ユーブライドの体験談と使い方1

最近ネットで知ったユーブライドを使ってみたいんだけどどんなサイトなんだろう?

ユーブライドで結婚につながる出会いはあるのかな?

婚活サイトを使ってみる前にどんな感じのサイトなのかは知っておきたいですよね。

ここではユーブライドで結婚された方々の体験談と使い方について紹介していきたいと思います。

 

・ユーブライドってどんなサイト?

ユーブライド

ユーブライド(youbride)は累計80万人が利用、年間1500組以上のカップルが結婚している結婚紹介サイトです。

会員の年代は30代から40代での利用率が高く男女比は約5:3で男性の登録がちょっと多めになっています。

関東、東海、近畿地方の会員が最も多く、次いで北海道、東北、九州、沖縄の地方都市で利用されています。もちろん男女とも結婚を意識して利用する方が多いです。

 

・まずはメールフォームから登録URLにアクセスする

ユーブライド登録画面

まずはユーブライド公式ホームページにある登録フォームから会員登録をしました。入力したメールアドレスにユーブライドから入会申請メールを受け取ります。yahooメールでもGmailでもいいのでフリーアドレスを持っていると何かと便利かと思います。もしくはFacebookのアカウントからも入会申請できます

ユーブライドの特徴として機能を限定していれば無料で利用できます。まずは登録してみて実際の雰囲気を知るだけでもいいかもしれません。

また、新規登録キャンペーン中であればプラン1ヶ月タダでお得に婚活を始めることができます。

 

・料金プランを選ぶ

ユーブライド利用料金

ユーブライドは初心者向けのライトプランが1ヶ月2600円すべての機能が使えるスタンダードプランが1ヶ月3600円で利用できます。

スタンダード3ヶ月プランなら8700円となり、1ヶ月あたり20%OFFの2900円になります。

さらにスタンダード6ヶ月プランなら13200円となり、1ヶ月あたり40%OFFの2200円で利用できます。

初めはライトプランでユーブライドを試してみましょう

気に入ったらスタンダードプラン、3ヶ月プラン、6ヶ月プランと好みに応じて選択していけばいいかと思います。

 

・自分のプロフィールを書いていく

ユーブライドのプロフィール

ユーブライドに登録したあとはプロフィール欄を書いていくことにしました。

プロフィール欄には年齢や職業、済んでいる地域など基本的なことを書いていきます。また、趣味や特技、アピールポイントなども詳しく書いていくといいように思います。なるべく人柄がわかるようにしておくのがポイントでしょうか。

ユーブライドでの婚活はインターネットが主体になります。そこで見えるのは基本的には相手の写真とプロフィールに書かれた文章だけです。無機質な感じにならないようにリアルな自分を想像してもらえるようにしたほうが相手の女性に伝わりやすいかと思います。

例えば、僕はプロフィールにこんな感じのことを書いておきました。

「はじめまして、ケンジと申します。東京の会社でエンジニアとして働いています。30歳を過ぎてそろそろ結婚したいと思いましたがなかなか出会いがありません。。。結婚する友人も多くなり、焦ってきたのでユーブライドに登録してみました。

趣味は読書とスポーツが好きです。最近は東野圭吾さんや伊坂幸太郎さんの作品を読み返してはハマっています。漫画もいろいろ読むのですが、キングダムやちはやふるなど熱い漫画が好きです。

スポーツは毎年スノーボードをしているので雪山に行くのが好きです。最近フットサルクラブに通っているのですがなかなか難しい、、、翌日には筋肉通に悩まされます(笑)でも汗をかくのって気持ちいいですね!

タイプの女性はよく笑って話をするのが好きな方です。しゃべるのは好きなほうですが、話を聞くのも好きなので会話を楽しめる方だといいなと思います。

まだユーブライドに慣れていないので分からないこともありますが頑張ります!最初はメールから仲良くなれたら嬉しいです、よろしくお願いします♪」

名前や趣味など若干変えてありますが、こんな感じです。

爽やかなイメージを持ってもらえるように多少背伸びをしている感はあるかもしれません。でも、それぐらいプロフィール欄は大事なアピールポイントです。全くの嘘はいけませんが好感を持ってもらえる点があれば強調していくくらいのほうがいいのではないでしょうか。

 

・希望の条件の女性を探す

ユーブライド検索機能2

プロフィールをしっかり書いたら次は希望に合う女性を探しました。

ユーブライドはベーシックな検索機能になっていますので、コツコツと好みの女性を探す作業になりました。住んでいる都道府県、年齢や体型、職業や趣味など様々な条件に当てはめて検索できるようになっています。

ただ、個人的には条件をつけすぎるとヒットする人数が少なくなってしまうのでほどほどにしておいたほうがいいと思います。僕は住んでいる都道府県、年齢、体型くらいで探すようにしました。

あとは気になった女性の自己PRや日記を見てからメールを送るかどうか決めることにしています。

 

・気になる女性にメッセージを送る

次はいよいよ気になった女性にメールを送ることになります。書く内容によって返信率が変わってくるのでメールは非常に重要です。

返信が高くするにはプロフィールによる自己PR、メール内容によるアプローチ、写真の有無です。

ポイントはメールを受け取った女性が返信しやすい書き方と共感を生みやすい内容にすることです。

共感を生みやすい内容にするには価値観や趣味が一緒だったり、女性のプロフィールや日記に書いてあることに対して同調するようにするといいかと思います。返信しやすい書き方としては文章量を短くも長くもない適度な量にすることです。また、女性に質問する文章も入れておくといいかと思います。

例えば、

「さゆりさん、初めまして。ケンジといいます。東京の会社でエンジニアをしている32歳です。プロフィールを見て気になったのでメールしてみました。

さゆりさんの趣味は音楽鑑賞なんですね、僕も音楽が好きでよく聴いています。ロックが好きで、B’zやコールドプレイとかが好きです。

最近ライブにも行きましたがすごくテンションが上がって楽しかったです(^^)さゆりさんは普段どんな音楽を聴いたりしてますか?

もしよかったらメールから仲良くなれたら嬉しいです♪よろしくお願いします。」

ちょっと丁寧に書くなら、

「さゆりさん、初めまして。ケンジと申します。都内の会社でエンジニアとして働いている32歳です。さゆりさんのプロフィールを見て気になったのでメールさせていただきました。

さゆりさんの趣味は読書なんですね、僕もよく通勤時間や空いた時間に本を読んでいます。最近は村上春樹さんの1Q84や東野圭吾さんの祈りの幕が降りる時を読みましたがとても面白かったです。さゆりさんは最近何か面白かった本ありましたか?

もしよろしければメールのやりとりから始めさせていただけますと嬉しいです。よろしくお願い致します。」

とこんな感じでどうでしょうか。少々固すぎる印象を受けるかもしれませんが、相手の女性に応じて適宜使い分けるといいかもしれません。

 

・メールのやりとりを何度か続ける

女性から返信が来たらチャンスです。返信があるのは相手も自分に興味を示している証拠です。ユーブライドでは女性の会員さんには毎日たくさんのメールが届くことも稀ではありません。ですので、すべての男性に返信を書くことがなかなかできないという方もいるくらいです。

最初のメール返信率を上げるにはプロフィールをしっかり書く、返しやすいメールを送る、プロフィールに写真を載せる(返信率が悪くなれば載せなくてもOK)、この3つに絞って婚活を進めていきましょう。メールが返ってきたら同じような感じでやりとりを続けましょう。

 

・メルアドを聞く

何度かメールのやりとりをしたらいよいよメルアドを聞く段階です。相手の女性から何度か返信をもらうようになったらメルアドやLINEのIDを聞いてみましょう。ユーブライド経由のメールよりもプライベートのスマホを使ってメールできるようになるのですから親密度が一歩前進します。

 

・デートに誘う

メルアドを聞いてから何度かメールをしたらデートに誘います。誘い方はストレートに「○○さんに会ってみたいんですけど、今度一緒に食事でもいかがですか?」と聞くことにしています。

最初のデートには食事デートがおすすめです。初対面であまり長いデートだと疲れてしまいますし、こちらも緊張して不手際があったらせっかくのデートが台無しです。駅で待ち合わせをして、レストランやダイニングカフェで食事をしましょう。あらかじめ予約をしておくとスムーズにデートできるかと思います。

 

・ユーブライドに寄せられた体験談

公式ホームページにはユーブライドを実際に利用してお付き合い、結婚に至った方々の体験談が寄せられています。ここではその一部を抜粋させていただきました。

趣味も会話もベクトルが一緒のT夫妻

「興味を惹かれる対象がすごく似ていたので、話をしているのがとにかく楽しかったんです。終電を忘れて話こんでしまうこともしばしばありました」と語ってくれた武田夫婦 は、お互い話に夢中になり、会話が止まらないという経験は過去になかったと言います。「彼の趣味はオートバイで私は趣味で自転車に乗ります。走っている時 の爽快感や風を受けて五感を研ぎすませる感じが好きで自転車を続けているのですが、彼も同じ理由でバイクを楽しんでいるというからすごくびっくりしました。なかなか共感できない小さなところまでわかり合えたのが嬉しかったですね。お互い動物好きというところも一緒で彼を身近に感じられました」と奥様。このように趣味の話や互いの好みの話までどんなテーマでも話が広がっていく、そんな時間をお互い愛おしく感じたという武田夫婦。定期的に逢うことをごく当たり前に感じ、お付き合いに至ったそうです。

「どちらの人がbetterかではなくて、only oneのお相手を探せるサイトだと思いました。その中で、自ら行動したからこそ、最愛の妻に出会うことができたと思っています。まずは、一歩踏み出すことから始めてみてください」

「なかなか出会えないと思うことがあっても絶対運命のお相手はいるはずです。自分のペースで互いの価値観を共有できる素敵な人を探してみてくださいね。私は、自分にしっくりと合う大切なパートナーを見つけることができました」

互いに気取らずそのままの自分でいられたO夫妻

“会ってみないと何も分からないので、実際に会って話すこと”をパートナー探しの上で大切にしてきたという岡野夫婦。実際に連絡を取り始めてから1ヵ月後の2011年6月に直接お会いしたそう。
初デートでのおふたりの印象をそれぞれに伺ってみると…。「“もつ鍋が食べたい”と彼女がリクエストしてきたんです。アットホームな女性とお付き合いがし たかったので、このひと言は僕の心に響きましたね(笑)お会いするまで、初デートだからレストラン選びには気合いを入れなければ…、と肩の力が入っていた のが一気にほぐれました。そんな始まりから彼女とは、背伸びしない素のままの自分でお付き合いしています」と旦那様。一方、奥様も「話をしていて沢山彼の 生活スタイルに共感できる部分があり、良いお付き合いが出来るのではないかなと感じました。あと気取らずに話せるところは何より良かったですね」と幸せそ うに語ってくれました。
おふたりが最愛のパートナーに出会えたのは“実際に会ってみる”という行動に出たからこそ。岡野夫婦は過去に他の方ともお会いしたことがある経験ゆえ、本当に自分に合った運命の相手を見分けることが出来、出会えることができたのだと教えてくれました。

たまたまオンラインで出会ったというだけで、普通の出会いと変わりはありません。 プロフィールは、自分を隠さずにきちんと書けば、全てを受け入れてくれる人が見つかるはずです。

合コンや、友人の紹介よりも結婚意識の強い人たちが集まっているので、結婚したいのなら必ず良い人に出会えます。私はここで大切な人と出会えることが出来た経験から、結婚したいという友人たちに、youbrideを紹介しています。

他にもたくさんの方々の幸せな体験談が寄せらています。出会いのきっかけから結婚するまでのエピソードはどの方も素敵な話ですよね。

 

・ユーブライドの体験談と使い方のまとめ

ユーブライド

ユーブライド(youbride)を使ってみた感想はなかなか使いやすい婚活サイトだと思いました。基本的な機能をしっかり提供してくれているので、自分の頑張り次第で女性との出会いを増やしていけると思います。運営実績が14年もあり、年間1500組以上のカップルが結婚しているのも心強いですね。

女性会員検索も充実していますし、メール機能やマッチングも行えます。コツコツ探せばより自分の希望に合った女性を見つけることもできるでしょう。そのためには自分のプロフィールをしっかり書いて、丁寧にメールでアプローチしていけばきっと素敵な出会うがあります。

▼ユーブライドを利用してみる▼

ユーブライドならきっと見つかる。理想のお相手。

 

 

 

 

 

 

 

私が一番おすすめする婚活サイトはゼクシィ縁結びです。大手企業のリクルートが運営しているので、安心して利用できます。

しかも、利用者の本気度は他の婚活サイトよりも高くなっています。みんな真剣に婚活しているということです。ゼクシィ縁結びの特徴はこんな感じになっています。

  • 初期費用・成婚料は0円
  • 婚活サイト初のお見合いコンシェルジュがいる
  • 結婚情報誌ゼクシィで有名な大手企業リクルートが運営
  • 趣味が同じ、価値観の合う人が見つけやすい

初期費用や成婚料は0円ですが、全部タダというわけにはいきません。メッセージ交換するために有料会員になると料金が発生します。

利用料金は月額2,400円から利用できるようになっています。

ただ、会員登録は無料でできるので、比較的リーズナブルに婚活ができます。

婚活サイトでは初のお見合いコンシェルジュがいるので、デートの日程や場所の調整もスムーズです。

▼まずは無料でためしてみてください▼

ゼクシィ縁結び
ゼクシィ縁結び(会員登録にはメールアドレスが必要です)

ゼクシィ縁結びの口コミ・評判を見てみたい方はこちら