疑問男1

実は女性と会話をするのが苦手なんです…

いざとなると何を話していいのかわからなくなってしまいます。

緊張してしまってうまく話せなくなり、話題や話し方もどうしていいのか悩んでいます。。

女性と会話するときに、どうしたら上手に話せるようになるんでしょうか?

ゆーじ

女の子と何を話していいのかわからない、話すことが途中でなくなって気まずくなるっている人はけっこういます。

まず最初に、心構えとして自分をよく見せようと思わないことですね。

ついつい自分をよく見せようとしがちなんですけど、そうする必要はまったくありません。

で、女性と会話するときの手始めとして、雑談があります。

雑談なんで、天気の話でも、趣味・好きなこと・食べ物・飲み物など、なんでもOKです。

たわいない話こそ、女性との会話では一番重要だったりするんですよ。

その中で、おたがいの共通点・共感できることを見つけていきます。

共通点が見つかれば見つかるほど、仲良くなりやすいからです。

もし共通点が見つからないときは、相手の女の子が何に興味があって、どんなことが好き、または嫌いなのかに興味を持って話していくといいですよ。

困った男性1

たしかにちょっと気負いすぎな感じはあると思います。

やっぱり気になる相手だと余計にそうなってしまっていたのかもしれません。

まずは共通点が見つかるように意識してみます。

ゆーじ

普段からスマホのメモアプリを活用して、話のネタになりそうなことをメモしておくといいですね。

面白かったこと・驚いたこと・楽しかった・悲しかったなど、ちょっとしたことでもスマホのメモに入れておくといざというときに役立ちますよ。

そうすると女の子との会話だけじゃなくて、ラインをするときにも役立つことがあるんでおすすめです。

もうひとつのテクニックとして、日頃から写真を撮るクセをつけておくのもいいですよ。

写真を見せながらだと、より具体的に会話することができます。

たとえば、美味しかった料理とか、おすすめのお店・旅行に行った場所・印象に残ったスポット・ペットの写真や動画なんかがいいと思います。

あとは会話に困らないデート場所を選ぶっていう方法もあります。

たとえば、猫カフェや犬カフェ・水族館・動物園・美術館・博物館あたりが会話を意識しないで済むのでおすすめですね。

その場で感想を言い合えるので、映画館よりも会話に困らなかったりします。

笑顔男性1

メモアプリとか写真を使うのは良さそうですね。

会話に困らないデート場所っていうのも僕としては助かります!

ゆーじ

ちなみに、女性との会話では自慢話は基本的にNGです。

自慢話をされても女の子は退屈なだけになってしまいます。

自分の話をするんじゃなくて、逆に相手の女の子の話をよく聞くことのほうが大切です。

その中で共感や共通点を見つけていけるようになるともっと仲良くなれると思います。

共感することが女の子との会話では大事なんですが、無理に共感しようとせず、なるべく相手の言ったことを否定しないくらいのイメージで話していたほうが、おたがいに違和感がないと思います。

否定はしないけど、無理に相手が言ったことに賛成もしないといった感じですね。

困った男性1

男性が聞き役に回ればよかったんですね。

あとは相手のことを否定しないように気をつけてみたいと思います。

ゆーじ

最後に、女性との会話の練習方法として、どんな女性に対しても恋愛対象として話してみることです。

小さな女の子でも、お年寄りでも、タイプじゃない人でも、とりあえず女性との会話の経験値を上げるために意識的に会話をしてみてください。

そうすることで、女性とどうやって会話をしていけばいいのかを自分に慣れさせることができます。

 

女性との会話は雑談こそ重要

男性の恋愛とか婚活の悩みでけっこう多いのは、「女性との会話で何を話せばいいのかわからない…」、「いざ面と向かうと会話が続かない。。」っていうのがあります。

今回は女性との会話について紹介していきたいと思います。

最初にまず会話のモチベーションというか、メンタル面・心構えについてなんですけれども、あんまり自分を良く見せようとしないことですね。

ついつい気になる女性との会話だと自分をよく見せようとしがちなんですけど、そういう風にする必要はないです。

なんでかって言ったら、自分をよく見せようと思えば思うほど、どんどん緊張してしまって逆にうまく喋れなくなってしまうんですよ。

そう思うほど緊張してしまって、逆効果になってしまうことが多いです。

でも、緊張するなと言われても、慣れていないと緊張してしまうじゃないですか。

どうしても美人とか可愛い女性だったりすると、余計にそうなってしまいますよね。

おたがいの気持ちをほぐすためにも、女性との会話の手始めとして雑談があるんですけれども、雑談っていう言葉通りどんな話でも良くて、内容もさまざまです。

  • 趣味
  • 好きなこと
  • 音楽
  • スポーツ
  • 食べ物
  • 飲み物
  • 天気
  • 旅行
  • 休日の過ごし方
  • 仕事
  • テレビ番組
  • 漫画
  • 映画
  • 最近あった面白いこと
  • 驚いたこと
  • などなど

趣味の話とか、食べ物・飲み物・好きなもの・趣味とか、そういうジャンルみたいなものを挙げておくので参考にしてみてください。

そういうものとかでもいいですし、中華が好きとかイタリアンが好きとか、そういうふうになんでもいいんですよ。

たわいない会話こそが、女性との会話では一番重要だったりします。

あとはドラマとか映画とか、そういう日常的なことを話すと。

最近やってるスポーツとか、よく聞く音楽とかね。

あとはまぁ最近行った旅行の内容とか、最近観てよかった映画とかもいいと思います。

そういう風に自分が興味があると感じること、または相手はどんなことが好きだったりするのか、そういうものを話し合う感じで最初は雑談をしていくと。

遊びに行った場所とか旅行とかは、男女関係なく話すことができるんですよ。

国内だったり海外だったり、行ったところだけでなく行ってみたいところ、今まで行ったことがあるところを聞いて、どういうとこなんですかとか、どんなところが印象的だったとか、記憶に残ってる、楽しかったスポットとかの話もできますね。

食べ物とか飲み物だったら、コーヒーとかお酒の話とか、コーヒーだったらどんなのが好きなのか、インスタントの話でもいいし、カフェだったり、こだわる人だと自分でドリップして入れたりとかもしますし。

おたがいにお酒が好きだったら、日本酒・焼酎・ビール・ワインなど種類も銘柄もいろいろありますし、どういうところに飲みに行くのか、家では飲むのか、お店だったらどんなジャンルが好きだとかいうふうに話ができます。

 

会話の中で共通点を見つけていこう

その中でもおたがいの共通点、興味があることを探していく、見つけていくようにするのがポイントですね。

共通点を見つけて、その話を広げていくと、会話が少しずつ盛り上がっていきますし、あとは自然と心もほぐれていくようになります。

女性との会話の中で共通点を見つけていくっていうのは、恋愛において非常に大事なんですよ。

共感できる、共通点があるというだけで親近感が湧きやすくなります。

とはいえ、そう簡単に共通点が見つからないこともありますよね。

共通点が見つからないときは、相手が何を興味持っているのか、その相手がどういう風に感じて、何を好きなのかとか、相手に興味を持って、相手のことを知っていくことを優先していきましょう。

 

スマホのメモアプリを活用しよう

会話の話題、話のネタなんですけど、何を話せばいいのかっていうのがわからなくなってしまうときもありますよね。

そんなときは会話ノートとしてスマホのメモ帳・メモアプリでもいいですけど、ちょっと何か面白い話とか人に話したくなるようなこと、楽しかったこと・悲しかったこと・驚いたこととか、そういうことをスマホにちょっとずつ書いておくのも有効ですね。

ちょっとしたことでもメモもしておけば、いざデートする前とか、トイレに立ったときにちらっとメモしたのを見ておけば、また会話のネタにすることもできます。

スマホにメモしておくと、会話だけじゃなくて、ラインのやりとりとかにも役に立つこともあるんで、日頃からちょっとしたことをメモしておく。

そうすると、いざというときに役に立つことがあるのでぜひ参考にしてみてください。

 

写真を撮るクセをつけよう

もう一つの会話に使えるテクニックとして、スマホの中にいろんな写真をとっておくのも有効です。

男性って女性よりも写真を撮る習慣がないと思うんですけど、これからは旅行先のこととか、美味しかった料理、印象に残ったスポットでもなんでも、そういうものを写真に撮ってためておくようにしましょう。

すうすると女性と話すときにスマホの写真を見せながら会話を盛り上げていくことができます。

美味しかった料理、この場所おすすめのお店とか、旅行に行ったときにこういうとこが良かったとか、すごい綺麗な景色があったとか、実家でペットを飼っているならペットの写真とか、動物の動画は誰でも楽しめます。

そういう写真とかは会話のネタにできることもあるんで、これもいざというときに役立つんで写真は撮り溜めしておきましょう。

 

会話に困らないデートプランもおすすめ

それでもどうしてもデートをしていく途中でネタ切れ、会話が続かなくなってくることもあると思います。

そんなときは会話しなくてもいいデート場所を選ぶっていうのも一つの方法ではありますね。

その中の一つとしては、猫カフェとか犬カフェ・ふくろうカフェとか、そういう動物系のカフェへ行くと、会話ばっかりしなくても動物と遊んだり、見ていたりしていればいいんで、そういうところに行くのもおすすめです。もちろんおたがいに動物が苦手でないことが条件なんですけれども。

動物カフェと同じような見る系のデートスポットとして、水族館とか動物園、あとは美術館・博物館などの展示物を見ていれば、見ているものの感想をその場で言い合うだけで会話が成立するので有効です。

これが定番のデートスポットである映画館だと、あんまり会話ができないじゃないですか。

なんで、映画館は付き合う前のデートスポットとしてはそこまでおすすめしません。(行ってはいけないというわけではありませんよ。)

ただ、会話が困りそうなデートになるなら映画館よりも、そういう水族館・動物園・博物館・美術館とかのほうがおすすめです。

後はもうちょっと仲良くなってきたときだと、どちらかの地元か住んでいる地域の観光雑誌をそこら辺で買って一緒に見るっていうのもけっこうおすすめですね。

こういうところはまだ行ったことがないとか、意外と知らないスポットがあるんだとか、今新しいこういうものもできてるんだとか、会話をしていくネタをその場で作ることができます。

 

基本は聞き役にまわったほうがいい

ちなみにですけど、女性との会話でNG なことも当然あります。

会話のNGは自分ことばかり話す、いわゆる自慢話ですね。

自慢話ばっかりしてても、相手は退屈なんですよ。

女性との会話に慣れていない男性って、ついつい自分をよく見せようと思って自慢話をしてしまいがちなんですが、自慢話はまったく必要ありません。

それよりも、女性が話しているときは相手の話をきちんとよく聞いてあげることです。

女性は自分が話していることを聞いてくれるほうが嬉しいですし、まして話をさえぎってまであなたが話すと、せっかく私が話してるのに!とか、私の話には興味ないんだな…と思ってがっかりされてしまいます。

なので、女性の話をよく聞くこと、とりあえず話をよく聞くことが大事です。

後は上から目線でアドバイスするとか、相手の話を否定するのもNGです。

どちらかというと、アドバイスよりも共感が必要なので、上から目線で話されるのイラッとするし、自分の話を否定されるのも、この人はやっぱないな、私と合わないなと思われてしまいます。

会話がなかなか続かないときに、どうしてもこう質問ばっかり、質問一辺倒になったりしてしまいがちなんですけれども、そうならないように会話の広げ方、相手との共通点、共感できることを拾っていくようにに意識したほうがいいですね。

連想ゲームのような感じで、コーヒーが好きだったら、コーヒーのどんなところが好きなのかとか(味・香り・手軽さ・奥深さなど、いろいろありますよね。)、いつから好きになったのか、あるいは逆に嫌いなものだったら、なんで嫌いなのか・いつから嫌いになったとか、そういう風に話題をひとつひとつつなげていけるように、連想しながら広げていく。

できれば、相手の話に共感する、「私も〇〇好きです」、「僕も〇〇はあまり好きじゃないです」など、共感することも意識してみてください。

 

相手が言ったことは否定しないこと

女性との会話には共感が重要です。

女性との会話って、とにかく共感すること、相手に同調することが大事なんで、それがきちんとできていればそれだけで女性は心を開いてくれるようになります。

と言っても、自分を押し殺して相手に何でもかんでも合わせろっていうんじゃありませんよ。

無理に合わせようとすると自分も苦痛に感じることもあると思うんで、とりあえず相手の女性の言ったことを否定しないっていうイメージを意識してもらった方がいいと思います。

女性と会話をしていると、いろんな話題が出てくると思うんですけど、仕事が面白くないとか、結婚したらこういう風にしてみたいとか、いろいろあると思うんですけど、そういう話を聞いたときに、「いやいや、そんなの無理でしょ」とか、「普通に堅実に働いた方が一番だよ」「言ってることは分かるけど、それどうなの」という言い回しをしないことですね。

こういうときに沈黙になったりせず、否定したりするんじゃなくて、「そういう風に考えてるんですね」とか答えて、「じゃあ、どんなことをしてみたいんですか?」とか、そういう風に質問で広げていくようにしていきます。

だから、否定はしないけど、逆に相手のことに賛成をすることも無理にする必要ないと。

ただ、なるべく笑顔でいるほうがいいんですけど、最初からそこまでは難しいでしょうから、とりあえず相手の話を否定しないという風にしてくれもらえばOKです。

 

すべての女性を恋愛対象として練習する

女性との会話を練習する方法として、どんな女性に対しても恋愛対象として話していくっていうのがおすすめです。

どんな人でもっていうのは、文字通り恋愛対象以外の人でも、年齢関係なしで、おばあちゃんでも小さな子供でも、会話の練習だと思って本気で話していくことです。

小さな女の子でも、40・50代の年上の女性であっても、ぜんぜんタイプじゃない人にでも、ちょっと苦手だななんて思う相手にでも、会社の上司・部下・既婚者・友達の彼女とか、そういうの抜きにして、あらゆる女性に対してとりあえず恋愛対象として意識しながら話してみることです。

べつに友達の彼女を奪ってしまおうとかそういうわけじゃなくて、そういう人とも練習として自分の会話の能力を上げるために、まずは会話に慣れること。

女性との会話に慣れることを目指します。