困った女性1

21歳で婚活って正直早すぎますか?

もうすぐ21歳になるんですけど、彼氏がほしいのに出会いがなかなかなくて。。

婚活パーティーとか婚活サイトって、付き合ってからすぐに結婚しなきゃいけないんでしょうか?私としては彼氏はほしいけど、付き合って何年かたってからなら結婚してもいいっていう感じなんです。

ユキさん

21歳からでも、結婚したいっていう気持ちがあるなら婚活を始めてもいいと思うわ。

歳をとってから焦って婚活をするよりも、なるべく早いうちから婚活に慣れておいたほうが理想の相手と結婚できるようになるわよ。

30歳を過ぎてからあとで「もっと早くから婚活しておけばよかった…」って後悔しても遅いしね。

それに、婚活で出会ったからって必ずしも付き合ってすぐに結婚ってことにはならないわ。

相手の男性の考え方しだいだし、人それぞれ結婚したいタイミングもあるしね。

付き合って1年以内には結婚したいっていう人もいれば、今はまだ結婚したいとは思わないけど、将来的に結婚を考えられるような人と付き合いたいっていう人もいるわ。

疑問女1

たしかに歳をとってから婚活をするのって大変そうですもんね。

できれば30歳までには結婚したいなって思ってますし。

婚活でも結婚したいっていう気持ちがどれぐらいあるのかは人それぞれなんですね。

やっぱり付き合う前に相手の結婚に対する意識を調べておいたほうが良いのかも。

ユキさん

30歳までには結婚したいっていう気持ちがあるんだったら、今のうちからどうやって出会いを作ればいいのか知っておいて損はないわね。

婚活でもいいし、婚活以外でもいいから、いろんな人と出会ってコミュニケーションをとっておくのは良いことよ。

出会いがたくさんあると、それだけいろんな男性を見比べることができるし、あなたが本当に彼氏にしたいっていう人を選ぶ選択肢も増えるからね。

出会いがなさすぎると女子力だって下がっちゃうし、あっとう間に年とっておばさんになっちゃうんだから。

ただし、婚活でもそれ以外でも同じだけど、エッチ目的のチャラい男にだけはひっかからないように注意してね。

あなたもそれでいいっていうなら問題ないんだけど、悪い男にはだまされないように警戒心を簡単に解かないこと、男を見る目をつけていってほしいわ。

男を見る目がないと、幸せにしてくれるいい男を彼氏になんてできないからね。

普通女1

そうなんです、社会人になるとなかなか出会いってないんですよ。男を見る目はそんなにあるほうじゃないですね。笑

でも、たしかにいろんな男性と会ってみれば、本当に結婚したいなって思える人がどんな人なのかわかってくるのかも。

ユキさん

今から婚活で出会いを作るのであれば、婚活サイトか婚活パーティーがいいわね。

ふつうに恋愛がしたいっていうんだったらマッチングアプリもおすすめよ。

まだ21歳だったら学生の人もいるだろうし、社会人になっててもそこまでお金が使えるわけじゃないでしょ。

今なら手軽で出会いにつながる方法はたくさんあるわけだし、まずは自分がためしてみれそうなものから始めてみてほしいわ。

婚活パーティーだったら2,000円〜3,000円くらいで参加できるものがほとんどだし、婚活サイトは月額3,000円〜4,000円くらいのところが多いわね。

マッチングアプリだったら女性はタダで利用できたりするのよ。婚活って30代の女性が一番多くて、21歳っていう若さが武器になるのよ。

本人が真剣に出会いを探していれば、相手にされないなんてこともないしね。

年収や職業を見比べながら婚活してもいいし、最近だったら趣味や好きなことに理解がある人を探してる人も多いわ。

アニメとか漫画好きな人は趣味に理解があるとか、好きなことをいっしょに楽しめるのもけっこう重要だったりするからね。

【25歳までに結婚したい!】20代前半でできる婚活方法【体験談あり】

 

21歳から婚活を始めても早すぎることはありません

国勢調査によると、21歳での女性の未婚率は95%になっていて、まだほとんどの人が結婚していません。

とはいえ、今彼氏がいない・今まで付き合ったことがないという人は自分から積極的に出会いを探してみてもいいでしょう。

彼氏になりそうな人との出会いを増やしていけば、そのなかから素敵な男性と出会って彼氏を作ることは十分できます。

現代では、男女ともに結婚をする年齢はどんどん上がってきています。

こういったこともあって、20代のうちから「なるべく早く結婚したい!」「将来的には子供もほしいし、できれば20代のうちには結婚しておきたい」という人も増えてきているんです。

芸能人が結婚したとか、インスタとかで幸せな結婚生活の写真をアップしているのを見て、自分も幸せな家庭を持ちたいと結婚にあこがれを持つようになります。

21歳というと、まだ結婚に焦る年齢ではありませんが、ここから25歳前後になる数年の間には結婚する友達も増えてきて、披露宴や結婚式の二次会に呼ばれて参加することもでてくるでしょう。

そうなると結婚したいという気持ちも高まってきますし、そうじゃなくても彼氏がいなかったら彼氏くらいはほしいなっていう気になってきますよね。

21歳という年齢を考えるとまだまだ若いものの、そろそろ結婚について考え始めてもまったく問題ありません。

今の時代、結婚適齢期なんてあってないようなものです。

昔はクリスマスケーキにたとえて、25歳までに結婚できなかったらいき遅れなんて言われていたこともありました。

しかし、今だったら25歳を過ぎて結婚してもまったく問題ないどころか、25歳〜30歳までの間に結婚する人のほうが多いくらいです。

そう考えると21歳で結婚に焦る必要はまったくありませんが、彼氏がいないという人は新しい出会いを見つけるために何か始めてみることをおすすめします。

婚活をしてみるのもいいですし、婚活以外のところでも出会いはたくさんあるのでまずは行動していくことが大事ですね。

もし結婚したいという気持ちがあるのであれば、付き合う前にその男性に結婚する意識があるのかどうかはチェックしておく必要があります。

相手の男性に結婚するという意思がまったくない場合は、何年たっても結婚できません。

たまに付き合っている期間が長くて何年もたつのに、彼氏にまったく結婚する意思がなくて別れてしまったという話もあります。

長年付き合っていた彼氏と別れて時間を無駄にしてしまい、それから焦って婚活をしなければならないということになってしまいます。

同い年の男性だとまだ学生か、社会人になって間もないために結婚を考えている人のほうが少ないものです。

あなたが結婚したいと思うのであれば、自分よりも何歳か年上の男性と出会ったほうがいいですね。

そのためには婚活をするのが一番簡単で手っ取り早い方法です。

とはいえ、婚活っていうと、なんだか大変そうだったり、本当に参加してもいいのか不安もありますよね。

実際にはあまり難しく考える必要もなく、21歳からでも気軽に参加しやすい婚活はたくさんあるんですよ。

 

婚活パーティーは手軽で参加しやすい

21歳からでも気軽に参加しやすいのは婚活パーティーです。

料金的にも安いですし、パーティー内容もさまざまなので自分で選んで参加できます。

1対1で個室の中で会話をしていくタイプのものや、イタリアンやフレンチでビュッフェスタイルのカジュアルなパーティー形式のものもあります。

他にもバーベキュー婚活やアニメ婚活など、イベント形式のものもあるので興味があるものを探してみるのもいいでしょうね。

参加人数はだいたい男女15人〜30人ずつなので、1回参加すれば複数の男性を見比べながら相手を選べるというメリットがあります。

その反面、あなた自身も他の女性と比較されているということを忘れないでください。

良くも悪くも見た目や年収・年齢などのステータスが重視されやすい婚活方法です。

自分の容姿に自信があって、狙った男性に積極的にアプローチしていける女性に向いています。

 

婚活サイトはスマホだけで活動できる

「出会いはほしいんだけど、どうすればいいのかわからない…」という場合は、婚活サイトのYahoo!パートナーやマッチングアプリのOmiai などを使ってみることをおすすめします。

婚活サイトやマッチングアプリというと、ネットを使った出会いに抵抗がある人もいるかもしれません。

しかし、現在では大手企業が運営しているところも多く、安心して使えるようになったことで会員数が増えてきています。

本人確認は必須になっていますし、悪質なユーザーは強制退会させるなどの対策も立てています。

スマホさえあれば、家にいてもいつでも好きなときに出会いを作れるというのは大きなメリットになります。

婚活パーティーや街コンなどの場合は参加予約をして、当日は会場まで行かなければなりません。

そのときにもメイクをしたり、着ていく服を考えたりなど、いろいろと手間が多かったりします。

20代前半で婚活サイトやマッチングアプリを使っている人も多いので、今から使い始めてもOKです。

ユーザーを年齢や職業・年収・住んでいる都道府県などで検索できる機能があるので、自分が出会いたい相手の条件を簡単にしぼることができます。

また、顔写真を載せている人がほとんどなので、相手がどんな人なのかわからないという心配もありません。

ただし、実際に会う前にはメッセージのやりとりをしっかりしたり、初めて会うときは警戒心を簡単に解かないようにしたほうがいいですね。

まずは駅近くのレストランやカフェでランチをするだけの短いデートで相手の様子見をしたほうがおすすめです。(カラオケや車でドライブなどの密室になるところは避けること)

 

趣味や好きなことを通じて出会いにつなげる

婚活以外にも、趣味や好きなことを通じて出会いを作るという方法もあります。

今はインスタグラムやツイッター・Facebook・ミクシィのコミュニティーなどを使って、簡単に趣味友達や好きなことを共有できるようになりました。

インスタグラムに写真をアップしたり、ツイッターで好きなことについてやりとりをしていくと、だんだん趣味友達を増やしていくことができます。

そのつながりの中から、新しい出会いがあったりするんですよ。

女性だけじゃなくて、男性も楽しめるようなジャンルのほうが出会いのきっかけになりやすいですね。

たとえば、スポーツ観戦・ボルダリング・ライブやイベント・テニススクール・社交ダンス・マリンスポーツなどは出会いにつながりやすいです。

ただ趣味を楽しむだけじゃなくて、ツイッターとかインスタグラムで発信していくと、友達の輪を広げていくチャンスも作れます。

そうすると、なにかの機会のときに実際に会ってみたりということもあるんですよ。

たとえ趣味友達が女性だったとしても、その人から紹介してもらったり、合コンを開いてくれて彼氏ができたという話もあります。

あるいは、社会人サークルに入ると、もうちょっと手っ取り早く趣味友達が作れますね。

わざわざツイッターとかインスタグラムなどを使って友達探しをしなくても、サークル内で自然と友達を作ることができます。

とはいえ、趣味での出会いを期待するとなると、コミュニケーション能力は高くないといけません。

男性女性にかぎらず初対面でも人見知りせずに話せる・グループの輪になじんで仲良くなるのはわりと早いほうだ、という人に向いています。

逆に、人見知りをするタイプ・みんなでわいわい盛り上がるのが苦手というタイプの人は、趣味で出会いを作るのは難しいでしょう。

また、あくまで趣味を楽しむことが目的なので、出会いを作ろうとすると遠回りになってしまうこともあります。

「趣味の友達が増えただけで出会いはなかった…」

「社会人サークルのぞいてみたけどおじさんとおばさんばっかり。。」ということもあるからです。

直接の出会いにはならなくても、誰かを紹介してもらえるチャンスはあるのですが、それでも趣味つながりで出会いを作るのには手間がかかります。

「でも、どこで婚活を始めるのが一番いいんだろう…」

「婚活初心者にもおすすめな方法って、何かないかな?」と悩んでいる人もいることでしょう。

そんな方には、ゼクシィ縁結びをおすすめしています。

ゼクシィ縁結びを使えば、今すぐにでも結婚相手を見つけることだってできるんです。

実際、私もなかなかいい出会いなんてないと悩んでいたのに、たった2ヶ月で結婚相手との出会いがありました。

そんな運命の出会いを作ってくれたゼクシィ縁結びには、4つの特徴があります。

  • 結婚情報誌のゼクシィで有名な大手企業リクルートが運営
  • 登録無料・成婚料も0円
  • 婚活サイト初のお見合いコンシェルジュが初デートをサポートしてくれる
  • 相性がいい、価値観の合う人が見つけやすい

さらに、ゼクシィ縁結びは大手企業のリクルートが運営しているので、セキュリティとデータ管理がしっかりしています。

最初は「婚活サイトなんて、良い出会いがあるわけないじゃん」と私も思っていました。

ところが、ためしにゼクシィ縁結びを使ってみたら、素敵な相手と出会えたことに自分でもびっくりしています。

今は子供もできて、あわただしくも家族3人で毎日幸せに暮らしています。

あのときゼクシィ縁結びを使うことができて、本当に良かったです。

まずは無料の会員登録をしてみてください。

きっとあなたも運命の結婚相手と出会えるはずです。

ゼクシィ縁結びの公式サイトはこちら

 

理想の男性と結婚するためのマル秘テクニック

婚活を通じていろんな男性と出会ってみることで、男を見る目を鍛えることができます。

同年代の女性はまだ結婚を意識していない人も多いので、婚活においては同じくらいの年齢のライバルが少ないんですね。

また、結婚して将来的に子供がほしいと思っている場合は、妊娠しやすく出産におけるリスクも低くなります。

子育てはとても体力がいることなので、若いときのほうが子育てしやすいという面もあります。

自分が30代になるころにはすでに子育てがひと段落ついているので、若いうちから自分の自由な時間が作れます。

出会いを作りつつも、自分磨きを同時にしていけば、あなたの理想に近い男性と結婚できるようになりますよ。

よりたくさんの男性からアプローチされることによって、その中からあなたが結婚したいと思える男性を選んで結婚できるようになるからです。

せっかくいい男性と出会うことができても、あなたにアプローチしてこなければせっかくのチャンスが無駄になってしまいます。

とはいえ、「自分磨きっていっても、いったい何をすればいいの?」という人もいますよね。

実は理想とする男性と結婚するためには、あなたが美人かどうかはそれほど重要ではないんですよ。

一見するとごく普通の女性がいい男をつかまえて若いうちに結婚していて、美人で仕事もできるキャリアウーマン(結婚願望あり)がアラフォーになっても独身のままで結婚できないままでいるということがあるんです。

むしろ、美人すぎると「この人は口説いてもどうせ無理だろうな…」って男性が最初からあきらめてしまいます。

たまに美人で仕事もできて、結婚願望があるのになかなか結婚できないというアラサー・アラフォーの女性がいるのかこれが原因なんです。

なんでもできすぎる女性は「俺はこの人に釣り合わないな」と思われてしまいます。

では、どうゆう女性が男性からみて結婚したいと思うのかというと、「自分が守ってあげたくなる女性」です。

男性が守ってあげたくなるような、ちょっと隙がある女性のほうが結婚できます。

いかに狙った男性から「俺がこの子を守ってあげなくちゃ!」と思わせるかどうかが重要なんですね。

仕事もできて、しかも美人だったりすると、「この人は一人でも生きていけそう。っていうか、そもそも相手にされないだろうし。。」となってしまいます。

キャリアウーマンがダメ男にひっかかりやすいのは、男に癒されたい安心感を与えてくれるからです。

男はプライドの生き物なので、自分よりも稼ぎがある、仕事ができる女性を認めたがらないんですよ。

そういった男の心理を利用して、自分の手のひらのうえで上手に扱える女性がモテるんです。

自分は男性よりも一歩ひいて、男を立ててあげとけばOKです。

男性のプライドを満たして、まるで王様のような気分にさせられるような振る舞いをしてみてください。

「なんでそんなことしなきゃいけないの?」と思われるかもしれませんが、男の扱いが上手になりたいのであれば、ためしてみる価値は十分にあります。それもちょっとしたことでいいんですよ。

相手の男性が得意そうなことで頼ってみたり、褒めてみたり、話を聞いてあげる・相手の意見を否定しない・落ち込んでいるときは励ましてあげたり。

ささいなことでも女性からしてもらうと、男性は顔には出さなくても内心はすごく喜んでいるものです。

理想の男性と結婚したいのであれば、使っておいて損はないテクニックですよ。

あなたが理想の男性に選ばれるようになれば、幸せな結婚はいつでもできるようになります。

ではここで、実際に結婚した方々の体験談を見てみましょう。

 

「私は友達に教えてもらった婚活サイトで結婚できました」20代前半 女性 Tさん

「小さい子どもが大好きなので、家族連れが歩いているとやっぱりあこがれましたね。

中学生や高校生の頃から、自分の結婚について本格的に考え始めていました。

子どもがたくさんいて、楽しそうな毎日が続く家庭が夢だと友だちに話をすると、まだ早すぎると言われていたくらいです。笑

でも、自分の結婚への夢は、大人に近づくにつれ膨れ上がっていました。

大学に入学する頃には、具体的な結婚へのプランを考えていたんですよ。

小さい頃から思い描いていた結婚への夢は、大学を卒業する頃になると少し冷静になって考え直すようになりました。

私が育った家庭はとくべつ裕福でもないし、しっかりとした会社へ就職し安定した収入は必要です。

そのため、今まで思い描いていた結婚の夢はひとまず置いといて、少しでも条件のよい会社へ就職ができるように就活を頑張るようにしました。

数社からすぐに内定をもらうことができ、就職したのはその中でも1番条件のよい会社です。

選んだ会社は給料だけではなく、私のような女性がとても働きやすいという会社なので安心することができています。

入社してからは少しでも給料などがよくなるように、気持ちを引きしめて働くようにしました。

入社してから1年くらいすると、同期の女性の中に結婚する人がでてきました。

入社してからまだあまり期間がたっていないので、結婚のことはあまり気にしないようにしていました。

しかし、同じ部署にいる同年齢の女性や後輩の中に結婚する人が増えだしたのがきっかけです。

20代の終わりまでには結婚しようと考えていましたが、会社の同僚はほとんど彼氏もいましたし、婚約して来年あたりには結婚するという子もいたんです。

このままでは自分は結婚することができないのではと思い始めるようになりました。

母親からも「今彼氏はいないの?」とか聞かれるんですよね。

子どもの頃から幸せな家庭を作ることが夢だったので、同僚の結婚が増えたことに正直焦り始めました。

やっぱり20代前半には結婚したかったため、本格的に婚活することを考え始めました。

社会人になってからはなかなかいい出会いもなかったし、自分だけで結婚したいと思える相手を見つけるのは難しいと思います。

私の職場は女性ばかりなので、男性と出会うチャンスはほとんどありませんし。

本気で考え始めた結婚ですが、何から始めたらいいのかは迷いましたね。

親戚や知り合いの中には、お見合い相手を紹介してくれる人は見当たりません。

なんとか結婚相手を見つけなくては、一生独身のままだという危機感が私に中で膨らんでいましたから。。

ネットで方法を探しているときに目についたのは結婚相談所です。

結婚相談所に入会すれば、将来を約束できる人を見つけることが可能なんじゃないかと思いました。

入会しようかと思いよく調べていくと、自分が希望する相手には出会えないんじゃないか思い諦めました。

結婚相談所の合わない点は、私の年齢に合っている男性が少ないことです。

入会金や毎月の費用なども高額なので、まだ若い自分には支払い続けることができません。

結婚相談所をあきらめたときに、友人から教えてもらったのが婚活サイトです。

おすすめしてくれた婚活サイトの特徴は、身元確認がしっかりとしている大手企業のものでした。

出会い系サイトなどでは、身元確認をしっかりとしていないことも少なくないみたいです。

安心して結婚相手を探すためには、身元確認がある婚活サイトの方が信用できます。

毎月の費用も結婚相談所と比べて、かなり安いというところも選んだ理由です。

給料が安い私にとって、費用が安く利用できる婚活サイトはちょうどよかったんだと思います。

目標とする20代前半で結婚するために、友人に紹介されたマッチ・ドットコム へ入会することにしました。

入会してからは検索で相手を探したり、男性のほうから私にアプローチしてくれることも多かったです。

その中から気になった数人の男性と会ううちに、すごくタイプの人を見つけることができました。

その男性も私のことを気に入ってくれたようで、初めて会ってからすぐに次のデートの約束もしていました。

それぐらいおたがいにぴったりと波長が合っていたから、とても順調に交際までいきましたね。

もともと彼も結婚願望が強い人だったので、自然と結婚についての話題も出てきます。

そして、交際から半年後にプロポーズをしてくれて、昨年ハワイで挙式をしました。

一度はあきらめかけていた20代前半での結婚ですが、うまく婚活をすればわりとすぐに結婚相手が見つかるかもしれませんよ。」

 

「あきらめずにコツコツと続けたのがよかったんだと思います」30代前半 男性 Oさん

「現在は無事結婚できて、小学生の子供もいる者です。

ちなみに、第二子も今度の夏には生まれる予定で、結婚してもうすぐ10年たちますが、幸せいっぱいの毎日を過ごしています。

ただ、私も決して楽に結婚できたというわけではありません。

結果的には20代前半から婚活を始めて本当に良かったと思っています。

私は学生のときから女性にモテるということがありませんでした。

どちらかと言えば、地味でインドア派、見た目にもぱっとしませんし、自分から積極的にアプローチをする方でもなかったからです。

正直、恋愛というものもよく分からないと思っている人間でした。

趣味である読書やゲームをしているのが楽しかったというのもあったかもしれません。

そんな私がなぜ20代前半から婚活を始めたかというと、きっかけは父の死でした。」

「もともと就職してすぐに体調不良になった父を母だけでは世話ができないだろうということで実家から引き取って一緒に住み始めたんですが、早々に亡くなってしまったんです。

そして父の葬儀の際に、親戚から孫を早く母に見せてやってくれと言われ、これがかなり響きました。

まったく女性に縁のないこの状態ではさすがにまずいかなと思ったのです。

そこから私の婚活は始まりました。

当時は婚活という言葉はまだそこまで普及していたわけではなく、結婚相談所が結婚を目指す人の主流であり、ネットでのサービスはまだまだ少なかった時期です。

しかし、私はIT系の職種についていたこともあり、手軽に使えるネットでのサービスの利用を始めました。

ただこのときにも出会い系に近い怪しげなところは避けるようにしたのは、今でも賢明な選択肢だったと思っています。

とくに男女がおたがいに身分証明書を登録しているところを選ぶのは必須だと言えますね。

ところが、そこから私の活動はすぐにスムーズに調子よく進んだかというと、まったくそんなことはありませんでした。」

「まずプロフィールを登録したものの、女性側からのメッセージがぜんぜん来ないような状態です。

女性側からアプローチがあるとは思っていなかったのですが、こちらから送ったメッセージについての返信がまったくなかったのは辛かったですね。

最初は残業で深夜しか時間が無い中、なるべく頑張って検索をして、興味を持った方、もしくは近くに住んでいる方などにメッセージを送ったのですがぜんぜんダメでした。

最初の1ヶ月はそんな状態が続きました。

やっと返信があったのがその後しばらくしてだったと覚えています。

返信があった方についても、メッセージのやり取りをしていく上に自然消滅してしまうことがほとんどでした。

やはり相手も並行で複数の人とやりとりをしていて、私ではない別の人を選んだんだと思います。

確かに私は見た目もぱっとしませんし、収入面でも平均くらいがやっとというところだったから仕方がない話でした。

それでも私はあきらめはしませんでした。」

「モチベーションは最初の頃に比べれば下がってはいましたが、それでもコツコツとサービスを使い続けてメッセージを送り続けました。

それでやっと一人の女性とマッチングして、何度かメッセージのやりとりをして会う約束まで取りつけたんです。

ただ、この方とは相手の地元とこちらの地元で二回ほど会って、そのままどちらともなく連絡をしなくなってしまいました。

隣県とは言え、片道2時間以上かかるのがよくなかったんだと思います。

遠距離恋愛でもうまくいく方はいますが、やはり婚活となると会いやすい地域の方が良いのかもしれません。

さらにこの後も二人ほどの方と会いましたが、2〜3度会って疎遠になるというパターンですぐに終わってしまいました。

しかし、4人目に出会った人こそが、運命の相手になったんです。

相手が忙しいからという理由でそれほど頻繁にメッセージのやりとりはしていませんでしたが、一度会いませんかとお誘いが来たのです。

先に言ってしまうとこの相手が結婚した妻なんですが、当時こう思ったそうです。

それは忙しくてあまり返事ができないのにしっかりと続けてくれているから、この方となら会ってもうまくいくかもしれないということでした。」

「そして、会ってみると真面目でかつ楽しげな女性で、見た目も決して美人というわけではないのですがかなり私の好みなタイプの方でした。

会話の話題もかなり合っていて、かなり楽しいデートになったんです。

そこからは相手のペースに合わせて一年ほど付き合い、おたがいに婚活サービスを退会して、さらに一年後に結婚をしました。

私は結果を出すまでの間にしばらくかかりましたが、それでもコツコツと活動を続けた結果、幸せな結婚ができました。

今とても幸せに過ごせていて、やはりあきらめずに続けるということが大事なんだなということが身にしみています。」