年下男性と

「年下の男性と出会うにはどうすればいいの?」

「年下の男性と結婚したいんだけど、何かいい方法はないかなぁ」

最近は年下男性と出会って結婚したいという女性が増えているようです。

そして、実際に年下の男性をゲットして結婚している人がいます。

このページでは、30代・アラサーの女性が年下の若い男性と出会い方法と結婚するためのきっかけ作りについて書いてあります。

ユキさん

どうしても年下の男性と出会いたいっていう女性は必見よ!

ゆーじ

すごい気合いだ〜(汗)

1、年下の男性と結婚する女性が増えてきている

女性としては原則「年上男性に守ってもらいたい」という願望を持っている人が多いようです。

しかし今の時代になりますと、様々な面で男女差というものがなくなって来ています。

必ずしも男の方が強いとは言えなくなった時代なので、逆に「年下男性の男性に癒してほしい」という願望を持つ女性も増えてきています。

もともと女性には「母性本能」というものがあります。

なので、「年上男性に守ってもらいたい」という願望と同時に、「年下男性を守ってあげたい」という願望があってもおかしくありません。

それが時代の流れでさらに顕著になって来いるので、いわゆる「姉さん女房」というものも世間では決して珍しくないでしょう。

比較的女性は頼りがいのある年上の男性と結婚を望むケースがよくみられますが、最近は女性の社会進出に伴って年下男性と結婚する女性も増えています。

その大きな理由としては、年下男性から見た年上の女性は大人びて落ち着いた雰囲気が魅力的に見えます。

それでいて若さも保って見た目も綺麗な女性が増えていることにあるようです。

また、年下の女性はどうしても年上の男性に頼りがちで、中には束縛してくるケースもあります。

一方、年上の女性は人生経験も豊富なことから余裕があり、包容力もあって子供じみたことはしません。

そういった年上の女性は年下の男性からしてみると魅力的であり、交際に発展してそのままゴールインすることもあります。

しかし現実的な割合で言うと、男性が結婚する女性の年齢は年下というパターンが多いのも事実です。

自分に「年下男性と結婚したい!!」という願望があっても、なかなかそれを成就させる事ができない人もいるのではないでしょうか?

これらのことをふまえて、年下男性とうまく結婚する方法を探していく必要があります。

実は、30代・アラサーの女性が年下の男性と結婚するパターンには、いくつかの共通点があるんです。

その共通点を理解していけば、年下の男性と結婚する事もそう難しい事ではないでしょう。

ではそのパターンとは、一体どのようなものなのか見ていきましょう。

ユキさん

最近は女性のほうが年上っていう夫婦が多くなってるわね。

ゆーじ

実は僕も年上の女性と結婚しました!

2、年上女性ならではの魅力を磨く

当然ながら、すべての年上の女性が年下の男性とうまくいくわけではありません。

年上ゆえのメリットを十分に活用できれば良いのですが、それが逆に裏目に出てしまうこともあります。

正直に言うと、男性は一般的に若い女性に魅かれる傾向があります。

すべての男性を統計してみれば、年下の若い女性の方が需要があることは事実です。

しかし、それはあくまで一般論であり、すべての男性が年下の若い女性を好んでいるわけではありません。

「どうせ男なんて若い女の子のほうがいいんでしょ?」という思い込みに翻弄される必要なんてないんです。

「自分はもう若くないなぁ、、、」なんて自虐的になったり、自信を失ってしまってはもったいないと思います。

ふとした瞬間に、つい自分の年齢を卑屈に思ってしまうこともあるかもしれません。

そうなると本来持っていた自分の魅力も失われてしまい、せっかく年下の男性と出会うチャンスがあっても見逃してしまいます。

また、どうしても年齢が高くなると結婚に焦ってしまうケースもよくみられます。

年齢に限らず、男性に結婚を焦っていることを知られてしまうのはマイナス効果しかありません。

とくに年下の男性に対しては、「絶対に早く結婚したい!!」とは言わないことです。

これら問題を解決するためには、素肌や体型などの若々しさを保つために最低限の努力が必要です。

それと同時に年齢のことはあまり気にし過ぎず、自然体な自分でいるように心がけてみてください。

まずは若さを保つために、髪の毛や肌といった外見の美しさを磨いていきましょう。

とはいっても、20代の女性がするような格好をする必要なんてありません。

それではかえって痛々しく見えるので、年齢にあった落ち着いた格好で大人ならではの美しさをアピールします。

女性はいくつになっても年齢相応の美しさが必ずあります。

歳を重ねるほどに洗練された美しさに磨きがかかります。

もちろんそれは簡単に手に入るものではありませんし、コツコツと地道に自分を磨いてみてください。

そして、包容力や思いやり・仕事への理解や寛容な考えなど、内面の余裕を持って男性と接するようにすると良いでしょう。

ただし、大人びた印象のアピールのし過ぎで、男性の自信を喪失させないように注意してください。

たとえば年上だからと奢ってばかりいたり、男性が計画したデートプランにダメ出しなどは絶対せずに、時には褒めてあげたり頼ってあげることも大切です。

ゆーじ

年上のお姉さんに甘えたい願望のある若い男性って結構多いですよ。

ユキさん

そうゆう話を聞くとやる気が湧いてくるわね!

3、年下男性と出会う方法

「年下の男性と結婚したい!」と思ってはみたものの、どうやったら出会えるのか分からないという方もいますよね。

年下の男性と結婚した女性に出会いのきっかけを聞いてみると「たまたま近くに年下の男性がいた」とか、「年下の男性と出会ったのは運がよかっただけ」という意見もありました。

しかし、中には狙って年下の男性と出会う方法があります。

年下の男性と出会ったことがある女性をくまなくリサーチしてみますと、婚活サイトやマッチングアプリを使って出会っている人が多いことが分かりました。

他にも結婚相談所や婚活パーティーなど出会いを作る方法はありますが、

年下男性と一番出会える確率が高いのが婚活サイトのゼクシィ縁結びや、マッチングアプリのハッピーメールです。

ゼクシィ縁結びのほうは、結婚願望の強い20代後半から、30代前半の男性が多いような印象です。

ハッピーメールのほうは、手軽に利用できることもあって、20前半の男性も数多く利用しています。

結婚相談所はもともと男性の登録する年齢層が高いのであまりおすすめできません。

婚活パーティーは年下の男性が参加する可能性が十分にあるのですが、その男性が年上の女性好きとは限りません。

せっかく気になる男性と出会っても、相手が興味を示してくれなかったら意味がありませんよね。

婚活サイトやマッチングアプリなら条件検索やプロフィールを見ながら、年上の女性でも結婚対象にしている年下男性を探す事ができます。

婚活サイトは男女共に有料なものがほとんどです。

マッチングアプリは男女とも有料なものもありますが、中には男性が有料で女性は無料という料金システムを採用しているものもあります。

とはいえ、「婚活サイトってどんな感じなの?」とか、「マッチングアプリを使うのってなんだか怖いなぁ」という不安を抱えている女性も多いのではないでしょうか。

そういった方はなるべく会員数の多い婚活サイトや、知名度の高いマッチングアプリを使うことをおすすめします。

会員数が多ければ多いほど、身近で出会いを探している年下の男性も多くなります。

せっかく勇気を出して婚活サイトを使ってみたのに「年下の男性なんて全然いないじゃん、、、」ではがっかりしてしまいますよね。

あるいは、知名度の高いマッチングアプリなら悪質な会員がいないか、サイト内を自社でパトロールしているところもあります。

健全な出会いを提供しようとしている運営であれば、本人確認のために身分証を写メで送る必要があります。

「年下の男性と結婚したいんだけど、どうやって出会えばいいのか全然分からない、、、」という女性は一度試してみる価値はあるかと思います。

「待っていれば勝手にイケメン年下男性のほうからやって来て出会いがある」というのはドラマの中だけです。

実際に年下の男性と結婚したいなら、積極的に行動するしかありません。

婚活サイトやマッチングアプリを使うときのポイントは、自分のプロフィールを充実させることです。

登録さえすれば出会いがあるというほど甘いものではありません。

ちゃんとコツコツと出会いを探さないと、理想の年下男性と出会うことはできないでしょう。

どのあたりに住んでいるのかとか、おおよその身長や体型はもちろんのこと、自分がどんな人で好きなことや趣味は何なのかをなるべく詳しく書いておいたほうがいいでしょう。

きちんとプロフィールを書いておくとマッチング率も上がります。

あとは自分の写真を載せておきましょう。

恥ずかしいかもしれませんが、自分の顔写真は必須です。

「この人写真も載せてないし、プロフィールも適当だなぁ、、、」という女性と会いたいという気持ちは湧かないでしょう。

こちらも「相手の写真もないし、どんな男性なのか全然分からない」というような男性と出会う気が湧かないのと同じです。

写真を載せてあるかどうかでマッチング率もかなり変わってきますから、写り栄えのしたものを厳選しておきましょう。

といっても、プリクラのように元が分からないくらい加工された写真はNGです。

「ナチュラルに見えるけど、キレイに見えるように少しだけ盛ってある」くらいのさじ加減がベストです。

あとは気になる年下の男性がいたら、さりげなくアプローチをしていくことです。

気にある相手にいいね!やメッセージを送り、お互いの好意が一致するとマッチング成立となります。

「でも、なんだか男性にアプローチするって恥ずかしいなぁ」と思うかもしれません。

そんなときはアプリ内にある日記機能を活用して相手の日記にコメントを入れたり、自分も日記を投稿してみたりすることです。

焦って必死になればなるほど、相手の男性は引いてしまいます。

年下の男性は年上の女性に包容力や大人の余裕を求めています。

もしマッチングしても焦っていきなり会おうとするのではなく、まずはラインなどでお互いのことを知ってからにしましょう。

こちらも相手の男性がどんな人なのか分かりませんよね。

もしかしたら相手に下心があったり、エッチ目的で近づいてこないとは限りません。

まずは「いい出会いがないかなと思って登録してみた」とか、「なにかのちょっとしたきっかけになればいいかも」くらいの気持ちで使ってみてください。

女性は完全無料で利用できるマッチングアプリ「ハッピーメール」

結婚情報誌で有名なゼクシィが運営する婚活サイト【ゼクシィ縁結び】

 

ユキさん

年下彼氏が欲しいなら婚活サイト・マッチングアプリは必須よ!

ゆーじ

条件検索で年下の男性もすぐに見つけれますもんね。

婚活パーティーでは年下の男性と出会える可能性は低い

「婚活パーティーって、年下の男性と出会うチャンスはあるの?」という疑問を持っている方もいるかと思います。

答えは「YES」ですが、それほど期待はしないほうがいいでしょう。

たしかに年下と出会える婚活パーティーも開催されていますが、参加する前に参加条件の年齢制限をしっかり確認しておく必要があります。

婚活パーティーには年齢制限があることが多く、たとえば20代限定・30代限定・年の差婚活パーティーなどがあります。

その中でも、女性が若く・男性の年齢が高く設定されている婚活パーティーが多いので、若い男性と出会えるチャンスが高いというわけではありません。

さらに、多くの男性は若い女性を好む傾向があるため、10人〜20人規模の婚活パーティーでは、その中に年上好きの若い男性がいるとは限らないからです。

もし婚活パーティーで年上好きの若い男性と出会いたいのであれば、最低でも「30人以上の参加者がいる中規模〜大規模の婚活パーティー」に参加したほうが、出会えるチャンスは高くなります。

 

4、相手がリードしたいかされたいかを見極める

年下の男性と付き合うようになったら、いよいよ結婚への階段を登り始めます。

結婚へのアプローチですが、女性が年上の場合は女性の方からプロポーズすることもあるようです。

その場合は、年上の女性が年下男性をリードしているかたちになります。

年上の女性に魅かれる男性というものは、やはりどこかに「甘え願望」のようなものがあるようです。

そのため男性が積極的にリードするのではなく、むしろ相手の女性に合わせるというスタイルの方が性に合っているのでしょう。

意中の年下男性がどういうタイプかを見極めるためには、普段から彼と接してどのような性格かを把握しておくべきでしょう。

ちょっとした仕事や仕草・行動なんかでも、人の根本の性格というものは出たりするものです。

そうした部分を十分に把握しておけば、彼が年上の女性に魅かれる要素があるかどうかが分かると思います。

甘え願望があるようでしたら、少しは強引にリードする面を見せていけばいいでしょう。

すべての年下男性に甘え願望があるわけではありませんし、自分が年上の女性をリードしていきたいという男性もいます。

その場合はあまりでしゃばらずに彼に合わせていく、男性をうまく立てるような態度を見せていきます。

女性をリードしたい男性にとって、年上の女性が大人しく自分に合わせてくれるというスタイルは、年下の女性が合わせてくれるよりも、ずっと刺激的かつ自尊心とプライドが満たされるのでしょう。

ゆーじ

僕はリードしたい派です!

ユキさん

甘えてくるときとリードしてくれるときのギャップが年下彼氏の醍醐味よねぇ♪

年下の男性と付き合うきっかけ・アプローチの仕方について

年下男性との出会いのきっかけは、友人の結婚式・スポーツジム・マッチングアプリ・婚活サイト・資格をとるためのスクール・飲み会の席・趣味のサークルなどが多いようです。

友達の紹介となると、同年代が多くなるためその可能性は低くなります。

また、合コンなどよりも会社での飲み会の席や、お酒好きな集まりのほうが出会うチャンスは高いです。

出会ったあと、年下男性と付き合うきっかけとしてどちらが最初にアプローチしたかというと、男性から・女性からはやや男性からのほうが多いようです。

自分が積極的なタイプであれば、女性のほうからアプローチしてもOKですし、自分が積極的にいけない場合は、年上好きの男性からアプローチされるというパターンが多くなります。

ただし、どちらの場合でも最終的には男性のほうからアプローチされるように、自分がうまく誘導していく必要があります。

女性から何もかもガンガンアプローチして成功したという話はあまり聞きません。

女性が積極的すぎると男性に付き合ってやっているという気持ちが出てきて、長く続かなくなってしまいます。

それよりも、年上好きの若い男性としては、年上の女性にうまく手のひらで転がされ、甘えさしてほしいという願望があります。

これは女性の方から積極的にアプローチしてほしいということではなく、上手にあつかってほしいという願望です。

ややニュアンスがわかりにくいかもしれませんが、年上の女性ならではの「大人の余裕」を感じさせて欲しいということですね。

年下の男性と付き合うことに成功したとしても、自分の年齢に引け目を感じてはなりません。

年上好きの若い男性は、年上女性の「大人の魅力・余裕のある立ち振る舞い」に惹かれるものです。

そのため、自分の年齢に引け目を感じる必要はまったくないんです。

自分の年齢に引け目を感じていると自信が持てなくなり、大人の魅力をアピールすることはできませんし、余裕のある立ち振る舞いもできません。

若い男性としては、年上の女性と付き合ったときに立場として上にいてほしいんです。

私も年上の女性と付き合って、さらには結婚していますが、大人の魅力・余裕のある立ち振る舞いにとても魅力を感じています。

ふだんはしっかりしている、大人の魅力があるのに、たまに可愛いところ・甘えてくるところにギャップを感じ、さらに好きになっていくという感じです。

自分の年齢に引け目を感じて卑屈になってしまっては、いったい何のために年上の女性と付き合ったのか分からなくなってしまいます。

結局は、いかにして自分の魅力を磨き、年下の若い男性を魅了して惚れさせることができるかがポイントです。

そのためには、自分の年齢を引け目に感じることなく、できることから少しずつ自分磨きを頑張っていきましょう。

 

5、年下男性と結婚するための3ステップ

最後に、年下男性と結婚するためには以下の問題をクリアすることが必要になります。

1つ目は、彼氏がまだ結婚を考えていないという問題です。

若い男性の多くは結婚のことをあまり深く考えていないので、結婚を意識することなく年上の女性とも付き合うパターンがあります。

そういう男性と結婚するためには結婚というプレッシャーを与えずに、自分の魅力を伝えて結婚したいと思わせる必要があります。

しばらく付き合っても彼氏が結婚に躊躇するようなら、完全に別れを切り出すことです。

これをきっかけに彼が結婚に対する覚悟を決めて、プロポーズを申し込んでくることもあります。

そのまま別れてしまうようならその彼とは縁がなかったとあきらめ、新しい彼氏を見つけることが大切です。

2つ目は、年下男性とは精神年齢に差があるケースです。

年上の女性に魅かれる男性は女性に包容力やリーダーシップを求めていることが多く、精神的に幼いまま大人になってしまっている場合があります。

また、年上の自分が年下男性を成長させようとしていろいろと口を出してしまうと、二人の関係が男女というより母親と子供のような関係になってしまう可能性があります。

口を出して彼氏の成長を促すのではなく、彼氏の成長を見守るようにすることです。

そうすることで彼女に甘えるのではなく、自立して彼女を支えようという意識を持たせることが可能になります。

また、年の差があるゆえに価値観の違いがある場合もあります。

価値観の違いは二人の関係にひびを入れる大きな要因となりますが、このひびは付き合っている期間が長ければ長いほど大きくなっていくことがあります。

この問題を解決するための方法は「年齢の差があれば、価値観が違うのは当然だ」とお互いに認識することです。

こうすることで自分の価値観を押し付けるのではなく、相手の価値観も尊重しようという気持ちが生まれやすくなります。

3つ目は、彼氏との年齢差が大きい場合は、彼氏の両親の反対とも戦わなければいけないかもしれません。

彼氏の年齢が若い場合はまだ将来があると思って、彼氏の両親から反対されることが多いです。

これは案外見落としがちな問題で、「いざ結婚しよう!」となったときに出鼻を大きくくじかれることになります。

そうなる前に、早め早めに相手の両親と仲を深めておく、「結婚相手にふさわしい女性」であることをアピールしておきます。

年上女性ならではの品性だったり、家庭的でありながら自立しているかどうかなどを相手の両親に見定められるでしょう。

相手の両親に会うときはいつも以上に気合を入れて、抜かりなく好印象を残す努力が必要です。

これらのステップをクリアできれば、年下男性と結婚できるようになります。

おおまかにでもいいので、出会いから結婚までの流れを確認しておきましょう。

そうすれば、理想の年下男性との結婚をかなえることができます。

ユキさん

年下の男性と結婚したいなら大事な問題よ。

ゆーじ

結婚は2人だけのことじゃないって言いますもんね。

▼まずは無料でためしてみてください▼

最近いい出会いがないという方は、ゼクシィ縁結びを使ってみてください。

ゼクシィ縁結びを使えば、すぐにでも結婚相手探しができるようになります。

大手企業のリクルートが運営しているので、安心して利用することができます。

会員登録が無料なので、まずはどんな人がいるのか見てみるだけでもいいでしょう。

「早く結婚したいのに相手が見つからない…」と悩んでいるのに使わないのは損していますよ。

会員登録は3分で完了します。

▼ゼクシィ縁結びを使ってみる▼
ゼクシィ縁結び
ゼクシィ縁結び(登録にはメールアドレスが必要です)