婚活つらい

「べつに高望みするわけじゃないし、普通の男性と結婚できたらいいなぁ…」

「なかなか結婚できないんだけど、もしかして私って高望みしてる?」

高望みをしたいわけじゃないのに、なかなか結婚できないと悩んでいるアラサーやアラフォーの独身女性の方がいます。

年収が高いとか、大企業につとめているわけでもなく、ごく普通の男性と結婚したいということですよね。

このページでは、どれぐらいが高望みであり、普通の結婚とはどんなステータスになるのかについてまとめてあります。

また、アラサー・アラフォーでも、なんとかして高望みの結婚をかなえる方法についても書いてあります。

 

婚活している独身男性は、年収400~600万円くらいが多い

どうすれば婚活をして、幸せな結婚ができるのかを順番に見ていきましょう。

まず、ひとつだけ婚活の実態を知っておいてほしいんです。

それは、婚活において、アラサー・アラフォーの女性のほうが男性よりもあまっている状態にあるということです。

これが意味するのは、想像がつくかと思いますが、ライバルの独身女性が多くて競争しなければなりません。

というのも、最近では結婚したいと考えている独身男性が、年々少なくなってきています。

とくに、20代の男性は「まだ当分は結婚しなくていいかなぁ」とか、「俺は結婚する気ないんだけど、、、」

あるいは、「今の自分の給料じゃ、結婚して相手を養っていく余裕がない。。」

という意見が多く見られます。

その一方で、アラサー・アラフォーの独身女性の結婚への意欲は、独身男性とくらべても高くなっています。

そうなると需要と供給が合わなくなって、男性のほうが数では有利になっていくんですよね。

その中でも、条件や性格のいい男性はあっという間に目をつけられて、結婚していきます。

残ったのは条件が悪い、といっても性格がダメなのは論外として、先ほども書いた年収が400万いっていない男性や、安定した職業についていない男性がいます。

女性が年収400万以上を希望している以上、こういった男性もなかなか結婚できずに、男女とも婚活で結婚できない状態が発生してしまいます。

 

しかし、はたして年収が低い男性と結婚すると、本当に幸せになれないのでしょうか?

現在の日本では、結婚適齢期の男性の年収は400~600万円前後であることがほとんどです。

たしかにその年収であれば、自分が専業主婦で夫の収入のみで、結婚生活や子育てをしていくのは難しいでしょう。

もう少し経済的に楽になるためには、妻も働かなければならないと思います。

でも、その結婚生活が必ずしも不幸になるとはかぎりません。

共働きで、世帯年収が600万もあれば十分暮らしていくことができます。

そして、一緒に暮らすことになるので、家賃などの固定費もそれぞれが一人暮らしするよりも安く済みます。

共働きで世帯年収600万を目指せば、将来のための貯金もいくらかはできるようになるでしょう。

共働きで、子育てをしていくことはたしかに大変です。

最近でも話題になったように、保育園に入れない、待機児童がたくさんいたりして、みんな大変な思いをしていることもたしかです。

このあたりがもう少し改善されるようになれば、今後はもっと共働きで世帯年収を上げる家庭が増えてくるでしょう。

逆に、いくら男性の年収が高かったとしても、価値観や相性が合わなければ、幸せな結婚生活になるとはかぎりません。

ようするに、いくら年収や勤め先などのステータスだけで相手を判断しても、幸せな結婚ができる保証はないというわけです。

それよりも、自分と相手の価値観や相性が合うほうが、幸せな結婚生活を送ることも十分できるというわけです。

 

無理な高望みはせず、現実を見つめ直すことも大事

婚活をしているアラサー・アラフォーの独身女性によって、相手の男性の年収は一番気になるところかもしれません。

独身女性にたいする「結婚相手に求めることとは?」というアンケートでは、必ず上位に「経済的な安定性」が入ってきます。

もちろん他にも、「価値観が合う」とか、「趣味や好きなことが一緒」という意見も多かったです。

しかし、結婚生活をするには、そして、将来的に子供ができて子育てをしていくためには、先立つもの「お金」が必要になりますよね。

持ち家がほしいという女性も多いので、なおさら経済的な安定性を重視するんだと思います。

では、女性が考える経済的な安定性、どれぐらいの収入があればOKなのかを調べてみました。

すると、みなさんできれば年収600万円以上の男性と結婚したい、という意見が多かったです。

これは全国平均なので、都内であればもっと希望する年収も高く、総合してみると年収600万円以上の男性と結婚したいと考えているようです。

つまり、結婚したいと考えているアラサー・アラフォー女性のほとんどが、結婚するなら年収600万円以上の男性と結婚したいと考えています。

ここではっきりと結論を言ってしまいますが、年収600万円以上の男性と結婚したいと考えると、すでにかなりの高望みゾーンに入っている可能性があります。

「えっ?30代とか40代の男性で年収600万円でも高望みなの!?」と思われるかもしれません。

ここで年齢別の平均年収を見てみましょう。

 

20代全体のデータと年収分布

平均年収(全体) 平均年収(男性) 平均年収(女性)
349万円     368万円     324万円

年収600万円以上の割合 4.0%

 

30代全体のデータと年収分布

平均年収(全体) 平均年収(男性) 平均年収(女性)

456万円     488万円     384万円

年収600万円以上の人の割合 19.2%

 

40代全体のデータと年収分布

平均年収(全体) 平均年収(男性) 平均年収(女性)

572万円     616万円      433万円

年収600万円以上の人の割合 37.2%

 

このデータを見ると、20代の男性で年収600万以上の割合はたったの4%ほどです。

30代の男性でも19%となり、やっと2割ほどになります。

40代までいって、ようやく3割を超えるようになります。

つまり、独身女性の希望に見合った20代の男性はほぼなし、30代で2割、40代で3割しかいません。

「なんだ、30代なら2割いるじゃん!じゃあ、高望みしてもいけるんじゃない?」と思われるかもしれません。

しかし、このデータは残念ながら、既婚者がふくまれています。

独身だけの年収データがなかったので、正確なデータは分かりませんが、それなりの年収がある男性から早めに結婚していくことが考えられます。

男性も「年収が低いとなかなか結婚できない…」というツラい現実があるんですよね。

このデータから、独身女性が希望している男性の年収は、「高望み」であることが分かるかと思います。

そして、「私は別に高望みもしないし、普通の男性と結婚できれば幸せです。」と言う女性がいます。

その「普通の男性」のプロフィールを詳しく聞いてみると、

「年収は400万くらいで、大手勤務じゃなくても大丈夫です。

家事と育児には協力的な男性と結婚したいです。

顔は普通で、身長も170センチくらいあればいいかな。

できれば長男じゃないほうがいいけどなぁ。」

となったりします。

この内容でも、実は「独身男性にはめったにいない」、「前々から目をつけられていて、すでに結婚してしまっている」可能性が高いんです。

婚活をしていくにあたって、このステータスの独身男性は高望みになります。

そもそも、婚活をしているそこそこの独身男性が、女性に比べて少ないということは、自然と競争率が高くなります。

それほど多くない好条件の独身男性を、たくさんのライバル女性と争っていかなければなりません。

 

仮に、婚活で高望みをせず、現実的な結婚をするならどうすればいいのか見ていきましょう。

もちろん、現実を見たからといって、幸せな結婚ができないわけではありません。

現実的かつ、幸せな結婚は十分可能です。

逆に、高望みをしてしまったがために「いつまでも結婚できない…」、「焦って結婚に失敗してしまった。。。」ということになりかねません。

そうならないように、ちゃんと地に足のついた婚活をしていきましょう。

まずは、自分が本当に望む結婚像を思い浮かべてみることです。

結婚後の、将来のライフスタイルを考えると言ってもいいと思います。

なるべく具体的に考えてみてください。

たとえば、

・子供は何人くらいほしいのか?

・持ち家希望があるか?

・共働きでもOKか?

など、自分が望んでいる結婚生活を思い浮かべてみましょう。

そうすれば、どんな男性を結婚したいのかも、以前よりもはっきりと分かってくるようになります。

実際に生活するのにいくらかかるのかを分かっていないのに、「最低でも年収600万以上はほしい」という希望を出しても現実味がありません。

それなのに、婚活をするときに男性の年収や勤め先などのプロフィールを見て、結婚対象外にしてしまうのはもったいないです。

それではせっかくの出会いのチャンスを捨ててしまっています。

まずは自分が本当に望んでいる結婚観をはっきりさせて、それから本当に自分が望んでいる条件を決めるようにしましょう。

 

なかなか結婚できない場合は高望みしている可能性大

「婚活頑張ってるんだけど、なかなか結婚できない…」と悩んでいる方はたくさんいます。

しかし、なかなか結婚できない人は、実は結婚に対して高望みをしている可能性があります。

「いやいや!全然そんなことないし、普通の男性でいいんだけど!?」と思われる方もいるかもしれません。

その「普通の男性」が、すでに高望みである可能性が大きいんです。

「お金持ちの家系だとか、イケメンで高身長、大企業に勤めているエリート」という分かりやすい高望みをしているのなら話は早いんです。

そういった誰が見てもハイスペックな男性はほとんど婚活市場に現れませんし、もしいたとしてもちょっとワケあり物件(家庭に事情あり・性格に問題ありなど)で女性が敬遠してしまいます。

そうではなくて、なかなか結婚できない女性にとって、「普通の男性」=「年齢は同い年・年収400万以上の一般企業に勤めているサラリーマン・できれば都市部に住んでいて、結婚しても両親と別居できる」というスペックを求めています。

これに加えて、「顔はまあ普通で、ある程度話が合う人がいいな」となったら、それは婚活における普通ではなくて、すでに高スペックな男性の部類に入ります。

「えっ、たったこれだけで高望みしすぎなの!?」と驚かれるかもしれませんが、現代の婚活では高望みになってしまいます。

そもそも、どこにも欠点がなく、誰もが結婚したいと思うような男性が、婚活市場にいつまでも残っているなんてことはありません。

こんな男性が身近にいたら、さりげなくマーキングされていて、まんまと彼女になって結婚へと誘導していくでしょう。

あるいは、なかなか出会いがないだけでステータスが十分にある「普通の男性」が婚活すると、すぐに狙われてあっという間に結婚していってしまいます。

今のご時世、「普通の男性」であるだけでも希少価値が高く、競争率もかなり高くなっています。

結果として欠点がなく、いたって平凡に見える男性こそ、婚活では女性からも人気が高く、競争率もかなり高くなっているのが現状です。

美人、あるいは若い(20代前半)であれば、まだ「普通の男性」と結婚できるチャンスはありますが、とくに目立った特徴がないような女性では、なかなかゲットできません。

となると、婚活している女性が望むような「普通の男性」のステータスからは、ちょっと落としたほうが結婚できる可能性はぐっと高くなるということですね。

「年収はそれなりだけど、歳がちょっと離れている」とか、「そんなに収入が高いわけじゃないけど、性格とか価値観の相性は良いかも」くらいの男性を探していきましょう。

 

年収600〜1000万の独身男性をねらって出会うためには

「話はわかったけど、それでもやっぱり年収のいい男性と結婚したいし、お金持ちにもなりたい!!」という方もいますよね。

では、婚活で年収600万以上の男性と結婚するのは、本当に不可能なのか考えてみましょう。

婚活している男性の年収が600万以上の割合は、30代で19%、40代で37%ほどだと書きました。

それほど多いというわけではありませんが、どちらもまったくいないという割合ではありません。

「これならちょっと頑張って、勝負してみたい!」という方もいるかと思います。

では、年収600万以上をかせいでいる男性の具体的な職業というと、大手商社・医師・弁護士・経営者などがあります。

もちろん他の業種でも高年収の独身男性はいますが、わかりやすく、しかも年収が高い人が多い職業というと限られてきます。

これらの職業の独身男性とねらって出会うことがポイントになります。

そのためには、出会いがありそうな婚活をかたっぱしからためしてみることです。

年収600万以上の男性で出会いたいのであれば、まったく不可能というわけではありません。

確率は少ないですが、どんな婚活でもお宝独身男性がまぎれ込んでいるものです。

そのお宝独身男性とうまく出会うことができれば、高望み婚ができるようになります。

婚活パーティーでは、年収や職業で限定されているものに参加してみましょう。

男性の年収600万以上のハイクラス婚活・医師限定のパーティーなど、条件がかかっているものを選ぶだけです。

条件付きの婚活パーティーなら、すぐにでもハイスペックの独身男性と出会うことができます。

あるいは、婚活サイトを使ってみるのもいいでしょう。

婚活サイトであれば、会員検索で簡単に条件が設定できます。

年収600万以上とか、職業で医師・弁護士などを指定して探すだけです。

さらに、年齢にも条件をつけることができるので、細かなプロフィール条件で相手を探すことができます。

婚活サイトは、結婚情報誌で有名なゼクシィが運営するゼクシィ縁結びや、Facebookを活用したpairsなどがおすすめです。

あとは、最後の手段として結婚相談所があります。

結婚相談所なら、アドバイザーに希望する男性の条件を伝えるだけで、それに見合う男性を紹介してくれます。

年収や職業の証明書を提出しなければならないところが多いので、他の婚活方法よりも確実に相手の条件が保証されています。

その反面、婚活費用が高くなりがちなのがネックですね。

もし結婚相談所を利用するのであれば、高年収の男性と出会えて、なおかつ婚活費用が安いゼクシィ縁結びカウンターがおすすめです。

ゼクシィ縁結びカウンターは結婚相談所の中でも一番費用が安く、1ヶ月以内に80%もの人がお見合いデートをしている実績があります。

いずれにせよ、高望みができる独身男性と出会えることに変わりはありません。

みなさんご承知ではあるかと思いますが、高スペックの掘り出しもの独身男性は競争率がかなり高いです。

出会うことはできますが、相手に選ばれる可能性は低いことを承知しておいてくださいね。

ただし、ひとつ気をつけなければならないのは、年収をごまかしている男性には注意してください。

どんな婚活でもそうですが、男性のプロフィール通りの年収かどうかを本当に確かめる方法がほとんどありません。

唯一、結婚相談所で収入証明書・源泉徴収書を提出している場合のみ、男性の年収は証明されています。

それ以外では自己申告になっています。

そういった男性にだまされないように注意しましょう。

 

年収600万以上の男性を狙うなら人脈作りも大切

結婚するとなると、どうしても相手の男性の年収は気になりますよね。

将来的に子供ができて、自分が仕事をやめたり、あるいは休んだりすることもあるでしょう。

教育費だってバカになりませんし、良い教育を子供にさせたいとなったらなおさらお金がかかります。

そんなことを考えると、相手の男性の年収は結婚するときに重要な要素になり、できれば年収600万ある男性と結婚したいと考える独身女性も少なくありません。

ある婚活調査によると、年収600万以上の男性と結婚したいと考えているアラサーの独身女性は約4〜5割程度であるという結果が出ています。

しかし、それに対して年収600万の独身男性はわずか1割以下だとも言われています。

もし年収600万以上の独身男性と出会いたいとなると、婚活で出会った男性のうち、10人のうちに1人いるかいないかという計算になります。

出会うだけでも大変なのに、そこから他のライバルよりも先にその男性をゲットしなければならないという激しい競争が待っているでしょう。

どうしても年収600万以上の男性と結婚したいというのであれば、相当な覚悟と用意周到な婚活計画が必要になります。

少しでも高年収の独身男性と出会いたいのであれば、職種を限定しながら出会いを探すのがおすすめです。

年収は職種によってもバラつきがあり、平均年収が高い職業もあれば、逆に平均年収が低い職業もあります。

年収が高い職業としては、パイロット・医師・弁護士・会計士・国家公務員(警察官・消防士など)が挙げられます。

他にも、大手企業、商社、不動産業・金融業・IT業なども年収が高い男性の割合が多いです。

そして、これらの職種の男性と出会うために一番効果的なのが人のツテ・紹介です。

狙った男性と出会うなら、今も昔も人脈に頼るのが一番です。

紹介であれば、相手の素性も分かりやすいですし、相手も結婚したいという意思があるならトントン拍子にいくこともあります。

ただ、その人脈作りがかなり大変なのがネックですね。

人脈を作るのは時間も労力もたくさん必要になります。

簡単に人脈が作れるなら、誰も苦労したりしませんよね。

狙った男性と出会えそうな人とのつながりを地道にコツコツと作っていけば、年収の高い独身男性と出会える確率もアップします。

 

高望み結婚がしたいのなら、自分磨きは必須

さらに、高望みをするのであれば、自分磨きは必須です。

相手は高スペックの男性ですから、自分ががんばらなくても勝手に女性のほうからアプローチされます。

ということは、アラサー・アラフォーの女性側ががんばって選ばれなければならないということです。

この事実に気づかずに、「婚活してるけど、なかなかうまくいかない…」という女性が増えてしまっています。

では、どうすれば競争率の高い高スペックの男性をつかまえられるのかというと、外見と内面の両方を磨く必要があります。

外見は大きく分けると、ヘアスタイル・メイク・ファッションの3つのトータルで勝負します。

これらをどのように磨けばいいのかというと、キーワードは「女子アナ」です。

女子アナのヘアスタイル・メイク・ファッションはどれも男性が一番好きなものに合わされています。

女の子らしく、清楚に見えて、派手すぎず、適度におしゃれ、なのが女子アナスタイルです。

ヘアスタイルは美容院でセミロング、ややゆるふわな感じに仕上げてもらいます。

柔らかそう、ふわふわしてて可愛いイメージができるからです。

カラーも黒髪が、ダークブラウンくらいが一番男性ウケがいいです。

メイクもナチュラルメイクにしましょう。

「派手すぎず、すっぴんに見えるけどちゃんと化粧している」というくらい、がっつり作り込んでください。

あくまで自然に見えるように、透明感とやわらかなメイクを目指しましょう。

もしやり方がわからなければ、百貨店の化粧品売り場の店員さんにコツを聞くか、YouTubeで勉強してください。

ファッションも女性しか着られないものを選びます。

ブラウス・ワンピース・少しタイトなニット・ゆるいニット・スカート・パンプスなどが男性ウケがいい女性のファッションアイテムです。

色はベーシックな色を基準にしつつも、清楚・清潔感があるような白・パステルカラーをどこかに取り入れましょう。

これらの方法で女子アナっぽいスタイルを目指してみてください。

 

あとは、内面を磨くだけです。

と、簡単に言っていますが、内面磨きがけっこう難しく、また重要なポイントになります。

内面磨きといっても、具体的にどうすればいいのかいまいち分かりませんよね。

性格だってそんな簡単に変えることはできませんし、高スペックな男性は頭がいいので相手の本性を見抜いてきます。

「じゃあ、どうしようもないんじゃない?」と困ってしまうかもしれませんが、なんとか内面を磨く方法があります。

そのキーワードは、男性の話をよく聞く、です。

本当は謙虚さアピールとか、駆け引き上手とか、いろいろテクニックがあるのですが、一朝一夕では身につきません。

小手先、付け焼き刃のテクニックで簡単にだませるほど、高スペックな男性は甘くはありません。

それにそんな風に相手を惹きつけても、付き合っている段階でバレてしまいます。

であれば、ひとつのことに集中して自分磨きをしたほうが、成功率が高くなります。

その方法が、男性の話していることをよく聞く、です。

人は自分に興味を持ってくれる人を好意的に見る傾向があります。

「この人は、俺の話をよく聞いてくれるなぁ。」と思ってもらうことは、結果的に相手の好意をもらうことができます。

会話は自分がべらべらしゃべるのではなく、相手に気持ち良く話してもらうことを意識してみましょう。

婚活で出会うときに、会話を続けるのはけっこう大変ですよね。

せっかく目当ての男性に出会えたのに、気まずい沈黙が流れると微妙な雰囲気になるのは嫌ですよね。

気まずい沈黙にならないためには、どんどん相手の男性に興味を持って、質問をしてみましょう。

そのためには、自分が話の聞き役である必要があります。

話を上手に聞いてあげることができれば、それだけで気まずい沈黙をふせぎ、楽しい会話にすることができます。

それぐらい会話では、質問をしつつ話をよく聞くことが重要です。

連想ゲームのように、相手が話してくれたことに対して、「それって⚪︎⚪︎ってことですか?」と聞き返していくのもいいでしょう。

具体的な内容を聞いていくと、より話を広げていくことができます。

また、相手の男性が知っていること・好きなこと・興味のある話題であれば、自然と話を続けてくれるようになります。

会話の話題を自分で考えるのではなく、男性が話す内容から探していくようなイメージです。

男性から上手に話を引き出していくことができれば、あとはその話をよく聞いているだけでOKです。

最初はうまく質問できないこともあるかと思いますが、少しずつコツがつかめて慣れてくるでしょう。

 

アラフォー・アラサーの独身女性が高望みして年収600~1000万の男性を狙って結婚する方法のまとめ

婚活している独身男性は、年収400~600万円くらいが多い

・アラサー・アラフォーの女性のほうが、婚活している独身男性よりもあまっている

無理な高望みはせず、現実を見つめ直すことも大事

・年収600万円以上の男性と結婚したいと考えると、すでにかなりの高望みゾーンに入っている可能性あり

どうしても年収600〜1000万の男性をねらって出会うためには、婚活方法を厳選する

・確率は少ないが、どんな婚活でもお宝独身男性がまぎれ込んでいる

高望み結婚がしたいのなら、自分磨きは必須

・自分磨きは外見と内面の両方をがんばること

▼まずは無料でためしてみてください▼

いい出会いがなくて困っている方は、婚活サイトのゼクシィ縁結びを使ってみてください。

ゼクシィ縁結びを使えば、すぐにでも結婚相手探しができるようになります。

大手企業のリクルートが運営しているので、安心・安全への取り組みは徹底しています。

会員登録も無料ですので、まずはおためしで利用してみるのがおすすめです。

「早く結婚したいのに相手が見つからない…」と悩んでいるのに使わないのは損していますよ。

会員登録は3分で完了します。

▼ゼクシィ縁結びを使ってみる▼
ゼクシィ縁結び