30代になって彼女がいない期間が長くなると、さすがに焦ってきますよね。

同僚や友達にも結婚する人が増えてくるし、子供ができると家庭でのことに忙しくなって、なかなか遊ぶ機会もなくなってきたりします。

結婚願望があるなしは別としても、彼女がいない独り身だと寂しいものがあります。

帰っても家に一人きりだし、週末に遊ぶ相手もいなくて、なんとなくだらだらと過ごして1日が終わってしまうと、「ただ疲れをとるためだけの休みだなぁ…」なんてうんざりしてしまうこともあるでしょう。

とくにクリスマスや自分の誕生日にいっしょにお祝いする相手もいないと、よけいにむなしく感じられてしまいます。

毎日仕事で忙しいと、プライベートは充実させたいですよね。

仕事で失敗してしまったときとか、病気で動けないときなんかは支えてくれる相手がほしかったりします。

彼女がいれば、上司の愚痴なんかも聞いてくれるだろうし、病気のときもご飯を作ってくれたりして看病してもらうこともできますよね。

可愛い彼女ができたら毎日がすごく楽しくなります。

それでは、どうすれば30代から彼女を作ればいいのかを見ていきましょう。

 

30代からの出会いを作るためのコツ

彼女がほしいとなると、まずは出会いがなければなにも始まりませんよね。

極端に言えば、「出会いがたくさんある=彼女ができる」ということに直接つながります。

とくに30代で新しい彼女がほしいなら、ますます出会いは重要になります。

出会いさえたくさんあれば、あとはその中から可愛い子を選んで彼女にしようと頑張ればいいんですからね。

出会いがたくさんあればあるほど、可愛い子と出会えるチャンスも広がるし、女の子とラインをするときのコツや、デートで自分に惚れさせる方法も身についていきます。

逆に言えば、出会いがなかったらいくら恋愛のノウハウをネットや本で仕入れても意味がありません。

「いやいや、そんなんわかっとるわ!」

「出会いがないから彼女できなくて困ってるんだよ!」と思われるかもしれません。

しかし、出会いは作ろうと思えば、いくらでも作ることができるんですよ。

実はあなたが気づいていないだけで、30代の今からだって今すぐに出会いを作ることは可能です。

ちょっとしたコツさえつかめば、「出会いがない…」って悩んでいたことがウソみたいに出会いを作ることができるんです。

出会いのチャンスに気づくか、気づかないかというところが大きな差になります。

身近に出会いのチャンスがあったとしても、それを出会いにつなげられなければならないからです。

ここでは、どうやって出会いにつなげていけばいいのかを詳しく説明していきます。

どんな出会いでも言えることなんですが、実際に行動できるかどうかがとても大切です。

今からかなり詳しく出会いの作り方について説明していきますが、実際に行動できるかどうかが重要なんですよ。

いくらわかりやすく教えたとしても、実際に行動するのは当の本人ですからね。とはいえ、いきなりナンパしろなんて言いませんよ。

ナンパはどこでも出会いを作れる究極の方法ではありますけど、実際にナンパして可愛い彼女をゲットするのはかなりハードルが高いですからね。

まずはどんな小さなことでもいいので、自分ができそうな出会いの作り方から少しずつためしてみてください。

じっさいにためしてみて、「これなら俺でもできるかも」という実感が大切です。

それでは、30代の社会人でもできる出会いの方法を見ていきましょう。

 

マッチングアプリはスマホだけで出会いを作れる

30代で一番簡単に出会いを作れるのがマッチングアプリですね。

マッチングアプリとは出会いを探している男女が登録をして、その中で自分が気になった相手と出会うことができるアプリのことです。

ようするに一昔前に流行った出会い系サイトと目的は同じですが、出会い系サイトと違うところはその安全性と真面目に出会いを探している女性が多いことです。

出会い系サイトでは匿名のままで利用できたり、悪質なところだとサクラばっかりでお金だけとられてしまうということが多かったんですね。

ところが、マッチングアプリでは本人確認をしないと絶対に利用できないようになっていますし、サクラもいないので安心して使えるようになりました。

安全性が高くなったため、出会いがほしいと思っている女性の利用者もどんどん増えています。

今までの出会い系サイトでは「出会い系サイト?ヤバい人ばっかりでしょ…」と警戒して使わない女の子が多かったんですよね。

しかし、みんながスマホを使うようになって、それと同時にマッチングアプリが安全に使えるようになって、「マッチングアプリだったら使ってみようかな」という女の子とも増えてきました。

これは出会いがないと悩んでいる30代の社会人男性にはかなりのチャンスです。

はっきり言って、出会いがないと悩んでるのにマッチングアプリを使わないのは損してるくらいです。

それぐらい出会いのチャンスが広がりますし、出会いがないっていう悩みから簡単に解放されます。

マッチングアプリを使っている女の子は普通の子がほとんどですが、たまに可愛い子や美人な女性もいます。

なんでこれだけマッチングアプリをおすすめするのかっていうと、他の出会いに比べても圧倒的に簡単だからです。

ナンパで出会いを作る難しさが難易度100だとすると、マッチングアプリで出会いを作るのが難易度1〜2ですね。

実際に使って出会ってみるとわかるんですが、本当に簡単に、手軽に出会いを作ることができます。

必要なのはスマホと月額3000円〜4000円くらいの費用だけです。

これだけあれば出会いがないっていう悩みから解放されるなら安いものではないでしょうか。

ただし、マッチングアプリにもデメリットはあります。

それはマルチビジネス勧誘と業者アカウントにひっかからないように注意しなければならないことです。

出会い系サイトよりも安全になったとはいえ、絶対に100%安全であるとは言えません。

サクラはいなくなったんですが、マルチビジネス勧誘や業者アカウントがマッチングアプリを利用していたりします。

業者アカウントはメッセージやラインで詐欺サイトに誘導してくる連中のことですね。

だいたいはネットで拾ってきた美人の写真を利用しているので、めちゃくちゃ可愛かったりするんですが、実際に本人が利用しているわけではありません。

アプリの調子が悪いとか言いだして詐欺サイトにアクセスさせようとしてくるので、絶対に載せられているアドレスにはアクセスしないようにしてください。

あとは、マルチビジネス勧誘の女性に気をつけてください。

実際にマルチビジネスをしている女性は可愛かったり美人だったりするので注意が必要です。

こちらは本人が利用しているんですが、出会い目的ではなくマルチビジネス勧誘目的で利用しているんですよ。

やたらと夢や自由を語っているのが特徴です。

今だとビットコイン系の仮想通貨マルチの女性が増えてきている傾向があります。

ちょっとでも怪しい話を持ち込んできたら、いくら相手の女の子が可愛くても美人でも、それ以上深入りするのはやめましょう。

こういったトラブルに巻き込まれないように、利用するマッチングアプリは知名度が高くて、真面目に出会いを探している人が多い大手のところを利用するようにしましょう。

今だったらOmiaiあたりがおすすめですね。

次に付き合う彼女とは結婚したいと思っているのであれば、婚活サイトのゼクシィ縁結びもいいと思います。

このように、マッチングアプリは簡単に出会いが作れる分、相手が本当に出会いがほしいと思っているのか自分で判断する必要もあります。

初心者でも使いやすいマッチングアプリ【Omiai】

ゼクシィが運営する婚活サイト「ゼクシィ縁結び」

 

趣味や好きなことを通じて出会いを作る方法

趣味や好きなことを通じて出会いにつなげるという方法もあります。

今はツイッターやインスタグラム・Facebook・ミクシィのコミュニティーなどで、わりと簡単に趣味仲間とコミュニケーションがとれるようになっています。

たとえば、私は釣りが趣味なんですが、ツイッターやミクシィのコミュニティーで趣味友達を作ったりしています。

その中にはごく少数ではありますけど、女の子もいたりするんですよ。

さすがに釣りだとあんまり女の子との出会いにはなりませんけど、男女ともに楽しみやすい趣味だったら、出会いにつなげることは十分できます。

女の子との出会いが多い趣味というと、ボルダリング・テニス・フットサル・山登り・スノーボード・ダイビング・ランニング・テニス・社交ダンス・サーフィン・バトミントン・バレー・ダーツ・ビリヤードなどがあります。

ただ単に趣味を友達や自分だけで楽しむんじゃなくて、ツイッターやインスタグラムなどで発信しながら、男女問わずコミュニケーションをとっていきましょう。

そうすると、趣味の輪が広がっていって、仲良くなれば実際に会っていく機会も少しずつ増えていきます。

ちょっとしたイベントを開催したり、大きなイベントでも連絡をとって会うという流れになったり。

たとえ趣味友達が男性でも、その人から女の子を紹介してもらったり、合コンを開いてくれて彼女ができるチャンスだってあります。

社会人サークルに入るというのも、ひとつの出会いのきっかけになります。

これならわざわざツイッターやインスタグラムで発信しなくても、趣味でのつながりを作ることができます。

サークル活動に参加していれば、自然と女の子と話す機会も生まれます。

趣味ではないかもしれませんが、習い事も出会いの場になるチャンスはあります。

こういったところで重要になるのが、コミュニケーション能力ですね。

初対面でも会話をするのが苦痛じゃない、わりと話していて仲良くなるスピードが早い人は、こういった場所でもすんなりなじんでいくことができます。

逆に、「彼女はほしいけど、みんなでワイワイするのは苦手。。」、「同性でも仲良くなるのに時間がかかるほう」という人は、趣味を通じて出会いを作るのには向いていません。

また、出会いが目的ではないため、ちょっと遠回りになるのも事実です。

「趣味の友達は増えたけど、出会いにはつながらなかった…」

「社会人サークルをのぞいてみたけど、おじさんおばさんばっかり、、」ということもあります。

直接可愛い子には出会えなくても、芋づる方式で紹介してもらえる可能性もあるため、まったくの無駄足にはならないとは思います。

ただし、趣味つながりで彼女を作るのは手間がかかるのは事実です。

このことからも、スマホだけあれば出会いが作れるマッチングアプリはとても効率がいいことがわかると思います。

 

女の子とのラインをするときに気をつけること

女の子をデートに誘うためにはライン交換は必須です。

せっかく可愛い子と出会えたのに、デートに誘えなかったら悔しいですしね。

まずはライン交換するときの聞き方ですが、直接聞くのが一番です。

ストレートに「ライン教えてよ」と言いましょう。

まわりくどく聞くのは女々しいというか、男性からはシンプルにラインを教えてほしいと聞かれるのが一番です。

つぎに女の子とのラインのやり方ですが、2つのコツがあります。

・相手の女の子が興味のあることを探る

・相手の女の子の気持ちに共感してあげる

基本的にはこの2つのルールを守っていればOKです。

やっぱり人って、自分の興味のあることの方が話しやすいし、それに共感してくれる人に好意を持ちやすいんですよね。

猫好きの女の子にいきなり「あなたのこと好き!」って言うよりも、「俺も犬より猫のほうが好きだよ!」って共感してあげたほうが自然だし、ラインも盛り上がるんですよ。

女の子は自分が好きなことに共感してくれる人に対して好意的に見るっていうことですね。

私は釣り好きなんですが、女の子から「小さいときお父さんとよく釣り行ってたよ!けっこう面白いよね〜、またのんびり行ってみたいかも(^^)」なんて言われたらぐっときちゃいます。笑

サッカー好きな人に好きな選手を聞いたり、応援してるチームのことを聞く。

音楽が好きな人に好きなアーティストのことを聞いたり、最近行ったことがあるライブイベントについて詳しく聞いたり。

たとえば、好きな俳優・女優さん、ドラマ、映画、恋愛話、食べ物、最近ハマってるゲーム、マンガ、アプリ、行ってみたい旅行先、場所などですね。

 

女の子とラインをするときのルール

・基本は文章短めで

・相手が年下の女の子でも「〇〇さん」で呼ぶ

・絵文字は使いすぎない、もしくはまったく使わない

・スタンプも使いすぎ注意

・相手が興味のあることを探るために質問する

・話題は相手が好きなことを中心に

・ダラダラとラインを続けすぎない

・基本のペースは2〜3日に1回

・既読スルーされてるのに返事を催促、追加ラインは絶対ダメ

 

たとえ自分の話題がスルーされたとしても、女の子のライン内容には必ず共感するようにしましょう。

絶対に反論したり、否定したりしちゃダメですよ。

共感を入れつつ、さらにその内容を深掘りしたり、横に広げたりしていきます。

こうすることによって、相手が興味のある話題だけでラインのやりとりをしていくことができます。

逆に、女の子のほうからどうでもいいようなラインを送ってくる場合は、あなたに好意があります。

「ただいまー、今帰ってきたけど今日は疲れたー」とか、

「昨日夜ふかししすぎて眠い…」

なんてラインが来るのは少しでもラインをしていたい、つながっていたいという好意の表れです。

この場合はすでにあなたに好意がある可能性が高いので、あなたも他愛ない今日あったこととかをラインしてもOKです。

こういったラインが来るようだったら、早めにデートに誘ってもいいでしょうね。

また、ラインの内容だけでなく、返信するタイミングもなるべく合わせてあげるといいですね。

返信が早い女の子には自分も返信を早くしていく。

遅い女の子には返信も遅くしていくという感じです。

そのほうが相手に焦らせたり、返事が遅くてダラけさせることがありません。

ラインで無理に笑わせようとしたり、楽しませようと頑張る必要はありません。

無難にやりとりを続けさせればそれでOKです。

あくまでデートに誘うまでの前段階にすぎないので、ここで気合を入れすぎる必要はありません。

警戒心・違和感を抱かせないように、女の子にとってスムーズにラインができているようにしておけばそれで大丈夫です。

女の子にとってどうでもいい、興味がないような内容はなるべく書かないほうがいいですね。

私がいくら釣り好きでも、女の子に「昨日は食いが渋かった…」とか、釣った魚の写真を送ったりとかはしません。

興味がないラインをされても、引くかしらけるかのどちらかしかありませんからね。

自分のことをラインしても毎回きちんと返事をくれるのは、あなたに好意があるからか、よほど優しい女性かのどちらかです。

普通は興味のない相手のラインは既読スルーしちゃいますからね。

ラインはあくまでもデートに誘うまでのつなぎ、関係性をキープするためのアプリなんです。

あんまり浮かれすぎて、ガンガンがっつきすぎてもいけませんし、ほどほどにしておけばそれでOKです。

テンションはなるべく相手に合わせておいて、女の子の興味がある話題を探る、ラインの返事には共感してあげるようにしておきましょう。

そうすれば、デートに誘ってもOKをもらえるようになります。

ラインがそれなりに続くようだったら、デートに誘ってみてもいいでしょう。

デートに誘ってOKがもらえるかどうかは、どれだけラインを続けても関係ありません。

ラインをし始めてすぐデートに誘ってもOKなときもあるし、1ヶ月ラインが続いたとしても断られるときは断られてしまいます。

たくさんラインをすれば、デートできるようになるわけじゃないんです。

実はラインをする前の段階で、あなたとデートするのはありかなしかもう決まっています。

出会ったときの第一印象とか、ライン交換するまでの会話をしたときに「この人はありか、なしか」決めているんです。

男性はわりと奥手な人が多いというか、慎重にいきがちなんですけど、実はあなたが思っているよりももっと早くデートに誘ってもいいんですね。

ラインのやりとりをちょっとしてデートに誘おうが、ラインでのやりとりをたくさんしてからデートに誘おうが、結果は変わらないということです。

むしろ、ラインのやりとりが長くなって、どこかでウザいと思われたり、めんどくさくなられたほうが失敗する確率が上がってしまいます。

 

具体的な例文

・〇〇さんって俺より年下だけどしっかりしてるよね。兄弟っているの?

・へー、本読むの好きなんだ!俺も学生のときはけっこう読んでたけどなぁ。今までで一番面白かった本はなに?

・〇〇さんすごい肌キレイだよね!スキンケアって何が一番大事なの?

・最近ハマってることなにかある?

・〇〇さんおしゃれだしキレイだけど、実は意外と天然だよね笑

・〇〇さん休みの日はなにしてるの?

 

デートに誘う勇気は必要ですが、相手の熱が冷めないうちに早めにデートに誘ってみてください。

「美味いイタリアンのお店見つけたから、今度いっしょにランチ行かない?」と誘ってみてください。

シンプルに「今度ご飯食べにいかない?」でもOKですが、女の子が興味をひかれるような感じで誘うとよりいいですね。

 

デートに誘うときのライン例文

「美味しいケーキ食べれるカフェがあるんだけど、いっしょにどう?」

「昨日はありがとう。もしよかったら、来週か再来週あたりにでもランチでもどうかな?暑くなってきたし、美味しい蕎麦屋さんが恵比寿にあるんだけどさ。」

 

といった感じですね。

逆にNGなのはひまだからという理由でデートに誘うことです。

ダメな例文「来週ひまなんだけど、〇〇さんもひま?」

ヒマだからってやることがないからひまつぶしにしかならないの?って思われてしまいます。

初デートはランチかカフェに行くのが一番鉄板ですね。

初デートから長いデートだと疲れてしまうし、ご飯デートは失敗が少ないんでおすすめです。

これでダメだったら、第一印象がよくなかった・デートに誘うまでにマイナスポイントがあった・そもそも恋愛対象外だったということになります。

可愛い女の子とデートできる成功率を上げたかったら、デートの誘い方よりも、第一印象をよくするために見た目に気をつける、女性を楽しませるコミュニケーション能力を身につけたほうが確実です。

 

30代からのファッションと身だしなみの整え方

30代で可愛い彼女がほしいなら、身だしなみを整えることは絶対に必要です。

30代というと、おじさん化が進んでくる年齢ですよね。

「ちょっと頭が薄くなってきたかも…」

「最近なんとなく加齢臭が気になる。。」

「最近お腹が出てきたなぁ…」という人もいるんじゃないでしょうか。

しかし、おっさん化が進んできた30代でも、ちょっと気をつければまだまだ若くて可愛い女の子を彼女にできるんですよ。

幸いなことに、女性は男性がイケメンかブサイクかをそれほど気にしません。(男はいくつになっても若くて可愛い女の子が大好きですけどね。)

ただし、30代からは身だしなみはきちんとしていないと、いくらイケメンでもアウトです。

30代からの身だしなみ・ファッションについて、いくつか気をつけるポイントがあります。

 

服のサイズは自分の体型に合わせて選ぼう

30代からは大人の落ち着いた服装にする必要があります。

せっかく出会いがあったとしても、ダサい・子供っぽい格好じゃあデートに誘ってもOKはもらえないでしょう。

女性が男性にがっかりした理由としてよく挙げられるのが、「私服がダサい」です。

「スーツ姿はそれなりによかったのに、私服がダサすぎて無理だった…」という話はよく聞きます。

オシャレである必要はありませんが、せめて清潔感があって、30代という年齢にふさわしい大人っぽい服装を選んでください。

女性とのデートでキメすぎるとかえって引かれることもあるので、それよりも清潔感があってシンプルな服装のほうが好まれます。

女性は男性がオシャレかどうかよりも、清潔感のほうを重要視しています。

女性は男性の清潔感・爽やかであるかどうかにとっても敏感なんですよ。

まず、服装を選ぶときに重要なのが、サイズと色です。

どんな服を選ぶか、どのブランドの服を買えばいいのかよりも、この2つを重視してください。

何万円もするのに似合っていないハイブランドの服よりも、2〜3千円で買えるようなユニクロ・GUの服をきちんと選んだほうが圧倒的にモテます。

ユニクロ・GUでもサイズと色に気をつけていけば、全身で1〜2万円くらいでもデートに着ていける服を選ぶことができるんですよ。

婚活パーティー服装3

まず、男性の服装選びはサイズがとても重要です。

まず服のサイズですが、自分の体型に合ったジャストサイズを着るようにしてください。

自分ではちゃんとジャストサイズを選んでいると思っていても、実は間違ったサイズを選んでいることが意外と多いものです。

これは30代ファッションの超基本であり、サイズは徹底的に選び抜いてください。

よくあるのがオーバーサイズを着て、だらしなく見えてしまっている人です。

ついつい楽そうだから、あるいはこれでいいかと妥協して、自分の体型よりも少し大きめを選んでしまっているパターンが多いです。

これでは体型に合っていない服をだらっと着ていることになり、だらしなく見えてしまいます。

オーバーサイズをあえて着るという流行りもありますけど、そんなものはモテるためには必要ありません。

そうではなくて、自分の体型にぴったり合っているものを選びましょう。

服のサイズ選びは体型が太っている・やせているには関係ありません。

太っていても痩せていても、自分の体に服がちょうど合っていることで、身なりがきちんとしている印象になります。

自分の体にぴったり合った服を選ぶためには、服を買うときの試着を必ずしましょう。

試着をせずに、なんとなく自分はMかな、Lかなと選んでいるだけでは、ぴったり合った服を選ぶことはできないんです。

同じMサイズででも、選ぶ服によっては「自分が思っていたよりもこの服は大きめだから、ワンサイズ小さいのを選んだほうがよかったかも。」

あるいは、「思っていたよりも小さめだから、ひとつ上のサイズでぴったりだった…」ということがあります。

もし自分で分からない場合は、同じ服をサイズ別で試着しつつ、店員さんにどちらが体型に合っているのかを聞いてみましょう。

上の服は背中と肩から、下のズボンはお尻から見たほうがサイズが合っているかどうかをチェックしやすいんですよ。

ユニクロ・GUなら買わなくてもそれほど気まずくありませんし、遠慮なく試着することができます。

まずは自分の体型にぴったり合っている服を選ぶことに気をつけてくださいね。

 

服の色は2〜3色でまとめること

つぎに、色の選び方です。

服の組み合わせを考えるとき、全身で2〜3色以内におさめるようにします。

全身に使われている色が多くなればなるほど子供っぽくなり、少なくすればするほど大人っぽくしやすくなります。

さすがに全身真っ黒、真っ白だと痛い人になってしまうので、だいたいは2〜3色くらいを意識しておくと、全体的にまとまっている印象になり、すっきり見せることができます。

婚活パーティー服装2

たとえば、

ネイビー・白・黒の3色

黒・カーキの2色

ネイビー・白の2色

グレー・黒・白の3色

 

このようなパターンに当てはめて、服を選んでみましょう。

女の子にモテるために、30代からの服装に派手な色は必要ないんですよ。

先ほどの組み合わせで紹介した、ネイビー・カーキ・グレー・黒・白があれば十分です。

これらの色は落ち着いた色合いなので、大人っぽいファッションにしやすいんですよ。

婚活パーティー服装1

これらの色の服で、

春夏

Tシャツ・シャツ・カーディガン・薄手のジャケット・セーター・ジーンズ・チノパンツ・スニーカー・革のサンダルを選びましょう。

秋冬

Tシャツ・シャツ・カーディガン・セーター・ジャケット・コート・ジーンズ・チノパンツ・ウールパンツ・革靴を選びます。

 

ちなみに、ズボンと足下はなるべく濃いめの色のほうが足が引き締まってスマートに見えます。

たとえば、ジーンズなら濃いネイビーか黒、スニーカーや革靴は黒色を選んだほうが無難にまとめやすいでしょう。

 

出かける前の身だしなみチェックの仕方

女性は男性の清潔感にはものすごく敏感なので、身だしなみはきちんと整えておかなければなりません。

いくら服装がしっかりしていても、身だしなみがだらしないと女の子からは好かれません。

鼻毛が出ている・口が臭い・爪の間が汚いなどは一発でNGです。

身だしなみとは、髪の毛・眉毛・鼻毛・ヒゲ・爪・口臭・体臭に気をつけることです。

髪の毛は定期的に美容院でカットしてもらいましょう。

とくに初めて出会うときは第一印象につながるので、とくに見た目には気をつかってください。

美容院でのオーダーの仕方は清潔感のある、爽やかに見える髪型にしてくださいと伝えるのがいいでしょう。

変に凝ったヘアスタイルよりも、万人ウケするショートヘアのほうが女性には好まれます。

髪型は短いほうが薄毛も目立ちませんしね。

あとは、出かける前にスタイリング剤で少し整えるだけでOKです。

自分の眉毛に男性はあまり気を遣わないかもしれませんが、伸びすぎているところを少し整えるだけで凛々しい顔つきにできます。

薬局で売っている男性用の眉毛をととのえるためのセットがあるので、それを購入してよけいな眉毛を短くしておきましょう。

眉毛を細くするとヤンキー眉になるので、あくまでぼさぼさしている部分を短くするだけでOKです。

鼻毛は飛び出ているとまぬけ・不潔な印象になるので、出かける前には必ず鏡でチェックしておいてください。

ヒゲも無精髭は女性ウケしませんので、きっちり剃っておいたほうが清潔感があります。

爪もちゃんと手入れをしておきましょう。

爪が伸びていて、爪の間に汚れがたまっていると不潔な印象になります。

女性は見ていないようで、男性の細かいところまでちゃんと見ていますよ。

とくに手元は目につきやすく、清潔かどうかがすぐに分かってしまいます。

爪が伸びていたら切っておいて、汚れが間にはさまっていないようにチェックしておきましょう。

男が可愛い女の子を好きなように、女も爽やかな男性が好きなんですね。

30代にふさわしい服装と身だしなみをすれば、必ず女性ウケは良くなります。

 

女性との会話は質問することと共感してあげることが大事

「女の子と何を話せばいいのか分からない…」という人もいるかもしれません。

女性との会話もラインと同じで、2つのことを押さえておけばいいんですよ。

・相手の女の子が興味のあることを探る

・相手の女の子の気持ちに共感してあげる

この2つを押さえておけば、会話で失敗することはありません。

もう少し具体的に説明していきましょう。

・まずは質問する。

女性との会話って、相手をよく観察することが大事なんですよ。

私が女性と出会ったときによくする質問があるんですが、

「好きな食べ物って何?」

「どんな音楽が好き?」

「面白いと思う漫画・本は何?」

「学生のときは何かスポーツしてた?」

こういったごくありふれた質問から、

「どこ出身?」

「どんなところで育ったの?」

「仕事は何してるの?」

「仕事でどんなところが大変?」

「どんな家庭で育ったの?」

「家族はどんな感じ?」

その人が育ってきた環境や今の状況について、

「何をしているときが一番幸せ?」

「今大切にしているものって何かある?」

「最近ハマってるものはなに?」

どんなことに感情を揺さぶられるのか、

「今までで一番嬉しかった(悲しかった・ムカついた・びっくりした・楽しかった)ことは?」

「なんでも叶えられるとしたら、それはどんな夢?」

価値観や考え方など、とにかくあらゆることに対していろいろ質問していきます。

質問攻めにすればいいということではなく、相手のことがわかる質問内容で聞くことが大事ですね。(質問攻めはむしろウザがられるのでNGです)

こういった質問から相手の価値観・考え方を知っていきましょう。

出会って間もないときや、初デートではとくに効果的ですね。

相手のことは早めにわかっていったほうが攻略法も思いつきやすいですからね。

そして、質問への答えだけでなく、どうやって答えてくれるのかも見ておきましょう。

人によっては、質問に対してどうやって答えてくれるかもさまざまです。

真剣に丁寧に答えてくれる女性もいれば、あまり考えずに適当に答えてくれる女の子もいます。

「あまりよくわからない」と答えてくれない女性、聞けば自分からどんどん話してくれる女性。

私にも同じ質問を聞き返してくれる人もいれば、聞いてもいないのにさらに自分で話していく人もいます。

そういった人それぞれの答え方によって、相手がどんな人なのかちょっとずつ見えてくるんですよ。

人は自分が興味あることだったらどんどん語ってくれるし、逆に興味がなければ話ははずんでいきません。

このとき、相手にペースを合わせながら会話を進めていきます。

なるべく相手にペースを合わせていくことによって、相手が居心地のいい雰囲気を作ってあげることですね。

ご飯を食べているときだったら、食事やお酒を飲むペースはどれぐらいがいいのか?

話をじっくり聞いてあげたほうがいいのか、それとも自分からも話をしていったほうがいいのか?

最初から親しげにするか、それとも距離をとっていたほうがいいのか?を探っていきます。

なるべく相手に自然体でいてもらったほうが、その人の本心もわかりやすくなりますしね。

ここでもうひとつの大事なポイントが共感してあげることです。

・共感して女の子の気を引こう

とにかく女の子の話にはすべて共感しておきましょう。

極端に言えば、共感してあげるだけで女の子の心を開かせることができ、モテることができますよ。

このときに、なんでもかんでも相手に合わせるというふうにするよりも、相手を否定しないようにすることを意識しておくといいですよ。

会話をしていくと、女の子はいろんな話をしてくれます。

その話に対して、「いやー、そうゆうときは〇〇したほうがよかったんじゃない?」とか、「それぐらいまだマシでしょw俺なんてうんたらかんたら、、、」なんて反論してはいけません。

仲良くなってくると、ついつい女の子にとっては余計なアドバイスをしたり、相手の話を否定しちゃったりするんですよね。

実はこれがよくないんです。

男性は話の中にオチがほしい、結論を言ってほしい、解決策を出したがる傾向にあるんですよね。

女の子の会話はべつにオチがなくても、結論がなくても、まして解決策なんて知りたくないんですよ。

「ただ話を聞いて、共感してほしいだけ」なんですね。

女性は共感、男性は解決を求める傾向にあるから話が合わなかったりするんですよ。

だからこそ、質問をしつつも、相手に共感することが大事なんです。

共感することで「この人は私のことをわかってくれてる」と思ってもらえますし、さらに質問をしていくことで「私に興味があるのかな?」と思ってくれます。

モテたいと思ったら、自分の意見を女の子に言う必要はないし、ただ女の子の話に共感しておくようにしましょう。

 

アナと雪の女王のハンス王子がモテる理由

もしあなたがモテたいのであれば、「アナと雪の女王」のハンス王子を参考にしてみるといいですよ。

アナと雪の女王では、主人公のアナとハンスという王子様が出会うシーンがあります。

初めて会ったのにも関わらず、2人の距離が一気に近くなるシーンがこちら。(日本語バージョンがなかったので英語バージョンで)

 

[アナ:]どこにも出口のない日々が、突然に変わりそう

[ハンス:]僕も同じこと考えてたんだ。

[ハンス:] 教えてよ、何が好きか

[アナ:] サンドイッチ!

[ハンス:]僕と同じじゃないか!

[アナ:] 私たちは

[二人:]よく似てるわ。あ!またそろった!考えてること感じていること

[ハンス:] そう

[アナ:] ほんと

[二人:] 似てるね〜♪

 

この2人はなんと初めて会ったその日に婚約してしまうんです。

これは映画の世界の話ではありますが、ハンス王子は現実でも女性にモテるテクニックを使っているんです。

まず、舞踏会では初めて会うアナに自分から話しかけてダンスに誘っています。

気になる女性がいたら積極的にアプローチしていくという行動力は、モテるために一番大切なことです。

そして、相手を惚れさせるためのテクニックがこの動画のシーンなんです。

ハンス王子はアナが話すすべてのことに「僕といっしょだね!」と共感しています。

女性は自分のことをわかってくれる、共感してくれる男性に弱いんです。

ダメ男がモテたりするのは頑張ってる女性をほめたり、共感してあげたりするからなんですよね。(ちなみに、ハンス王子もダメ男です。)

ハンス王子はアナの言うことにとことん共感しています。

「僕も同じだよ!」、「いっしょのこと考えてた!」というふうに。

女性に「私も同じです!」って言われたら、初対面でも親近感が湧いてきます。

人は自分のことや、自分が好きなことに興味を持ってくれる人に好意を持ちやすいんですよね。

釣り好きな私が女性に「私も釣り好きです!」って言われたらドキッとしてしまいます。笑

女性が気になっている男性に「俺もいっしょだよ!」って言われたら、運命みたいなものを感じてしまうでしょう。

女性は占いが好きなように、運命みたいなものが大好きですからね。

具体的には、相手が好きなこと・ハマっているものに共感してあげることです。

好きな食べ物・音楽・映画・マンガ・俳優・スポーツ・芸能人など、とにかくなんでもいいから共感できるものを会話の中でひろっていきましょう。

「俺も山田孝之好きだよ!」とか、「実は俺もケーキとか甘いもの好きなんだ」って共感してみてください。

まったくの嘘だと逆効果になりますが、共感できそうなところからためしてみてください。

共感するテクニックを利用すれば、可愛い女の子を彼女にすることだってできちゃいますよ。

 

好きな女性を彼女にするためのデートテクニック

30代男性のデートの仕方について詳しく説明していきます。

まずは初デートなんですけど、初デートは短めにすることがポイントです。

「初デートだから気合を入れなきゃダメなんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、実は逆効果なんですよ。

初デートは、女性からすると様子見の段階です。

「一応デートするのはOKなんだけど、この人は彼氏としてありかな?なしかな?」と思いながら初デートに来ます。

初デートでは様子見をしたいだけなので、コーヒーでも飲みながらちょっと話ができればそれで十分なんですよ。

それなのに、夕方から映画を見て、ちょっといいところでご飯をごちそうして、、なんて長いデートにしてしまうと疲れてしまうんですよね。

まだそこまで気持ちが高まっていないし、初デートで緊張もしてるしで、そこまであなたのことを知ってもいない状態で長い時間デートしたいと思っていません。

女性は何度もデートをして、少しずつ好きな気持ちが高まっていくものなんですよ。

だから、告白するタイミングで女性の気持ちをピークに持っていくために、デートは最初から気合を入れすぎないほうがいいんです。

告白をして付き合うかどうかが決まるであろうときに気合の入ったデートにしておくべきです。(具体的には3回目〜5回目くらいのデートですね。)

そのため、初デートから盛り上げる必要はないんです。

最初のデートプランは2人でいっしょにランチを食べるくらいか、コーヒーを飲んで会話するくらいの短いデートでOKです。

短いデートのほうがおたがいに緊張せずにすむし、それほど疲れることもありません。

会話は相手が興味のある話題を中心にして、女性の気持ちに共感してあげることを意識していきましょう。

また、デートでは男性が女性を優しくエスコートできるとなお良いですね。

女性は男性のちょっとしたエスコートに惚れたりするんですよ。

「女性をエスコートするって、具体的にどうすればいいの?」という方もいるでしょうが、コツさえつかめばとても簡単です。

エスコートとは、女性のための優しさ・好意を具体的な行動でしめしてあげることです。

この動画をしっかり見ておくと、かなりためになりますよ。

男性とのデートで何がダメで、どんなところにキュンとくるのかがわかります。

とくによゐこの濱口さんのデートテクニックは必見です。

 

デートでのエスコートで具体的な行動を書き出してみると、

・デートの待ち合わせには男性が早めに着いておく

(あるいは、待ち合わせの場所とだいだいの時間だけを指定して、準備ができたら来てくれればいいことを告げる)

女性はデートへの準備に時間がかかるので、時間をきっちり決めないのは好感度高いです。

・駅からそれほど歩かないところをデート場所にする

・歩くときは女性の歩幅に合わせて歩く

・車が通る道では男性が車道側を「さりげなく」歩く

・お店のドアは男性が開けて、女性を中に入れる

・席は壁側を女性に座らせる

・メニューが一つしかない場合は女性に先に決めてもらう

(あるいは、女性側にメニューを向けるか、いっしょに見られるようにする)

・食事のスピードはなるべく女性に合わせるか、ゆっくり食べていいよと言っておく

・初デートの会計は男性がおごる

(食事は男性がおごって、カフェ代は女性に出してもらうのもOK)

付き合う前のデート代はなるべく男性が多めに払うようにしたほうがいいですね。

もし可能であれば、女性がお手洗いにいっているときに支払いを済ませておくとよりスマート。

・帰り際かデートの途中でちょっとしたプチプレゼントを渡す

可愛いアロマキャンドルや美味しいお菓子などは好感度高いですよ。

2回目以降のデートなら花束もあり。

・帰りは駅の改札まで見送ってあげる

 

初デートで、女性をエスコートできる具体的な行為はこんな感じです。

女性には具体的な行動で、自分の好意をさりげなくアピールするようにしましょう。

初デートでいきなり口説いても寒いだけですし、しつこいのは即NGです。

しかし、上に挙げた行為を「さりげなく」行うのであれば、女性もスマートで紳士的な男性だと思ってくれるようになります。

この「さりげなく」というのがポイントです。

これ見よがしにやっても女性はときめきません。

あくまでさりげなく、自然体にエスコートできるようになると、女性もぐっと惹かれるようになります。

男は内心は余裕がなくても、女性としては余裕があるフリをしてほしいんですね。

初デートを無難にこなすことができたら、いよいよ2回目からのデートが勝負です。

2回目〜3回目のデートをいかに楽しませるか、女性をエスコートするかで彼女にできるかどうかが決まります。

では、どういったデートプランにすればいいのかを紹介していきましょう。

2回目以降でデートでは王道のデートプランか、女性が好きな場所に連れていってあげることです。

王道のデートプランとは、映画館・水族館・動物園・人気カフェ巡り・遊園地・公園散歩などです。

これらのデートスポットは女性とのデートスポットとして定番であり、誰と行っても外さないでしょう。

これらの王道デートスポットに行ってから、あとは夜レストランで食事をするのが定番のデートプランになります。

ただ、こればかりだとあまり変化がなく、以前にも行ったことがあるような単調なデートになりがちではあります。

会話が盛り上がる、話が合って会話が続く女性とであれば、悪いデートにはなりません。

もうちょっと工夫したデートがしたいのであれば、その女性が好きなスポットにいっしょに出かけるのもいいでしょう。

・アートが好きな女性であれば、美術館

・音楽が好きな女性なら、音楽フェス・好きなアーティストのライブ

・スポーツが好きな女性なら、いっしょにスポーツを楽しむ

・漫画が好きな女性なら、ネットカフェでまったりするのも意外とOKです

・インスタ好きそうならインスタ映えするスポットもいいですよ(トリックアート展とか、景色の良い場所・テーマパーク・おしゃれなカフェなど)

 

こういった趣味をいっしょに楽しむデートを2回目以降のデートプランにしてみるのもありです。

ただ、自分もそのデートスポットが楽しめることが前提です。

女性は楽しいかもしれないけど、自分は退屈…では、意味がありません。

かえって「この人つまらなそうにしてるなぁ…」と気まずい雰囲気になってしまう可能性があります。

趣味はそれほど合わないという女性とのデートであれば、やはり定番・王道のデートプランのほうがおすすめです。

▼まずは無料でためしてみてください▼

「はぁ…最近いい出会いがないんだよなぁ。」と困っている方は、一度マッチングアプリのOmiaiを使ってみてください。

Omiaiなら、スマホさえあれば今すぐにでも恋人を作ることができます。

実際、私も社会人になって出会いがないと悩みまくっていたときに、友達から教えてもらって出会いを見つけました。

会員登録は無料なので、どんな人がいるのかをのぞいてみるだけでもいいと思います。

毎日が楽しくなるマッチングアプリ「Omiai」

出会いがないと悩んでいるのに使わないのは損していますよ。

理想の恋人を作って、ラブラブで幸せな毎日を過ごしてくださいね。