年上の女性

「実は年上の女性のほうが好きなんだけど、どこで出会えばいいのか分からない、、、」

「年上の女性にアプローチするときってどうすればいいの?」

最近は年上の女性が好きという男性も増えてきました、

しかし、肝心の出会いがどこにあるのか分からなかったり、アプローチの仕方に悩んでしまいますよね。

今回は年上の女性と出会う方法と、結婚するまでのアプローチのコツについて書いていきたいと思います。

 

1、年上の女性と出会う方法

「年上の女性と出会ってみたい!」と思っていても、実際にどうやったら出会えるのかよく分からないという男性も多いのではないでしょうか。

年上の女性と結婚した男性に出会いのきっかけを聞いてみると、「たまたま年上の女性と知り合うきっかけがあっただけ」とか、「年上の女性と出会ったのは偶然じゃないかな」といった意見も多かったです。

しかし、「年上の女性を狙って出会うのは無理か、、、」とあきらめるのは早いと思います。

 

趣味の社会人サークルに参加してみる

まずは趣味系の社会人サークルに参加してみたり、女性が一人で楽しめそうな趣味に行ってみるという方法があります。

例えば、歌舞伎や落語・ワイン会や講演会・美術館・料理教室・英会話教室には女性が多いでしょう。

活発な年上女性であれば、スポーツ系(その中でもゴルフやテニス)の社会人サークルでも出会いがあるかもしれません。

フィットネスジムやヨガスタジオでも、ダイエットがてらに運動をしている女性はたくさんいます。

意外にもダンスサークルに活発な年上女性が参加したりしており、

ストリートダンスに始まり、社交ダンス・バレエ・フラメンコなど、ダンスの種類によって参加している年齢層や女性の割合は異なります。

他にもカラオケのサークルに年上女性の参加率が高いです。

現在はいろいろな趣味の社会人サークルがあるので、自分が参加できそうなものを探してみるといいでしょう。

 

あくまで自然な出会い方を心がける

女性のファッション雑誌を見てみるのも出会いの参考になります。

狙っている年上女性の年齢層が買っていそうなファッション雑誌を読んでみましょう。

年上女性がどんなことに興味があって、どこで出会いがありそうか考えるきっかけがつかめるかもしれません。

しかし、街でナンパするのは正直難しいです。

若い女性ならなんとかなりますが、この年代の女性がそう簡単に街中でいきなり連絡先を交換したり、暇だからといってお茶してくれることはありません。

あくまで同じ趣味を共通点にして、なるべく自然を装うように出会いのきっかけを探しましょう。

出会いを探すときは大人数ではなく、一人のときか多くても3人までの少人数で行動していたほうが動きやすいです。

 

どんな場所で出会いを探すにしても、興味がないジャンルには参加しないほうが無難です。

興味のないことに参加してもつまらないだけですし、その趣味を通じて盛り上がることができません。

自分が興味のある範囲内で、「出会いがあったらラッキー!」くらいの心構えがちょうどいいかと思います。

また、相手が拒否しているのにしつこく迫るのもいただけません。

相手の年上女性からしたら、あくまで趣味を楽しむのが先で、出会いは後付けにすぎないからです。

「せっかくのチャンスを逃したくない!!」という気持ちは分かりますが、2・3回アプローチしてもダメだったら潔く引き下がりましょう。

女性は男性からの1回目のアプローチには応えないことも多いので、1回目だけで諦めるのももったいないです。

このあたりは相手の微妙な反応を探りつつ、アプローチしてもせいぜい2、3回目までにしておくほうトラブルがないかと思います。

 

婚活サイトやマッチングアプリを使う

あとはもうひとつの方法として、婚活サイトや恋活アプリを使う方法です。

真面目な出会いを提供している婚活サイトなら、他の方法と比べてみても年上女性と出会える可能性が高いです。

年上の女性と出会ったことがある男性をリサーチしてみると、婚活サイトやマッチングアプリを使って出会っている人も多いようです。

たとえば、結婚情報誌で有名なゼクシィが運営するゼクシィ縁結びや、Facebookを活用したpairsなどがあります。

婚活サイトのほうは、結婚願望の強い20代後半から30代後半までの女性が多いような印象です。

マッチングアプリのほうは手軽に利用できることもあって、20代の女性が数多く利用しています。

どちらも条件検索やプロフィールを見ながら、年上の女性だけを探すことができます。

婚活サイトは男女共に有料なものがほとんどです。

マッチングアプリは男女とも有料なものもありますが、中には男性が有料で女性は無料という料金システムを採用しているものもあります。

とはいえ、「婚活サイトってどんな感じなの?」とか、「マッチングアプリで実際に出会えるの?」という不安もあるかと思います。

そういった方はなるべく会員数の多い婚活サイトや、知名度の高いマッチングアプリを使うことをおすすめします。

会員数が多ければ多いほど、身近で出会いを探している年上の女性も多くなります。

せっかく婚活サイトを使ってみたのに「年上女性の会員数が少なすぎ、、、」では登録した意味がありませんよね。

知名度の高いところなら悪質な会員がいないように、サイト内を自社でパトロールしているところもあります。

「年上の女性と結婚したいんだけど、どうやって出会えばいいのか全然分からない、、、」という男性は一度試してみるのもいいでしょう。

ここではおすすめの婚活サイトをレビューしているので、よかったら参考にしてみてください。

 

婚活サイトやマッチングアプリを使うときのポイントは、自分のプロフィールを充実させることです。

登録さえすれば出会いがある、というほど甘いものではありません。

ちゃんとコツコツと出会いを探さないと、年上の女性と出会うことはできないでしょう。

おおよその住んでいる地域や年齢・体型など基本的なプロフィールだけでなく、自分がどんな人で好きなことや趣味は何なのかを、なるべく詳しく書いておきます。

きちんとプロフィールを書いておくとマッチング率も上がります。

あとは気になる女性がいたら、積極的にアプローチをしていくことです。

気にある相手にいいね!やメッセージを送り、お互いの好意が一致するとマッチング成立となります。

もしマッチングしても焦っていきなり会おうとするのではなく、まずはラインなどでお互いのことを知っていく段階です。

メッセージのやりとりを何度かしてから、デートのお誘いをしたほうが成功率が高くなります。

 

ただし、年上の女性と出会うとなると、相手は結婚を前提にしているお付き合いを考えていることが多いです。

もちろんすべての女性がそうとは限りませんが、自分に今すぐ結婚する気がないという場合は、その旨を最初に相談しておくほうがいいでしょう。

女性は自分が結婚して出産する年齢を非常に気にします。

年上女性の中でもアラフォー世代はまさにそのボーダーラインにいるということを忘れないでください。

お互いに傷つかないように紳士的に、誠実に接するのがマナーです。

 

2、年上女性へのアプローチ方法

相手の興味がある話題について会話する

年上の女性にアプローチする際には、いくつかのポイントを押さえておきましょう。

まずは、相手が興味のあることについて調べておくことです。

年代が異なれば、興味のあることや好きなことが違ってきます。

同年代でも趣味が同じという人が少ないものですし、年代が違えばなおさらです。

少しでも共有できる話題があれば、そこから会話を広げていくきっかけができます。

それほど詳しく調べる必要はないので、なんとなく分かる程度で大丈夫です。

要するに、「あなたに興味がありますよ」というサインと、話題のきっかけ作りをするための下調べをしておきます。

 

基本的に恋愛は「自分が興味のあることについて話す」のではなく、「相手が興味のあることについて会話する」ほうが好意をこちらに向けやすくなります。

相手の興味を引く話題なら「この人は私の話をよく聞いてくれるし、楽しそうにしてくれる」という好感を得る事ができます。

また、ときには相手の女性が知らないことについては、丁寧に教えてあげることも有効です。

自分が知らない世界を広げてくれるという意味合いもありますし、それをきっかけに親密になる展開も期待できます。

ただし、相手が興味ないのに自分だけべらべらと講釈しても逆効果です。

くまで相手が興味のあることを中心にして話題を広げていきましょう。

 

服装や髪型を「さりげなく」ほめる

男性も女性も、異性にほめられることほど嬉しいことはありません。

それも年代が違えばなおさら嬉しいでしょう、

女性にとって、特にファッションや髪型を含めた容姿を褒めてもらえることはとても嬉しいものです。

年上の女性は「私ももう若くないなぁ〜」と心の中では思っています。

そこへ男性から「その服素敵ですね」とか、「綺麗な髪ですね」と褒められると自信が湧いてきます。

ただし、「さりげなく」というのがポイントです。

おおげさに褒めちぎると、逆に嘘くさく思われてしまいます。

自分が本当に「あ、その服装いいな」と思ったら、恥ずかしがらずに褒めてみましょう。

「そんなことないって」と口では言っていても、内心はとても嬉しかったりします。

 

ときには男性として女性をエスコートする

年上の女性といえど、男性にエスコートして引っ張ってってもらいたいという願望があります。

自分ができる範囲内で、男としての頼り甲斐をアピールしましょう。

普段はしっかりしているような女性でも、ときには男性に甘えたいという願望を持っています。

たまに見せるちょっと背伸びした姿も愛らしく見えます。

逆に、きちんとエスコートできれば「若いのに紳士的な振る舞いができるんだなぁ」という好印象につながります。

「でも、エスコートって一体何をすればいいの?」となりますよね。

エスコートとは、「女性がして欲しいことをさりげなく気配りする行為」です。

こんなことを言ったらよけいに混乱してしまうと思うので、具体的な例を挙げていきます。

 

待ち合わせには先に着いて待っておく

目的の場所(レストランやカフェなど)まであまり長く歩かせない、

歩く時は歩調を合わせる、車道側を男性が歩く

お店のドアは開けてあげる

なるべく静かで落ち着ける席に座る

イスを引いてあげる

メニューは先に見せる

オーダーはあまり迷わないこと

大皿の場合は取り分ける

会計は先に済ませる、あるいは多めに払う

映画館や水族館などのチケットは2枚分まとめて買う

映画館などではブランケットを借りる

歩きつかれそうなら途中でカフェに入る

相手に負担にならない金額でプチプレゼントをあげる

帰りの時間は気にする

駅までは見送る

 

こんな感じでちょっとした気配りを行為で示す事です。

このように女性がしてもらったら嬉しいであろうことを考えて、さりげなくしてみましょう。

ここでもあくまで、「さりげなく」です。

これによがしにするのではなく、自然な感じでエスコートできれば完璧です。

とは言っても、最初はぎこちなくなるでしょうし、タイミングもなかなかつかめません。

こればっかりはある程度数をこなして、慣れていくことも大切です。

そのためには年上女性との出会いを確保して、デートの回数をこなしていきましょう。

そうすれば、少しずつアプローチも上達していき、結婚前提のお付き合いまで発展させることができるでしょう。

 

▼まずは無料でためしてみてください▼

最近いい出会いがないという方は、ゼクシィ縁結びを使ってみてください。

ゼクシィ縁結びを使えば、すぐにでも結婚相手探しができるようになります。

大手企業のリクルートが運営しているので、安心して利用することができます。

会員登録が無料なので、まずはどんな人がいるのか見てみるだけでもいいでしょう。

「早く結婚したいのに相手が見つからない…」と悩んでいるのに使わないのは損していますよ。

会員登録は3分で完了します。

▼ゼクシィ縁結びを使ってみる▼
ゼクシィ縁結び
ゼクシィ縁結び(登録にはメールアドレスが必要です)