疑問女1

今31歳なんだけど、結婚相談所で婚活するのってありなのかなぁ?

ユキさん

31歳なら、結婚相談所を利用するのもぜんぜんありだと思うわ。

最近はそんなに費用がかからない結婚相談所もあるし、本気で婚活をするならちょうどいい年齢でもあるしね。

婚活って35歳を超えると一気に難しくなるから、それまであと4年はあるわけでしょ?

だから、今のうちに本気になって婚活をするっていう意味では、結婚相談所に入会するのはいい選択肢になると思うわ。

疑問女1

あと4年…あんまりのんびりしてられないですね。。

そう考えると、結婚相談所を利用するのもありな気がしてきました。

でも、肝心の相談所は、いったいどこを選んだらいいんでしょうか?

ユキさん

結婚相談所に入会するなら、きちんとした対応をしてくれるところ、あるいは実績がちゃんとあるところを選んだほうがいいわね。

結婚相談所って一言でいっても、ピンからキリまであるのよ。

ダメなところだと、入会したはいいけど、まったく相手を紹介してくれなくて放置プレイされたり、アドバイスがとんちんかんでなんのためにもならないような婚活アドバイザーがいたりね。

結婚相談所って、年間でだいたい30万〜40万円かかるところも少なくないわ。

そんな大金を払うのにダメダメな相談所を選んでしまうと、時間もお金も損してしまうわ。

それよりも、誠実に対応してくれるところ・リーズナブルだけど自分の頑張りしだいで結果が出せるところを選んだほうがいいわね。

びっくり女1

そんなにお金がかかるんですね。

だったらなおさら変なところには入会したくないなぁ。。

そもそも結婚相談所のいいところってなんでしょうか?

ユキさん

結婚相談所ならではのメリットはたくさんあるわ。

真剣に活動している人ばかりだから、結婚を前提にお付き合いができるし、プロのアドバイザーに婚活を支援してもらえたりね。

他の婚活方法だと、相手が本気で結婚したいと考えてるのかどうか自分で判断しないといけなかったり、自分だけで婚活をしていかなきゃいけないから途中であきらめちゃうこともあるわ。

普通女1

なるほど、たしかに他の婚活にはないものがありそうですね。

良さそうなところがないか、ちょっと検討してみます!

31歳独身男女におすすめする結婚相談所ランキング

第1位:エン婚活

特徴:大手の転職サイトを運営しているエンジャパングループが運営している結婚相談所です。

婚活費用が他の結婚相談所と比べてもかなり安くなっています。

費用:入会金9800円、月会費12000円、成婚料0円

 

総評

なんと言っても、結婚相談所の中では活動費用がとても安くなっています。

結婚相談所の相場というものは、だいたい30~40万円前後はかかるのが普通なんですが、エン婚活は入会金が9800円、月会費が12800円とかなりリーズナブルに活動できるようになっています。

ただし、ネットで活動するタイプなので、結婚相談所の店舗に行って、直接アドバイスをもらったりということはできません。

そのぶん、オンライン講座・専任コンシェルジュとのメール・電話でのフォローがついています。

費用対効果を考えてみると、一番おすすめできる結婚相談所がエン婚活です。

 

 

エン婚活の詳しい資料請求はこちら

 

第2位:パートナーエージェント

結婚情報

特徴:パートナーエージェントは、業界の中でも唯一実績データをすべて公表している結婚相談所です。

1年間の成婚数は3476名、成婚率は28.6%となっています。

これは結婚相談所の中でも、高い実績を誇っています。

費用:登録料30000円、初期費用90000円、月会費16000円、成婚料50000円

 

総評

入会から交際までの平均期間が2.3ヶ月、成婚退会した人たちのうち1年以内の活動期間だった人は65.6%にもなります。

だらだらと在籍させてお金をとるようなことはせず、短期間で成婚して退会してもらう運営姿勢がうかがえます。

よくある入会して放置ということはまずないでしょう。

結婚相談所なのでお金はかかるけど、早く結婚したいという方におすすめです。

 

 

パートナーエージェントの詳しい資料請求はこちら

 

第3位:ゼクシィ縁結びカウンター

ゼクシィ縁結びカウンター

特徴:結婚情報誌ゼクシィで有名なリクルートが運営する結婚相談所です。

ゼクシィというブランドがあるためか、登録者数がかなり伸びてきています。

費用:入会金30000円、月会費16000円、成婚料0円

 

総評

エン婚活と同じくらいリーズナブルに活動できるようになっています。

エン婚活と違うのは、オンラインだけでなく店舗に直接行ってアドバイスを受けたり、活動できるという点です。

ただし、サービスを運営して間もないためか、まだまだ婚活アドバイザーの質がちょっと低いという印象があります。

また、店舗を増やしてはいますが、都会にしかないため、地方の方にはゼクシィ縁結びカウンターは向いていません。

 

 

ゼクシィ縁結びカウンターの無料相談はこちら

 

+α:結婚相談所の資料を一括で請求するのもあり

いろんな結婚相談所の比較がしたいという場合は、一括での資料請求もおすすめです。

1つ1つの相談所から資料請求していると、とてもめんどくさくなってしまいます。

入会する前にいくつかの相談所を比べておくことで、失敗してお金を損してしまうことを防ぎましょう。

結婚相談所の資料を一括で請求する

 

「まさか紹介された1人目の女性と結婚するなんて思ってもみませんでした」31歳 男性 Tさん

正直な話、自分が結婚相談所を利用して結婚できるなんて、夢にも思っていませんでした。

といっても、『俺はイケメンだから結婚相談所なんて使わなくても、いくらでも相手を選んでいい女と結婚できるぜ』なんてポジティブな意味ではありません。

むしろその逆で、自分みたいなワガママで社交性に欠ける人間は、異性に好かれるのは無理だろうし、一生独身で生きていくしかないよなと、わりと子供の頃から結婚どころか恋愛をあきらめているタイプの人間だったからです。

『そんな人間がどうして結婚相談所を利用するんだ?』と思った人もいるかもしれません。

おそらく私と同じ30過ぎの人間には、このまま一生一人ぼっちで生きていくことに対する焦燥感や絶望感が分かるはずです。

近年は晩婚化が進んでいるとはいっても、やはり男でも女でも結婚するなら若いほうが有利、ただでさえ低スペックな自分が爺さんになってから婚活をはじめても勝算はゼロです。

そうは言っても、30過ぎて童貞の人間がいきなり合コンに出て女の子と仲良くなり、数か月の交際を経てゴールインなんて、そんな都合のいい展開は妄想ですらできません、

それ以前に、合コンやらナンパやら自体をする勇気がありませんでした。

そんなとき、中学時代からの親友がすすめてくれたのが結婚相談所の利用です。」

親友自体は高校時代から付き合っていた彼女と恋愛結婚したのですが、自分と似た社交性に欠けるタイプの友達が結婚相談サービスを利用して無事に結婚できた話を聞いていました。

なので、『お前も試してみたら?ダメならまた別の手を考えればいいんだからさ。』と後押ししてくれたんです。

私は就職活動のときも親友のアドバイスで、何とか身の置き場を見つけた男なので、今回もありがたくそのアドバイスに従うことにしました。

今では心の底から『結婚相談サービスを利用して良かった』と考えていますが、ぶっちゃけた話、最初は相当に気が重かったですね。

どこの結婚相談サービスもそうでしょうが、入会に際しては必ずプロフィールを作ることになるんです。

名前、学歴、職業、年収、体型、趣味、パートナーに親との同居を希望するかなど項目があり、利用者はこれに記入を行います。

これが本当に辛かったです。

普通の人は『え、何で辛いの?ただ機械的に自分の情報を記入するだけでしょ?』と不思議がるんですが、自分みたいなダメ人間は貧弱極まるステータスを直視するのが苦しいんです。

記入の途中で『こんなやつが結婚できるわけがない』と何度も思いましたし、しまいにはあきらめて家に帰ろうかとすら考えました。」

「あとは写真ですね。

ネット上の情報で、写真は大切だからきちんとプロに撮影してもらった方がいいと書かれていたので、その通りにしたのに親に見せたら服装にダメ出しをくらって、もう一度撮り直したのも今ではいい思い出です。

オシャレに自信のない人は、撮影前にこの服装で大丈夫か家族や友人に聞いてみるほうがいいかもしれません。

こうして登録したものの、入会した直後は『入会しなけりゃあれが買えたな、これも買えた』と後悔しきり、なにしろ自慢じゃありませんが私の年収はかなり低いです。

インターネット上で毎月のように『女性が結婚相手に求める年収は600万』みたいな記事と遭遇しては絶望していたので、最悪一度も誰も紹介されないまま終わるんじゃないかとすら危惧していました。

ところが、入会から2ヶ月でちゃんと女性を紹介してくれました。

休日の夕方に電話を受けて、『あっ、ちゃんと紹介してくれるんですね!』とびっくりしてとんでもことを相談所の方に言って恥をかいたのを覚えてます。

そして、このときに紹介された女性が今の私の奥さんです。

普通はもっと何人もの人と会うそうなんですが、私は1回目で最高の相手とめぐり会うことができました。」

「これは本当に幸運でした。

たぶん私の性格上、2回か3回『今回はご縁がありませんでした』が続いたら、泣いて『もういい…やっぱり俺に結婚なんてできないんだ。だったら、もう一生独身でいいから振られる苦しみを味わいたくない』と利用をやめたはずです。

非社交的な性格の私が1回目で初対面の女性と意気投合できたのは、結婚相談サービスが活用しているデータマッチングの精度の高さのおかげです。

奥さんは生まれも育ちも東京のお嬢様で、年収も私より二回り高い大手企業勤めでしたが、そのステータスの高さが男性側のコンプレックスを刺激して、交際がうまくいかない人生を送ってきたそうです。

そのため、相手に求める条件に『プライドが高くない、女性相手にマウントを取らない人』を希望したそうです。

その結果、プライドが低いことにだけは定評がある私が紹介してもらえたというわけです。笑

おそらくマッチングには趣味が同じ一人旅だというのも影響したんじゃないかな。

企業と国が結託して労働者を非正規雇用する時代、私のように自分の能力に自信が持てず結婚相談所の利用に踏み切れない男性はたくさんいると思います。

でも、勇気を出して利用してみると意外とチャンスはあるはずですよ。」

30~31歳独身(彼氏なし)の焦る独身女性が1年以内に結婚できる婚活方法とは

 

「意を決して結婚相談所に入会して大正解でした」30代前半 女性 Hさん

「まわりの友達が次々に恋愛そして結婚していく中、私はなかなか出会い、そして恋愛に恵まれませんでした。

もちろん異性と付き合うなんてこともなく、結婚なんてできないかもしれないとあきめかけていたそのとき、母がすすめてくれたのが結婚相談所の入会でした。

最初は結婚相談所と聞いただけで、私には敷居が高いようなイメージでした。

ところが、母と一緒に結婚相談所に行くと、スタッフがとにかく親身になって話をきいてくれたり、また相談所の説明も丁寧にしてくれたのを覚えています。

結局、父と母とよく話し合って、私はその結婚相談所に入会することになりました。

まず、自分のプロフィールを作成し、相手に対する希望も伝えました。

希望を伝えるときも、私は大卒の方を希望しましたが、高卒でも今は良い方もいっぱいいますよとスタッフの方がアドバイスしてくれたので、大卒の方だけでなく高卒の方も希望の中に入れました。

すると後日、相談所から候補の相手のプロフィールがたくさん郵送で送られてきました。

一人一人よく見ながら、両親とも話し合いお見合いしてみたい2人を決めました。」

「最初のお見合いは、相談所の中で行われました。

そのときにも間に最初はスタッフの方が入って下さり、おたがいの自己紹介をしてくれました。

1人目のお見合いのときには、私もお見合いというものがどういったものなのかもよく分からなかったので、相手の方が来るまで緊張で手に汗を握って待っていました。

最初は緊張しましたが、話していくうちに緊張がほぐれてきて、パンケーキの話で盛り上がり、リラックスして話ができました。

お見合いは合コンとは違い、結婚したいという思いがある人同士が話すので、結婚したらどんな家庭を持ちたいかなど真剣に向き合って話せるのがよいところです。

2人目のお見合いは、明るくてルックスも私の好みで良い方だったのですが、少々女性のような男性みたいなところがあったのでお断りしました。

一人目のお見合いした方が、私とまたぜひ会いたいといってくれて、私も会ってみたいと双方の合意があったので外見合いをしました。

ちいさなおしゃれなカフェで少し話をした後、インテリアショップに行ってしばらく一緒に楽しみました。

外見合いも終わり、また会いたいという双方の合意があったので今度は交際をすることになりました。

『ついに私にも彼氏ができた。』という嬉しさで、思わず友達にメールで報告しました。」

「交際期間は3か月という短い期間だったのですが、相手のことをたくさん知りたいと思い、たくさん会いました。

2人で食事に行ったり、夏には私は浴衣をきて、花火大会にいきました。

花火大会では私手作りのお弁当をもっていきました。

待ち合わせ時間までに間に合わないと思い、私は母に少しだけお弁当作りを手伝ってもらいました。

2人で並んでお弁当を食べながら、相手の方は私、いや半分母が作ったお弁当を美味しいといって食べてくれました。

全部食べてくれたのでうれしかったです。

その日のデートはこれで終わりました。

そして、いよいよ交際期間もも終わりになってきて、プロポーズされる時期に突入しました。

私は、いつプロポーズされるのか、それともプロポーズされずにこのまま終わってしまうのか不安と緊張でいっぱいでした。

しかし、そんな心配はどこへやら、その日のデートが終わって車の中で相手の方から『結婚してください。』というプロポーズを受けました。」

「私は嬉しい気持ちとドキドキする気持ちが重なり合い、固い表情で『はい、お願いします。』と答えました。

その方と別れた後、嬉しくてうれしくて心の中でガッツポーズをしました。

なんとなくまだ夢を見ているような気分でした。

両親にプロポーズされたことを報告すると、『よかったね!おめでとう!』と一緒になって喜んでくれました。

今度は結婚することが嬉しくて、友達に『結婚することになったよ。』とメールで報告しました。

『私にも結婚することができたんだ。』と夢が叶ったような気持ちでした。

ほんとに結婚相談所を利用して1年たつかたたないかの間で結婚が決まったので、あまりの速さにびっくりしました。」

「その方が私の今の旦那です。

旦那もお見合いしたときに私と何を話したか覚えていて、『パンケーキの話だったよね。』と2人で盛り上がっています。

私が結婚相談所を利用してよかったと思う点は、スタッフの方が何より親身になってくれて安心して婚活ができたこと、そして何より良い縁があったからなのだと思います。

2月9日、私は憧れのウェディングドレスを着て、挙式をしました。

父と歩くバージンロードはなんだか今までの人生が頭の中をよぎり、1歩1歩がとても重く不思議な気分だったのを覚えています。

父と母はもちろん妹や親戚の方、友達からみんなに祝福してもらい、とても思い出に残る式になりました。

結婚記念日には結婚式のDVDを見ているのですが、『父がこのころは若かったね。』という話に毎年なり、相当私が嫁に行って安心したのだと思います。」

 

31歳独身男性が若い女の子と結婚するための婚活必勝法とは