疑問男1

どうして婚活で勘違いしてしまう人がいるんでしょうか?

ユキさん

うーん…これって30代とか40代で婚活している女性に多いんだけど、正直自分の婚活における価値を高く見積もりすぎてしまうのよね。

婚活って、みんなが思っている以上に年齢が重要視されるものなのよ。

とくに35歳前後を境目にして一気に厳しくなるものなの。

なのに、みんな本音では「最低でも年収400万円以上はないと無理!」とかいろいろと条件をつけて相手探しをしているのよね。

でも実際のところだと、30代半ば過ぎの女性って、年収300万円とかそれ以下の男性に相当すると思ってもらうとわかりやすいかもしれないわね。

要するに、自分の婚活市場での価値と、男性に求めている条件に差がありすぎることが問題なのよ。

それなのに、年齢が上がれば上がるほど、婚活で妥協できなくなってしまうからやっかいなのよね。

困った男性1

いわゆる高望みってやつですね。

たしかに結婚するなら子供もほしいし、相手の年齢は正直気にしちゃいますね。

女性も男性を年収とかのステータスで判断するならおたがい様だとは思いますけど…

ユキさん

どうすれば結婚できるかっていうと、当たり前の話だけど自分の婚活市場価値と、あなたが求める男性の条件がきちんと合えばいいってことなのよね。

だから、まずは条件をゆるくして、いろんな男性を受け入れていくことが必要になるわ。

あとは、自分の価値が高まるように、年齢なりの魅力を作っていくことね。

これぐらいの年齢なら、見た目で勝負するんじゃなくて、母性本能をいかして男性の自尊心を上手にくすぐれるようになることよ。

男性ってプライドの生き物だから、自尊心をくすぐられることにとっても弱いの。

とくに聞き上手な人で、相手にうまくしゃべらせることができると、勝手に相手の心がオープンになっていくからぜひ意識してみてほしいわね。

 

婚活市場における自分の価値を高く見積もり過ぎている

婚活の場において、ついつい勘違いをしてしまう女性も残念ながらいます。

まあこう言ってしまうとあれなんですけど、30代から40代の女性に特に多いです。

それぐらいの年齢になると、婚活市場の中でも結構厳しい立場なんですけれども、それを「自分はまだまだいける!!」っていうふうに勘違いしてしまうと。

市場って言葉はあまり使いたくないんですが、便宜上そうさせていただきます。

それが結果的に高望みになってしまって、なかなか相手が決まらない、結婚できない。

で、婚活に疲れてしまうということが実はかなりあります。

厳しい現実にはなるんですが、ぶっちゃけて言ってしまうと、年齢って婚活においてかなり重要なんですよ。

婚活の場では20代の女性が圧倒的に強くて、30代前半でもきちんと頑張ればそれなりに希望条件の男性と結婚できます。

これが30代半ば、35歳前後を境目に一気に厳しくなってきます。

これはですね、男性の年収にも当てはめることができます。

男性の年収に当てはめると女性の方は分かりやすくなるかと思います。

具体的には、結婚するのであれば、400万円以上〜600万円ぐらいは最低でも欲しいところなのが本音じゃありませんか?

年収300万円台の人だと、婚活してもマッチングできない、結婚できないということになります。

逆に、年収800万あたりになってくると、女性からもかなり人気が出てきます。

若い女性からもどんどんアプローチしてくれるんで、男性の年齢にもよりますけどひとまわり、12歳差ぐらいは意外となんとかなります。

男性の年収800万相当と同じような感覚で、20代の女性は人気が高くなるんです。

30代前半で年収400万円〜600万円相当、30代半ば〜40代の女性は男性の年収が300万円台かそれ以下に相当すると考えてもらうとわかりやすいかもしれません。

このような背景があるから、30代半ばあたりから30代後半・40代からはですね、婚活していても本当に今はいい人が見つからない。

ここまで説明してうすうす気づいている方もいらっしゃるかもしれませんが、では何を勘違いしてるかっていうと、自分の婚活市場での価値と、自分が男性に求める条件に差がありすぎるということです。

差があるから相手から見向きもされなくなってしまう。

身長もそれなりにあって、見た目もそこそこ、年収も600万円以上、共働きとか家事・育児にも理解があって、地方じゃなくて都心部で暮らせる。

なるべくなら相手方の両親とはいっしょに暮らさない。

これってかなり好条件の男性なんですけど、ここまでの条件を求めてしまうと本当に結婚できなくて、なのに妥協はしたくないっていうのが勘違いにつながっていってしまいます。

年齢が上がれば上がるほど、結婚に妥協したら負けみたいなところがあるんですよ。

勘違いというよりも意固地になっているというか、自分のまわりのすでに結婚している人たちともつい比べちゃうんですよね。

すでに結婚している友達の旦那よりも劣っているような人とはもう絶対に結婚したくないみたいな感じです。

 

年齢に見合った魅力を作ることが大事

どうすれば勘違いしないでも幸せな結婚ができるのかっていうと、自分の婚活市場での価値と、あなたが求める男性の条件がきちんと合えば結婚できるということです。

具体的にいうとですね、理想が高すぎることをまずやめなければなりません。

見た目が良くて、身長が高いとかイケメン、またはお金がある・経済力があって、家事・育児に協力的、家庭のことにも理解があるなど、そういうハードルというか条件をですね、自分の希望よりも低く持っていくと。

そうすると条件が低くなるわけですから、当てはまる男性も多くなって、その中からあなたが結婚したいと思えるような人が見つかるかもしれません。

また、あなたが男性からアプローチされるのを待つんじゃなくて、あなた自身も積極的にアプローチしていくというふうでないと、なかなか相手も見つからないでしょう。

あなたが男性を厳選していくんじゃなくて、窓口を広げるってことです。

窓口を広げる、要するにあなたが選ばれるように、なるべくどんな男性でもOKというふうにしていくことです。

最終的にはあなたがその相手と結婚するかどうかを選ぶんですけれども、まずは窓口を広げてチャンスを作るということです。

でも意外と多いんですけど、アラサー・アラフォーの女性が若作りしてしまうというのもよくあります。

若作りする必要ないんですよ。

下手に若作りすると痛い女性になってしまうんですよね。

その年齢ならその年齢で、それに応じた綺麗さ・美しさがあります。

だから、若く見せるとかじゃなくて、年齢なりの魅力を磨いていくようにしましょう。

そのためには服装とかも落ち着いたものを選んだり、髪型も流行りを取り入れる必要もなくて、自分に似合ったものにすればいいです。

美魔女なんて言葉がありますけど、美魔女みたいに若く綺麗に見られればいいとかじゃなくて、年齢なりに綺麗にすればそれでOKです。

そのほうが婚活中の男性には好まれます。

あとは、これぐらいの年齢になってくると、見た目で勝負するんじゃなくて、母性本能をうまくいかして男性の自尊心を高められるようにするのもおすすめです。

主に会話で効果的なんですけれども、話し方というよりもしっかり男性の話を聞いてあげることです。

男性は自尊心・プライドの生き物なんで、自分の自尊心をくすぐられることに弱いんですよ。

逆に、自尊心・プライドが傷つけられることは耐え難いものであり、ひどく嫌います。

で、どうすればその男性の自尊心をくすぐれるかというと、相手の話をきちんと聞いてあげられることです。

聞き上手な人は男性にも限らず、女性も本当にモテますし、とうぜん婚活もうまくいきやすいです。自分の話ばっかりしないようにしましょうってことですね。

よく喋る女性って男性からすると、自分が話しをしなくて楽でいいというのはあるんですけど、それが結婚相手としてつながるかっていうとそうでもない場合が多いです。

聞き上手で自分の話をよく聞いてくれる、さらには自分に気持ちよく話しをさせてくれると、どんどん心がオープンになっていくんですよ。

逆に、ぜんぜん興味のないことを聞かされても引いてしまうってことですね。

ちょうどイソップ物語の北風と太陽みたいな感じで、北風がバンバン風を当てて吹き飛ばそうとしても逆効果になってしまって、太陽のほうは温めるだけで簡単にコートを脱がせられるっていうことに似ています。

そういうふうに、聞き上手であるほうが、相手の心をオープンにさせやすいです。