「看護師って出会いが全然なくて、このままじゃ結婚できないや、、、」

「婚活してみたいんだけど、まずは何をすればいいの?」

看護師の方で出会いがない、婚活をしているけどうまくいかないと悩んでいる方はたくさんいます。

このページでは看護師でも結婚できる方法を体験談と一緒に紹介しています。

困った女性1

看護師してるんだけど、早く結婚したいのに忙しすぎて出会いがない…

婚活したいんだけどどうすればいいの?

ユキさん

たしかに看護師になると仕事もハードで大変だし、職場は閉鎖的な環境だからなかなか出会いのチャンスもないわよね。

困った女性1

そうなんです…

休みも不定休だから友達に紹介してもらうのも難しかったりして。。

ユキさん

そうよね、なかなか自分では出会いを作りにくいっていのもネックになっているわ。

だから、看護師こそ上手に婚活をする必要があるのよ。

疑問女1

婚活ですか、、具体的にはどうすればいいんでしょう?

ユキさん

婚活っていうと、大きく分けて3種類あるの。

婚活パーティー・婚活サイト・結婚相談所の3つね。

あとは、婚活バスツアーとか趣味婚っていうのもあるけど、まずはこの3つのどれかから始めてみるのがおすすめよ。

疑問女1

そうなんですね。

うーん、どれから始めてみようかな?

ユキさん

それぞれにメリットとデメリットがあるから、自分に合っていそうなものを選んでみるといいわね。

もちろん同時平行して利用していくのも全然ありだわ。

どこに運命の出会いのチャンスがあるのかはわからないんだから、なるべく出会いは多く作っておいたほうがいいの。

普通女1

なるほど。

ユキさん

婚活パーティーのメリットは、1回参加するだけで一度に多くの男性と出会えるチャンスがあることね。

普通女1

たしかに一度に何十人も参加する婚活パーティーってありますもんね。

ユキさん

デメリットとしては、相手のことを知る時間が少ないことね。

若くて見た目に自信がある・初対面でも会話が得意・積極的にアプローチができる人に向いているわ。

困った女性1

うーん、、私は見た目に自信もないし、初対面で話すのも苦手なほうなんですけど、、

ユキさん

最初はみんなそんなものよ。

婚活パーティーでいきなりいい人とマッチングするのは難しいわね。

練習をかねて、婚活スキルを上げるために何度も参加するといいと思うわ。

最近は看護師限定の婚活パーティーっていうのもあるのよ。

普通女1

看護師限定の婚活パーティーなんてあるんですね。

たしかに何十回も婚活パーティーに参加している人っているかも。

ユキさん

何回も繰り返し婚活パーティーに参加するのはいいんだけど、参加するなら自分磨きや、男性との会話に慣れること・自分から積極的にアプローチできるように意識していくことが必要よ。

ただなんとなくいい人を見つけたいからって婚活パーティーに参加するのは良くないわ。

普通女1

ふむふむ、婚活パーティーに参加するときは気をつけます!

ユキさん

ぜひそうしてみて。

次は婚活サイトについてね。

婚活サイトのメリットは、スマホさえあればいつでも婚活ができるっていうところね。

空いた時間にささっと婚活できるから、婚活サイトは看護師の人にぴったりだと思うわ。

笑顔女1

たしかに仕事がある日は忙しいし、不定休だから空いてる時間に婚活できるのは嬉しいかも。

ユキさん

看護師は不定休っていうのがネックよね。

だからか、婚活サイトは看護師とか、保育士・接客業とかの休みが決まっていない人たちが利用していることも多いのよ。

もちろん普通の会社員の人たちも多いけどね。

デメリットとしては、会ってみるまでは相手のことがわかりにくいのが難点ね。

困った女性1

たしかに婚活サイトで出会うのって不安があります。

初めて会うときも緊張しそう。。

ユキさん

マッチングアプリや婚活サイトも多くなってはきているけど、やっぱり1対1で初めて会うときは緊張するわよね。

だから、会う前にはなるべくメッセージやラインのやりとりをすることね。

少しでも相手のことを知っておけばイメージも湧きやすいし、会うときの会話の話題作りにも役立つわ。

まあ、実際に会ってみないことにはわからないことも多いから、勇気を出して頑張ってみるしかないっていうのも確かだけど。

普通女1

やっぱり実際に会ってみないとわからないものですよね。

ユキさん

最終的にはそうなるわね。

でも、婚活サイトは他の婚活と同時に始めやすいから、とりあえず登録だけしておくのもありだと思うわ。

普通女1

わかりました、ちょっと考えてみますね。

ユキさん

最後に結婚相談所だけど、ここのメリットはプロの婚活コーディネーターにアドバイスをもらえることね。

婚活って誰かからアドバイスをもらいにくいし、一人で婚活していると不安になってきちゃうのよ。

でも、結婚相談所ならプロからアドバイスをもらえるし、自分の悩みや希望も伝えれて、二人三脚で婚活を進めることができるわ。

普通女1

たしかに結婚したいっていう悩みはなかなか本気で誰かに相談しにくいです。。

結婚相談所ってそういったメリットがあるんですね。

ユキさん

そうなの。

だから、婚活コーディネーターのアドバイスがない会員紹介だけの結婚相談所はやめたほうがいいわね。

それだったら婚活サイトのほうがはるかに会員数も多くて、利用料金も安いし。

必ずアドバイスがもらえるところを選んだほうがいいわ。

普通女1

わかりました、そこを重点的に見てみたいと思います。

ユキさん

結婚相談所のデメリットは、やっぱり費用が高くなることね。

入会金・月会費・成婚料を合計すると、最低でも30〜40万円はかかると見ておいたほうがいいわね。

困った女性1

けっこうかかるんですね。。

ユキさん

そうなの、それだけ費用をかかるから、結婚相談所選びには慎重になったほうがいいわね。

まずは婚活パーティーと婚活サイトをためしてみて、うまくいかなかったら結婚相談所も検討してみるといいと思うわ。

笑顔女1

ありがとうございます、さっそく婚活はじめてみますね♪

ユキさん

がんばって!きっとあなたにも運命の出会いがあると思うわ。

 

看護師の仕事をしながら婚活をするのは大変

婚活サイトのホワイトパートナーズや婚活パーティーのエクシオでなど、看護師限定の婚活もあるんですけど、あまりそこに意味はありません。

看護師限定であるということは、相手もあなたが看護師であることを十分承知しているとは思います。

むしろ、看護師と出会いたいと思って参加していると言ってもいいでしょうね。

しかし、看護師と出会いたい人が、看護の仕事に理解があるとは限らないんですよ。

どうゆうことかというと、一般の人にとっては、「看護師=優しい」くらいのイメージしかないからです。

看護師として働いているなら分かるかと思いますが、まったくそんなことありませんよね?

むしろ、看護という仕事はハードワークで夜勤もあったりして体力が必要だし、配属させる科によって多少ちがうとは思いますけど、メンタル面でもタフな人じゃないと続けられなかったりします。

ということは、優しいというよりも、むしろ負けん気が強くでしっかりしている人のほうが多いのではないでしょうか?

看護師が大変であるということをあまり理解していないまま、なんとなくで看護師限定の婚活に参加する相手側の人が多いんですよね。

けっして看護という仕事に理解があるわけでもないし、逆に「イメージと違った…」ギャップにショックを受ける人もいるくらいです。

普通の婚活でも看護という仕事に理解がある人はいますし、あまり看護師限定の婚活にこだわる必要はありません。

あ、ここでちょっと思い出しましたけど、婚活で自分のことをアピールするときは趣味とか好きなことを言うのは定番ですけど、してみたいデートを言うのはおすすめですよ。

たとえば、「ディズニーが好きなので、ディズニーデートをしてみたいです!」

これはまあ無難なところなので、それなりにウケはいい感じです。

「漫画が好きなのでネットカフェでまったりデートでもいいですよ」という感じだったら、インドア系の人に好印象になるでしょうね。

「ラーメンが好きなので、いっしょにラーメン巡りがしたいです」、「イルカショーを見るのが好きなので、水族館デートがしたいです」など、いろいろ自分が興味のあることにからめてアピールしましょう。

さらについでですけど、婚活だからといって、やたらとキメすぎないほうが好感を持たれますよ。

あんまりばっちりキメすぎると、相手から「この人はちょっと我が強そうだなぁ…」とか、「高嶺の花っぽくでどうせアプローチしてもダメだろうな」って思われちゃうんですよ。

婚活だとどうしても気合を入れすぎちゃうものなんですけど、それがかえって近寄りがたいというか、親しみやすさがなくなっちゃうんですよね。

「ファッショナブル・綺麗さ」よりも、「清楚・シンプル」にしたほうが親しみやすくて好感が持てます。

男性がドレスアップしてキメすぎるよりも、「爽やか・清潔感」があるほうが好感があってモテるのと同じことです。

そ・し・て、なによりも笑顔は重要ですね。

やっぱり婚活でも明るい・積極的・笑顔で楽しそうな人が人気が出るんですよ。

どんな人にでも笑顔で接して、自分から積極的に話し込んでいく姿勢が大切です。

とはいえ、「私人見知りだし…」「根暗なんだからしょうがないじゃん。。」っていう人もいますよね。

そういった場合でも、自分のことを見て見てアピールする必要はないんですよ。

そうじゃなくて、少しでも婚活で出会った相手のことを知っていきたいという姿勢を示しましょう。

なかなか積極的に話せないのはしょうがないとしても、相手に興味を持って接することは必要です。

婚活ではおたがいのことを知る必要があります。

どんなことが好きなのか、どういった結婚をしたいのか、人それぞれ思っていることがあります。

その思っていることをおたがいに知っていくことが婚活なんです。

なので、自分のことを一生懸命話すよりも、相手に興味を持って接するほうが大事なんですよね。

それができれば、話下手でも人見知りの人でも、だんだんと婚活で話ができるようになり、あなたに合った人が見つかるようになります。

また、看護師という仕事の最大のネックが出会いのなさですよね。

職場は人間関係が狭いし、医者とは結婚したくないっていう方も多いかと思います。

仕事は不定休で夜勤も合わせると、なかなか出会いを作る環境がないのが現状です。

仕事が大変な看護師でもできる婚活方法として、私は婚活サイトをおすすめします。

婚活サイトならスマホさえあれば、いつでもどこでも真剣な出会いが見つかるんですよ。

時間もあなたの空いているときでOKだし、今このページを見た3分後にでもスタートさせることができます。

「でも、婚活サイトって何から始めたらいいのか全然分からない…」

「婚活サイトってどこを選べばいいの?」と不安になる方もいますよね。

私が一番おすすめするのは、一番大手のゼクシィ縁結びです。

ゼクシィ縁結びを使えば、今すぐにでも結婚相手を見つけることだってできるんです。

実際、私もなかなかいい出会いがないと悩んでいたのに、たった2ヶ月で結婚相手との出会いがありました。

そんな運命の出会いを作ってくれたゼクシィ縁結びには、4つの特徴があります。

  • 結婚情報誌のゼクシィで有名な大手企業リクルートが運営
  • 登録無料・成婚料も0円
  • 婚活サイト初のお見合いコンシェルジュが初デートをサポートしてくれる
  • 相性がいい、価値観の合う人が見つけやすい

さらに、ゼクシィ縁結びは大手企業のリクルートが運営しているので、セキュリティとデータ管理がしっかりしています。

最初は「婚活サイトなんて、良い出会いがあるわけないじゃん」と私も思っていました。

ところが、ためしにゼクシィ縁結びを使ってみたところ、素敵な人と出会えたことに自分でもびっくりしています。

今は子供もできて、あわただしくも家族3人で毎日幸せに暮らしています。

あのときゼクシィ縁結びを使うことができて、本当に良かったです。

まずは無料で会員登録をしてみて、どんな人がいるのかためしてみてください。

きっとあなたにも素敵な結婚相手が見つかると思います。

「早く結婚したいのに相手が見つからない…」と悩んでいるのに使わないのは損していますよ。

ゼクシィが運営している婚活サイト「ゼクシィ縁結び」

 

看護師が結婚する方法は職場内よりも職場外にある

看護師というと、仕事が忙しくてなかなかプライベートの時間が取れませんよね。

それでも、最近は勤務状況がずいぶんと改善されてきてはいます。

シフト制勤務を徹底的に守る医療機関も増えてきています。

夜間勤務などがなければ、もちろん、普通に夕食を家庭や友人と取ることも可能です。

そこで、看護師が結婚する方法としては、できるだけ出会いのアンテナを広げておくことが大切です。

職場では、どうしても病院などの狭まったところでしか相手を見つけること ができないからです。

相手は医師や同僚の男性看護師などになってしまいます。

場合によっては、入院患者と恋仲になるという人もいるかもしれません。

しかし、 可能性としては難しいものがあります。

医療関係者ではない人と出会いたいのなら、自分から積極的に出会いを探す必要があります。

外食をしたり、異業種の友人と遊んだりといったことをおすすめします。

そうすれば、医療関係者以外の人と出会う確率も高くなってくるというわけです。

合コンに参加するのもいいかもしれません。

看護師というと、異性にお固いイメージを持たれていることもあります。

しかし、そのときの服装・メイクに気をつかえば、必ずしも職業の印象とは違って見られることもあるかもしれません。

また、看護師という職業は世間的に信頼性が高く、安定している職種だと言われています。

そんなところに安心感を得られる異性もいるはずです。

男性から見て、看護師という職業はしっかりしていて母性があると思われているため、自分で思っているよりもモテたりします。

看護師好きな異性との合コンをセッティングしてもらうというのもいいかもしれません。

そうすれば、必然的に異性との交流を図ることができます。

また、人によっては同業者の方がいいという人も居ます。

この場合、できるだけ職場で探してみることになります。

医師をはじめ、出入りしている製薬会社の営業マンなどが対象になります。

とはいえ、医療現場にはさまざまな人が訪れることがありますが、出会いの場になっているわけではありません。

また、相手探しに夢中になってしまうと、仕事がおろそかになってしまうことがあります。

命を預かる仕事だからこそ、注意散漫にならないようにしなければなりません。

医師と仲良くなって結婚する看護師も、まったくいないというわけではありません。

いわゆる職場結婚になります。

医療現場でよく会話する異性といえば、医師になります。

ただ、職場で恋愛をすることに抵抗を感じる方もいるかもしれません。

医療現場だからこそ、それどころではないという人がほとんどです。

あまり期待せず、ゆっくり職場の異性を見直してみるのもいいでしょう。

最近は男性の看護師も増えてきています。

同じ立場だからこそ分かりあえたり、すぐに仲良くなれたりすることも多いです。

結婚後のことも考えて、同じ立場の方がいいと考える人におすすめのタイプと言えます。

それから、もっと視野を広げてみるのもいいでしょう。

一つのところにとどまっていると、いつまでも同じメンバーの中でしか働けなくなってしまいます。

職場で結婚相手を見つけたい人は、思い切って転職をしてみるのもひとつの手でしょう。

別の病院などに行けば、また違ったタイプの異性と知り合える可能性もありますし、自分の生活範囲も変わって気分が一新できます。

小さなクリニックなどに勤めている場合には、その職場で結婚相手を探すのは難しいものがあります。

もしくは、通勤途中で出会う人をチェックしてみたり、そのクリニックの近所を散歩してみたりというように、わずかな可能性でもいろいろと見出してみることが大切です。

自分でも思ってもみないところから結婚につながる出会いがあったりするので、あきらめずに出会いのチャンスを広げていきましょう。

また、お年寄りと積極的に話をしてみるのもいいでしょう。

患者の息子や孫といった家族と出会える可能性もあるからです。

親切にしてもらったからということで、気に入られることもよくあります。

ではここで、看護師で実際に結婚できた方々の体験談を見てみてましょう。

出会いがない社会人男女におすすめの場所と出会う4つの方法

 

「出会いがない看護師の私が結婚できた理由」 30歳 Tさん

「看護学校を卒業して憧れの看護師として病院に勤務してからは、毎日毎日大変でしたが充実した日々を送ってきました。

そんなときに、高校時代の友人から結婚式の案内状が届いたのです。

当時私は28歳でした。

そのときは彼女が結婚するんだ、というくらいにしか思っていませんでした。

でも、結婚披露宴に出席して彼女の幸せな姿やご両親の嬉しそうな顔を見ていると、じわじわと「羨ましいなあ~、私も結婚したいなあ~」という感情が出てきました。

「その一方で、仕事仕事の毎日で正直恋愛ということに無関心で過ごしてきたので、もちろん付き合っている彼氏なんかいる訳もなく焦りました。

看護師という仕事柄、患者さんには男性はいますが、出会いという意味では男性と知り合うきっかけがありません。

同じ看護師の仲間は医師と付き合ったり結婚したりした人もいましたが、そのような人はまれで基本的に出会いはありません。

「でも、そんなことを言っていたらいつまでたっても結婚どころか、恋人も作ることができません。

そこで学生時代の友人に連絡を取り合コンや、紹介などをしてもらえるようにお願いすることにしました。

ただ、看護師という職業柄、毎週土曜日や日曜日が休み、毎日決まった時間に仕事が終わるということがありません。

なかなか友人がセッティングしてくれたタイミングが合わず、合コンや紹介してもらうにも時間がかかりました。」

「せっかくの合コンや紹介でもお互いが気に入ることがないと前に進めることがなく、何度か合コンや紹介をしてもらってきましたがなかなか上手くいかないまま気がついたら30歳を過ぎてました。

そこで、私はインターネットで婚活についていろいろと調べることにしました。

婚活の方法を調べるといろいろな方法がありましたが、その中で目にとまったのが結婚相談所でした。

そこで思い切って結婚相談所に入会することに決めました。」

「結婚相談所に入会する際や月々の費用はかかりますが、私のように恋愛経験の少ない人でも出会いから結婚までをスタッフの方がサポートしてくれると言うことなので、安心して任せられると思いました。

また、自分に合った相手を探してくれること、そして何よりも真剣に結婚相手を探している人が集まる場所ということで入会を決めました。

「それでは看護師の私が結婚できたプロセスについてお話していきます。

私が結婚相談所へ入会後に、スタッフの人と何度かお会いしました。

スタッフの方にお会いした目的は、自分の好みや結婚相手に求める条件などを伝えるのが第一の目的です。

次に自分に合った相手を探してもらい1対1のお見合いや、パーティーという形で多数の人と出会うという方法で婚活をしてきました。

会員が男女合わせて数千人もいるという結婚相談所だったので、様々なパーティーが毎日のように行われています。

不規則な看護師という仕事の私でも、仕事が終わってからや休みの日などに無理なくパーティーに参加することができました。」

「そして、結婚相談所へ入会して半年を過ぎた頃に、運命的な出会いがありました。

それは仕事が休みの日に参加したパーティーで出会った人で私の方はもちろんですが、相手の方も好みや条件がお互いに一致するという相手に出会えたのです。

出会って少しお話しただけで、「私、この人と結婚する」と直感的に感じました。

そして、スタッフの方に是非結婚前提にお付き合いをしたいとお願いしたところ、「相手の方からも同じような話が来ています」ということを聞き、本当に嬉しかったです。」

その後はトントン拍子に話が進み、婚約結婚まで至ることができました。

一時期は結婚どころか、恋人を作ることをあきらめていた看護師の私ですが、こんなにも早 く運命の人に出会うことができて結婚できたことにただただ嬉しく思っています。

そして、本当に結婚相談所へ入会して良かったと思っています。

私のように看護師をというお仕事をされている方は仕事が不規則だし出会いも少ないので、なかなか結婚するチャンスが少ないのが現状です。

私は結婚相談所でしたが、自分に合った婚活を行えば、きっと運命の人に出会えます。

そして何よりも、結婚したいと思ったら待っているのでは時間だけが過ぎてしまいますので、自分から行動することが何よりも素敵な人に出会えるポイントです。」

 

行動すれば運命の出会いは見つかる

看護師の仕事はハードワークなものも多く、夜勤もあったりするため、かなり体力勝負の仕事のようですね。

そして、Tさんのようにアラサーになってくると、自分も結婚したいという気持ちが芽生えてきます。

看護師は休みが不定休で、時間的に余裕もあるわけではなく、出会いがないという方がたくさんいます。

たしかに患者さんに男性がいたり、医師と結婚する人もいるようですが、かなりレアケースで、基本的には職場で出会いがあるというわけではないようです。

なのに、出会いを探そうとなると休みが不定休なので、合コンや会社員の男性との出会いはなかなかないものです。

そこでTさんは結婚相談所に登録する方法を選んでいます。結婚相談所は真剣に結婚相手を探している男性ばかりなので、結婚を前提にしたお付き合いをしたいなら良い選択肢と思います。

また、恋愛経験が少ない・男性との会話に慣れていない人でも、プロの婚活アドバイザーがいるので、様々なサポートをしてくれます。

30歳という年齢を考えても、あまりのんびり結婚相手を探していては、あっという間に30代後半、40歳に突入してしまいかねません。

最近は結婚相談所でも、定期的に婚活パーティーやセミナーなどが開催されているので、積極的に参加してみるといいでしょう。

もちろんパーティーだけでなく、1対1でのお見合いが出会いの基本になっています。

最初のカウンセリングでどんな相手と結婚したいのか希望条件を伝えることになります。

その条件に見合う人を婚活アドバイザーが紹介してくれるので、かなり楽に婚活を進めていくことができるでしょう。

大体ですが、平均して半年〜1年ほどで自分の条件に見合う男性との出会いが見つかります。

Tさんも同じように、半年を過ぎたあたりで運命的とも言える出会いがあったそうです。

自分が「この人と結婚するかも!?」と思えるような相手との出会いは突然やってきますし、最初に会ってみたときのフィーリングで「いい雰囲気だな」と思えることもあります。

そうやって運命的な出会いを見つけるには、コツコツと婚活していくしかありません。

結婚はお互いに「この人だ!!」と思えるような出会いがあると、一気に結婚までいくことになります。

ただ言えることは、最初からあきらめていたら絶対に結婚できないということです。

あきらめずに「自分も絶対に結婚するんだ!!」という意思が必要です。

たしかに看護師という職業柄、出会いは少ないかもしれません。

私も飲食店勤務なので、出会いが少なくて悩む気持ちはわかります。

しかし、Tさんのように自分から積極的に出会いを探していくことで、自分が理想とする人と結婚できます。

そのためには、自分ができることから少しずつでもいいので、行動していくことが大切です。

平日休み・不定休で結婚できないと悩んでいる方への出会い・婚活方法

 

「仕事に理解のある男性と結婚を決めることができました」 30歳 Oさん

「私は、結婚するまで看護師として働いていました。

今回は出会いが少ないと言われている看護師が、結婚する方法を私の事例をもとに紹介していきます。

私は看護学校を出て病院で働き、ずっと女性社会で過ごしてきました。

そのため日々異性との出会いはなく、仕事一本で頑張ってきました。

夜勤もありますし、普通の会社員と生活リズムが違うこともあり、なかなか遊ぶ暇も作れずにいました。

しかし、私も30歳を目の前にして焦り始めるようになりました。

周りの友人は普通の会社員として働き、結婚して子供を持つようになっていたからです。

私は変わりなく働き、結婚したい相手もいませんでした。」

「これでは一生結婚できないかもと感じたので、私はとりあえず友人に紹介をお願いしてみることにしました。

私の友人達は病院内で出会いがあるだろうと思っていたらしく、紹介をお願いしたときは驚いていました。

後日、独身男性との飲み会をセッティングしてくれました。

男性側はみなサラリーマンだったので、看護師という職業に興味を示してくれました。

その中で少し大人しそうな気になる男性がいたので、アドレス交換をしました。

その方は毎日仕事が終わるのが22時を過ぎ、朝も早くでる多忙な毎日を過ごしていました。

私も土日休みではないので、なかなか会う時間が取れずにいました。

そのため次第にメールをすることも少なくなり、会話も尽きてしまいました。」

これで結婚をあきらめてはダメだと思い、次は婚活サイトに登録をしてみることにしました。

婚活サイトなら結婚に対して意識をしている方と出会えるし、自分が好きな時間に相手探しをすることができます。

まずはどの婚活サイトに登録するかを、インターネットから調べることにしました。

広告で見かけるような大手から、聞いたことがないところまでありました。

私はまずは、大手の婚活サイトのほうがしっかりしていると思い目星をつけました。」

「まずは、自分のプロフィールを公開して、いろいろな方とメッセージをしてみて感触をつかんでみることにしました。

困ったことがあればサポートセンターに相談できるところも安心できたと思います。」

とりあえず、私は月に2人くらいを目標にデートしてみることにしました。

とりあえず気になった人とは会ってみないと始まらないと思ったからです。

一人目の方は、製造業の男性でした。

たまたま私も日曜に休みが取れたので、喫茶店で待ち合わせをしてデートすることにしました。

都内の落ち着いた喫茶店を紹介してくれて、大変和やかに過ごせました。

看護師という職業はよく知らないが、不規則で大変そうなイメージがあると言われました。

私は大変だがやりがいのある仕事だと話すと、素敵だと褒めてくださいました。

「二人目の方は、介護士の方でした。

同じような職業なので、理解がありそうだなと思いました。

相手の方も若い女性と出会いがなく困って、婚活サイトに登録したと話していました。

また、休日が土日に取れない場合が多いので、デートもできないと言っていました。

私も同じ悩みで、異性というより友人として話が合いそうだと感じました。

結果的にデートでは仕事の悩みなどを話して、終わってしまいました。」

「後日、また製造業の男性からデートの依頼をもらいました。

そして、なんと私の休みに合わせて、有給休暇をとってくれました。

なんとも悪い気がしたのですが、そこまでしてくれる優しさを感じました。

今回は私のお気に入りのカフェを紹介して、ランチをしました。

楽しくおしゃべりできたし、私の職業にも興味を持ってくれて大変いい雰囲気でした。

帰り際に、正式にお付き合いしたいと申し込みされました。

私はすぐに承諾しました。

この人が結婚した旦那さんです。

付き合ってから半年くらいで、お互い結婚を意識し決意しました

まさか婚活サイトで出会った一人目の方と結婚すると思わなかったのですが、運命を感じたので今は幸せです。」

 

あきらめずに出会いを探すと結婚できる

30歳というのはひとつの節目になりますよね。

30歳を過ぎると、もう若くないという気持ちも出てきますし、早く結婚したいと焦り始める時期になります。

なのに、看護師は休みが土日で固定されているわけでもありませんし、夜勤がある人も多いのでなかなか出会いを作るのが難しいというのが現状です。

意外にも、看護師は出会いがあると思っている人も多いようですね。

中には「医者をつかまえるチャンスがあるんだからいいじゃん!!」と思っている人もいます。

しかし、現実はそれほど甘くもないし、医師と結婚する看護師はまったくいないとは言いませんが、かなりレアなケースになります。

とはいえ、サラリーマンの男性と出会いがあったとしても、生活スタイルが異なるのでなかなかデートする時間もないですよね。

Oさんは婚活サイトで活動してみることを選んだようですね。

婚活サイトはスマホさえあれば、自分の好きな時間に相手探しができるというメリットがあります。

まさに看護師のような休みや勤務時間が決まっていないような職業の方にぴったりだと思います。

かくゆう私も婚活サイトで出会って結婚しています。

婚活サイトとひとことで言っても、たくさんあります。

一番最初に登録するのであれば、知名度の高い大手の婚活サイトを使うことをおすすめします。

大手のほうが運営・管理がきちんとしていて、安心して利用することができます。

婚活サイトではプロフィールと写真を掲載して相手探しをすることになります。

最初はメッセージのやりとりをして、「この人とは合いそうかも」と思ったら、ラインを交換して会ってみましょう。

分からないことや困ったことがあれば、サポートセンターに聞いてみると親切に相談に乗ってくれます。

Oさんは月に2人会ってみることを目標に活動していたようです。

たしかに気になった人とは会ってみないことには始まりません。

最初は顔合わせなので、カフェでお茶したり、ランチを一緒に食べるような短めのデートがおすすめです。

それで相手を気に入ったら、2回目3回目とデートしていけばいいかと思います。

Oさんは2人の男性に会って、そのうちに一人の男性と気が合ったようですね。

フィーリングにもよりますが、2回目のデートで付き合うことになったのはかなり早いと思います。

実際はもう少し様子見で、3〜4回ほど会ってから付き合うかどうかを判断してみてもいいでしょう。

Oさんは婚活サイトで出会った1人目の男性と結婚しています。

こんなケースは相当珍しいと思いますが、かくゆう私も妻と婚活サイトで出会ったのはお互いに1人目です。

そんな簡単に結婚相手が見つかるわけがないのはよくよくわかっていますが、運命的なものを感じずにはいられません。

そして、妻と出会ったのは出会いがないからといってあきらめず、積極的に出会いを探して行動していたからだと思います。

「休みもないし、出会いなんてない、、、」と最初からあきらめていたら、私は今でも独身だったでしょう。どんな方法でもいいから、まずは自分ができることから始めてみてください。

最初はうまくいかないこともあるでしょうが、きっと素敵な結婚相手が見つかります。

 

「看護師の私が結婚できたきっかけは一人の将来を考えたことでした」29歳 Eさん

「病院につとめる看護師は夜勤があるなど、勤務時間が不規則です。

仕事が昼間である時もあれば夜になることもあるし、休みの日も毎月バラバラです。

学生時代の時に付き合っていた彼にしてみると、それまで生活時間も一緒で定期的に会えていたものが、そうはいかなくなりとまどいが大きかったようです。

私も家にいても、夜勤明けで眠くて仕方がなかったり、休みも疲れていたりでなかなかゆっくり会う時間を作れずにいました。

そういったすれ違いが続いたことで、彼とは別れることになってしまいました。

生活時間が不規則ということは、男性とお付き合いしていく上でかなりネックとなりました。

それでも仕事にはやりがいがありましたし、キャリアアップも目指して頑張っていたところで、辞めることなど考えられませんでした。」

「もちろん、男性とのお付き合いがまったくなかった訳ではありません。

学生のときから友達だった人、職場が同じ人、何人かとお付き合いしました。

相手は私の仕事に理解を持ってくれる人が多かったです。

でも、いざ結婚の話になると、相手の言うことはガラリと変わります。

結婚したら、仕事は辞めてくれるよなと言うのです。

それは妻には家にいてほしいという考えがあったのかもしれません。

私は、私の希望も聞かずに結婚したら辞めるもの、と決めつけられることがとても嫌でした。

もちろん、仕事と家庭との両立は難しいことです。

子供が生まれたらなおさらです。

それは分かっているけれど、結婚生活に関する問題を一緒に考えることをしない人とは結婚できないと思いました。」

「また、もう一つ嫌だと思うことがありました。

それは、看護師なのだから優しくてとても面倒見がよく、家庭でもそのように動いてくれると思われることが多いことでした。

看護師の仕事なので、患者さんに親身に関わっていくことは当たり前だと思っています。

でも、その姿勢をプライベートでも求められるのは困ることでした。

看護師は気が強い面もあるので、想像と違うと言われることもあり、やはりこちらも困惑させられました。

「とにかく、ありのままの自分を受け入れてくれる男性と出会うことは、とても難しいと感じました。

20代後半になってくると、何となく自分は結婚しなくてもいいかもしれないと思うようになっていました。

結婚できたとしても、上手くいかないだろうとも思いました。

結婚しないかもとなると、将来一人で生きていくには何が必要だろうと考えました。

「まず私が考えたのは保険の加入です。

病院に勤務していると、その病院での診察や治療、入院費などは全て無料となります。

若かったし、治療や入院の負担も心配のない環境にいたため、保険による補償などはそれまで考えたことがありませんでした。

しかし30歳も目前となり、大きな病気をする前に最低限の保険には入っておいた方が安心だろうと思いました。」

「そこで、たまたま学生時代にバイトが一緒で、そのまま付き合いが続いている男友達に話をしました。

すると、その友達の友達で、最近保険会社に営業として入り、頑張っている人がいるので会ってみないかと言われました。

友達つながりなら高額の保険を勧められることもないだろうと承諾しました。

最初はその営業マンの友達を紹介してもらうということで、私の男友達同席で会いました。

保険の話を聞くだけということだったので、随分ひどい格好で会ったように思います。

夜勤明けで化粧をしないままの状態でした。

結婚してから聞いたことですが、初対面なのに素顔で来るのかと驚いていたそうです。」

それでも3人ですぐに打ち解けて、保険の話の後にカラオケに行ったり飲みに行ったりするようになりました。

このとき彼は、私が保険を契約するしないにかかわらず、交際を申し込もうと考えていたそうです。

そうして交際が始まりました。

それでもやはり、生活時間が合わないのでなかなか会うことが難しいことが多かったです。

それでも今までと違ったのは、彼が私の部屋で過ごすようになり、ほとんど一緒に住んでいる状態になったことです。

そうすると、彼の両親が息子が家に帰ってこない訳ですから心配するようになります。

すぐに彼の家族と食事をすることになりました。」

「彼の両親にも認めてもらい、そのまま結婚を前提に一緒に住もうと提案されました。

付き合いはじめから期間が短かったこともあり、とりあえず本当に結婚してやっていけるのか、1年間一緒に住んでみて考えようということになり、1年後、結婚しました。

私の結婚のきっかけは、一人での将来を考えたことでした。

結局それが結婚に結び付いたのでした。」

 

結婚するには価値観が合うかどうか見極める

看護師は勤務時間が不規則なうえに、休みの日もバラバラになりますよね。

なかなか生活リズムがとれなくて、しんどいという声も多いです。

そんな不規則な仕事もあって、Eさんは大学時代からの彼氏と別れてしまったそうです。

休みの日が不規則というのは、出会いを作るうえでかなり不利になりますよね。

看護師に限らず、平日休みの美容師・ショップ店員・飲食店勤務などで出会いがないと悩んでいる人は大勢います。

結婚の際に女性には家庭に入って欲しいという男性もいまだにいるみたいですね。

最近は女性の社会進出が進んでいるので、結婚して共働きという夫婦は少なくありません。

私もそうですし、友人たちも共働きしています。

たしかに共働きで子育ては大変ですが、それでも一緒に家事・育児を分担していけば、まったく不可能というわけではありません。

結婚相手を決めるためには、価値観が合うかどうかも重要になります。

男性は看護師に優しくて母性溢れる人が多いというイメージがあるようですね。

しかし、現実的にはハードワークも多いし、体力と気力がなければ続けられない大変な仕事です。

こういった職業柄のイメージと現実的なギャップに戸惑うこともあるようです。

職業上の勝手なイメージでプライベートまで勝手に想像されたのではたまったものではありませんね。

ここでEさんは結婚しなかったときのことも考えています。

絶対に結婚しなければならないということもありませんし、結婚していなくても幸せに生きている男女はたくさんいます。

こうやって一度は結婚のことから離れて考えてみるということもありだと思います。

そのほうが自分が本当に大切にしている価値観に気づくことができると思います。

Eさんはほとんど同棲のような形で付き合うようになったそうです。

たしかに不定休で、働いている時間も日勤と夜勤でバラバラという状態であれば、同棲するのもありだと思います。

基本的に結婚する前の同棲は女性におすすめしませんが、こういったケースでは同棲したほうがお互いに一緒にいられる時間を取ることができます。

それにしても、保険の相談で出会った人と付き合ったというのは驚きですね。

つくづく出会いはどこにあるか分からないという実例だと思います。

ゼクシィ縁結び
ゼクシィ縁結び