疑問女1

もう31歳なんですけど、そろそろ本気で婚活したくて…

今からでも婚活パーティーに参加するのってありですか?

ユキさん

31歳からでも婚活パーティーで結婚相手が見つかる可能性は十分あるわ。

ただし、参加する婚活パーティーをちゃんと選ばないといけないわね。

若い女性とか、可愛い子が多いパーティーだと、アラサーの女性はどうしても不利になってしまうから。

困った女性1

やっぱりそうなんですね。。

じゃあ、どんな婚活パーティーを選んだらいいんですか?

ユキさん

年齢制限が広過ぎない、かつ自分が若いほうに入るパーティーがおすすめね。

たとえば、20代〜30代までOKの参加人数が多いパーティーだと、圧倒的に20代前半〜半ばまでの女性が人気になってしまうの。

正直そこで頑張っても、いいなと思う人はみんな人気のある女性に集まってしまうわ。

だから、最初から強いライバルと戦う必要のない、30歳〜40歳までが参加している少人数の婚活パーティーがおすすめよ。

そうすれば、あなたが若い女性になってるから、男性からもアプローチされやすいわね。

疑問女1

なるほど、、少人数の婚活パーティーだったらライバルも少なそうですもんね。

ユキさん

あとは、婚活パーティーでも「趣味が一緒」とか「カフェで婚活」、「ゲーム・アニメ好き限定」っていう価値観や相性重視のものに参加してみるのもおすすめね。

手軽なものから参加していって、まずは雰囲気に慣れることからはじめてみて。

笑顔女1

わかりました!

私でも参加できそうな婚活パーティーを探してみますね♪

 

31歳独身男女におすすめの婚活パーティーランキング

第1位:おとコン(OTOCON)

おとなの婚活パーティー OTOCON 

おとコンは、上場企業のパートナーエージェントが開催している婚活パーティーです。

参加年齢の条件は、だいたい30代から40代前半までのものが多くなっています。

また、パーティーは2時間制ですが、1対1で話せる時間が比較的長めにもうけられています。

アラフォーで、年齢差があまりない出会いを求めている方におすすめです。

《婚活パーティーの一例》

平日個室お見合いパーティー in 名古屋

日時:2018年2月15:00~16:30(受付時間:14:45

場所:OTOCONイベントラウンジ:名古屋駅徒歩2分

年齢:男性34歳〜 47歳位:女性30歳〜 42歳位

金額:男性3500円:女性1500円

人数:男性7人程度:女性7人程度

条件:共通:独身・社会人で婚活に真剣な方

男性:大学卒業以上or公務員or年収500万円以上orノンスモーカーor身長170cm以上の【どれか】に該当する方

女性:特になし

 

おとコンで婚活パーティーを探してみる

 

第2位:PARTY☆PARTY

婚活パーティーならparty★party

PARTY☆PARTYは、上場企業のIBJが主催している婚活パーティーです。

参加している年齢層は、20代〜30代前半と若い人たちが多くなっています。

同年代限定・インドア派・朝カフェパーティーなど、自分が出会いたい人を探して参加することができます。

アラサーでカジュアルな婚活がしたい方におすすめです。

《婚活パーティーの一例》

《男性32歳~35歳位×女性26歳~33歳》ノンスモーカーの男性編♪

日時:2018年2月13:00~

場所:東京ラウンジ:東京駅から徒歩1

年齢:男性32歳~38歳まで:女性26歳~33歳まで

金額:男性5000円:女性1500円

人数:男性12人程度:女性12人程度

男性:大卒or正社員or年収550万円以上の方

女性:特になし

 

PARTY☆PARTYで婚活パーティーを探してみる

 

第3位:エクシオ

エクシオ

エクシオは会場が都心だけでなく地方にもあるので、全国どこでも手軽に参加しやすくなっています。

個室型の婚活パーティーがメインなので、落ち着いて1対1で話したい方におすすめです。

年齢層は幅広く、20代〜50代専用の婚活パーティーも開催されています。

婚活パーティーには珍しくアフターフォローサービスがあり、婚活パーティー後でもアプローチすることができるようになっています。

《婚活パーティーの一例》

個室空間パーティー【アラサー編~ここからが本番!考えるより行動に♪~】in町田

日時:2018年2月19:30~

場所:個室空間 町田マリアージュ3F

年齢:男性27歳~35歳くらいまで:女性27歳~35歳まで

金額:男性4500円:女性1500円

人数:男性9人程度:女性9人程度

男性:大卒又は公務員又は年収350万以上

女性:独身社会人の方

 

エクシオの婚活パーティーを探してみる

 

じっさいに婚活パーティーに参加した方々の体験談

「早く結婚したいので婚活パーティーに参加しています」30代前半 女性 Fさん

「久しぶりに同窓会が開かれると案内をもらったときには、とても楽しみな気持ちになりました。

懐かしい友人達に久しぶりに会えるという期待もありましたし、同窓会がきっかけで恋人ができるといった話もありますので、もしかすると何か嬉しいことが起きるかもしれないという期待が膨らんだからです。

その日のためにダイエットもして、洋服も用意し、老けたと言われないようにいろいろ努力して参加することにしました。

ついに当日が来て参加してみると、懐かしい顔ぶれに嬉しくなったほどですが、話をしていくうちに衝撃的な話ばかり聞かされることになったのです。

もしかすると恋が始まるかもと期待していった同窓会だったのに、参加してみると同級生はみんな結婚したというのですから驚きました。

年齢的にもまだまだ大丈夫だろうと思っていたのに、同年齢の同級生はみんな結婚して子供までいるというのですから、なんだか取り残された気分になりました。

結婚しているのであれば恋愛対象にはなりませんので、恋が始まるわけはありません。

既婚者ばかりの集まりでしたので、話題は子供のことや子供の習い事の話ばかりで、まったくついていけないものばかりになっていました。

そのときに初めて、自分はもう結婚していて子供がいてもおかしく年齢になっていることに、嫌というほど気づかされたんです。

「同級生たちからはなぜ結婚しないのかとか、結婚は楽しいよといった話ばかり聞かされて、なんだか落ち込んでしまいました。

期待していった同窓会でしたが、現実を知らされることになっただけです。

そこで改めて家に帰って考えてみましたが、のんびり構え過ぎていたのかもしれないと反省する気持ちになりました。

このままでは、次の同窓会のときにも今と変わらない状態になっていると、出席さえもできなくなってもいけないと考えて、婚活を始めてみようかと考えるようになったのです。

婚活といったら結婚相談所も思い浮かびましたが、費用面などから考えると婚活パーティーのほうがいいかもしれないと考えました。

1人暮らしで貯金もほとんどありませんでしたし、月々の余裕もあまりありません。

婚活貧乏にならないためには、気軽に始められる婚活パーティーでためしてみることにしました。

婚活パーティーの場合は、女性の参加費用が安く設定されていますし、数千円の費用で参加できるので、月に数回参加しても負担が少ないと考えたからです。

あまり負担が大きいのはしんどいですが、負担が少なければ無理がないのでリラックスして参加できそうです。」

「婚活パーティーに参加する前にしたことは、どんな風に参加したらいいかを考えることでした。

どんな服装が異性から人気があるのか、どんな点に注意して話すようにすれば相手の心をつかめるのかなどを研究してみることにしました。

参加するからには結果を残したいですので、参加する前の研究は必要だと考えたからです。

いくら数千円で参加できるとはいっても、何の努力もせずに行ったとしたら、相手をつかめないと考えたのもあります。

男性の心をつかむために、膝丈のワンピースを購入し、淡い色で優しさを感じてもらえるようにしました。

メイクの研究もして、ナチュラルに見えるメイクで参加することにしたんです。

選んだ婚活パーティーは大人数ではなく、少人数制のものを選ぶようにし、1人の人と長く話せるようなパーティーを選んでみました。

多くの人が参加している方が、いろんな人に出会えていいですが、それでは相手のことをたくさん知ることができないと考えて、少人数の方がいいのではないかと決めました。

いざパーティーの当日になると緊張感が増していきましたので、会場に向かうまでドキドキがとまりませんでした。」

あまり緊張していると表情にも表れてもいけませんので、早めに会場に到着するようにし、心を落ち着かせることにしたんです。

会場にはかなり早くつきましたので、最終チェックのためにお手洗いに行き、メイクが崩れていないかヘアセットは大丈夫かといろいろチェックしてから受付をすることにしました。

受け付けに行ってみると、スタッフの人がリラックスできるように会話をしてくれ緊張をほぐしてくれたので助かりました。

他にも参加者がすでに来ていましたが、みんな緊張している表情だったので、私だけが緊張しているのではないとわかると、妙に安心した気がします。

パーティーが開始すると、司会の進行に従って進められていきましたので、困ることはありませんでした。

参加者みんなと話ができるような時間が設けられていたり、フリートークの時間が設けられていたので、興味を持てた相手とじっくり話ができたので良かったです。

初めての参加のときにはみんな緊張するとは思いますが、自分自身に興味を持ってもらえるように、プロフィールはしっかり書いておくのがコツかと思います。

プロフィールがしっかり書かれていない相手にはあまり興味が持てませんでしたが、たくさん書いている人には興味が持てたので、自分をアピールするつもりでしっかり書けばいいと思いました。

まだお付き合いをするまでのお相手はいませんが、気になった人とマッチングはできていますし、この調子で婚活を続けていきたいです。」

 

「私は婚活パーティーで趣味と価値観が合う男性と結婚できました」30代前半 女性 Nさん

「友人が結婚し始めて、すぐに結婚を前提とした交際ができる男性を見つけたかったので、婚活パーティーに参加しました。

アクセスが簡単な会場で行われるパーティーがいくつかあり、規模や費用などを総合的に見て合計3回パーティーに出ました。

大勢が集まるパーティーだと、自分から話しかけなければ出会いのチャンスをつかみ取ることができません。

私は人見知りなので規模が大きなものは合わないと思い、小規模で費用も安めのパーティーばかり参加していました。

費用は男性が女性の2倍払っているものが多かったです。

差別なのではと最初はとまどいましたが、婚活をする女性にとって相手の男性が本気で婚活していると確信することも大切です。

費用を高めに設定して、真剣に結婚を考えていない男性を排除する料金システムも仕方ないとは思いました。

着ていく服は、無難にワンピースを選んでいました。

もともと派手なファッションや露出の多いファッションを好まないため、露出を抑えながらも女らしさをアピールできるワンピースが気楽でした。

白や淡いピンクなど少し男性を意識した色合いにして、ひかえめなアクセサリーでおしゃれしました。

「あまり頑張っている印象を与えたくなくて、柔らかい清楚系女子を目指していましたが、3回の婚活パーティーのうち必ず1人は露出の多い女性がいたことは驚きます。

そのような人はやはりグラマラスな体型をしており、持っている武器は前面に出すといった感じでした。

優しい笑みを浮かべながらも女性たちの心の中は、良い男性を見つけるために殺伐としています。

露出の多い女性は結婚相手より愛人のイメージが強いですが、男性たちは胸元に目が行ってしまうなど豊満なボディを持つ女性が気になっていたので、自信がある人はどんどんアピールしたほうがいいんだと思います。

初めて参加した婚活パーティーはあまりうまくいきませんでした。

何より緊張しており、フリータイムで積極的に話しかけられたのは2人くらいで、あとは他の女性と一緒に1人の男性を囲むといった完全に脇役でした。

モテる男性には多くの女性が集まるので、自分から発言して興味を持っていることを伝えなければ、風景の一部になってしまいます。

この失敗を経験して参加した2回目は、モテる男性を避けて1人でいる男性と話すという作戦を立てました。

なかなかチャンスはありませんが、他の女性がいなくなったすきに、モテる男性に話しかけて2人っきりの時間を作ります。

目標はあくまでもモテる好条件の男性で、保険としてまわりの男性にも声をかけます。

しかし、これも効果的な作戦ではなく、モテる男性とカップルが成立することはありませんでした。」

カップル成立にならないだけならば縁がなかったで済みますが、自分から声を掛けていった男性たちに失望する展開になったのが何より残念です。

彼らは女性への理想や要望のハードルが高すぎて、「そんなのお母さんにやってもらえば」と何度も言いたくなりました。

結婚したら専業主婦になって家事や育児に専念するつもりの私でも、「お風呂は絶対に先に入りたい」など面倒なこだわりを交際前に語ってくるのにはドン引きしました。

また、「親と揉めてるんだよね」と言っていた男性もいましたが、嫁姑問題を回避できる絶縁状態ならいうのは分かります。

しかし、親と関係が悪い状態が続いているという最悪なパターンを公開されては、その家には嫁ぎたくはないと考えるのが普通です。

婚活パーティーにはこんな男しかいないのかと焦りましたが、次こそ良い出会いがあると鼓舞して3回目に挑みました。

3回目の目標はイケメンかどうかにはこだわらないで、結婚後も仲良くやっていけるかにポイントを絞りました。

どの会場にも女性が群がる男性はいて私も気になりましたが、その日もっとも会話が弾んだのは別の男性でした。

とくにモテるわけでも女性から避けられるわけでもない平均的なステータスの男性ですが、インドア派で休日の過ごし方がほとんど同じで、自分の好きなことをたくさん話すことができたのを覚えています。」

「婚活パーティーの雰囲気にも慣れてきて、表情も硬くならずにしゃべれました。

テンションが上がるほどの高収入ではありませんでしたが、仕事を辞めても家庭を切り盛りし、ときには家族旅行に行けるくらいの経済力がある男性です。

これは逃すと痛いと考え、女性人気1位の男性はそっちのけで話し続けました。

その結果、見事カップルが成立し、今は結婚に向けて準備をしています。

趣味をはじめとしてさまざまな価値観が合っているので、大きな喧嘩をするがありません。

何回も婚活パーティーに行って玉砕する人は男女ともに一定数いますが、彼らは理想が高すぎたり話しかける相手を間違えたりしているから、本当に自分に合う人に出会えないのだと思います。

モテる男性をゲットして友人に自慢してやろうという変なプライドのせいで成果を得られなかった私は、早い段階にそれに気づけたのでパッとしないけれど、人間的に好きでいられる人を見つけられました。」

 

婚活パーティーで失敗しない女性の服装選び・ファッションコーディネイト例【20代後半〜30代向け】

婚活パーティーにおける男性の服装:スーツ&カジュアルスタイル