコンの画面をにらみながら婚活するというのは必死すぎる感じがしたからです。

登録手続きはとても簡単でした。

アプリをダウンロードし、画面の表示にしたがって必要事項を入力していくだけで手続きを完了させることができました。

ただし、登録料や会費をクレジットカードで支払う必要があるため、クレジットカードを持っていない人はそのサイトに登録することができません。

クレジットカードを発行してもらう際には審査に通過する必要がありますから、カードを持っているという事実だけである程度の身元保証になります。

登録手続きがすべて完了すると、他の会員のプロフィールを閲覧できるようになります。

本名や住所など、個人の特定に繋がる情報は公開されていませんが、顔写真や趣味・家族構成・職種・年齢・婚姻経験の有無・身長・体重・相手に望む条件など、かなり詳しい情報を知ることができます。」

「気になる人がいたら「いいね」を送って、相手のリアクションを待ちます。

相手からも「いいね」が返ってきた場合は次の段階のメッセージ交換に進むことができますが、何も返ってこなかった場合はそこで終わりです。

「いいね」ボタンに回数制限がある婚活サイトが多いですが、私が利用したサイトは無料で押し放題になっていました。

そのため、割りと気軽に「いいね」を送ることができました。

結局、私は3人の相手と会ってみて、その中の1人と結婚することができました。

3ヶ月近くメッセージ交換を続け、お互いに会ってみたいという気持ちが高まったところで、デートの約束をとりつけました。

実際に会ってみるまでは個人情報が明かされない仕組みになっていたので、とても助かりました。

そうでないと、ストーカー被害に遭ってしまう恐れがあります。

初めてのデートから半年くらいたった頃にプロポーズしたところ、オーケーの返事をもらうことができました。

昨年の秋に結婚式を挙げたのですが、今は幸せいっぱいの新婚生活を送ることができています。

ちなみに、結婚が決まったところで婚活サイトの登録を抹消しましたが、成婚料のようなものは請求されませんでした。」

▼まずは無料でためしてみてください▼

良い出会いがないという方は、ゼクシィ縁結びを使ってみてください。

ゼクシィ縁結びを使えば、すぐにでも結婚相手探しができるようになります。

大手企業のリクルートが運営しているので、安心して利用することができます。

会員登録が無料なので、まずはどんな人がいるのか見てみるだけでもいいでしょう。

「早く結婚したいのに相手が見つからない…」と悩んでいるのに使わないのは損していますよ。

会員登録は3分で完了します。