「36歳で独身なんですけど、婚活がうまくいかなくて悩んでます。。」

「この年齢から婚活をして結婚した人って本当にいるんでしょうか?」

30代後半になって婚活を始めてはみたもののなかなか進まなくて苦戦している、婚活をがんばってるのにぜんぜんいい出会いがなくて困っている人という人が増えてきています。

なるべく早く結婚したいと思ってはいても、結婚したいと思える人とはうまくマッチングできないと、どうすればいいのかわからなくなってしまいますよね。

しかし、36歳の今からでも正しい婚活をしていけば、幸せな結婚を手にいれることはできるんです。

そのためには、どうやって婚活をすればいいのか、自分とぴったりと合う相手と出会うために必要なことを知っておく必要があります。

逆に、間違った婚活のまま頑張っていてもなかなかうまくいかず、あっという間に40歳になってしまいます。

そうならないためには、今から婚活をするときにどうすればいいのかを知っておきましょう。

それでは、36歳からの婚活方法について詳しく紹介していきますね。

 

困った女性1

今36歳で独身なんですけど、婚活がなかなかうまくいかなくて悩んでいます。

早く結婚したいとは思ってるんですけど、誰でもいいっていうわけではありませんし、どうしたら自分でも納得がいくような結婚相手が見つかるんでしょうか?

容姿はごく普通な感じですし、お世辞にも他の人よりも魅力があるわけではないです。

性格は明るいほうだとは思いますけど、自分からグイグイいけるわけじゃないです。

趣味は映画鑑賞とか、好きなアーティストのライブに行くくらい。

男友達は数人いますけど、この歳だと出会いも減ってきてて、必死に婚活中です。

お金持ちとかかっこいい人と結婚したいとか高望みはしませんし、普通に価値観が合いそうな人が見つかればいいなとは思うんですが、実際それも難しかったりするんでしょうか…?

もう36歳ですし、相手を選り好みできる身分じゃないと言われそうですけど。。

ユキさん

30代後半からの婚活って難しいわよね。

正直3o代後半になると、婚活のハードルが一気に高くなってくるの。

それは、結婚したいと思い始める独身の男性って、結婚したらいずれは子供がほしいって考えてる人がほとんどなのよ。

結婚してから妊娠と出産のことを考えると、若い女性のほうがいいんだろうなっていうことを男性もだいたいでは知ってるのね。

だから、婚活では30代よりも若い20代の女性が選ばれる傾向にあるし、30代前半の女性も簡単にはいかないけど婚活をがんばれば結婚できるようになるわ。

それが30代後半になると妊娠と出産のリスクが高くなるっていうのを、男性もなんとなくわかってるの。

36歳っていう年齢だと、「今からお付き合いして結婚して、それから妊娠と出産までとなると大変なんじゃないかな?」って思われてるってことね。

これが30代後半で婚活をする厳しい現実よ。

疑問女1

うーん…やっぱり30代後半からの婚活ってかなり難しいんですね。

私もなんとなくそうなんだろうなって思ってましたけど、改めて現実を突きつけられるとがく然としてしまいます。。

婚活で若い女性ばかりが選ばれるのはそういったことだったんですね。。

ユキさん

でも、36歳からでも正しい婚活をしていけば、幸せになれる結婚相手を見つけるチャンスはあるわ。

反対に、間違った婚活を続けていても、いつまでたっても結婚できないし、苦しい思いをしてしまうことになるわね。

年収も高くて、イケメンで優しくてっていうみんなにうらやましがられるような相手と出会って結婚するのは難しいわ。

そんな人がいたらとっくに結婚してるでしょうし。

今から幸せな結婚がしたいなら、なにもかも完璧を求めるんじゃなくて、まずは絶対にゆずれない条件を1つだけ決めておくことね。

そして、その条件はぜったいにゆずらないようにするの。

誰でもいいからって妥協して結婚しても、あとで後悔してしまうことになる可能性が高いのよ。

結婚してから「なんでこんな人と結婚したんだろう…」って思うようになってしまうわ。

譲れない条件を決めるっていうことは、それが結婚に対してあなたが本当に大切にしていることだっていうのがはっきりしてくるのね。

それは相手の年収でもいいし、見た目・職業・年齢でもなんでもOKよ。

そこに狙いを定めて婚活をしていけば、あなたが本当に結婚したいと思える相手と出会えるようになるわ。

普通女1

なるほど、まずは私が結婚したいと思う相手の条件をしっかり決めることが大事だったんですね。

たしかに早く結婚したいっていう気持ちはあるけど、じゃあ誰もいいから結婚したいっていうわけじゃないですもん。

やっぱり妥協するべきなのかなっていう気持ちもあったんですが、絶対にゆずれない条件を決めておくことが大事だったんですね。

ユキさん

今は探してみるといろんなところに出会いのチャンスもあるし、婚活サービスだってたくさんあるからね。

趣味や好きなことを通じて出会いにつなげることだってできるし、SNSで情報収集しながら、自分が住んでいる地域で開催されてるイベントに参加してみるのもいいわね。

まずは結婚相手っていうことにしばられずに友達を増やしていくようにしていくと、そこから出会いのチャンスが広がっていったり、紹介してもらった人と結婚したっていうケースもあるわ。

もちろん今まで通りの婚活を続けてもいいけど、そのときは自分に合っていそうなところを選ぶことが大切ね。

結婚相談所に入会するとか、婚活パーティーや婚活サイトを使ってみるのもぜんぜんありよ。

結婚相談所ならあなたの婚活を徹底的にサポートしてくれる熱意あふれるカウンセラーを見つけることがポイントね。

相談所はカウンセラーの腕と相性しだいって感じなの。

婚活パーティーに参加するんだったら、条件に年齢があるものがいいわ。

20代も参加しているようなパーティーだと、ほとんどの男性が若い女性ばっかり狙っていってがっかりするだけになっちゃうから。

婚活サイトは運営会社が大手で、男女ともに有料のものをおすすめするわ。

そのほうが遊び目的の人もいないし、本気で婚活している人たちが多くなるから会員の質も上がるのよ。

まずはどんな小さなことでも、自分ができることから少しずつでいいから始めていくことが大切ね。

悩んでいても時間はどんどん過ぎていくし、最初からなにもかもうまくいくことなんてないのよ。

36歳にもなると焦りがちなんだけど、そこをぐっとこらえて、自分ができることを確実に行動していくことが結局は一番幸せになる方法だったりするからね。

普通女1

地道だけど、自分ができることを続けていくことが必要なんですね。

今まで結婚に焦り過ぎて空回りしちゃってたのかも。

今からはちょっとずつ意識しながら出会いの輪を広げてみようかな。

自分に合った婚活方法を見つけて、コツコツがんばっていこうかなと思います。

 

運命の出会いは自分で引き寄せることができる

結婚年齢が上がり、晩婚化が進む現代ですから、30代になっても結婚していないという独身女性はたくさんいます。

しかし、パートナーはいるけどまだ結婚していないのか、そもそもする気がないのか、したくても相手がいないのかということでは大きく違います。

婚活をする男性においても、30代男性であればまずは20代女性をターゲットに選ぶことが多いです。

なぜなら、婚活をしているということは、ゆくゆくは子供を持ちたいと考えている人は多く、それならば妊娠しやすい20代女性のほうがリスクが少ないからです。

不妊治療などの医学が発達し、40代でも妊娠は可能になりました。

しかし、それにかかる治療費とリスクを伴う妊娠などを考えた場合、

やはり自然な形で健康な赤ちゃんを授かることのできる年齢において、結婚妊娠を望む人は男性も女性も同様に存在するのが現実です。

年齢別で自然妊娠する確率をみてみると、だいたい30歳までは30%前後の確率で妊娠確率が推移しています。

そして30歳を過ぎ35歳くらいまでには20%以下にまで下がり、38歳頃からは急激に減少し、40歳では5%程度まで低下してしまいます。

つまり医学的データにおいても、40歳までには妊娠をしておいた方がリスクが少なくて済むと出ているのです。

また無事に妊娠できたとしても、流産をしてしまう確率は40歳を境に急増することがわかっており、

妊娠を望む女性にとっては、40歳までが大きな壁になることは間違いのない事実です。

20代のころからお付き合いを続けていて、結婚のタイミングが合わず独身女性である人と、

30代だけど今現在パートナーがいないという状況では、同じ独身女性でも立場が全く違うということは認識しておかなくてはいけません。

そもそも、婚活をするということは自分の力でパートナーを見つけることが難しいということです。

結婚はしていないけど彼氏には困らない、といった人に婚活は必要ありません。

自分で相手を見つける力を持っているか、異性を引き付ける魅力があるから彼氏が出来ます。

自分を磨いていればいつか相手が見つかると考えていても、実際はそのような漫画みたいなことは起こりません。

30代後半で独身なら、どうやって運命の出会いをたぐり寄せれるのかを考える必要があります。

女性の社会進出が顕著になって、女性でもキャリアのある人が増えてきました。

30歳以上であれば、ある程度のキャリアを積み重ね、年収もそこそこアップしてきている人も多いです。

だからといって、それを男性にも求めると、婚活が上手くいかなくなります。

女性ならば、結婚相手に包容力や経済力を求めるのは自然な流れです。

それは男性側も同じで、結婚相手に若い女性を求めることは仕方のないことなのです。

年齢において初めから不利である以上、30代後半の女性は違うグラウンドで戦わなければ勝ち目はありません。

30代女性において、求める男性の年収が高いということは、結婚のハードルをさらに上げていることに他なりません。

はっきり言えば、年収の高い素敵な男性は、若い女性にすでに持っていかれています。

もし30代女性が婚活の成功を望むならば、相手において年収の高さを求めるのではなく、自分のキャリアで相手を包み込むくらいの度量がなければ成功はしません。

キャリアを積んでいる女性であれば、そのキャリアを結婚によって捨てるのではなく、

男性と同様に、あるいはそれ以上の経済力を持って家庭を一緒に作っていく気持ちを持つことが、婚活を成功に導く秘訣なのです。

自分が経済的に助けることができるのであらば、男性には家事や育児を助けてもらえばいい、というような余裕をもてることができれば、相手男性に求めるハードルも自然に下がることでしょう。

妊娠出産は女性にしかできません。そしていくら医学が進歩したと言っても、年齢的に限界があるのは否めません。

しかし、仕事や育児には現代の社会ならば男女どちらでも参加することは可能です。

男性にとっての女性の魅力が、若いという年齢であるのならば、女性にとっての魅力的な男性像が、年収やイケメンであるということは否定はできません。

しかし、女性において若さが永遠でないのと同じように、男性のイケメン度も年数がたてば変化します。

永遠ではないのです。

キャリアは女性でも積み上げていけるのです。

30代女性の婚活状況は思っているほど楽観的なものではありません。

だからこそ、視点を変えて、自分から歩み寄ることが大事です。

30代後半の女性が幸せな結婚をするための正しい婚活について紹介します

 

結婚したいなら焦る気持ちを抑えることが大事

夢中で仕事に打ち込んできて、ふと気が付いたら36歳という年齢になっていた、

彼氏もいたし結婚のチャンスはあったけれど、最後には縁がなくて、という女性も意外に多いかと思います。

周りの友達はみんな結婚・出産を経験していて、話題についていけない、という悩みもありますよね。

いつかは自分も、素敵な旦那さんを見つけて結婚したい、と思っている女性は一日でも早く行動することをおすすめします。

諦めずに努力をすることで、きっと人生のパートナーに巡り合うことができます。

それでは、36歳独身という現状を打破するにはどうしたらいいでしょうか。

「でも、何から取り組んだらいいのかわからない… 」という方の為に、36歳から実践すべき婚活対策をまとめてみました。

まず、これから恋愛をしてみたいという女性向けの対策です。

結婚相手を探すためには、条件にこだわりすぎず、年齢差をあまり気にしないようにします。

理由は36歳という年齢上、年下・年上に関わらず、年齢差がある男性とお付き合いするパターンが多いからです。

意外にも、同年代の方との恋愛は少ない傾向にあります。

年上だと、40代前半からの男性に特に需要があります。40代の男性から見て、30代半ばの女性は綺麗で魅力的です。

お付き合いが始まれば、とても大事にしてもらえるでしょう。

次に、かなり年下の場合は20代半ばから後半にかけての男性に需要があるようです。

社会経験の多さから、姉御肌で包容力のある年上女性に惹かれる男性も多くいるのです。

自分がリードしていきたい、という女性には特におすすめの相手といえるでしょう。

また、職場と自宅の往復で出会いが少ない、という女性はプライドを気にせずに、周りの友人に相談してみることもおすすめします。

そろそろ結婚を考えているんだ、と会った時にそれとなく話してみましょう。

自分が思ってもみないようなところから素敵な未婚男性との出会いがあるかもしれません。

また、趣味に関連した習い事や、スクールに通うのもおすすめです。

出会いの場が広がり、知り合いも増えます。特にスポーツ系のサークルは男性が多いので、出会いのチャンスが広がるでしょう。

休日にはできるだけ外に出て、多くの人と交流するよう心がけましょう。

本当に意外なところに出会いが転がっていたりします。

次に、結婚を急いでいる方向けの対策をご紹介します。

自分だけではどうしても婚活を続けることができないという場合は、結婚相談所に入会してみるのもいいでしょう。

結婚相談所では、仲介者が細かく性格や好みのタイプをヒアリングしてくれます。

自分でも気が付いていなかった、理想像が見つかるかもしれません。

また、しっかりと性格や条件を考慮した上で相手を紹介してくれるので、時間を無駄にせず理想の相手が見つけやすいという利点があります。

相談所の登録を迷っている方で、子供を産まないとダメという固定概念や、36歳という年齢をネックに感じている方がいたら、そのような方こそぜひ相談所の利用をおすすめします。

相談所には、様々な年代・事情の方が多く登録されています。

必ず子供が欲しいという男性は少なく、人生のパートナーを探しているという方も多くいるのです。

あまり枠にとらわれずに、自分に合った人をのびのびと探すことで、自分自身の気持ちにゆとりを持たせることができます。

また、相談所に登録するとたくさんの方とお見合いを重ねることになります。

しかし、1度や2度のお見合いで気の合う人と巡り合える可能性は極めて低いです。

何度もお見合いをしていく中で、自分自身の理想や譲れない条件・相手に求めているものなどがハッキリとしてきます。

上手くいかなくても落ち込まずに、理想の再発見も含めて、いつか必ず上手くいくと信じて回数をこないしていくことが幸せへの近道になります。

のんびりしていると、あっという間に40代に突入します。

身だしなみや言葉遣いに気を付けていれば、経験を積んだ30代女性は20代女性よりも魅力的に見えるようになります。

自分に自信を持って、ひとつひとつの出会いを大切にしていけば、きっと素敵な未来があなたを待っています。

では、ここで実際に結婚できた方々の体験談を見てみましょう。

 

36歳独身女性の婚活についてご紹介します 36歳 美容師 Iさん

「結婚年齢が高齢化しているとは言っても、やはり30代も後半になるとかなり焦りが出てきます。

私の場合、36歳という年齢でやっと婚活をスタートしたかなりスロースターターでした。

36歳ともなると、独身女性の数もグンと減ってきます。

私も姉はとうに結婚しており、両親二人と暮らしていました。

実のところ、両親と生活するのは居心地が良い面もあって、中々、一人暮らしをする決意が出来ずにおりました。

そろそろ高齢化の兆しが見えてきた両親が内心気になっていたこともあり、35歳を過ぎた頃から少しずつ結婚について考え始めたわけです。

友人は皆、結婚相談所を勧めてくれました。

今では色々な結婚相談所があって、中にはかなりハイクラスな男性と出会えるサービスもあるということでした。

私は特にお相手の職業などにはこだわっていなかったので、職場からも通いやすいエリアで結婚相談所を探すことにしたのです。」

「今の結婚相談所は、カウンセリングサービスが非常に充実しています。

説明を聞くだけであれば無料ですので、かなり豊富な情報が得られます。

登録している男性の職業や傾向なども把握できるため、このようなサービスを利用するのも一つの方法です。

36歳という年齢での婚活ということもあり、内心恥ずかしさを感じながら足を踏み入れた結婚相談所でしたが、スタッフの方が気さくで、すぐにリラックスすることが出来ました。」

「私がコンタクトをとった結婚相談所では、マッチングと呼ばれる相性診断を経てお相手候補がピックアップされます。

お話を聞くと40代、50代の男性も多く登録されているということで、必ずしも同年代にこだわらない方が選択肢が広がるという説明を受けました。

正直言うと、余り年齢の離れた方とはお付き合いが難しいのでは、と思ったのですが、

婚活マーケットにおいては36歳ともなると、そういった年の離れた方を紹介されてしまうのが現実です。

スタッフの方は非常に親切でしたが、気持ちを害したこともあって、今回はこの結婚相談所の利用は結局やめることにしました。

何となく不安な気持ちで、その日は帰路についた私です。

早速友人に話をすると、他のサービスを当たってみた方が良いと激励されました。」

「36歳という年齢は、非常につらい時期だと感じています。

あと数年で40代に突入してしまうという不安や、30代のうちに結婚しなくてはという焦りがあります。

周囲もやたら年上の男性とのお見合いなどを勧めてくるので、一時期はかなり気持ちが滅入っていました。

20代なら合コンという手もありますが、36歳になると中々そういった機会もなく、フレンドリーな雰囲気の中で同世代の男性と出会うのは、難しい感じです。

こんな悩みを抱えていた頃、たまたま見た雑誌で、ある婚活サイトの存在を知りました。

そのサービスの場合には、携帯電話やパソコンからサイトに登録をして、男性とコンタクトをとるのが特徴です。

自分の個人情報などは一切出さずに、趣味や自己紹介を公開することができます。

登録会員も全国レベルなので、地域に縛られない出会いが期待出来るのが大きな魅力です。

趣味や興味を持っていることなどから、合いそうな男性を絞り込むことが出来るのが何より便利です。

このようなサービスなら、私でも出来そうな気がしました。

登録料も割安で、無理のない出費で続けられます。

そんなわけで、今度はインターネットを利用した婚活をスタートさせた次第です。」

「サービスを利用し始めてまず感じたのは、精神的なプレッシャーが少ないということです。

結婚相談所の場合は、時に親切すぎるほどの対応が逆に負担になることがあります。

恋愛経験が少ない私のような女性には、このようなサービスは非常に有り難いのですが、何となく自分の意志を無視されているように感じることもあります。

その点、マイペースに進められる婚活サイトの場合は、完全にプライベートに婚活を行なうことが可能なのです。

登録後、数名の男性と連絡を取り合うようになり、大好きな猫の話でメールでも盛り上がるようになりました。

完全に雑談が多かったのですが、ひょんなことから男性の一人とお会いすることになったのです。

今までのメールのおかげか、余り緊張もせず自然に接することが出来、その男性と1年もたたないうちに結婚することに相成りました。

彼は私よりも2つ上で、友人のように接することが出来るのが、結婚を決めた理由の一つです。」

 

スマホがあれば今すぐにでも結婚相手探しができる

36歳からの婚活というと、正直スロースタートであることは否めません。

とくに実家暮らしをしていてついつい両親に甘えてしまったり、一人暮らしでも家と会社の往復ばかりしていると、あっという間に時間は過ぎていってしまいます。

Iさんも婚活を始めようという気になり、結婚相談所への登録を考えるようになります。

最近は都市部であれば、ほとんどの結婚相談所があるのでアクセスも良く、通いやすくなっています。

やはり気軽に通える場所にあったほうが、足を運びやすいので最寄駅から近いところに結婚相談所がないかどうかチェックしてみましょう。

Iさんが最初に行った結婚相談所は自分に合っていなかったようですね。

たしかに40代前半ならともかく、40代後半、まして50代の男性を紹介されたのではげんなりしてしまうでしょう。

自分が36歳という年齢を考えると、40代前半の男性にターゲットを絞ってみるのもいいかと思います。

また、結婚相談所では無料カウンセリングを行っているところも多いので、まずはカウンセリングだけ受けてみましょう。

それでスタッフやお店の雰囲気が自分に合わないなと思ったら、他の相談所に行ってみればいいかと思います。

そこでIさんは結婚相談所だけでなく、婚活サイトをためしてみることにしたようですね。

婚活サイトは、スマホさえあればいつでも気軽に結婚相手を探すことができるのがメリットです。

また、会員検索では年齢や職業・年収だけでなく、趣味や価値観の合いそうな男性を探すこともできます。

結婚相談所では何万・何十万も婚活費用がかかることは普通ですが、婚活サイトなら月額3000円〜4000円ほどで活動できるので、リーズナブルなところも魅力のひとつです。

Iさんのようにスタッフと対面で話をして、二人三脚で婚活するのが苦手という方もいます。

婚活のプロからアドバイスをもらえるのが結婚相談所のいいところですが、かえってそれがプレッシャーになってしまっては意味がありません。

その反面、婚活サイトはマイペースで活動できるので、Iさんのようなタイプの人にはうまくハマったのでしょう。

最初はメッセージのやりとりからコミュニケーションを始められるので、人見知りをする性格の方にもおすすめです。

結局Iさんは婚活サイトで出会った38歳の男性と結婚することができたようです。

このように、婚活方法をひとつに絞らず、まずはいろんな婚活をためしてみるのが結婚への近道になることでしょう。

「でも、婚活をするって何から始めたらいいのか全然分からない…」

「本当に今からでも結婚できるチャンスはあるの?」と不安になる方もいますよね。

そんな方には、ゼクシィ縁結びをおすすめしています。

ゼクシィ縁結びを使えば、今すぐにでも結婚相手を見つけることだってできるんです。

実際、私もなかなかいい出会いなんてないと悩んでいたのに、たった2ヶ月で結婚相手との出会いがありました。

そんな運命の出会いを作ってくれたゼクシィ縁結びには、4つの特徴があります。

  • 結婚情報誌のゼクシィで有名な大手企業リクルートが運営
  • 登録無料・成婚料も0円
  • 婚活サイト初のお見合いコンシェルジュが初デートをサポートしてくれる
  • 相性がいい、価値観の合う人が見つけやすい

さらに、ゼクシィ縁結びは大手企業のリクルートが運営しているので、セキュリティとデータ管理がしっかりしています。

最初は「婚活サイトなんて、良い出会いがあるわけないじゃん」と私も思っていました。

ところが、ためしにゼクシィ縁結びを使ってみたら、素敵な相手と出会えたことに自分でもびっくりしています。

今は子供もできて、あわただしくも家族3人で毎日幸せに暮らしています。

あのときゼクシィ縁結びを使うことができて、本当に良かったです。

まずは無料の会員登録をしてみてください。

きっとあなたも運命の結婚相手と出会えるはずです。

ゼクシィ縁結びの公式サイトはこちら

 

「不安に押しつぶされそうになりましたが、婚活を始めて勇気がもてるようになりました」 36歳 会社員 Sさん

「私は、30歳まで学生時代から付き合っている彼氏がいました。

当然その彼といつかは結婚すると思っていましたし、結婚に対する不安などありませんでした。

しかし、彼が急に海外へ留学するという話から別れ話に発展しました。

私は突然のことすぎるし、結婚適齢期だったのでものすごく焦りました。

結局彼の決意は変わらなかったので、別れました。

その後36歳まで少し付き合った人もいましたが、結婚を考えられる男性は現れていません。

30代前半までは、今後いい男性が訪れるだろうと軽い気持ちで考えていました。

しかし、いつまでたっても彼氏ができず、周りは結婚に出産と新しいステージを歩んでいました。

休日に遊ぶ友人もいなくなり、独身女性という不安と寂しさがこみ上げてきました。

家族や親戚からも結婚しないのかという言葉も言われなくなり、周りが私に気を使っている状況も嫌になってきました。」

「そこで一番仲のよい友人に悩みを打ち上げたところ、結婚相談所に登録してみてはどうかとアドバイスされました。

友人の同僚は、30代後半の時、結婚相談所で出会った人とゴールインしたということでした。

私は悶々と悩むより、本格的な婚活を始めてみようと決意しました。

そして、結婚相談所の資料請求をしました。何社か比較したほうが安心できそうなので、インターネットから3社取り寄せました。

婚活へ動き出したことにより、悩む日々より気持ちが楽になった気がしました。

さらに、口コミサイトもチェックすることにしました。実際入会している人の声を参考にして、選ぼうと思いました。

口コミは30代が多く、意外と同年代の人が多く入会していることを知りました。

それだけでも知ることができ安心しました。」

「私は自分が選んだ結婚相談所に、無料カウンセリングの申し込みをしました。

当日相談所へ向かうときは、大変緊張しました。どんな話をするのか、何て言われるのか不安があったからです。

36歳という微妙な年齢なので、男性側にとってはどう見えるのかわかりませんでした。

結婚相談所は、駅近くの路地を入った綺麗なビルにありました。店内に入ると受付の方がいて、明るくて爽やかな印象を持ちました。

私はカウンセリング予約をしたことを伝え、担当者を待ちました。

面談室で待っていると、20歳代くらいの女性が現れました。

私は男性のスタッフだと話しにくいしどうしようか不安だったので、女性が現れてホッとしました。

そこからは結婚相談所の説明より、私の悩み相談になっていました。

今までどんな恋愛をしてきて、なぜ結婚に至らなかったのか話しました。

そして、今は結婚したいと思っているのに出会いがなく落ち込んでいると正直に伝えました。

スタッフの方は嫌な顔ひとつせずに、ずっと話を聞いてくれました。」

「すると、36歳であることに不安を持たなくてよいと言われました。

確かに女性の20代が一番男性にとって魅力的な年代になるが、30代の方が好ましいという人もたくさんいますと話されました。

また、結婚を真剣に考えている男性と出会いがあれば、ゴールは早いですと励まされました。

しかし、本気で婚活しないとそのチャンスも逃すことになるので、一緒に頑張りましょうとなりました。

私はその場で入会を決め、少し軽い足取りで家につきました。

結婚相談所の他にも、婚活を始めていました。

彼氏がいないと落ち込んでいる私に、会社の同僚が男性を紹介しましょうと応援してくれました。

その方は40歳のバツイチで、今は彼女もいないということでした。

私はこの年齢まできて初婚の方に限定しては出会いがなくなるだろうと思ったので、即お願いしました。

食事会をセッティングするから、あとは二人で話してと言われました。」

「当日都内の居酒屋で待っていると、背が高く落ち着いた雰囲気の男性が現れました。

仕事がうまく切り上げられず、遅れてすいませんと謝っていました。

私は第一印象がよく、物腰が柔らかくて話しやすいと思いました。

食事の時間はあっという間に過ぎ、解散となりました。連絡先も交換できたので、有意義な時間になりました。

私はこれまでは結婚できないかもと悩んでいましたが、

周りに素直に不安を打ち明けてみると、一歩進めることができるんだと感じました。

これからも前をみて、少しずつ結婚へ近づいていきたいと思っています。」

 

できることから行動していくことで結婚への道は開かれる

Sさんには30歳になるまでに結婚を考えていた彼氏がいたようですね。

しかし、その彼氏が海外留学すると聞いて、別れることになります。

また、その後に付き合った男性とは結婚を考えられるようなことはなく、気づいたら36歳になってしまったようです。

このように、長年付き合っていて、結婚を考えていた彼氏と別れてしまった場合、どうすればいいのかまったく分からず途方に暮れてしまいがちです。

そうしている間に自分の友人は結婚・出産を迎え、親からも早く結婚しろプレッシャーを受ける羽目になってしまいます。

36歳という年齢を考えると、Sさんの友人のアドバイス通り、積極的に行動していく必要があります。

結婚相談所では男女ともに真剣に結婚を考えている人ばかりだし、婚活アドバイザーからも様々なサポートを受けることができます。

それは自分の悩みや不安へのケアも含まれているので、毎日不安な日々を過ごすくらいならカウンセラーからアドバイスを受けてみるのもいいですね。

結婚相談所では無料カウンセリングを行っているところもあるので、一度相談に行ってみるのもいいかと思います。

結婚相談所では男性ではなく、女性のスタッフであることがほとんどです。

やはり男性には言いづらいこともありますし、同性からのアドバイスのほうが聞き入れやすいこともあるでしょう。

アドバイザーのおっしゃる通り、20代でなければ結婚できないということはまったくありません。

36歳からでも十分に結婚できるチャンスはありますし、自分が本当に幸せになる結婚相手を探すことができるようになります。

ただし、本気で活動しなければならないことは言うまでもありません。

1日たりとも無駄にはできないので、今すぐに自分ができることでいいので行動していくことが大切です。

もたもたしていると貴重な出会いのチャンスを逃してしまいます。

Sさんは婚活に本腰を入れていると早速出会いがあったようです。

これはラッキーでもありますが、Sさん自身が出会いのアンテナをきちんと広げていたからこそ作れたチャンスでもあります。

「どうせ自分なんか一生結婚できないんだ、、、」と愚痴ばかりこぼしている人に出会いのチャンスはありません。

「絶対に結婚できる!!」とポジティブになっている人にこそ、自分でも思ってもみないような運命的な出会いは訪れるものです。

ゼクシィ縁結びの公式サイトはこちら