OL

「私の結婚適齢期って何歳くらいなんだろう?」

自分が何歳で結婚するべきなのか気になりますよね。

このページでは結婚適齢期に結婚する方法について書いてあります。

 

1、女性の結婚適齢期は28歳〜30代前半

婚活を考えている人はまず、自身の年齢を意識してみることが大切です。

例えば、30代後半〜40代では婚活がスムーズにいかないことがあります。

特に、女性は結婚と出産もイコールで結びつける傾向にあるため、子どもを望むのなら早めに婚活をした方が有効的です。

また、結婚適齢期は一昔前に比べると、かなり遅くなってきています。

一昔前はお肌の曲がり角と同じ25歳程度でした。しかし、これは中卒や高卒で社会に出る人が多かったからです。

最近は高卒や大卒が当たり前になってきているため、ある程度の社会人経験を積んでから結婚をする人が多くなってきています。

そうすると、必然的に何歳くらいが結婚適齢期になるのかというと、28歳から30代前半程度となっています。

高齢出産は35歳からと言われているので、その前に結婚をする必要があります。

そうなると、28歳から30代前半で結婚に焦りを感じるようになる女性が増えてくることになります。

しかし、現実的に見てみると、女性の28歳は仕事が乗っているような状況が多くなっています。

社会人生活に慣れてきて、だんだん大きな仕事を任されるよう になってくる頃です。

そうすると、仕事を取るか結婚を取るかという選択肢が生まれてきます。

多くの女性は結婚をしても働き続けたいと思っているため、この点も融通が利くような相手ではないと安心して結婚できません。

また、仕事が忙しく、恋愛をしている時間がない、あるいは出会いそのものがないという人が現実的な問題点となってきています。

最近は女性の人口が男性よりも多く、職場にも女性が多いというところがあります。

そうなってくると、仕事関係で異性を探すことも難しくなります。

このような問題点から、どんどん婚期が遅れてきているという現状です。

もちろん35歳以上になってから出産する人も多くなっています。

体への負担を考えるのなら、できるだけ早めに出産すべきです。

それから、職場によっては既婚者が多くなってくると焦りを感じる人も増えてきます。

そこで合コンや飲み会に積極的に参加する人も多くなります。

早く結婚したいのなら、積極的に異性と出会える可能性のある場所には参加した方が有効的です。

人脈を作ることが重要と言えます。

年々、結婚年齢が上昇してきており、女性は初婚が30歳近くなってきています。

よって、最初の出産年齢も30歳以上となってきています。

人によっては、40歳近くで結婚をして、40歳 を過ぎてから出産するという人も増えてきています。

これらの状況を見てみると、結婚適齢期は何歳でもいいような気がする人も居るはずです。

40歳近くまでバリバリ働いていてお金を作り、経済的に余裕を持っ た状態で結婚をした方がいいと考える人も居ます。

また、体力に自信がある人なら、出産年齢が高くても気にする必要はありません。

周囲の状況に感化されないことも重要となってきます。

俗に結婚適齢期と言われている20代後半になると、同年代がどんどん結婚していきます。

結婚式に招待されることも多くなってくるはずです。

そうすると、取り残されたような気持ちになり、結婚に焦りを感じる人も出てきます。

しかし、実際には置かれている環境がみんなと同じではありません。

中には正社員も居ればフリーターも居ます。自立している人なら、特に焦る必要はありません。

女性の場合、出産のタイミングを図ることが重要となってきます。

何人も産みたいのなら、早めに人生設計を立てるべきです。

欲しくてもそう都合よく産めるとは限らないからです。

特に、婦人科系の病気を抱えている人は、早めに治療に臨んだ方がいいかもしれません。

産みたい時に産めない可能性が高いからです。

一般的には婦人科健診は30歳になってから行われますが、もっと若いうちから健診を受けておくと安心です。

結婚相談所などに登録をすると、相手によっては年上の方がいいという条件をつけてくる人も居ます。

この場合、結婚適齢期に関係なく選んでもらえるので、あまり年齢にこだわる必要はありません。

最近は草食系男子も増えてきており、年上女性も人気となってきていると言われています。

また、バツイチでもいいという男性も増えてきているので、未婚にこだわる必要もありません。

ここで、結婚適齢期に結婚できた女性の体験談を紹介していきます。

ユキさん

子供がほしい女性は、遅くても35歳までに絶対結婚したいと考えている人は多いわね。

ゆーじ

高齢出産はリスクも高くなってきますもんね。

2、私の友人は結婚適齢期にうまく結婚しました 28歳 派遣社員 Bさん

OL

「女性の結婚適齢期は20代後半であると思っている人が多いようです。

しかし、近年は不景気のため女性も遅くまで働いていることが多く、なかなか素敵な男性と出会う機会がないという人も少なくないと思います。

婚活パーティーに行く勇気や一緒に行く人もおらず、また合コンをする機会もなく困っている人も多いでしょう。

逆に、世の中の女性はどのようにして素敵な男性と出会っているのか、不思議に思えてくる場合もあるかもしれません。

では、具体的に結婚適齢期で結婚することができた、私の友人の例を紹介したいと思います。」

「その友人とは大学で知り合いました。髪型はベリーショートで、性格もサバサバしておりボーイッシュな印象を受けました。

社交的で男女隔たりなく幅広い人と仲良くでき、スポーツも得意だったため、男性の友人といろいろなスポーツをする機会も多い人でした。

しかし、そのボーイッシュな性格が災いしたのか、男性の友人は多くいましたが、誰も彼女を「女性」として見ることはありませんでした。

男友達の一人のように扱われてしまい、また彼女も恋愛には消極的でしたので、大学時代に彼氏ができることもありませんでした。

「また、よくよく聞けば、今までの人生において彼氏ができたことが一度もなかったようです。

しかし、彼女は多くの友人に恵まれ、楽しい大学生活を送っていました。

私は、それも一つの人生だと思い温かく見守っていました。

しかし、大学を卒業して就職し、社会に足を踏み入れると、学生の時とは比べ物にならない重圧と疲労で彼女は疲弊していきました。

田舎から都会に出てきていたこともあり、また実家に帰ることができない事情もあったため、仕事を辞めることもできず頑張るしかありませんでした。

休日に飲みに行くと、仕事の愚痴を言いながら酔いつぶれてしまうことも多く、彼女には支えになるパートナーが必要ではないかと他の友人と話すことも多くありました。」

「しかし、彼女は今まで恋愛をしたこともなく、また新たな男性と出会う機会も、出会おうとする努力もしなかったため、社会人になっても彼氏ができることはありませんでした。

彼女は、友人から恋愛の愚痴を聞かされることも多かったため、恋愛自体にそれほど魅力を感じなかったのかもしれません。

しかし、そんな彼女もあっさりと結婚しました。

結婚の報告を受けたときは、私を含め友人の多くはかなり驚きました。

では、どのようにして出会い、結婚に至ったのでしょうか。」

「彼女は、学生時代から「コブクロ」の大ファンでした。

その熱は社会人になってからも冷めることはなく、むしろ仕事のストレスを解消してくれる大切な存在になっていきました。

仕事に少し余裕ができた彼女は、コブクロのファンが集う集まりに参加するようになりました。

その集まりは、純粋にコブクロを愛する人たちが、コブクロについて語り合うコミュニティでした。

そのコミュニティは男女ともに多くの人がいましたが、恋愛というものは存在しませんでした。

彼女も恋愛を求めてそのコミュニティに参加したわけではないので、その中で彼氏探しをするわけでもありませんでした。」

「しかし、そのコミュニティで知り合った年下の男性が、徐々に彼女に対して恋愛感情を抱くようになりました。

コブクロに対する熱い気持ちが自分と共通し、また歌詞で感動する部分が同じであったことで、彼女を意識し始めたようです。

知り合って数か月後、彼女はその年下男性に告白されます

しかし、今まで恋愛をしたことのない彼女は戸惑ってしまい、しばらく悩みました。

その悩みを私も聞きましたが、聞けば悪い男性で もないようでしたので、とりあえず付き合ってみるよう勧めました。

「そして数日後、彼女に人生初の彼氏ができました

彼氏ができてから彼女は一気に女性らしくなりました。

服装もボーイッシュなものばかりでしたが、スカートをはくようになり、髪も伸ばすようになりました。

「コブクロ」という共通の支えがあったため、二人は最高の友人であり最高のパートナーになりました。付き合って半年後、二人は結婚しました。

あまりにも早い結婚に、周囲はかなり驚かされましたが、結婚して数年が経つ今でも二人はラブラブです。彼女に必要だったのは、きっかけです。

そのきっかけは人によって違うと思いますが、何気ない趣味の延長がきっかけとなることもあるようです。」

 

出会いのチャンスはどこにでもあるという好例

結婚適齢期というと、社会人になってしばらくたった20代後半くらいというのが一般的な考え方だと思います。

しかし、最近は晩婚化が進んでいるため、30代前半で結婚しても、決して遅くはないと思います。

しかし、30代になるとなかなか出会いもなく、どうすればいいのか悩んでしまうかもしれません。

これは男性的な目線ですが、ボーイッシュな女性がモテないわけではないと思います。

社交的で男女ともに友達が多いような女性は、その人次第ですぐに彼氏ができるでしょう。

たとえ男友達のように扱われたとしても、やはり女性は女性ですから、友人関係から恋愛に発展する可能性がないとは言い切れません。

ただ、恋愛になると消極的になってしまうのであれば、なかなか彼氏はできないと思います。

この友人の場合は、今まで一度も彼氏ができたことがないということからも、恋愛に対してかなり奥手だったようですね。

コミュニケーション能力が低いわけでもなく、むしろ高いぐらいであっても、こと恋愛になるとまったくダメという男女がいます。

そういった人は恋愛に対して臆病になってしまっていたり、また、どうやって接すればいいのか分からないということでしょう。

社会人になると仕事の忙しさ・人間関係から疲れてしまうという人も多いです。

そんなときに「恋人を作る暇なんてない、、、」となってしまいがちですが、むしろ、仕事ばかりで疲弊してしまうようなときこそ、近くにいてほしいような存在が必要だと私も思います。

やはり自分から出会いを作ろうという意思がないとなかなか彼氏はできません。

しかし、そんな方があっさり結婚してしまうというから驚きですね。

つくづく出会いはタイミングと運の要素も強いなと思います。

なので、出会いのアンテナは常にいろんなところに広げておくことが大切です。

きっかけはコブクロファンの集まりということですね。

こういったファンの集まりには男女ともに集まるので、恋愛関係に発展する可能性がないとは言い切れません。

もちろん恋愛目的で参加するわけでもないでしょうし、カップルになる確率はそれほど高いわけではありません。

それでもまったくのゼロということもないでしょう。

また、こういった趣味の集まりでは好きなことの共通点があるため仲良くなりやすいというメリットもあります。

お互いに好きなことが同じだと会話も弾みやすいし、「この人は自分と価値観が一緒」という意識が芽生えやすくなります。

ただ、彼女の友人は今まで恋愛をしたことがないため、告白されたときに戸惑ってしまったようです。

そういった場合でも、とりあえず付き合ってみるというのは悪い選択肢ではないと思います。

付き合ってみなければ分からないことも多いし、ダメだったとしてもそれはそれで恋愛経験になるはずです。

好きな人ができると、女性は一気に女性らしくなりますよね。

そして、好きなことが一緒だと距離も一気に縮まりやすくなります。

付き合ってわずか半年で結婚、それも初めての恋人というのは驚きです。

結婚する相手はどこで出会うか分からないものです。

しかし、言えることは行動をしなければ始まらないということです。

趣味の集まりに参加しても、婚活をしてみても、どんなことでもいいので、まずは行動することから始まります。

きっかけさえあれば、結婚への道は少しずつ縮まっていくことでしょう。

ユキさん

結婚につながる出会いがほしいなら自分から行動するべきよ!

ゆーじ

待っていても結婚相手は現れません!

3、結婚適齢期に結婚した方法について 看護師  31歳 Oさん

OL

「私は恋愛に関心があったのですが、学生時代から異性と交流する事が苦手でした。

そのため恋人が出来ても会話が他人行儀になりすぎて、長く交際を続けることが出来ませんでした。

そんな私が結婚適齢期に結婚した方法を教えます。それは結婚相談所を利用することでした。

私の仕事は夜勤があり、また職場は同性が多かったために仕事での出会いは皆無でした。

そのため外に出て恋人を作る必要があったのですが、合コンは私は苦手だったために参加する意欲がありませんでした。」

「そんな時にネットで結婚相談所の記事を読んで、結婚を希望する異性と出会えるきっかけになると思って資料を請求しました。

資料を請求する場合は、料金や相談所の雰囲気を確かめたかったために1つの会社には絞らずに、複数の会社の資料を請求しました。

自宅に届いた資料を読んで、結婚相談所にもそれぞれの個性があると思いました。

例えば、入会料や維持費が高めに設定してある相談所は、その分アフターケアが充実している傾向があると思いました。」

「また、合同のお見合いイベントも充実している傾向があると感じました。

逆に入会料や維持費が安い相談所は、出会いのきっかけは作ってくれるけれど、その後の交際は独力で行う必要があると思いました。

またお見合いイベントの開催についても、大きなホテルで行うよりも、1対1で個別に行う傾向があると感じました。

そのため結婚相談所を選ぶ場合は、自分の性格を分析して自分の相性に合致した相談所を選ぶことを推奨します。

私の場合は異性との出会いや会話が苦手だったために、相談所のスタッフによるカウンセリングやアフターケアが充実している相談所を選びました。」

「カウンセリングによって、自分と相性が良い異性の傾向を知る事ができました。

また異性と会話をする時に、話題の広げ方やリラックスする方法もアドバイスをしてくださいました。

結婚適齢期に結婚するためには、必ず結婚するという意欲と行動が重要だと思います。

その方法が私にとっては結婚相談所の利用でした。

結婚相談所には同じように結婚適齢期で結婚を真剣に考えている異性が数多く会員登録しているために、出会いのチャンスは豊富にあるのがメリットでした。」

「素敵な異性と出会うために、私が利用して良かったと思ったのが結婚相談所でした。

相談所の中には成婚率を課題に宣伝している所もあるために、実際に資料を請求して問い合わせをする等して、相談所のスタッフの誠実さを確認する事を推奨します。

結婚相談所を利用して良かったと思うことは、お見合いをして仮に交際を断る場合であっても、プロのスタッフが仲介に入るために気まずい思いをしなくて良い事でした。

また会員登録している方々は、社会人として身分が保証されているために危険な人や遊び半分で交際を求めてくる人はいない点も安心できました。」

「自分と相性が合う異性を見つける方法としては、仕事や相手の家族構成など、外部的な条件だけを重視するよりも、相手の内面を重視した方が良いと思いました。

その理由は仕事等の条件は転勤や会社の意向などで将来、変化をすることがあります。

その点、相手の内面重視で選ぶと交際時も結婚後も楽しい生活を続けることができます。

また、結婚を考える上で大切なことは、相手と喧嘩をした時に仲直りができるかどうかが重要だと考えます。」

「なぜなら、長い結婚生活の中では様々な出来事が起こります。

そして時には喧嘩をする事もありえますが、その場合、時間が経過した後にお互いに冷静になって歩み寄ることが大切だと考えます。

お互いに感情的になったまま、相手を責めていては良好な結婚生活を続ける事が苦しくなります。

そのため結婚相手を見極めるポイントは、理性的で温厚な人がいいと考えました。」

「また、結婚相談所を利用して良かったと思う点は、多くの相談所はコンピューターのマッチング制度を使用して、相性の良い異性を紹介してくれます

そしてこのマッチング制度は最初の心理テストや、趣味傾向を分析したデータを使用しているために精度が高いと感じました。

したがって、会話が弾んで安心できる異性の出会いが多くなった点が相談所を利用して良かったと思う点です。

その中で結婚生活を安心して過ごせる人を選べるのが良いと思いました。」

 

結婚相談所は自分の欠点にもアドバイスをくれる

Oさんは先ほどの友人のように恋愛に関心がないというわけではなく、異性と交流するのが苦手ということですね。

また、恋人ができないというわけではなく、うまく接することができないということです。

しかし、結婚適齢期には見事結婚をしていますね。Oさんの場合は結婚相談所を利用しています。

仕事の関係上、出会いがまったくないという方も多いでしょう。

私も飲食店勤務のため、平日休みでなかなか出会いがありませんでした。

結婚相談所とひとくくりで言っても、それぞれに特徴があります。

結婚相談所のようにお金をかけたくないという方は婚活サイトを利用するという手もあります。

婚活サイトなら1ヶ月3000円前後で結婚相手探しができます。

Facebookを活用した婚活アプリpairsや、結婚情報誌で有名なゼクシィが運営するゼクシィ縁結びなどの婚活サイトがおすすめです。

最近はただ相手を紹介したり、カウンセリングするだけでなく、様々なイベントやセミナーを開催している結婚相談所も多いです。

そのため、ただ出会いを作るというだけでなく、自分の苦手なことをサポートしてくれたり、カウンセリングで相談してくれるところを選ぶのもいいかと思います。

カウンセリングでは会話の仕方やファッション・メイクなどについても相談に乗ってくれます。

いずれにしても、「絶対に結婚する!!」という意思が大切です。

モチベーションを高く保っていれば、自分磨きにも相手探しも積極的に行えるようになります。

結婚相談所が間に入っているので、お見合いをするのも簡単に行えます。

断るときに気まずい思いをしなくてもいいのは楽ですよね。

また、婚活の中では一番身分証明が厳しいのも安心できるポイントです。

Oさんのおっしゃるとおり、結婚相手を探すときには相手の見た目や収入だけでなく、自分と価値観が合うかどうか、内面の相性も重要です。

結婚は一生をともにすることになるので、価値観が合わないとなると、のちのち一緒に生活することが厳しくなってしまいます。

いかに自分と合いそうかどうか、ずっと一緒にいられそうかどうかを見極めることが大切です。

喧嘩しても仲直りできるかどうかをひとつの判断基準にするのはいいと思います。

こちらに非があるときは自分が謝れば済む話ですが、相手が悪いと思っている場合は相手に謝ってほしいですよね。

素直に「ごめんね」と謝れる男性のほうが潔いでしょうし、器も大きいと思います。

言葉にすれば簡単ですが、夫婦はともに歩み寄ることがずっと仲良く過ごす秘訣です。

最近は相性のいい異性を見つけるために、心理テストや価値観診断などを行ってくれる結婚相談所も多いです。

こういったマッチングシステムは自分でも気がつかなかった、大切にしている価値観を教えてくれたりするので便利です。

ユキさん

婚活サイトと結婚相談所を同時に使うダブル婚活もありよ!

ゆーじ

出会いのチャンスも2倍になります!

4、キーポイントは子供がほしいかどうか

OL

結婚をしたい女性は数多くいます。しかしながら仕事をしたい女性も数多くいます。

仕事と結婚を両立させていくのは、実は非常に大変なことです。

結婚するということは、日本においてはやはり家と家の結婚です。

いくら個人個人で結婚したいと思っていても、結婚式から始まり、様々な行事の際にはやはり夫の実家にも挨拶に伺わなければなりません。

子供が産まれればさらに女性の生活は変化します。

妊娠すれば仕事を続けるか辞めるか等、考えなければいけないことは山積みで、お金もそれだけかかるようになります。

それでも、結婚は素晴らしいことです

一人で生きていくよりは、二人で生きていく方が何倍も楽しいことが待っています。老後を考えれば不安も解消されるはずです。

では、結婚適齢期は何歳くらいになるのかもう一度考えてみましょう。

結婚適齢期というのは本来ならばその人が結婚したい時がその時にあたります。

10代でも60代でも、結婚したいと思ったのなら、それは適齢期です。

出会いがいつ来るかなんて、自分自身でも分かりません。

しかし、結婚したいと思った時に、なかなか相手が見つからない状態であるよりは、見つかるような状態でいたいものです。

仕事をしながら結婚相手を探すのは大変なことですが、自分を磨き続ける必要があるでしょう。

年齢が早くても遅くても結婚したいのならば、見つける努力は惜しんではいけません。

一番重要なことは、子供が欲しいかどうかです。

結婚したら子供を持ちたいと思っているのであれば、結婚適齢期はやはり20代後半から30代半ばが理想です。

20代前半は仕事に就いたばかりで、自分のキャリアの形成のために時間を費やさなければならず、なかなか結婚まで踏み切れないはずです。

しかし、20代後半になってくると、今の仕事と自分の理想がかみ合わなくなってくる人もいます。

仕事に慣れ始めてきて、周りが見えるようになってくるためです。

仕事に余裕が出てくると、他のことに目が向くようになるので、恋愛にも十分時間が取れるようになります。

しかし、結婚となると一番悩むのがこの年代です。

30代に入ると自分の仕事や人生のビジョンも考えられるようになってくるので、結婚へも考え方が柔軟になります。

子供を持ちたいのであれば、40代はなかなか厳しいものがあります。

妊娠するということは、女性にとって大変な仕事です。

体力も精神力も非常に使います。高齢出産が当たり前の現在ですが、高齢出産はやはりリスクが高いものです。

母体や赤ちゃんへの影響を考えるのであれば、やはり慎重に進めた方が良いでしょう。

もちろん、無事に出産している人はたくさんいます。

どうしても子供を持ちたい人にとっては年齢は関係ありません。

ただ、年齢が上がってくればくるほど、体力的な面では子育ては大変になります。夫や家族の協力体制がとれる状態が必要です。

このように、子供を持ちたいという希望があるのであれば、結婚適齢期はやはり限られた年代になってきます。

最近は晩婚な人が多いようですが、自分の人生のビジョンをしっかり考えた上で結婚を決めるべきでしょう。

30代という年齢がポイントかもしれません。

20代で仕事や恋愛で様々な経験を積んで、色々見えてきます。

そこから本当に必要なものを選ぶことができるようになる年齢といっても過言ではありません。

30歳を過ぎれば子供を持ちたいとか、家を持ちたいとかその辺の希望もふくらんできます。

それに伴う出費や予算の計画も立てやすい年齢です。

結婚適齢期は人それぞれであることは間違いありませんが、親御さんの気持ちもあります。

親御さんからすれば、早く嫁に行ってほしい、孫が見たい、安心したい等と考えている人が多いはずです。

親御さんを安心させる気持ちがあるのであれば、やはりそれらも考慮しなければならないでしょう。

親御さんから見た早めというのは、40歳になる前くらいです。

20代から30代という一番忙しい時期に、結婚を考えなければいけないのは大変なことかもしれませんが、一番忙しい時期だからこそ、大切なものも見つけやすいのかもしれません。

何歳までに結婚するといったくくりを設けるのではなくて、自分の将来の計画を立てて、いい人に巡り合えたら結婚するのが一番の理想です。

31歳独身女性の結婚・婚活事情【実録インタビューあり】

【まだ間に合います】33歳独身女性の結婚・婚活事情

【35歳までに結婚したい!】今すぐできる婚活方法とは?【体験談あり】

▼まずは無料でためしてみてください▼

婚活サイトのゼクシィ縁結びは大手企業のリクルートが運営しているので、安全・安心への取り組みは徹底しています。

登録するだけで、どんな男性が結婚相手を探しているのか検索できるようになります。

さらに、入会金や成婚料も0円です。

無料で登録できるのに、利用してないのは損してますよ。

▼ゼクシィ縁結びを使ってみる▼
ゼクシィ縁結び
ゼクシィ縁結び

 

「30歳までに結婚したい!」あなたが今すぐやるべき2つの婚活法【体験談あり】

30歳独身女性の結婚できるかという不安・焦りを解決する7つの方法