婚活疲れた

「なかなか結婚できなくてつらい、、、」

「まわりからの無言の圧力や期待がいやだ。。。」

自分では結婚したいと思っているのに結婚できない状況はつらいですよね。

今回はそんなつらい状況や経験をした方の体験談をご紹介したいと思います。

 

「三十代で結婚できない苦しみを乗り越えました」 32歳女性 Fさん

「子供の頃から家庭の安定に恵まれず育ってきた私は、とくに結婚したいと言う意識もなく三十代を迎えました。

しかし、三十路を越えてみると、まわりの友達は全員既婚者になっており、友達の子供と一緒に遊ぶ機会も増えます。

女性にとって、結婚はイコール子供につながるステップなのだと現実を突きつけられると、このまま結婚できない可能性がある自分に焦りを覚えるようになりました。

職場の同性からのプレッシャーは大きく、まるで結婚できない自分は女性としてどこか間違っているように言われるのがつらいのです。

もちろん人生の選択は人それぞれですが、子供を育ててみたいと言う思いがある以上、あまり年齢を重ねない内に結婚へのステップを進むべきだと考え直しました。」

「しかし、いざ三十路から婚活を始めようと思っても、方法が思い浮かびません。

まわりが既婚者となってしまって合コンを開いてくれるような人もいませんので、やはり婚活は二十代の内に始めるべきだったと思いました。

何よりつらいのが自分の恋愛経験のなさです。

合コンは無理でもお見合いを進めてくれる人達は何人かいたのですが、自分の恋愛経験に自信が持てない以上、正式なお見合いは二の足を踏んでしまうのです。

二十代であればフットワークも軽く、さまざまな婚活イベントに参加できるのでしょうが、三十代の壁は厚いと思いました。

しかし、インターネットで調べたところ年齢制限のかかっているお見合いパーティーなども存在していることが分かりましたので、そこへの参加を決めました。

私はあまり異性と積極的に話ができる方ではないので、できるだけ主催者側で取り仕切ってくれるパーティーを探して結婚相手を求めました。」

「こうした婚活方法がつらいのは、同性の中で自分のレベルが突きつけられることです。

女性の自分から見ればどこか性格に難がありそうな同性でも、顔が良ければ自分より評価されているのを見て、どんどん自信を失っていくのが分かりました。

結婚できないと言うのは愛されない結果であり、自分には女性としての魅力がないとまで思いつめてしまったのです。

自分でも精神的に参りそうだなと感じた頃、友達の紹介で少しだけ気になる異性と出会うことができました。

相手は離婚歴のある男性ですが、落ち着いた雰囲気が魅力的な人です。

一緒にいて心癒されるところが惹かれました。

三十代で結婚できないつらい思いを抜け出したい場合、高すぎる理想は捨てて安定を取ることも大切です。

私は少しずつ紹介された彼との仲を深めていきたいと思っています。」

アラサーの女性が婚活をやめた理由と正しい婚活方法

婚活がつらい、苦しいときの対処法

 

「結婚できないのは出会う機会が無いせいかもしれない」 29歳女性 Uさん

私は学生時代バイト経験も無く、交友関係もせまく、人間関係があまりうまくいかず、男友達がいたのは小学生のときのみです。

学校を出てからは就職もせず、フリーターとして実家で生活することにしました。

学校を出たときはまだ10代で結婚のことなどまったく興味が無く、就職するのも気が進まなかったんです。

最初のうちはどうにかなると思っていましたが、バイトを探し採用されるまでが大変で、ついにはあきらめて在宅で少しずつ稼ぐ方法を探すようになりました。

それから学生の頃に盛んに活動していた趣味のことで外出することも多かったのですが、ついには外出すること自体も減っていきました。

それに比例するように外部との交流も減り、異性と会話を交わす機会もまったくと言っていいほどなくなりました。」

「あるとき、家族との会話で結婚や出産の話題が出たときにふと思ったんです。

死ぬまでの時間で考えればまだ先はあるけれど、出産をするとしたら残された時間はわずかなのではないか。

このままでは結婚できないだけではなく子供も産めなくなる、親に孫の顔を見せてあげられなくなる。

そう考え出したら止まりませんでした。

親戚に会ったときにまだ結婚していないのかと言われるのもつらい、何よりそれで親が嫌な思いをするのが一番つらいのです。

それから私はまた離れていた趣味を再開したり、自分なりの仕事を見つけたり、積極的にイベントに参加するなどして少しずつ外に出るようになりました。

最初のうちはなかなか上手くいかずモヤモヤして悩むこともありましたが、次第に人と話す楽しさと輪の広がりを感じるようになり、仕事や人間関係の不安・つらいという気持ちが薄れていきました。

それでも、結婚どころかお付き合いにいたることもありません。

歳が近い人が結婚の報告や婚約の報告を聞くとつらいとも感じます。

結婚ができない=性格に難があるとも見られがちなのも嫌でした。

「みんながみんな自分が悪い訳ではない、性格が良くても結婚できない人はいます。

婚活パーティでも性格はいいのになぜだろうと思う人も、もちろん失礼ながらそうだろうなと思う人も。

結婚というのは、たくさんのピースの中からとなり合い合致するピースを探すような難しさがあると感じます。

もしかしたら結婚できないのは自分の理想が高すぎるのかもしれないと思って、少しだけ理想を下げてみることに。

合致するピースの量は増えると思いますが、変わりに我慢することやつらいと思うことが少しだけ増えるかもしれません。

もしかしたら結婚できないと悩んでいた頃よりも、結婚生活がつらいものになってしまうかもしれない、難しいです。

結婚は妥協と我慢も必要だと聞いたことがありますが、結婚できない人にとっては結婚前から必要なのかもしれないですね。

「結婚できない」のは本当につらいことなのか考えてみた結果

アラサー女性の婚活に疲れた…もうやめたいときの対策法

 

「職場における結婚できない女性のつらい経験を乗り越えました」  32歳女性 Aさん

「結婚は人生でも大きな転換になります。

誰とでも良いのであれば、結婚することは簡単ですが、実際にはなかなかいい人が見つからない状況がほとんどです。

私もそうでした。

結婚できない女性がつらいと思うときのひとつには、職場でのまわりの目線が気になることです。

私もそういった経験があったため、結婚できない女性のつらい気持ちはよくわかります。」

「私は、以前に某金融機関に勤務していたことがありました。

当時は、女の人に対する言葉によるハラスメントがまだ存在していた時代です。

上司はほとんど、いや全員が男の人であったため、上層部は男の人で占められていた状況です。

退職して、大分経過してから知ったことですが、会社によって課長・部長クラスの人は、女の社員をある程度の年齢で寿退社させることで、スムーズな出世につながるというカラクリが存在していた様です。

現在もその様なシステムが存在しているかはわかりませんが、そのため、女の人がある一定の年齢になると、必ずといっていいほど『肩たたき』がありました。

結婚は年齢によってするものではないことぐらい、誰にでもわかることですし、誰にも自由な権利はあります。

にも関わらず、自分たちの出世のために会社の何らかの決まり、システムによって女の社員だけに肩たたきが行われていました。

とくに年齢を意識せずに、お付き合いをしている人もいます。

人によって適齢期も違います。

勤務先の場合には、毎日そこに出社して、忙しい業務もこなす必要があります。

でも、上層部の男の人たちにとって、結婚できない女性を好奇な目で見る状況になります。

場合によっては、同性の社員からも痛々しい目で見られることさえあります。

言葉で『結婚はまだしないの』と、周囲に人がいてもお構い無しに声をかけられることが、日常茶飯事的にありました。

結婚自体についてはさまざまな状況が存在している訳ですから、そのとき結婚できなかったとしてもつらくはありませんでした。

ですが、あきらかに周囲からの好奇な目線にさらされるのは、本当につらい状況でもありました。

「なんのために女の社員を寿退社させるのか、システムが組まれているのか納得ができません。

いくつかの想像ができても、会社のためになっていたのか疑問に感じています。

幸いにも私の場合、職場に同じ様な年齢の仲間がいたため、同時期に退社(個人的理由)し、無理に結婚を推しすすめるようなことにはなりませんでした。

退職して良かった、精神的にも開放されたと思っていますし、その後の結婚に何ら間違いはなかったと今も感じています。

今結婚できないとしても、まだいくらでもチャンスはあります。

 

自分ができることから少しずつ行動する

結婚は人生の中でも大きな転換になりますよね。

誰でもいいわけじゃないし、結婚したいと思える人を見つけるのも難しいものです。

また、いざ結婚するということになっても、「本当にこの人でよかったのかな…」という不安がつきまとったりもします。

この体験談を聞いたとき、思わず絶句してしまいました。

昔のこととはいえ、あまりにひどい職場としかいいようがありません。

こんな職場で毎日仕事をしなければならないなんて、本当につらいことだと思います。

肝心の仕事にも力が入りませんよね。

今はハラスメントについて世間的にも企業的にもかなり神経質になっているため、こんなことがないということを願うばかりです。

それでも無言の圧力というか、陰で(と言っても本人に遠回しに耳に入ってくる)うわさを立てているような状況がないとも限りません。

もし、こんなつらい状況に身を置かれているようでしたら、いっそのこと転職なり環境を変えるなりするという手も考えていたほうがいいかもしれません。

簡単にはできないかもしれませんが、環境が人に与える影響は想像以上に大きいものです。

自分の人生は一度きりですので、周りに流されずに自分の選択で行動していただけたら幸いです。

「結婚できなくてつらい、、、」という状態でも、誰でもいいから無理やりに結婚しようというのは僕もおすすめしません。

この方のおっしゃるとおり、自分の結婚適齢期は自分で作っていくものです。

ひとりひとりに結婚するタイミングは存在します。

そのために少しずつでも行動することが大切です。

何も行動せずに不満や悩みだけ抱えていても始まりません。

できることからちょっとずつでも、変化を恐れずに行動していただけたら状況も変わっていくでしょう。

「でも、婚活って何から始めたらいいのか全然分からない…」

「今からの婚活はどうするのがいいの?」という方もいますよね。

この歳から婚活をするのって大変ですし、本当に結婚できるのかどうか不安だったりもします。

しかし、ゼクシィ縁結びを使えば、今すぐにでも結婚相手を見つけることだってできるんです。

私に運命の出会いを作ってくれたゼクシィ縁結びには、4つの特徴があります。

  • 大手のゼクシィが運営しているため安心できる
  • 登録は無料・成婚料も0円
  • コンシェルジュが初デートをサポートしてくれるのはゼクシィ縁結びだけ
  • 相性がいい、価値観の合う人が見つけやすい

さらに、ゼクシィ縁結びは大手企業のリクルートが運営しているので、セキュリティとデータ管理がしっかりしています。

最初は「婚活サイトなんて、良い出会いがあるわけないじゃん」と私も思っていました。

ところが、ためしにゼクシィ縁結びを使ってみたら、素敵な相手と出会えたことに自分でもびっくりしています。

実際、なかなかいい出会いなんてないと悩んでいたのに、たった2ヶ月で結婚相手との出会いがありました。

今は子供もできて、あわただしくも家族3人で毎日幸せに暮らしています。

あのときゼクシィ縁結びを使うことができて、本当に良かったです。

まずは無料で会員登録をしてみてください。

きっとあなたにも素敵な結婚相手が見つかると思います。

ゼクシィが運営している婚活サイト「ゼクシィ縁結び」

 

「女性ですが結婚できないのつらいです」 28歳女性 Fさん

「私は20代の会社員をしている女性です。

両親が仲のいい夫婦なので、子供の頃は大人になれば自動的に結婚できると思っていましたが、現実はそんなに甘いものではありませんでした。

学生のときは恋人と呼べるような男性もいたのはいたんですが、学校を卒業して社会人になると自然と合わなくなり、ついには連絡もとれないようになってしまいました。

昔から男を見る目がなかったのかもしれませんね。」

「仲の良かった女友達は、学生の頃は男っ気なんてまったくなかったのにどんどん結婚していっています。

友達や知り合いの結婚式のお知らせが来るたびに憂鬱な気持ちになり、ぜんぜん祝えていませんが行きたくない気持ちを押さえて、笑顔を貼りつけ結婚式に参列しています。

御祝儀だけがなくなっていくので、御祝儀貧乏になっています。

結婚した友達は結婚に対する愚痴を話してきますが、私はその愚痴が言える環境がとてもうらやましいんですよね。。

「両親は結婚できない娘をあきらめているのか、結婚の話題を振ることもありません。

テレビで誰かと誰かが結婚したというニュースが流れると、私のことが気になって気まずくなるのかもしれませんけど。

いつかは結婚の報告をして喜ばせてあげたいのですが、今は無理なようです。」

結婚を意識し出してからは、自分の見た目や身だしなみなどを意識するようになりました。

きれい目系のパステルカラーのブラウスやトップスを身にまとい、ひらっ ひらのスカートをはいたりもしています。

会社の同僚男性はわたしの変化に気づいたようで、話しかけてくれるようになってきました。

また、美容面も気にして、 日々のスキンケアやいつでも夜の営みができるように、無駄毛の処理は徹底しています。」

「今はつらい気持ちをばねに何か活動を起こしてみようとも考えています。

婚活パーティやお見合い・婚活サイトなどです。

出会いは自分で捕まえに行かないとだめだと思っているので、積極的に会社の内外の人と交流したり、新しい趣味を見つけるためにインターネットなども活用しています。

また、男女が楽しくやっているサークル活動や、習いごとなどにも積極的に参加するようにしています。

今のところまだ恋人と呼べる男性はいませんが、私のことをもしかしたらいいなと思ってくれている人はいるかもしれないと希望は捨てないでいます。

ポジティブな気持ちを持ち、つねに笑顔でどんな人にも接するようになりました。

どこに出会いが転がっているか分からないのであきらめないでいきたいと思います。」

 

運命の出会いをつかむためには完全にあきらめてしまわないこと

結婚できない方の中には、「いつかいい出会いがあるでしょ」と思っていたということがあります。

実際は出会いを探していても、なかなかいい人が見つからなかったりするものです。

結婚できずに焦って出会いを探し始めると、その難しさに疲れてしまったりつらいと感じるようになります。

焦って婚活をしても、思うように結果が出なかったり、失敗が続くと心身ともにどっと疲れが出ていまいます。

そうは言っても過去に戻ることはできません。

今できることを少しずつやっていくのが一番の方法だと思います。

両親の口には出さないけど、なんとなく期待している。

あるいは、親戚の人の気持ちを考えないようなストレートな物言いにうんざりしてしまうでしょう。

いけないと思っていても、やはり自分が結婚できなくて友達が結婚していくのは、素直に嬉しいと思えませんよね。

なんであの子が結婚して、自分には縁がないんだろう…」と自己嫌悪におちいってしまいがちです。

結婚式に参加しなければという建前と、祝いたくなんかないという本音の葛藤があるものですよね。

あまり結婚できないことに根を詰めすぎるのもよくありません。

一度趣味など自分のプライベートを充実させて、生活をリフレッシュすることも必要です。

こういった自分から変わっていこうとする姿勢は、とてもよいことだと思います。

はっきり言ってしまうと、結婚できなくてつらいという現状への不満ばかり言っている方もいるからです。

もちろん頑張っているのに結婚できない、自分でできることは努力しているけどなかなか成果が出ないということもあります。

それでもなにもしないで不満を言うより結果が出る確率は高いはずです。

自分でできることをコツコツと取り組んでいる人が、運命のチャンスをつかみとれるんだと思います。

ゼクシィ縁結びの公式サイトはこちら