婚活サイト自己紹介

 

疑問男1

今37歳なんですけど、これから恋愛や結婚をするためにはどうすればいいんでしょうか?

ゆーじ

37歳っていうと、そろそろ衰えが見え始めてきて、おじさん化しはじめるんですよね。

それで気持ち的に萎えてしまう人も少なくありません。

それでもやっぱり若い子と付き合いたい、可愛い女の子と結婚したいっていう人もいるんですが、現実にはそれもなかなか難しく、あきらめるか妥協することになりますね。

困った男性1

たしかに自分でもいい歳なんだなとは思います。

なので、20代の女の子がいたとしても、声をかけることすらできません。

ゆーじ

なかなかいい出会いが見つからなく、これぐらいの年齢から焦り始める人も多いです。

しかし、恋愛経験があんまりないと、いざ女性と話そうと思ってもコミュニケーションがうまくとれなくなってしまいます。

逆に、社会的なステータスがそれなりにあって、コミュニケーション能力もしっかりしている、身なりもきちんと整えていれば、結婚するのはそれほど難しくないと思います。

30代前半、もっとうまくいけば20代後半の女性と結婚することも可能です。

ただ、この年齢で積極的に若い女の子にアプローチできる人のほうが少ないのが実際のところだと思います。

困った男性1

そうなんです、女の子と話す機会がまったくないのでうまく話せる自信がまったくありません。

ゆーじ

どんな出会い方・婚活を行なったとしてもコミュニケーションがしっかりとれるようにならなければなりません。

なかなか女性とうまく話せないという方は、まず数をこなして練習する必要があります。

 

37歳はそろそろ衰えが見え始める

37歳独身男性の恋愛や結婚事情についてですけれども、これぐらいの年齢になると恋人を作るのも、結婚相手を探すのも難しくなってくるし、そもそも面倒くさくなってくるっていうのはありますね。

なんて言うんですかね、精神的にも体力的にも男としての衰えが見え始めるっていう感じです。

30代後半ぐらいから男性は衰えが見え始めてくる、おじさんの入り口にさしかかってくるんですけれども、やっぱりこの歳になってくると、気持ち的に後ろ向きになってくるんですよね。

若いときみたいに恋愛にまっすぐになれないとか、この人しかいないっていう確信めいたものが無くなっていくのは確かだと思います。

出会いそのものは今の時代だったら簡単に作れますけど、なかなか「この人だ!」っていう人が出てこない。

そういう人がいたとしても、年齢的になかなかマッチしないっていうこともあります。

こういった背景があって、恋愛を新しく始めるのがだんだん面倒くさくなってしまうと。

それに応じて、結婚相手探しをするのもうまくいかなくてしんどい思いをしてしまうってことですね。

やっぱり37歳になっても若くて可愛い女の子と恋愛したい、できれば若くて美人の奥さんが欲しいと思っている人はたくさんいると思いますが、それがなかなかできないから妥協をするっていうことにはなるんだと思います。

男性が結婚に対して焦り始めるのは、30代後半ぐらいかなってとこですね。

それぐらいの年齢ならないと、なかなか本気で結婚するかどうかまで考えられないんじゃないかなと。

 

若い女の子と出会って結婚するチャンスはまだある

女性の場合だと、やっぱり早く結婚して子供が欲しいという場合は、出産しなければならないということもあって、30代前半までには結婚しておきたいっていう人はたくさんいます。

それに対して男性の場合は、自分自身が子供を産むわけではないんで年齢についてはあんまり焦っていない人が多いですね。

で、30代後半になってようやく結婚したいと思い始めるぐらい。

ただその時になるとなかなか良い出会いとかもなくて、ようやくこれぐらいの歳になってからあせり出すみたいな。

それと同時には一生独身でもいいかなと思ってる人も少なくないんじゃないですかね今は。

未婚率とかもどんどん上がってますし、独身でもいろいろ楽しめることとかありますんで、そんなに結婚に重きを置いていないっていうのはあると思います 。

それでも結婚したいっていう風に思っている人は、さすがに40歳超えるとそう簡単には見つけることはできなくなってきますね。

そうなる前に37歳だったら3年以内にそういう相手を探すと言う必要がありますけど。

それがどうすればいいのか分からないという人もいると。

あんまりこう積極的に恋愛をしてこなかったら、いざ婚活してみてもうまくコミュニケーションが取れないものです。

コミュ症みたいな感じになってしまうのは確かです。

その一方で30代後半になると社会的なステータスがあったり、収入が安定する。

なかなか今の時代ではハイステータスの人もいないんですけれども、それでもそれなりの社会的ステータス収入を持っている人もいます。

こういう30代後半のハイステータス結婚したいと思ってる女性から見ればじゅうぶん魅力的に見えますね。

なので女性からしてみれば30代後半、37歳ぐらいの男性からアプローチしてもらっても、それはそれでOK だっていう人もかなりいます。

なんで、その年齢でどうこうっていうよりも、きちんと社会的なステータスがあって、それなりにコミュニケーションが取れて、見た目もきちんと、身なりをちゃんと整えていれば全然うまく結婚できますね。

場合よっては一回り下ぐらい、20代後半の女の子と結婚できるチャンスもあります。そうなるにはきちんとやる必要がありますけれども。

うまいこといけば30代前半、もっとちゃんとできれば20代後半の女性と結婚することは十分可能です。

ただ、これは積極的に出会いを作らないと意味がありません。

昔だったら世話焼きなおばちゃんとか上司からの紹介とかみたいなこともありましたけど、今そんな習慣はないんで自分で積極的に行動していって出会いを作る必要があります。

ただまあこの年齢で積極的に若い女の子にアプローチできる人もそうそういないでしょうし。

そうやってどうしたらいいのかわからなくなって、もう一生独身のままでもいいかなと諦めてしまう人もいるでしょう。

どうしても結婚したい人が積極的に婚活していく必要があります。

 

数をこなしてコミュニケーション能力を鍛えよう

37歳っていうと、けっこう同期とか友達とかも結婚する人が多くなってきたりしますね。

なんで、結婚するとなかなか男同士で気軽に飲みに行ったり遊びに行ったりとかできなくなってくるんですよ。

とくに結婚して子供がいるとなかなか夜とかでも家を離れたりすることが難しくなることはありますね。

なにがなんでも結婚したいのであれば、なるべく早めに行動していくことが必要です。

最近ではお見合いとかはなくなった代わりにいろんな婚活サービスがあるんで。

主なものだと婚活サイト・婚活パーティー・結婚相談所のこの3つですね。

どれがいいとかいうことはなくて、それぞれにメリットとデメリットがあるんで 、その中で自分に合ったものを選んで欲しいですね。

3つの婚活方法それぞれのメリットとデメリットを比較・解説します

ただ、どの婚活方法を選ぶとしても、コミュニケーションは必要になります。

どんなものでも男と女の出会いなんで、コミュニケーション能力は磨いたほうが損しないですよ。

女性との会話が苦手で盛り上がらない人のために話し方のコツを教えます

人見知りとかだと、初対面同士ってこともあり、なかなかうまく話せないままそのまま何の成果も得られずに終わってしまうことは多いですね。

こうゆう婚活は数をこなして、まずは雰囲気に慣れたりとか、女性との会話に慣れるための練習も必要なんですよ。

なんで、なかなか女性と上手く喋れないという人は、意識的に数をこなすことです。

どうすれば女性が楽しめる会話になるのかっていう研究が必要です。

そういう雰囲気に慣れてないと何を話していいのかわからなくて固まってしまうとか、「僕は聞かれたことにだけしか答えられない…」みたいな感じになってしまいます。

自分から話を振っていったりとか、きちんと話が聞けないとやっぱり相手の女性もつまらなくなってしまいます。

そうなると結婚相手としても、恋愛対象としても見られません。

まずは自分のできることから少しずつためしてもらえばいいかと思います。

その中でいい出会いがあれば、そのチャンスを逃さないようにしてほしいですね。

「うーん…そもそも出会いを作るのって難しそうだなぁ。」と思った方は、マッチングアプリのOmiai を使ってみてください。

Omiaiはマッチングアプリの中でも日本最大級の規模で、累計会員数は400万人を超えています。

じっさいにOmiaiで出会って付き合っているカップルや、そこから結婚した人たちもたくさんいます。(詳しい良縁報告は公式サイトで見てみてくださいね)

使い方も簡単で、無料の会員登録をしたら、プロフィールを参考にしながら気になる相手がいたらいいね!を押してアプローチしていきます。

マッチングできたらメッセージのやりとりができるようになるんで、あれこれとめんどくさい手間もありません。

Facebookのアカウントか電話番号で無料登録できるんですが、Facebookアカウントで登録しても友達には表示されないようになっています。

プライバシー保護がしっかりしているのでバレずに利用することができます。

Omiai を使えば、うんざりする毎日とはさようならできるんですよ。

まず出会いがないっていう悩みを一瞬で解決できます。

いま触っているスマホさえあればいいんですからね。

若くて可愛い女の子を彼女にすることは、夢でもなんでもなくて、手を伸ばせば手に入る現実です。

Omiaiは20代後半から30代前半の女性が多いので、ちょうどぴったり当てはまるんじゃないでしょうか。

20代後半の女の子とか最高じゃないですか。個人的には女性としての魅力、若さとキレイさが増してくる年頃だと思います。

若すぎると感覚が違いすぎて話が合わないとか、幼すぎる感じがするんですよね。

ちょっと落ち着いてくるし、若いしキレイだし、彼女にするには最高じゃないですか。

ぜったいに友達からうらやましがられますよ。

平日の仕事が終わってからいっしょにご飯食べに行くのもいいし、休日にのんびりどこかに出かけたり、ちょっと遠出してお泊まりデートするのも楽しいですよね。

日々の生活がいきいきしてきますよ。

まいにち仕事と家を行ったりきたりするだけの生活なんてつまらないじゃないですか。

いやしを求めるなら女性にいやしてもらうのが一番ですよ。

彼女と過ごすためにがんばれるし、充実した毎日を過ごすためにも、Omiai を使って可愛い彼女と出会ってください。 

 

「恋愛することすら難しいのが今の現状です」30代後半 男性 Oさん

「私は今年で37歳になるのですが、いまだに独身です。

世間では晩婚化が進んでいるとされていますが、私のまわりの同年代はほとんど結婚しているので、親からはそれなりにプレッシャーをかけられています。

私は結婚願望がまったくないというわけではありませんし、現在保育園に通っている甥っ子と遊んでいると楽しいと感じることもあります。」

「しかし、いざ自分が結婚をしようと思うと、面倒だという思いが勝ってしまうんです。

私はこれまでに3人の女性と付き合ったことがあり、そのうちの一人とは結婚の話が出るところまではいきました。

付き合い始めの頃はいつまでに結婚しようという具体的な話はしませんでしたが、いつかは結婚したいという話はしていました。

そして、そんな状態が2年ぐらい続いた頃に彼女から「そろそろ結婚しないか」と逆プロポーズをされました。

そのときは「いい加減覚悟を決めなければいけない」という気持ちと、「結婚相手がこの人で本当にいいのか」という気持ちが半々くらいでした。

なぜなら、彼女は結婚願望が出会った頃よりずっと強くなっていて、なかなかプロポーズをしない私にいらだちを隠さなくなっていたからです。」

「そのときはおたがい30歳になっていたので、早く結婚をしたいという彼女の気持ちもわかっていたつもりです。

しかし、早く結婚したいという気持ちが強過ぎるからといってヒステリーを起こされると、これから何十年も一緒に暮らしていくことに不安を感じるようになりました。

「私に対してヒステリーを起こすのならまだいいが、いつか子供に対してもヒステリーを起こすようになったらどうしよう」と思うこともありました。

そのため、私は彼女からの逆プロポーズの返事を保留し、もう少し考える時間をくれないかと言いました。

すると、彼女は我慢の限界を超えたのか「もう別れよう」と言ってきました。

彼女にもいいところがたくさんあるということはわかっていたので、別れを切り出されたからといって彼女に対する気持ちが冷めたわけではありません。」

「しかし、『この人とは考え方や価値観が合わないから、別れた方がおたがいのためだろうと思ったので、彼女と別れることにしました。

それからは彼女と連絡を取り合うことはなくなりましたが、共通の友人からの話によると彼女は数年後に、別の人と結婚して幸せに暮らしているようです。

私は大学時代からずっと一人暮らしだったので、家事もそれなりにできますし、料理の腕は一般的な男性よりは高いという自負もあります。

そのため、一人で生活していても特に困ることはないのですが、この先ずっと一人で生活をすることに不安がないわけではありません。」

「今はまだ体に不自由な部分がないので何でも一人でできますが、将来ケガや病気などで体が不自由になったときのことを考えると怖くなることもあります。

だからといって、自分の世話をさせるために結婚をする、というのは相手に対してあまりにも失礼で身勝手なことだという思いもあります。

恋愛感情のある相手と結婚して、その人とおたがいに支え合って生きていければ最高なのでしょうが、37歳になった今では恋愛をすること自体がなかなか難しいです。

私は小さな食品会社につとめているのですが、私の会社にいる独身女性は今年高卒で入った10代の子と50代のバツイチ女性の二人だけなので、どちらも恋愛対象と考えることはできません。

10代の子はなかなか可愛くて愛嬌もあるのですが、彼女から見たら37歳の上司というは完全に恋愛対象外のおじさんでしかありません。

それに20歳近く年が離れていると、会話が弾むこともほとんどないので、親しくなる予感すらありません。」

「また、50代の女性も決して悪い人ではないのですが、さすがに20歳近く年上で孫もいるような人には恋愛感情がわきません。

普段の生活の中ではなかなか女性と出会う機会がないですし、かといって今さら合コンなどに参加したり、お見合いをしたりしようという気も起きません。

そもそも結婚の話まで出た彼女と別れてから、恋愛をしようという気持ち自体がなくなっているような気もします。

『結婚というのは妥協と打算の結果だから、恋愛感情のことを考える必要はない』という友人もいますが、私にはまだそこまで割り切って考えることはできません。

そのため、今は『結婚のことを考えるのは、この人とずっと一緒にいたいと思える女性と出会ってからでもいいか』と思っています。

 

独身でいいのか、結婚したいのか、自分の気持ちをはっきりさせよう

40歳も近くなってくると、同期や友人のほとんどが結婚してしまいます。

また、親も「まだ結婚しないの?」と直接言ったりはしませんが、なんとなく無言のプレッシャーをかけてきたりもします。

ただ、やはり結婚ともなると一生をともにする相手を決めることになるので、そうそう簡単に相手を選ぶわけにもいきません。

それに家庭を持つということに責任を感じ、できればもうちょっと自由でいたいと思う人もいることでしょう。

Oさんも自分のなかの気持ちがゆれ動き、結婚するという決断に踏み切れないままになっていたようです。

たしかに付き合っている女性から結婚を迫られると、そのことが重荷になってよけいに結婚まで踏み切れなくなってしまうものです。

かといって、このまま一生独身ということになると、将来年老いたときの孤独が不安になってきます。

37歳という年齢からしても、いまさら恋愛結婚も難しいし、そもそも出会いも少なくなってきます。

あまりのんびりしている時間は残されていませんし、結婚したいなら早めに行動しなければなりません。

Oさんのように「いつか良い人と出会えたら〜」なんて考えていては、あっという間に一生独身コースを進むことになります。

 

「勇気を出して頑張ったおかげで結婚できました」30代後半 男性 Aさん

「以前からあまり恋愛に対し積極的ではなく、どちらかというと自由気ままに生活することに居心地の良さを感じていました。

しかし、35歳を過ぎた頃から、それまで遊んでいた友人の多くが結婚し家庭を持つようになり、気がつくと自分だけが何も変わらず独身のままでした。

37歳を迎えたときには、結婚している友人とは話が合わず、孤独を感じることもありました。

また、同僚との会話の中でも、37歳の独身男性である自分を強く認識するようになっていきました。」

「このことはある程度予測していたのですが、いざ自分に降りかかって来てみると、どうしたらいいのかとまどう自分がいたんです。

結婚どころか、恋愛もろくにしてきていなかったので、恋愛経験すらありません。

どうしたら結婚までたどり着くことができるのか、自分には本当に結婚することが必要なのかと問いかける毎日でした。

みんなが結婚するから自分も結婚したいのか、それともこれからの人生を誰かと一緒に歩みたいと思っているのか、真剣に考えました。

そして、今までは自分だけの為に生きてきたけれど、これからは結婚して誰かと一緒に日々の生活を歩んでいきたいと思ったんです。

でも、これは自分に取って簡単なことではありません。」

何かを始めなければ何も起こらないので、まずは気心の知れた友人に相談してみることにしました。

でも、いくら気心が知れた友人と言っても、思い切って打ち明けるまでに何日もかかってしまい、自分でも少し呆れてしまいました。

それでも友人は自分の気持ちを分かってくれ、いろいろとアドバイスをくれたことには感謝しています。

まず、今までまったく行く気がなかった合コンに参加することをすすめてくれました。

もちろん奥手な自分には参加するだけでも勇気がいりましたが、何とか合コンに参加することになり、その当日を迎えました。」

「当日は朝から緊張していましたが、自分を分かってもらう良いチャンスなのだと言い聞かせ、張り切って出かけました。

そこには同数の男女がいて、自分もその中で気が合いそうな女性に話しかけてみることにしたんです。

最初の一言がなかなか出ず、冷や汗がでてくるのを感じましたが、とにかく頑張って話しかけました。

女性のほうも最初は緊張していたので、なかなか話がかみ合わず、少し気まずい雰囲気が流れていました。

それでも、何とか話のリズムをつかむことに成功すると、今度は次から次へと会話が進み、時間のたつのも忘れて二人で話し込んでしまいました。

「最初からこんなに話が合うと思わなかったので、自分でも驚いてしまいました。

彼女にも聞いてみると彼女もまた、こんなに長く会話の続く相手に出会ったことがなく、とても楽しい時間を過ごすことができたと喜んでくれました。

その後、今後も連絡を取り合うためにラインを交換し、その日は解散しました。

それからは毎日のように連絡を取り合い、何回かデートをして、付き合うことになったんです。

彼女とは少し年齢差がありましたが、自分が37歳であることも忘れ、いつしか自分達の将来についても話すようになりました。」

「自分たちが思い描いていた人生の扉が、同じ方向に開いている気がしたので、思い切って彼女にプロポーズすることにしたんです。

彼女の答えは何となく分かっていたので、少し自信があったから思い切って告白できたんだと思います。

そうでなかったらもう少し時間が必要だったかも知れませんが、思い切ってプロポーズしてみると、答えはイエスでした。

あのときは言葉にできないほど嬉しかったのを覚えています。

あまり恋愛経験のない自分には本当に勇気の必要なことだったので、こんな経験は何度もできないと思ったものです。」

「それからは、結婚に向けてしなければならないことがたくさんあったので、時間がたつのが本当に速く感じました。

一日の長さがもっとあったら良かったのにと何度も思いました。

おかげで何とか結婚することができ、独身時代には経験することのなかった満足感や喜びを感じながら生活しています。

今になってあのときのことを考えてみると、思い切って行動してみて、本当に良かったと感じています。

勇気が必要だったし、今までの生活とは違ってしまうかも知れないけれど、得た物の方がはるかに多いと思います。」

 

まずは自分ができることから始めていくこと

30代後半まで独身の方の中には、今まで恋愛にあまり興味がなかったという人もいます。

この歳になると自分だけが独身のままで、どんどん一人ぼっちになっていってしまいます。

しかし、結婚したいとは思っていても、恋愛経験がないので、どうすればいいのか分からなくなってしまう方もいるのではないでしょうか。

Aさんもそのうちの一人で、恋愛経験がまったくないまま37歳になってしまったようです。

そこでAさんは、自分が本当に結婚したいのかを考えてみることにしています。

その結果、まわりの影響ではなく、自分自身が本当に結婚したいのだと判断した後、本格的に行動してくことになります。

まず、Aさんは今まで参加したことがなかった合コンに参加することを決めました。

初めて合コンに参加するということもあり、なかなか女性に話しかけることができません。

冷や汗を流しながらも頑張って話しかけた結果、一人の女性とラインを交換することができました。

ここからトントン拍子にうまくいき、Aさんはその女性と婚約をするまでになります。

最初からあきらめていたら、Aさんは今でも独身のままだったでしょう。

このように、自分ができることからでもいいので、少しずつ行動していくことによって、幸せな結婚をつかみ取ることができます。

 

初心者でも使いやすいマッチングアプリ「Omiai(オミアイ)」